ヘッドライン

P「女の体になった!!おっぱい揉み放題だ!!Yahoo!!」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 10:37:03 ID:Ng1QsrYc


  765プロ事務所



P「事務所でうたた寝して、起きたら女になってた……」

P「鏡で確認するに、この姿はどっかで見た事が有るんだよなぁ」ジィーッ


P「あっ、そうだ!! 346プロの事務員をしてる、千川ちひろって人にソックリじゃないか!?」

P(以下ちひろP)「声も女性っぽいし、体型も……そうだよなコレ?」




P「処理の仕方?」
の後日談。要約すると、アイドルみんなアレが生えてます。

これでイヤな予感したらブラバ推奨。

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 16:28:01 ID:Ng1QsrYc


ちひろP「お……」プルプル

ちひろP「おおおおおおおおおおおお!!!」ガタッ


ちひろP「女の体になった!!」

ちひろP「おっぱい揉み放題だ!! ヤフーーーッ!!!」



ちひろP「治療方法は後で探すとして、まずは……」

ちひろP「てやっ!!」ムニュッ


ちひろP「てやてやっ!!」ムニュ ムニュッ

ちひろP「……」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 16:37:05 ID:Ng1QsrYc


ちひろP「何も感じない……」

ちひろP「なんだっ、なんなんだコレは!? 無意味過ぎるっ」ガクッ


ちひろP「俺の予想では」




ちひろP『んっ、ぁっ……///』ビクッ




ちひろP「とか、なる予定だったのに……何も感じないんじゃなぁ」ムニュムニュ

ちひろP「もうヤメヤメ、この症状を調べるか」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 17:05:13 ID:Ng1QsrYc


ちひろP「教えてGoogleせんせー」カタカタッ

ちひろP「……」


ちひろP「おっ、あったあった!! 男性が睡眠中に女性へ、これだな?」

ちひろP「ふむ、『落差見病』か。長くても一週間程度で自然治癒し、後遺症も残らない……最近発見された病気、と」ジィーッ



ちひろP「一週間、短いようで長いな。かと言って、わざわざ女性用の服やら下着は買いたくないんだよなぁ」

ちひろP「ま、このままでいいや。何か有ったら小鳥さんに助けて貰おう」ポンッ


ちひろP「今は何より、アイドル達に説明しないとな」

ちひろP「ったく、あっちはあっちで大変なのに、俺までこうなるとは……ああ頭痛い」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 17:14:01 ID:Ng1QsrYc


ちひろP「んっ……」ジィーッ

ちひろP「危ない危ない、注意事項を見逃す所だった!!」


ちひろP「注意事項。自然治癒されますが」

ちひろP「女性の体になっている間、異なるDNAの精子を膣内から摂取すると、戻れなくなる可能性有り」



ちひろP「そのボーダーラインは、五人」

ちひろP「五人までは全く問題無いが、六人以上だと飛躍的に危険性は高まる」


ちひろP「……」

ちひろP「まぁ、この体でエッチなんてしないし、したくもない。ぜんぜん関係無いな」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 19:56:02 ID:Ng1QsrYc


 ガチャッ

真「レッスン終わりましたっ」

美希「ただいまなのハニー!!」タタッ


ちひろP「おう、早かったな。二人ともお疲れ様」ニコリ

ちひろP「次の仕事まで時間が有るから、ゆっくり休んでてくれ」



真「……」

美希「……」


真「えっ、と……」ジィーッ

美希「だれなの?」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 20:07:26 ID:Ng1QsrYc


ちひろP「ああ、それは……」




 【事情説明中】




ちひろP「なっ? スーツとかそのままだろ? ちょっとブカブカで歩き難いけど」

真「へーーっ!! 本当だっ、凄いなぁ!!」キラキラ


ちひろP「目を輝かせるなよ。別に凄くもなんとも無いぞ?」

真「なんかボクより、女の人……って感じですよねっ?」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 20:15:58 ID:Ng1QsrYc


美希「声も女のヒトだねっ?」

ちひろP「声も体も髪も、ぜーんぶ変わったからな……早く治るのを祈るばかりだ」


真「んっ、と言う事はですよプロデューサー?」

ちひろP「なんだ?」



真「その胸も本物なんですか?」

ちひろP「じゃないのか?」


真「……」ウズウズ

ちひろP「駄目だぞ?」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 20:23:14 ID:Ng1QsrYc


真「……」

ちひろP「駄目だ」


真「まだ何も言ってないじゃないですかっ!!」ワキワキ

ちひろP「そのエロい手つきをヤメなさいよ」



ちひろP「どうしても触りたきゃ、自分の触ってくれ」

真「自分のなんて、面白くないですっ」


ちひろP「それなら、こっちのを触ったって面白くないぞ?」

ちひろP「だいたい、何も感じないし」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 20:30:36 ID:Ng1QsrYc


美希「えっ!?」ビクッ

真「じ、自分のおっぱいを揉んだんですかっ?」


ちひろP「……」

ちひろP「あ」



美希「幾らハニーでも、少し引くの……」

真「うわーっ……」


ちひろP「皆やるんだよっ!!」アセアセ

ちひろP「別に良いだろっ、誰にも迷惑をかけてないんだからっ!!」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 23:50:44 ID:Ng1QsrYc


真「ならっ、ボクが揉んでも迷惑は掛からないって事ですよね?」

ちひろP「結局、そこに辿り着くんじゃねーか……」


真「ねぇねぇ、いいじゃないですかぁプロデューサー」ユサユサ

ちひろP「ああもうっ、わかったよ……揉めっ!!」



真「へへっ、やっりぃ!!」パチンッ

美希「真クンも、ハニーと同じくらい変だって思うな」


真「ねっ……よく、考えてみなよ?」ボソッ

美希「ん?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 00:10:28 ID:qQasCXVY


真「女の人の体でも、プロデューサーなんだよ?」ヒソヒソッ

美希「……」


真「いつもは軽くあしらわれちゃうけど、たぶん今は、同性だからか無意識にガードが弛くなってる」ヒソヒソッ

美希「……」



真「だから今の内に、スキンシップを沢山して距離を詰めちゃわないとねっ」ニヤリ

美希「……」


美希「んーっ、ミキはハニーが元に戻るまで待つのっ」ニコリ

真「うっ……すごい余裕を」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 09:33:59 ID:qQasCXVY


美希「あふぅ……ミキ、お仕事まで寝てるね?」トテテッ

真(美希には敵わないなぁ)


ちひろP「どうした、やっぱりヤメるか?」

真「も、揉みます、揉みますよっ!!」



真「では、えっと、あのっ……よろしくお願いします」ペコリ

ちひろP「お、おう……こちらこそよろしく」ペコリ


ちひろP(なんか緊張するな……)ドキドキ

真「んっ」スッ

19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 11:24:19 ID:qQasCXVY


真「えいっ」ムニュッ

ちひろP「……」


真「えいえいっ」モミュモミュ

ちひろP「……」



真「……」

ちひろP「……」


真「あのっ?」

ちひろP「どした?」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 11:29:56 ID:qQasCXVY


真「何か言ってくださいよっ!! 反応が無いと、そのっ……寂しい、です」シュン

ちひろP「いや、何かって言われてもな」


ちひろP「触られてるなー、って感じしかしないし」

ちひろP「まさか喘ぎ声を出せとか、そんなんじゃないだろ?」



真「……」

ちひろP「……」


真「それで」

ちひろP「無理だから。男の喘ぎ声とか聞きたくないから」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 13:22:12 ID:qQasCXVY


