ヘッドライン

時子「この豚ァ!」亜里沙「ぶーぶー♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428319775/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:29:36.15 ID:F2nWuEjpo
――ライブ。

亜里沙「はぁ~い、みんな元気~?」


\げんきー!/

亜里沙「うふ、いいお返事ですねぇ」

亜里沙「今日はなんと、新しいお友達が来てくれましたぁ」

亜里沙「(大きな声で、呼んでほしいウサ!)」

\はぁ~い!/

亜里沙「ざいぜん、ときこちゃんです!」

亜里沙「時子ちゃん? 時子ちゃ~~ん??」

\ときこちゃあああああん!/


時子「……」プルプル


P「時子様、出番ですよ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:30:13.54 ID:F2nWuEjpo
――事務所。

時子「おい!」

P「どうしたんですか、時子様」

時子「おかしいだろ!」

P「ばっちり決まってましたよ」

時子「決まることがおかしいわ!」

P「いいお披露目だったと思いますが」

時子「お前の中でだけよ!」

亜里沙「ダメだった……?」

時子「う!」ビクッ

亜里沙「先生、一生懸命考えたんだけど」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:31:04.13 ID:F2nWuEjpo
時子(こ、ここで怯んではいけない)

時子「ふっ、当たり前じゃない、あそこにいる全員をひざまずかせるような一撃が足りなかったわ」

亜里沙「そうですか、じゃあもっとインパクトがあるやつを」

時子「考えなくていいから」

P「着ぐるみはどうですかね、インパクトありますよ」

亜里沙「ブタさんのやつなんてどうかしら!」

P「分かりました、至急手配を」

時子「私が着てどうするのよっ!」

亜里沙「いえ、私が!」

時子「亜里沙も着てどうするのよ!?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:31:30.58 ID:F2nWuEjpo
時子「はぁはぁ、疲れるわ」

P「時子様、椅子をどうぞ」ガタッ

時子「チッ、上辺だけへつらうなんて豚の」<ブー

時子「……」

[ブーブークッション]

亜里沙「ブタさんが好きって言ってたから」

時子「あー……」

P「常にブタを尻で踏むイメージをつけてもらいたいと」

時子「とりあえず跪け」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:31:57.43 ID:F2nWuEjpo
――年上。

時子「いいこと、亜里沙」

亜里沙「なぁに、時子ちゃん」

時子「私はあなたより早くに生まれているわ」

亜里沙「そうね」

時子「つまり、同い年とは言え、馴れ馴れしく呼ぶのはおかしいでしょう」

亜里沙「親しみが持てるかなって思ったんだけど」

時子「そういうのがダメよ。高みを目指すアイドルなら、はっきりさせるべきだわ」

亜里沙「分かったわ、時子お姉ちゃん」

時子「は?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:32:24.18 ID:F2nWuEjpo
亜里沙「時子お姉ちゃん、お茶が入りましたよ」

時子「……」

亜里沙「時子お姉ちゃん、次の仕事は15時からだって!」

時子「……」

亜里沙「時子お姉ちゃん、お菓子の差し入れが」

時子「……」

P「時子お姉様、衣装合わせをしたいのですが」

時子「おい豚ァ!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:32:55.65 ID:F2nWuEjpo
――ファッション。

亜里沙「Pくん、この服どうかなぁ?」

P「いいと思いますよ」

亜里沙「本当? おめかししてきたけど、イマイチ自信がなくって……」

P「大丈夫です、自信を持ってください」

時子「……」

亜里沙「うん、それじゃ」

時子「待ちなさい、亜里沙」

亜里沙「時子お姉ちゃん」

時子「その呼び方はやめなさい」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:33:24.41 ID:F2nWuEjpo
時子「いいこと、アイドルっていうのは、流行のリーダーでしょう?」

亜里沙「そうかしら」

時子「そうでなくても、上に立つ存在、いわばクイーンになるべき立場でしょう」

時子「それが人にファッションの良し悪しを聞いて回るなんて恥ずかしくないのかしら」

亜里沙「それは」

P「ですが時子様」

時子「豚は黙れ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:33:55.32 ID:F2nWuEjpo
時子「自信もなく、怯えて祭り上げられるだけがいいならそれでもいいわ」

