ヘッドライン

シャロ「ちょっと近すぎ…」千夜「シャロちゃんモフモフ♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408702157/

2 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/22(金) 19:12:46.06 ID:lMkZ6If/O
このみ


千夜「シャロちゃん」

シャロ「なによ」

千夜「やっぱりシャロちゃんってリゼちゃんのことが好きなの?」

シャロ「ぶふっ!?なっ何よいきなり!」

千夜「ねえそうなの?」

シャロ「まあ、そうだけど」

千夜「ねえねえどんな所が好きなの?」

シャロ「え…まあ優しいとことか?強いとことか、可愛いとことか」

千夜「ふぅーん」ニコニコ

シャロ「なによ!恥ずかしいのよ言ってる方は!」

千夜「じゃあ私が優しくて強くて可愛くなれば、シャロちゃん好きになってくれるのね?」

シャロ「う、うん?そうなるのかな」

千夜「シャロちゃん肩もんであげる」

シャロ「そう、ありがと」

千夜「シャロちゃんあんこ捨ててくるわね」

シャロ「ほんと?凄く助かるわ」

千夜「シャロちゃんリゼちゃんのお面着けてみたの」

シャロ「どこで手に入れたのよそんなもの……」

千夜「………」

千夜「シャロちゃんの嘘つきっ!!」ダダダダ…

シャロ「!?」

3 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/22(金) 19:14:54.18 ID:lMkZ6If/O
おもちゃ



千夜「シャロちゃんこっちみて!」

シャロ「ん?ってキャァァ!!なんてもの投げんのよ!」

千夜「うふふ、実はそのコモドオオトカゲ、おもちゃなの」

シャロ「え?あ…本当だ」

千夜「シャロちゃん取り乱しちゃってかわいーい」

シャロ「うっうるさいっ!」//

千夜「じゃあ次はこれで」ヴヴヴ

シャロ「大丈夫私どこも凝ってないから早くソレしまって」

5 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/22(金) 19:15:51.11 ID:lMkZ6If/O
すけるとん




千夜「シャロちゃんの下着がまた飛んできたの」

シャロ「わかったから返してよ!もうっ!」

千夜「どうしてこんなに飛ぶのかしら…」



─次の日─

シャロ「これを私に履けと?」

千夜「飛ばされても下着だってわからないようにしたんだけど」

シャロ「私ラップを履く趣味なんてないの」


6 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/22(金) 19:17:15.04 ID:lMkZ6If/O
おもいつき


千夜「シャロちゃんシャロちゃん」

シャロ「なーに千夜」

千夜「下着買った時は柄と個数を私に伝えてね!」

シャロ「…なんでよ」

千夜「種類をリストにしておけば、飛ばされた時に気がつけると思うの」

シャロ「だからってなんであんたに言わなきゃならないのよ!」

─数日後─


シャロ「…緑リボン、黄色ボーダー」

千夜「え?何の話?」


8 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/22(金) 19:17:59.27 ID:lMkZ6If/O
あどゔぁいす




シャロ「明日リゼ先輩と遊びに行くんだー♪」

千夜「あら、良かったじゃない!」

シャロ「それで千夜にアドバイスして欲しいの」

千夜「まかせて!まずはじめがハジメガカンジン……」

シャロ「ツンダツンダ……なるほど!ありがとう参考にするわ!」

シャロさん が退室しました

千夜「…流石に服くらいは着せた方が良かったかもね」

9 :1 2014/08/22(金) 19:20:26.92 ID:lMkZ6If/O
おっぱい



シャロ「んん……りじぇせんぱ……ぁ…」zzz

千夜「あら、寝ちゃったのね」

千夜「ハラワタがよじれる程面白い寝言言わないかしら」●REC

シャロ「ん…あててんのよ………」z…

千夜「まな板の夢かしら?」ウフフ

10 :1 2014/08/22(金) 19:21:24.42 ID:lMkZ6If/O
おはだ


千夜「シャロちゃんほんとに肌綺麗ねえ」

シャロ「なによ急に」

千夜「ちょっとよく見せて」

シャロ「別に…いいけど」

千夜「すべすべねぇ。少し触ってていい?」

シャロ「すっ、好きにすれば」//

千夜「はむっ」カプ

シャロ「ひゃあ!?何すんのよ!」//プシュー

千夜「シャロちゃん顔が赤いわよ?」

シャロ「いいからもう離してよっ!」///



11 :1 2014/08/22(金) 19:22:44.45 ID:lMkZ6If/O
おはよう



千夜「シャロちゃん起きてー!」カンカンカンカン

シャロ『うぅっ……ぐすっ………』

千夜「シャロちゃん泣いてる!?どうしたの入るわよ!」


ドア「いらっしゃい」ガチャ


シャロ「あ、千夜ぁ……」

千夜「なにかあったのシャロちゃん?」

シャロ「ぅぅ……千夜ぁぁぁ…もうどこにも行かないでぇ……うぇっ、ぐすっ、ひっく」ビエエエエ

千夜「??大丈夫。私はずっとシャロちゃんの側にいるわよ」ギュッ

シャロ「うん…大好き…」ギュウウウ

千夜「( 引っ越す夢でも見たのかな? )」


=================

千夜「っていう事があったの覚えてる?」

シャロ「そんなこと絶対リゼ先輩達の前で言わないでよ!?」///


16 :1 2014/08/24(日) 21:32:06.21 ID:/CDsfKrF0
えろちっく




シャロ「千ー夜ーお風呂借りるわよー?」

千夜「どうぞ。私も一緒に入ってもいい?」

シャロ「別に毎回聞かなくても私は気にしないわよ?」//


カポーン


千夜「身体洗いっこしましょ」

シャロ「いいけど…」

千夜「えいっ」ピチャッ

シャロ「ひゃっ!冷たっ!?」

シャロ「しかも透明でやけにぬるぬる…」

千夜「ローションよ♪」

シャロ「お願いだからその類を二度と私に近づけないでね」

17 :1 2014/08/24(日) 21:32:40.78 ID:/CDsfKrF0
しょっぴんぐ


シャロ「ごめんね買い物付き合わせちゃって」

千夜「気にしないで。その代わり私の意見も汲み取ってもらうわ!」

シャロ「…嫌な予感しかしないわ」

────────────

千夜「シャロちゃんこれは?」

シャロ「パーカー選びに来たの。それに紐オンリーの下着なんて履かない」

千夜「じゃあこれ」

シャロ「下着はいいってば」

千夜「じゃあこのパーカーなんかどう?」

シャロ「まずそれパーカーじゃなくて下着だし、紐しか無いし」

千夜「これ……」スッ

シャロ「どこからそんなにTバックが出てくるの!?」

18 :1 2014/08/24(日) 22:26:19.50 ID:/CDsfKrF0
りりー



千夜「シャロちゃんそろそろ告白しないの?」

シャロ「こっ、告白!?」//

千夜「そうよ告白よ!もうシャロちゃんの想いは充分に伝わっている筈よ!」

シャロ「それってもしかして」

千夜「ピカ○ュウ?」

シャロ「違うわ」

シャロ「そうじゃなくて、千夜あんたもしかしてリゼ先輩の話?」

千夜「さぁ、なんでしょうね」

シャロ「あんたの頭が一番ファンタジーよ……。言っとくけど私リゼ先輩にそういう感情持ってないから」

千夜「ええ!?そうだったの……。でも前に好きな人聞いたら、居るって言ってたじゃない」

シャロ「リゼ先輩以外の可能性は考えないわけ?」

千夜「だってシャロちゃんリゼちゃんの事になるとテンパっちゃうじゃない」

千夜「…もしかしてココアちゃんとか?だめよココアちゃんは!シャロちゃんだけに独り占めさせないわ!」

シャロ「なわけあるか!……もういいわよ、おやすみなさい」

千夜「くっ…禁断の領域に足を踏み入れてまで求めてしまうとは」

シャロ「おやすみ」バタン

千夜「……本当は誰なのかしら?」

19 :1 2014/08/24(日) 22:27:17.86 ID:/CDsfKrF0
どくしん


シャロ「………」

千夜「( あら?考え事 )」

千夜「( 少しからかってみましょう )」

千夜「あーっ!ここにリゼちゃんの脱ぎたてホッカホカのショーツがー!!(棒)」

シャロ「……」ハァ…

千夜「( 反応しない…だと……!? )」

シャロ「( とか思ってるんでしょうね )」

20 :1 2014/08/24(日) 22:27:55.54 ID:/CDsfKrF0
ばか



千夜「シャロちゃんごめんね。リゼちゃんの脱ぎたてホカホカのショーツなんてこの世に無いの」

シャロ「この世には有るわよ。というかなんでそれで私を釣れると思ったわけ」

千夜「……何か悩みがあるなら相談してね?」

シャロ「別に悩んでないし」

千夜「もう、素直じゃないんだから」

シャロ「( 誰のせいよ……バカ )」ハァ

21 :1 2014/08/24(日) 22:35:47.98 ID:/CDsfKrF0
ごそうだん


─お風呂─

千夜「( シャロちゃんに素直に悩みを吐かせるには…そうだわ!シャロちゃんの嫌がる事をしましょう )」

千夜「えいっ」ガバッ

シャロ「ひゃっ!?」ビクッ

千夜「うふふ…シャーロちゃん♪」ギュー

シャロ「!?なっなっなっ何よぉ!?」ドキドキ

千夜「( あら?まだ嫌がらないわね…足りないかしら )」

千夜「フー」

シャロ「ひゃぅっ…や、やめっ……」///

千夜「( 耳も嫌がらないか…なら仕方ないっ! )」

千夜「シャロちゃん……」ペロッ

シャロ「、、っ!!?」ドキドキドキドキドキ

千夜「かわいいわ」ペロッ

シャロ「ち、や…そこより先、は…ひゃめぇっ、」////

千夜「( なんだか取り返しのつかない事をしてるみたいだわ )」






27 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/25(月) 23:57:47.86 ID:jFiKgunO0
へんたいさん



─ラビットハウス─


シャロ「えっへへぇー!こーんにーちわー!!」

千夜「ごめんね、訳あって酔ってるの」

ココア「全然いいよ!この状態のシャロちゃん心から人生楽しんでそうだし」

チノ「それは言えてますね」

シャロ「千夜ぁー、さっきの事みんなに教えてあげよーよ!」

千夜「さ、さっきの事って?」

シャロ「千夜が私をペロペロしt」

千夜「ふんっ!ふんっ!」

チノ「どうしたんですか千夜さん!?いきなりスクワットなんか始めて!?」

千夜「やっぱりカバディは足腰が重要だと思うのっ」

シャロ「千夜ぁ、またペロペロしよ?」///

千夜「あっ」

ココチノ「」


28 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/08/26(火) 00:01:13.98 ID:EhTz9Qa+0
ちょうきょう


シャロ「ひっ、もっもうらめぇ……」

千夜「うふふ、感情に身を任せなさい」

シャロ「ほんとにやめてぇ……おかしくなりゅ…」

千夜「ほら、もうこんなにトロトロしてきた」

シャロ「千夜ぁ、わたし、もう………」

千夜「我慢しないで堕ちちゃいなさい?」

シャロ「ふわ……ぁ…………」zzz

千夜「本当に催眠術聞いたわね。それともよほど眠かったのかしら」

29 :1 ◆jPpg5.obl6 2014/08/26(火) 00:06:28.59 ID:EhTz9Qa+0
ほんとのきもちは



ココア「シャロちゃんて千夜ちゃんと本当に仲いいよねー」

シャロ「ま、まぁ幼馴染だからそう見えるかもね」//

ココア「いいなぁ……私も幼馴染が欲しいや。でも私には可愛い妹がいるからいいもんねっ!」ダキッ

チノ「ココアさんお願いですから邪魔しないで下さい」

ココア「そんな!?酷いよチノちゃ~ん」

シャロ「( 私もココアが羨ましいわ )」

シャロ「( 自分の気持ちに素直になれる所が )」

30 :1 ◆jPpg5.obl6 2014/08/26(火) 00:17:41.78 ID:EhTz9Qa+0
ひみつだよ



シャロ「( 私は誰が好きなのかな? )」

シャロ「( 結局リゼ先輩は違うんじゃないかってとこから進んでないわ )」

シャロ「( そもそも好きな人なんでいるのかしら…… )」

シャロ「……」

千夜「シャロちゃーん」

シャロ「えっ、千夜?」

千夜「あらお店の前で考え事してたのはシャロちゃんの方でしょ?」

シャロ「あ……気がついたら甘兎庵の前だったのね」

シャロ「( なんだろう、千夜といるといつもと違う気持ちになるというか…… )」

千夜「どうしたの?またボーッとしちゃって」

シャロ「( 素直に!素直に! )」

シャロ「千夜。私って千夜が好きなのかな?」

千夜「え?シャロちゃん私のこと嫌い?」

シャロ「違う。そういう好きじゃなくて、その……」

千夜「家族として好きかってことね?そうねぇ、私としてはもう少し甘えて欲しいわ」

シャロ「そういうんじゃないわよっ!千夜の馬鹿ぁ!」

千夜「???」

33 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/03(水) 18:13:13.00 ID:Y8/PTp3o0
れいせい



シャロ「いっえーい!千夜いらっしゃーい!!」

千夜「酔ってる!?あぁ、きっとコーヒー入りのお菓子でも食べたのね」

シャロ「千夜愛してるー」ギュウウウウウ

千夜「はいはい。私もシャロちゃんのこと愛してるわよ」

シャロ「ほんとう?私はほんきよ、ほんきぃ!」

千夜「だったらまずは形からよね」ヴィイイイイイ‼︎

シャロ「あっおはようございます、千夜さんどうかしましたか」

千夜「ここまで顕著だと悲しいわ」



34 :1 ◆jPpg5.obl6 2014/09/03(水) 18:48:07.33 ID:Y8/PTp3o0
おいしくできたら


シャロ「いっつも私にリゼ先輩リゼ先輩言うけどあんたにもすっ、好きな人いるの?」ドキドキ

千夜「好きな人……とはまだ言えないかも知れないけれど、気になる人はいるわ」

シャロ「だっ誰!?私の知ってる人?」ドキドキドキ

千夜「そうよ」

シャロ「へ、へぇー(誰なのよ!?)」」ドキドキドキドキ

千夜「(もしかすると今後便利かもだから少し嘘ついちゃいましょ♪)実はね……ココアちゃんなんだけど」

シャロ「へっ!?えぅ………」ガーン

千夜「(ふふ……私がココアちゃんを贄に選んだのには理由があるわ!!)」

千夜「(私がシャロちゃんと同じ百合趣味があると装えば)」

千夜「(シャロちゃんがリゼちゃんについての相談を私にし易くなる筈!)」

シャロ「そう……なの……」サーッ

千夜「うん……だから私もシャロちゃんと同じ境遇ね」聖母の微笑み

シャロ「っ……!っ…っ……!」ポロッ

千夜「シャロちゃんもう帰るの?……もしかして、泣いてた?」


36 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/03(水) 18:57:43.45 ID:Y8/PTp3o0

いただきます



シャロ「昨日はごめんね。シフト入ってたこと完全に忘れてたの」

千夜「(どうして嘘なんてつくのかしら)そう、大変だったのね……」

シャロ「じゃあ私部屋戻るね」

千夜「……待って!」

シャロ「ん?何よ」

千夜「シャロちゃん、嘘は良くないわた

千夜「シフト入ってたのと泣くのは何の関係があるの?」

シャロ「泣いてないし……」

千夜「シャロちゃん。めっ」

シャロ「だって千夜が、千夜が悪いんだもん……」

千夜「わっ私?えと、私シャロちゃんに何かしちゃったかしら」オロオロ

シャロ「違う!私には何もしてない!ココアにしたの!!」

千夜「ココアちゃんにした?」

シャロ「そうよ、あんたがココアに恋してるって!」

千夜「ああ、そういうことだったのね」

シャロ「もし、あんたがココアと付き合っちゃったりしたら、わたし、わたし……」エグエグ

千夜「ごめんなさいシャロちゃん。実はあれ、嘘なの」

シャロ「…………は?」

千夜「いや、シャロちゃんと同じ目線に立とうというかなんというか」

シャロ「……ばか」

シャロ「ばか、ばか、ばかばか!!」

千夜「ま、まあ落ち着いて……」オロオロ

シャロ「知るかぁー!千夜なんてもう知らないっ!」プイッ

千夜「シャロちゃーん……」

シャロ「(ばかなんだから)」ホッ

千夜「(なんでシャロちゃん怒っちゃったのかしら……うう)」

37 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/03(水) 19:25:00.00 ID:Y8/PTp3o0
きんだいか