真「でも、今は女の人ですよね?」

ちひろP「声や体はな?」


真「ボクにおっぱいを揉ませてくれる、エッチな女の人ですよねっ!?」

ちひろP「よしっ、ヤメるっ!!」ガタッ



真「じょ、冗談ですよ冗談っ!!」アセアセ

ちひろP「……」


真「それなら、ボクを褒めてくれませんか?」

ちひろP「ホメる? まぁ、それくらいなら……」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 13:30:40 ID:qQasCXVY


真「すぅぅっ」

真「はぁぁっ……んっ」グッ


真「行きますっ」ムニュッ

ちひろP(褒めるったってなぁ……でも言わないと終わりそうに無いし、仕方ない、サービスするか)



ちひろP「まこと……」グイッ

真「うわっ!?」ボフッ


ちひろP「可愛いよ真……」ギュッ

真(あわわわわっ!? ボクっ、プロデューサーに、だ、抱き締められて、耳元でっ)

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 13:38:35 ID:qQasCXVY
あ、先に書いとくけど、Pは突っ込まれるよっ

みんなPの体に夢中になって、みんな中出ししたがるよっ

Pは竿役にならないよっ、気を付けてねっ!!

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 13:55:15 ID:qQasCXVY


ちひろP「ほらっ、手、止まってる……」ボソッ

真「っ……」ゾクゾクッ


真「ん」

真「どう、ですか?」モニュッ



ちひろP「あははっ、なんか……手付きがイヤらしいなぁ」

真「そんな事は……あぅぅっ」


ちひろP「あっ、わかった……真さ? 女の子が好きなんだろ?」ニヤリ

真「ちっ、ちがいますよ!!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 16:40:49 ID:qQasCXVY


ちひろP「雪歩と仲が良いなぁとは思ってたけど、なるほどねぇ……」

真「なっ……友達です!! 仲間ですよっ!!」


ちひろP「そうやって、ムキになる所が怪しいなぁ」

真「ムキになってません!!」



ちひろP「ほら、また手が止まってる……触りたいんだろ?」

真「うぐっ」プルプル


ちひろP「冗談だよ。真が冗談を言ったから、俺も……冗談」ニコリ

真「ひ、ひどいですよプロデューサー!!」キッ

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 16:53:00 ID:qQasCXVY


ちひろP「うちの事務所で怒った顔が一番可愛いの……やっぱり真だな」

真「んっ、なんですかソレ? 嬉しくないです」プイッ


ちひろP「そうか?」

真「そうですっ!!」



ちひろP「でも、普段は王子様してるからな……こうやって言葉でイジられるの、新鮮だろ?」

真「だから、嬉しくないですってば」


ちひろP「真はSって思ってたけど、この反応を見る限り……かなりMっぽいよなぁ」クスリ

真「Sです、ボクはドSですっ!! さっきからなんなんですかもう!!」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 17:01:43 ID:qQasCXVY


ちひろP「あ、SとかMの意味は知ってるんだ?」

真「っ……知ってちゃ、いけませんか?」


ちひろP「ううん。でも、気付かない?」

真「へっ?」



ちひろP「やっぱり気付いてないかぁ……まぁ、気付いてたら、こうしちゃ居られないよなぁ」

真「言って、くださいよ」


ちひろP「真、さっきから……勃ってるよ?」ボソッ

真「ウソっ!?」ビクッ

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 23:06:03 ID:qQasCXVY


ちひろP「やり方は教えたよな? トイレに行って抜いて来たらいいよ」

真「そん、な……だって今朝、出したのに。なんでっ!?」ギュッ


ちひろP「……」

ちひろP「ああ、ごめん真……もしかしてさ?」



ちひろP「俺の言葉で、変なこと考えちゃった?」

真「変なことって……」


ちひろP「勃っちゃうようなこと、だよ」

真「っ!?」ピクッ

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 23:15:33 ID:qQasCXVY


ちひろP「うーん。だったら、俺も悪いよなぁ……」

真「……」


ちひろP「そうだ、手伝おうか?」

真「ほっ、本当ですかっ!?」ズイッ



ちひろP「お、あ、うん。そうだな……と言っても、触ったりはしないぞ?」

真「えっ?」


ちひろP「ただ、ここに座ったまま、見てるよ」

ちひろP「真の喜びそうな表情で、ただ、見てる」ニコリ

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 23:24:41 ID:qQasCXVY


真「見てるだけ、ですか?」

ちひろP「そっ」コクリ


真「……」

ちひろP「俺はどっちでも良いぞ? 真が決めてくれ」



ちひろP「トイレに行って一人でするか、それとも……」

ちひろP「俺の前に座って、見られながらするか」


真「そんなのっ、ズルい……です」ギュッ

ちひろP「何がズルいんだ? ほらっ、選んで?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 23:37:31 ID:qQasCXVY


ちひろP「もし、ここでするなら」

ちひろP「俺のロッカーに何枚かタオルが入ってる……それを床に敷いて、靴と靴下を脱いでその上に座るといい」


ちひろP「準備は面倒だけど……」

真「あのっ!!」



ちひろP「ん、どうした?」

真「あのっ、あのっ……笑い、ませんか?」


真「ボクがしてる所を見て、笑いませんかっ!?」

ちひろP「……」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 23:45:40 ID:qQasCXVY


ちひろP「それは分からない……」

ちひろP「でも、真が心から嫌がる事は言わないよ?」


真「……」

真「決めました」スッ



真「……」ガチャッ

ちひろP「そこ、トイレじゃなくてロッカーだぞ?」


真「知ってます」ボフッ

ちひろP「ふーん、ここにタオルを置いたって事はぁ……」チラッ

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 11:44:51 ID:taJXwYfQ


真「……」トスンッ

ちひろP「やっぱり座るよねぇ……ここで、しちゃうんだ?」


真「……」スルスルッ

真「悪い、ですか?」



ちひろP「ううん、ぜんぜん」フルフル

ちひろP(えーっと、足を組んで、目を細めて、見下すように微笑む感じかな?)


ちひろP「いつも一人でしてるみたいに……やって見せて?」ニコリ

真「っ……」ゾクゾクッ

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 11:57:26 ID:taJXwYfQ


真「すぅぅっ」

真「はぁぁっ……」ドキドキ


真「……」

真「ふっ」ギュッ



ちひろP「へぇー、両手で握っちゃうんだ?」

ちひろP「真のは、少し大きいもんな?」


真「んっ、んっ、んっん」シュッ シュッ

真「ぷろ、でゅうさぁ……」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 12:37:34 ID:taJXwYfQ


真「ぷろでゅうさぁ、ぷろでゅうさぁっ!!」クチュクチュ シュニシュニッ

ちひろP「あれっ? もしかしてさ?」


ちひろP「真が、一人でする時のオカズって……」クスリ

真「っ……」ビクビクッ



真「くんっ、ふぅっ、ふぅっ、ふんん」クチュクチュ ニュルニュル

ちひろP「あーあ、そんなに先走り漏らしちゃって……水の音が凄いぞ?」


ちひろP「でも、怒った顔だけじゃなくて」

ちひろP「必死に扱いてる顔も、可愛いな」ニコリ

42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 13:34:43 ID:taJXwYfQ


真「プロデューサー」

ちひろP「どした?」


真「ボクっ、プロデューサーに、かけたいですっ!!」シコシコ ニュチュニュチュ

ちひろP「え゙っ!?」



ちひろP「だめだめだめだめっ!! 駄目だったら」アセアセ

真「イヤですっ、かけますっ!!」


ちひろP「ぐっ」

ちひろP「ぐむむっ……」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 13:49:00 ID:taJXwYfQ


