ヘッドライン

鷹富士茄子「.........」ニコッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419865786/

1 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:09:46.09 ID:y+7X2v0HO
モバP「う?ん...疲れたなー」グイグイー
*以下P

P「ちひろさんも帰ったし、休憩しよっかな」グイグイー

鷹富士茄子「そうですね♪お茶にしましょう」
*以下茄子


P「そうだな.........ぬわぁぇ!何で茄子がいるんだ?」

茄子「いちゃ駄目ですか?」プンプン

P「時間も時間だぞ。明日が頭出してるぞ」

茄子「偶々現場が近くだったもので...まだ電気がついていましたから」

P「そうか、それでか。あれ?現場は台場らへんじゃ?」

茄子「急遽変わったんですよ?聞いてなかったんですか?」

P「まじかーー...あっ、本当だわ。俺何やってんだ」

茄子「茄子がバッチリお仕事しておきましたよ?」ニコニコ

P「うん、ありがとうな」

茄子「撫でてくれてもいいんですよ?」

P「ほいほい」ナデナデ

茄子「P大好きです//」

P「はいはい」ナデナデ

2 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:12:13.36 ID:y+7X2v0HO
大好きですよ








本当に













私を幸せにしてくれるのは



あなただけなんですから





大好きです


3 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:20:44.88 ID:y+7X2v0HO
翌日

P「う~ん!お昼食べよう」

ちひろ「下の定食屋行きましょうよー」


P「良いですね」

ガチャン

茄子「おはようございます」

P「おはようさん」

ちひろ「おはよう茄子ちゃん」

茄子「Pはご飯食べましたか?」

P「これからちひろさんと行こうと思ってたところだよ」

茄子「良いタイミングですね♪ご飯作ってきました♪Pとちひろさんもいかがですか?」

P「まじか?運がつきそうだ」アリガタヤ

ちひろ「ですね」アリガタヤ

ブルルルルルルルル

ちひろ「あら、お電話ありがとうございます。こちら346プロです。はい、あ社長...はい。かしこまりました。ただいま向かいます。失礼今します」ガチャ

P「社長どうしたって?」

ちひろ「んんん、何か私に用事あるみたいです。ごめんね茄子ちゃん」ダダダダダダダ

ガチャン

茄子「行っちゃいましたね」

P「だな。とりあえず飯食べるか」





7 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:31:35.19 ID:y+7X2v0HO
茄子「あっ!」

P「どうした?」

茄子「ちひろさんには悪いですけど...タイミングよかったかもです」

P「あら、お弁当二人分位だな」

茄子「私ったら。駄目ですね~」

P「おっちょこちょいだな。さて食うぞ」

茄子「はぃ♪麻婆茄子を頂いてください」

P「マーボーカコカー」

茄子「茄子じゃくてナスですよー!」

P「君は?」

茄子「ナスですよ!あっ!」

P「いやー、面白いね」

茄子「意地悪するPにはもうご飯あげません」プン

P「ごめんな、茄子。すまん」

茄子「本当に反省しています?」

P「うん」

茄子「でしたら...あーんしてください」

P「良いだろう。あーん」

茄子「あーん//美味しいです」

P「まじか、俺も食べよ」

茄子「だめです!あーんしてください」

P「あーん」

茄子「美味しい茄子を食べてくださいね」

P「うまいなぁ...こりゃうまい」モグモグ


8 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:38:51.84 ID:y+7X2v0HO
P「茄子って何でもできるんだな」モグモグ

茄子「何でもは出来ませんよ?」

P「美人で気立ても良くて回りに幸せを撒いてくれるときたもんだ。いつかのお嫁さんに行く準備は万端だな」

茄子「ええ//そのときはPさんが貰ってくれますか?」チラッ

P「いやいや、俺には茄子みたいな美人は勿体ないよ。アイドル辞めたとしても無理かな」アセアセ

茄子「そうですか...そんなに勿体ないですかね?」

P「そうだよ」

ブルルルルルルルル

茄子「P携帯鳴っていますよ?」

P「おろ?あっ...ちょっとご飯食べて待ってて」

茄子「はーい♪」

ガチャン

茄子「多分...彼女さんですよね」

茄子「偶然...見ちゃったんですから」

茄子「偶然」

9 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:47:40.53 ID:y+7X2v0HO
P「クリスマス多分...休みとれるよ」

