ヘッドライン

モバP「しょうがないにゃあ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440593693/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:54:53.85 ID:uA5A8EASo
愛海「あぁ…お山、お山が恋しいよぉ登りたいよぉ…」


愛海「プロデューサーぁ~どうにかしてみんなの山開き解禁してよー~」

愛海「このままじゃあたしお山が足りなくてどうにかなっちゃうー…もうどうしても駄目ならプロデューサーので」

モバP「しょうがないにゃあ

愛海「あ、いいんだーじゃあ早速…………え?」

モバP「いいよ」

愛海「」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:57:52.70 ID:uA5A8EASo
愛海「いや…………いやいやいや、え?」

P「たまってる、ってやつなのかな?」

愛海「あたしに何が溜まるっていうのさ」

P「さあ」

愛海「えぇ…」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:01:11.94 ID:uA5A8EASo
愛海「ひょっとしてからかってる?」

P「まあな、紗南辺りならば解っただろうが」

愛海「はーそういうのね…もーあたしは真面目だってのに」

P「とはいえアイドルに対してうんと言えないのは変わらんぞ」

愛海「でもでもでもー」

P「ならやはり俺にするか?しょうがないにゃあ」

愛海「やめて」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:04:32.25 ID:uA5A8EASo
愛海「そもそもさ、揉むほど無いじゃんプロデューサーって」

P「むっ」

愛海「例えばプロレスラーみたいにお胸に厚みがあるとかでもないもん、もっと筋肉つけたらどう?」

P「というかもしそれくらいあったら男でも揉んでしまうのか?」

愛海「……………………」

P「そこで悩む辺り重症だよなあ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:08:31.95 ID:uA5A8EASo
愛海「…やっぱ駄目、幾ら大きそうでもきっとあの柔らかさがないお山はお山じゃない!」

P「筋肉だもの」

愛海「ぐぬぬぬ…やはり男の人では…あ、でも、お相撲さんとかならそこらへん大丈夫かな?うん、いけるいける見た目もいいしちょっと揉んでみたいかも」

P「…………っふ」

愛海「ううん?」

P「…甘いぞ愛海、お相撲さんはな?あの体でな?そこらのサラリーマンより体脂肪率が低いんだ!」

愛海「なっ…!?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:12:26.02 ID:uA5A8EASo
愛海「そ、そんな事があるの…!?」

P「実際に触ると解るらしいがあの柔らかそうな見た目なのにものすごーく固いんだとさ、言うならば筋肉の鎧」

愛海「…………な…………っな」

P「お相撲さんのぶちかましはトンを超える衝撃、それを繰り出し受け合う肉体がそんな優しい物であるはずがなかろうよ!」

愛海「うわああああああ!ちょっとでも期待したあたしの乙女心を返せー!」

P「やっすい乙女心だな」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:20:32.09 ID:uA5A8EASo
愛海「あーあ握手会でお山揉ませて貰おうとか計画してたのにー」

P「なあ愛海今言った言葉はアイドルが言っていい言葉じゃないぞ」

愛海「でもお相撲さんの握手会ってあの恰好でやるんしょ?言ってみたら結構揉ませてくれそうじゃない?」

P「うっ、確かにちょっと興味あるかも、試せるならお相撲さんのお山登り…」

愛海「でしょ?という訳でアイドルのお山登りもOKって事で」

P「張り手」
ペチーン

愛海「へぶっ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:30:43.95 ID:uA5A8EASo
愛海「ぶーぶー!男女差別だー!」

P「女の立場のお前がそれを言うのか?」

愛海「男女平等はお互いの立場から堂々と言える言葉であるべきだと思うよ!」

P「よっしそれじゃ今度のお前の握手会はお山登りOKって事で」

愛海「ごめんなさいあたしが間違ってた勘弁してプロデューサー」

P「解ればよろしい」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:40:03.60 ID:uA5A8EASo
愛海「ううううぅープロデューサーのばかー」

P「はいはい、馬鹿で結構だ、お前もそろそろ身の振り方を新たに考えたらどうだ?」

愛海「無理だね!あたしからお山を取ったら何も残らないもん!」

P「何か残ってくれよそこは」

愛海「ふんだ…………でも新しい身の振り方ってのはいいかも、ね」

P「ん?それってどういう…っ!?」


彼が目を離したのはほんの僅か瞬きの間だった
しかしその間にアイドルとは思えない馬鹿話を間抜けな表情で話していた少女はいない


P「愛、海?」

愛海「隙だらけだよプロデューサー」


瞬時にプロデューサーの背後に回っていた愛海は先ほどの少女ではない、だがアイドルでもない
そこにいたのはただただ山を登る事に命をかけた歴戦のハンターだった

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:44:39.50 ID:uA5A8EASo
愛海「食わず嫌いは駄目だよね、プロデューサーが言ってた通りにしてみるよ」