真「きれいに、しますからぁっ……ぷろでゅうさぁ!!」ウルウル

ちひろP「ええい、ちょっと待て!!」シュルッ


ちひろP「まさかこんな事になるとはっ」バサッ

ちひろP「はい、上は脱いだ……顔か、胸にしてくれよ?」プルンッ



真「あはっ、プロデューサー!!」

ちひろP「……」


真「すっ、き……です。ふあっ、ぁ、ぁっ、んっ、んんっ!!」シコシコ シコシコ

ちひろP(うっわ、太ももまで垂れてる……なんかエロいな)ドキドキ

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 16:23:28 ID:taJXwYfQ


真「はぁっ、はぁっ、いきっ、ます……」

真「イッ、くっ!? ふんんんんんんんっ!!!」ビュクビュクッ


ちひろP「っ……」ベトベトッ

ちひろP「……」ネチョッ



ちひろP「満足したか?」

真「あっ……はぁっ」ペタンッ


真「はぁっ、はぁっ、んっ、ふぅっ」

真「ふぅっ、ふぅっ、ふぅぅぅっ……プロデューサー、綺麗に、お掃除しますね?」ニコリ

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 16:30:10 ID:taJXwYfQ


ちひろP「えっ? ああ……それじゃあ、ティッシュで拭くの手伝ってくれ」

ちひろP(胸がヌルヌルだよおい。まさかこんな体験するとは思わなかった)


真「……」

真「ティッシュは、使いませんよ?」



ちひろP「いや、どうせシャワー浴びなきゃならないし」

ちひろP「ただ、お湯で長そうとすると固まって詰まるから……」


真「使いません」ピトッ

真「ボクが汚したんですから、ボクが……舐め取ります」ニコリ

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 16:53:01 ID:taJXwYfQ


ちひろP「そうか、それなら……」

ちひろP「って、駄目に決まってるだろっ!!」


真「プロデューサー、こっち見てくださーい」

ちひろP「んっ?」チラッ



真「そしたら笑顔、両手でピースもしちゃいましょうっ」

ちひろP「笑って、ピース? こ、こうか?」ニコリ


真「はい、チーズ!!」カシャッ

ちひろP「……」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 16:59:18 ID:taJXwYfQ


真「次は、ボクも一緒に……」

真「いえーい」カシャッ


ちひろP「……」

ちひろP「おい」



ちひろP「おいいいいいいいいい!!」

ちひろP「何やってんだ真、早く消せっ!!」アセアセ


真「やだなぁ、プロデューサー。そんなに焦らないでくださいよぉ」

真「と、言う訳で……断りませんよね? ねっ、プロデューサー?」ニコリ

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 20:46:31 ID:taJXwYfQ


ちひろP「……」

ちひろP「はぁっ」


ちひろP「好きにしろ」

真「へへっ、やっりぃ!!」パチンッ



真「ボク、さっきから考えてたんです」

ちひろP「何をだ?」


真「プロデューサーを、気持ちよくさせる方法」

ちひろP「んなもん考えるな……」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 20:55:41 ID:taJXwYfQ


真「プロデューサーは女性になりましたが、きっと女性の部分では何も感じませんよね?」

ちひろP「まぁ少なくとも、胸は何もな……」


真「勘違いしてました。逆なんですよ」

ちひろP「逆?」



真「プロデューサーは女性ですが、男性です」

ちひろP「……」


真「ですから、女性がされて嬉しい事では無く、男性がされて嬉しい事をしたいと思いました」ニコリ

ちひろP「それが、舐める事だって? 言っておくが、舐められて喜ぶ性癖なんて持ち合わせてないぞ?」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 21:49:36 ID:taJXwYfQ


真「本当ですか?」

ちひろP「ああ、本当だ」コクリ


真「では、試してみましょう……ちゅっ」

ちひろP「っ……」ピクッ



真「れろっ、ちゅるっ、ちゅるるっ」

真「んむっ、プリプリひて、ゼリーみたいれふねっ……んっ、ちゅむっ」


ちひろP(そんな訳ないだろ……でも、肌に付着した精液を吸い取るとか)

ちひろP(『クル』な)ドキドキ

52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 22:02:39 ID:taJXwYfQ


真「くちゅくちゅ……ぷろりゅうさぁ?」クイッ

ちひろP「なん、だよ?」


真「あーーーーーん」ベーッ

ちひろP「んぐっ!?」



真「くひのナカがっ、くちゅ、くちゅっ……いっぱいれふ」

ちひろP「それ禁止っ、口を閉じなさい!!」ドキドキ ドキドキ


真(美希、起きてるんだろ? プロデューサーは気付いてないみたいだけど、ボクは分かるよ?)

真(あれだけ余裕ぶってたのに、ふふっ……心配で心配で堪らないんだ?)

58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 09:32:44 ID:lDuimT9I


真(ここからじゃソファーの影になって見えないけど、いつまで寝たフリしてられる?)チラッ

真「ぷろりゅうさぁ……くちゅ、ぷちゅっ」


真「んっ、んくっ、はぁぁっ」ゴクンッ

ちひろP「っ……」ゴクッ



真「あっ、つば飲みましたよね今?」

ちひろP「の、飲んでないっ!!」


真「じゃあ……えいっ、ボクのドキドキ、プロデューサーに伝わりますか?」ダキッ

ちひろP(ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい)ドキドキ ドキドキ

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 09:42:11 ID:lDuimT9I


真「……」ムニュッ

ちひろP「……」


真「どんなに平静を装ったって、無駄ですよプロデューサー?」

真「押し付け合った胸から……ふふっ、プロデューサーのドキドキが、ボクに伝わって来ます」ニコリ



ちひろP(ぐっ、男のままだったら、マジでヤバいぞこの状況!?)

ちひろP(今ばかりは、病気で女になっちまって良かった……)


真(765プロの中じゃ、だいぶ出遅れてると思ったけど、一気に逆転だね)

真(抜け駆けみたいでズルいけど、このチャンスは使わせてもらうよ皆っ!!)

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 10:45:13 ID:lDuimT9I


真「プロデューサー」ボソッ

ちひろP「ん?」


真「今だけでいいです。仕事のやる気を上げたいので、ボクに合わせてくれませんか?」ボソッ

ちひろP「まぁ、そう言う事なら……」コクリ




 ……

 …………


美希(ハニーと真クンが何か話してるけど、小さくて聞こえないよ……)ドキドキ

美希(大丈夫だよね? 大丈夫だよっ、だってハニーはいつも、ミキを一番に構ってくれるのっ!!)

