ヘッドライン

美希「翼の甘えっぷりがハンパないの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423145653/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 23:14:14.00 ID:+jTQaUcI0
翼「あ! 美希せんぱーい!」


美希「うげ。噂をすればなの」


翼「うげって何ですかうげって! もう! どーん!」

美希「がふぅ」

翼「うふふ、美希せんぱいぎゅ~」

美希「く、くるしいの……ちょっと放すの……」

翼「え~」ギュー

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 23:23:18.64 ID:+jTQaUcI0
美希「もう! 何なの翼は! ミキを見つけたらすぐ抱きついてきて!」

翼「え~? 美希せんぱい、わたしに抱きつかれるのイヤなんですかぁ……?」

美希「い、イヤっていうか」

翼「…………」ジー

美希「い、イヤじゃないけど! ちょっと控えめにしてほしいの!」

翼「あーんもう! やっぱり美希せんぱい大好き!」ギュー

美希「って、言ってるそばから抱きつかないの! もう!」グイグイ

翼「えへへ……美希せんぱいってすっごくふかふか!」

美希「ちょ、こら! どこに顔をうずめてるの!」

翼「えへへ~」スリスリ

美希「も、もー!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 23:28:46.20 ID:+jTQaUcI0
美希「別に懐いてくれるのは構わないけど、もうちょっとセツドをわきまえてほしいって思うな!」

翼「そうですか……美希せんぱいはわたしが嫌いなんですね……」

美希「き、嫌いなんて言ってないの!」

翼「じゃあ好き?」

美希「え?」

翼「え?」

美希「…………」

翼「…………」ジー

美希「ま、まあ……好きか嫌いかで言えば、好き……だけど」

翼「美希せんぱいぎゅー!」ギュー

美希「ちょ、こらっ! さっき引きはがしてからまだ一分も経ってないの!」

翼「えへへ~」スリスリ

美希「も、もー!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 23:42:08.04 ID:+jTQaUcI0
美希「だいたい、なんでそんなにミキに懐いてくるの?」

翼「なんでって……美希せんぱいはわたしの憧れだからです!」

美希「憧れてくれるのはいいけど……もうちょっとこっそり憧れてくれてもいいんだよ?」

翼「わたし、肉食系なんです☆」

美希「うん、まあそんなカンジだよね……」

翼「でもわたし、美希せんぱいの嫌がることはしたくないから」

美希「えっ?」

翼「明日からはちょっとこっそりめにしますね!」

美希「本当かなあ……」

翼「本当ですよ! 美希せんぱいぎゅー!」ギュー

美希「ああっ! また言ってるそばから!」

翼「えへへ~」スリスリ

美希「も、もー!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/05(木) 23:52:20.94 ID:+jTQaUcI0
~翌日・事務所~

翼「あ! 美希せんぱーい!」

美希「うげ。翼なの」

翼「あー! またうげって言ったー! 地味に傷つくんですよ、それー! もー!」

美希「あ、あはは……ごめんなの」

翼「…………」

美希「?」

翼「じゃあ美希せんぱい、また後で!」タタッ

美希「え? あ、ああ……うん」

美希「…………」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/06(金) 00:04:32.43 ID:Um+2URMJ0
美希(今日はゼンゼン翼が抱きついてこないの)

美希(もしかして昨日言ってたこと、本当に……?)

美希(…………)

美希「って、何でミキがヘコまなきゃいけないの!」

美希「翼が抱きついてこないのは良いことなの。そうに決まってる、の……」

翼「春香せんぱいぎゅー!」ギュー

春香「ちょ、ちょっと翼? どうしたのいきなり?」


美希「」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/06(金) 00:28:09.21 ID:Um+2URMJ0
翼「えへへ~春香せんぱいふかふか~」