千夜「シャロちゃんスマートフォンって便利?」

シャロ「ん、まあガラケーよりは出来ること多いし、便利なんじゃないかな」

千夜「ちょっと弄らせて」

シャロ「いいわよ。えっと……ひぁ!?なによこれぇ!!」

千夜「シャロちゃんの寝顔ー♪」

シャロ「なに勝手に変なのにしてんのよ!」///

シャロ「……これはなに?」

千夜「シャロちゃんの下着姿よ♪」

シャロ「そう、そんなに死にたいならそこに座りなさい?」

千夜「でも!シャロちゃんの携帯で撮ったんだから盗撮には」

シャロ「くたばれ」ヴィイイイイ‼︎‼︎

38 :1 ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/03(水) 19:46:00.20 ID:Y8/PTp3o0
ろまんす



千夜「私もスマートフォンにしたわ!」

シャロ「おめでとう」

千夜「スカイプっていうのをダウンロードしてみたの!今晩やってみましょ?」

シャロ「スカイプって電話みたいなものなんだけど……別にいいわよ」

─────────────────


千夜『うふふ。もしもしシャロちゃん?』

シャロ『はいもしもし。これがスカイプよ、わかった?』

千夜『すごいわねー、相手と顔を見ながら通話できるのね』

シャロ『前からテレビ電話もあったでしょ』

千夜『そういえばそうだったわね』

シャロ『…………』

千夜『………』ニコニコ

シャロ『…………』

千夜『………』ニコニコ

シャロ『っ……』テレッ///

シャロ『な、なんか喋りなさいよっ!』///

千夜『シャロちゃんかわいいなって』ニコニコ

シャロ『なっななななに恥ずかしい事素面で言ってんのよ!』////マッカッカー

千夜『そういうとこも可愛いわ♪』

シャロ『ああああああもうっ!切るわよ!?』/////

千夜『はーい。また明日ね』

シャロ『…………やっぱもう少し』

千夜『もちろん♪』

39 :1 2014/09/03(水) 20:44:46.13 ID:Y8/PTp3o0



番外編
きょうめい


ココア「あっシャロちゃーん!!」フリフリ

シャロ「ココアじゃない。買い物でもしてきたの?」

ココア「うん!チノちゃんに似合うと思う物を買って来たんだ!ほらこれ」

シャロ「へえ、うさみみね。なんでこんな犯行に及んだのよ」

ココア「酷い!?犯行なんかじゃなくて、チノちゃんのためなの!」

シャロ「うう……あんたもあいつと同じなのね、チノちゃんに同情するわ」

ココア「あいつ?誰かわからないけど、今から着せるからおいでよ!」グイ

シャロ「なっ引っ張らないでよぉ!」

─────────────

チノ「…………」プクー

ココア「おお……!」///

シャロ「こ、これは…………」///

ココシャロ「「かわいい!!!!!!」」

チノ「!?」ビクッ

40 :1 2014/09/03(水) 20:49:32.90 ID:Y8/PTp3o0
番外編
約束




千夜「リゼちゃん」

リゼ「ん?なんだ千夜」

千夜「リゼちゃんは、好きな人いる?」

リゼ「好きな人?うーむ………いや、思い当たる節は無いな」

千夜「(ほんとにいないみたいね)」

千夜「(あんなにシャロちゃんが頑張ってるのに伝わらないなんて!どうすれば……)」

リゼ「どうした、何かあったのか?」

千夜「好きな人っていうのはね、案外近すぎて気がつかないものなのよ」

リゼ「ふむ」

千夜「きっとリゼちゃんも、そんな人がいると思うの。絶対いるわ!!」

リゼ「そ、そうなのか?」

千夜「だから!明日までに気持ち整理してきて欲しいの!!」

千夜「(そしてシャロちゃんからのアタックに気がつき、二人は恋に落ちる!)」

リゼ「」ポカーン

リゼ「わ…わかった!私の内なる気持ちを必ず探してこよう!」

千夜「ええ、是非頑張って!!」

リゼ「ああ!」


青山「少女達には似つかわしくないと思われる熱い絆……実際には素晴らしいものです、次はそれを書いてみましょうか」


44 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/23(火) 23:59:31.74 ID:F4e+NTkP0
アンサー


リゼ「千夜ー!」

千夜「あらリゼちゃん。どう?昨日の答えは見つかった?」

リゼ「ああ、やはり私は恋というモノをしていた様だ」

千夜「そう……で、それは一体誰なのかしら……?」

リゼ「引かないでくれよ?」

千夜「(ああ、やっぱり女の子同士っていうのは普通の人には抵抗感があるものね)」

千夜「私は人の愛の形を非難したりなんかしないわ。是非聞かせて」

リゼ「ありがとう。……実は私は親父が好きなようでな……」///

千夜「」

リゼ「その、なんというか、やはり父親が好きなんておかしいかな?」//

千夜「お、おかしくなんてないわ。寧ろ誇るべきよ」

リゼ「そ、そうか?//もう少し素直になってもいいかも……おっと、あんまり長居も悪いからまた今度な!」

千夜「また今度~」

千夜「(シャロちゃん大変ね)」

45 :1 2014/09/24(水) 00:02:26.89 ID:kIIP6vPb0
しぜんたい



千夜「こんばんはー、あら?シャロちゃんパジャマで寝るようになったの?」

シャロ「うん。前にチノちゃんの借りた時寝心地良かったから」

千夜「ふうん……可愛いわね」

シャロ「あ……ありがと」///

千夜「勿論ジャージの時でもかわいいわよ?」

シャロ「う、うるさい!///てゆーか顔近い……///」

千夜「でも一番可愛いのは」スス

シャロ「なに脱がして……っ!」/////

千夜「一糸纏わぬ姿のシャロちゃん」ススス

シャロ「ひぅっ……それ以上はぁっ、まだやめてぇっ!」

千夜「ああ惜しい!」

46 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/24(水) 01:03:47.50 ID:kIIP6vPb0
すきんしっぷ



シャロ「……やっぱ大きい方がいい」

千夜「そんな事ないわ。小さくても魅力的よ?」

シャロ「うう……千夜は大きいから良いわよね」

千夜「シャロちゃんよりは確かに大きいけど……でも、発展途上な感じが私は好きよ」サワサワ

シャロ「えぇ!?てかなに触ってんのよ///」

千夜「だってほら、大きいと空洞が出来て少ない感じがするじゃない」

シャロ「同じ分量でカルメ焼き作ったんだから量も同じよ」



48 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/24(水) 01:04:59.04 ID:kIIP6vPb0
─────────────











千夜「もちろん発展途上のお胸も好きよ♪」ペタ

シャロ「!?」////

49 :1 2014/09/24(水) 01:06:33.16 ID:kIIP6vPb0
ほらふき


千夜「ジェンガしましょ!」

シャロ「はいはい。……って何このジェンガ、横になんか文字書いてる」

千夜「それは抜き取った時の命令よ。まだ見ないの」

シャロ「わかったわ。じゃ私からね」

シャロ「(先ずは安全区域……中央からね)」

千夜「堅実ね」

シャロ「なになに……"好きな人を右側の人に言う"?」

千夜「今は私とシャロちゃんだけだから、わたしに言ってね♪」

シャロ「ええ……?(どうしよう、心の準備が……)」

千夜「残念だけど私シャロちゃんはリゼちゃんのことが好きなの知ってるのよねぇ」

シャロ「え」

千夜「早く想いが届くといいわね!」

千夜「あら?何か怒ってる?」

シャロ「………別に。伝わってないんだなって思って」

千夜「???」


50 :1 2014/09/24(水) 01:42:19.68 ID:kIIP6vPb0
いふ



千夜「最近シャロちゃんの恋の事ばっかり考えちゃってるわ」

千夜「ファザコンは強敵だものね……どうすればいいものか」

千夜「(シャロちゃんとリゼちゃんが付き合ったらどうなるのかしら)」

千夜「……………」


ズキ


千夜「(あら?何か痛……)」

シャロ「千夜ーいる?」ガチャ

千夜「あっシャロちゃん」

シャロ「なんかヒヤシンスの球根を何個か貰ったの。いらないかなって思って」

千夜「ねえシャロちゃん」

シャロ「なに?」

千夜「どう事が運んでも、私と離れないでくれる?」

シャロ「は、はぁ?何言ってるの?」

シャロ「……よくわかんないけど、ずっと一緒って言ったのは千夜じゃない。当たり前よ」

千夜「シャロちゃん……!」ギュッ

シャロ「……千夜こそ……絶対離れないでよ//」ギュゥゥゥ

54 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/24(水) 22:02:45.76 ID:kIIP6vPb0
りすと


シャロ「心なしか下着が少ないような……」

千夜「シャロちゃん入るわよー」

シャロ「あっ千夜!あんた私の下着リストあるでしょ?あれ貸して欲しいの」

千夜「ついに私の努力が報われるのね!」ドウゾ

シャロ「否定はしないわ。ええっと、無いのは緑リボンね」

千夜「あれ?ちょっと待ってね……あ」

シャロ「どうしたのよ」

千夜「似てたから……」

シャロ「は?」

千夜「私のと似てたから間違って履いちゃってたの!!」ペロン

シャロ「この大バカぁぁ!!」

55 :1 2014/09/24(水) 22:11:30.02 ID:kIIP6vPb0
うらかえし



千夜「そのときシャロちゃんがねー」

リゼ「HAHAHAそれは本当かシャロ!」

ココア「シャロちゃんドジっ子さんだねー」

チノ「そういう一面もあるとは……かわいいですね」

シャロ「くぅぅぅぅ~~!!」///

─────────────────

シャロ「なんで!あんたは!私を必ず辱めるわけ!」

千夜「私からそれを取ったら栗の無い栗羊羹と同じよ?」

シャロ「只の羊羹で十分よ!」

56 :1 2014/09/24(水) 22:16:00.15 ID:kIIP6vPb0
めもりー


千夜「SDカードがいっぱいになっちゃった」

シャロ「千夜のSDカードかなり容量少なくないでしょ?何か保存し過ぎなのよ、見せてみなさいよ」

千夜「ここかしら?」

シャロ「うわ、写真で40GBも使ってる……しかもこれ1度目じゃないわよね」

千夜「3回目かしら」

シャロ「如何わしいモノでも保存してるのかしら?そっちも見せなさい」ニヤ

千夜「えっ!?いや、その……如何わしくはないと思うけど……」

シャロ「ふーん?えーっと……なっなっなっ何よコレ!?///」

千夜「私のコレクションよ」フンス

シャロ「どうやってこんなに私を撮れるのよ!!」

千夜「シャロちゃん意外と気がつかないんだもの♪」

シャロ「取り敢えず裸のは消してくれないかしら?」

千夜「いいわよ、いつでも見られるしね♪」


57 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/25(木) 00:44:15.26 ID:HviiaQF40
もももすももも


千夜「……」ペチペチ

シャロ「………」

千夜「…………」ペチペチ

シャロ「……………」

千夜「……………」ペチペチ

シャロ「……」イラッ

シャロ「なにさっきから叩いてるのよ」

千夜「シャロちゃん知ってる?桃って触りまくった所から腐っちゃうのよねえ」

シャロ「うん。でも私を叩く理由になってないし私桃じゃないしそんな短時間じゃ腐らないしそもそも私腐らないわよ」

59 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/26(金) 18:38:21.30 ID:VQQPbPMS0
おーるうぇいず


千夜「(寝坊しちゃったからシャロちゃんを起こせなかったけど大丈夫だったみたいね)」

──────────────────

シャロ「……」ソワソワ

リゼ「どうした?朝から何か落ち着き無いぞ」

シャロ「はいっ!?いえ、なんでもないんです」

リゼ「そうか?ならいいが」

シャロ「あの、千夜って何か今日用事があったんでしょうか?」

リゼ「私は特に聞いてないぞ。用事でもあるのか?」

シャロ「用事っていうか、毎朝のおはようが無くて……(ハッ!?なんでそんな恥ずかしいこと先輩に言ってんのよ私は!///)」

リゼ「いっ、いつもそんなことしてるのか?」ウラヤマシイ…

シャロ「いやべっ別にそれが無くて寂しかったとかそういうんじゃなくて、ただあいつがちょっと心配になっただけっていうかぁ!」//

リゼ「寂しいんじゃないか……多分だけど、寝坊とかじゃないか?」

シャロ「千夜は寝坊なんかしないと思います……」メソメソ

リゼ「(でもそうじゃなきゃシャロの家に行かない理由がないんだよな)」

リゼ「(っていうかそんなに千夜が恋しいのか!?)」


60 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/26(金) 19:03:30.49 ID:VQQPbPMS0
ぴっつぁ



千夜「シャロちゃんピザって10回言ってみて?」

シャロ「……ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ」

千夜「じゃあココは?」ユビサシ

シャロ「ひじよ」

千夜「え?」

シャロ「ひじ」

千夜「そう…………じゃ、おやすみなさい……」

シャロ「待って!ひっ、ひざよ!!」

千夜「残念!ひじでしたぁ♪」パァァ

シャロ「酷くない!?」

61 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/26(金) 20:57:14.05 ID:VQQPbPMS0
あだるてぃ


千夜「それじゃあいくわよ」

シャロ「やさしくしてよね……」

千夜「はぁい」

シャロ「んっ……」

千夜「もっと激しくいくわよ……」

シャロ「まっ、まってよぉ……それは激し過ぎ……んっ」

千夜「奥もしてあげるわ……」

シャロ「あっ……中掻き回されてっ……」

千夜「どう?気持ちいいでしょ」

シャロ「………うん」

シャロ「自分でするのとじゃ、全然違くて」

千夜「もしまたしたくなったら言ってね」

シャロ「そうさせてもらうわ」

千夜「じゃあ次はシャロちゃんが私に耳掃除して♪」

64 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/09/26(金) 21:12:57.91 ID:VQQPbPMS0

ぜろきょり



シャロ「zzz……」シャカシャカ

千夜「あら?イヤホン付けて何聞いてるのかしら」

……オビヲシメタラキモチモキュット♪

千夜「何処かで聞いた声ね」

シャロ「ん……」

千夜「あら起きたの?」クル

シャロ「んー?ってひゃぁぁぁ!!ちっ近……///」

千夜「おはよう」ニコ

シャロ「……おはよ」////

69 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/08(水) 22:59:23.26 ID:E9D2CA550

とうげんきょう


千夜「じゃーん!水鉄砲です!」

シャロ「そうね、水鉄砲ね」

千夜「早速お風呂へ行くわよ!」

シャロ「なんでそんなに楽しそうなのよ……」


──────────────────


シャロ「ひゃあっ!くすぐったい!」

千夜「まだまだよシャロちゃん!」

シャロ「なんのぉぉ!!」

千夜「キャッ!?」

シャロ「油断したわね」

千夜「……面白いじゃない」


──30分後──

千夜「もうダメ………」

シャロ「あづい……気持ち悪い……」


70 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/09(木) 00:21:07.14 ID:jYd/1B/20
えすて


千夜「シャロちゃん二の腕細くなったわねー」

シャロ「そう?最近バイトキツくて忙しいからかなあ」

千夜「ふにふにー」モミモミ

シャロ「くすぐったいからやめてよ」

千夜「気にしないでー」モミモミ

シャロ「気にしないでって……ひっ」//

千夜「……(揉み心地良いわー)」モミモミ

シャロ「くっ……ふっ、……」///

千夜「……」モミモミモミモミ

シャロ「んっ、ひぁっ!///なっ何か変なのに目覚めそうだから本当にやめて貰える!?///」



71 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/09(木) 00:21:45.60 ID:jYd/1B/20
こうしゃ


