ヘッドライン

P「このまま出すぞ!?」 美希「はにぃ、早くだしてぇ!!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 10:58:05 ID:f9nBNuIw



 765プロ事務所 男子トイレ



P「うわああああああああああ!!」ブリュブリュブリュブリュブリュブリュッ

美希「ハニー、うんこ終わった? 早くトイレから出てっ!!」ドンドンッ


P「待てっ、いつ第二波が来るか分からん。このままスタンバイしていなければ!!」

P「と言うか、女子トイレに行けよ!!」



美希「そっちは真クンが入ってるの!!」ガチャガチャッ

美希「うんこなのっ!!」ガチャガチャガチャガチャッ


P「美希もうんこなのか?」

美希「ミキはおしっこなの!!」ドンドンドンドンッ

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 14:11:04 ID:f9nBNuIw



注意※※きたない※※


きたない

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 14:18:22 ID:f9nBNuIw


P「だったら、すまないがたるき亭に行ってくれ」

美希「階段なんて、危なっかしくて降りれないの!!」ガチャガチャッ


P「やっぱりうんこだろ?」

美希「おしっこなの!! 漏れるのっ!!」ドンドンドンドンッ



P「本当にオシッコだったら、バケツか何かに頼む。処理は俺がしてやるから」

美希「フゥッ、フゥッ……」グギュルルルルッ


美希「こうなったら、電話するよハニー?」

P「電話って、どこに?」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 17:00:11 ID:f9nBNuIw


美希「トイレに行かせてくれないって……電話するのっ!!」

P「うんこさせてくれないって?」


美希「トイレに行かせてくれないって……警察に電話するのっ!!」ガチャガチャガチャガチャッ

P「……」



P「わかった。譲ろう」

美希「ホントっ!?」


P(いや、待てっ……譲った瞬間に第二波が来たら、それこそアウツ!!)

P(せめて後五分あれば、第二波が来るかどうかの、その予兆のようなものは感じ取れる)

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 17:28:13 ID:f9nBNuIw


美希「早く出てっ!!」ガチャガチャッ

P「待てっ、美希っ!!」


美希「待てないのっ!!」

P「後五分!!」



美希「開けてっ!!」ガチャガチャガチャガチャッ

美希「ハニー!!」


美希「開けて、開けてっ!!」ガチャガチャガチャガチャッ

P(許せ美希、後五分だけ……)グッ

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 17:35:42 ID:f9nBNuIw


美希「開けてぇっ!!」ガチャガチャガチャガチャッ

美希「あけっ……」ガチャガチャッ


美希「あっ、けっ……」ガチャガチャッ

美希「あ……」プルプル



P(静かになったな。諦めたか?)

美希「あけ……」


美希「ゲル、ギル、ガン、ゴォ、グフォ!!」バキバキバキバキッ

P「ッッ!!!??」ビクッ

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 22:10:47 ID:f9nBNuIw


P(鍵の掛かったドアノブが、外側からっ!?)

P「くっ、仕方ない。美希、開けるから壊すなっ!!」


美希「ウィタァァァァァァッ!!!」バキバキバキバキッ

P「だから開けるって!!」ガチャ



美希「フゥッ、フゥッ……」バァーーン

P「しかし残念だが、トイレには俺が腰掛けているぞ?」


美希「はにぃ、一緒にうんこしよっ?」グギュルルルッ

P「やっぱりウンコなんじゃねぇか」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 09:33:17 ID:wC4e/J1k


美希「ちがうのっ!!」

美希「ひゆてきひょうげんなのっ!!!!」


P「これ以上ないくらい、直接的だと思うが……」

美希「うんこなのっ!!!!!!!」



P「どっちだよ」

美希「うんこなのっ!!!!!!!!!!!」


美希「漏れるのっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」グギュルルルッ

P「心の声も、さっきからだだ漏れだけどな」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 09:42:26 ID:wC4e/J1k


美希「フゥッ、フゥッ……」カチャカチャ

P「な、なにベルト外してんだ!?」


美希「もういいの。ハニーの上に乗っかって、うん……おしっこするの!!」スルスルッ

P「うおおっ!!? 今ズボン上げるから待て待てっ!!」グイッ



美希「早くしてっ!!」

美希「ミキは危険な不発弾だよ!? 自爆、誘爆、御用心なのっ!!!!!!!!」ギリッ


P「おあああっ、はい出た!! トイレから出たぞ!!?」ガタガタッ

美希「フンッ!! 早くトイレの前からいねっ!!」バダァン

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 15:27:55 ID:wC4e/J1k


P「……」トボトボ

P(取り敢えず、第二波が来る予兆は無いが)


