ヘッドライン

こずえ「たんじょうびー…だれのー?」アヤ「蘭子と桃華だ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428505162/

1 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/08(水) 23:59:22.79 ID:5P6hXxQbo

こずえ「うそー…」


アヤ「嘘じゃないぞ」


こずえ「うそー…」

アヤ「嘘じゃないって」

こずえ「たんじょうびぃー…あやもー…」

アヤ「ああ、そうか…アタシも誕生日だったな今日」

こずえ「うんー…」

蘭子「闇に飲まれよ!(お疲れ様です!)」


桃華「お疲れ様ですわ」


アヤ「おうお疲れ」

こずえ「おつかー…」

2 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:14:58.68 ID:nALt7AsVo

桃華「今夜、我が櫻井家にて誕生日パーティを開催するのですが、お二人ももちろん来てくださいますわよね?」

アヤ「あー、櫻井家のパーティかあ…規模すごそうだな」

桃華「もちろん!346プロ全員歓待の上でのパーティですわ。間違いなく、忘れる事のない誕生日パーティになるでしょう」

蘭子「祝福を授かりし運命の日!血が滾るわ(誕生日パーティとっても楽しみです!)」

アヤ「でもそういう立派なパーティ、アタシは似つかわしくないんじゃないか」

桃華「アヤさんには有無を言わさず来ていただきますわ」

アヤ「? なんでだ?」

桃華「なんでも何も、今夜の主役はわたくし櫻井桃華、神崎蘭子、桐野アヤの三人ですわ。わたくし達三人の誕生日ですもの」

アヤ「ああそうだった、さっきこずえとその話していたんだった…」

桃華「わたくし達三人による記念ライブも予定しておりますわ。間違いの起こらぬよう、しっかりと準備してくださいまし」

アヤ「祝われる側なのにライブさせられるのかよ」

こずえ「こずえねー…あやがうたうの…みたいー…」

アヤ「…そう言われちゃあ張り切っていくしかないな。なんならこずえもいっしょに出るか?」

こずえ「やぁー」

アヤ「そ、そうか」

3 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:29:37.90 ID:nALt7AsVo

こずえ「…みんなにねぇー…これあげるぅー…」

蘭子「(この袋はひょっとして…)」

こずえ「たんじょうび…おめでとぉー…わぁー…」

桃華「まあ!わたくし達のためにわざわざ!ありがとうございますわこずえちゃん!」

蘭子「我が心は歓喜に打ち震えているわ!(ありがとう!すっごく嬉しいです!)」

アヤ「あー、その、なんだ。ありがとな、こずえ。すごく嬉しいよ」

桃華「顔、にやけていらっしゃいますわ。フフッ」

アヤ「い、言うなよ!」

こずえ「でねぇー…だして…みんなで…あそぶのー…」

アヤ「あー、プレゼントで遊びたいって事か」

こずえ「んー…」

アヤ「二人とも、時間大丈夫か?」

桃華「今日残すところの予定は誕生日パーティのみ。何の問題もありませんわ」

蘭子「同様よ(私もです!)」

アヤ「じゃあこずえと遊んでやってくれ。たまにはいいだろ?」

桃華「もちろん構いませんわ」

4 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:37:16.02 ID:nALt7AsVo

蘭子「いざ、第一の封印を解かん!(じゃあ私から開けますね~)」

蘭子「ほう…これは…闇と光を宿した人の形か!フハハハ、実に良いぞ!(悪魔と天使をモチーフにしたドール…カッコいいです!)」

アヤ「え…(ドール…?)」

桃華「では次はわたくしが。…ドレスを着たドールですわね。ウフフッ、大切にいたしますわ」

こずえ「らんこと…ももかに…にてるのー…」

アヤ「最後はアタシか…スーパーマン…?」

こずえ「アヤみたいー…」

アヤ「お、おお。…そういやプレゼント、なんでドールにしたんだ?」

こずえ「こずえがねー…おにんぎょう、すきだからー…」

アヤ「…だよな」

こずえ「みんな…なりきってねぇー」

アヤ「あっ」

5 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:43:49.89 ID:nALt7AsVo

蘭子「クククク…ハァーッハッハッハァッ!!この世界を絶望の闇で覆いつくしてやろう!(怪人役なので悪い事いっぱいしちゃいますよ!えいっえいっ!)」

桃華「きゃああああ!!どなたか助けておくんなさいまし~!」

こずえ「おんなのひとが…おそわれてるよぉー…いけ、すーぱーあやのんー…こずえはえんごー…」

アヤ「ワ、ワルイコトスルヤツハユルサナイゾー」

桃華「アヤさん、どうかいたしましたの?」

蘭子「詠唱は崩れ行くか(棒読みになっちゃってますよ?)」

アヤ「い、いや、恥ずかしいだろ、なんか」

桃華「何をおっしゃっているのですか。いつもこずえさんとやっているときみたく、演じていただければいいのですよ?」

アヤ「え、ちょっとまて。なんで知ってるんだよ」

桃華「あ、あら?みなさん周知の事実かと思っていたのですけれど…」

蘭子「秘密の花園であったか(ひょっとして、隠していたことだったんですか?)」

アヤ「」

桃華「打ちのめされていますわね…」

6 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:49:57.52 ID:nALt7AsVo

アヤ「いや、ほんとどうやって知ったんだよ」

桃華「わたくしは蘭子さんからお聞きしたのですが」

蘭子「かの妖精から魂の叫びを感じ取った、と(こずえちゃんから演技がすごいって聞きました)」

アヤ「こずええええええええええぇぇぇぇぇ………」

こずえ「んー…」

アヤ「…………」

アヤ「あーちくしょう!突発的なプロレスごっこで許してやる!覚悟しろ!」

こずえ「わぁーい…」

7 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 00:55:18.60 ID:nALt7AsVo

蘭子「禁忌に触れたのは我であった…すまない事をした(私、みんなに言いふらしちゃいました…ごめんなさい)」

アヤ「アタシのイメージがたがたじゃねーか…悔やんでも仕方ないけど」

桃華「むしろいい印象を受ける方が多くいらっしゃったみたいでしてよ?こずえちゃんと親身になって遊んでくれる優しい方だと」

アヤ「そ、そうかあ?」

こずえ「あや、やさしいー…」

アヤ「そうかあ?」

桃華「顔、にやけていますわ」

アヤ「だから言うなって!」

8 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 01:03:38.71 ID:nALt7AsVo

アヤ「あーもう、おまえ達罰としてこずえと定期的に遊べ!」

桃華「罰を受ける理由がわかりませんが…それぐらいなら喜んで」

蘭子「魂が高鳴るわ!(精一杯頑張ります!)」

アヤ「ということで、アタシがいない時はこの二人が遊んでくれるからな。よかったな、こずえ」

こずえ「うんー…あたらしい…おもちゃがふえて…うれしいー…」

アヤ「えっ」

桃華「えっ」

蘭子「えっ」

9 : ◆CxfV4ciaVnNc 2015/04/09(木) 01:05:09.12 ID:nALt7AsVo
寝落ちして遅れたよちくしょう!
三人とも誕生日おめでとう!
あとあやこずはやれ!

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/09(木) 01:33:37.70 ID:iQzZ4jv9O
きりのん可愛かったおつー



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: こずえ「たんじょうびー…だれのー?」アヤ「蘭子と桃華だ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428505162/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8098-f46b1fd8