ヘッドライン

向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434376371/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 22:53:01.81 ID:2TxwLK8+0
No.291:向日葵「最近の櫻子は怖いですわ」

あかり「おはよう、ちなつちゃん」

ちなつ「うん。おはよう、あかりちゃん」


向日葵「はぁ…はぁ…」

ちなつ「って、向日葵ちゃん。どうかしたの?」

向日葵「最近の櫻子は怖くて怖くて」

ちなつ「え?櫻子ちゃんが!?」

向日葵「そうですわ。もう怖いくらい可愛くて可愛くて…」ハァハァ

ちなつ「もしかして最初の溜息って…興奮してた『はぁはぁ』なの!?」


向日葵「吉川さん!私一体どうすれば!?」

ちなつ「爆発すればいいと思うよ?」

向日葵「なるほど、櫻子は爆発的に可愛いと?」

西垣「爆発と聞いて」キラーン

向日葵「爆発的に可愛い…そう櫻子の笑顔は、まるで私を支配する兵器のような破壊力が//」ウットリ

ちなつ「ああっもうっ!あかりちゃん!いつものやつ!」

あかり「う、うん」




あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」



No.291 終わり

2 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:05:46.29 ID:2TxwLK8+0
No.292:向日葵「13巻のキャラ紹介で『元・ツンデレ』と紹介…ツンデレなんかじゃありませんわ!」

向日葵「櫻子。クッキーを作ってきま………あっ」

あかり「向日葵ちゃん…櫻子ちゃんはもう…」

向日葵「そうでしたわね。私ったら、ついうっかりして」

あかり「もう早退しちゃったしね」

向日葵「バカでも風邪をひくんですのね。バカでも」

ちなつ「ところで…」

向日葵「?」

3 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:06:57.38 ID:2TxwLK8+0
ちなつ「今日もクッキー作ってきたんだ。まるで櫻子ちゃんの『彼女みたい』だね♪」

向日葵「はぅっ//」バキューン

ちなつ「櫻子ちゃんがいなくて寂しいんでしょう?」

向日葵「そ、そんな事ありませんわ!」

ちなつ「さっきだって『櫻子。1限目の準備を…』ってまるで『奥さん』みたいに」

向日葵「なっ//」

あかり「んもうっ。向日葵ちゃんは寂しいんだから、あまり弄ったらだめだよーっ」

ちなつ「…あっ、ごめんね。向日葵ちゃん。調子に乗っちゃった」

向日葵「え?あっ、いえ…その…」

ちなつ「?」


向日葵「も、もうちょっと弄ってくれても…」ボソッ

ちなつ「へ?」

向日葵「いえ!なんでもありませんわ!」

あかり「…」

ちなつ「…」


あかり・ちなつ(『彼女』とか『奥さん』って言われて嬉しかったんだ…)

向日葵「な、なんですの!?その目は!?」


No.292 終わり

4 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:20:10.97 ID:2TxwLK8+0
No.293:向日葵「まったくあの子ったら」

向日葵「そもそも自己管理が、まったく出来てないんですわ!」

向日葵「昨日だってお風呂で肩まで入らずに、いつまでも遊んでますし!」

向日葵「そういえば、お風呂を出た後も、髪をいつまでも拭かずに!」

向日葵「夜だってそうですわ。いつまでも寝ずにゲームばかり!」

向日葵「寝相だって悪いですわ!何度お布団をかけてあげたことか…」

向日葵「まったく…あの子は…いつまでも…」ぶつぶつ


ちなつ「へぇー。一緒にお風呂入って、一緒に寝てるんだね」

向日葵「え!?あっ、ち、違いますの!論点はそこじゃなくて!」

あかり「えへへ。二人は仲良しさんだねぇ~」

向日葵「ち、違いますのよーーーー!!!」



No.293 終わり

5 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:29:16.58 ID:2TxwLK8+0
No.294:向日葵「今日はお弁当の日ですわー」

■ごらく部部室

あかり「わぁーい。あかり給食も好きだけどお弁当も大好きー♪」

ちなつ「結衣先輩のためにお弁当作ってきちゃいました♪」

結衣「う、うれしいなー」

京子「あれ?さくっちゃんは?」

向日葵「今日は風邪で早退してまして…」

千歳「あー、それで古谷さん元気ないんやなー」

向日葵「そんな事ありませんわ!」

京子「あははははは」



京子「って、あ…」

綾乃「どうかしたの?」

京子「弁当………………忘れちゃった…」

綾乃「あっ、だったら私のお弁当のおかずを」

千歳「!!!!!!??」

6 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:29:56.84 ID:2TxwLK8+0
-------------------☆妄想中☆-------------------

