ヘッドライン

武内P「何いきなり話かけて来てるわけ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432009523/

1 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:25:33.79 ID:z/7q7hmho
NGs「!?」

武内P「何だ急にパライズしてきた>>NGs」

卯月「ぱ、パライズ……?」

未央「ど、どうしたのさプロデューサー! 言葉遣いが変だよ!?」

凛「……ひょっとして、ここ最近仕事漬けだったから疲れてるんじゃないの? ちょっと休んだ方がいいんじゃ……」

武内P「おいィ? お前らが何を言ってるのか理解不能状態なんだが?」

武内P「今日は10時(9時でいい)からレッスンだからカカッっと準備してレッスン場へ向かうべき死にたくなければそうするべき」

卯月「え? あ……はい……」

未央「あ、えーっと……」

凛「……そ、それじゃ、行ってくる……よ?」

2 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:26:25.94 ID:z/7q7hmho
卯月「……一体どうしちゃったんでしょうね、プロデューサーさん……」

未央「うーん……らんらんの言葉遣いの真似……というか、練習? でもしてるんじゃない?」

凛「と、言うと?」

未央「最近のらんらんは必要な時には普通の言葉で喋ってくれるようになったけど、本人的には結構恥ずかしいみたいだからさ」

卯月「あ、なるほど」

卯月「プロデューサーさんが蘭子ちゃんの喋り方を完璧にマスターすれば、少なくともプロデューサーさんの前ではリラックスしてお話が出来るようになりますもんね!」

未央「そういうこと」

3 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:27:23.32 ID:z/7q7hmho
凛「……でも、あの喋り方は……上手く説明は出来ないけど、蘭子のそれとはまた別物のような気が……」

卯月「言われてみれば、確かに……」

未央「ふむ。そういえば、さっきのプロデューサーの喋り方、言い回しは変だけどらんらんとは違って使ってる単語自体はあんまり難しくなかったもんね」

凛「……やっぱり、さっき私が言った通り疲れが原因で頭が回ってないんじゃない?」

卯月「プロデューサーさん、サマーフェスの後からずっと忙しそうですもんね……」

未央「それだけ私達の人気が上がってきたって事だから、それはまあ嬉しいけれど……」

4 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:28:50.41 ID:z/7q7hmho
凛「それでプロデューサーが頭をやられちゃったら意味ないよ……」

凛「まあ、その辺は後でちひろさんか部長に相談しよう。とりあえず、喋り方がちょっと変ってだけで今のところ実害はなさそうだし」

凛「とにかく今は、レッスンに集中しなくちゃね」

未央「オッケー!」

卯月「それじゃ、今日もレッスン頑張りましょう!」

5 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:30:00.66 ID:z/7q7hmho
卯月「今日もレッスン頑張りました!」

未央「何だかんだでプロデューサーの事が気になって、ちょくちょく細かいミスはしちゃったけどねー……」

凛「……ただいま、プロデューサー。確か今日はこれから営業──」

智絵里「」

蘭子「」

杏「…………」

6 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:30:43.55 ID:z/7q7hmho
卯月「ふ、ええ!?」

未央「なんてこった、ちえりんとらんらんが死んじゃった!」

凛「この人でなしっ!」

凛「……じゃなくて、一体何がどうしたらこんな事に……」

武内P「おいおい(笑)ちょっと挨拶しただけで頭ヒットするとかあもりにもやわすぎるでしょう?」

武内P「ダイヤモンドパワーの精神力 鋼のように硬い精神力がなければ芸能界の綾波を越える事は出来ないのは確定的に明らか」

7 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:31:43.71 ID:z/7q7hmho
卯月「挨拶しただけで気絶、って……」

未央「まあ、言っちゃ悪いけどプロデューサーって相当の強面だからねぇ。それでさっきの攻撃的な喋り方で話しかけられたら……あの気弱な二人にとっては相当なショックだったろうねぇ」

凛「っていうか、ダイヤモンドなんだか鋼なんだかハッキリして欲しいんだけど」

未央「え? 今気になるのそこなの?」

卯月「まぁ、どっちも硬いものには違いないんですから、その辺りはニュアンスで……」

杏「…………」

8 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:32:21.40 ID:z/7q7hmho
卯月「……そういえば、杏ちゃん。さっきから黙ってプロデューサーさんの事をじっと眺めてますけど……」

未央「ひょっとして、実は立ったまま気絶してるとか?」

凛「……いや、そういう訳じゃなさそうだけど……」

杏「……こんにちは、プロデューサー」

武内P「何か用かな?」

杏「ブロンティストですか?」

武内P「ブロンティストじゃない」

杏「そうですか、ありがとう。ブロント語すごいですね」

武内P「それほどでもない」

9 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:33:51.05 ID:z/7q7hmho
杏「やはりブロンティストじゃなかった」