彼女『本当に?』

P「大丈夫だって。レストランも予約したぜ!お前の行きたがっていたやつな」

彼女『嬉しいー!最高ー!もぅ!お仕事頑張ってね♪』

P「はいはい、お前もな」

彼女『今夜...いって良い?』

P「鍵渡してんだろ?いつでもこいよ」

彼女『うん...好き』

P「はいはい俺も。じゃーなー」

彼女『はーい』

ピッ

ガチャン

P「おまたー」

茄子「お仕事の電話ですか?」

P「まー、ちょっとな」

茄子「そうですか...実は彼女とかですかねー?」

P「なに!お前はエスパーなのか!」

茄子「ゆっこちゃんじゃないですよー?」

P「まー、彼女だよ」

茄子「Pさん幸せそうですね」

P「うるさいやつだけど...良いやつだよ。本当に」

茄子「そうなんですか~♪こっちまで幸せになりそうです」

P「おおお!いつかは茄子も良い相手見つけろよ!」

茄子「はい!あっ、私お仕事そろそろいかないとですね」

P「茄子ご飯ありがとうな」

茄子「毎日つくってあげましょうか?」

P「流石にそれはな」アセアセ

茄子「冗談ですよ♪いってきまーす」

ガチャン

10 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:50:15.03 ID:y+7X2v0HO
いつかは良い相手

そんな人目の前にいる人しかいないのに




いいな、あの人はPの彼女で





でも


あと少しですよ



私見たんです




偶然に




あの人がPさんを裏切っているのを







偶然に

12 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:53:32.91 ID:y+7X2v0HO
ガチャン

ちひろ「ふぅ」

P「お帰りなさい。なんだったんですか?」

ちひろ「聞いてくださいよ!」

クドクドクドクドクド

P「なるほど。それは確かに」

ちひろ「私も茄子ちゃんのご飯食べたかったな」ショボン

P「ははは、今度飯奢りますから、ね?」

ちひろ「今晩が良いなぁー」ウワメ

P「さぁー!営業に行くぞ!!」

ちひろ「ひどいですーーーー!!」

13 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 00:59:37.74 ID:y+7X2v0HO
夜街

彼女「今日の話でとりあえず、クリスマスの予定埋めさせないとね」テクテク

彼女「高級フレンチとかいただきたいわー」

ドンッ

彼女「いたっ」

???「すみません」

彼女「ちゃんと前向いて歩きなよ」

???「すみませんすみません」ペコペコ

彼女「ふぅ~...なーんか変な感じの娘ね」

???「...」

茄子「...」ニコッ


14 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 01:12:38.30 ID:y+7X2v0HO
P「時子様はこの案件受けてくださるだろうか...いや、受けてくだされなければ鞭を打たれ頭を垂れるまで」カタカタカタカタ

ブルルルルルルルルブルルルルルルルル

P「うん?」ピッ

P「どうした?」

彼女『うわーーーーん!合鍵なくしたーーー!』

P「まじか!なんで?ちゃんと探した?」

彼女『全部みたよーー!』

P「おいおい」

彼女『どうしようーーー!どうしようーーー!』

P「どうしよって...とりあえずお前は家に帰れまだ暫くは帰れそうにないや」

彼女『やだやだ!めんどくさいよーー!』

P「わがまま言わないでくれ」

彼女『わかったよ。帰れば良いんでしょう!!』ピッ

P「ちょっ!おい!あーーーーー」

P「合鍵無くすとか...鍵一応代えとこうかな」

ーーーーーーーーーーー

彼女「無くすとかマジアリンティーワロリッチすぎ」

彼女「確かこの辺よね」ピッ

彼女「オタク君~今晩とまりにいっていい?いいよね?え?ほんとう?ありがとう!すぐ行くねぇ!」

彼女「てっ?あら?オタク君~!迎えにきてくれたんだぁー」

オタク君「君のためなら行ける!スマブラしまくるでふ」

彼女「いいねーいいねー!私はガノン使うわよ」ルンルン




ピロリロリン

茄子「.........」ニコッ



16 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 01:24:15.69 ID:y+7X2v0HO
P「.........」カタカタカタカタ