P「待て、早まるな、アレは冗談で─────」


もう遅かった、彼が止める言葉を待たず彼女の手は彼の胸に滑り込み


ぺた

愛海「…………」

P「…………」

ぺたぺたぺた

愛海「…………」

P「…………」

ぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺた

愛海「柔らかくなーい!!!!!!」

P「そりゃそうだ」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 22:49:42.46 ID:uA5A8EASo
愛海「筋肉も無い!脂肪も無い!プロデューサーのお胸はやる気が無いの!?」

P「え?俺の胸が悪いの?」

愛海「あ、そうだ服越しだから駄目なんだきっと…よし脱がしちゃおう、直に揉めばきっとやーらかさがーうふふふふー」

P「ストップ、ストップ!それは駄目!本気で駄目!!」

愛海「どうして駄目なの?あ、そっかあ、脱がしたらきっとやーらかなんだーうふ、なーんだプロデューサーったら意地悪ー」

P「アカン」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:01:14.14 ID:uA5A8EASo

愛海「さあ大人しくしててねー」

P「正気に戻れ、頼むから」


そうして剥かれる事を拒否し愛海を抑えようと抵抗するプロデューサーではあったが
お山ハンターと化した愛海の手技の上手さに加え
下手に押さえつけて愛海に怪我をさせてはならぬと手心を加えてでは分が悪く
気づけば服の大半を脱がされる事になってしまっていた


愛海「大丈夫大丈夫、そんな逃げなくても優しくするって、ふひ、ひひひ」

P「ど、どんな星の巡りになれば年端もいかない少女に剥かれる状況になるんだチクショウがッ!」

愛海「あたしとプロデューサーの仲じゃない、そんな恥ずかしがらなくていいってばー」

P「言葉だけなら嬉しいんだけどなあ!!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:09:36.30 ID:uA5A8EASo
愛海「言葉より行動だよ?あたしはプロデューサーだから安心してこうして出来るから…」

P「(しゃあない、乱暴にはしたくなかったがトリップから起こさないともう済まないか)」

P「愛海!すまん!」
ガバッ

愛海「え…っ?きゃっ」


ドサッ!  バタッ!


P「(よし何とかソファーの上に抑え込めた)

P「愛海、とりあえず落ち着け、今時分が何をしてるか」

ぺたぺたぺた

愛海「うふふふふーお山が目の前に来たー」

P「……………………」

ぺたぺたぺた

愛海「うーんでもやっぱりやわらかくなーい…」

P「まだ起きんのかお前は」

愛海「あ、でも…………直に触ると、これはこれで…」

P「やれやれ一発頭引っぱたいて」





ガチャ

ちひろ「どうしました?何の相談ですか?大きな音が聞こえ………」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:15:47.68 ID:uA5A8EASo
P(半裸)「あ」

愛海(押し倒され)「はえ?」

ちひろ「…………」

P「あの、これは、その」

ちひろ「なに、して、るんですか?」

P「違う!違いますから!愛海お前からも言ってくれ!」

ぺたぺたぺた

愛海「うんやっぱり悪くない…うん、うふふ」
スリスリ

P「話すと長いんですがきっと分かり合えると思うので早とちり(胸に擦りつかれた)」

ちひろ「っっっ!お、お邪魔しました!!」
ガッチャ!!!

P「しない、で……」

愛海「…………はれ?」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:25:35.41 ID:uA5A8EASo
愛海「え?あれ?あれあれあれ?」

P「よお、目覚めはどうだ?」

愛海「どういう状況なの!?待って!あたしどうしちゃったの!?プロデューサー何してるの!?セクハラ!?」

P「それは俺がされたんだよなあ」

愛海「と、とにかく離れてって!近いから!!その、顔、近いから、あわわっわわ」

P「近寄ったのもお前なんだけどなあ…後その前に未だに俺の胸ぺたぺたしてるその手を離してくれ」

愛海「え?」


正気に戻り年頃の少女らしい感覚を取り戻した彼女ではあったようだが
その手は母の乳を求める赤子の様に未だ彼の大胸部をさすり揉んでいた


愛海「え…あ、こ、これは手が勝手に!手が勝手に!」

P「あはははは所謂常套句だなー」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:30:31.21 ID:uA5A8EASo
愛海「あ、そっかあたしプロデューサーのお山狙ってて気づいたら…そうだ、この感覚がまたよくて…………うふ」

P「おら」
ドスン

愛海「ぐえっ…ちょ、重…………重いってば」

P「またトリップされても叶わんのでな」

愛海「も、もう大丈夫!今のは冗談だってば!」

P「ちひろさんにもそれが通じるかな?」

愛海「さっきの音って…で、でもすぐ誤解を解きに行けばいいよ!あたしも一緒にいくから!」

P「もう疲れた、このまま寝てやる」

愛海「ええええええ!?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:36:59.25 ID:uA5A8EASo
P「いいさもうどうでも」