綾乃「し、仕方ないわね。私のお弁当のおかずを分けてあげるわ」

綾乃「勘違いしないでよね!これは生徒会副会長として、困ってる生徒を…」

ギュウウッ

綾乃「と、歳納京子!?」カァー

京子「ありがとう綾乃」

綾乃「そ、そんなお礼を言われるようなこと//」

京子「ううん。綾乃にお礼がしたい!」

綾乃「だ、だからお礼なんて…」

京子「綾乃のおかずを奪ったから、今度は綾乃が奪う番!」

綾乃「え?でも私はあなたの物なんて奪いたくないわ」


京子「ううん。綾乃には私の唇を奪ってほしいんだ」

綾乃「え?」

京子「綾乃…」

ギュウウッ

綾乃「き、京子。いやっそんなに見つめないで。抱きしめないで」

京子「髪より真っ赤な綾乃…可愛いよ」

綾乃「…京子//」


ぶちゅーーー


-------------------☆妄想終了☆-------------------

7 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:30:44.89 ID:2TxwLK8+0
千歳「はぅ…//」ぶはっ

あかり「池田先輩!?鼻血が!」


向日葵「お弁当あげましょうか?」

千歳「え?」

綾乃「え?」

京子「え?」


向日葵「櫻子用に作ったお弁当が余りましたので」

京子「え?でも」

向日葵「風邪の櫻子に、おかゆ以外のものを食べさせるわけにもいけませんし」

向日葵「だから貰って頂けないでしょうか?」

京子「……うん!ありがとう。ひまっちゃん!ありがたく頂くよ!」

向日葵「いえ、お礼を言うのはこちらです。ありがとうございますわ」


京子「じゃあ、さっそくいただきます!」


もぐもぐ


京子「うまいっ!」

向日葵「お口にあったようで良かったですわ」

京子「いやー、さくっちゃんは愛されてますねー」

向日葵「なっ//なんでそういう話になりますの!?」

京子「こんな美味しいお弁当を作って貰えるなんてねー」

ちなつ「歳納先輩。毎晩お風呂とお布団も一緒らしいですよ」

京子「なに!?」

向日葵「そ、それは!?」

京子「へぇー。ラブラブなんだねー。ぐふふふふふふふ」



向日葵「あーーーっ!もう嫌ーーーーっ!誤解ですわーーーーー!!」




No.294 終わり

8 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:40:32.77 ID:2TxwLK8+0
No.295:向日葵「櫻子分が不足してきましたわ」

ちなつ「え?櫻子ちゃん分?」

向日葵「そうです」

あかり「?」

向日葵「櫻子分が足りなくなりますと、疲労や集中力・思考力の低下等の症状が現れます」

あかり「えーと、櫻子ちゃん分は櫻子ちゃんに含まれてるの?」

向日葵「ふふっ。そんな当たり前の事を聞くなんて。変な赤座さんですわね」

あかり「え?ごめんなさい。あかりよくわからなくて」

ちなつ「わからなくていいよ!あかりちゃん!逃げるよ!」

あかり「え?え?え?」


No.295 終わり

9 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:45:32.08 ID:2TxwLK8+0
No.296:向日葵「櫻子の靴下!靴下!くんかくんか」

あかり「え!?なんで櫻子ちゃんの靴下持ってるの!?」

ちなつ「え?あかりちゃんは好きな人の靴下持ってないの?」

あかり「えぇ!?」



No.296 終わり

11 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:53:17.96 ID:2TxwLK8+0
No.297:向日葵「この場所は…あの子との思い出が多すぎですわね」

向日葵「すいません。私としたことが、少し取り乱してしまいましたわ」

ちなつ(少し?)

あかり「う、ううん。櫻子ちゃんがいなくてあかりも寂しいから、気持ちはわかるよ」

向日葵「赤座さん…ありがとう」


ちなつ「それにしても、櫻子ちゃんがいないと静かだね」

向日葵「…いいえ、このくらいが丁度いいんですの」

あかり「え?」


向日葵「櫻子は少し騒がしすぎるんですわ」

向日葵「この前だって---------」

12 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:54:13.40 ID:2TxwLK8+0
-------------------☆回想中☆-------------------


