ヘッドライン

貴音「さすらいはらぁめんの後で」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:46:41.91 ID:Wi1FDUKn0
P「最近できたラーメン屋、繁盛してるみたいだなぁ」

律子「一度食べたら病みつきになってしまうって評判ですね」

P「どうだ、行ってみないか?」

律子「いいですけど、貴音を誘ってあげた方が喜ぶんじゃ?」

P「それも考えたんだけどな。貴音のやつ、事務所に顔出さなくてさ」

律子「件のラーメン屋に夢中なのかも」

P「ははは、ありそうで怖いよ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:47:50.35 ID:Wi1FDUKn0
ラーメン屋「六郎」

少年「いらっしゃいませ!」

少年「今すぐ食べるとなると、相席になってもらいますけどいいですか?」

P「ああ。構わないよ」

少年「こちらです」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:48:46.34 ID:Wi1FDUKn0
P「随分と小さい子が働いてるもんだ」

律子「感心しちゃいますね」

貴音「親子で開いたこの店を全国ちぇーんまで大きくするのが夢だそうです」

P「へぇー。こんな時代に立派なもんだ」

律子「これだけ繁盛してるんです。近いうちに叶いますよ」

貴音「そうですね。わたくしもそう思います」ニコ

P「……貴音、事務所に顔を出さないと思ったら」

P「やっぱりここにいたのか」

貴音「はい。ここのらぁめんは格別ですから」

少年「はい。とんこつラーメン3つ」

律子「ありがとうね」

P「貴音も頼んでたのか?」

貴音「三杯目です」ニコニコ

律子「流石ね……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:49:33.12 ID:Wi1FDUKn0
P「うん! うまい!」

律子「ほんと。これは繁盛するのも納得ね」

貴音「そうでしょうそうでしょう」

P「なんでお前が嬉しそうなんだよ」

律子「また来たいですねー、ここ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:50:31.00 ID:Wi1FDUKn0
数日後

律子「この前行ったラーメン屋、最近さらに人気になってきたみたいですね」

P「もう一回行ってみるか。貴音もいくだろ?」

貴音「ええ! 喜んで!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:54:39.63 ID:Wi1FDUKn0
ラーメン屋「六郎」

客「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」
客「ショリショリ・トットット・パカッ、フワッwwwwwwww」
客「アチ、ハフ、ぷり、とろ、じゅわ、うま〜」

P「な、なんだ? 客の様子がおかしいぞ?」

律子「店の内装も様変わりしてますね……」

P「まぁ、繁盛はしてるみたいだし味は変わってないんだろう」

店員「ラーメン、3つです」

貴音「……あの少年は?」

店員「……ごゆっくりどうぞ」

貴音「……」

律子「新しい店員、雇ったんでしょうか」

P「これだけ繁盛してればなぁ。人手も必要だろ」

律子「うちの社長も、増やしてくれませんかね……」

P「言うな……」

貴音「……」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:57:37.87 ID:Wi1FDUKn0
P「……」ズズッ

律子「……」ズズズッ

P「う、うまい! さらにうまくなっている!」ズルズル

律子「箸が止まらないわ!」ズズ-ッ

貴音「……」



P「貴音? 食べないんだったらくれないか?」

貴音「……ええ、どうぞ」

律子「あっ! ズルいですよプロデューサー殿!」

P「欲しかったら自分で頼むんだな!」ズズズッズッ

律子「あーっ!」

貴音「……」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 22:58:40.14 ID:Wi1FDUKn0
・・・
・・


P「あー、美味かった。仕事がなければもっと食ってたのに!」

律子「私、明日も来ようかしら……」

貴音「……」タタタッ

律子「あ、貴音! どこへ行くの!?」

P「追おう!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:01:54.38 ID:Wi1FDUKn0
ラーメン屋 裏手

P「貴音、どうして急にこんなところに」

貴音「こちらから中の様子が伺えます」

律子「美味しさの秘密でも探るの? いい考えね」

P「どれどれ……」

うあ~……あ~……

律子「う、唸り声? なんで厨房から……」

P「それに料理してる人達、なんだか様子が変だ……」

貴音「すうぷの鍋をご覧ください」

P「なんだ? 大量の粉?」

律子「調味料じゃないの?」

貴音「あれは……おそらく麻薬のような物……」

P「ま、麻薬!?」

貴音「そして厨房で働かされているのは、その中毒者」

律子「た、食べたらやみつきになるって、もしかしてそういうことなの……?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:04:52.94 ID:Wi1FDUKn0
貴音「……おそらく何者かがこのらぁめん屋を乗っ取ったのでしょう」

貴音「そしてこのような外道な行いを」

貴音「あの少年がいなくなった事にも関係がありそうですね……」

P「もう少しで俺たちもああなっていたのかと思うと恐ろしい話だ」ゾゾ…

律子「大変な事だわ……」

律子「早く警察に!」

シュ!