時子「でも、アイドルとして上を目指すなら、そんな無様な真似は辞めることね」

時子「自分から発信してこそアイドルではなくて?」

亜里沙「お姉ちゃん……」

時子「そっちを残すな」

亜里沙「ありがとう、時子さん、私もっと自信を持つわ」

時子(ふっ、らしくない説教を)

亜里沙「じゃあ、時子ちゃん用に指人形作ってたの! ブタコちゃん!」すっ

時子「!?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:34:22.38 ID:F2nWuEjpo
亜里沙「ユニット組むからって思ってたけど、ちょっと恥ずかしくって」

亜里沙「でも私、自分から発信するわね!!」

P「これは良い出来ですね」

時子「い、いやあの」

P「これでいつでもブタを叩けますね」

亜里沙「叩くだけじゃダメよ、ブタコちゃんの気持ちを声に出さないと」

P「なるほど、ブタの気持ちになるですよ、と」メモメモ

時子「豚ァ! 企画メモ書いてるんじゃない!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:34:48.47 ID:F2nWuEjpo
――ブタコちゃん。

時子「……」

時子「……」

時子「……ん、あっ、あー」

時子「ぶ、ブヒィン……罵ってください……ブヒ」

時子「フン、豚が、ただでご褒美がもらえると思っているの?」

時子「……」

時子「……なんか違うか」


P「号外ィィィィイイイイ!! 『時子様、ブタ役に挑戦!!』」ダダダッ

時子「ッ! ッ! ッ!」ビシィッ バシィッ

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:35:15.65 ID:F2nWuEjpo
――女王様。

時子「いいこと。私が恥をかいたんだから、亜里沙も合わせるのよ」

亜里沙「はい」

時子「ファンは下僕、Pは豚。分かるわね?」

亜里沙「よくわからないけど、おしおきなら得意よ♪」

時子(あれ? なんか反応が予想と違う)

時子「それなら一発やってみなさい」

亜里沙「……」すっ

亜里沙「ネットでだけは偉そうなのね」ニコ!

時子「そういうのとは違う」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:35:41.71 ID:F2nWuEjpo
亜里沙「あら~、普通に女王様のつもりになればいいんですね♪」

亜里沙「それならやったことあります」

時子「あるの?」

亜里沙「ええ……『私を誰だと思っているの!』」

亜里沙「『そこに跪きなさい!』」

時子「なかなか様になってるじゃない」

亜里沙「『私が女王様なら、Pくんはナイトね♪』」

時子「ん?」

亜里沙「『手柄を立てたらご褒美をあげるわ……』」シュルリ

時子「脱いでどうする」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:36:10.01 ID:F2nWuEjpo
亜里沙「女王様ってこういうイメージだったんだけど」

時子「痴女か何かとは違うのよ」

亜里沙「『えらいわ領民、百万年無税』」

時子「そういうのでもないっ!」

亜里沙「じゃあどういうの何ですか?」

時子「そうね、たとえば……這いつくばって足の指をお舐め!」

亜里沙「ぱくっ」

時子「ひゃわわわわぁ!」

時子「アホ!」ビシッ

亜里沙「(酸っぱい味だったウサ!)」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:37:09.53 ID:F2nWuEjpo
――写真集。

P「時子様、企画書でございます」

時子「……今度こそ、まともなやつでしょうね」

P「時子様の魅力を引き出せる企画をご用意してございます」

時子「フン……」ペラ

『ウルトラ足舐めフェスティバル!
 指先まで美しい、ホンモノの財前時子様の美脚を接写接写接写ァ!
 シークレットにはユニットで組んでいる持田亜里沙さんによる時子様指舐めブロマイド』ビビーィッビリィーッ

P「お気に召しませんでしたか」

時子「いつ撮った」ハァハァ

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:37:52.86 ID:F2nWuEjpo
――出会い。