櫻子「向日葵!ペコい!クッキー!」

向日葵「行儀が悪いですわよ!それに単語だけで喋るんじゃありません!」

櫻子「向日葵!ペコいからクッキー食べたい!」

向日葵「まったく仕方ありませんわね。はい。クッキー」

櫻子「…」

向日葵「…」

櫻子「…」

向日葵「クッキー受け取りなさいよ!」



櫻子「今日は次期生徒会副会長の仕事で疲れたの!」

向日葵「奇遇ですわね。私もどこかの『まな板』がサボったせいで疲れてますの」

櫻子「ああ!?まな板って誰のことだ!」

向日葵「自分でわかってるくせに言わせる気ですの!?」

櫻子「言ってみろや!」

向日葵「あなたのことですわよ!」

櫻子「言ったなー!!」

向日葵「なによ!」

櫻子「んぎぎぎぎぎ」バチバチ
向日葵「ぐぬぬぬぬ」バチバチ

13 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:54:55.26 ID:2TxwLK8+0
 
………


櫻子「はぁ…余計疲れた!癒せ!向日葵のせいだぞ!」

向日葵「はぁ…そういえば、クッキー食べませんの?」

櫻子「察しろよ!」

向日葵「は?」

櫻子「櫻子様は疲れてるの!だからほら、あーん」

向日葵「?」

櫻子「手が動かないくらい疲れてるの!だから私の口までクッキーを運べ!」

向日葵「なっななななな//」

櫻子「ん?」


向日葵「あなたバカなんじゃなくって!」

櫻子「バカとはなんだ!バカって言ったほうがバカだもんね!」

向日葵「あっ、いえ…そうじゃなくて」

櫻子「?」

向日葵「その…その食べ方だと…まるで…恋人の…//」

櫻子「…」

櫻子「…………」

櫻子「………………………」




櫻子「っ~~~~~~っ///」カァー





櫻子「ちげーーーーーし!!!!」



-------------------☆回想終了☆-------------------

14 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:55:27.36 ID:2TxwLK8+0
向日葵「-----ということがありましたの」

向日葵「まったく、騒がし………って、ニヤニヤしてどうしましたの?」

ちなつ「ううん。やっぱり二人ってラブラブだなーって」

向日葵「なっ//」

あかり「あかり二人が仲良しさんで羨ましいなぁー」


向日葵「ち、違いますのよーーーーーー!!!!」



No.297 終わり

15 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/15(月) 23:58:01.53 ID:2TxwLK8+0
No.298:向日葵「これも櫻子のせいですわ」


向日葵(今日の私は朝からちょっとおかしいですわ)

向日葵(これも櫻子がいないせいで調子がくるってるんですわ)

向日葵(そう櫻子が全部悪いんですわ。全部)

向日葵(そう全部櫻子が悪い!全部!!)

ちなつ「ねえ?向日葵ちゃんは櫻子ちゃんのどこが好きなの?」

向日葵「そんなの全部に決まってますわ!」


ちなつ「へぇ~」ニヤニヤ

向日葵「え?」








京子「ちなつちゃんから聞いたんだけど、ひまっちゃんってさくっちゃんの全部が…」

京子「しかも、クラスのみんなに聞こえるくらい大声で…」

向日葵「いやーーーーっ。忘れてくださいーーーーっ。というか殺してーーーーっ」




No.298 終わり

16 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:00:18.49 ID:nRUfKoQV0
No.299:向日葵「さくひま、ひまさく短篇集?」

京子「ハッピバースデー」

結衣「トゥーユー」

綾乃「ハッピバースデー」

千歳・千鶴「ディア」

あかり・ちなつ「向日葵ちゃん♪」

西垣「ハッピバースデー」
松本「…♪」

みんな「トゥーユー」


\パーンパーン/

\パーンパーン/


みんな「向日葵ちゃん(古谷さん)誕生日おめでとう♪」パチパチパチパチ


向日葵「え?え?えぇーーー!?」

17 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:06:40.37 ID:nRUfKoQV0
 
***


向日葵(まったく…今日は櫻子の『せい』で誕生日という事を忘れてましたわ)

向日葵(本当にもう…あの子は…)

京子「ひまっちゃん。びっくりした?」

向日葵「ええ、『ある人』のおかげで誕生日を忘れていて…」

向日葵「今日は本当にびっくりしましたわ」

京子「じゃあ、その『ある人』に感謝しなきゃね♪」

向日葵「え?」

京子「だって…」

ちなつ「サプライズ企画大成功ですね。京子先輩」

京子「さすが京子ちゃんだねっ」

結衣「あーはいはい。さすが京子ちゃん」

向日葵「…」



向日葵(…)

