ヘッドライン

【艦これ】加賀「こんな夢を見ました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527046033/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 12:27:13.80 ID:aCEboDRP0





加賀「……」


加賀「……ここは?」

加賀「港、かしら。それにしてもこの行列は……?」









[ 2018/05/24 13:25 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] 艦これ 加賀

和久井留美「明るい未来の話を」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527089883/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/24(木) 00:38:04.11 ID:0Wv/HTop0
就職先を東京の企業に決めたことに然したる意味はなかった。
ただ漠然と都心への仄かな憧れを抱いていた、地方の田舎娘特有の単純な気持ちからだ。

もちろん、決めたからには努力は惜しまなかった。
面接予定の企業情報をリサーチし、求められている人材たる対象となるよう準備をした。
受け答えの際に広島弁が出ないよう、標準語を体に叩き込む訓練もした。
元々何かを調べたり、まとめたりといった作業は嫌いではない。

そうして無事に内定を勝ち取り、東京で新社会人としての生活が始まった。




[ 2018/05/24 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

ル級「どうした?タ級」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527075110/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 20:31:50.81 ID:iExsWthH0

タ級「……この前、いつもと違う曲が聞こえたから」

タ級「何事かと調べに行ったら……」

ル級「行ったら?」

タ級「艦娘に素手でぶっ飛ばされた」

ル級「……お前は何を言っているのだ?」


提督「戦闘BGMを変えて艦娘の能力向上……ですか?」


タ級「私も何をどう説明すればいいのか分からないが」

タ級「簡単に言えばそうなるのだ」

ル級「信じられん……」





モバP「ただいま……」まゆ「おかえりなさい、Pさん♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527085557/

1 : ◆FPRtZdJjow 2018/05/23(水) 23:25:57.54 ID:IYGxSyst0
まゆ「お仕事お疲れさまです、ご飯できてますよ」

P「うん、ありがとう」

まゆ「今日は早いうちに上がれたんですね」

P「総選挙も一段落したし、仕事量も今だけは落ち着いてるからなあ……すぐに忙しくなるだろうが」

まゆ「結果も出ましたし、売り込みの時期ですもんねぇ」

P「だいたい、昼間はまゆも事務所にいただろ?」

まゆ「うふふ、そうですけど。いつもお仕事頑張ってくださってるPさんには、みんな感謝してると思いますよ」

P「そういってくれると仕事のし甲斐も出てくるなあ」




白菊ほたる・鷹富士茄子「セフレ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526998722/

1 :霧 ◆TDiRBlyxMM 2018/05/22(火) 23:18:43.14 ID:tDr4hs+Y0
タイトルで嫌な予感がした人はブラウザバック推奨
書き溜めなので短いです

2 :霧 ◆TDiRBlyxMM 2018/05/22(火) 23:21:59.28 ID:tDr4hs+Y0
side ほたる

どうしてこんな関係になってしまったんだろう。


とうに夜の帳が降りた部屋で、私は天井を見つめて独りごちました。

流石にこの時間ともなると、外を通る車の数も少なく、窓の外からは時たまエンジン音が微かに聞こえるだけです。

気を抜けば、すぐにでもまどろみに堕ちて行きそうな静寂は、人を物思いに耽らせるのに十分なのでしょう。


始まりはどちらからだったか、という使い古された自問自答。

最早、そんなことは重要でないのかもしれません。

気がつけば、オフが合う度にこの家を訪れ、逢瀬を遂げる。

そんな爛れたルーティーンが形成されてしまっていました。

そこまで性に関する知識が豊富なわけではありませんが、このような関係性をなんと呼ぶのかくらいは知っています。


こうして幾度となく盛り合う中で、私が何度も尋ねられなかった疑問。

二宮さんが事務所で話していた「シュレディンガーの猫」の喩え話を思い出しました。

箱の中に50%の確率で毒ガスが出るような装置と猫を入れます。

蓋を閉めて1時間後に、猫は生きているか?死んでいるか?という思考実験でした。

うろ覚えですが、「物事は、観測するまで結果の重ね合わせ状態にあり、観測されることによって決定される」というような話をしていたような気がします(一ノ瀬さんに、『それはニュアンスが違うよ』などとケチを付けられていましたが)。


