ヘッドライン

響「ご飯―♪」 千早「お昼の時間ね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:40:49.64 ID:/+JhjJa60
響「おっ、千早もご飯か?」

千早「えぇ」

響「じゃ、じゃあ一緒にいかないか?」

千早「えぇ、一緒に行きましょうか」

響「いいのか!?ワーイ」

千早「早く行きましょう我那覇さん」

響「待ってほしいぞ千早~」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:44:26.99 ID:/+JhjJa60
響「何処でご飯食べるんだー?」

千早「そうね、私のよくいく所でいいかしら?」

響「全然大丈夫だぞ」

千早「そう。じゃあ私について来て」

響「うん♪」

響(千早の行きつけのお店かー。すごいお洒落なお店かなー)

響(楽しみだぞ)



千早「ここよ」

響「えっ」


─松屋─

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:48:45.97 ID:/+JhjJa60
響「えっ、ここ……」

千早「ふふ、そうよ。ここが私行きつけのお店よ」

響「えっ、松屋が……?」

千早「ふふ、さすがに我那覇さんでも知っているようね!!松屋の名を!!」

響「う、うん。まぁ多分……」

響(あれ?自分牛丼屋の松屋と間違えてるのかな?松屋って名前のお洒落なお店なのかも……)

響「千早はよく来るのか?」

千早「何を隠そう週8のペースで来ているわ」

響「おお!!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:52:05.09 ID:/+JhjJa60
響「そんなに美味しいのか?」

千早「えぇ、私の下を唸らせた数少ないお店よ」

響「おお、すごいぞ」

響(やっぱり牛丼屋の松屋じゃないんだ!!良かった、恥をかく所だったぞ)

千早「ふふ、見てあそこを」

響「ん?なんだ店の前にあるの?」

千早「ふふふ、これは食券の自販機よ」

響「ふぇ?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:55:00.03 ID:/+JhjJa60
千早「この食券システムは画期的なのよ我那覇さん」

響「うん?」

千早「先に食券を買う事で、店員に話しかける必要がないのよ」

響「へ、へ~」

千早「先に買うからお釣りなどの心配もない!!正に最先端!!日本は未来に生きているわ!!」

響「あっ、うん」

千早「じゃあ、早速食券を買いましょうか?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:59:12.17 ID:/+JhjJa60
千早「どうぞ、我那覇さん先に選ぶといいわ」

響「いいのか。ありがとう千早」

千早「色々な種類があるから、きっと料理を決めるまで困るわよ」

響「そんななのかー!?」

千早「えぇ、さぁ選んで」

響「うん!!」チラッ

響「…………」

千早(ふふ♪種類の豊富さに戸惑っているわ)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:03:24.92 ID:/+JhjJa60
響「……」

響(やっぱり牛丼屋じゃないですかー。やだー)

千早「ふふ、どう我那覇さん?種類が豊富でしょ?」

響「……うん、こんなに種類があると思わなかったぞ」

響(丼物だけで種類ありすぎだぞ……)

千早「ビギナーの我那覇さんには少し難しかったかしら。オーソドックスに牛丼セットにするといいわ」

響「あっ、はい」ポチ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:07:33.81 ID:/+JhjJa60
千早「じゃあ私はこれを」ポチ

千早「さぁ、入りましょうか」

響「……うん」

ウィーン

店員「いらっしゃいませー、お好きな御席にどうぞー」

千早「どうぞ我那覇さん」

響「ありがとう千早」

ボソッ
千早「Welcome to Underground」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:08:28.51 ID:7oDmfivU0
ドヤ顔が目に浮かぶよう

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:11:32.38 ID:/+JhjJa60
響「ふぇ!!」バッ

千早「ふふ──♪」

店員「券の方しつれいしまーす」

響「あっ、はい」

店員「しつれいしまーす」

千早「……」



千早「ふっ、今日はダメね……」

響「何がだ?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:14:23.67 ID:/+JhjJa60
千早「食券を取りに来る時に水を一緒にもってきていないのよ」

響「そういえば水ないな」

千早「全くもってダメね。これだから新人は……」

響「……」

千早「教育が必要なようね……」

響「……」

千早「我那覇さん、あの店員に水を頼んで」

響「えっ、自分が言うの!?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:18:42.02 ID:/+JhjJa60
千早「私は常連なの。さすがに新人の娘に常連からの水の請求は可哀想だわ」

響「?……そ、そうなのか」

千早「えぇ、だから早く。ハリー、ハリー UP!!」

響「う、うん」

響「すいませーん、お水もらえますかー?」

店員「はい、少々おまちください」

響「これでいいのか?」

千早「えぇ、ベリーグッド!!Goodよ我那覇さん」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:22:33.76 ID:/+JhjJa60
店員「お待たせしました。お水になります」

コト
響「ありがとー」

コト
千早「……」


千早「ふっ、まずますって所かしら」ゴクゴクゴク

響(千早が早く水飲みたかっただけじゃないのか?)