春香「きゃっ!? ちょ、ちょっと翼!? どこに顔うずめて……!」

美希「…………」

翼「えへへ~」スリスリ

春香「ちょ、ちょっと……!」

美希「…………」グイッ

翼「春香せんぱ……あれ?」

春香「み、美希?」

美希「…………」

翼「美希せんぱい?」

美希「……春香にメーワクかけちゃダメだよ。翼」

翼「え~? わたし迷惑でした? 春香せんぱい」

春香「えっ。べ、別に迷惑ってことは……」

翼「わーい! じゃあお言葉に甘えてまたぎゅー!」ギュー

美希「!」

春香「きゃあっ! も、もう、翼ったら……」

翼「えへへ~」スリスリ

美希「…………」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/06(金) 00:35:29.68 ID:Um+2URMJ0
翼「あっ! そろそろわたしレッスンの時間だ! じゃあまた後で、春香せんぱい!」タタッ

春香「えっ、あ、ああ、うん」

美希「…………」

春香「あはは……ようやく解放されたよ」

美希「…………」

春香「でもどうしたんだろ、翼。急にあんな風に抱きついてくるなんて」

美希「……さあ? 春香のコトが好きなんじゃないの?」

春香「へっ?」

美希「…………」

春香「美希、なんか怒ってる?」

美希「……別に。怒ってなんかないの」

春香「ふぅん……」

美希「…………」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:02:20.98 ID:YI/AsPA80
~その日の午後~

美希(もう、なんでミキがこんなにモヤモヤしないといけないの)

美希(大体翼だって、春香が好きなら最初から春香に抱きついておけばいいのに)

 ガチャッ

美希「ただいまなの」

春香「あ、美希お帰り。レッスンどうだった?」

美希「うん。別にいつも通り、って……」

翼「えへへぇ~、春香せんぱ~い」ギュー

春香「きゃっ。く、くすぐったいてば、翼……」

美希(またくっついてる……)

翼「あっ。美希せんぱいお疲れ様です!」

美希「……うん。お疲れ様」

翼「ねーねー春香せんぱーい」

春香「翼、ちょっと暑いよ~」

翼「え~いいじゃないですかぁ~」

美希「…………」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:12:44.57 ID:YI/AsPA80
美希(なんなの? 昨日まではずっとミキにべったりだったクセに……)

美希(あれはミキをからかってたの?)

美希(…………)

翼「ねー春香せんぱーい。今度お菓子作り教えてくださいよー」

春香「お菓子作り? 別にいいけど……」

翼「本当ですか? やったぁ!」

美希「…………」

翼「春香せんぱい、お菓子作りまで教えてくれるなんて……なんてゆーか、ほんと“先輩”ってカンジ!」チラッ

美希「! ……」

春香「?」

美希「……ミキ、帰るね」スッ

春香「えっ、美希?」

美希「バイバイ」

翼「…………」

 ガチャッ、バタン

美希「…………」

美希「……もう、なんでこんなに……」

千早「美希?」


美希「! 千早さん……」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:23:11.79 ID:YI/AsPA80
~事務所屋上~

千早「なるほど。それで浮かない顔をしていたのね」

美希「……うん。おかしいよね。なんでミキ、こんなに……」

千早「伊吹さんのことが気になるのか、って?」

美希「…………」コクッ

千早「ねぇ、美希」

美希「? 何?」

千早「美希って、今まで後輩らしい後輩っていなかったわよね」

美希「後輩?」

千早「ええ。たとえば高槻さんや亜美真美は年下だけど、事務所には美希より先に入っていたし」

美希「そうだね」

千早「だから多分、初めて出来た“後輩”っていう存在に……戸惑っていたんじゃないかしら」

美希「ミキが?」

千早「ええ」

美希「…………」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:34:14.65 ID:YI/AsPA80
美希「そう……なのかなぁ」

千早「きっとそうよ。だから美希の方で無意識に壁を作ってしまって……それで伊吹さんも、ちょっと距離を置くようになったんじゃないかしら」

美希「うーん……でも……」

千早「でも?」

美希「今日の翼を見てると、ミキがどうこうっていうより、最初から春香の方が好きだったんじゃないかなって思うけど」

千早「見たまんまに解釈したらそうなのかもしれないれど……猫は気まぐれな生き物だから、分からないわよ」

美希「ネコ? 翼が?」

千早「ええ。すごく猫っぽいでしょ? あの子」

美希「うーん……まあ言われてみればそうかもなの」

千早「美希もかなり猫っぽいと思っていたけど、伊吹さんはそれ以上ね」

美希「むー……翼と一緒にされるのはちょっと心外なの」

千早「ふふっ」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:45:12.25 ID:YI/AsPA80
美希「でも……ありがと。千早さん」

