ヘッドライン

【ごちうさ】シャロ「最高の贈り物」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436972452/

1 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/16(木) 00:01:02.58 ID:yDJ9rFkq0



カーンカーンカーン



シャロ(あら、いつもより早いような)

シャロ「んんーっ……」

シャロ「…ん」

ガチャ

千夜「シャロちゃんお誕生日おめでとう!」パァンッ!

シャロ「ピャッ!?び、びっくりさせないでよ!朝からクラッカーなんて」

千夜「わかってないわね。クラッカーのあの空間を駆け抜ける音、景色に彩りを添えるあのカラフルな紙テープ」

千夜「そして何より、時間遅れでやってくる微かな火薬の焼けた香りがお祝い事に華を添えるのよ!」バーン


3 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/16(木) 00:05:10.58 ID:yDJ9rFkq0
シャロ「祝い事の旅に寿命減らすつもりなの」

千夜「この程度で寿命減るなんて大袈裟よ。それよりはいっ!プレゼントよ」

シャロ「え……あ、ありがと///」

シャロ「……開けてもいいの?」

千夜「どうぞ♪」

シャロ(千夜の事だから……去年までだとこの箱の重みはダンベルで、後から他の真面目なプレゼントくれるんだけど)

シャロ(今年はどんなギミックが……あら?)

4 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/16(木) 00:24:44.61 ID:yDJ9rFkq0

シャロ「ダンベル with カチューシャ……!?」

千夜「シャロちゃんに似合うと思うの!」

シャロ「かわいい…… でもあんまり私っぽくない色ね。なんか新鮮」

千夜「たまにはいいかなーって思ったのよ」

シャロ「千夜……本当にありがとね」

シャロ(いつも黄色系の物なのに、緑色なんて珍しい)

千夜「夜から皆がお祝いしてくれるんだから、バイトでヘロヘロになっちゃだめよ?」

シャロ「そう思って今日は休ませてもらったの。というか朝一番で先に祝ってくれちゃって大丈夫なの?皆一緒に祝うって言ってたじゃない」

千夜「そうなんだけど……やっぱり今日は皆でじゃなくて、シャロちゃんと二人きりで祝いたかったから。抜け駆けしちゃった♪」

シャロ「そ、そう。照れるからそういうこと恥ずかしげも無く言うんじゃないわよ!」///

5 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/16(木) 00:35:18.55 ID:yDJ9rFkq0

千夜「ウフフ。ほら、遅刻しちゃうから早く準備してきなさい?」

シャロ「わ、わかってるわよ」

6 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/16(木) 00:46:52.41 ID:yDJ9rFkq0


──────────
────────────────
──────────────────────


シャロ(バイトは無かったけど、クラスメイトが祝ってくれてたから丁度いい時間ね。もうラビットハウスに行こうかしら)

アーターリーマーエー♪

シャロ「誰かしら……ココア?」pi

ココア『もしもしシャロちゃん!?』

シャロ「び、びっくりしたぁ。大声出してどうしたのよ」

ココア『じっ、実は今ラビットハウスが獰猛な野獣に襲われてて大変なの!今すぐ助けに来てーッ!』

『なんで今更そんな嘘着くんですかココアさん!』

『まあ本人がやりたいんだからそっとしておこう』

シャロ(なんでパーティ開くって前もって言ってたのに妙なサプライズしようとしてんのよ……)

シャロ「わかったわ。今すぐコーヒー飲んで向かうから待っててね」

13 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 00:27:06.55 ID:+DLn+RdH0
ココア『えっ!?ちょっとまってまってコーヒー飲んだシャロちゃんも好きだけど酔いが覚めた時に記憶飛んじゃうでしょ』
プツッ ツーツーツーツー

シャロ「……急ごっと♪」


タッタッタッタッ

──────────────────


カランカラン

シャロ「こんにち──」

パァン!