P「なんだ!? 律子の携帯が消えた!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:05:27.18 ID:Wi1FDUKn0
???「消えたんじゃない。奪ったのさ」


???「この鞭でな」


貴音「用心棒ですか……」

貴音「鞭使いの、てんがろん遅川……」

遅川「嬢ちゃん、俺を知っているのかい」


貴音「ええ。その筋では有名ですから」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:06:11.19 ID:Wi1FDUKn0




貴音「ただし、その腕は日本で二番目……」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:08:51.57 ID:Wi1FDUKn0
遅川「ほお……。では日本一とは?」

貴音「ふふっ」


貴音「ちっちっち……」


P(舌打ちできないのか……)



貴音「わたくしです」ビシッ



遅川「いいだろう。……なら勝負だ」


遅川「眼鏡のお嬢、二つ結びにして離れた所に立ってもらおうか」

律子「わ、私!?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:11:51.00 ID:Wi1FDUKn0


律子「……///」エビフリャ-



遅川「ルールは簡単だ。俺は右の結びを鞭で狙う」

遅川「俺の鞭を貸してやる。嬢ちゃんは左だ」

貴音「承知いたしました」

P「ま、待て! 律子に当たったらどうする! それに女の髪をこんなことで……!」

貴音「あなた様」

P「!」

貴音「わたくしめにお任せください」

P「くっ……。頼んだぞ、貴音」

遅川「話はまとまったようだな」

遅川「では彼女が両目を瞑ったら合図としようじゃないか」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:13:49.62 ID:Wi1FDUKn0
貴音「……」

遅川「……」

律子(もうどうにでもなーれ)



遅川「今だ!」

貴音「!」



ババッ!!



P「律子ぉ!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:15:51.12 ID:Wi1FDUKn0
遅川「二人とも外れ……」

貴音「いえ……」

貴音「この勝負、わたくしの勝ちですね」

遅川「何を言う。嬢ちゃんこそ外しているではないか」

貴音「ちっちっち……」


P「あ、あれは!」

P「用心棒のテンガロンハットが落ちている!」

P「そうか! 貴音のやつ、用心棒の鞭をはたき落としただけではなく、返しの勢いで用心棒の帽子だけに鞭を命中させたんだ!すごい!」

遅川「~♪」ピューイ


遅川「……キザな嬢ちゃんだ」フッ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:17:48.67 ID:Wi1FDUKn0
遅川「参った。素晴らしい技を見せてくれたおかげにひとつだけ情報をやろう」

遅川「今回の事件、黒幕は『ラーヌン団』なる組織の仕業だ」

貴音「『らぁぬん団』……」

遅川「せいぜい気をつけることだ」

遅川「さらばだ」

貴音「貴方はどこへ?」

遅川「さてね」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:22:36.99 ID:Wi1FDUKn0
貴音「らぁぬん団、一体何者なのでしょう……」

少年「」フラフラ

貴音「!」

貴音「少年! いったいどうしたのです!」ガッ

少年「お、お姉さん……」

貴音「はい。わたくしですよ。一体なにがあったのです?」

貴音「少年のらーめん屋は一体どうしてしまったのです?」

少年「実はあの店は、借金をして建てた物だったんだ……」

貴音「……」

少年「父さんは金を返すために頑張ったけど、間に合わなくて」

少年「どこかへ連れていかれてしまった……」

貴音「な、なんと……」

少年「なんとか店だけでも守りたかったけど……」

貴音「っ……!」ワナワナ

貴音「らぁぬん団……!」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:25:18.47 ID:Wi1FDUKn0
・・・

小鳥「それで、この子を預かってればいいの?」

貴音「はい。ご迷惑をおかけします、小鳥嬢」

小鳥「気にしないの。迷子をあずかるだけなんだから」

貴音「……」

prrrrr

小鳥「電話?」

小鳥「はい765プロ。……ええ、四条貴音は確かにおりますが」

小鳥「……」

小鳥「貴音ちゃん。あなたによ」

貴音「わたくしに……?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:28:02.43 ID:Wi1FDUKn0
貴音「代わりました。四条です……」