時子「ここがお前の働いている事務所ね」

P「左様でございます」

時子「ま、暇つぶし程度に遊んであげるわ」キィ

亜里沙「あっ、新人さんかしら?」

時子「そうよ、私が――」

亜里沙「――Pおにいさん!」

P「亜里沙おねえさん!」

時子「!?」

二人『さぁ、新しいお友達だよ~! みんな寄っといで~!』

時子「!?」

わー、新人さんですか ハジメマシテ 背、高ーい

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:38:35.28 ID:F2nWuEjpo
――別れ。

時子「……」グッタリ

P「自己紹介はこんなところでしょう」

時子「お前、いつもこんなことを……?」

亜里沙「あ、お帰りかしら?」

P「――亜里沙おねえさん!」バッ

亜里沙「Pおにいさん!」ガシッ

時子「!?」

P「トンネルくぐれば~」

亜里沙「サヨナラ駅だよ~」

時子「……」

時子「この、腕で作った輪をくぐれと……」プルプル

二人『またあっそっぼ~』

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:39:02.47 ID:F2nWuEjpo
――感謝。

亜里沙「時子ちゃんいる?」

亜里沙「……あっ、寝てる?」

亜里沙「ふふ」

亜里沙「あのね、最近、とっても楽しいのよ」

亜里沙「私、あんな風に叱られること、なかったから」

亜里沙「こんな性分だからかな、お姉さんみたいな人と一緒に組めるの、嬉しくて」

亜里沙「……すごく、感謝してる」

P「それ、椅子にコートかかっているだけですよ?」

亜里沙「あわわわっ!」ワタワタ

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:43:13.75 ID:F2nWuEjpo
亜里沙「もう、Pくん、いるなら言って!」

P「すみません、つい」

亜里沙「さ、さっきの話は、ひ、秘密よ?」

P「そうですか」

亜里沙「ええ! 大人ですから、ちゃんと自分で言うんですっ」

P「女王陛下の仰せのままに」

亜里沙「あ、やー、もう、恥ずかしいなぁ」


P「まあ近くに時子様いるんですけどね」

時子「シーッ! こっちに来るんじゃない!」コソコソ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:43:50.07 ID:F2nWuEjpo
――入れ替わり。

亜里沙「あら、時子ちゃんがお休み?」

ちひろ「ええ。体調を崩されたようです」


亜里沙「確かお仕事が入っていたわね……」

ちひろ「ええ、代わりにやっていただけますか?」

亜里沙「もちろんよ!」


P「そうですか、時子様がお休みで」

ちひろ「ええ、ですので、亜里沙さんに代役を」

亜里沙「待たせたわね、このブタ共!」バッ

P「身長と胸で無理がありますよ」

亜里沙「この豚ァ♪」ビシッ

P「おお、これはこれで」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:44:24.30 ID:F2nWuEjpo
P「しかし、いいんですか」

亜里沙「大丈夫よ、いつも側で見ているんだもの」

P「今日の仕事はバーでSMライブを」

亜里沙「それアイドルの仕事なの?」

P「時子様の昔のお仕事の関係でひとつ」

亜里沙「そうなんだ……」

P「今からでも断りましょうか?」

亜里沙「いいえ、務めてみせます!」

亜里沙「(お触りは許さないウサ!)」

P「これは頼もしいですね」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:44:57.72 ID:F2nWuEjpo
時子「……ケホッ」

ピロリロリン

時子「チッ、こんなときに」

『時子ちゃんのお友達ってすごいわね』

時子「……」


時子「で、何したの」

亜里沙「ふ、普通にお仕事」

時子「ウソを付きなさい」

亜里沙「と、時子ちゃんのモノマネをしただけよっ」

時子「私のモノマネで大の男が二人病院送りになるわけないでしょう」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:45:31.33 ID:F2nWuEjpo
――忘れ物。

時子「ふぁあ、さすがに疲れたわ」

時子「あら? これは亜里沙の……」

時子「ウサコちゃん、だったかしらね」

時子「チッ、持って行ってやるか」ガッ

時子「……」

時子「うぐぐ」プルプル

時子「な、なんて重さなの!?」

P「それは今度グッズ販売するウサコちゃんの置物ですよ時子様」

時子「……」

P「『な、なんておも(ry』」

時子「事務所が暗かったから見えにくかっただけよ!」バシッ

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:46:10.54 ID:F2nWuEjpo
――忘れ物2。

