ヘッドライン

モバP「アイドルたちと趣味の話がしたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437378395/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 16:46:45.62 ID:+FBImgtk0

モバマスSSです。ゆっくり更新です。モバマス初心者なので口調とかおかしいかもです。


比奈「趣味の話……すればいいじゃないっスか」


P「違う、アイドルたちと(アイドルの)趣味の話がしたいんじゃない。アイドルたちと(俺の)趣味の話がしたいんだ」

比奈「プロデューサーの趣味っていうと……NTRとか陵辱とかでスか。さすがにアイドルとそういう話はちょっと……」

P「おいまて何でお前が俺の趣味を知っている」

比奈「えっ……マジでスか……」

P「……………………冗談だ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 16:57:59.28 ID:+FBImgtk0

P「俺のそっちの趣味はともかく、比奈はアイドル以前に女の子なんだから陵辱とか言わない」

比奈「……まぁ気をつけまス」

P「うむ。じゃあ話を戻そう。アイドルたちと俺の趣味について語りたいんだ」

比奈「はぁ。でもプロデューサーの趣味ってコロコロ変わりませんっけ?」

P「そうだな。今はアニメにハマっている!」

比奈「ほほぅ。じゃあ今期で一番気になってるのは?」

P「そりゃ勿論……」

比奈「シンデレラガールズ以外で」

P「…………うまるちゃんかな」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 17:14:48.13 ID:+FBImgtk0

比奈「あー。うまるちゃん可愛いっスよね。……杏ちゃんみたいで」

P「……どおりでお兄さんに親近感を感じるわけだ」

比奈「まぁポジション的にはきらりちゃんなんでしょうけど……イメージ的にはプロデューサーと被るっスね」

P「最初にタイトルだけ見た時は干物の擬人化アニメかと思ってたから期待してなかったんだけどな」

比奈「それはそれで面白そうっスけどね……」

P「干物これくしょん……臭そうだな」

比奈「それ完全にクサヤのイメージが強いせいでスよね……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 18:40:24.21 ID:+FBImgtk0

P「まぁ二頭身のうまるちゃんは杏とそっくりだが、普段のうまるちゃんは杏ではありえないからな」

比奈「あんな完璧JKはうちの事務所にはいないっスかねぇ……」

P「お嬢様っぽい子ならたくさんいるんだけどな。イメージが重なるアイドルはいないかもな」

莉嘉「話は聞かせてもらったよ!」


P「うぉ……びっくりした。い、いつから聞いてたんだ?」

莉嘉「完璧JKってとこから!」

比奈「性癖聞かれなくてよかったっスね」

P「性癖とか言うな」

莉嘉「?」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 18:52:28.50 ID:+FBImgtk0

莉嘉「そんなことより!完璧JKと言ったらやっぱお姉ちゃんでしょ!」

P「あー」

比奈「あー」

莉嘉「なんか納得してなさそうな『あー』なんだけど!」

比奈「いや、何て言えばいいんスかね……」

P「美嘉は確かにカリスマJKだしJKの理想に近いだろう。しかし完璧JKうまるちゃんとはイメージが違うんだよなぁ……」

莉嘉「うまるちゃん?誰それ?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:00:18.96 ID:+FBImgtk0

比奈「あー……アニメのキャラの話でス」

莉嘉「アニメ!?アタシも見たい~!」

P「なに……!?よしじゃあ一緒に見よう!比奈、録画してるか?」

比奈「してまスけど……私これから仕事っス」

P「なにぃ!?そうか……それじゃあしょうがないな」

比奈「はい」

P「仕事休んでいいぞ。キャンセルの電話しとくから」

比奈「おいこらちょっと待つっス」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:07:17.09 ID:+FBImgtk0

P「莉嘉と一緒に比奈の部屋でアニメ見たい見たい見たい~!!」

比奈「うまるちゃんみたいに駄々こねてもダメっス。ていうかお兄さんに親近感湧いてるんじゃなかったんでスか」

莉嘉「Pくんそれはかっこわるいよ……」

P「冗談だよ冗談。ふーむ、比奈がダメとなるとあとは……菜々さんも仕事だし…………あっ!奈緒がオフじゃないか!」

比奈「まぁ奈緒ちゃんなら録画してると思いまスよ」

莉嘉「よーし!じゃあ奈緒ちゃんの部屋にれっつごー!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:26:50.89 ID:+FBImgtk0