杏「しかもブロント語使えるのに謙虚にもそれほどでもないと言った」

未央「あ、杏ちゃん……?」

卯月「ブロント語って……?」

凛「……聞いたことあるかも。確か、数年前にネットで流行ったスラングとか、何とか……」

未央「あぁ。あの、『俺の怒りが有頂天』とか言う奴?」

凛「うん。でも、何でプロデューサーが急にブロント語を……」

「それに関しては私から説明しましょう」

未央「えっ?」

卯月「あ、ちひろさん!」

ちひろ「あれは昨日の事でした──……」

10 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:34:21.60 ID:z/7q7hmho
ちひろ「プロジェクトの皆さんと、もっとフレンドリーに接したい、ですか?」

武内P「ええ……」

ちひろ「しかし、何でまた急に……」

ちひろ「確か、以前の敬語を使うか使わないかって話は、未央ちゃんが──……」

未央『やっぱプロデューサーは丁寧口調のままの方がいいかも……』

ちひろ「と言ってくれたおかげで、一応は決着が付いたんですよね?」

12 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:35:18.85 ID:z/7q7hmho
武内P「はい、まあ……」

武内P「しかし、あれはあくまで本田さんが自分に気を使っただけで、実際はもっと砕けた態度で付き合いたいと考えているかもしれませんから……」

武内P「また、自分としても、出来れば彼女達ともう少し踏み込んだ間柄になりたいと思っています」

ちひろ「なるほど……」

武内P「とはいえ、前回の件で改めて実感したのですが、どうも自分にはこの喋り方が骨の髄まで染みこんでしまっているらしく……これを変えるのは一朝一夕では不可能でしょう」

ちひろ「と、なると……敬語の使用自体は続けつつも、砕けた態度を演出できるような良い手段を探す必要がありますよね……」

武内P「はい……」

13 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:36:12.90 ID:z/7q7hmho
ちひろ「……ふむ。それでは、ネットスラングを使う、というのはどうでしょう?」

武内P「ネットスラング……ですか?」

ちひろ「はい♪」

ちひろ「最近ではスマートフォンの普及によってインターネットがより身近なものになり、ネット以外の場所でもスラングを使って喋る人が、若者を中心に増えて来ている……っていうのは知っていますよね?」

武内P「ええ」

ちひろ「そして、シンデレラプロジェクトのメンバーは全員が20歳以下の若者達……つまり、我々と比べるとネットスラングに触れる機会が多い世代です」

武内P「なるほど……つまり、口調は別に今のままでも構わないが、喋る時は時々ネットスラングを忍ばせる事を心がけろ……と」

ちひろ「その通りです」

14 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:36:40.92 ID:z/7q7hmho
ちひろ「共通の話題があれば会話が弾みやすくなりますし、そういうネタや冗談を解する人間だと思って貰えれば、以前よりも気軽に話しかけて貰えるようになるかもしれません」

ちひろ「もちろん、最低限の礼節を維持する事は絶対条件ですけどね」

武内P「……一理ありますね」

ちひろ「でしょう♪」

武内P「それでは、本日の業務が終わり次第、帰宅して使えそうなネットスラングについて調べてみようかと思います」

武内P「本日は相談に乗っていただき、ありがとうございました」

ちひろ「いえいえお構いなく♪ プロデューサーさん達のサポートをするのが、私のお仕事ですからね♪」

15 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:37:12.17 ID:z/7q7hmho
ちひろ「……って、事がありまして」

未央「それで、ネットスラングについて色々と調べている内に、ブロント語に辿り着いた、と」

武内P「……ええ。その通りです」

杏「しかし、何故によりによってブロント語をチョイスしたのか」

卯月「それに、最初は喋り方はいつものままで、時々スラングを入れるだけって話だったのに……」

凛「普段の口調が完全に行方不明になるくらいがっつり使ってたよね」

武内P「……面目ありません」

16 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:37:48.98 ID:z/7q7hmho
武内P「ブロント語について調べている内に……あの独特の言い回しやテンポの軽妙さに……有り体にいうなら、心を奪われてしまいまして」

武内P「今は何とか理性で押さえつけていますが、少しでも油断をすると口からあの喋り方が漏れそうになるんだが? ……なるのです」

杏「うわぁ、これは大分重症だね……」

未央「でもまぁ、プロデューサーが私達との付き合い方についてちゃんと考えてくれてるって事がわかったのは良かったよね。しまむー、しぶりん」

卯月「はい!」

17 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:38:14.75 ID:z/7q7hmho
凛「それに……いつもの真顔であの珍妙な喋り方をしてるプロデューサー、今思い返して見ると意外と……笑えてくるというか……プフッ」

卯月「あはは……あの時は驚いて思わず凍りついちゃいましたけどねー……」

未央「あー、どうせならスマホで映像とか撮っておけば良かったかも」

武内P「……このままでは自分の寿命が羞恥心でマッハなんだが」

ちひろ「……ある意味元凶の私が言うのもなんですが……」

ちひろ「……諦めてください」

武内P「お前……それでいいのか……」

18 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:38:52.67 ID:z/7q7hmho
卯月inベッド「ふう……今日も1日頑張りましたー……」