リゼ「かき氷は氷の細かさが大事だよな」

千夜「そうねえ。でもここのはかなり細かい方よ。そこらの砕き氷とは訳が違うわ」

シャロ「甘兎級に美味しいわね、このレモン味」

リゼ「それも美味そうだな。少し交換しないか?ほら」

シャロ「(なっこっこここ交換!?となると必然的に間接キスを……?)」///

千夜「私もシャロちゃんのレモン味食べたーい!はいあーん」

シャロ「(ちっちちち千夜まで!?こんな両手に花の状態だと私の精神が!)」///プシューパクッバタン

リゼ「おっおい倒れたぞ!?」

千夜「倒れ際にちゃっかり私のかき氷食べたわ♪」

72 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/09(木) 00:32:25.18 ID:jYd/1B/20
なんかい


千夜「シャロちゃんたら鍵もかけないで……危ないんだから。おじゃまするわよー?」

千夜「あら?」

千夜「(いつもはあのパジャマのシャロちゃんがパン1で寝てるわ!)」

千夜「……」ジーッ

千夜「(って私は何に見惚れてるのかしら///)」

千夜「罪滅ぼしに落書きしなくちゃね♪」


──その日シャロプール授業──


モブ1「ちょっと桐間さんどうかしましたの!?何かおありでしたの!?(小声)」

シャロ「え?特に何も無いけれど……え」

シャロ「ひゃあぁぁ!?」

シャロ「(どうして内腿に正の字と値段が書いてあるのよぉ!!)」

77 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/09(木) 22:03:07.67 ID:jYd/1B/20
もあぷりーず


シャロ「ん……」zzz

千夜「お風呂の中で寝ちゃったら溺れちゃうわよ?身体小さいんだから」

シャロ「………」zzz

千夜「(このままだと溺れるわ。起こすのは悪いから抑えてましょ)」

──────────────────


シャロ「んむ………っ!?なっななななな///」プシュー

千夜「………」zzz

シャロ「(どうしてコイツは私に跨って寝てんのよ!///)」

シャロ「(……まだ起こさないでいようかな)」

78 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/10(金) 00:52:21.16 ID:322ZDR3v0
でじゃゔ


千夜「鍵がかからない所でなんか寝ちゃダメだからね?」

シャロ「わかったってば。じゃあ出来る限り安いやつを選ぶわよ」

千夜「はーい。………これは?」

シャロ「鍵を選びに来てるから下着は要らないわ」

千夜「じゃあこっち」

シャロ「今日は鍵を選びに来たのよ」

千夜「ならこれ」

シャロ「だから家電量販店なのにどこからそんなに下着が出てくるわけ!?」

千夜「前にもこんな会話したわね♪」

シャロ「成長してないって事よ……」


80 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/10(金) 01:24:19.31 ID:322ZDR3v0
ふぇろもん


シャロ「ただいまー、って」

千夜「お邪魔してま~す」

シャロ「何勝手に上がってんのよ……いつも通りだけど」

千夜「前のラップパンツを改良してみたんだけど……」

シャロ「どんな進化を遂げていようが私はラップなんて履かないわよ!あ、そう。今日やっとお休みだからゆっくりできんのよ。なんか飲む?」

千夜「シャロちゃんの好きなやつが飲みたいわ♪」

シャロ「わかったわ。ちょっと待ってて」

千夜「……」ジー

シャロ「……」カチャカチャ

千夜「……シャーロちゃん」ギュッ

シャロ「な、何よ急に……///」

千夜「いい匂いね」

シャロ「今淹れてる紅茶の匂いでしょ」

千夜「違うわ。シャロちゃんの匂い」

シャロ「は、はぁ?///そんなの嗅がないでよ!///」

千夜「……」スンスン

シャロ「今日体育あったから、汗臭いかもよ……」

千夜「あら、だからいつもよりいい匂いなのかしら?」

シャロ「へっ、変態!」//




83 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/10(金) 01:37:50.79 ID:322ZDR3v0
あまうさ


──ラビットハウス──


千夜「はい、あーん」

シャロ「えっ、あむ………おいひい」//

シャロ「私のもあげる。はい」

千夜「え?あーんしてくれないの?」シュン

シャロ「あ、あーん?くぅっ………あ、あーん//」

千夜「んむっ。おいしいわ♪」

千夜「はい、あーん」

シャロ「また!?も、もういいわよ」

千夜「だってあーんされるシャロちゃん可愛いんだもの」

シャロ「そんな……///あむっ」

千夜「可愛い♪」


チノ「早く結婚すればいいのに」

リゼ「ああ、同感だ」

85 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/12(日) 19:09:49.15 ID:Z36cziDR0

ぼせい



シャロ「バイト12連勤をついに乗り切ったわ……これでやっと寝られる」

千夜「そろーりそろーり」

シャロ「前言撤回ね。また暫く寝られないわ」

千夜「あらバレちゃった?」

シャロ「そりゃ擬音が声になってる隣人が家の中にいたら気がつくわよ……言っとくけど私眠たいから寝るから」

千夜「おかまいなく~」

シャロ「誰の家なのよ!」

──────────────────

千夜「よし、シャロちゃんは寝たわね」


──シャロ起床──

シャロ「よく寝た……ん?手紙?」

『食べなかったらローレグ生活よ♪
千夜』

シャロ「あいつ……」

シャロ「戻した乾燥ワカメで机を埋めるなんて!」


86 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/12(日) 19:52:47.78 ID:Z36cziDR0
番外編
巨峰への道のり


シャロ「胸を大きくしたい」

千夜「牛乳はあまり効果がないらしいし。どうすればいいかしら」

シャロ「これが私のパーソナリティになるのね……」

千夜「そうだわ!揉めば「嫌よ!」……そう言うと思ったわ」

千夜「でもねシャロちゃん。目標を達成する為には苦難の壁を乗り越える必要もあるのよ」

シャロ「超える必要のない壁を乗り越える程余分なエネルギーはないの」

千夜「いい加減に……」

千夜「揉 ま れ な さ い?」

シャロ「いやあぁぁ!!」ダッ

千夜「チッ、逃げたわね」


──────────────────

シャロ「はぁ、はぁ……流石に家の外までは追ってこないようね」

シャロ「千夜がいなくなるまでここで待ちましょう」カクレカクレ

シャロ「(!あれは……ココア?そっそういえば今日家にココアが来るんだった!)」

ココア「シャロちゃーん来たよー!」コンコン

シャロ「(っ不味い!今の千夜に会ったら駄目!)ココ──」ガサッ

千夜「いらっしゃい♪」

ココア「へ?───」グイッ

『ちょっと、何……いやぁぁぁぁ!!やめてぇ!離してってばぁ………ひゃあん!』

シャロ「………」

シャロ「うちって結構音漏れするのね」



87 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/12(日) 20:12:43.78 ID:Z36cziDR0
番外編
素直


シャロ「あはは。本当にココアとチノちゃん仲いいのね、本当の姉妹みたい」

チノ「そんなんじゃないですよ……//そういうシャロさんこそどうなんですか?」

シャロ「私?」

チノ「もちろん千夜さんと、です」

シャロ「わ、私と千夜は別に只の幼馴染でそれ以上はないわよ」//

チノ「そうなんですか?……シャロさんの反応が過敏ですけど」

シャロ「そっそんな訳ないわよ!うぅ……///ところでチノちゃんはココアをらどういう風に好きなの?」

チノ「どういう風、ですか……」

チノ「私の気持ちは……正直よくわかりません。女の子同士ですし、単純に家族としての愛情なのかもしれません」

チノ「でも一つ言えることは、私はココアさんは嫌いではありません」

シャロ「好きとは言ってあげないのね……私はたぶんだけど、恋人的な意味で……。あっ」

チノ「そうなんですか」

シャロ「ちっ違うからね!!別に千夜の事だなんて言ってないからね!?」///

チノ「仲いいですね、シャロさん達も」

シャロ「くぅぅぅ~…」///


88 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/12(日) 23:52:18.27 ID:Z36cziDR0
いんむ


千夜「シャロちゃんおはようございまーす」

シャロ「……zzz」

千夜「今日はバイトも無いし休日だからゆっくり寝かせてあげましょうか」

シャロ「……ちやぁ………zzz」

千夜「なん……だと………?添い寝しろって事ね♪」

千夜「よいしょ。………zzz」

──────────────────


シャロ「ちやっ…んっ………」パチッ

千夜「zzz……」」

シャロ「うひゃぁぁ!?」

──────────────────


シャロ「び、びっくりするからもうしないでよ!」

千夜「だってシャロちゃんが私の名前を寝言で言ってたんだもの」

シャロ「かっ関係ないっ!///」

千夜「ウフフ……」

千夜「(どうして私の服一部分が湿ってるのかしら?)」



90 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/13(月) 16:24:09.07 ID:25tsAE160
でぃざすたー



千夜『(やっぱり私一人では勝ち目は無い……でも、そろそろ薬の効果が効いてくる筈!)』

シャロ『あら……?』クラッ

千夜『やっと効いて来たわね……もう貴女は魔力を扱えない……観念しなさい』

シャロ『くっ……』




シャロ『クク………』ニヤ

千夜『!!』

シャロ『私にカフェインを盛れば勝てるとでも思った?馬鹿な兎さんだこと。実際はその逆』

シャロ『酔えば魔力が高まるのよ……死ね』

==================
============
========

千夜「という所で目が覚めたの」

シャロ「人の夢の話程面白く無い物は無いわね」

91 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/14(火) 23:57:13.51 ID:D9qMAnGo0
へるす


千夜「シャロちゃん大丈夫だからじっとして──」

シャロ「嫌よ!怖すぎ!」

千夜「だーめ。本当に気持ちいいんだから。ほら……」

シャロ「っ!!?ちょっやめっ」

千夜「ほら、指の第二関節まで入るわよ」

シャロ「も、もうやめてよぉ……変な気分になるからぁ……」

千夜「結構気持ち良くない?」

シャロ「くすぐったいだけでなんとも」

千夜「肩甲骨剥がすとスッキリするのに」

シャロ「その剥がすって表現が怖いのよ!」

97 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/18(土) 00:51:19.12 ID:XPEmWHPL0
にーど


千夜「シャロちゃんシャロちゃん」

シャロ「なによ?」

千夜「無人島に一つだけ物を持って行けるとしたら、シャロちゃんはどうする?」

シャロ「なによそれ。んー、私だったら水かしら」

千夜「ふーん、どうして?」

シャロ「だってさ、火は起こせなくても物を調理できないだけでしょ?なら食べ物は生で食べればいいの」

シャロ「物を切る必要がある時は諦めるわ……そういうあんたは何持ってくの?」

千夜「私はシャロちゃんよ?」

シャロ「はっ?」

シャロ「いや嬉しくない訳じゃないけど///、それじゃあ生活諦めてるようなものじゃない」

千夜「残念でしたー。この島は無人島ですがホテルは完備されているので衣食住には困らないの♪」

シャロ「騙す必要あった!?」

千夜「因みにラブ……いや、なんでもないわ」

シャロ「え、何よ?」

98 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/18(土) 01:10:11.78 ID:XPEmWHPL0
うらんでしあわせ



シャロ「待ちなさい!それは私の食料であんたのでは無いの!」

ワイルドギース「(腹減った)」

シャロ「あ゛あ゛ぁ!そのニンジン食べられたらカレー作れないでしょうが!?」

ワイルドギース「(ご馳走様)」

シャロ「うぅ……どうしたら……」


千夜「こんばんは~」ガチャ

シャロ「千夜ぁ……」ウルウル

千夜「どっどうしたのシャロちゃん!?」

シャロ「カレー作ってあげたかったのに、ワイルドギースがニンジンを……!」

千夜「あら、そうだったの」

シャロ「ごめんね……ひぐっ」

千夜「気にしないで。シャロちゃんのその気持ちだけで私すっごく嬉しいわ。ありがとう」

シャロ「うぅ~……うぇっ、ぐすっ」

千夜「ほら、うち来て何か一緒に作りましょう?」

シャロ「あり……がと……」

千夜「うふふ♪」



104 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/20(月) 00:10:30.01 ID:nuYjQNdV0
ぱわー


千夜「お店に強盗が来た時の為に鍛えなきゃね」シュッシュッ

シャロ「まあ、そうでなくても常人並みの体力付けた方が良いわよ」

千夜「そうね……はっ、はっ」シュッシュッ

シャロ「……」パリッ

千夜「おせんべいっ、一枚っ、ちょうだいっ」シュッシュッ

シャロ「いいわよ。はい」

千夜「ありがっ、とっ」シュッシュッ

シャロ「……」

千夜「はっ、はっ」ボインボイン

シャロ「っ……」イラッ

千夜「はぁっ、はぁっ」ボインボイン

シャロ「ああもう!シャドーボクシングなんて部屋でやりなさいよ!嫌味か!」

千夜「ええっ?も、もうダメ……」フラフラ


105 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/20(月) 00:22:49.10 ID:nuYjQNdV0
番外編
萌える三枝




シャロ「ココア来たわよー」

ココア「わぁ!シャロちゃんだぁ!!」パァァ

シャロ「なんか動物園に来た珍しい動物の気持ちだわ」

ココア「シャッロちゃん♪シャッロちゃん♪」

シャロ「なんでそんなにテンション高いのよ!?」

ココア「だってシャロちゃんと会うの久しぶりなんだもん!」

シャロ「あ……確かにそうね。あの時は本当ゴメンね?」

ココア「う……うん、大丈夫、気にしないで……」ガクガク

シャロ「(トラウマになってる!?)」

シャロ「お、落ち着いてココア。もう怖い千夜はいないのよ」アセアセ

ココア「ううぅ……」

シャロ「大丈夫、大丈夫……」ナデナデ

ココア「それ、落ち着くね」

シャロ「そう思う?私も昔千夜によくやってもらったわ」

ココア「!?やっぱそれ怖いぃっ!」

シャロ「あっ違、これはいつもの千夜がやってくれたの!怖い千夜ではないの!」

ココア「ぁう……」ガクガク

シャロ「(一体何をしたのよ千夜は!?)」

ココア「(シャロちゃん優しいな……)」ポー


109 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/22(水) 00:08:51.55 ID:nSegsYFy0
番外編
裏の山



チノ「リゼさん」

リゼ「どうした?チノ」

チノ「ボトルシップがここ最近で3つ増えました」

リゼ「み、3つ?そんなに作ったのか?」

チノ「ココアさんが休みの日に構ってくれません……」

リゼ「そういう事か……。そういや最近はシャロとよく遊んでるそうだぞ?」

チノ「そっ、そんな!?」ガーン

リゼ「気にするなって。別にココアはお前が嫌いになったわけじゃないぞ?」

チノ「そう……だと良いですけど」

リゼ「寂しいならいっそ寂しいって言ってみれば良いんじゃないか?」

チノ「そんな恥ずかしい事できません!」//

リゼ「ココアのやつなら直ぐに落とせそうだけどな……」


ココア「ただいまー!」カランカラン

チノ「おかえりなさい」

リゼ「おかえり」

ココア「今日私休みだったよね?シャロちゃん家行ってくるからー!」カランカラン

チノ「あっ………」

リゼ「ああ……」




110 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/22(水) 00:30:28.43 ID:nSegsYFy0
番外編
サッド・デイ



チノ「……」カチャカチャ

リゼ「……」

チノ「……」コポコポ

リゼ「……」

リゼ「(死んだ魚の目で仕事しないでくれ!!)」

リゼ「(いや確かに同情はするが、生気を失いきってなお働く店員とか嫌だろ!)」

客「こんにち、は……?」

チノ「………ぃらっしゃいませ」

リゼ「いらっしゃいませー!」

リゼ「(暗い……)」

客「ちょ、ちょっとツインテの娘」

リゼ「はい、只今!」

客「あの娘どうかしたの?いつも以上に静かだけれど……」ヒソヒソ

リゼ「申し訳ありません。実は姉に構って貰えなくて拗ねてるんです」ヒソヒソ

客「あら、そうだったの」クスクス


──ラビットハウス(カフェ)閉店──


チノ「リゼさん減給です」

リゼ「ええっ!?」


111 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/22(水) 01:05:23.83 ID:nSegsYFy0