時子「あら? また亜里沙の……」

時子「まったく、仕事で使うんでしょうに」

時子「……今度はホンモノでしょうね」ひょい

時子「フン……中はどうなっているのかしら」

時子「……」スポ

時子「……」グッ

時子「ぬけない」

P「時子様」

時子「ひゅひぃ!?」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:46:45.14 ID:F2nWuEjpo
P「次のお仕事の時間ですが……おや?」

時子「こ、これは、なんでもないのよ」サッ

P「なんでもなくないでしょう。次のお仕事でウサコちゃんを使いますので」

時子「クッ、具合を確認していただけよ」

P「では、亜里沙さんに返して上げてください」

時子「そ、そうね」グッグッ

P「まさか」

時子「違うわよ! こんな!」

P「ふむ。時子様の方が大きいですからね」

時子「ゴムが引っ掛かって……」ぎゅ~

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:47:16.68 ID:F2nWuEjpo
P「仕方ありません。今日はこのまま行きましょう」

時子「!」

時子「イヤよ!」

P「しかし、時子様。ウサコちゃんは一体しかないのです」

時子「ぐっ」

P「お仕事の穴を作るわけには行きませんし」

時子「……そ、そうよ。ウサコが不要な構成にすればいいじゃない」

P「当日にそれは無理ですよ」

時子「……」プルプル

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:47:45.81 ID:F2nWuEjpo
――幼稚園。

亜里沙「はぁ~い、お友達のみんな~」

時子「……」

\はーい/

亜里沙「いいお返事ですねぇ」

亜里沙「今日は、ウサコちゃんと時子先生が来てくれてますよぉ」チラッ

\はじめましてー/

時子「……」

亜里沙「時子おねえちゃん」ヒソヒソ

時子「う、ウサー……と、時子先生、ダヨ……」ダラダラ

\ウサー!/

亜里沙「うふふ」ニコニコ

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:48:22.78 ID:F2nWuEjpo
P「お疲れ様でした」

亜里沙「すごく良かったですよ♪ 時子先生」

時子「ぐぬぬ」

時子「で、これ、外れないんだけど」

亜里沙「え? ここを捻ればいいのよ?」キュッ すぽっ

時子「は?」

亜里沙「Pくんが知っているはずじゃ」

時子「は?」クルッ

P「良かったですよ、時子先生!」ダッ

時子「ブタァ!!」バッ

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:48:52.47 ID:F2nWuEjpo
――いつもの。

時子「亜里沙」

亜里沙「なぁに、時子ちゃん」

時子「ちゃんづけはやめなさい」

時子「さっさと次の現場で下僕たちをお仕置きに行くわ。準備できてる?」

亜里沙「ええ! ウサコちゃんもバッチリよ!」

時子「……私に合わせなさい、私に」

亜里沙「ええ! ムチもしっかり持ったわ!」

時子「それじゃない!」

P「時子様、亜里沙先生。お車の準備が出来ております」

亜里沙「Pおにいさん!」

P「のりものあつまれ~!」

時子「」ビクッ

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:49:19.71 ID:F2nWuEjpo
時子「だから急に歌うのやめろ」ギリギリ

P「事務所が明るくなるかと思いまして」

亜里沙「行きましょ♪」

時子「……チッ」

時子「……」

時子(慣れたけど……)

時子(もしかして、私、変なところに入った?)

おしまい。

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:51:05.72 ID:F2nWuEjpo

・同い年
・女王様
・胸は控えめ
・動物に関連性がある
・みんなとプレイ=遊びするのが好き

これはユニット化不可避ですね間違いない

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 20:53:24.29 ID:iOxaPArb0
トンネル抜けたらさよなら駅だよがクリティカルすぎた
腹が痛い

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 21:26:32.97 ID:6zNi5JPxo
とっても良いと思いました(小並感)



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 時子「この豚ァ!」亜里沙「ぶーぶー♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428319775/

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (2) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 329

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/8045-98b29616