千早「え?」

美希「ハナシ、聞いてもらえただけでも大分ラクになったの」

千早「美希」

美希「だから今度からは……ミキの方から、もうちょっと翼に歩み寄ってみようかなって思う」

千早「ええ。それがいいと思うわ」

美希「…………」

千早「…………」

美希「……ねぇ、千早さん」

千早「何? 美希」

美希「ちょっとだけ……ぎゅーってしてもらっても、いい?」

千早「えっ?」

美希「ダメ、かな?」

千早「……ダメよ」

美希「えぇ!?」ガーン

千早「ふふっ、冗談よ。可愛い後輩の頼みを断れるわけないじゃない」

美希「も、もぉ……千早さんのイジワル」プクー

千早「ごめんなさい、美希。謝るから、そんな膨れっ面しないで」

美希「じゃあ、いっぱいいっぱいぎゅーってしてくれたら許してあげる」

千早「はいはい。仕方ないわね。じゃあ……」スッ


 「だめーっ!!」


美希・千早「!?」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 13:56:07.30 ID:YI/AsPA80
翼「だめですだめですーっ! 美希せんぱいにぎゅーってしていいのはわたしだけなんだからっ!」ダッ

美希「!? えっ、ちょっ、つば」

翼「美希せんぱいぎゅー!!」ドーン

美希「がふぅ」

翼「ああん、一日ぶりの美希せんぱいの匂いとぬくもり……はぁあ……」ギュウウウウウ

美希「ちょっ、翼、く、くるしっ……」

春香「つ、翼? 美希がアイドルに相応しくない顔色になりつつあるからほどほどに……ね?」

千早「春香? これは一体どういうことなの?」

春香「あ、千早ちゃん。えっとね、なんというか、まあ……」

翼「あぁああ美希せんぱい美希せんぱい美希せんぱい……!」ギュウウウウウスリスリスリスリ

美希「あ、あついしくるしいの……なんなのなの……」

春香「……つまり、そういうことだよ!」グッ

千早「何一つ分からないのだけど!?」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:17:02.71 ID:D2bRW+3R0
~事務所内~

千早「……要するに、ずっと見てたって言うの?」

春香「いや、ずっとっていうか……美希が千早ちゃんに『翼のことが気になる』っていう話を始めたところからなんだけどね」

千早「つまり最初からということね」

春香「ま、まあ平たく言うとそういうことになるかな……はは……」

千早「まったく、覗き見なんて悪趣味よ。春香」

春香「だ、だって……美希が出て行ってからすぐ、翼が『春香せんぱい、行きますよ!』って私の手を引いて……」

千早「人のせいにしないの」

春香「ふぁい……ごめんなしゃい……」

千早「……で、肝心の伊吹さんだけど……」チラッ


翼「ねぇねぇ美希せんぱ~い? わたしにそっけなくされてさびしかった? さびしかったですよね? ね? ね?」

美希「う、うるさいの! っていうかさっきからしつこいの! もう!」

翼「も~ムキになっちゃって~。ホントはさびしかったくせにぃ~。素直じゃないんだからぁ」

美希「う、うるさいうるさいうるさいの!」プイッ


千早「……要するに美希の気を引きたくて、あえて春香に甘えたりしていた、と……」

春香「そーだよもう! 当て馬ですよ、当て馬!」

千早「なんで春香が怒ってるのよ……」

春香「だってなんかくやしーんだもん……せっかく懐いてくれる後輩ができたって思ったのにさ。ぐすん」

千早「もう。そんなことでいちいち拗ねないの」ナデナデ

春香「うぅ……千早ちゃあん!」ダキッ

千早「きゃあっ! ちょ、ちょっと春香……」

春香「……千早ちゃんは春香さんがいただいた」ギューッ

千早「もう、仕方のない子ね」ナデナデ

春香「えへへ」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:28:55.36 ID:D2bRW+3R0
翼「あーっ! 春香せんぱいが千早せんぱいになでなでされてるーっ! いいないいなー。ねぇねぇ美希せんぱい、あれわたしにも……」