ふれんど


シャロ「いらっしゃい。って言っても直ぐに出掛けるわよね」

ココア「やっぱ家に居てもあんまりすることないしねぇ」

ココア「でも私はシャロちゃんと話してるだけで楽しいよ?」

シャロ「……私も楽しいけど、照れ臭いからこういう話は終わり!どこ行く?今月余裕あるからお金は並に使えるわよ」

ココア「そうだねぇ、カラオケなんてどう?」

シャロ「いいわね!皆も誘いましょ?多い方が楽しいわ」

ココア「皆、も?シャロちゃんがそうしたいならいいけど……」

シャロ「じゃ私千夜呼んでくるわね。甘兎は今日休みだから」

ココア「じゃあ私はリゼちゃんとチノちゃんを誘うね!」

prrrrr…

チノ『はい、カフェラビットハウスです』

ココア「チノちゃん!」

チノ『コ、ココアさん!?お店の電話にかけてきて何の用ですか?』

ココア「これからシャロちゃんと千夜ちゃんとカラオケ行くんだけど、チノちゃんとリゼちゃんもどう?」

チノ『……一応お聞きしますが、私達が今店に居る意味はわかっていますか?』

ココア「ん?お仕事だからでしょ?──ハッ」

チノ『よくできました。それでは切ります』

ココア「ゴメンね!本当にゴメン……切れちゃった」

千夜「こんにちは~」

ココア「千夜ちゃんこんにちは!チノちゃんとリゼちゃんは今シフト入っちゃってた」

シャロ「そう、残念ね……。それじゃあ行きましょうか」

ココア「うん!」



114 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/25(土) 00:14:14.61 ID:rY5Pogoe0
ふー


千夜「結局シャロちゃんの好きな人って誰なの?」

シャロ「そうだわ。必要な物があったから買い物付き合ってよ」

千夜「リゼちゃんじゃないっていうのが未だに信じられないけど」

シャロ「し、下着が飛ばされちゃって。だから買わないといけなくて」

千夜「仮にリゼちゃんじゃないとしても、シャロちゃんは百合っ娘ちゃんだから」

シャロ「てぃ、てぃてぃてぃTバックにでもしようかしら!?」

千夜「それともレズっ娘さん?」

シャロ「どっちも同じよ!あとゆ、百合っ娘ちゃんじゃないしっ!」

千夜「そうなの?なぁんだ、女の子同士はダメな方なのね」

シャロ「べっ別にそういう訳じゃ……ぅぅああー!!」///

千夜「どうしたの!?」


115 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/25(土) 00:27:07.88 ID:rY5Pogoe0
みーにんぐ


千夜「シャロちゃんギューさせてー」

シャロ「……嫌よ」//

千夜「シャロちゃんギュー」

シャロ「い、嫌だってば!」

千夜「シャロちゃん昔は直ぐにギューしてくれたのに……」グスッ

シャロ「……ほら」ギュッ

千夜「シャロちゃん……!」ギュゥゥゥ

千夜「……これからも、変わらないでね」

シャロ「わかってるわよ……」ギュゥゥゥ

シャロ「(ギューの意味は少し変わっちゃったけどね)」///


118 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/28(火) 22:43:08.08 ID:FtuS8A/60
つよがる


シャロ「(あそこに居るの千夜だわ)」

モブA「シャロさんどうかしました?」

シャロ「あ、向こうに友達が見えてね」

モブB「あの長髪の娘だよね?シャロちゃんいっつもあの娘といるもんね」

シャロ「は、はぁ!?べっ別にいつもじゃないわよ!///」

モブA「あらそうなの?街で見かける時はいつも仲睦まじそうなのに……」

シャロ「そんなに見てたの!?」

モブB「シャロちゃんさっきから顔赤いよ?あれーどうしたのかなぁ?」

モブA「もしかしてその娘ってチヤさん?シャロさんの寝言発言率ナンバーワンの」

シャロ「私寝言でそんな事言ってるの!?///」

モブB「あれー照れちゃってぇー」

モブA「もしかして、もしかするとそういう関係なのかしら?」

シャロ「ちっ、ちが……」////

モブB「好きなんだー?」

モブA「好きなのねー?」

シャロ「うるさいうるさいっ!私用事出来たから帰るっ!」///

モブA「ありゃりゃ」

モブB「逃げられちゃったぁ」


120 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/10/28(火) 23:52:57.12 ID:FtuS8A/60

つよがってない



シャロ「(あんな事があったから意識しちゃって千夜と顔合わせづらい)」

シャロ「(い、いつも通り話せるかな……緊張しちゃわないかな)」ドキドキ

シャロ「(あ、あれ?千夜今日来るの遅いな……何してるんだろ)」

シャロ「(そういえばさっき千夜道にいたじゃない)」

シャロ「(ということは用事があるから暫く私の家には来ない……はぁ)」

シャロ「(やっぱり会いたい……」///

==================

シャロ「(千夜ったら遅い)」

シャロ「(も、もしかして今日来ないのかな)」

シャロ「(……あり得る話というか、普通に考えたら当たり前よね。毎日人の家に行くなんて)」

シャロ「(千夜、千夜……早く会いたい……)」ムラッ


千夜『シャロちゃーん入るわよー!


シャロ「ひゃうっ!!?」ビクゥ

千夜「あら変な声あげちゃってどうしたの?如何わしい事でもしてた?」

シャロ「……しそうだった…」///ポソッ





122 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/10(月) 23:24:59.64 ID:b3BrFwEX0
にっか


シャロ「流石に千夜の事意識し過ぎかしら」

シャロ「引かれたりしたら嫌だわ……自然体で対応するのよ、シャロ」

コンコン

千夜「シャロちゃーん」

シャロ「や、やあ千夜!」

千夜「え?う、うん」

シャロ「どうしたんだ?な、何かあったら私に言ってくれ」

千夜「くっ……ププッ、あはは!何それ、リゼちゃんの真似?」アハハ

シャロ「ちっ違うわよ!!千夜の馬鹿ぁ!」

千夜「(やっぱり憧れているのね)」

123 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/10(月) 23:45:04.65 ID:b3BrFwEX0
しゅうちゅうりょく


千夜「………」ムキムキ

シャロ「……」ムキムキ

千夜「薄皮……」ムキムキ

シャロ「………」ムキムキ

千夜「ひゃっ、虫」ポロッ

シャロ「それは諦めた方が良さそうね……」ムキムキ

千夜「うん……」ムキムキ

シャロ「……」ムキムキ

シャロ「ねえ、千夜」

千夜「なぁに?」ムキムキ

シャロ「酔っていたとはいえ、家を枝豆天国にしたいだなんて言ってごめんね……」

千夜「いいのよ」ニコッ

千夜「枝豆……好きでしょ?」

シャロ「うん……ありがと……」ポロポロ

129 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/15(土) 20:50:06.67 ID:9q69aJiq0
おとまり



千夜「それじゃあ私も入ってくるわね。ゲーム進めてていいから」

シャロ「わかった、ボスは倒さないで待ってるわ」

千夜「ありがとー」

──────────────────


シャロ「(千夜の家に泊まるのなんて久しぶりだわ……ココアと3人でお泊まり会して以来かしら)」

シャロ「(昔はわりとしてたんだけど忙しいしね……あら?写真なんて飾ってたかしら)」

シャロ「!?///なっ何よこれぇ!?」

シャロ「(私の写真、それも寝顔とか驚いてる時とか恥ずかしいやつ!)」

─────────────────

シャロ『あ゛あ゛あ゛あ゛』///(壁越し)

千夜「(不味いわ、写真隠すの忘れてた♪)」



130 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/15(土) 22:41:39.28 ID:9q69aJiq0
へんがお


千夜「にらめっこしましょ?」

シャロ「……唐突ね。嫌よ」

千夜「お願い!シャロちゃんが勝ったら肩たたき券byあんこをプレゼントするから!」

シャロ「いらないわよそんなもの!……別にやってもいいわ。券は死ぬ程いらないけど」

千夜「やった♪じゃあ始めましょう」

シャロ千夜「「にーらめっこしーましょ」♪」

シャロ千夜「「わーらうっとまっけよー」♪」

シャロ千夜「「あっぷっぷ!」」パシャパシャ!

シャロ千夜「「……えっ」」

シャロ「ちょっ、ちょっとなんであんたまで写真撮ってんのよ!」

千夜「シャロちゃんこそどうしてそんな事したの……?前は素直だったのに……」

シャロ「あんたも同じでしょうが!」




134 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/24(月) 07:46:38.70 ID:LwWrVCqo0
てらふぉーまー


千夜「キャッ、ゴキブリ!?」ビクッ

シャロ「ええ!?流石に私もゴキブリは嫌よ、怖いもの」

千夜「そんなこと言わないで、どっかにやってよシャロちゃん!私怖くて今日寝られないわ……」ガタガタ

シャロ「いくら千夜の頼みでも嫌なモノは嫌なの!とりあえず今日は狭いけどうちに来たら?ゴキブリは明日殺虫剤とかバルサンとか買って退治しましょ」

千夜「そ、それがいいわね。ありがとう」

バタバタバタバタバタバタ!!!!

千夜「キャッ!?……」ヒュッ────


バチィィッッッ!!


シャロ「千夜に触れるな」

千夜「ぁ……シャロちゃん…………?」

シャロ「鈍いわね、コイツ」

千夜「シャロちゃぁん!!ありがとう、ごめんねぇ!!」ガシッギュゥゥ

シャロ「はっ……!?ちょ、何抱きついて///………ピャッ!?私の腕になんか付いてるー!?」

135 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/24(月) 08:17:28.97 ID:LwWrVCqo0
あったか



シャロ「(今月キツイ!)」プルプル

千夜「………」


──────────────────


千夜「シャロちゃんいるー?おじゃまします」ガチャ

シャロ「まだ返事してないわよ!どうしたの?」

千夜「夕食作り過ぎちゃって。シャロちゃん食べてくれないかしら?」

シャロ「え、いいの?私ちょうど何も食べる物無くて困ってたのよ」

千夜「あら良かった!じゃあ今月いっぱいは作り過ぎてもいい?」

シャロ「……ありがと、千夜。でもそれは流石に悪いわよ」

千夜「気にしなくていいのよ?私がやりたいだけだから。寧ろ毎日作る?」

シャロ「気持ちはとっても嬉しいけど、あんまり迷惑かける訳にもいかないわ。だから遠慮するわね」

千夜「そう……じゃあいただきますしましょうか」

シャロ「うん!」


────次の日────

千夜「シャロちゃーんご飯作り過ぎちゃってー」

シャロ「結局来るの!?」

141 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/29(土) 23:43:09.60 ID:oYUAKpfF0
おさめまめ



千夜「シャロちゃんおはようございま~す」

シャロ「zzz……」スースー

千夜「(予想通りね。予定通り結構しましょう)」


──────────────────


シャロ「んん……む、んっ!?変な匂いが」ガバッ

納豆「やあ」

べちゃっ!


シャロ「…………」ベタベタネバネバ

千夜「シャロちゃんおはよう!刺激的な朝ね!」

シャロ「……状況を説明してもらえるかしら?」

千夜「(あれっ?怒った?)」

142 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/11/29(土) 23:48:27.37 ID:oYUAKpfF0
番外編


ハウトゥー仲直り



千夜「と、いうわけでシャロちゃんが口を聞いてくれないの」

ココア「それは……流石に擁護出来ないよ……何歩譲ってもそれは千夜ちゃんが悪いんじゃ」アセアセ

千夜「でも最近直ぐに起きてくれないシャロちゃんだって!」

ココア「いくらなんでも食べ物で遊んだり汚したりはタブーだよきっと!千夜ちゃん謝った?」

千夜「ええ、まぁ……でも許してはくれなかったわ」

ココア「うーん……シャロちゃん怒ってるだろうなぁ……そうだ!やっぱりシャロちゃんが喜ぶ事をしてあげれば!」

千夜「誠意を持つことが大事ね。わかったわ、やってみる」

ココア「(千夜ちゃん、いいなぁ……)」


146 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/02(火) 20:57:32.98 ID:HcT13VCaO
りそう


千夜「シャロちゃん一緒に寝ない?」

シャロ「狭いでしょうが……まぁ、どうしてもって言うならいいけど」

千夜「やった♪」


げんじつ



千夜「シャロちゃん一緒に寝ない?」

シャロ「えっ!?///ちっ、ちち千夜なに言ってりゅのよ!!///わっわっ私べっ別に布団なくていいし!寧ろ寝ないつもりだったし!!」プシュー

千夜「そう……」シュン



147 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/02(火) 21:13:30.03 ID:HcT13VCaO
番外編

デイオフカフェ



ココア「いい天気だなぁ……今日は何しよう」


コンコン


チノ『ココアさん居ますか?』

ココア「あっチノちゃん!開けていいよー」


ガチャ


チノ「あの……えと、今日は定休日ですが、ココアさんは何か用事がありますか?」

ココア「ううん、特に無いかなぁ」

チノ「じゃ、じゃあその……私と遊んでくれませんか?」

ココア「ほえっ!?」

ココア「うんうん!もっちろん良いよ!お姉ちゃんがいっぱい遊んであげるからね!」パァァ

チノ「(や、やった……!)」

ココア「リゼちゃんがね、最近チノちゃんが寂しそうだって言ってたんだー」

チノ「リゼさんそんな事を!?」///カァァ

ココア「寂しかったらすぐお姉ちゃんに言わなきゃダメだよ?」フンス

チノ「……はい!」


148 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/03(水) 00:27:52.57 ID:CjQ2wKIa0
遊びの天才



ココア「何して遊ぼうか?」

チノ「え?ええと……」

チノ「(あれ?今までココアさんと何して遊んでたんでしたっけ?ボトルシップ……じゃないですし、パズル?いやでもあの時は別に二人でやっていたわけでは……)」

チノ「……すいません。何も思いつかないです」

ココア「そっかぁ。じゃあお部屋でゴロゴロしようよ!」

チノ「ご、ゴロゴロ?折角の休日をゴロゴロに費やしていいのでしょうか……」

ココア「だって無理して動こうとしなくたって、楽しかったらいいでしょ?私はチノちゃんといると楽しいよ?」

チノ「楽しい……そうですね、楽しければいいんです」

ココア「決まり!じゃあチノちゃんの部屋でレッツゴロゴロ!!」



チノ「(私といる時も楽しんでくれるんですね。少しだけ、ほんの少しだけ嬉しいです)」


153 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/06(土) 07:16:49.61 ID:tLy3JZQz0
べつに



in シャロ宅


千夜「今日はごめんなさい!」

シャロ「別にいいわよ。もう過ぎた事だし」

千夜「お詫びに、シャロちゃんがして欲しい事を何でもするわ」

シャロ「な、なんでも?ホントに何でもなの?」

千夜「ええ。ほんとのほんとよ!!」

シャロ「じゃあ……(私と付き合って?そんなの言える訳ないじゃないの!)」

千夜「どうしたの?」

シャロ「うっうるさい!ちょっちょっとは考えさせなさいよぉ!」

千夜「じゃあ考え終わるまでここで待つわ!」

シャロ「あ……じゃああと2日くらい考えててもいいかな」//

千夜「あれ?私お泊まり確定?」

154 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/06(土) 07:59:58.27 ID:217E5sPjO
おむかえ


シャロ「うう……バイトは長引くし雨は降ってるし」

シャロ「傘忘れたし……帰れないじゃないの」

シャロ「寒……」ブルッ

シャロチャーン!