P「ほっ」ボフッ

P(しばらくは、ソファーに座って腹の様子を伺うか)サスリサスリ



P「……」

P「……」


P(に、しても……)チラッ

P(テーブルに置かれている三つのコップと、パックに入ったカフェオレ)

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 15:59:03 ID:wC4e/J1k



 回想 一時間前



P『ああっ、もう動けん!!』

美希『あちゅいの』ヘトヘト


真『冷蔵庫にカフェオレ有りましたよ、飲みますか?』

P『こんだけ動いて、汗ダラダラの時にカフェオレはあれだが……』



P『この際、冷たいならなんでもいいや。頼むよ真』

美希『ミキのもお願いなの』


真『オッケー』

真『それじゃあ、三人分持って行きますね』

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 16:56:45 ID:wC4e/J1k


真『はい、プロデューサー、美希』コトッ

P『サンキュー』


美希『ありゅまとなの……んくっ、んく』ゴキュゴキュ

真『んっ』ゴキュゴキュ



P『あー、冷えてるわー』ゴキュゴキュ

P『……』


P『なぁ真、お前さ……よく事務所の冷蔵庫とか開けるか?』

真『へっ? いいえ』フルフル

20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 22:20:41 ID:wC4e/J1k


P『美希は?』

美希『ううん』フルフル


P『……』

P『カフェオレってパックだったろ? 賞味期限は見た?』



真『あははっ、いやだなぁプロデューサー』クスクスッ

P『そ、そうだよな? 見たに決まって……』


真『賞味期限が切れたのなんて、入ってる訳ありませんって』

美希『んくっ、ぷはぁぁっ!! おかわりなのっ!!』ゴキュゴキュ

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 22:26:44 ID:wC4e/J1k


P『……』

P『真、美希、よく聞いてくれ』


真『どうしたんですか改まって?』

美希『ハニー?』



P『今みんなが飲んでるカフェオレは、たぶん数ヶ月前に買って来た物だ』

P『ハッキリ言う。腐ってる!!』バンッ


美希『……』ダラダラ

真『あっ、で、でもっ、冷蔵庫に入ってましたよ?』アセアセ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 22:36:04 ID:wC4e/J1k



   回想終わり



P「あの時、もっと早く気付いていればっ!!」ギリッ

P「うぐぅっ、力んだら第二波がぁっ!!」グギュルルルッ


P「美希と真は、いつまでウンコしているんだっ!!?」

P「こうなったら、たるき亭か? たるき亭なのか!?」



P「いや、厳しいっ……」

P「この状態での階段は、間違いなくアウツ(脱糞)!!」ダラダラ


P「かと言って、このままって訳にも……」

P「もう少ししたら、やよいが事務所に来るんだぞ!? やよいにウンコを見せられるかっ!!」グギュルルルッ

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:12:02 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだか?」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:12:38 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだなのか?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:13:32 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだまだなのか!?」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:14:50 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだまだトイレから出て来ないのか!?」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:24:49 ID:fymD.9V.


 ジャーッ

美希「んーっ、スッキリなの♪」トテテッ

P「み、美希が、出て来た……」プルプル


P「み、美希……」ヨロヨロッ

美希「ハニー?」



美希「ここは通さないよっ!!」バッ

P「っっ!!?」ビクッ


美希「そこから一歩でもこっちに来たら、ハニーの鳩尾(みぞおち)に、宿命の拳を突き入れなければならないの」スッ

P「っ、バカヤロウ!! ふざけてる場合か!?」グギュルルルッ

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:41:31 ID:fymD.9V.


美希「ミキは本気だよ?」

美希「五分待ってなの……」


P「なぜ五分も待たなくちゃならないっ!?」

美希「女の子が出たトイレへすぐに行くのは、エチケット違反だって思うな」



P「匂いなんて気にしない!!」

美希「ミキが気にするの!!」


P「だって、おしっこなんだろっ!!?」

美希「うんこなのっ!!!!!!!!!!!」カッ

29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 09:46:37 ID:fymD.9V.