ガチャン

茄子「Pまだいたんですね」

P「茄子、また来たのか」

P「こんな時間まで仕事かかっていたのか?連絡なんなりもらうはずなんだが」

茄子「すみません。お仕事は早く終わりました。連絡はいってるはずです」

P「だな、ならなんでここにいるんだ」

茄子「...」ダキッ

P「おい...茄子」

茄子「抱き締めてくれなくて良いです。私が一方的に抱き締めているだけです。未央ちゃんとか愛梨ちゃんみたいに」

P「茄子...」

茄子「もう少し...もう少しだけ」

P「ごめん」トスッ

茄子「.........Pは優しいですね」

P「そうでもないよ」

茄子「そうですね」

P「どっちだよ...ははは」

茄子「彼女には優しくて私には優しくない」

P「それは...」

茄子「私の気持ち知っているからですよね」

P「...」

茄子「ずるいですね」

違う

本当にずるいのは私

茄子「今ここにいる理由もわかっているんですよね」





17 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 01:36:38.73 ID:y+7X2v0HO
P「...」

茄子「私じゃ...私じゃあなたの一番になれませんか?」

P「ごめん」

茄子「早いですね」

P「ごめん。彼女が一番なんだ」

茄子「そうですか。羨ましいです」

P「茄子...」

茄子「Pと一緒なら...毎日が幸運に包まれそうなのに」

P「茄子...ごめん。おれは...彼女ry」


私はもうその言葉は聞きたくありませんでした


だから逃げるように


ううん。逃げました。


茄子「うーそです♪引っ掛かりましたか?」

P「へっ?どういうことだ?」

茄子「担当アイドルのドラマ忘れたんですか?」プンプン

P「あああ、茄子がヤンデレの女の子やってたやつか。もうすぐオンエアーだな。楽しみだ!」

茄子「オンエアー絶対忘れているだろうと思っていましたからね~思い出しましたか?」

P「全くいやと言うほどな。にしても茄子にヤンデレは似合わないと思っていたが...あの監督やりおるな」

茄子「私素顔は意外にあんな感じですよ?」

P「まじか」

茄子「嘘です♪」

P「よし、送ってくよ」

茄子「わー♪私に幸運を届けてくれるのはPなんですね」

P「何いってんだか...」

18 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 01:41:04.96 ID:y+7X2v0HO
私は



欲張りなんですよ?


幸運に恵まれても

足りない




足りない


足りない


本当の愛が


あなたからの愛が




知っていました?

お芝居しているとき、ずっとあなたの顔を浮かべてしていたんですよ?


気づいてほしいな

見るんじゃなくて


振り向いてほしいな



私だけに





22 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 01:55:27.03 ID:y+7X2v0HO
翌日

P「...」カタカタカタカタ

ガチャンーーー!

幸子「帰りましたよ!!この可愛い僕が!!」


P「幸子お帰りなさい。どうだった?」

幸子「Pさん!どうだも何も!!いくら僕が可愛いからってカンガルーはつらいですよ!?まー、最終手には僕の可愛さにひれ伏しましたけどね。次はカバと戦わなくてはいけないのでね、僕の可愛さを見せつけてあげます!」

