ヘッドライン

P「違うんじゃないかな?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:03:31.81 ID:9FsVBpK3O
――765プロ事務所

やよい「プロデューサー!」タッタッタッタ

P「んー?どうしたー?」カタカタ、カチカチ

やよい「今日のオーディション、ありがとうございました!」ピョンピョン

P「ははっ。合格出来たのは、やよいが頑張ったからさ」ナデナデ

やよい「えへへ…!プロデューサーとなら、着床ですね!!」

小鳥「」ガタガタガタッ

P「や、やよい…?」

小鳥「えへへ!プロデューサーとなら、どんなのでも着床なんです!」

P「」

小鳥「プロデューサー…さん?」

やよい「えへへ…」スリスリ

P「…少し、いいかい?やよいちゃん」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:06:45.65 ID:9FsVBpK3O
やよい「はい!なんですかー?」

P「それは…違うんじゃないかな?」

やよい「へっ?」

P「やよいが言いたいのは、『楽勝』なんじゃないかな?」

やよい「うっうー!間違えちゃいましたー!」

やよい「てへへっ(・ω<)」

P「うん。分かってくれたらいいんだ」ナデナデ

やよい「それで、プロデューサー?」

P「なんだ?」

やよい「『着床』って…どんな意味なんですかー?」

P「」

小鳥「」メモメモ

やよい「ぷろでゅーさー!教えてください!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:09:11.24 ID:9FsVBpK3O
やよい「教えてください!プロデューサー!着床って、なんですかー?」ニコニコ

小鳥「ふふっ。教えてあげればいいのに…」ボソッ

P「…」

P「いいか?やよい」

やよい「はい!着床について、教えてくれるんですね?」

P「…」ハァ...

P「あぁ!教えてあげるとも!」

やよい「ぅわーい!」ピョンピョコ、ピョンピョコ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:11:54.98 ID:9FsVBpK3O
P「まず、やよいに好きな人に出来たとするよな?」

やよい「すきな…ひと…」チラッ

やよい「えへへ…///」

P「で、好きな人の事を考えると、やよいの中に赤ちゃんのたまごが出来るんだ」

やよい「たまご…ですか?」

P「そうだ。それって、素敵な事だよな?」

やよい「はい!それなら私…毎日たまごが出来ちゃってるかも!」

P「」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:15:27.81 ID:9FsVBpK3O
P「まぁそれは置いといて、だ」

P「やよいの中に出来た赤ちゃんのたまご、それだけだと赤ちゃんは生まれてこないんだ」

P「残念だよな?」

やよい「はぃ…」シュン

P「だけど安心してくれ、やよい!」

やよい「私…赤ちゃん産めるんですか?」

P「もちろん!」

やよい「どっ、どうすれば!どうすれば赤ちゃん産めるんですか!?」

P「赤ちゃんの赤ちゃんが、やよいの赤ちゃんのたまごにキスをするんだ!」

やよい「…きす…///」ドキドキ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:18:21.03 ID:9FsVBpK3O
やよい「でも、どうやって赤ちゃんの赤ちゃんが私のたまごとキスするんですか?」

P「知りたい?」

やよい「はい!」

P「愛だよ」

やよい「あ…い?」

P「そう。やよいの好きな人と、やよいの愛で、赤ちゃんの赤ちゃんと、赤ちゃんのたまごがキスをして…」

P「着床して…」

やよい「赤ちゃんが生まれるんですね!?」

P「やよいは頭がいいなぁ」ナデナデ

やよい「えへへ…(*´ω`*)」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:20:01.77 ID:9FsVBpK3O
やよい「じゃあプロデューサー!」

P「うん?」

やよい「やっぱり私とプロデューサーなら、着床です!」スリスリ

【やよいは『楽勝』と『着床』を間違えちゃう。かわいい】

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:22:08.18 ID:1abpCNhS0
やよいは賢いなあ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:23:12.66 ID:9FsVBpK3O
――TV局スタジオ

あずさ「うふふ。プロデューサーさんっ♪」スタスタスタ

P「お疲れさまでした。あずささん、凄く綺麗に歌えてましたよ」

あずさ「ふふっ。本当ですか?ありがとうございます」クスクス

P「どうしたんですか?今日はやけに機嫌がいいですね」

あずさ「…あっ…わかっちゃいます?」

P「えぇ。あずささんの事ですからね」

あずさ「うふふ。実はですね…?」

P「なんですなんです?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:25:30.83 ID:9FsVBpK3O
あずさ「貴方の子です」スリスリ

P「」

スタッフ「」

P「はい?」

あずさ「うふふ~。だからですね?」

あずさ「私と…プロデューサーさんの…」

あずさ「子、です」スリスリ

あずさ「きゃっ///」

あずさ「言っちゃった♪///」テレテレ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:29:08.22 ID:9FsVBpK3O
P「あの?あずささん?違うんじゃないかな?」