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 13:43:38 ID:lDuimT9I


美希「……」

美希(ハニー……)スルスルッ


真「……」チラッ

真「……」



真「プロデューサー、ボクじゃ、ダメですか?」ギュッ

ちひろP「えっ、な、なにが?」


真「ボクだったら、さっきみたいな事……してあげれますよ?」

ちひろP「さっき、みたいな事?」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 13:50:14 ID:lDuimT9I


真「エッチな事ですよっ」クスリ

ちひろP「っ……」ビクッ


真「振り回すだけ振り回しといて、結局なにもしてくれない女の子より」

美希(ハニー、はにぃ……)シュッ シュッ



真「エッチな事してくれる女の子の方が、好きになりますよね?」

ちひろP「あっ、ああ……そう、かもな」


美希「っ……」ピクッ

美希(嘘なのっ、そんなの嘘なのっ!!)クチュクチュ コシコシ

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 13:58:56 ID:lDuimT9I


真「ボク、普段は王子様ですけど……いいですよ? プロデューサーだけのお姫様になっても?」

ちひろP「お、おうっ」ドキドキ ドキドキ


ちひろP(冗談だって分かるけど、これは……真は演技の仕事も行けるかもしれないな)

美希(取らないでっ、ミキからハニーを取らないでっ!!)シコシコ シコシコ



真(この辺が限界かな? これ以上押すと逃げられちゃいそうだし)

真「もう平気ですっ、お陰で色々とスッキリしました!!」パッ


ちひろP「そっか? それなら良いんだが……」

ちひろP「んじゃ、シャワー浴びて来る」ガタッ

64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 14:16:26 ID:lDuimT9I


真「行ってらっしゃい」ヒラヒラ

真「ボクも、早めに仕事にでますねー」


真「……」

真「……」



真「さて」チラッ

真「こっちの方はどうなったかなぁ……」タッ


美希「ふぅっ、んっん、んっ」シコシコ シコシコ

真「……」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 19:56:49 ID:lDuimT9I


真「あーあー、イチャイチャしてるの、聞かれちゃったなぁ」

美希「っ……」ピタッ


真「だから、悔しくてオナニーなんか始めちゃったんだ?」

美希「なんなのっ」キッ



真「やだなぁ、怖い顔しないでよ……お詫びに、しゃぶって上げるからさ」ニコリ

美希「ふぇっ!? ぁ、やっ、ヤぁっ!!」


真「あむっ、んむんむっ、ちゅっ、ぢゅぷぢゅぷっ」ギュッ

美希「ひゃぁっ!? そん、なぁ……初めては、ハニーに、して貰いたかっ、んんっ」ビクビクッ

67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 20:09:14 ID:lDuimT9I


真「んっ、ぷふっ、プロデューサーは男だよ? するはず無いよ」

美希「っ、そんなことっ……」


真「それに、気持ちよくしてもらえれば、プロデューサーじゃなくてもいいんだろ?」

美希「ミキにはハニーだけなのっ!!」



真「そうかなぁ……こうやって、はむっ、ちゅるちゅっ」

美希「ひんっ!? はっ、ぁ、ぁん!!」プルプルッ


真「ふぇたなボクにふぁれてもっ、ふっ、んっんっ、ぢゅちゅっ」ギュプギュプ

真「もう、イキほうひゃない? んんっ、んんっ……」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 20:29:57 ID:lDuimT9I


美希「ぁ、ぁっ、ひっ、あ……」ビクンッ

真「とどめ」ニヤリ


真「んぢゅ~~~~~~ッ!!」

美希「ひぃっ!? ぁ、あ゙あ゙っ、クンんんっ!!!」ビュルッ ビュクビュクッ



真「うぅっ!? ぐっ、ふっ……んくっ、んくっ」ゴクリ

真「んんっ、ぷはぁぁっ……これで、分かった?」


美希「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

真「綺麗で、スタイルが良くて、男の子にもモテて……もう、充分だよね? プロデューサー、ボクにくれてもいいよね?」

69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 20:35:37 ID:lDuimT9I


美希「……」

美希「や」


美希「幾ら真クンでも、ハニーは渡さないの!!」

真「強情だなぁ……取り敢えずボクは仕事だから。服を着たら先に出るね」タッ



真「美希も、早く服を直した方が良いと思うよ?」

美希「……」


美希「そんなの」

美希「わかってるの……」ギュッ

70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 20:39:10 ID:lDuimT9I


一章終わり

71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 21:57:19 ID:lDuimT9I


次から二章
伊織の口調が変だったらスマン

72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 21:59:05 ID:lDuimT9I



 翌日 765プロ事務所



ちひろP(昨日のは何だったんだか……)カキカキ

ちひろP(シャワーから戻ったら、美希も居なかったしなぁ)



ちひろP「よしっ、事務作業終わりっ!!」ガタッ

ちひろP「次の仕事までまだ時間あるし、しばらくソファーに座って休むか……」


ちひろP「ほっ」ボフッ

ちひろP「うあー、このソファーに座ると、マジで瞼がしゅんころだ」ウトウト

73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 22:04:20 ID:lDuimT9I



 ガチャッ

伊織「……」スタスタッ

ちひろP「おっ、伊織じゃないか? おはよう」


伊織「おはよ」

伊織「隣、いいかしら?」



ちひろP「ああ、どうぞ」

伊織「ん」ボフッ


ちひろP「それで、どうしたんだ? 今日はオフだろ?」

伊織「……」

74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/17(火) 22:11:57 ID:lDuimT9I