愛海「ま、待って、プロデューサーも正気じゃ無くない?!」

P「そうだな、じゃあ行くところまでいってやるか」

愛海「えっ」」

P「良く考えたら俺だけ揉まれるのも不公平だしなー」

愛海「…………あ、う」

P「けっけっけ…………なんてな、んな訳あるか、ほれ起きたならいくぞ、早くいかないと俺の社会的地位が…?」
ムックリ


そうして体を起こしたプロデューサーだが気づく
押しつぶしていた少女が、普段の顔とも、アイドルの顔とも、ハンターの顔とも違う顔をしている事に


P「…愛海?」

愛海「…………」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:40:28.45 ID:uA5A8EASo
P「え、えっとだ、今の冗談だからな?本当に冗談だから」

愛海「…………」


考えてみれば(脱がしたのは愛海だが)半裸の体で抑え込んであのような言葉を吐いたのだ
彼としてはちょっとした仕返しのつもりだったが今になって自分のした事に背筋が冷たくなる


P「あ、すまん!それでもやっていい事と悪い事があるよな!本当に」

愛海「…いいよ」

P「えっ?」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 23:46:26.49 ID:uA5A8EASo
愛海「あたしが悪いもんね…あんだけお山もんじゃったし」

P「いや、どうでもいいから、そもそも揉まれるのはどうでもいいんだけど、脱がされたりその図を見られるのが問題であって」

愛海「それでも脱がせてこんな事になったのはあたしのせいだし…こうなっても、ね」

P「自暴自棄になるなって、ほら、俺は全然気にしてないから」

愛海「それに…………」

P「…それに?」

愛海「さっきはびっくりして慌てちゃったけど…プロデューサーなら、そんなに嫌じゃない…かも」

P「…………………っ」


その言葉に心臓が鳴る
愛海とはこの様な少女らしい顔をする少女だったのだろうか?
今まで散々付き合ってきたのに自分は気づかなかったのだろうか?
さらに未だ自分の体の下にいる事に気づく、本当にこれ以上…?

愛海「だから…」

P「ま、待て、それ以上は俺も」

愛海「しょうがないにゃあーいいよー」

P「………うん?」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 00:13:57.32 ID:L+F4hI7jo
愛海「あーっはっはっは!びっくりした?」

P「…………」

愛海「乙女を押し倒して冗談とか女に恥をかかせたなー!って思ってやり返せないかなって思ったからさ」

P「…………」

愛海「さっき言われたアレ思い出して試してみようとしおらしくしてみたんだけど…っぷくく、予想以上に効いたみたいだね!」

P「…………」

愛海「いやー面白かった…………」

P「…………」

愛海「あれ?プロデューサー?」

P「おりゃー」
ズシン

愛海「ぐええ」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 00:23:57.49 ID:L+F4hI7jo

この後愛海がプロデューサーに押し潰されてるのを
何かの間違いだと思い戻ったちひろにまた見られたりが
その時には落ち着いていた彼はしっかりふざけあっていると説明し難を逃れた


P「本っ当にもう…なあ!」

愛海「ごめんなさーい」

ちひろ「あ、あはははは」

P「本格的にお山登り禁止令を出すか?明文にして通達をしよう」

愛海「やめて!死んじゃう!」

P「知らん」

愛海「うわーん!」

ちひろ「にしても何でもなくて良かったです、心臓止まりそうでしたよ」

愛海「あ…うん、だね、流石にあの図は危ないよねあはは」

P「そりゃそうですよ、そんな事あるはず…?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 00:42:36.43 ID:L+F4hI7jo
P「(そういえば、俺が冗談だと言ったのは体起こしてすぐ)」

P「(愛海が冗談を思いついた時間ってほとんど無い…?なら初めのしおらしいアレは…)」

P「なあ愛海…一個聞きたい事が」

愛海「あっそうだ、ちひろさん、誤解させちゃったしあたしらしい事を証明するからちひろさんのお山登っていい?」

ちひろ「さっきこっそり無音で撮った二人の写真がありまして」

愛海「あばばばばばば消して!すぐ消して!プロデューサーからも頼んでよ早く!」

P「……っははは」

愛海「プロデューサー?」

P「ははは、いや何でもない、気の迷いだな、んな訳あるか」
グワシグワシ

愛海「あ、もーあたしのお団子掴まないでよー」

P「いいだろ減るもんじゃあるまいし」

愛海「ならば新たな開拓地となったプロデューサーのお胸をー!」
ペタペタ

P「ウボアー」


二人は幸せに揉み合って終了

おしまい

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/27(木) 00:45:04.54 ID:L+F4hI7jo
読んでくれた方ありがとうございました
劇場見て思い付きで立てたけどオチ決めずグダってしまって反省



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「しょうがないにゃあ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440593693/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9858-5cd0dcee