蓋を開けさえしなければ、死んだ猫を観測することはない。

疑問をぶつけることさえしなければ、いつまでも幸せな幻想に浸っていられる。

好奇心に負けて箱を開けさえしなければ、猫を殺してしまうこともないのです。

それでも尚、私は確かめる方を選んでしまいました。




亜美「双海シスターズで」真美「次回予告」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527079746/

1 : ◆/wSWXt7S3I 2018/05/23(水) 21:49:07.27 ID:KAYI59/j0
物語シリーズ風次回予告・短編集
ss速報を眺めていて、亜美ちゃん・真美ちゃんの誕生日を知りました(反省)
担当の誕生日は把握しているんですけどね……


2 : ◆/wSWXt7S3I 2018/05/23(水) 21:50:39.79 ID:KAYI59/j0
亜美「亜美だZE!」

真美「真美だYO!」

亜真美「2人合せて 双海シスターズ」


亜美「突然だけど次回予告をすることに!?」

真美「することに!?」

亜美「でもなにを話せば良いのかわからない!」

真美「わからない!」

亜美「みんなが立派なアイドルになれるかわからない!」

真美「わからない!」

亜美「プロダクションの先行きもわからない!」

真美「わからない!」

亜美「1+1は?」

真美「わからない!」


亜真美「次回『兄ちゃん 過労死寸前』」


亜美「大丈夫なのかな~」

真美「わからない!」




【モバマス】文香「目がぁ・・・目がぁ・・・」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527070476/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 19:14:36.37 ID:icHwoa4U0
文香「プロデューサーさん・・・おはようございます」ガチャッ

P「おー、おはよう・・・っ!?」

P(文香の顔に、痛々しい眼帯がされてあった)

P「文香、どうしたんだその目」

文香「その・・・転んだ拍子に目を怪我してしまいまして・・・完治まで後二日ほどかかるそうです・・・」

P「そ、そうか・・・ちゃんと治るんだな。良かった」

P「しかし、そんな状態でレッスンとか仕事とかできるのか?」

文香「ご心配なく・・・今日と明日、二日ともレッスンはありませんし、お仕事はドラマの収録だけです」

文香「『敵組織に片目を奪われた、主人公の姉』の役ですから、ビジュアル的にも問題ありません」

P「何でそんなドンピシャの仕事持ってきたんだろう俺」

P「とにかく、問題ない・・・んだな?それじゃ、収録現場まで送っていくよ」スタスタ

文香「はい・・・っ!」ヘゴチン

P(振り返ると、文香が壁に激突していた)