P「幸子...やっぱりお前は可愛いな!!」ナデナデ

幸子「ふふーん!まー、今日は撫でるの許してあげましょう。僕は寛大なので。そして二人でご飯に連れていって下さい」

茄子「幸子ちゃんお帰りなさい」

幸子「これはこれは、茄子さん。今日も僕は可愛いですよね ?」

茄子「もちろんですよ~♪」

幸子「ふふーん♪」

ちひろ「幸子ちゃんーーー!」

幸子「これはこれは、ちひろさん。今日も僕は可愛いですよね?」

ちひろ「そうねー♪...じゃくて!急いで次のロケよ!!」

幸子「へっ!?」

ちひろ「私が送っていきますね」ダダダダダダダ

幸子「Pさーーーーーーん!」

ガチャン

P「相変わらず嵐だな」

茄子「...そうですね」

P「どうした?」

茄子「私も可愛くなりたいです」

P「おいおい、もう可愛いだろう」

茄子「もっとです♪お仕事いってきますね」

P「いってらっしゃい」

23 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:06:17.97 ID:y+7X2v0HO
凛「P」


P「どうした?凛?」

凛「クリスマスなんだけど...」

P「ニュージェネとトライアドの合同クリスマスライブだろ?何かあったか?」

凛「終わったあとさ...少しだけ良いかな?」

P「あっ...すまん。どうしても外せない用事があるんだ。ごめん」

凛「それってさ...彼女とか?」

P「そう...だな」

凛「やっぱりね」

凛「それってさ...アイドルの誰か?」

P「それはない」

凛「そっか」

凛「まー、ライブ終わったら皆でパーティーしよう的な感じな話だし。奈緒が少し泣くくらいかな」

P「奈緒泣くのか」

凛「それも冗談だよ。全くPは」

P「だな...あはははは」

凛「じゃあお仕事行ってくるね」

P「いってらっしゃい」

ガチャン

凛「...本当だったんだ」

凛「あーあ奈緒が泣くな...奈緒が」

凛「まー...いいけど」スタスタスタ







茄子「...」

25 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:18:20.11 ID:y+7X2v0HO


P「明日はクリスマスか...間に合うかな」カタカタカタカタ

ガチャン

P「茄子だな」

茄子「何でわかったんですか?」

P「まー、俺くらいになるとな」フッ

茄子「そうですかぁ~」フフフ

P「茄子も明日はお仕事だもんな」

茄子「はいー、サンタの格好で踊ってきますよぉ」

P「茄子はこのあと忙しくなるのにな。ごめんな。休み入れられなくて」

茄子「いいんですよ?」

P「すまない。それで今日は?」

茄子「家に送って貰いたい気分なんです♪」

P「お前な。車で帰るのが楽だからって...味をしめたな」

茄子「これも幸運に恵まれてますね」

P「全く...でも今日はだめだ。俺は明日のために帰れません!!」

茄子「えええ」

P「今度埋め合わせするから」

茄子「クリスマスが良いです」

P「お前なー」

茄子「冗談ですよ」

茄子「じゃあ、帰りますね♪」

P「送るだけ送ろうか」

茄子「御遠慮しますー!」

P「気を付けてな」

茄子「はいー」

ガチャン

27 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:22:39.74 ID:y+7X2v0HO
埋め合わせはクリスマス


クリスマスがいいです


本気ですよ?


私わがままなんですよ。







クリスマス



あなたを幸せにするのは私だけ






私を幸せにするのは






あなただけ

29 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:31:17.22 ID:y+7X2v0HO
ジングルベール!ジングルベール!スズガナールーーーーー!

彼女「街は一色クリスマス♪」

イケメン君「喜んでくれて嬉しいな」

彼女「ごめんね...これからお仕事で」

イケメン君「良いんだよ」

彼女「///好き」

イケメン君「こらこら...こんなところではいけないよ」

彼女「いいの!いいの!」

イケメン君「ほら、早く駅まで行かないと」

彼女「もぅ//じゃあ、ここでいいよ/」チュ

イケメン君「全く...」チュ

イケメン君「それじゃあ、お仕事頑張って」

彼女「うん...ありがとう//」

彼女「さーて」クル

彼女「え」

P「...」

彼女「あら?Pどうたの?私に早く会いたかったの?