美希「やんないの」

翼「ひどい! っていうかまだ最後まで言ってないじゃないですかー!」

美希「言わなくても分かるの」

翼「流石美希せんぱい! 私のことならなんでもお見通しってことですね!」

美希「翼のそのポジティブ精神は何なの」

 ガチャッ

P「何だ? なんか騒がしいな」

春香「あ、プロデューサーさん。お帰りなさい!」

P「おう、ただいま。実は来週から、またうちに新人アイドルが入ることになってな」

千早「そうなんですか」

P「ああ。で、今日ちょっと都合がついたんで、事前に簡単な挨拶だけでもと思って連れて来た。君、こっちへ」

未来「はっ、はい! か、春日未来といいます! 来週からお世話、に……」


美希「……ん?」

未来「……み……」

美希「み?」

未来「……ミキミキ!!??」

美希「へ?」

翼「!?」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 20:43:55.32 ID:D2bRW+3R0
未来「きゃーすごい! ミキミキだ! 生ミキミキだ! ささささわっても、あ、じゃなくてええっと、あ、握手してください!!」

美希「え? あ、う、うん……」スッ

 ガシッ

未来「……え?」

翼「……わたし、伊吹翼。よ・ろ・し・く・ね?」ギュウウッ

未来「い、いたっ……っていうか、え? あの、私はミキミキと握手を……」

翼「……ミキミキ? 仮にも事務所の先輩に対してその口の利き方はどーかなって思うよ?」

未来「そ、それはまあそうかもだけど、なんであなたにそんなことを……」

翼「なんでって? だって美希せんぱいの一番弟子だもん、わたし」

未来「い、一番弟子? そ、そうなのミキミ……じゃなかった。そうなんですか? 星井先輩」

美希「ちげぇの」

未来「違うって」

翼「あーんなんでですかー! 美希せんぱーい!」ユッサユッサ

美希「もうほっといてほしーの」グラグラ

未来「ほ、星井先輩! 今度私と遊びに行きましょう!」

翼「ちょっ……あなた今日来たばっかで何言ってんの!?」

未来「確かに事務所に来たのは今日だけど、私はミキミ……星井先輩のデビュー当時からずっと追っかけやってたもん!」

翼「そんなのわたしだってそうだし!」

未来「え? そうなの?」

翼「うん」

未来「…………」

翼「…………」

美希「?」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:00:25.71 ID:D2bRW+3R0
未来「……765プロ1stライブの『マリオネットの心』で星井先輩の左頬を最初に汗が伝ったのはどのパートのとき?」

翼「一番Bメロ」

美希「!?」

翼「……765プロアリーナライブのMC時に美希せんぱいが水を飲んだ回数は何回?」

未来「第1MC時1回、第3MC時2回、第6MC時1回、計4回」

美希「!?」

翼「…………」 スッ

未来「…………」 スッ

 ガシッ

翼「わたし、あなたのこと誤解していたみたい」

未来「私の方こそ」

翼「改めてよろしく。未来」

未来「こちらこそよろしく。翼」

美希「??」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:14:44.97 ID:D2bRW+3R0
~一週間後~