P(女子寮に入るのも久しぶりだな)

P「奈緒の部屋はここだったな」コンコン

P「ありゃ、反応がないな」シーン

莉嘉「お出かけしてるのかなー?」

P「うーん……」ガチャ

P「あれ?鍵かかってないぞ……まったく無用心だなぁ。反応がないってことはトイレかお風呂かもしれん。莉嘉、見てきてくれるか?」

莉嘉「はーい!おじゃましまーす!」

P「なーんか嫌な予感がする……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:37:46.18 ID:+FBImgtk0

莉嘉「あ、奈緒ちゃんテレビ見てるー!ドア叩いたの聞こえなかったのかな?おーい、奈緒ちゃーん」

莉嘉「ヘッドフォンしてるから聞こえてないのかな?おーい!」肩トントン

奈緒「ん?……えっ!?莉嘉!?何で!?!?」


莉嘉「あれー?何でこの人ぱんつ被ってるのー?」

テレビ「お[チンッ]ぽー!!!」

莉嘉「おっぽー?」

奈緒「あ、違うこれは……!あ、ちょっと莉嘉ちゃん見ちゃダメ!テレビストップストップ!!」

P「何してんだお前……」

奈緒「何でPさんが女子寮に!?いやそんなことより助けてくれよぉ!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 01:53:52.91 ID:iYyjXtv+0

P「落ち着いたか?」

奈緒「まぁ……なんとか」

P「それにしても奈緒がこんな変態が出てくるアニメを好き好んで見てるなんてな……その上子供に見せるとは……」

奈緒「莉嘉が見ちゃったのはアンタのせいだろ!」

P「好きで見てるのは否定しないのな……よし。今度の衣装はこの変態みたいな格好でいくとするか」

莉嘉「奈緒ちゃんパンツ被るの?お姉ちゃんもね、たまに被ってるんだよー!」

奈緒「だから被らな……美嘉がパンツ被るの?」

P「その話詳しく!!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 12:11:37.35 ID:iYyjXtv+0

莉嘉「プリキュアごっこするとき、お姉ちゃんいつも莉嘉のパンツ被って『かいじんパンツマン!』って敵役やってくれるんだよ!」

P「それでそれで!?」

莉嘉「すっごいハァハァ言っててリアルなんだよ!」

奈緒「何やってんだカリスマJK……」

P「まぁ美嘉と奈緒の性癖はともかく……奈緒、うまるちゃん録画してるか?」

奈緒「だから違うって言ってんだろ!……うまるちゃん?してるけど……」

莉嘉「わーい!一緒に見よっ!」

奈緒「うまるちゃん見るためにあたしの部屋来たのかよ……まぁあたしもまだ見てないし丁度いいか」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 01:34:43.09 ID:P+sVoDve0
今更ですが今期アニメの多少のネタバレが含まれてます。
あとアイドルの二次設定でネタキャラになってる子がいます。不快に思われたらスミマセン。


モバP「どうだ?美嘉とはまた違った意味で完璧なJKだろう?」

莉嘉「うーん……まぁかわいいけど……かっこよさだったらダンゼンお姉ちゃんの勝ちだよ!」

奈緒(妹のパンツ被ってハァハァ言ってるのがかっこよさなのか……)

莉嘉「あれ?ちっちゃくなっちゃった。あはは!この子杏ちゃんみたい!」

モバP「だよな」

奈緒「そうだな」

杏「まぁ杏はポテチより飴のほうが好きだけど」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 01:56:08.75 ID:P+sVoDve0
なんかモバPとPがいるみたいになってますがミスです。モバP=Pです



P「うおっ!?杏!?」

奈緒「お前、入ってくるならノックくらいしろよなー」

杏「ドア開けっ放しだったもん。ていうかうまるちゃん見るの?杏もう1話は見たから2話見ようよ」

奈緒「Pさんドア閉めなかったのかよ……」

P「俺たちは1話見てないんだよ。2話も見るからちょっと待ちなさい」

奈緒「無視かよぉ……」

莉嘉「あ!もしかして杏ちゃんもこの子みたいに大きくなったり小さくなったりできるのー?」

杏「あー……いや、ほら、杏はJKじゃないからさ」

莉嘉「そっかぁー……」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 02:21:48.45 ID:P+sVoDve0