シャロ「えっ?」

千夜「はー、はー、やっと……着いた……」

シャロ「む……迎えに来てくれたの?」

千夜「うん。シャロちゃんかさ持って行って無いような気がして」ニコッ

シャロ「千夜……ありがと」

千夜「じゃあ帰りましょうか」

シャロ「待ってよ、私の傘は?」

千夜「ウフフ……何のために傘一本しか持ってきてないのかわかるかしら?」

シャロ「えっ?///」

千夜「帰るわよ♪」


160 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/07(日) 22:53:43.15 ID:+1aZx9Wu0
さでぃすと



千夜「シャロちゃん勉強教えてぇ~!」

シャロ「はいはい。何が分かんないの?確立?」

千夜「そうなの!どうして太郎くんは10回に7回もウサギに噛まれるのに4回も触ろうとするの!?まずそこからおかしいなと思うの!」

シャロ「そういう人間だっているのよ!特定のウサギだけだけど!……で、その問題はここがこうで……」

千夜「ふんふん……うん、あ、へぇ」

3時間経過───

シャロ「ねぇそろそろ休まない?」

千夜「ええ、そうね。こんなにぶっ通しで勉強したのって初めてかも……」

シャロ「あんたねぇ……一年生の勉強は3年間の土台になるんだから、疎かにしちゃダメよ?」

千夜「は、はぁい……」

シャロ「わ、わかんなくなったら教えてあげるから」//

千夜「うん、ありがとう!」

シャロ「(勉強教えてる時って、主導権握ってる実感が凄いのよね)」ゾクゾク

162 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/10(水) 21:05:13.71 ID:Vhng7NXe0
めろんぱそ




TV『冬のメロンパン感謝祭!ななんと!今なら当店人気ナンバーワンのメロンパンを含めた全種類のメロンパンが20%OFF!さらに!冬限定メロンパンも登場!………」

シャロ「……」キラキラキラ

千夜「シャロちゃ……どうかしたの?」

シャロ「う、ううん。なんでもない(余裕なんて無いんだから!安くたって無駄遣いはダメよシャロ!)」

千夜「あっ!メロンパンのCM見てたでしょ?」

シャロ「……そうよ、でも私別に食べたくなんか無いもん(冬限定かぁ……たべたいな)」

千夜「あらほんと?ならこのメロンパンは要らないわね」←冬限定メロンパン

シャロ「ピャッ!?ななななんでそれ持ってんのよ!?」

千夜「なんかー、食べたくなっちゃってぇ」

シャロ「ふ、ふーん」

千夜「でもシャロちゃんは別に食べたくないのよねぇ……私一人で食べちゃおっと」

シャロ「ぅぅ……」

千夜「美味しそうねえこのメロンパン!メロンパンメロンパンしてるわぁ!」

シャロ「はぅぁ……」ギュルルル

ぎゅむっ

シャロ「はむっ!?」モガモガ

千夜「なんてね♪本当はシャロちゃんに買ってきたのよ」

シャロ「ふぉ、ふぉんあふぁふいふぁふぉ!」モガモガ

千夜「いいのいいの♪シャロちゃんたまにはご褒美なきゃね!」

シャロ「ふぁ……ふぁひふぁふぉ……」///

シャロ「ゴクンッ、いきなり詰め込み過ぎよ!死ぬかと思ったわ!」

千夜「あらあら♪」

164 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/10(水) 21:45:35.57 ID:Vhng7NXe0

こし



千夜「そおいっ!そおいっ!」ベチンベチン

シャロ「……」カリカリ

千夜「そおいっ!そりゃあ!」ベチンベチン

シャロ「あ違う……」ゴシゴシ

千夜「ふんっ!はいっ!」ベチンベチン

シャロ「ココアまだかなぁ」

千夜「シャロちゃん、今私が何してるかわかる?」ベチンベチン

シャロ「蕎麦打ってるんでしょ?」イライラ

千夜「そうなの!テレビで見た蕎麦が美味しそうでつい、ね」

シャロ「だからって私に打たないでよ!痛いの我慢してるの!しかも麺を打つって言ってもベチンベチン打ち付ける事じゃないのよ!!」

千夜「そうなの?」

165 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/10(水) 22:13:45.05 ID:cCF5qINTO
えんひかり



TV『未成年の援助交際をどげんかせんと……』


千夜「絶ッッ対ダメよ!!?」

シャロ「何が!?」






ふくつう



シャロ「めちゃくちゃにお腹痛い……」ギュルルルル

千夜「じゃお風呂入りましょうか♪」

シャロ「はっあんた人の話聞いて」

イヤァァァァァ!オネガイマズハサキニトイレニイカセ…ヤメテッテバァァァ!

──────────────────

シャロ「………」


千夜「ごめんなさい、悪ふざけが過ぎたわ」

166 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/11(木) 00:33:43.96 ID:OIBASShL0
げいむ



千夜「好きって言われて照れたら負けね」

シャロ「わ、わかったわよ」

千夜「じゃあ私から。シャロちゃん、大好き」

シャロ「~~!」///カァァァ

シャロ「てっ、照れてる訳じゃないから!じゃあ次は私よ!」

千夜「ええ」ニコニコ

シャロ「えと、その、あの、すっすすすしゅき……」////

千夜「まあシャロちゃんたらかわいいっ!」ギュウゥゥ

シャロ「ああああああああ」/////



169 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/15(月) 22:29:46.35 ID:ytdakQZx0
きょうはく



シャロ「たぶん家の中にあるんだけど……」

千夜「家の鍵はしっかり管理しなきゃだめよ?悪い人に拾われたら大便よ」

シャロ「わかってるってば」

千夜「鞄の中とか探した?」

シャロ「再三探したわよ。でも無かった」


───15分後───


シャロ「あっ、あったわ!」

千夜「本当!?どこにあったの?」

シャロ「えーと……鞄の中です」

千夜「……へぇ」

千夜「貴女の目はどこについてるのかしら?」

シャロ「すみませんでした……」

千夜「ちゃんとお顔についてたらそんなとこ見落とさないわよね?常人なら」

シャロ「……」

千夜「シャロちゃんの目はどこにあるのかなー?ここかなー?」サワサワ

シャロ「……」

千夜「脱ぎなさい」

シャロ「っ……!」

千夜「脱いで私に拝ませなさい」

シャロ「すっ……すみませんっ……でひたぁ……っ……!」グスッ


170 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/15(月) 22:52:46.72 ID:ytdakQZx0
おし



千夜「シャーロちゃん♪」ダキッ

シャロ「な、なによ」///

千夜「脱ぎなさい」

シャロ「ひゃいっ!?」

千夜「脱ぎなさい」

シャロ「え、ちょ……千夜?」ビクビク

千夜「聞こえないの?脱 ぎ な さ い?」

シャロ「は、ハイィ………」グスッ

千夜「それじゃダメよ!そんなに押しに弱かったら一人で外を歩かせられないわ!」

173 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/27(土) 17:49:39.50 ID:5G8IOaZb0

だんぼう


シャロ「確かに寒いとは言ったけど」

シャロ「流石にずっと抱きつかれてたら暑いわよ……」///

千夜「あら、そう?じゃあ離す?」ギュー

シャロ「暑いけど離してなんで言ってないわよ!」

千夜「……今日は随分素直ねぇ……」ジュルリ

シャロ「(つつつつい本音が///)」


174 : ◆xpx6kET0yQi. 2014/12/27(土) 18:05:20.85 ID:5G8IOaZb0
みすていく



シャロ「あと50問……?そんなの今晩で終わるわけない」

ガチャッ

千夜「おじゃましまーす♪」

シャロ「ほんっとあんたは唐突にやってくるわね。悪いけど今宿題やってるから暇じゃないの」

千夜「あら?シャロちゃんが家で宿題やるなんて珍しいわね?」

シャロ「休み時間はせんだみ○おゲームに巻き込まれちゃって……宿題どころじゃなかったのよ」

千夜「手伝う?」

シャロ「いやいいわよ」

千夜「そんなこと言わないで。シャロちゃん眠そうじゃない」

シャロ「眠いけど……平気だから。気にしないで」

千夜「だーめ。早く終わらせて寝なさい?手伝うわ」

シャロ「……ありがと。いつか千夜のも手伝うわ」

千夜「ええ♪」


───翌日───


教師「あら、意外と基礎が脆いようですね」

シャロ「(何一つあってない……)」


177 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/01(木) 22:05:21.63 ID:S9Q+9blt0

こすもす


千夜「今日は一段と冷えるわねぇ」

シャロ「だったらわざわざ寒いうちに来ないで部屋に居ればいいのに」

千夜「ストーブ壊れちゃったのよ……」

シャロ「それはご愁傷様ね。……じ、じゃあ今夜は泊まっていく?暖房が無いよりはマシだと思うけど」

千夜「ありがとう。だけど厚着するから大丈夫よ」

シャロ「そ、そっか」シュン

千夜「あ……見て見てシャロちゃん、空」

シャロ「空?……なんか今日は凄く光ってるわね」

178 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/01(木) 22:17:06.10 ID:S9Q+9blt0
千夜「最近ずっと曇りだったからそう見えるのかもね。シャロちゃんは冬の大三角形って知ってる?」

シャロ「えぇ名前は知ってるわ。でもどれがどうかは忘れちゃった」

千夜「ふーん?私もよ」

シャロ「何よそれ……」

千夜「ウフフ」

千夜「……あのね、シャロちゃん」

シャロ「?何よ」

千夜「ストーブが壊れたなんて、嘘よ」

シャロ「は?それって……」

千夜「それだけ。じゃあね、おやすみシャロちゃん」

シャロ「おや、すみ……千夜」

バタン

シャロ「……えへへ」


179 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/01(木) 22:36:02.72 ID:S9Q+9blt0
みれん



千夜「もうそろそろお正月よ」

シャロ「あっという間だったわ……バイトしてると一日が物凄い速度で終わるもの」

千夜「シャロちゃんは人一倍忙しかったもんね。……そうだ!今年の内に何かやり残した事をしない?」

シャロ「しない、ってやり残した事なんて無いわよ。いや……あるかも」

千夜「今年への未練を無くして、気持ち良く新年を迎えたいわ。シャロちゃんのやり残した事って何?」

シャロ「言わない」

千夜「えー何で?」

シャロ「言わない物は言わない!千夜こそ何をやり残したのよ」

千夜「わ、私のはくだらない事だから……言えないわ」

シャロ「えー気になるじゃない」

千夜「来年こそするって決めたの!だからまだ教えないっ」

シャロ「今年中にやるって言ったの千夜じゃないの……」

180 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/01(木) 22:49:43.94 ID:S9Q+9blt0
番外編

Happy new year!



ココア「あと少しで年が明けるよ!」ソワソワ

チノ「はしゃぎ過ぎですココアさん」ソワソワ

ココア「チノちゃんは何をしながら年を越したい?」

チノ「何をしながら……ですか」

ココア「うん!去年私は無難に逆立ちで年を越したよ」

チノ「それが無難ならココアさんと年は越せそうにないです」

ココア「えぇっ逆立ちが普通じゃなかったの!?私の周りは大抵逆立ちで過ごそうとしてたんだけど……」

チノ「普通よくあるのはジャンプして空中で越そうとするのではないですか」

ココア「何それ初耳だよ!ていうかそれいいね!今年は空中お正月で決まりだね」

チノ「あ、安直です……」

ココア「空中だなんてはっそうはなかったよってああああ!?」

チノ「どっどうしたんですか?」ビクゥ

ココア「もう年越してる……」

チノ「……明けましておめでとうございます」

183 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/02(金) 06:29:26.83 ID:s7vmVlWOO
ふぁーすとえご


千夜「あともうちょっとで新年ね!」

シャロ「新年かぁ……去年ほど変化は無いんだろうな」

千夜「2年生に進級するくらいしかないものね。でもリゼちゃんは3年生で受験が……」

シャロ「受験勉強に本腰を入れ始めたらやっぱりラビットハウスも辞めちゃうのかなぁ、先輩」

千夜「仕方ないわ。自分の将来に大きく関わる事だもの」

シャロ「ココアもチノちゃんも寂しがるでしょうね」

千夜「……そういえば、シャロちゃんがチノちゃん達と親しくなったのはココアちゃんのお陰だったわね」

シャロ「まぁ、否定はしないわ」

千夜「ココアちゃんに会った日まではリゼちゃんのこと天々座先輩、なんて呼んでたんでしょ?感謝しなきゃ」

シャロ「うん」

184 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/02(金) 07:02:40.02 ID:s7vmVlWOO
千夜「あっでもそれだとなんだかココアちゃんをパイプ役としか見てないみたい……キューピッドね!ココアちゃんは」

シャロ「ん……(寝たふりしてみたらどう反応するかな)」

千夜「あれ?シャロちゃん寝ちゃった?おーい起きなさーい」ユサユサ

シャロ「zzz…(逆立ちは嫌だしね)」

千夜「完全に寝てるわ……」

テレビ『5、4、3、2、1、うわぁぁぁ!新年だぁぁぁ!』

千夜「んもう、二人で逆立ちしながら年越ししたかったのに」

千夜「……シャロちゃんが悪いのよ。だから我儘させて……去年やり残した事」


チュッ


千夜「今年もよろしくね。シャロちゃん」




191 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/07(水) 01:07:09.92 ID:HLXTs6Th0
よあけぜよ


シャロ「んむ………ぅ」ムクリ

千夜「あら起きた?あけましておめでとう、シャロちゃん」

シャロ「…あけましておめでとう千夜」ボー

シャロ「(昨日の記憶が曖昧だわ……えーとココア達の話して私が寝たふりをして……)」

シャロ「(あれ?そのまま寝ちゃったのかな。そこから記憶ないや)」

シャロ「……ところでその大量の缶コーヒーの空き缶は何?」

千夜「ああえっとこれは、れっ冷蔵庫にあったらシャロちゃんが間違えて飲むと思ってね?だから飲んだのよ!」アセアセ

シャロ「ふーん?(頭ガンガンする…)」


194 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 20:09:10.48 ID:A59aPaYs0
わたしのだんぼう



シャロ「ねぇ千夜」

千夜「なぁに?」

シャロ「寒い」

千夜「厚着したら?この季節にシャツ一枚じゃ風邪ひいちゃうわよ?」

シャロ「ん……そうだけど」

千夜「ほら、カーディガン着せてあげる」

シャロ「ありがと。で、でもね、そうじゃなくて」

千夜「どういうこと?」

シャロ「えと……いやっやっぱりなんでもないっ!」(ギュッてされたかった…!)プイッ

千夜「?変なシャロちゃん」

195 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 20:22:48.20 ID:A59aPaYs0
番外編
休日の休息


ココア「お正月休みも終わって、いよいよ学校が始まるね」

チノ「そうですね。生活リズムも本格的に直さないと大変ですよ?」

ココア「うう……明日は早起きするもん!お姉ちゃん今決めたから!」

チノ「はい、頑張ってください」

ココア「学校かぁ……友達に会えるのは楽しみだけど、やっぱり勉強は憂鬱だなぁ」

チノ「ココアさん学校でも寝てるようですし変わりないじゃないですか」

ココア「全然違うよ!だって今こうやって好きな時にチノちゃんをモフモフできるけど」モフモフ

ココア「学校に行ったら机しか居ないんだよ!?机じゃカチカチだもん」モフモフモフモフ

チノ「確かに机はカチカチですね。わかりましたから取り敢えず離れて下さい。邪魔です」

ココア「邪魔なんて言わないで!貴重な補給時間なの!」

チノ「結局学校が始まっても夜モフモフするじゃないですか……」

ココア「それとこれは別だよ!」



196 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 20:36:04.97 ID:A59aPaYs0
番外編

熱くも儚い恋心


リゼ「ついにこの日が来た……私が親父に告白する日!」

リゼ「鈍い私に私自身の本心を気づかせてくれた千夜に感謝しなきゃな」

リゼ「しかし、如何せん不安だ……そもそも親父は私を女としては見ていないだろう」

リゼ「……悔しいが怖気付いてしまった……誰かに相談しようか?」


──甘兎庵──


リゼ「と、いうことなんだが」

シャロ「は、はぁ……」

リゼ「どう思う?やはり玉砕覚悟で告白すべきなのだろうか」

シャロ「あの、一つ聞きたいんですけど……リゼ先輩って前ワインのお詫びにってワイングラスをご両親に購入されてましたよね?」

リゼ「ああ。シャロにも付き合って貰ったな」

シャロ「その時リゼ先輩、お父さんとのペアグラスは流石に嫌だっておっしゃってませんでしたっけ」

リゼ「あっ当たり前だ!勿論今でも嫌だ」

シャロ「じゃあそれって恋じゃないんじゃ……」

リゼ「…………確かに」


千夜「(何話してるのかしら、楽しそう♪)」




197 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 20:53:28.08 ID:A59aPaYs0
かたたたき



千夜「うーん」

シャロ「どうしたの?」

千夜「肩が痛くてね……お正月メニューが好評なのは嬉しいんだけど忙しくて」

シャロ「仕方ないわね、肩揉んであげる」

千夜「あら、お願いしていいかしら!」

シャロ「このくらいいつでもいいわよ。ほらこっちに背中向けて」

千夜「実はこれを期待してたんだけどね♪」

シャロ「なによそれ」


シャロ「千夜?」

千夜「んー?あぁそこ良いわぁ…」

シャロ「……いつもありがとうね」


198 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 21:03:00.35 ID:A59aPaYs0
ゆううつ