翼「ねぇねぇ美希せんぱーい! 今日はわたしと一緒にボーカルレッスンしましょうよ~!」ユッサユッサ

未来「いやいや、今日は私と一緒にダンスレッスンしましょう! ね? 星井先輩!」ユッサユッサ

美希「うぅ……どっちもヤなの……ミキはお昼寝したいの……」モゾッ

翼「あ、じゃあわたしも美希せんぱいと一緒にお昼寝しよーっと! えーい!」ドーン

美希「がふぅ」

未来「あーっ! ずるいよ翼! じゃあ私もー!」ドーン

美希「がっふぅ」

翼「ちょっと未来! いくらなんでもこのソファーに三人は無理だって!」

未来「えー! だって私も星井先輩の寝汗の匂い嗅ぎたい!!」

美希「ふ、二人とも、お願いだから静かに寝させてほしいの……」

翼「はーい! じゃあわたし、静かに美希せんぱいの傍に寄り添いまーす!」ピトッ

未来「じゃあ私も!」ピトッ

美希「うぅう……あ、あっちぃの……」

翼「えへへ……照れてる美希せんぱい可愛い♪」ツンツン

美希「照れてないの……てゆーかそんなに密着されるとマジで暑いの翼……」

未来「あっ。星井先輩のおでこに汗が……な、舐め取ってもいいですか?」ハァハァ

美希「未来は未来でマジでちょっと怖いの……」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:26:15.28 ID:D2bRW+3R0
翼「ふふっ、でもぉ~」

美希「? 何?」

翼「わたし、知ってるんですよぉ?」

美希「だから、何をなの」

翼「美希せんぱい、この前、プロデューサーさんに『三人で寝ると狭いから、新しい大きめのソファーを買ってほしい』ってお願いしたでしょー?」

美希「!? な、何でそれを!?」

翼「えへへ~。この前たまたま、プロデューサーさんと律子さんがその話してるの聞いちゃったんです!」

美希「そ、それはあの、ミキがこうやってソファーで寝てると、すぐ翼と未来がきちゃうからっ……!」

翼「でもそれってー、こーゆーふうにわたし達にじゃれつかれるのも、嫌じゃないってコトですよね?」

美希「う、うぅ……も、もぉ知らないの! ミキ寝るからねっ!」プイッ

翼「やーん♪ 美希せんぱいってば、耳まで真っ赤になっちゃって超かわいいっ!」ツンツン

美希「ひゃっ! きゅ、急に耳突っつかないの! もう! 翼のバカ!」

未来「真っ赤になった星井先輩の耳たぶ舐めてもいいですか? いいですよね?」ハァハァ

美希「未来はマジでちょっと自重しろなの」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 21:48:41.39 ID:D2bRW+3R0
春香「むぅ……」

千早「何見てるの? 春香」

春香「また美希ばっかり懐かれてる……ちぇっ」

千早「あら? じゃあ私が代わりに春香に懐いてあげましょうか? ……あんな風に」

春香「え……えぇっ!? そ、それは流石にちょっと恥ずかし……」

千早「……なんてね」

春香「えっ?」

千早「冗談よ。春香」

春香「も、もー! 千早ちゃんのバカァ!」

千早「ふふっ」



翼「ねぇねぇ美希せんぱーい。もっと照れてくださいよー。わたし、美希せんぱいの照れ顔でご飯五杯はいけるんです!」ユッサユッサ

美希「翼はミキを何だと思ってるの……」

未来「はぁはぁ……星井先輩の髪の毛の匂い……なんて甘美でかぐわしい……」クンクン

美希「未来……そんな露骨にヒトの髪の匂いを嗅ぐのは流石にどうかなって思うな……」

翼「ねぇねぇ美希せんぱい!」

未来「はぁはぁ星井先輩……!」

美希「うぅ……もう好きにしてなの……」





P(……あいつら三人でユニット組ませてみようかな……)







37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/08(日) 23:34:25.01 ID:IDl494AXo
未来ちゃん中の人が漏れすぎぃ!
そしてみきつばわっほい

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 00:34:17.63 ID:q1m22KhjO

みきつばいいよみきつば



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 美希「翼の甘えっぷりがハンパないの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423145653/

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 02 アイドルマスター ミリオンライブ!
乙女ストーム! 春日未来(山崎はるか) 真壁瑞希(阿部里果) 望月杏奈(夏川椎菜) 七尾百合子(伊藤美来) 伊吹翼(Machico)
ランティス (2014-07-30)
売り上げランキング: 3,360

コメント
2420: 2015/04/01(水) 10:34
未来が完全にぴょんきちじゃねーか!
2440: 2015/04/04(土) 16:44
(翼って誰や…)
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7970-2227168d