あずさ「えっ?」

P「そのくまさんのぬいぐるみは確かに俺がプレゼントしましたよ?」

P「ですが流石に二人の子どもって訳には…」

あずさ「…ぐすっ」クスン

P「あ、あずささん?」ドキッ

あずさ「だっ、だって…プロデューサーさんが私にプレゼントしてくれたくまさんなんですよ?」クスン、クスン

あずさ「だから…この子は私とプロデューサーさんの子どもなんです…うふふ」ナデナデ

P「う~ん」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:32:35.78 ID:9FsVBpK3O
あずさ「ほらほら、プロデューサーさんも撫でてあげてください!」グイグイ

P「こっ、こう…ですか?」ナデリ

あずさ「違いますよぅ」クスクス

あずさ「ふふっ。まだまだパパになるには道が遠いですねぇ」

あずさ「ね~?くまさんっ♪」

【あずささんは色々と思い込んじゃう。かわいい】

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:35:19.12 ID:9FsVBpK3O
――Pの部屋

P「はぁ…疲れた…」

――ガタッ

P「うん?」チラッ



P「ただの物音か。この近所も、最近は物騒だなぁ…」

――ガタッ、ガタガタガタッ

P「!?」

――ガッターン!!!!
――ドッテーン

千早「あっ」

P「あっ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:37:43.11 ID:9FsVBpK3O
P「はい。ホットミルク。身体、あったまるぞ?はちみつ入ってるし」

千早「ありがとうございます」

千早「ふー、ふー」

P(ミルクふーふーしてる…)

千早「…あっ」

P「どうした?」

千早「おいしい…です」

千早「えへへ…」ニコッ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:40:37.17 ID:9FsVBpK3O
P「で、どうやって俺の部屋に入ったんだ?」

千早「はい?」

P「いや、鍵もないのにどうやって入ったのかなーって」

千早「鍵ならありますよ?ほら」チャリン

P「…」

P「なんで千早が俺の部屋の鍵を持ってるんだ?」

千早「?」キョトン

千早「なんでって…プロデューサーのお姉ちゃんなら、当然じゃないですか」

P「…ちーちゃん?それは違うんじゃないかな?」

千早「?」キョトン

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:44:35.00 ID:9FsVBpK3O
P「いや、キョトンとした顔されても…それに千早が姉って、歳離れすぎ…千早「プロデューサー?」ジトッ

P「な、なんだ?」ビクッ

千早「お姉ちゃんに、そんな口の利き方しちゃダメでしょう?」ジー

P「う、うぅん?」

千早「ほら、ごめんなさいは?」

P「えっ?」

千早「ごめんなさい、は?」

P「…」

P「ごめん…なさい」

千早「くすっ」クスッ

千早「ちゃんと謝れていい子…いい子」ナデナデ

P「…うぅん?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:46:39.29 ID:9FsVBpK3O
千早「じゃあ、一緒にごはん食べましょう?お姉ちゃん、お料理は苦手だけど頑張ったのよ?」

千早「食べて…くれますよね?」

【千早お姉ちゃんかわいい】

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:48:45.27 ID:9FsVBpK3O
――765プロ事務所・仮眠室

P「ぐぅ…ぐぅ…」zzz...zzz...

――ガチャッ、

「…」ソロリ、ソロリ

P「ぐぅ…」zzz...

「ふふっ」クスッ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:51:32.44 ID:9FsVBpK3O
「あなたは一番最初に見たリボンを付けた女の子に恋をする、あなたは一番最初に見たリボンを付けた女の子に恋をする、あなたは一番最初に見たリボンを付けた女の子に恋をする…」ボソボソ、ボソボソ

P「ぐぅ…うぐぅ…」

「恋をする、恋をする、恋をする…リボンリボンリボン…」ボソボソ、

「よしっ」

「…」ソロリ、ソロリ

――ガチャッ、バタン

P「違うんじゃないかな…?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:55:15.03 ID:9FsVBpK3O
P「うん。リボンを付けた女の子はかわいいよ?」

P「だけど…なぁ…」

――ガチャッ、

P「うん?」

「あっ!おっ、おおお!おはよう、ごじゃいましゅっ!」

P「ははっ。噛んでる噛んでる」クスクス

「あっ…」カァァァ

P「ほら、仕事だ。行くぞ?」スタスタスタ

「は、はぃ!」

P「それと、ああいうのはさすがに怖いぞ?」

「…へぇっ!?」

【リボンさんマジ乙女。かわいい】

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 00:56:57.46 ID:9FsVBpK3O
はい。ここまでありがとうございました



元スレ: P「違うんじゃないかな?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351263811/

錦織敦史 アニメーションワークス Telegenic!
錦織 敦史
一迅社
売り上げランキング: 38

コメント
2666: 2015/06/12(金) 00:49
全員分じゃないのか・・・
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8900-b143a6a6