『765プロのプロデューサーの二人は預かった』

『二人の命が惜しければ○○ビルの×階まで来る事だ』

プツッ

貴音「……」

小鳥「貴音ちゃん?」

貴音「申し訳ありません」

貴音「少し、用事ができてしまいました」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:30:48.74 ID:Wi1FDUKn0
・・・

○○ビル ×階 ラーヌン団事務所

ボス「本当に来るとは、見上げたものだ」

貴音「さあ、2人を開放してください」

ボス「そんな約束をした覚えはないのだが」

P「貴音! 罠だ!」

ボス「もうおそい! やれ!」

三下ども「ふへへ……」

貴音「ふふ……。これくらいは予想しておりました!」

貴音「はっ!」

バシバシィ!

三下ども「ぬわーーーーっ!!」

律子「い、一瞬……」

P「すごい鞭さばきだ……」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:33:25.24 ID:Wi1FDUKn0
貴音「さて、2人を……」

P「! 貴音、後ろだ!」

貴音「!?」


ガツン!


貴音「うぅっ!?」

三下ども「ふへへ……」

ボス「うちの用心棒を退けている時点でその展開は読んでいた!」

ボス「油断したなぁ?」

貴音「くっ……」

P「た、貴音……」

律子「手下の数がさっきよりも多いわ……。してやられたわね」

P「 くそ!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:34:50.47 ID:Wi1FDUKn0
ボス「さて、お前たちにはどうなってもらうおかなぁ?」

ボス「そうだな、その男にはラーヌン屋で働いてもらおう」

P「……」

ボス「女は高く売れそうだ……」

ボス「ふふふ……」

ボス「これからラーヌンは世界に広まる! そして中毒者だらけの世界の中で私は頂点に立つのだ!」

ボス「その出鼻を挫こうとした小娘、貴様は殺してやる!」

ボス「やれ!」

三下ども「イッー!」

貴音(……無念!)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:36:46.39 ID:Wi1FDUKn0
「でぇぇぇい!」

バシィィン!!


三下ども「ぬわーーーーっ!!」



ボス「だ、誰だ貴様!」



P(赤いヘルメット……)

律子(赤いスーツ……)

貴音(そしてあの鞭……)

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:38:52.09 ID:Wi1FDUKn0


「ズバッと参上、ズバッと解決!」



「人呼んでさすらいのヒーロー!」



「快傑ズバァット!!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:40:19.38 ID:Wi1FDUKn0
貴音「快傑、ずばっと……」


ズバット「親子の夢を踏みにじり、ラーメンの名を被った薬物で人々を惑わし、あまつさえ罪のない人々にまで手にかけようとしたラーヌン団ボス!」


ズバット「許さん!」


ボス「ぬうう……。行け三下ども!」


三下ども「うぇーい!」

ズバット「でぇぇぇい!!」

三下ども「ぬわーーーーーっ!!!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:42:09.62 ID:Wi1FDUKn0

ズバット「2月2日! 飛鳥五郎という男を殺したのはお前か!」

ボス「違う! 俺じゃない!」

ズバット「……」

ボス「その日はジンバブエに……」

ボス「信じてくれ!」

ズバット「ズバットアターック!」


『この者凶悪ラーヌン事件犯人!』



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:42:52.61 ID:Wi1FDUKn0
P「あの赤い人は行ってしまったな」

律子「そうですね……おや?」

男「あ、あんた達、息子をしらないか?」

貴音「息子? もしや、貴方はあのラーメン屋のご主人?」

男「あ、ああ。そうだが……」

貴音「無事だったのですか?」

男「早川とかいう男に助けられて……」

男「『潜入捜査の必要がなくなったから来れた』とか」

貴音「……そうですか」

貴音「少年は無事ですよ。わたくしの知り合いの元にいます」

男「ほ、本当か!?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:43:52.93 ID:Wi1FDUKn0
・・・

数日後

P「あれ? 貴音は?」

律子「さすらいの旅ですって」

P「ラーメンの食い歩き程度でおおげさだなぁ」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:45:55.81 ID:Wi1FDUKn0
・・・

とあるラーメン屋


モブ「俺を知っているのか?」


貴音「ええ。らあめん早食いの達人……」


貴音「しかしその腕は日本では二番目……」



チッチッチ……




早川「いいや、三番目だ」






おわり

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:46:44.46 ID:Wi1FDUKn0
最後のやつが書きたかっただけ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 23:47:23.80 ID:ayU2B0Th0
乙!

楽しかったよー



元スレ: 貴音「さすらいはらぁめんの後で」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345384001/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9598-9611ed30