シャロ「(学校……面倒だなぁ)」

千夜「どうしたの?シャロちゃん元気ないわ」

シャロ「別に……学校行きたくないなって思って」

千夜「なっ、シャロちゃん学校で何かあったの!?……まさか、無いと思うけど……」

シャロ「……千夜に心配される事じゃない。行ってきます」

千夜「だ、大丈夫かしら……」オロオロ


──────────────────


モブB「あっシャロあけおめー!」

シャロ「うん、あけましておめでとう」

モブA「あけましておめでとうシャロさん。ところであの方とはどうなの?」

モブB「そうだよ進展したの?何回チューした?」

クラスメイト「「桐間さんに想い人?」」「「イケメンかな」」「「相手が女の子だって噂が」」ザワザワ…

シャロ「こうなるから嫌なのよ!!」


199 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/14(水) 21:19:57.06 ID:A59aPaYs0
番外編
DayDream Bar



青山「あけましておめでとうございます、タカヒロさん」

タカヒロ「あけましておめでとう、青山君」

青山「今年は特に時間が速く過ぎ去った気がします」

タカヒロ「そうだね……うちもココア君が来てくれたし、従業員が二人増えたしね」

青山「今年もお世話になります」

タカヒロ「小説との両立は上手くいっているかい?」

青山「それはぼちぼち、と言った所ですかねぇ」

タカヒロ「ハハ、無理はしないようにね。じゃあはい、これ」

青山「……お年玉?無理です!頂けません!ただでさえご迷惑をおかけしているというのに」

タカヒロ「迷惑だなんてとんでもない。もううちの店の大切な仲間じゃないか」

青山「仲間……そう思えて頂けてとても光栄です。お年玉は、気持ちだけ頂くという事で……」

タカヒロ「遠慮しなくていいよ。これは俺が勝手にしたい事だからね」

青山「で、ではお言葉に甘えて……」ホッコリ

タカヒロ「今年もよろしくね」ニコッ


205 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/01/27(火) 22:02:11.08 ID:mRDG0OMJO
とろがお



シャロ「ふあ~ぁ…んん……」

千夜「えいっ」パシャッ

シャロ「……えいっ、じゃないわよ。恥ずかしい所取らないで!//」

千夜「だってシャロちゃんの眠くてトローンとした顔可愛いんだもの」

シャロ「も、もう……」

千夜「ん?トローンとした顔……トロ顔?」

千夜「そうよ、トロ顔よ!」

シャロ「はぁ?」

千夜「シャロちゃん!シャロちゃんのトロ顔を見せて!!」ガシッ

シャロ「と、トロ顔って何!?」

千夜「シャロちゃんはじっとしてればいいの……さあ動かないで」ワキワキ

シャロ「い、いやあぁぁぁ!!」



209 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/08(日) 23:24:50.29 ID:Abd8Zin30
じご



千夜「シャロちゃん豆撒きしましょ!」

シャロ「めんどくさいわよ」

千夜「あー、そんなこと言ったら豆"剥き"にしちゃうわよー?」

シャロ「何よそれ……私宿題あるから今年はやらないってば」

千夜「もぉーシャロちゃんたら!節分は年に一度しかないの!」

シャロ「なら千夜がやってればいいじゃない……見てるから」

千夜「!!……じゃあ私がシャロちゃんの豆"剥き"するから、黙って見ててね?」

シャロ「私の豆撒きって何よ」

千夜「ウフフフフ………」


千夜「(この後滅茶苦茶豆"撒き"した)」

シャロ「そういうのは早いから!!」//

212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:15:49.13 ID:MrUEeWN20
番外編
あなたを驚かせたいから



シャロ「おじゃましまーす」

ココア「いらっしゃいシャロちゃん!」

チノ「いらっしゃいませ」

シャロ「ごめんね、急にキッチン貸してなんて言って」

チノ「気にしないで下さい。私達も作るので一緒に作れた方が楽しいですから」

ココア「でもいいの?毎年千夜ちゃんと作ってたんでしょ?」

シャロ「それはそうなんだけど……たまには千夜にどんなチョコなのか秘密にして渡したいと思って」

ココア「……そっか。千夜ちゃん喜んでくれるといいね!」

213 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/17(火) 19:31:09.47 ID:MrUEeWN20
にりょくかんのまさつ



シャロ「(千夜、喜んでくれるかな)」

シャロ「(今年はどんなのにするか話してないから驚くかな)」

シャロ「(うう……渡すの恥ずかしい……)」


千夜「あっシャロちゃん……」

シャロ「っちち千夜!えっとええっと、ちょ、チョコ受け取って!///」アタフタ

シャロ「(なんで私こんな上がっちゃうんだろう……はぁ)」

千夜「あら、ありがとう。じゃ私もはいこれ」スッ

シャロ「う、うん。ありがと」

千夜「それじゃまた明日ね、シャロちゃん」

シャロ「あ、じゃあね……」

シャロ「(なんか元気無さそうだった……?)」

218 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 20:23:27.12 ID:qVKHvKIE0
りあらいず



シャロ「行ってきます」

千夜「うん、行ってらっしゃい……」

シャロ「(昨日会った時から元気ないなあ……)」


──放課後──


ココア「あ!シャロちゃーん!!」タッタッタッ

シャロ「あらココアじゃない」

ココア「千夜ちゃんにチョコ渡したんでしょ?どうだった?」

シャロ「あー……それがね、なんだか元気無いみたいで」

シャロ「渡した時も、今朝も暗い感じだったわ」

ココア「ええー?千夜ちゃんバレンタイン楽しみにしてるって言ってたのに……」

シャロ「バレンタインの何を楽しみにしてたのかしら?」

ココア「毎年チョコを作るのが楽しみだって言ってたよ!」

シャロ「ふーん?」


220 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 20:28:51.28 ID:qVKHvKIE0
りぐれっと



シャロ「私もチョコ作りは楽しかったな。今年もそうだけど、去年も……」

シャロ「(あれ)」

ココア「やっぱり友達と協力して何かを作るって楽しいよね!あ、でもチノちゃんはボトルシップあんまり手伝わせてくれないんだ……」

シャロ「(そうだ、友達と作るから楽しかったんだ……去年は?去年までは千夜と一緒に)」

シャロ「(………千夜はそれが楽しみだった?)」

ココア「それでねー、私が間違えて瓶の外で船を完成させちゃったからチノちゃんが」

シャロ「ごめんココア!!私急いで帰らなくちゃ!」

ココア「えっそうなの?わかった!またねー」

シャロ「うん、じゃあね!」

シャロ「(待っててね、千夜……!)」

221 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 20:37:59.53 ID:qVKHvKIE0
りぺんと



シャロ「(今日は奇跡的に定休日だった筈!)」

シャロ「おじゃまします、千夜いる!?」カララン

千夜「ひゃっ!……んもう、びっくりさせないでよシャロちゃん」

シャロ「千夜今暇でしょ!台所行くわよ!」

千夜「ひ、暇だけど……ちょっと走ったら転んじゃうわよー!」

──────────────────


千夜「どうしたの一体?」

シャロ「チョコを作るのよ」

千夜「チョコを……?何言ってるのシャロちゃん、バレンタインはもう終わったのよ?」

シャロ「それはもういいの!……いや良くないんだけど……」

千夜「それにもうシャロちゃんからも貰ったじゃない。美味しかったわ」

シャロ「でもあのチョコは……」

シャロ「千夜と作ったチョコじゃないでしょ……?」

222 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 20:46:44.96 ID:qVKHvKIE0
千夜「っ…!うん……」

シャロ「まだ今年は千夜と一緒にチョコ作ってないから今作るの」

シャロ「毎年の楽しみはちゃんとやらなきゃいけないの」

シャロ「私、千夜が本当に楽しみにしてた事がわかってなかったみたい」

シャロ「でも気がついたの。千夜が楽しみにしてた事」

シャロ「それを勝手な考えで踏みにじっちゃってごめんね」

シャロ「私考えたの。もし私と千夜の立場が逆だったら……きっと今の千夜よりも落ち込んでたと思う」

シャロ「だから……だっ……がらぁ……」グス

シャロ「千夜と…っ、チョコ…っ…作りたいっ……の……!」ポロポロ

千夜「シャロちゃん……ありがとう。一緒にチョコ、作りましょう?」ニコッ

シャロ「!……っ~~ぅぅ、うああぁぁん!!ふぐぅぅ……わたし、わたしはっ、ちやを、驚かせようとしてっ…ひっく」ポロポロ

千夜「気にしなくていいのよ。シャロちゃんが心配してくれてたってだけで私は凄く嬉しいから」

シャロ「ぅぅ……ひっく……」グス

千夜「さあもう泣かないで。一緒にチョコ作ってくれるんでしょ?」

シャロ「千夜……うんっ!」ニコッ

223 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 21:12:35.58 ID:qVKHvKIE0
ゆでないもち


千夜「ねえシャロちゃん」

シャロ「ん、なによ?」

千夜「私さっきシャロちゃんがくれたチョコ美味しかったって言ったじゃない」

シャロ「言ってたわね」

千夜「実はまだ食べてないの」

シャロ「は?どうして食べたなんて言ったのよ」

千夜「……私ね、妬いてたの。シャロちゃんが他の友達とチョコ作ってた事に」

千夜「だから貰ったその日はなんか意地になっちゃって、中身も見ないでしまっておいたのよ」

シャロ「う……ほんとにごめんね?」シュン

千夜「……うふふ」

千夜「シャーロちゃん♪」ピトッ

シャロ「ひゃっ!きゅ、急に抱きつかないでよ」///

千夜「シャロちゃんかわいいーっ!」ギュウウウ

シャロ「なっなにしてんのよ///!失敗しちゃうでしょーが!」

千夜「モフモフーっ♪」

シャロ「ひあぁ……///」

228 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 22:33:30.06 ID:qVKHvKIE0
とっくん


千夜「カフェインをちょっとずつ摂取して耐性を付けます!」

シャロ「意味ないと思うんだけど……」


──────────────────


シャロ「フゥー!ティーカップジェンガ早くやろーよー千夜ってばぁー!!」

シャロ「そぉれ!あぁー倒れちゃったー」キャッキャッ

千夜「(酔いが覚めたらシャロちゃんに殺されるわ───!)」ガクガクブルブル

230 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 22:54:33.42 ID:qVKHvKIE0
番外編
それってただの船の模型


チノ「絶好のボトルシップ日和です……!」

チノ「部屋に射す柔らかな日光」

チノ「春の薫りを運んでくるさわやかな風……!」

チノ「何隻でも作れそうですね。では組み立て前のものを持ってきます」

ココア「う、うん(今日は気合い入ってるなぁ)」

ココア「あれ?ここにも組み立て前の船がある」

ココア「……ちょっとだけ!ちょっとお手伝いするだけだから!」ウズウズ


──────────────────


チノ「しまっていた場所を忘れてしまっていたので探すのが大変でした……なっ!?」

ココア「あっチノちゃん!?え、えへへ……どうしても作りたくなっちゃって」

チノ「それは元々ココアさんにも作ってもらおうとしてたものですからいいのですが……」

ココア「よ、よかったぁ……」

チノ「ですがボトルシップなのに瓶の外で作ってしまうなんて……」

ココア「あっ」

231 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/18(水) 23:45:26.92 ID:qVKHvKIE0
あまやどり


ワイルドギース「……」ビショビショ

シャロ「どうしたのずぶ濡れになって?」

ワイルドギース「っ!」シュタタタ

シャロ「ちょ、ちょっと!外は大雨よ!」


──────────────────


シャロ「んもう、何よ……」

ワイルドギース「!」

シャロ「え?しまった、小屋が雨漏りしてる……ごめんねすぐ気がつかなくて。お、おいで」

ワイルドギース「♪」


シャロ「で、いつあんたは家に入ってたの」

千夜「おじゃましてます♪今よ!」

千夜「ワイルドギースびしょしょだけどどうかしたの?」

シャロ「小屋が雨漏りしちゃってるみたいで……怖いけど今日は家に入れるわ」

千夜「なるほど……」


──明くる日──


千夜「部屋が雨漏りしちゃって……」ビショビショ

シャロ「(今日は晴れなのに……)」




235 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/19(木) 21:16:23.64 ID:ysjHjafZ0
もてあます



千夜「シャロちゃん私暇なの」

シャロ「ふーん」

千夜「何かしましょうよ」

シャロ「あとちょっとで読み終わるから少し待って」

千夜「えー今がいいー」

シャロ「あと少しだから……」

千夜「むー」ツンツン

シャロ「つんつんやめて」

千夜「フフ♪」ツンツン

シャロ「ん……」

千夜「ふぁーあ……」

シャロ「……」

千夜「……zz」ポスッ

シャロ「//っ、ちょっと何……寝てる」

千夜「zzz」

シャロ「調度読み終わっちゃったし……起きたら私が構って貰おうかな」

シャロ「(千夜、あったかい)」


236 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/19(木) 21:27:08.36 ID:ysjHjafZ0
ぬーどる



千夜「もうシャロちゃんったら、昨日もお昼ご飯カップ麺だったわよね?」

シャロ「今月無駄遣いしちゃったから危ないかもしれないのよ……自業自得だけど」

千夜「だからご飯くらいうちに来れば食べさせてあげられるのにって言ってるでしょ?いっそ親御さん帰ってくるまで居候しない?」

シャロ「ありがたいけどおばあちゃんに迷惑かけちゃうから遠慮するってば」

千夜「じゃあせめて今日の晩御飯を作らせて?」

シャロ「そ、そこまで言うなら別にいいけど」

シャロ「……ありがと」

千夜「ええ♪」

──────────────────


千夜「召し上がれ♪」

シャロ「(どうして昼の流れからラーメンになるの?)」

シャロ「いただきます……あっすごく美味しい」

237 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/19(木) 21:40:34.89 ID:ysjHjafZ0
ふろあがり



千夜「シャロちゃんおいでー」

シャロ「ん」

千夜「フーフフーフフンフンフン♪」ブオオオオー

シャロ「私も千夜みたいにストレートな髪が良かったなぁ」

千夜「そお?私はシャロちゃんのフワフワの髪大好きよ」

シャロ「私だって千夜のサラサラの髪が好きよ……(なんかこれ照れ臭いわね///)」

千夜「でもきっと、私はシャロちゃんがフワフワの髪じゃなくても好きだと思うわ!」

シャロ「なんで?」

千夜「シャロちゃんの髪だからかな?ウフフ♪」

シャロ「(それって私が好きって事?あいや好きなのは髪か……えっでも私だから好きってあわわわわ)」///

243 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 21:22:27.65 ID:ikNbY7zB0
ましょう



千夜「シャロちゃんお昼寝するの?」

シャロ「夕方からバイトだから寝ておこうと思って」ベッドin

千夜「あら、がんばってね」ベッドin

シャロ「……なんで当たり前の様にベッド入ってきてんのよ」//

千夜「すぅー、はー、すぅー…」

シャロ「だっだから匂いを嗅ぐなぁっ!///」

千夜「良い匂い♪」スーハー

シャロ「ぅぅ……////」

千夜「……」スゥー

千夜「……!!」バッ

シャロ「っ!?」ビクゥ

千夜「あ、あんまり睡眠の邪魔しちゃ悪いからそろそろ帰るわね!またねー」アセアセ

シャロ「えっ?う、うん……」

シャロ「(もしかして臭かったの!?)」ガーン

千夜「(ちょっとムラッとしちゃった……危なかったわ♪)」

244 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 21:26:35.12 ID:ikNbY7zB0
あたりまえ



シャロ「ピャッ!?」

千夜「どっ、どうしたの!?」

シャロ「おにぎりのアルミホイルまで食べちゃったみたい。うえぇ」

千夜「そうだったの……あれ痛いわよね」

シャロ「そうなのよ。なんで金属噛んだら痛く感じるのかしら?」

千夜「フォークなんかも噛んだら痛いわ」

シャロ「そりゃ硬いもの」


245 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 21:34:47.50 ID:ikNbY7zB0
みずはね



千夜「トイレにラップを貼ってみました」

シャロ「何の為なのか本気で理解できないんだけど」

千夜「イタズラに理由なんて必要かしら?」

シャロ「それをネタバレしちゃ意味なくない?」

千夜「まあなるようになるわよ」フフ


──────────────────


シャロ「なるようになっちゃったじゃないの……どうしてくれるのよ……」

247 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 21:44:29.73 ID:ikNbY7zB0
にかいから