P「ぐぎっ……」グギュルルルッ

P(ここに来て認めやがってぇ!!)プルプル


美希「でもね、安心してハニー。楽になる方法は知ってるよ?」ニコリ

P「……」



美希「二回息を吸って、一回吐くの」

P「二回息を吸って、一回吐く?」


美希「ひっ、ひっ、ふー」

P「ひっ、ひっ、ふー」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:02:41 ID:fymD.9V.


P「……」

P「バカヤロウ!! 産まれちまうだろうがっ!!!」


P「この子はなぁっ、ここで産まれちゃイケない憎まれ子んだよぉ!!!」グギュルルルッ

美希「こんな苦しんでるハニーは見てられないの。ミキが介錯してあげるね?」フルフル



P「だったらそこをどけ!!!!! 力ずくでも通るぞ!!!!!」

美希「ゲム、ギル、ガン、ゴォ、グフォ……」スッ


P「ミキィィィィィィィィッッ!!!!!」

美希「ウィタァァァァァァッッ!!!!!」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:43:23 ID:fymD.9V.


 ジャーッ

真「ふぅっ……」ガチャ

P「まことっ!!? ナイスな展開じゃないか!!!」


P「女子トイレを借りるぞ!?」ヨロヨロッ

真「えっ、あっ、はいどうぞ」ニコリ



P「ほんま、真は天使やでぇ……」ヒョコヒョコ

真「うっ!?」グギュルルルッ


真「やっぱりダメです!!」タタッ

P「まことぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:48:39 ID:fymD.9V.


P「上げて落とすなんて、とんだ魔界天使やでぇ……」グギュルルルッ

美希「ハニー」


美希「漏らす? それとも五分我慢する?」

P「バカ、んっ……ヤロウ!!」



P「お前らのプロデューサーはなぁ、愚痴は漏らしても、うんこは漏らさねぇんだよっ!!」プルプル

美希「ハニー!!」キュン


P「微かな衝撃を受けても、俺はうんこを漏らすだろう……」

P「だがっ、五分間もたせてみせるっ!!!」グギュルルルッ

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:49:56 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだか?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:51:02 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだなのか?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:52:06 ID:fymD.9V.


P「……」

P「ふん……」ピクッ


P「……」

P「んあ……」ピクッピクッ



P「……」

P「いぐっ……」ピクッピクッピクッ


P「……」

P「まだ五分経たないのか!!?」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:56:21 ID:fymD.9V.


美希「ハニー、五分経ったの!!」

P「よしっ!!」ヨロッ




 ガチャッ

やよい「うっうー、おはようございまぁす!!」

P「やよいっ!?」ビクッ


やよい「あっ、プロデューサー!!」タタッ

P「や、やっ、ヤメろっ!!」フルフル

37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 10:59:26 ID:fymD.9V.


やよい「はーーい……」スッ

P「くるなああああああああああ!!!」


やよい「ターーッチ!!」トンッ

P「ん゙んあああああああああああああああ!!!!!」ブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュ


P「うああああああああああああああ!!!!!」ブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュブリュ

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 11:05:36 ID:fymD.9V.



 それから 三ヶ月後



やよい「おかえりなさいプロデューサー!!」パタパタ

P「こらこら、家の中じゃ、あなた……だろ?」ニコリ


 あの時、文句も言わずに俺のウンコを片付けてくれたやよい。

 その純愛が国に認められ、特例として、14歳のやよいと俺との結婚が許される事になった。

 今は、とても幸せな新婚生活を楽しめているよ皆……

39 : ◆uC4PiS7dQ6 2015/07/03(金) 11:06:59 ID:fymD.9V.
おわり
ハッピーエンド


前の
P「何でもない夏の日」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 13:08:02 ID:XWcdElwY
「早くトイレの前からいねっ!」でクソワロタwww

まことかわいいおつ!



元スレ: P「このまま出すぞ!?」 美希「はにぃ、早くだしてぇ!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435715885/

アイドルマスター 菊地真 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2015-09-30)
売り上げランキング: 444

コメント
2731: 2015/07/04(土) 10:57
なんでおれ最後までこれを読んじゃったんだろうな・・・
2742: 2015/07/08(水) 11:01
唐突なガオガイガーネタは草生えちゃうからやめろ(しかもOVA)
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/9185-fc823540