伊織「ええ……これから、やよいと待ち合わせよ」

ちひろP「ふーん、あ、分かった」ポンッ


ちひろP「待ち合わせまで時間が有るから、ここで暇潰しか?」

伊織「半分正解ね……」



ちひろP「それじゃあ、全正解の答えはなんなんだ?」

伊織「やよいと会うの、これから。だからここへ来たわ」


ちひろP「えーっと、ごめん。イマイチ理解してやれない。簡潔に頼む」ペコリ

伊織「んっ、だ、だからぁ」モジモジ

78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 09:48:47 ID:kA4gkgKU


ちひろP「体をクネクネさせてどうした? オシッコはトイレで頼むぞ?」

伊織「シネ!!」


ちひろP「なんだ、違うのか?」

伊織「ちがうわよ……」



伊織「だから」

伊織「そのっ」


伊織「う~~~~~っ」グッ

伊織「『コレ』よっ!!」バサッ

79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 10:01:26 ID:kA4gkgKU


ちひろP「おわっ!? なにスカート捲ってんだっ」プイッ

伊織「今は見ても怒らないわ。それよりコッチ見なさい」スルッ


ちひろP「……」

ちひろP「それじゃあ……」チラッ



伊織「あんた、プロデューサーでしょ?」

伊織「コレ……早くどうにかして頂戴」ピョコン


ちひろP「……」ジィーッ

ちひろP「あー、確かに。勃ってちゃ、やよいの前には行けないか」

80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 17:57:16 ID:kA4gkgKU


ちひろP「昨日さ? 慌てて電話くれたじゃん? はえたーって?」

伊織「そうね」


ちひろP「その時さ? 教えたじゃん? 俺の事とか、朝が大変だから、その処理の仕方とか」

伊織「そうね……」



ちひろP「なら、自分ですればいいだろ? そんなに難しい事じゃないよ」

伊織「っ……」ギリッ


伊織「アンタ!! この私に、こ、こっ、こっ……」

伊織「こんな汚らしいいモノを触れって言うのっ!?」バンッ

82 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 18:04:08 ID:kA4gkgKU


ちひろP「汚ならしい……って、自分の体だぞ?」

伊織「イヤよ」


ちひろP「どうして?」

伊織「……」



伊織「だって……」

伊織「なんか、怖いじゃない」ボソッ


ちひろP「けどなぁ……」

伊織「ねぇっ!! お願いよっ、こう言うの慣れてるんでしょっ!?」ユサユサ

83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 18:17:26 ID:kA4gkgKU


ちひろP「そうだ律子は? 何か有ったら困るからって、律子にも教えたぞ?」

ちひろP「竜宮小町のメンバーは私がやるって意気込んでたし、頼んでみたらどうだ?」


伊織「律子はあずさの所よ。今日ずっとね?」

ちひろP「そう、だったな……」



伊織「……」

伊織「どうしても、ダメなの?」ウルウル


ちひろP「うぐっ」

ちひろP「うぅっ……分かったよ!! だけど、文句は勘弁だぞ? それと俺の言う事は聞く事っ、良いか?」

84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 19:16:28 ID:kA4gkgKU


伊織「ええ、そうして」

伊織「正直……痛いって言うのか、ツラいって言うのか、切ないって言うのか、ワケわからないけど」


伊織「凄く、胸が苦しくて、ドキドキするの……これは本当」ドキドキ

伊織「ねっ? アンタの好きにしていいから、この苦しみから解放して?」ダキッ



ちひろP「おっ、おう……」ドキドキ

ちひろP「ごほんっ」


ちひろP「ではでは、触るぞ?」スッ

伊織「……」コクリ

87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 19:29:52 ID:kA4gkgKU


ちひろP「……」ジィーッ

ちひろP「伊織もサイズ的には小さいけど、先っぽが少しだけ剥けてるんだな?」


伊織「へっ?」

伊織「それ、何か変なのっ?」



ちひろP「いや、変じゃないけど……これなら」ブツブツ

伊織「どうしたのよ? まさか、ヤメるって言うんじゃないでしょうねっ!?」


ちひろP「違うよ。なぁ伊織? 早く終わった方が良いよな?」

伊織「まぁ、そうね。時間も余り無いし」

88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 20:28:18 ID:kA4gkgKU


ちひろP「ゴメンよ、俺の新型スマホ……」ポチポチッ

伊織「何してるのよ?」


ちひろP「そりゃあ、お前」カチッ

ちひろP「バイブレーションモード」ブブブブブッ



伊織「っ……」ビクッ

ちひろP「あー、はいはい伊織お嬢様。言う事は聞くって言ったんだ……今さらヤメないぞ?」ニヤリ


伊織「くっ、勿論よ」

伊織「好きにしなさい……」ギュッ

90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 21:47:40 ID:kA4gkgKU


ちひろP「力、抜いとけ」スッ

伊織「ん」コクリ


ちひろP「最初は、弱い振動を根元の所に当てて……」ブブブブブッ

伊織「ひゃっ!?」ビクンッ



ちひろP「裏側をなぞるように、上下へゆっくり動かし……」ブブブブブッ

伊織「ちょっ、待って!! 待ちなさいバカっ!!」


伊織「こんなのっ、ひんん!? んっ、聞いてない!!」ビクッ ビクッ

ちひろP「言ってないからな。それより、危ないから暴れるなよー」

91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/18(水) 22:13:05 ID:kA4gkgKU