店員「こちら牛丼のセットになりますー」

響「おっ、もう来たぞ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:28:59.51 ID:/+JhjJa60
響「牛丼に玉子とサラダのセットだな」

千早「まぁ初心者のチョイスね」

響「千早は何を頼んだんだ?」

千早「ふふふ、私はね──」

響「……」

店員「お待たせしました。デミたまハンバーグ定食でーす」

千早「ふふん」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:32:34.54 ID:/+JhjJa60
響「あっ、牛丼じゃないんだ……」

千早「えぇ常連だから。私は常連だから牛丼は飽きてしまったの。常連だから」

響「へー」

響「まぁ、とりあえずいただきますするぞー」

千早「そうね」

いただきまーす

響「玉子まぜ~て~」カチャカチャカチャ

千早「パクパク」チラチラ

響「あとお醤油入れてー」

千早「待って我那覇さん!!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:36:08.93 ID:W474GhUx0
やめろ
千早さんは純粋なだけなんだよ
やめろ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:37:06.83 ID:/+JhjJa60
響「えっ」

千早「甘いわ我那覇さん。この玉子の様に甘いわ!!」

響「えっ、そもそも玉子って甘くは──」

千早「牛丼に in する卵に醤油じゃダメよ!!」

響「……」

千早「通ならカルビソースよ」

響「そ、そうなのか。ありがと千早……」

千早「ふふ、いいのよこれくらい♪」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:40:45.70 ID:/+JhjJa60
響「パクパクパク」(うん、牛丼だ……)

店員「こちら牛皿になりまーす」

コト
千早「……」

響「千早、それも頼んでたのか?」

千早「えぇ、松屋に来たなら牛肉を食べなきゃね。これが通ってものよ」ドヤァ

響「そ、そうなんだ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:43:10.87 ID:/+JhjJa60
千早「パクパク」

響「パクパク」

千早「我那覇さん、そろそろ牛丼も半分くらいになったようね」

響「えっ、あう、うん」

千早「なら、この技を教えてあげるわ。これは、少し難しいんだだけどね」

響「う、うん」

千早「それを、使うのよ」

響「えっ、これを?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:46:52.99 ID:/+JhjJa60
千早「そう、その────」


千早「ドレッシングを!!」

響「あぁ」

千早「ほら、そのドレッシングを牛丼に」

響「け、けど、今日はこのままでいいかなーって……」

千早「遠慮しなくて大丈夫よ、ほら私が」

響「!?」

     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) ドレッシングはまかせろー
 ドバドバC□ l丶l丶
     /  (    ) やめて!
     (ノ ̄と、   i
            しーJ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:49:56.91 ID:/+JhjJa60
響「……」

千早「ふー良い仕事をしたわ。さぁ我那覇さん食べて」

響「……うん。パク」(ドレッシングの味しかしないぞ……)

千早「気に入ってもらえたようね♪」

響「う、うん……」

――――
―――
――

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:53:31.24 ID:/+JhjJa60
千早「ご飯も食べ終わった事だし。そろそろ出ましょうか?」

響「う、うん」

ス―
千早「ごちそうさまでしたー!!」

店員!?「……あ、ありがとうございましたー」

響「でしたー」

店員「ありがとうございましたー」

響(あれ……千早、牛皿を全然食べてないぞ……)

響(慣れない注文して、お腹いっぱいになっちゃったのかな……)

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:55:02.68 ID:kk5FuhV/0
これ以上千早をいじめないでぇ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:57:33.64 ID:/+JhjJa60
千早「美味しかったでしょ我那覇さん?」

響「えっ……うん」

千早「満足してもらえて、私も嬉しいわ♪」

響「……今度──」

千早「え?」

響「今度は自分の行きつけのお店を紹介するよ!!」

千早「……そう、それは楽しみね」

響「うん」

響(千早にちゃんとした食事を教えてあげよう!!うん、そうしよう!!)



千早「ゲエッッップ」



おわり

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:58:03.76 ID:nd7BE8D/0
どっちも可愛い

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:59:45.74 ID:aZp4RiUz0
おもしろかった

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:59:39.92 ID:Qw/bFexg0
なぜ千早は牛皿を残したんだ?

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:03:46.64 ID:tpxVdaim0
>>60
皿は平べったい。

あとはわかるな?

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:04:12.72 ID:B+8tlFJO0
わかりづらっw



元スレ: 響「ご飯―♪」 千早「お昼の時間ね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344001249/

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 07 如月千早
如月千早(CV:今井麻美)
日本コロムビア (2015-07-08)
売り上げランキング: 170

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9510-abc39c54