シャロ「ピャッ!?」

ココアチノリゼ千夜「「「「誕生日おめでとう!!」」」ございます」

シャロ「びっくりした……けど、ありがとう!」

千夜「~♪」ニコッ

シャロ「なによ。……えへへ///」

14 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 00:29:26.36 ID:+DLn+RdH0
──────────
────────────────
──────────────────────


ココア「はいあがり!じゃあ残った二人は何と………ポッキーゲームでーす!!」

シャロ(どうしてこうなった)

チノ「ぽ、ポッキーゲーム?」

リゼ「一本の長いお菓子を両端から二人で食べていって、先に口を離した方の負けとかいうやつだな」

ココア「これはなかなか見ものだね!」

シャロ「ちょ、ちょっと待ってよ。長いお菓子なんて無いでしょ」

千夜「干し芋ならあるけど……」

シャロ「あるのかい!」

ココア「でかした!」

リゼ「なにも無理やりやらせなくたって……ほら、その、デリケートな話な訳だし」

千夜「あら、私とシャロちゃんなら平気よ?」

シャロ(な、何勝手に決めてんのよ!)

チノ「二人の攻防が楽しみです」ワクワク

15 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 21:36:38.41 ID:+DLn+RdH0
ココア「じゃあいいよ!さあレッツ開始!」

チノ(レッツ開始?)

リゼ(レッツ開始って何だ)

シャロ(そ、そんな……心の準備できてないのにレッツだなんて)

千夜「負けないわよー」

シャロ(千夜は緊張しないのかしら?だってこれ最終的にはき、キスしちゃうものだし//)

シャロ(あれっ?もしかしてそんなの意識してるの私だけなのかな……)アセアセ

シャロ(で、でも千夜とキスするなんて……は、恥ずかしいなんてもんじゃないわよ!!///……したくないとかそういうわけじゃないけど)

シャロ(えっじゃあ私千夜とキスしたいの?や、やだ何考えてんのよ私は!変な事考えないように…)カァァァ

千夜(シャロちゃんがめちゃめちゃ緊張してるわ!)

16 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 21:37:17.14 ID:+DLn+RdH0

千夜(すっごく顔赤いし。……かわいい)

千夜(……ちょっと攻めちゃいましょう)

千夜「シャロちゃんもう始めるわよ?ほら、そっち咥えて……」

シャロ(も、もう決心つけるしか!!)

シャロ「わかってるわよ───」

チュッ

シャロ(うんむぅぅーー!/////)カァァァァ

千夜(……あら?)

ココア(えっなんで)

チノ(直接唇に行ったんですか)

リゼ(ゲーム関係無くなってないか?)

千夜(なっなっなっ……///)プシュー

千夜「んっ……んん………」///

シャロ「んむ………んっ」///

シャロ「………っ!?」バッ

シャロ「わ、わ、わわわ私は何を………」/////

千夜「ぷはっ。……ほ、干し芋より私の方が良かったかしら?なんて」///

17 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 21:38:33.82 ID:+DLn+RdH0

ココア「ひゅーひゅー!熱いね、冷やし中華始まっちゃうねぇ!」

リゼ(今日のココアはやたらテンション高いな)

チノ「この場合どっちが勝ちなんでしょう?」

リゼ「そもそも行きなりキスした時点でゲームになってないだろう」

シャロ「ちちち違うのよ!間違えたの!///」

千夜「よっぽどキスしたかったのね♪」

シャロ「なっ……!ちがうってばぁー!!」/////


──────────
────────────────
──────────────────────


──帰宅──


シャロ(うぅ……恥ずかしすぎて死にそう)

シャロ(っていうか私どう考えても緊張し過ぎだったわよね……あれじゃまるで私が本当に千夜が好きみたいな)

シャロ「ちっ、違うわよ!///」

シャロ(はっ、一人で何言ってるんだろ私……)

18 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 21:39:59.02 ID:+DLn+RdH0
シャロ(……明日から千夜に普通に接せる自信が無い)


──翌朝──


千夜「起きてー」カンカン

シャロ「……」ガチャッ

千夜「おはよう、シャロちゃん」

シャロ「………おはよ//」

千夜「あら?どうしたの、熱でもあるの?」

シャロ「別に。なんでもないわ」

千夜「なんでもなくないわ。顔が赤いもの。ほら」マエガミアゲ

シャロ「え、ちょっ……」

千夜「ん………」ピトッ

千夜「やっぱり熱いわ。学校おやすみしたら?」

シャロ「だだだ大丈夫だからっ!ほっといてよ!///」

バタンッ!