文香「う、うぅ・・・」サスサス

P「大丈夫か!?」

文香「は、はい・・・痛いだけで、特に・・・」

P「そ、そうか。しかし、どうして急に壁にぶつかったり・・・」

ありす「説明しましょう」ヒョッコリス

文香「ありすちゃん」

ありす「そもそも、我々には何故眼球が二つ付いているのか・・・それは、物体や景色を多角的、立体的に見るためです」

ありす「故に今、使える目が一つしかない上、元より読書漬けで平面的にしか目を使ってこなかった文香さんは・・・」

P「文香さんは・・・?」

ありす「遠近感覚ゼロ文香さんなのです!」ロンパァ

P「遠近感覚ゼロ文香・・・!?」



P「なるほど。それでさっき壁にぶつかっちゃったりしてたんだな・・・」

P「しかし・・・このままだと文香はたんこぶだらけになってしまう。やはり今日は大事を取って、お家へ帰るべきでは・・・?」

文香「そんな・・・お仕事に穴を開けるわけには・・・」

ありす「問題ありません。私にいい考えがあります」

P「いい考え・・・?」

ありす「プロデューサーさんが文香さんと腕を組んで、エスコートしてあげれば良いのです!」ロンパァ

文香「!?」




【モバマス】奈緒「ももかたろう?」

2 :名無しさん@おーぷん 2018/05/22(火)14:22:54 ID:0YM
P「今度の公演な、桃太郎役を桃華に」

比奈「桃華太郎ッスか、妥当ではありまスけどどちらかと言うとお姫様の方が…」

奈緒「ならあたし配管工やるよ、赤い帽子の」

P「ピーチ姫じゃあないんだよ」

比奈「それで、お供の三匹はどうするんスか?犬は…まぁ、大体予想つきまスけど」

P「だよなあ」




モバP「小さなヒーローと小さな魔女と妄想お姫様的な何か」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526995755/

1 : ◆CcRswLDDG6 2018/05/22(火) 22:29:15.54 ID:Lc8evoWt0
南条光、佐城雪美、喜多日菜子が登場するSSです
総選挙17位、18位、19位おめでとう!
光と日菜子についてはPa2位3位本当におめでとう!
第八回総選挙は佐城雪美に清き一票を!

※山なしオチなし意味なしです
※雪美→光の呼称は「光さん」の発言がありますが、より親愛度が上がったので呼び捨てです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:29:48.47 ID:Lc8evoWt0
光「ただいま!」


日菜子「日菜子が戻りましたよぉ」


P「おかえり、CDデビュー発表はどうだった?」

光「なんか……夢みたいだった。いや、夢を現実にできたんだな」

雪美「光……日菜子……おめでとう……」


P「俺からも改めて言わせてくれ、本当におめでとう!」

日菜子「こちらこそ、日菜子を見つけてくれて……ありがとうございます~♪」

雪美「CD……私も欲しい……オセロなら……私も……?」

日菜子「雪美ちゃんは私と光ちゃんに順位挟まれてましたからねぇ」

光「オセロなら雪美ちゃんもパッションになるな!」

日菜子「そうですねぇ、雪美ちゃんもこっちなら楽しそうですねぇ」

P「おっと属性誘拐はそこまでだ。雪美もクールの方がいいよな?」




【バンドリ】白鷺千聖「癒されたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526986340/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 19:52:21.26 ID:6LeGnMhJ0

※キャラ崩壊してます


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 19:53:01.42 ID:6LeGnMhJ0

――ファーストフード店――

奥沢美咲「どうしたんですか、藪から棒に」

白鷺千聖「たまにそういう気分になるのよ」

美咲「へぇ……珍しいですね。白鷺先輩がそんなこと言うなんて」

市ヶ谷有咲(……私としてはこの3人でテーブル囲ってる方が珍しいけどな……)

有咲(つかなんで白鷺先輩がいるんだよ……。奥沢さん、「寄り道しない?」なんて誘ってきた時になんも言ってなかったじゃん……)

美咲(……とか思ってそうだなぁ市ヶ谷さん)

美咲(すいません、白鷺先輩に誘われたなんて言ったら市ヶ谷さん来てくれなさそうだったから黙ってました。先輩とマンツーマンじゃちょっと怖かったんです)

美咲(かといってこころやはぐみを誘ったらどうなるかなんて想像もしたくなかったから、常識人なあなたを頼りました。ごめんなさい、恨むなら破天荒なこころとはぐみを恨んでください)

千聖「美咲ちゃん、有咲ちゃん、どうかしたの? なんだかお互いをチラチラ見合ってるけど」

有咲「い、いえ、なんでも……」

美咲「あー、気にしないでください」

美咲「それより、珍しいつながりで言えば白鷺先輩からあたしたちにお誘いをかけるのも珍しいですね。何かあったんですか」

千聖「……たまにはね、私も吐き出したくなることがあるのよ」

千聖「ハッキリ愚痴を言わせてもらうと芸能活動シンドイです……なんてね」

有咲「それ別のアイドルの歌じゃないですか……」

千聖「今日はそういう気分なの」

美咲「どうしてそれにあたしと市ヶ谷さんを呼んだんです?」

有咲(私は知らないうちに巻き込まれてただけだけどな)




ページランキング