31 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:45:45.78 ID:y+7X2v0HO
彼女「ねーーねーー!なんかいってよ!」

P「ふざけるなっ!!」

ざわざわざわざわなになに!

彼女「ちょっと!見られてるんですけど!!」

P「そんなのどうだっていい...お前あの男は誰だ」

彼女「と、友達よ」

P「じゃあ、何で腕くみしてキスなんかしたんだ!!」

彼女「気のせいじゃないの!?」

P「気のせいじゃないよ...ずっと見ていたんだから」

彼女「きもっ!いつからよ!」

P「お前らが駅近のス◯バで話しているところからだよ」

彼女「見てたら話しかけなよ!!」

P「あんな雰囲気で話しかけられるか!?俺との半年はなんだったんだよ?」

彼女「めんどくさ」

P「へっ?」

彼女「別にさ...よくね?てか女々しすぎ。イケメン君はさ浮気許容してくれっからさ~」

彼女「あーあ...やっぱりイケメン君だけでいいよね。そうしよ」

彼女「あー♪イケメン君?やっぱりお仕事なくなっちゃってさー。いくいく」

P「.........お前との...半年はおれにとぅて、本当の本当に」ポロポロ

彼女「男の癖に泣くなし...きも」

彼女「愛が重いってどうかしてるよ...」

P「くそっーー...そっ…」

彼女「最後に、あんたとの半年そんなに良くなかったよ。童◯卒業できただけでももうけもんでしょ?」ニッコリ

P「あぁぁぁあああ」ポロポロ

周りの人達は何もないように歩いたり、俺を見て笑っているのも聞こえた。俺が何をしたって言うんだ…俺は。

茄子「Pこっちですよ」グイッ

P「茄…子」



33 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 02:56:10.07 ID:y+7X2v0HO

茄子「早く車に」

P「うん…」

ガチャン

茄子「ごめんなさい。ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

P「茄子謝らないでくれ」

茄子「私のせいです…私がPにあんなことを教えなければ」


この気持ちは本当だ


P「でも、茄子が教えてくれなかったらさ…俺…俺…あはははは」ポロポロ

茄子「P…」ギュッ

P「仕事終わりにさ…教えに来てくれてありがとうな。本当に…本当に」

茄子「………」

P「茄子は探偵向いてるかもな…あはは」

茄子「もう良いんです。今は二人何ですよ?私の胸でおもいっきり泣いてください」ギュッ

P「茄子…担当アイドルに…」

茄子「今は担当アイドルではありません。一人の女ですよ?」ギュギュー

P「茄子…茄子。くそっくそっ…くぅ」ポロポロ

茄子「今は泣いてください。枯れるまで」ナデナデ


そのあとは


私で埋めてあげますから


枯れた心に幸運で


私の


愛で

34 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:02:36.98 ID:y+7X2v0HO
P「茄子…ありがとうな」