奈緒(菜々さんがJKなのに杏はJKじゃないのか……)

P「そうか……つまり杏も高校に通ってさえいれば外面は完璧JKになっていたということか……」

『………………』

P「ないな」

奈緒「ないな」

杏「ないね」

莉嘉「えー!?」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 03:14:21.13 ID:P+sVoDve0

杏「でも仕事の時はちゃんとニコニコしてるじゃん。あれも結構大変なんだよ?」

P「まぁファンからしたら、たまに出てる素の杏を見てもギャップ萌えとしか思わないらしいからな……」

杏「妖精だからね」ドヤァ

奈緒「自分で言うなよ……」

莉嘉「1話終わっちゃったよー?2話どれー?」

奈緒「ほいほい、ちょっと待ってな」

P「お、どうだ莉嘉。こういうアニメも面白いか?」

莉嘉「うん!プリキュアとかポケモンくらいしか知らなかったけどアニメも面白いねー♪」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 14:38:09.63 ID:P+sVoDve0

奈緒「そういえばなんでプロデューサーは莉嘉連れてあたしの部屋までアニメ見にきたんだ?莉嘉が見たいって言い出したんじゃなさそうだけど」

P「あぁ最初は比奈に相談してたんだよ。俺の趣味の話をアイドルとしたいなーって」

杏「プロデューサーは飽き性だからねぇ……浅く広くもいいけどもうちょっと一つのことを突き詰めてみれば?」

奈緒「確かに。机に置いてあるものとか見たら、その時どんな物に夢中になってるかすぐわかるもんねぇ」

莉嘉「シール集めてたこともあったよね!」

P「バレてたのか……いや、俺も自分の趣味がコロコロ変わるのは自覚してるんだよ。だから今までは一緒の趣味の人を探して語ったりはしなかったんだ。すぐに飽きちゃうから向こうもいい気分じゃないだろうしな」

杏「そもそもにわかの段階でやめちゃうから会話についていけないだろうしね~」

P「……それもある」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 15:10:55.53 ID:P+sVoDve0

奈緒「んで今はアニメにハマってると」

P「その通り!今回は長く続けるぞ。よく考えたら今まですぐに飽きていたのは一緒に趣味の話をしたりする人がいなかったからだと気付いたんだ!だから今回は最初から同じ趣味のアイドルを探して、趣味自体を一緒にをしたり、趣味の話で盛り上がったりしてればいいと思ったんだ!」

杏「まぁそれでいいんじゃないかな~?ゲームなんかは一人で黙々とやる人もいるけど、大人数でやるゲームもやっぱり楽しいしねぇ」

莉嘉「莉嘉もね、シール集めるだけでも楽しいけど~……でもでも!友達のノートに貼ってあげたり、交換したりするのも好きだよ!」

奈緒「まっいいんじゃないの?でもアニメは自分の好きな作品を批判してくる人とかもいるから、そのへんは折り合いつけなきゃだけどな」

杏「最近は自分の好きな物のことを嫌いって言う人を許容できない人ばっかりだからねぇ……」

奈緒「分かる分かる。SNSとかで滅多な発言できないからなぁ……」

P「嫌いなのは嫌いで仕方ないんじゃないのか?全人類に愛されるものなんて存在しないだろ。うちのアイドル以外」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 15:20:44.10 ID:P+sVoDve0

杏「プロデューサーも相当アレだよね……」

奈緒「ま、まぁそういうのもプロデューサーの良いとこだと思うけどな……」

杏「お?デレた?」

奈緒「デレてねぇし!ていうかツンデレじゃねえって言ってるだろ!杏の発言にフォロー入れただけだっての……」

P「はっはっは。奈緒は可愛いなぁ!」

奈緒「だからそういう恥ずかしいことを言うんじゃねぇ!」

莉嘉「莉嘉は!?莉嘉は~?」

P「もちろん莉嘉もかわいいぞ!……あと杏も」

杏「ついでにどうもありがとう。……いや、杏はついで扱いで褒められたせいで心に傷を負ったよ……この傷を癒すには飴しかない……!」チラッチラッ

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 15:57:42.30 ID:P+sVoDve0

P「残念ながら飴は無い。奈緒あるか?」

奈緒「残念なことに……杏がたまにくるからストックしてあるんだよな……」

杏「奈緒、有能」

莉嘉「莉嘉もあめちゃん欲しい~!」

P「パイン飴っ!パイン飴っ!」

奈緒「なんでPさんまで欲しがってるんだよ……ていうかパイン飴はない。」

P「じゃあ黒飴で」

杏「黒飴なら菜々さんの部屋にいけばあるよ。ソースは杏」

莉嘉「あ!莉嘉も菜々ちゃんからもらったことある!」

奈緒(黒飴あるんだけど出しにくいな……)