伊織「んっ、んっ……」ギュッ

ちひろP「でも、気持ちいいだろ? 中の管が拡がってく感覚、わかるか?」スリスリッ


伊織「そんなのっ、わかんな……んんんっ!?」

ちひろP「精液を出易くしてるんだ。そして、この徐々に拡がってく感覚ってのが、気持ちいいって感覚なんだな」ブブブブブッ



 トゥルルルルッ

伊織「ぁ、これが……」

ちひろP「あれっ? 伊織の携帯、鳴ってないか?」


伊織「ふぇっ?」

伊織「えっ、えっ、やよいっ!?」ビクッ

94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 16:35:15 ID:C6uuGCOM


ちひろP「へぇ……」クリクリ クリクリッ

伊織「はぁ、ぁっ……やよい、からだってばぁっ」


ちひろP「ふぅん」

伊織「っ、あんたねぇ!!」キッ



ちひろP「ほらっ、早く出ないと」ニコリ

伊織「……」


伊織「もっ、もしもし……やよい?」ピッ

やよい『あ、伊織ちゃんですか? 待ち合わせ場所に着きましたー』

95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 16:59:25 ID:C6uuGCOM


ちひろP「敏感な先っぽ、バイブでグリグリしてやるぞっ?」ボソッ

伊織「ウソっ!? っ、んんんんっ!!? ぅ、ああっ」ビクビクッ


やよい『伊織ちゃん? 苦しそうです……もしかして、風邪?』

伊織「なんでもないっ!! なんでもっ、ないわ」ギュッ



ちひろP「電話貸して」パシッ

伊織「えっ!?」


ちひろP「もしもし、やよいか?」

やよい『あれっ? あ、おはようございますっ、うっうー!! 伊織ちゃんと一緒に居たんですねっ』

96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 19:48:53 ID:C6uuGCOM


ちひろP「伊織の奴、遊ぶのを楽しみにして、早く出すぎちゃったみたいでさ?」

ちひろP「やよいから連絡が来るまで、事務所で待ってるんだと」


やよい『ふふっ、伊織ちゃんも子供かなーって。でも、嬉しいですぅ』

ちひろP「あ、もう待ち合わせ場所に着いてるんだろ? だからさ、伊織に……」



ちひろP「行っていいよ、って、教えてやってくれないか?」

伊織「やよいに何を言わせようとしてんのよっ!!」ボソッ


やよい『行っていい、ですか? うっうー、わかりましたぁ!!』

ちひろP「はい、返すよ伊織」ニコリ

97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 21:56:57 ID:C6uuGCOM


伊織「や、やよい!? 今のは……」パシッ

ちひろP「それじゃ、スパート掛けなきゃな? 振動を強くしてやるよ」ヴィィィィィッ


伊織「い゙ぎっ!? ひあぁっ、ぁ、うああああああ!!」ビクビクッ

やよい『あ、伊織ちゃんですか?』



伊織「やよいっ、やよいぃっ!!」

やよい『伊織ちゃん……』


やよい『イッても、いいですよっ』

伊織「ひぐっ!?」ギュッ

98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:16:42 ID:C6uuGCOM


ちひろP「我慢するな伊織。せっかく、お許しが出たんだぞ?」ボソッ

ちひろP「遠慮しないで……イけっ!!」ヴィィィィィィッ


伊織「はっ、あっ、ぁ、あっ……」ピクッ

やよい『イッてください』



ちひろP「最後は手でっ」シコシコシコシコ

伊織「ひっ、ぃ、いっ……くっ、くんんっ!? でるうぅぅぅぅぅぅぅっ!!」ビュルビュルビュルッ


やよい『もう事務所を出るんですか? じゃあ待ってますぅ』ツーツー

伊織「あはぁっ……」ビュクビュクッ

99 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:25:30 ID:C6uuGCOM


ちひろP「……」シコシコ

ちひろP「うん、全部出たな」


ちひろP「これで大丈夫か?」

伊織「そん、なの、はぁっ、んっ……知らない」プイッ



ちひろP「あはは……」

ちひろP「後処理してやるから、少し休んだ方が良いぞ? ダルくて動けないだろ?」


伊織「……」

伊織「そうね、五分だけ、お願いするわ」コテン

100 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:29:39 ID:C6uuGCOM



 数時間後 765プロ事務所



ちひろP「よしっ、企画書作成終わりっ!!」ガタッ

ちひろP「今日は早く終わったな、まだ午後の三時か? 小鳥さんが戻って来るまで、しばらくソファーに座って休もっと……」



ちひろP「ほっ」ボフッ

ちひろP「うあー、このソファーに座ると、マジで瞼がしゅんころだ」ウトウト

101 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:37:25 ID:C6uuGCOM


ちひろP「……」

ちひろP「すぅっ、すぅっ……」コックリコックリ


真美「真美&亜美さんじょー!!」ガチャ

亜美「です、YOー!!」



真美「あれっ、誰もいないの?」キョロキョロ

亜美「ピヨちゃんも居ないよ?」


真美「あっ、ソファーに兄ちゃんはっけーん!!」タタッ

亜美「にぃちゃーーん!!」タタッ

102 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:40:49 ID:C6uuGCOM


真美「あそぼー!!」ダキッ

亜美「熱血行進曲しよーYO!!」ダキッ


ちひろP「……」

ちひろP「すぅっ、すぅっ……」



真美「ありっ?」

亜美「寝てるの兄ちゃん?」ユサユサ


真美「……」

亜美「……」

103 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:43:23 ID:C6uuGCOM


亜美「なんかさ?」

真美「うん……」


亜美「兄ちゃんを見てると」

真美「うん……」



亜美「おっきくなるよね?」モゾモゾ

真美「なっちゃうね……」モゾモゾ


亜美「あの、さ」

真美「して、みよっか?」

104 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:44:11 ID:C6uuGCOM


亜美「そっ、そうしよー!!」

真美「お、おーっ!!」


真美「じゃ、行くよ?」チラッ

亜美「うん」コクリ



真美「あ」スルッ

亜美「せーーのっ」スルッ


真美「あちょーっ!!」ピョコン

亜美「ちょんわーっ!!」ピョコン

107 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 13:21:02 ID:Cafj8yMc


亜美「あ、そいえば」ピコーン

真美「どったの?」


亜美「今の兄ちゃんて、姉ちゃんなんだよね?」

真美「おにねー、ねぇおに、うーむ……おねにぃちゃん?」



亜美「……」

真美「……」


亜美「兄ちゃんでいーよね?」

真美「だよね?」コクリ

108 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 13:24:39 ID:Cafj8yMc


亜美「ねぇ?」

真美「ん?」


亜美「兄ちゃん寝てるよね」

真美「ぐっすりですなー」



亜美「じゃあさ?」ボソッ

真美「さっきから、何か変だよ亜美?」


亜美「……」

亜美「兄ちゃんと、えっち、してみたくない?」

109 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 13:33:26 ID:Cafj8yMc


真美「へっ……」

亜美「……」


真美「えええええええええっ!!!」

亜美「ま、真美っ、声がおっきいYOー!!」アセアセ



真美「えっ、だって!! えっ、えっ、えっ……」オロオロ

亜美「えっち?」


真美「っ……」コクコク

真美「それ……兄ちゃんに教えて貰った、手でゴシゴシするやつじゃないよね?」

110 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 14:23:21 ID:Cafj8yMc


亜美「そだね」

真美「口であむあむして貰うやつでもないよね?」


亜美「そだね」

亜美「ちゅーか、昨日一緒にエロ本見たじゃん」



真美「あーっ、あーっ!!」

亜美「それ見ながら、一緒にオナ……」


真美「あーあー、きーこーえーなーいーっ!!」

亜美「だから声がおっきいってばっ」アセアセ

111 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 16:00:40 ID:Cafj8yMc


真美「ヤだよっ!!」

亜美「えーっ、いーじゃんかー」


真美「真美は、そんな……えっちなこと、しないからっ!!」プイッ

亜美「……」



亜美「もういいよっ!!」

真美「へっ、あ、亜美っ?」ビクッ


亜美「亜美はするから」

亜美「真美はそこで見てれば?」

113 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 20:04:52 ID:Cafj8yMc


真美「でもさ、やっぱりっ」

亜美「……」プイッ


真美「亜美ぃ」

亜美「……」



亜美「最初は、兄ちゃんを横にして……」グイッ

ちひろP「すぅっ、すぅっ」ボフッ


亜美「次は、ズボンとパンツを脱がせてっ」カチャカチャ

ちひろP「すぅっ、すぅっ」スルスルッ

114 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 21:43:04 ID:Cafj8yMc


真美「ねぇっ、本当にするのっ!?」ガシッ

亜美「……」


亜美「するよ?」

亜美「だって亜美……兄ちゃんのこと、好きだもん」ニコリ



真美「っ……」ビクッ

真美「ま、真美だって好きだよっ」


亜美「遊び相手として、でしょ?」

亜美「亜美は……りっちゃんにも、あずさお姉ちゃんにも、いおりんにも、はるるんにも、兄ちゃんを取られたくない」

115 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 22:21:26 ID:Cafj8yMc




 ……


 …………


 ………………



ちひろP「んっ、あれっ? がっちり寝ちゃったか?」

亜美「にぃちゃ、にぃちゃっ!!」ヘコヘコ ヘコヘコ


ちひろP「亜美? どうして裸……って俺もか。はっ? えっ? んっ? んっ?」キョロキョロ

ちひろP「……」

116 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 22:32:40 ID:Cafj8yMc


ちひろP「なんでええええええええええっ!!?」

真美「兄ちゃん……」カシャッ


ちひろP「真美!? なに写真なんか撮ってんだ!?」アセアセ

真美「知ってる?」シコシコ ニュチュニュチュ



真美「んんっ!!」ビュルビュルッ

ちひろP「っ……」ベトォッ


ちひろP「何を、だよ?」ネチョネチョ

真美「大人が、チュー学生とエッチするとね? 捕まっちゃうんだよ?」ニコリ

119 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 09:50:43 ID:yd.aLlvM


亜美「んっんっん、だすよっ、にぃちゃん!!」パチュン パチュン

ちひろP「おい、出すって、まさかっ!?」ビクッ


亜美「んんんんんんっ!!」ビュルルルルッ

亜美「にぃちゃん、にぃちゃん、にぃちゃん……」ギュゥッ



ちひろP「……」

ちひろP「動かれてる感覚とかは無いんだけどさ?」


ちひろP「もしかして、中に出した?」

亜美「うん、だしたよ?」コクリ

120 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 09:59:34 ID:yd.aLlvM


真美「もう二回ずつぐらい?」

亜美「そだねっ……また替わる?」ヌプッ


ちひろP「マジかよ」ドロォッ

ちひろP「児童暴行、性的虐待、ついでにパワハラ?」



ちひろP「しかも証拠写真有りとか、手首に輪っかの三冠王待ったなしじゃねーか」プルプル

ちひろP「終わった……」ガクッ


真美「……」

亜美「……」

121 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 10:09:02 ID:yd.aLlvM


真美「起きて兄ちゃん」グイッ

亜美「さぁさっ、起きた起きたー」グイッ


ちひろP「……」

ちひろP「起きたけど、何だよ?」



真美「だれがイチバンかって」ニコリ

亜美「教えてあげないとねっ」ニコリ


ちひろP「世間じゃ逆だが、実際はレイプされたのはこっちだからな……」

ちひろP「悪いけど、今の俺はかなり不信感を抱いてるぞ?」

122 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 10:12:07 ID:yd.aLlvM


真美「……」チラッ

亜美「……」コクリ


真美「兄ちゃん」ダキッ

亜美「兄ちゃん」ダキッ



ちひろP「……」

ちひろP「だから、なんだよ?」


真美「にぃちゃん」ボソッ

亜美「にぃちゃん」ボソッ

123 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 10:17:37 ID:yd.aLlvM


ちひろP「んっ!?」ビクッ

ちひろP「顔が近過ぎないかコレ?」アセアセ


真美「落ち着いて」

亜美「落ち着いて」



真美「真美は右から……」

亜美「亜美は左から……」



真美「囁いてあげるね?」クスクス

亜美「ヘンタイにぃちゃん」クスクス

124 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 11:01:15 ID:yd.aLlvM


ちひろP「……」

ちひろP(ヤバい、凄くヤバい気がするぞこれ)ドキドキッ


真美「フーーっ」

亜美「フーーっ」



ちひろP「っ!?」ゾクゾクッ

ちひろP「み、耳に息を吹き掛けるのは、や、ヤメたまえ」


真美「あっ、いまビクッとした」クスクス

亜美「ねっ?」クスクス

125 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 17:07:04 ID:yd.aLlvM


真美「もーさ? いーじゃん……」

亜美「亜美たち、将来ゆーぼーだよ?」


ちひろP「……」

ちひろP「アイドルとして、か?」



真美「フーーっ」

亜美「フーーっ」


ちひろP「んっ!?」ゾクゾクッ

ちひろP「だ、だからそれはヤメろって」ドキドキッ

126 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 17:16:52 ID:yd.aLlvM


真美「あっ、兄ちゃんの弱点はっけーん」クスクス

亜美「みみ、よわっちょだね兄ちゃん」クスクス


ちひろP「……」

ちひろP(なんか、いつもと雰囲気が違うぞ? こんな笑い方、普段はしないのに)