茄子「気にしないで下さい…」

P「あれから一時間近くも…ごめん」

茄子「良いんですって」

P「マスコミとかいないよな?」

茄子「絶対に見つかりませんよ。絶対に」

P「茄子の言葉って凄いよな」

茄子「え?」

P「本当にそうなる気がするから」

茄子「そうですか?なら、Pの家に行きたい」

P「それは…」

茄子「埋め合わせなんていかがですか?」

P「え?」

茄子「Pの家で二人でクリスマス」

P「でもな…」

茄子「このままだと最悪のクリスマスですよ?二人で最高のクリスマスにしませんか?」

P「だ…な」

茄子「早くいきましょう♪」


絶対なんです


絶対

36 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:09:44.65 ID:y+7X2v0HO

Pの家

P「メリークリスマス」

茄子「ハッピークリスマス~」

P「てか、これなんかい目だ!」

茄子「何回でもいいんですよ♪」

P「そろそろ寝た方が」

茄子「ですねぇ…」

茄子「もう……25日ですね」

P「だな」

茄子「今頃サンタさんがお仕事中ですかね」

P「そうだな」

茄子「ここで…茄子サンタからプレゼントがありますよ?」

P「え?まじか」

茄子「まじです♪どうぞ」

P「おおお!財布とはありがてぇ。茄子からもらったやつだからお金貯まりそうだな」

茄子「いっぱい私の幸運いれておきましたからね?」

P「ありがとうな茄子。でもごめん、俺からは何にも…」

茄子「私は…あなたの気持ちが」

茄子「欲しいです…」

37 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:21:18.24 ID:y+7X2v0HO
P「茄子…」

茄子「わかっています。辛いんですよね?」

私はずるいんです

P「…正直、今日の事で茄子のことがさらに好きになったよ。本当の意味で」

茄子「P…」

P「でもそれってさ…なんか俺ずるいよな。てか、振られたから他の人って…だから」

茄子「良いじゃないですか?」

いずれはこうなっていましたし

P「茄子…」

茄子「私はあなたと初めて会ったときから何かを感じていました。これが好きって気持ちなんだって… 」

P「…」

茄子「そこからアプローチしてようやくあなたが私を見てくれるんです。良いじゃないですか?私の条件は……浮気さえしなければ良いですよ」

P「そんなの…断れるわけないだろ。こんな俺を愛してくれてありがとう…俺と……付き合ってくれ」

茄子「はい。嬉しい…//」

茄子「…プレゼントほしいな」

P「えっ?それは明日用意ry」

茄子「わかってください」

P「電気消すか?」

茄子「このままで良いですよ」

38 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:30:04.98 ID:y+7X2v0HO
P「茄子」チュ

茄子「P……んっん//」チュ

ふふ

Pが私と深く深くキスをしています。
私は初めてなのに、こんなに深く

P「大丈夫か?」

茄子「もっと//んっんんん」

部屋の中に響くリップ音
私とあなただけの奏でるメロディー

P「触るな」モミ

茄子「もっと強くしても良いですよ?私をもっと愛してください」

P「茄子…きれいだ」

あっあっ//Pの手が私の胸を容赦なく貪っています。心が満たされていく…私の幸運はあなたがいないと駄目だと実感できる。

P「……」チューチュパ

茄子「ふぁっ//そんな強く//んっあっあんあんあー…噛むのはだめ…いゃー//」

P「…」ススス

茄子「そこは//」

P「もうビチョビチョだな」

茄子「Pが胸ばかりいじるからですよ」

P「そうか…もう少しいただこうかな」チューチュパ

茄子「もぅ//んんっ」

39 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:36:59.04 ID:y+7X2v0HO
P「茄子……愛してる」チュ

茄子「私も愛していますっんん//」

P「そろそろこっちもかな」

茄子「//恥ずかしいですね」

P「大丈夫綺麗だよ」ペロペロ

茄子「いや//そんな…こ//んん//」

P「どこがいい?」

茄子「あっんん//そんな//の……ん」

P「ここかな」クリッ

茄子「んんっ//」

P「ここは」ペロ

茄子「はぁはぁはぁ//だめ//きそう//それ以上は//んん//あっあっ」

茄子「んんんっ//」ビクビク

P「イッタのかな?」

茄子「もぅ//酷いです//」フンッ

P「ごめんな茄子」ギュッ

茄子「それで許されると思ったら大間違いですよ」ギュッ

P「挿れるな」

茄子「はい//」

ズズズ

40 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:47:35.28 ID:y+7X2v0HO
茄子「はぁんっ……はいっりまし…た//」

P「大丈夫か」

茄子「好きに動いて下さい//」

P「いいのか?」

茄子「あなたを感じたい。私に刻み込みたいんです」

P「茄子」パンパンパン

茄子「あっあっ//あっあっ//んんん」

P「綺麗だよ」パンパンパン

茄子「嬉しい//んっんっ」

P「茄子は俺のものだ」パンパンパン

茄子「そう//で…すよんっんっ//」

P「この胸」チューチュパ

茄子「いつでも//いいんですよ//」

P「この声も」チュチュチュ

茄子「ふぁい//ほうれふよ//」

P「足も手も目も全部俺のものだ」ギュギュー

茄子「んんっんっ//あなたのものです//茄子はあなたのもの//」

P「茄子ー…茄子」パンパンパン

茄子「下さい!あなたの中に//んっ全部!」

P「でも…」パンパンパン

茄子「大丈夫です」

大丈夫ですよ

あなたが望まない限り出来ませんよ?