向日葵(そうですわね。櫻子の『おかげ』でびっくり出来たんですよね)

向日葵(ふふっ。少しは感謝しますわ。櫻子)クスッ


あかり「向日葵ちゃんすごく嬉しそう」

ちなつ「うん。喜んでくれてよかったね」


向日葵「ふふっ♪」



No.299 終わり

18 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:07:51.87 ID:nRUfKoQV0
No.300:向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「誕生日!」

■帰り道(自宅近辺)

向日葵(今日は良い日でしたわ)

向日葵(いろいろありましたが、本当に楽しかった…本当に…)

向日葵(…)




向日葵(……………………………でも)


櫻子「あっ向日葵」

向日葵「って、櫻子!?風邪は大丈夫なんですの!?」

櫻子「ふふーん。櫻子様は天才だからなっ。もう大丈………はくしょんっ!」

向日葵「全然大丈夫じゃありませんわよ!」

19 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:08:27.95 ID:nRUfKoQV0
櫻子「いいから、ほらプレゼント」

向日葵「え?」

櫻子「向日葵の誕生日じゃん。プレゼントだけ渡そうと思って」

向日葵「櫻子…あなたそんな事のために…」

櫻子「そんな事じゃねーし!ほら早く受け取れ!」


向日葵「ありがとう。櫻子。まさか今日貰えると思ってませんでしたわ」

櫻子「ふふーん。さすが意外性の女!大室櫻子様!」

向日葵「櫻子…風邪で頭がおかしく……………よく考えたらいつも通りですわね」

櫻子「なんだ!その憐みの目は!」

20 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:09:04.90 ID:nRUfKoQV0
向日葵「本当にありがとう櫻子。中身は何かしら?」ワクワク

櫻子「ふふーん、びっくりするんじゃないですわよ」

向日葵「口調が非常にイラッときますが、プレゼントに免じて許しましょう」


パカッ


向日葵「…え?」

櫻子「ふふーん」

向日葵「タッパー?」

櫻子「ちげーし!!誕生日で浮かれて目がおかしくなったか!!」

向日葵「どういう意味よ!ってこれはどう見てもタッパー…」



櫻子「クッキーいれ!」



向日葵「へ?………………はぁ?」

21 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:10:05.99 ID:nRUfKoQV0
櫻子「いつも向日葵がクッキーをくれる時に袋にラッピングしてくれるじゃん?」

向日葵「え?ええ、まぁ」

櫻子「そこで櫻子様は思いついたの」

向日葵「…はぁ?」

櫻子「ラッピングぐらい手伝おうって!」

向日葵「…………………?」

櫻子「そこでタッパー。これで向日葵はラッピングに悩まなくてすむから!」

向日葵「…」

櫻子「今度からクッキーを上納する時は、タッパーに入れること!」

向日葵「ぷっ…あははは」

櫻子「なっ、なんで笑うんだよ!?」


向日葵「いいえ、うれしいの。ありがとう櫻子」

櫻子「ふふーん。さすが櫻子様!」

向日葵「風邪をひいた時に、わざわざプレゼントを…」

向日葵「私の事をそこまで想っててくれて嬉しいですわ」

櫻子「なっ!ち、ちげーし!私はただタッパーだと沢山クッキーが貰え………あっ」

向日葵「沢山…それが本音ですのね?」ニコッ

櫻子「い、いえ…そのなんと言いますか…」

22 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:11:49.26 ID:nRUfKoQV0
向日葵「まぁ、いいですわ。ほら家に入りますわよ」

櫻子「う、うん?」

向日葵「お腹減ってます?おかゆ作りましょうか?」

櫻子「和牛ステーキがいい!」

向日葵「お・か・ゆ!」

櫻子「うぅ…そうだ!ピザにしよう!」

向日葵「お・か・ゆ!」


櫻子「なんて酷い。薄幸の美少女とは私のことだ…」

向日葵「アホやってないで家に入りますわよ」


櫻子「あっ、そうだ。わすれてた!」

向日葵「?」




櫻子「誕生日おめでとう!向日葵!」







       終わり

23 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/06/16(火) 00:12:35.83 ID:nRUfKoQV0
これにて終わりになります。
読んでくれてありがとうございました!
また機会があればよろしくお願いします!

最後に向日葵ちゃんお誕生日おめでとう!

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 00:37:59.47 ID:/mCjBQ2AO

向日葵、誕生日おめでとう

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 17:52:46.98 ID:dDRuVb8ZO

毎回楽しみにしてる



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434376371/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8998-aee090e3