シャロ「いや、目薬くらい自分で差せるってば」

千夜「いいからいいから♪はい、寝っ転がってー」

シャロ「膝枕なんかしなくても……」

千夜「じゃあまず右目から差すわね」

シャロ「ん」

千夜「いくわよー」

シャロ「……」

千夜「……」

シャロ「は、早く差しなさいよ」

千夜「散々焦らしてからいきなり差した方が驚くでしょ?」

シャロ「なにそれめんどくさい……」

千夜「それっ」ピッ

シャロ「ピャッ!」

250 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 22:39:32.61 ID:ikNbY7zB0
ぷらいど



千夜「シャロちゃんお風呂の栓抜いてきてくれるー?」

シャロ「はいはーい、……えっ」

あんこ「……」

シャロ「(なんでこいつがお風呂の前に居るの!?)」

シャロ「あ……あれをやるしかないって事……?」

──────────────────

千夜「シャロちゃん抜いといてくれたー?って」

シャロ「どいて下さい!お願いします!お願いします!!」ドゲザ

あんこ「……」

千夜「やめて!最低限のプライドは強く持って!」ヒシッ

251 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/21(土) 23:04:16.39 ID:ikNbY7zB0
こくふく



シャロ「くっ……ぅぅ………」ソーッ

うさぎ「?」

シャロ「あと少し…あと少し」プルプル

うさぎ「♪~」ピトッ

シャロ「!か、噛まないわよね……」

シャロ「(ほ、頬擦りしたらもう怖くなくなるかな?)」

シャロ「(誰も見てない……今しかない!)」

シャロ「くぁぁぁ………」スリスリ

うさぎ「♪♪」

千夜「(あのうさぎ私と替わって貰えないかしら)」

254 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/23(月) 21:38:37.82 ID:mrYiHEew0
きづく



千夜「あら、シャロちゃん髪切った?」

シャロ「え?あ、うん」

千夜「へぇ~可愛いわね♪」

シャロ「べ、別に変わんないわよ//」

シャロ「(アホ毛を1本切っただけなのに普通気がつくかしら…?)」

255 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/02/23(月) 23:12:07.51 ID:mrYiHEew0
くあとろぶれいかー


千夜「この板チョコ美味しいらしいわよ?」

シャロ「へー。そういえばクラスの子も言ってたわね」

千夜「全部割っちゃうわよ~」

シャロ「うん」

千夜「そんなに違うのかしら」パキッパキッ

シャロ「ちょっ、ちょっと待って!?なんで2回折っただけで全部割れるの!?」

千夜「え?普通じゃないかしら」

シャロ「どうやってるのよ」

千夜「こう、クイッと」クイッ

シャロ「そんな技どこで身につけるの……」

256 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/02(月) 19:50:47.87 ID:fd6ca48L0
えいぎょうぼうがい



千夜「シャロちゃんあーん」

シャロ「………」

千夜「どうしたの?あーん♪」

シャロ「……もう外でこういう事しないって言ったばっかりでしょ」

千夜「こういうことって?」

シャロ「だっ、だからその、あーんとかギュッてしたりとか……」///

千夜「でも家ではあーんとかギュッてしたりしていいんでしょ?」

シャロ「そうよ……って違う違う!家でもするな!///」

シャロ「………適度にならいいけど?///」

千夜「もーシャロちゃんったら素直じゃないんだから♪」ギュウゥゥゥゥ

チノ「(気が散ります……)」

257 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/02(月) 20:15:20.38 ID:fd6ca48L0
いきもの


シャロ「千夜大好きー☆」ガシッ

千夜「うんうん。私も大好きよ」

シャロ「何するー?頭撫なれる?頭なれなれして!」

千夜「はいはい撫で撫で♪」ナデナデ

シャロ「ぅいやったー!!わらひ千夜のお嫁しゃんになるー!」

千夜「(幼稚園児の相手してるみたい)」

シャロ「えへへ、千ー夜ぁ♪」ニコニコ

千夜「(なにかしらこのかわいいいきもの)」


260 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/02(月) 23:08:40.03 ID:fd6ca48L0
おぼえてない



シャロ「ねえ、私が酔ってる時にするようなことしてよ」

千夜「あらいいの?シャロちゃん素面だと恥ずかしがり屋さんだから無理じゃない?」

シャロ「恥ずかしい事してるの……?」

千夜「微妙ってところかしら?ほーらシャロちゃんおいでー」

シャロ「……は?」

千夜「ほらほら、おいでー」

シャロ「ちょっと待って。酔ってる時の私はそういう扱いなの!?」

千夜「ええ。幼稚園児みたいで可愛いのよ~。でもこれ以上の事はしてないわ、安心してね」

シャロ「……するなら酔ってない時にしてよね」ボソッ

千夜「ん?」

シャロ「なんでもない!!」

261 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/02(月) 23:28:38.32 ID:fd6ca48L0
つきにさんかい



千夜「どこをどう厳しく見てもシャロちゃんて可愛いわよね」

シャロ「そういうのは聞かないから!」///

千夜「すぐ顔が赤くなっちゃうのも可愛い♪」

シャロ「……ぁぅ…」///プシュー

千夜「本題に入るけど、シャロちゃんてよく男の子から告白されたりしてないの?」

シャロ「うーん……正直な話、かなりされてると思うわ。全部断ってるけど。……自慢なんかじゃないわよ?」

千夜「わかってるわよ。だって男の子には興味無いものね?」

シャロ「そりゃあね。だって千夜じゃな……んでもない!なんでもないから!!」

千夜「??(やっぱりシャロちゃんはレズなのかしら?)」

シャロ「ち、違……あれ?別に違く無い?あいや忘れて!今のは忘れて!」

千夜「な、なんで焦ってるのかしら」


262 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/04(水) 00:35:04.44 ID:UIfuO2j00
ねこ



千夜「ネコには撫でられると嬉しい所と嫌な所があるのね……シャロちゃんはどうなのかしら」


─頭─

千夜「♪~」ナデナデ

シャロ「な、なによぅ……///」


─腕─

シャロ「や、だから何やってるの」


─胸─

シャロ「んもうやめてよ!!///」


─腹─

シャロ「くすぐったいってば。……ん、何か変な感じする……?まっ待って!それ以上やめ」


─脚─

シャロ「どうしたの?今日なんか千夜おかしいよ……」


千夜「(どこを撫でても喜んでくれました)」


263 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/06(金) 23:53:12.80 ID:+Ra8lW9p0
番外編
羨ましい



リゼ「でさーチノがココアにラリアットを喰らわせて」

千夜「私達が帰った後にそんなことが……あら、電話だわ。ちょっとごめんね」

リゼ「ああ」

千夜「はいシャロちゃん。どうしたの?」ピッ

シャロ『シャンプーそろそろ無くなるわよね?買って行くわよ』

千夜「あらありがとう!お代は後で渡すわね」

シャロ『毎日お世話になってるんだからそれくらいいいわよ。じゃあね』

千夜「うふふ、またね」ピッ

リゼ「シャロがどうかしたのか?」

千夜「シャンプー買ってきてくれるって言ってたわ」

リゼ「ん?なんでシャロが千夜にシャンプーを?」

千夜「シャロちゃんに毎日お風呂貸してるからわかるのよ。しっかり屋さんで助かるわ♪」

リゼ「ま、毎日友達の家でお風呂……(羨ましい……)」

千夜「あらリゼちゃんも来る?」

リゼ「べっ別に羨ましくなんかないぞ!?……きょ、今日だけいいか?」

千夜「ええ♪シャロちゃんも喜ぶわ!」

264 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/07(土) 00:03:27.40 ID:6rjXrQre0
番外編
お姉ちゃん



チノ「ココアさん、入ります」コンコン

ココア「どうぞー。どうかしたの?チノちゃん」

チノ「その……怖い夢を見てしまって……きょ、今日は一緒に寝てもいいですか?」

ココア「いいよ!!お姉ちゃんと一緒なら怖くないからね!!」キラキラ

チノ「あ、ありがとうございます。…失礼します」

ココア「んんーチノちゃんモフモフ!最高の抱き枕になるよ♪」

チノ「今日だけは抱き枕でいいです(すごく落ち着く……ココアさん)」

ココア「くー……くー………」

チノ「(滅茶苦茶早いです)」

265 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/07(土) 00:17:51.41 ID:6rjXrQre0
番外編
制裁



ココア「昨日チノちゃんがねー怖い夢見ちゃって一人で寝れなくなったから私のとこに来て一緒に寝たんだ!」

千夜「うんうん」

ココア「でね、私が寝る直前は私がチノちゃんを抱き枕にしてたんだけど」

シャロ「チノちゃん寝にくいでしょ」

リゼ「暑そうだな……」

ココア「でもね!朝目が覚めたら、逆に私が抱き枕にされてたの!」

千夜「あらー」

ココア「それでなかなか起きてくれないからとりあえずベッドから出ようと思ったんだけど、全然離してくれなかったんだ。しかも寝言で私の名前を呼ぶの!」

シャロ「(あ、これはもしや)」

千夜「まるで昔のシャロちゃんみたいね♪」

シャロ「言うと思ったわよ!だから昔の事を言わないでって言ってるでしょ!?///」

リゼ「(っ!?チノの気配!)」

チノ「……何の話ですか?ココアさん」

ココア「ひぇっ!?チノちゃん……!」ギクッ

チノ「とりあえず千夜さんシャロさん、もう外が暗いですし、今日はもうお帰りになった方が」

シャロ「うわっほんとに真っ暗ね」

千夜「じゃ、じゃあ私達はこれでー」

チノ「はい。さようなら」

ココア「ま、またねー……」

チノ「では、ココアさん」

リゼ「わ、私も帰るぞ」

チノ「では目を瞑っていて下さい……」

──────────────────

リゼ「(チノはなかなか攻撃力があるんだな)」


268 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/18(水) 01:40:48.51 ID:N1NORRmW0
すわりなさい



シャロ「雨止んで良かったぁ」

リゼ「ずぶ濡れになる必要は無さそうだな」

千夜「そうね~」

千夜「(リゼちゃんとお出かけできて良かったわね、シャロちゃん♪)」

リゼ「そのお店千夜は行った事あるんだよな?」

千夜「ええ。きっと二人とも楽しめると思うわよ!」

シャロ「(先輩も楽しめる雑貨屋って、銃器とか……?)」

リゼ「ええっとあれだよな、千夜……って(自転車……?不味い、水たまりを通る)」

リゼ「避けろ!」グイッ

シャロ千夜「!?」

バシャッ

シャロ「……」

千夜「……」

リゼ「あぁ……」ビショビショ

シャロ「(リゼ先輩やっぱりカッコイイ……)」


──────────────────


シャロ「だからなんで元気ないのよ」

千夜「いいもん別にいいもん」

271 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:30:56.88 ID:sttWdTCR0
へいわ



シャロ「こんなとこで寝たら風邪ひくわよ。起きなさいってば」

千夜「……zz」

シャロ「もう……布団かけとこうかしら」

千夜「んん……」

シャロ「あっ起きた?」

千夜「うふふー、しゃろちゃーん……」ガシッ

シャロ「ひゃうっ!?」

千夜「えへへぇ………」zzz

シャロ「(腕ごと抱きつかないでよ……私が抱きつけないじゃないの)」///

272 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:31:34.93 ID:sttWdTCR0
かみかぜ


シャロ「おじゃましまーってひやぁぁ!!///」バサバサ

千夜「あらシャロちゃん早いわね!さあ上がって上がって」

シャロ「ちょ、ちょっと!その扇風機はなんなのよ!!」

千夜「これ?これは勿論シャロちゃんのスカートをめくる為の物だけど……」

シャロ「そんなもの店に置くな!」

273 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:32:01.36 ID:sttWdTCR0
のぼせてる



千夜「そろそろお風呂入りましょ?」

シャロ「……うん」

──────────────────

千夜「フフフフーンフーン♪」

シャロ「……」モコモコ

千夜「シャロちゃんってほんとにのぼせやすいわね」

シャロ「そ、そう?」

千夜「だって顔赤くなるんだもん」ウフフ

シャロ「(意識させられるこっちの身にもなりなさいよ!///)」

274 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:32:46.93 ID:sttWdTCR0

番外編
食べ物



ココア「千夜ちゃ~ん!」タッタッタッ

千夜「あらココアちゃん!お店の手伝いは無いの?」

ココア「うん、今日休みになっちゃったんだ。だからさっきパン作ったんだけど千夜ちゃんも食べない?」

千夜「え……?あ、いや、私はいいかな」

ココア「そっか……わかった!じゃあまたねー」シュン

千夜「あっココアちゃ…」

千夜「(『パンツ食った』だと思っちゃったなんて死んでも言えないわ)」


275 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:34:02.79 ID:sttWdTCR0
いいね



千夜「シャロちゃん見て!」

シャロ「何よ」クルッ

千夜「じゃーん!なぜか家にあった眼鏡!」

シャロ「!……だから何」

千夜「似合う?」

シャロ「(……かわいい)」ドキドキ

千夜「シャロちゃん?」

シャロ「ハッ!?べ、別に普通なんじゃない?それより目悪くなるわよ」

千夜「伊達眼鏡っぽいから大丈夫!でもそっか、普通かぁ」スッ

シャロ「あっ」

千夜「ん?」

シャロ「なんでもない!//」

276 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:34:47.17 ID:sttWdTCR0
おふとぅん



シャロ「(…なんで家に帰ってきたら千夜が私のベッドで寝てるのか本気で理解できないんだけど)」

千夜「……zzz」

シャロ「(いっつも私が寝てるとちょっかいっつもかけてくるし……たまには仕返ししてもいいわよね)」

シャロ「(仕返しよ。私が一緒に寝たいとかじゃないから。それだけだから!)」

シャロ「………お、おじゃまします……///」小声

千夜「すー……すー……」

シャロ「(布団の中があったかい)」

シャロ「(ていうか凄いいい匂いする……!自分の家なのに落ち着いて寝られない!///)」

シャロ「……散歩しましょ」

277 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:37:23.33 ID:sttWdTCR0
番外編
嬉しい異変悲しい異変


千夜「ねえココアちゃん、聞いて欲しいんだけれど」

ココア「どうしたの?言ってみて」

千夜「どうも最近ね、シャロちゃんが調子悪いみたいなの」

ココア「シャロちゃんが?……なんでだろうね。風邪かもしれないよ」

千夜「咳き込んではいないんだけど……顔は赤いし、すぐ俯いちゃうし」

ココア「それでもわかんないんだ……」ボソッ

千夜「え?なんて?」

ココア「……ううん、何でもないよ!シャロちゃんの調子良くなるといいねぇ」

千夜「う、うん……」

278 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:37:53.45 ID:sttWdTCR0
いこい



シャロ「はぁぁぁぁぁ……疲れたぁ」フラフラポスッ

あんこ「~♪」

シャロ「ピャッ!?」

シャロ「いや゛あ゛あ゛ぁなんでここにあんたがいんのよぉぉ!!」ダダッ


──────────────────


千夜「いくらなんでもホントにワイルドギースの小屋で過ごさなくたって……」

シャロ「だって千夜寝てるんだもん……」グスグス

279 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:49:24.12 ID:sttWdTCR0
ふたたび



リゼ「(ココアがどうしてもと言うから久々に5人でお泊りをする事になったぞ)」

ココア「何にもする事ないねー♪」

千夜「ねー♪」ウフフ

チノ「お父さんが前にボードゲームを買ってきてくれたのですが、それを持ってきましょうか」

千夜「あ、待って!私したいことがあったの」

リゼ「何だ?何でもいいからやろう」

千夜「それじゃあ……」

シャロ「(これはまさか怪談を始める流れ!ちょっと待ってやだやだ心の準備が……)」ガタガタ

千夜「恋バナ……なんてしない?」

シャロ「ピャッ!?」ビックゥ

リゼ「うおっどうしたシャロ!?」

281 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/03/31(火) 23:57:26.98 ID:sttWdTCR0
ばくろ