卯月(明日は珍しく全員揃ってのオフ……確か、お昼頃からカラオケにみんなで行くって話だったから、それに備えて早く寝ちゃおうっと)

卯月(……それにしても、ブロント語、かぁ)

卯月(…………)

卯月(……ちょっと調べてみよう)スマホポチポチ

20 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:39:43.90 ID:z/7q7hmho
武内P「……おいす……おはようございます、皆さ……」

みりあ「はやい! もう着いたんだ!」

莉嘉「きた! Pくんきた!」

きらり「これで勝つるにい!」

蘭子「ダークパワーっぽいのは天使が持つと光と闇が備わり堕天使になる! 逆に悪魔が持つと頭がおかしくなって死ぬ!」

みく「お前頭悪いにゃにわかがロック名乗るのはずるい」

李衣菜「oi misu みす おい 誰がにわかだって証拠だよ! 名誉既存は犯罪だぞ!」

美波「君達、落ち着きたまえ^^」

22 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:40:57.66 ID:z/7q7hmho
みく「落ち着いたにゃ^^」

李衣菜「すごく落ち着いた^^」

アーニャ「круто! さすがミナミの落ち着かせパワーはA+と言った所ですね!」

智絵里「クローバーの葉っぱの数は9枚でいいです(謙虚)」

卯月「hai! かな子ちゃんはクッキーを控えてください! トレーナーさんには攻撃効かない!」

未央「私は絶望的な戦いはしたくないです必死に逃げてもとんずらされて後ろから切られたくないです!」

凛「はやく食べるのやめテ!」

かな子「おいィ? 貴方達は美味しいから大丈夫って名ゼリフを知らないんですか?」

23 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:42:04.29 ID:z/7q7hmho
武内P「…………」

武内P「……こ、これは一体……」

杏「あー……なんかあの後、卯月ちゃん達が家でブロント語について調べたらしくてさぁ」

杏「……ま、要するに昨日のプロデューサーと同じだよ。ちょっと調べるつもりが、ついうっかりドツボにはまっちゃったって訳」

杏「それで、そこから他のプロジェクトのメンバーに感染した、と」

杏「あの様子じゃ、当分は抜けないんじゃないかな、あれ。当然仕事にも影響が出てくるだろうなぁ」

武内P「…………」

武内P「……ちょとsYレならんしょこれは」

杏「……がんばっテね、ブロデューサー」

武内P「……hai」

25 :>>24修正 ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 13:49:35.97 ID:z/7q7hmho
俺は通りすがりの古代からいるナイトなのだが、
その後ブロンティストはブロンティストを呼ぶ(暴風)という理屈でブロント語の感染はトドまる事を知らず、
シンデレラプロジェクトから346プロ、346プロから芸能界、芸能界から世間へと、除々に広がっていったらしい(パンデミック)。

普通なら一過性の流行で終わるはずがさらに攻撃は続く。
346プロでブロント語が流行りだす前からのブロンティストである、765プロが誇るカりすマアイドルこと星井美希が今回のパンデミックに乗じて
卑怯にも自分がブロンティストであることをきょうきょアッピルしてきたことにより、ブームは更に大炎上(ファイガ)。
この流行は12年(9年でいい)にも渡って続くことになったらしいぞ。

ちなみに346プロの忍ドルこと浜口あやめは今回の流行がげいいんで周囲から不当にディスられるようになっちぇしまい、
色々と形見の狭い思いをしていた……かと思いきや、ブームに乗っかって自ら汚い忍者を名乗るようになり、
何だかんだでファンを増やす事に成功していた。
強かだなさすが忍者したたか。


おわり

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 14:32:37.59 ID:MqSH7nrD0
武内Pもアイドル達も適応力半端無いな

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 14:47:12.68 ID:oOm6ncbp0

一番負担がかかりそうなのは浸透するまでの間はフォローに回るしかない杏な気もする

30 : ◆ekZfrjcd.fgD 2015/05/19(火) 15:50:35.23 ID:z/7q7hmho
おまけ

菜々「ブロント語とか懐かしいですね……ナナが昔リーダーをやってたLSのメンバーは、今でも元気でやってるでしょうか……」

杏「…………」

杏「……『またやってるー。お兄ちゃん、一人で遊んでばーっか』」

菜々「『一人じゃねえよ……』 ……ハッ!?」

菜々「いや、これは違うんです! そう、YouTube! YouTubeで動画を見ただけですから!」

杏「…………」

菜々「ちょっと、何か言ってくださいよーっ!」


今度こそおわり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 武内P「何いきなり話かけて来てるわけ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432009523/

CINDERELLA PARTY! でれぱDEないと をきかないと!! ~あかるくせいそにかわいくきよく~
原紗友里(本田未央役)&青木瑠璃子(多田李衣菜役)from CINDERELLA PARTY!
日本コロムビア (2015-06-10)
売り上げランキング: 225

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8596-fc322ef1