ちひろP「それで、なんて話だっけ?」

真美「にぃちゃんが……ケーサツに捕まるって話」


ちひろP「っ……」ビクッ

亜美「タイホ、されたくないよね?」

130 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 21:43:32 ID:yd.aLlvM


ちひろP「……」

ちひろP「当たり前、だろ?」


真美「えーっ、どうしよっか亜美?」

亜美「どうしよっか真美?」



真美「やっぱ、ここは……」

亜美「兄ちゃんの態度しだいっしょ」


ちひろP「態度次第って、お前らなぁ……」

ちひろP「いったい俺に、どうしろって言うんだよっ!!」キッ

131 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 21:50:39 ID:yd.aLlvM


真美「おこっちゃ、やーんだよ兄ちゃん」クスクス

亜美「もしかして、おこなの?」クスクス


真美「……」

亜美「……」



真美「だからぁ、さっきも言ったじゃん」

亜美「亜美たちは、将来ゆーぼーだって」


真美「ドンドンせくちーになってくし、ね?」

亜美「そんな女の子が、二人セットで手に入るなんて、オトクだねっ?」

132 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 21:54:54 ID:yd.aLlvM


ちひろP「……」

ちひろP「同じ日本語で話してるって事は分かるんだが」


ちひろP「すまん……」

ちひろP「俺は初めて、お前らの言ってる事が理解できない」



真美「そんなの」

亜美「簡単だよ?」


真美「ねっ?」

亜美「ねっ?」

133 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 22:00:34 ID:yd.aLlvM


真美「兄ちゃんは」

亜美「ずっと……」


真美「真美と」

亜美「亜美と」



真美「一緒に居ればいいんだよ」

亜美「一緒に居ればいいんだよ」



真美「すきっ、にぃちゃん……」クスクス

亜美「すきっ、にぃちゃん……」クスクス

134 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 22:06:56 ID:yd.aLlvM


ちひろP「……」

ちひろP(何を言ってるんだと叱ってやりたい。冗談は止せと突き放してやりたい)グッ


真美「この写真をどーするかは、兄ちゃんしだいだよ?」チラッ

亜美「逃げよーなんて思わないでね、兄ちゃん?」



ちひろP「ああ、逃げたりはしないから……」

ちひろP「少し、考えさせてくれ」


ちひろP(俺が女になってからか? いや、コイツらに生えてからか!?)

ちひろP(最初はちょっとした違和感だったが……思えば、真も、美希もっ、クソっ!! 見落としてる症状が有るか調べないと)

135 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 22:08:05 ID:yd.aLlvM

二章終わり

続いて三章。

四章で終わりです

136 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 22:18:27 ID:yd.aLlvM



  翌日 765プロ事務所



千早「行って来ますプロデューサー」ガチャッ

ちひろP「おう、頑張ってこいよー」ヒラヒラ


ちひろP「……」

ちひろP(生えて無いメンバーは普通なんだよな)



ちひろP(その秘密を、教えてGoogle先生……っと)カチカチッ

ちひろP「うーむ」ジィーッ


ちひろP「おっ、これかっ!?」

ちひろP「なになにぃ……この病気の特徴として、押さえていた感情が数十倍にも高まる傾向」

139 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 13:25:05 ID:GndpQQG6


真「プロデューサー」

美希「ハニー」


ちひろP「んっ?」クルッ

ちひろP「ああ、どうしたんだ?」



真「……」チラッ

美希「……」コクリ


真「ごめんなさい!!」ペコリ

美希「ごめんなのっ!!」ペコリ

140 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 13:32:11 ID:GndpQQG6


ちひろP「へっ?」

ちひろP「へっ? へっ?」キョロキョロ


ちひろP「……」

ちひろP「そっ、そうかっ!? 元に戻ったのか!!」



真「はい……何か、変な事ばっかりしたみたいで」テレテレ

美希「よくおぼえてないんだけど、ごめんねハニー?」


ちひろP「あ、ははっ……いやぁ良かった良かった!!」

ちひろP「病気だったんだし仕方なかったさ、気にするなっ」ニコリ

141 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 13:40:25 ID:GndpQQG6


真「それでぇ……なんですけど」

美希「真クンと一緒に、サンドイッチを作って来たのっ」スッ


ちひろP「おにぎりじゃなくて?」

真「おにぎりだと、ボクが手伝えませんから」ニコリ



真「お詫びの印です。どうぞっ、食べてください」トサッ

ちひろP「そっか……じゃあ、遠慮なく」


真「あ、美希?」チラッ

美希「うん。アイスティー、淹れてくるね?」タタッ

142 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 20:36:52 ID:GndpQQG6


真「このハムチーズサンド、美味しいと思いますよっ」

ちひろP「へぇー、色々と有るなぁ……」




美希「……」カチャカチャ

美希「んっ……」ヂョボボッ


美希「……」サァーッ

美希「……」マゼマゼ


美希「……」

美希「お待たせなのっ」タタッ

145 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 17:50:50 ID:aMS2.6Rk


美希「はいっ」コトッ

ちひろP「おっ、サンキュー」


ちひろP「じゃあ、サンドイッチから……あむっ」パクッ

ちひろP「……」モグモグ



真「……」

美希「……」


ちひろP「うんっ、美味い!!」

真「へへっ、やった」

146 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 17:54:07 ID:aMS2.6Rk


ちひろP「次はぁ……と、その前に」

ちひろP「美希の淹れてくれたお茶を飲むか」ゴクッ ゴクッ


真「……」

美希「……」



真「あちゃー、飲んじゃいましたか?」クスクス

美希「美味しい、ハニー?」クスクス


ちひろP「えっ?」ピクッ

ちひろP「ああ、美味しい、けど?」

147 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 18:00:12 ID:aMS2.6Rk


ちひろP「……」

ちひろP「暑い……なぁ? これ、アイスティーって言ったよな?」


美希「そうだよ?」

真「それが冷たいのは、飲んだプロデューサーが一番わかってますよね?」



ちひろP「そう、なんだけどさ」

ちひろP「ふぅっ、ふぅぅっ……あっ!? サンドイッチの具材に、香辛料とか使ったろ?」


真「どう、だったかなぁ」チラッ

美希「使ってないよハニー?」フルフル

148 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 18:08:35 ID:aMS2.6Rk


ちひろP「いや、それなら何で額から汗が……」ダラダラ

ちひろP「あっ、今度こそ分かった!! 男に戻るんだよ俺は!!」


ちひろP「だからこれは、その予兆と言うか何と言うか……」

ちひろP「とにかく、それだよっ!!」



美希「へぇー」クスクス

真「良かったですねプロデューサー?」クスクス


ちひろP「……」

ちひろP(視界がボヤけてる気がする。気がするんじゃないな、確実にボヤけてる)