ちょこちょこ奈緒がPさんではなくプロデューサーと言ってるのはただのミスです。
あと今更ですが>>14で描写入れるの忘れてましたが、奈緒が驚いてヘッドフォンが抜けて音声が漏れています。

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 16:24:06.92 ID:P+sVoDve0

P「うむ、やはりうまるちゃんは面白いな。他にオススメのアニメとかあるか?」

奈緒「うーん……うまるちゃんみたいな感じのやつ?」

P「いや、色々見て見たいから何でもいいぞ」

杏「やっぱり有名なのを見るのがいいんじゃない?劇場版とかもあるやつ。エヴァとかけいおんとかまどマギとか」

奈緒「シュタゲとかあの花もいいよな」

P「エヴァとまどマギは少し知ってるぞ」

杏「あれ?そうなの?……んじゃ割と有名なアニメは見てるのか」

P「いや、パチスロが趣味の時期があってな……」

杏「うわぁ……」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 16:33:18.85 ID:P+sVoDve0

奈緒「そういえば一時期、ちひろさんが『パチスロのせいで売り上げが……潰すしかない……』とか呟いてたな……」

杏「その後『まぁ勝ったタイミングで搾取すればいいか♪』って言ってたけどね」

P「おぅふ……」

莉嘉「パチスロってなにー?」

杏「あー莉嘉がいるんだった……しまったなーちっひの本性がバレてしまったぞーこれはこまったー」

奈緒「逆に棒読み上手すぎるだろ……」

P「まさにお手本のような棒読みだったな」

P「……あっ!」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 16:42:50.80 ID:P+sVoDve0

P「莉嘉、パチスロっていうのはパチンコとスロットのことだ。そして俺は一時期、パチンコが大好きだったんだ。」

莉嘉「パチンコ!聞いたことある!大人の人がするゲームだよねー?」

P「まぁそんなとこだ。俺はそのパチンコが大好きだったんだ。リピートアフターミー?プロデューサーのパチンコ大好き!」

奈緒「おいこら性犯罪者、何をスマホで録音しようとしてんだよ」

杏「早苗さんに電話電話っと」

莉嘉「プロデューサーのパチンコ?」

P「あぁっ!おしい!!」

奈緒「何もおしくねぇっての!!」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 17:27:00.94 ID:P+sVoDve0

杏「莉嘉、とりあえずこの変態プロデューサーの言ってることは無視していいから」

奈緒「莉嘉の教育に悪いから冗談でもやめてくれよ……」

P「奈緒だってあんなアニメ見せてたくせに……」

杏「なに?杏が来る前にダークネスでも見てたの?」

奈緒「いや……下セカ見てたら莉嘉ちゃんがいつの間にか入ってきてて……」

杏「あー……」

莉嘉「あのね、パンツ被った女の人が何か叫んでたんだよー」

杏「最初のシーンか……まぁOPよりマシだしセーフでしょ」

奈緒「OPそんなにやばいのかよ……」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 17:54:46.80 ID:P+sVoDve0

杏「まぁ下の話は置いておいて、とりあえずアニメ見るんなら、今期やってるのんのんびよりとWORKINGは1期から見てみたらいいんじゃないかな」

奈緒「それもそうだな。2期とか3期とかまでやってる作品は基本的に人気ってことだし、見て損はないと思うよ」

杏「杏か奈緒か比奈か菜々さんに聞けば大抵のアニメDVD・BDはあると思うよ。あと一応ユリユリも」

P「由里子は偏ってそうだな……」

莉嘉「アタシ、ワンピースとか見てみたい!クラスの子がみんなおもしろいーって言ってたし!」

奈緒「さすがにワンピは漫画しかないんじゃないかな……」

杏「あんまり関係ないけどドラえもんとかクレしんの映画なら菜々さんがけっこう持ってた気がする。……VHSで」

奈緒「菜々さんの部屋、未だにテレビデオあるもんな……」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 18:04:25.16 ID:P+sVoDve0