千夜「んもう。心配してるから言ってるのに……」

19 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 22:35:29.99 ID:+DLn+RdH0


──夕暮れ──


千夜「おかえり、シャロちゃん」

シャロ「たっ、ただいま」

千夜(やっぱりどうもシャロちゃんの様子がおかしいわ)

千夜(もしかして、昨日のあのゲームの事引きずってるんじゃ……聞いてみなきゃ)

千夜「ねぇシャロちゃん?」

シャロ「……なに?」

千夜「ちょっとお話ししたいんだけど……お家上がってもいい?」

シャロ「……べ、べちゅに構わないわよ」

シャロ(噛んだ!?///)

千夜(噛んだわ!)

千夜「プッ」

シャロ「ぐっ……は、早く入りなさいよ!///」

千夜「お邪魔します♪」

21 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 23:46:30.76 ID:+DLn+RdH0



シャロ「じゃちょっと待ってて」

千夜「あ、すぐ終わる話だから別にいいわよ」

シャロ「ど、どうせ上がったんならゆっくりしなさいよ。狭いけど」

千夜「あらそう?じゃあお言葉に甘えようかしら」

千夜(拒まれなくて良かった)ホッ

シャロ「はいどうぞ。それで話ってなによ」カチャッ

千夜「うん。あのね、やっぱり私今日のシャロちゃん変だなって思うの」

千夜「それってもしかして、昨日の事引きずったりしてるんじゃない?」

千夜(……これで違ったら笑い者ね)

シャロ「うっ……だ、だからなによ」

千夜(あらビンゴ♪)

千夜「やっぱり……そんなの全然気にしなくていいのよ?」

千夜「私は別に嫌じゃなかったもの」

22 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 23:54:03.42 ID:+DLn+RdH0

シャロ「い、嫌じゃなかった?///」

千夜「ええ、全く。だって幼馴染だもの」ニコッ

シャロ「幼馴染、ね」

シャロ(それって、喜んでいいのかしら。だって……)

シャロ「千夜はさ、ドキドキした?」

千夜「え?」

シャロ「私はしたわよ」

シャロ「幼馴染でも」

千夜「シャロちゃん?それって……」

シャロ「幼馴染だから、ドキドキしなかったの?」

シャロ「……そうよね。そんな風に思われてなんかないわよね」

千夜「……そんな」

シャロ「それなら……それなら私、幼馴染じゃなくてもよかったわ」

シャロ「………ごめん。今日はもう一人にしてくれる」

23 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 23:55:36.46 ID:+DLn+RdH0

千夜「シャロちゃん」

千夜「きっと何か勘違いしてるわ」

シャロ「……なに」

千夜「私たち、幼馴染だからこんなに一緒に居れるじゃない」

千夜「幼馴染じゃなかったら、こんな事も話せないわ」

千夜「私はシャロちゃんと幼馴染で良かったと思うし……」

千夜「───幼馴染なのに、ドキドキしたわ」

シャロ「…え……」

千夜「シャロちゃんと同じよ///」ニコッ

シャロ「……ありがとう。すごく嬉しい……わ///」

24 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/20(月) 23:56:42.34 ID:+DLn+RdH0

シャロ「ねえ、千夜」

千夜「なぁに?」

シャロ「私のわがまま聞いてくれる?」

千夜「フフ。なんでもどうぞ」

25 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/21(火) 00:00:12.54 ID:XUB6YSAx0







シャロ「……もう一つ、プレゼント欲しいな」







「言われなくてもそのつもりでいたわよ。」







26 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/21(火) 00:01:00.16 ID:XUB6YSAx0



私の幼馴染はそう言って、キスを一つプレゼントしてくれました。





終わり

27 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/07/21(火) 00:06:04.16 ID:XUB6YSAx0
私の駄文を読んで下さった方々、心より感謝申し上げます。
また誕生日SSなのに6日後に完結という不甲斐なさをシャロちゃんに謝ります。
次回ももちろん千夜シャロかなと思っております。
できれば皆様には、私の過去SSも読んで頂きたいです
ありがとうございました!

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 05:43:55.12 ID:B21y0sMsO
千夜シャロ良いよね

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 05:22:07.65 ID:21QdDiR7o
おつおつおつおつおつ

癒される



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ごちうさ】シャロ「最高の贈り物」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436972452/

ご注文はうさぎですか? シャロ 手帳型スマートフォンケース
ストーム (2015-08-31)
売り上げランキング: 2,378

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9433-2625df9d