絶対に

P「茄子愛してる…愛してる」パンパンパン

茄子「きてくださぃ!んっんっ//あっあっ//」

P「んんっんー」ドピュ

茄子「ああん//んんん//」

きてるのがわかります。Pの子種が私の中に

あぁぁぁあ

うふふ

ふふ



愛しています


41 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 03:57:29.12 ID:y+7X2v0HO
(・8・)朝チュンチュン

P「んんん…んっ?」

茄子「んん?」

P「おはよ」

茄子「おはようございます。隣にPがいるのって嬉しいです//」ギュギュー

P「こらこら」チュチュ

茄子「あー、さっきあれだけしたのに…Pのエッチさんですね//」

P「これはだな」

茄子「もう一回しちゃいますか」

P「そんなこと言うと」

(・8・)チュンチュン

P「…」

茄子「起きますか」

P「だな」

茄子「でも寒いからもう少しだけー♪」ギュギュー

P「あはは」ギュギュー

茄子「今日はクリスマスプレゼントなに買ってくれるんですかねー?」

P「こらこら」

茄子「私は欲張りなんですよ?」


そう、欲張りなんです


P「そう言う所もこれからどんどん教えてくれな?」

もちろんです


茄子「どんどんあなたのなかを私で茄子で埋めてくださいー♪」


全てを私で埋めてあげます



42 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 04:04:33.03 ID:y+7X2v0HO
茄子「そう言えばP鍵お部屋に投げっぱなしは駄目ですよ?」チャリン

だから、私も埋めてください

P「あれ?その鍵ってあいつの…」

茄子「元彼女さんのですか?」

P「あー…」

茄子「なら…こうやって、新しい私のキーホルダーつけときますね♪」

P「おいおいいいのか?まー、あげるけど」

茄子「愛鍵ゲットです♪二人の家に引っ越すまで使いますね。早く引っ越しましょう?」

あなたの心で

P「でも…それはな」

茄子「大丈夫です」

そう…大丈夫

茄子「絶対にばれませんよ?」

絶対に

P「茄子が言うんなら…そうなんだろうけど」

43 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 04:10:39.18 ID:y+7X2v0HO
P知っていましたか?

何故私がいるときちひろさんや他の人がいなかったり


幸子ちゃんが急にお仕事またはいったり


凛ちゃんがあのタイミングでお話してきたり


他の皆もPになんかしようとするとお仕事入ったり


何故だとおもいます?


そう…ただの偶然なんです。

偶然なんです。


だからP



浮気だけは絶対にしないで下さいね?



茄子「P!愛しています」



あなたを幸せに出来るのは



私だけなんですから









44 :覗き見牧師 2014/12/30(火) 04:18:27.28 ID:y+7X2v0HO
終わりです。誤字脱字他にも色々多くてすみません!特に愛梨と奈緒は本当に申し訳ございません。

今回風邪を引いたときに、茄子なら
「具合悪いなおっ◯いくれー」言ったとしても
茄子「もぅエッチさんですね。どうぞ」プルン
とういう妄想をしていたらこうなりました。やはり茄子はいいですね。そろそろ茄子の季節です、皆さん準備は良いですか?
長くなってすみません。それでは


茄子っぱい♪

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 04:21:39.54 ID:4ErbNggKo
おっつおっつ
ヤンデレ茄子本当に好き



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 鷹富士茄子「.........」ニコッ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419865786/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9322-41415429