P「よし、じゃあとりあえずのんのんびよりとWORKINGを見るか!奈緒持ってる?」

奈緒「どっちもあるよ。……ここで見てくの?」

P「いや、さすがにそこまで邪魔するのは悪いからな。自分の部屋で見るよ」

杏「事務所のスクリーンで見るのもアリだね。セッティングめんどくさそうだから杏はやらないけど」

P「なるほど、いいなそれ。でもちひろさんに見つかったら怒られるからやめとこう……」

莉嘉「Pくんアタシも見たい!」

P「お、そうか。よーし、じゃあ俺の部屋で一緒に見るか~」

莉嘉「うん!」

『!!』

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 18:14:16.01 ID:P+sVoDve0

奈緒「やっぱりここで見ていけばいいよ!べ、別に邪魔じゃないし、そもそもBDだからPさんの部屋じゃ見れないかもだし!」

P「いややっぱ悪いって。あと、海外のドラマにハマった時にBDレコーダー買ったから大丈夫だぞ」

杏「莉嘉をプロデューサーの部屋で二人っきりにできるわけないでしょ……さっきのこともあるし。しょうがない、杏も付いていくよ」

奈緒「な、ならあたしも行くぞ!杏も小さいから心配だしな!」

杏「どういう意味さ~……まったく、素直じゃないんだから」

P「いやいや、アイドルに変なことするわけないだろ」

杏「さっきのセクハラ行為のあとで、よくもそんな言葉が吐けるものだね……信用できるわけないでしょ」

奈緒「そうだぞ!へ、変態プロデューサー!」

P「まぁさっきの悪ノリはちょっと反省してるけどさ……そこまで言わなくても……」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 18:29:52.46 ID:P+sVoDve0

莉嘉「Pくんよしよし~」ナデナデ

P「うぅ……ありがとな莉嘉ぁ~」

杏「茶番はいいから早くプロデューサーの家行くよー」

P「自分から言っておいて何だが……よく考えたらアイドルを部屋に招くのはよろしくないのでは?」

奈緒「Pさんが女子寮にいる時点で今更すぎるでしょ……」

莉嘉「Pくんの家いきたーい!」

P「むむむ……今まで誰一人部屋に入れないように気を張っていたのだが……趣味のことで気が緩んでるのだろうか……」

P「まぁいいか。よし、じゃあ今から行くかー」

奈緒「んじゃついでに何本かおすすめのアニメ持って行くか」

杏(奈緒は甘いね……今日たくさん持って行っても置いて帰ることになるのは明白!プロデューサーは一人で見てしまうだろう。だから私はあえて持って行かない!そしてタイミングを見計らって二人で見るのだ……いい感じのムードになる作品あったかなぁ……もう逆にヨスガとかでいいかな)

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 18:38:24.47 ID:P+sVoDve0

P「大きめのテレビ買っておいてよかったよかった。あ、今度ソファでも買っておかないとなぁ……冬はこたつでいいけど夏に座布団だけってのも微妙だし」

杏「それなら人をダメにするソファ買おうよ」

奈緒「あーアレはいいかもな。一つはあって全く問題ない」

莉嘉「杏ちゃんが事務所に持ってきてたやつー?」

杏「いや、あれは人を杏にするソファだからちょっと違うね」

奈緒「ちょっとしか違わないことは認めるのか……」

P「じゃあ買い物していくか。ついでに晩飯も食っていくか?大した物は作れないが……」

杏「さんせ~」

P「よーしじゃあ行くかー」



アニメ編 第一部 終わり

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 18:49:16.13 ID:P+sVoDve0

とりあえず一旦終わりです。思ったより忙しくて超スローペースになってしまいました。今日みたいに休みならまとめて書けるのですが……
見ている方がおられるか分かりませんが、このままのペースでよければ落とさずに続き書いていきたいと思います。

第二部 『モバP「事務所でアニメが流行り始めてる……?」』に続きます。

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/23(木) 21:14:37.73 ID:lvCC/+9X0

続きも期待してる



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「アイドルたちと趣味の話がしたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437378395/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9474-0003a2bb