ココア「いいね!じゃあまず経験豊富そうなリゼちゃんから!」

リゼ「わっ私か!?私は……わたし……は……」

千夜「(リゼちゃんがあの時の事を思い出しちゃってる!)」

千夜「ダメよココアちゃん!リゼちゃんの想い人はもう居ないのよ!」

ココア「ええっ!?そ、そうだったんだ……ごめんね」

リゼ「あ、ああ……構わないよ(千夜、感謝する)」

ココア「じゃあチノちゃ……あれ?」

チノ「zzz…」

シャロ「寝ちゃったみたいね。起こさないようにしてあげましょ」

ココア「じゃあシャロちゃん!シャロちゃんは誰が好きなの?」

シャロ「(うえっ来た……!)」

ココア「(あっシャロちゃんってそういえば……どどどうしよう)」アセアセ

282 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/01(水) 00:12:16.67 ID:3l5mQuO20
きずつけるうそ



シャロ「わたっわ、わた、私は……」

ココア「(どうすれば止めらるの!?私のバカバカ!)」

リゼ「(誰だろーなー)」

千夜「(………)」

シャロ「私は」


四月一日、エイプリルフール
リゼの時計が午前零時を告げる小さなアラームを鳴らす


シャロ「お……幼馴染みの人が」///

シャロ「好き、ですっ」/////

千夜「……!」

ココア「(シャロちゃん!)」

283 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/01(水) 00:23:45.80 ID:3l5mQuO20
リゼ「ハハ、シャロはうまいな~」

シャロ「ふぇ?」

リゼ「エイプリルフールになるタイミングに合わせたんだろ?私は今年は引っかからないぞー」

ココア「そ、そういうことかぁ!私今年もひっかかる所だったよ(とりあえずナイスプレー、なのかな?)」

シャロ「違……」千夜「うふ、お茶目さんなんだから。ところで私もう眠いから寝ちゃうわね」

リゼ「お?そうか、おやすみー。私たちもそろそろ寝るか?ココアのは明日聞こう」

ココア「お手柔らかにお願いします……」

シャロ「おやすみなさい……」

シャロ「(千夜………)」

287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 23:54:42.88 ID:s5u4XM6v0
おはよう


千夜「起きてー。起きてシャロちゃん?」

シャロ「んむ……?」

千夜「もうみんな起きてるわよ。お寝坊さんなんだから♪」

シャロ「わ、悪かったわね……」

288 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/19(日) 23:55:41.71 ID:s5u4XM6v0
またね


リゼ「あー楽しかった。それじゃそろそろ私は帰るぞ」

千夜「私たちもおいとましましょうか」

シャロ「そうね……」

ココア「えぇーもう帰っちゃうの?」

リゼ「無理言うな……このままもう一泊してしまいそうだからな」

ココア「それいいね!」

チノ「明日からお仕事なのでよく休んで下さい」

シャロ「あはは、チノちゃんの方がしっかりしてるわね」

ココア「いいもん私どうせお子様だもん……」

千夜「うふふ。それじゃあまたね皆」

リゼ「ああ、じゃあな」

チノ「さようなら」

ココア「ばいばーい!」

シャロ「またね」

289 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/19(日) 23:57:20.76 ID:s5u4XM6v0
きずからてんをとる



シャロ「……ねぇ、千夜」

千夜「なぁに?」

シャロ「昨日の夜の事なんだけど……」

千夜「?」

シャロ「……その、私の好きな人が誰かって話があったわよね」

千夜「あったわねぇ」

シャロ「…………」

シャロ「あれ、嘘じゃないから」

シャロ「茶化されちゃったけど嘘はついてないから。……それだけよ」

千夜「………」

シャロ「(ひ、引かれた……?)」

290 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/19(日) 23:59:59.62 ID:s5u4XM6v0
千夜「……フフッ」

シャロ「千夜?」

千夜「ウフフ……そんなの」

千夜「そんなこと、前から知ってたわよ♪」

シャロ「……はぁ!?」

千夜「だぁってシャロちゃんたら分かり易いんだもの。ちょっと近づいただけで顔赤くなっちゃうし」

シャロ「そ、そそそそんな事ないわよ!というか勘付いてたなら何か言ってよ!」

千夜「だって自意識過剰だと思われたら嫌だし……それに可愛くて面白かったわ♪」

シャロ「くぅぅ~~///」

シャロ「そ、それはいいから!……私一応告白したつもりなんだけど。答え……聞きたい」

千夜「……じゃシャロちゃん、ほんの少しだけ顔上げて?」

シャロ「?こう……って」


シャロ「んむっ!?///んっ………」

千夜「………」ギュッ

シャロ「………」

千夜「……ぷはっ。これが答えよ///」

シャロ「千夜」

シャロ「………大好き」

千夜「……私も」


291 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:01:04.92 ID:5oQosmXp0
──────────────────

シャロ「ちょっとさっきの苦しかったわ」

千夜「だって初めてなんだもの、仕方ないでしょ」

シャロ「そりゃ私だって初めてだったわよ……って何言わせてんのよ!///」

千夜「ウフフ♪シャロちゃんと初めてで良かった!」

シャロ「もう……///」



マヤ『おい見たかメグ!?』ヒソヒソ

メグ『千夜さんとシャロさんがきすしてたよぉ~』アセアセ

マヤ『女同士なのにどういう事なんだろう……?』ヒソヒソ

メグ『そういう人もいるって、授業で言ってたよ!』

マヤ『ふーん?よくわかんないや!』


292 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:03:40.50 ID:5oQosmXp0
どこいったんだよ



シャロ「あ……その花」

千夜「そう!シャロちゃんがくれたヒヤシンス咲いたの!」

シャロ「へぇ、綺麗じゃない」

千夜「ところでシャロちゃん」

シャロ「何よ?」

千夜「ヒヤシンスの花言葉って知ってる?」

シャロ「花言葉……わかんないわ」

千夜「これはね、『悲しみを越えた愛』っていう花言葉を持ってるの」

シャロ「へぇ……」

千夜「ねぇ、なんだか私達みたいじゃない?女の子同士という壁を乗り越えて結ばれてるんだから♪」

シャロ「そうかしら?だって私は女の子同士だって悲しくなんかないわよ」//

千夜「しゃ、シャロちゃん……///」

シャロ「そんなの関係無しに好きだもん……」///

千夜「お風呂入ってからにする?今すぐシちゃう?」

シャロ「真昼間から何言ってんのよ!/////」


293 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:34:16.74 ID:5oQosmXp0
またあした


千夜「シャロちゃんバンザイしてみてー」

シャロ「何よ……こう?」

千夜「んーシャロちゃんっ!!」ガシッギュゥゥゥゥゥ

シャロ「ピャッ!?だから急に抱きつかないでってば!///」

千夜「今日はまだ一回も抱きついてないんだから当然でしょ♪」

シャロ「はぁ……まあ別にいいケド……」

千夜「ねぇ、ココアちゃん達私達が付き合うって知ってもあんまり驚いて無かったわよね」

シャロ「あんたが前からベタベタしてるからでしょ……慣れたのよきっと」

千夜「んもう、シャロちゃんだってデレデレだったクセに」

シャロ「でっ、デレデレなんかじゃないわよ!///」

シャロ「続きは明日よ、もう遅いから寝ましょ」

千夜「明日もギューしていいのね」

シャロ「……好きにすれば///」

千夜「それじゃあおやすみなさい」

シャロ「おやすみー」

294 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:37:36.03 ID:5oQosmXp0
 
 
 
 
 
 
シャロ「………」

295 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:39:09.60 ID:5oQosmXp0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャロ「ちょっと近すぎ…」



千夜「シャロちゃんモフモフ♪」
 
 


296 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/20(月) 00:40:02.05 ID:5oQosmXp0
終わり

298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/20(月) 00:58:28.11 ID:nAORuBRE0

千夜シャロはこういう関係が理想

304 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/25(土) 23:24:37.93 ID:WwUaSh5M0


番外編


帰路


マヤ「なーメグ」

メグ「んー?」

マヤ「あれ……絶対見ちゃダメなやつだよな」

メグ「私もそう思ってたよ……二人だけの秘密にしないとね~」

マヤ「チノには教えても良いかなぁ?」

メグ「うーん、チノちゃんにだけ隠すのは良くないし、チノちゃんなら広めたりしないから大丈夫じゃないかな~」

マヤ「じゃ明日ついでに二人の関係について聞くか!」

メグ「賛成~」

305 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/25(土) 23:25:11.05 ID:WwUaSh5M0
学校で


マヤ「っていう話なんだけど」

チノ「……まあ、二人は前からそんな感じはしてましたので不思議ではありません」

メグ「やっぱりそういう関係なんだ~……女の子同士なのにね~」

マヤ「そうだよな!なんで女同士で好きになるんだ?」

メグ「私はマヤちゃんもチノちゃんも好きだよ~?」

チノ「そういう好きと同じではないのでは……恐らく恋人的な」

マヤ「益々わかんないや。私もチノとメグの事好きだけどな!」

メグ「チノちゃんは~?」

チノ「わ、私も好き……ですよ」//


309 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/26(日) 20:13:46.95 ID:rPHFIqTx0
姉妹



メグ「あ、見て見て~また千夜さんとシャロさんだよ」

マヤ「おお……またベッタリしてるな」

チノ「見慣れてしまいました……殆ど一方的のように見えますけどね」

マヤ「チノはココアとああいう事したい?」

チノ「へっ!?いや私はココアさんとべ、ベタベタしたいとかそういう願望はありませんよ///」

メグ「いーなぁ仲のいい姉妹がいるって~。私一人っ子だから~」

マヤ「メグには私とチノがいるじゃん!」

メグ「そうだったね~、えへへ」

310 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/26(日) 20:15:45.53 ID:rPHFIqTx0
尾行再び



マヤ「じゃーな、チノ!」

メグ「チノちゃんまたね~」

チノ「はい、二人ともさようなら」


メグ「あっ……見て見てマヤちゃん、またあの二人だよ~」

マヤ「またか!この際だからメグ、尾行してみようよ!」

メグ「び、尾行?なんか楽しそう~」

マヤ「前に尾行された時は全く気づかなかったからメグはきっと尾行が上手なんだよ!じゃ早く行こう!」

メグ「待ってよマヤちゃ~ん!」


311 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/26(日) 20:21:06.69 ID:rPHFIqTx0
繋がる



マヤ「ふむ……今のところ普通の友達って感じだな」

メグ「見間違いとかじゃなかったのかな~?」

マヤ「チノがそうだって言ってたんだから間違いな訳ないじゃん!あっ見ろよメグ」

メグ「あ、手繋いだね~」

マヤ「楽しそうだな」

メグ「二人とも生き生きしてるね~……私達も繋ぐ~?」

マヤ「へ?何を?」

メグ「何って、手だよ~」

マヤ「ああそうか!その方が二人の気持ちもわかるしな!」

メグ「はい左手~」

マヤ「おう!」ギュッ

メグ「どう~何かわかった~?」

マヤ「……」

メグ「マヤちゃん?」

マヤ「……あっ、いやなんもわかんないや!なぁ今日はもう疲れたから帰ろうよ」

メグ「そっか~。じゃあ帰ろっか~」

マヤ「(……手繋ぐってめっちゃはずい!///)」


315 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/04/27(月) 00:03:32.15 ID:bWm7WIU+0
はじめて?


千夜「ねぇシャロちゃん」

シャロ「何よ」

千夜「シャロちゃんが告白してくれた時、私達キスしたわよね」

シャロ「し、したけど……なに///」

千夜「その時私、初めてだって言ったけど……違ったの」

シャロ「え?」

千夜「あれがファーストキスじゃなかったのよ」

シャロ「……そ、そんな嘘なんでついたのよ!私本気で嬉しかったのに……」ウルウル

千夜「ま、待って!シャロちゃんだって初めてじゃなかったのよ?」

シャロ「は?そんなことないわ、あの時が初めてよ」

千夜「フフフ……なんででしょう♪」

シャロ「教えなさいよ気になるじゃない!」

千夜「ちょっとあの時は強引すぎたかなー♪」

シャロ「くぅぅぅ……」ジワァ…

千夜「えっシャロちゃん泣いて」

シャロ「だって千夜が訳わかんない事言うんだもん……教えてくれたっていいでしょ……」グスッ

千夜「えと、泣かないでシャロちゃん……教えるから!ファーストキスの事ちゃんと言うから」

シャロ「…っ~!……」ヒック

千夜「大晦日の事、覚えてる?」

シャロ「大晦日、って……なんか千夜がココアの話始めたあたりから記憶が曖昧なんだけど」

千夜「じゃあシャロちゃん、そのベッドに寄っかかって」

シャロ「……こ、こう?」

千夜「そんな感じ。それで……何か思い出さない?」ズイッ

シャロ「ちょ、顔が近……//」

シャロ「……あ」

シャロ「あああ!///」

千夜「ね?あの時がファーストキスじゃなかったでしょ?」

シャロ「……このばか///」


316 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/05/03(日) 21:04:09.68 ID:K4m4mMIL0
座る



マヤ「な、なぁメグ」

メグ「ん~?」

マヤ「手を繋ぐって結構難しいんだね」

メグ「そうかな~?私はマヤちゃんとリゼさんを尾行した時、チノちゃんと繋いでたよ~」

マヤ「チノと?」

メグ「うん、自然にだったから別に難しいとは思わなかったよ~」

マヤ「そういうもんなのかぁ……」

マヤ「(なんか悔しい……?)」

317 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/05/03(日) 21:51:29.60 ID:K4m4mMIL0

第一歩



メグ「マヤちゃんおはよ~」

マヤ「メグおはよー!なーチノ大丈夫かな?」

メグ「すっごく辛そうな声だったし……放課後お見舞いに行こうね~」

マヤ「そうだな!」

メグ「マヤちゃんとこうやって二人で学校に行くのってすごく久しぶりだね~、なんか懐かしいな」

マヤ「!そ、そうだな///」

メグ「でもチノちゃんいないとなんとなく寂しいね~」

マヤ「う、うん」

メグ「マヤちゃん大丈夫?いつもより静かだけど……」

マヤ「あっ、いや別になんでもない!」

メグ「?変なの~」

321 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/05/19(火) 23:29:54.62 ID:Oy8qV0+50



マヤ「(おかしい……絶対おかしい)」

メグ「~♪」

マヤ「(なんでメグと二人で居るだけで緊張するんだ?私も熱っぽいし、風邪かなぁ)」

メグ「マヤちゃんやっぱり今日は調子悪そうだね~……今日は早く帰って休んだ方が良いよ~」

マヤ「えっ!?ああ、うん、そうだな」

メグ「いつもはここで別れるけど今日は家まで送るよ~」

マヤ「わ、悪いよそんな……」

メグ「いいのいいの~」

323 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/05/24(日) 22:57:18.67 ID:Jl9p5Llc0
割と活発な花



マヤ「(結局送ってもらってる……)」

メグ「もうちょっとでお家だからね~がんばって」

マヤ「うん……」

マヤ「な、なあメグ?」

メグ「なぁに~?」

マヤ「メグは変になってないの?」

メグ「え?」

マヤ「私さ……メグと前に手を繋いだ時から、何か変なんだよな」

マヤ「やたら緊張したり、顔が熱くなったりしてさ」

メグ「……」

マヤ「(あれなんか不味い事でも言った?)」

メグ「そうだったの~!?」

マヤ「っ!」

メグ「私もだよぉ~マヤちゃんも同じで良かった~!」

マヤ「め、メグもそうだったの?」

メグ「うん、そうだよ~。でもマヤちゃんはいつも通りで私だけ変だったら恥ずかしかったから言わなかったんだ~」

マヤ「なぁんだ、そうだったのか……」

マヤ「なぁメグ?」

メグ「ん~?」



マヤ「……シャロのとこに、恋愛の事聞きにいかない?」

324 : ◆xpx6kET0yQi. 2015/05/24(日) 22:58:56.62 ID:Jl9p5Llc0
ちまちま進めたおまけもこれでラストでした。
至らない点が沢山ありましたが、また他スレでお世話になりたく思います

326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/25(月) 01:06:06.64 ID:i7kYp62h0

次回作楽しみにしてます



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: シャロ「ちょっと近すぎ…」千夜「シャロちゃんモフモフ♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408702157/

ご注文はうさぎですか? 描き下ろしロングタペストリー シャロ
ホビーストック (2014-08-26)
売り上げランキング: 36,299

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8720-5b3eb505