149 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 18:32:23 ID:aMS2.6Rk


ちひろP(だって、そうじゃないとオカシイ)

ちひろP(だってそうじゃないと……真と美希が、勃起してるように見えるんだ)ダラダラ


ちひろP「なぁ、二人とも?」

ちひろP「病気は、治ってるんだよな?」



真「……」

美希「……」


真「あれぇ、そんなこと言った美希?」チラッ

美希「ミキは、治ったなんて言ってないって思うな」

151 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 21:02:25 ID:aMS2.6Rk


ちひろP「で、でも、悪い事はしたと思ったんだろ?」

ちひろP「だから、お詫びのサンドイッチを……」


美希「うんっ、ごめんねって思ったの」ニコリ

真「ボクたちのせいで、子供に駄々を捏ねられたんですから……」



ちひろP「ん?」

真「あの二人から……こんな写メ、送られて来ました。どうぞ」ピッ


ちひろP「写メって、まさかっ!?」チラッ

美希「ハニーの、とってもえっちな写真なの」

152 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 21:19:19 ID:aMS2.6Rk


真「あははっ、おっかしぃですよねぇ……『兄ちゃんにマーキングかんりょー』だって、あははははっ」

美希「よく、笑えるね?」


真「ああ、ほらっ、あるじゃない? 寒いギャグの滑り笑いとか、勘違いしてる人の言動、とか」

美希「アハッ、それならミキもわかるのっ」



美希「でも、勘違いはダメだよね?」

真「そうだよ。プロデューサーに迷惑が掛かるんだから」


ちひろP「そうか、真と美希はその写メを見て心配してくれたんだな?」

ひろP「なぁに、病気が治るまでの辛抱さ。だからあんまり、真美亜美を責めないでくれよ?」

153 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 22:00:21 ID:aMS2.6Rk


真「……」

美希「……」


美希「ぷっ、ふ」クスクス

真「プロデューサーも、勘違いですかぁ?」クスクス



ちひろP「はっ? 勘違いって……俺がか? 何もしてないぞ?」

真「してますよ」


ちひろP「っ……」

ちひろP「ちょっ、ちょっと待て。汗だけじゃ無くて、何か、目眩も……」クラクラ

154 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 22:13:18 ID:aMS2.6Rk


ちひろP「はぁっ、はぁっ……胸が凄いドキドキ鳴ってる。どうやら、男に戻るのもそろそろらしいな」ドキドキ

ちひろP「うぅっ、ぐっ、ダメだっ!! 暑い、暑過ぎるっ!! 体の中から暑いぞこれっ」ダラダラ


ちひろP「すまん二人とも、俺……しばらくシャワールームに籠ってるよ」ガタッ

美希「そうなの?」



ちひろP「服、着てたくないんだ。シャワーの水で、なるったけ冷ましたい」フラフラッ

真「危ないですよプロデューサー!! 足、ふらついてます」ガシッ


美希「ミキ達が、手をひっぱってってあげるね?」ギュッ

ちひろP「ごめんな……頼むよ」

157 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 09:40:43 ID:4YwGBZ6A


ちひろP「ありがとう」

ちひろP(一瞬でも疑って、ごめんな……)ポロポロ


美希「こっちだよハニー」クイックイッ

ちひろP「……」フラフラ



真「こっちこっち」クイックイッ

ちひろP「……」


真「はい、ここが」ガチャッ

美希「ゴールなのっ」

158 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 09:48:28 ID:4YwGBZ6A



 ギィィッ バタンッ


真「……」ガチャッ

美希「……」


ちひろP「……」フラフラッ

ちひろP「……」



ちひろP「んっ?」キョロキョロ

ちひろP「なっ、なぁ? ここって……」


美希「社長室」ヌギヌギ

真「やだなぁ、決まってるじゃないですか」ヌギヌギ

159 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 13:50:27 ID:4YwGBZ6A


ちひろP「はぁっ、はぁっ……」フラフラッ

ちひろP「もう、ダメ、だっ」バタッ


美希「ハニー!?」

真「プロデューサー!?」ビクッ



美希「なんでっ、なんで倒れたの真クン!? あの薬って……」ユサユサ

真「そ、そんなはず無いよ!! 薬局にボクが行って、ボクが聞いて、ボクが買って来たんだから」


真「体が熱くなって興奮状態になるだけだからって……とにかく、汗を拭いて介抱しよう。美希はタオルを濡らして来てっ」

美希「うんっ」タタッ

160 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 13:56:26 ID:4YwGBZ6A



 ……


 …………



真『じゃんけん』

美希『あいこでっ』



ちひろP「……」ピクッ

ちひろP(んっ、真と美希の声が聞こえる……)



真「じゃんけん、ぽんっ」グー

美希「なのっ」パー


真「……」

真「うわああああ!! 負けたあああああっ!!」ガクリ

161 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 21:05:40 ID:4YwGBZ6A


ちひろP(つーか、アレッ? 股間に懐かしい感じが……)

ちひろP(もしかして、男に戻ってんじゃないの!?)


ちひろP(お帰りpと叫びたい、いや、叫ぼう!!)

ちひろP(以下P)「んむーーーーーっ!!!」



P「……」

P「んむ?」


P「んーっ、んーっ」

P(なんだ、喋れないぞ!?)

162 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 21:13:19 ID:4YwGBZ6A


真「あっ、起きたんですかプロデューサー?」

美希「ハニーはお寝坊さんなの」


P「んむっ?」チラッ

P「っ……」ビクッ



P(裸じゃないか!? 服着ろっ)

P「はひゃひゃひゃふぇーはー!! ふふひほっ」


真「あははっ、何て言ってるんですかぁ?」

P(くそっ、タオル噛まされてる……)

163 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 21:16:55 ID:Wz5b8nB6
ホモTSロリの3冠とはまるで俺みたいだぁ・・・
そろそろPはシュンコロソファーの危険性に気が付いた方がいいと思うな
これ世界観自体は以前書いたSSとは別物なんですよね?

164 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 21:24:34 ID:4YwGBZ6A
>>163
最初は、続きって感じで、4章の日焼け淫夢で終わる話にしようと思ったけど、

色々と方向転換したから、設定だけ引きずった別時間軸の別物って解釈でオッケーです。

165 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 21:37:44 ID:4YwGBZ6A


P(それに、俺も裸、だよな?)

P(しかも……アレが硬くなって上を向いちゃってるし)ビンビンッ


美希「ハニーのおちんぽさん、すごく元気だねっ」ニコリ

P「んーっ!!」フルフル



P(今までモロに名称するのを避けて来たのに……病気とは言え、美希の口から聞きたくなかった)

P(てか、何だよ!? さっきから、体が動かないぞ!?)


P(仰向けに寝転がったまま)

P(首から下が、全く動かん!!)ググッ

166 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 22:14:15 ID:4YwGBZ6A


真「まさか、本当に男へ戻るとは思わなくて、ビックリしましたよ」

真「二人で慌てちゃって……ははっ」


真「でも、これで真美たちから一歩リード、ですよね?」ニコリ

真「なんせボクたちは……」



美希「ハニー、とっても熱くて、苦しそうなの」シュッシュッ スリスリ

P「んぐっ……」フルフル


真「美希ぃ、次はボクなんだから早くしてよ」

美希「えーっ、ミキはムードが大切だって思うな」

167 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/24(火) 22:25:46 ID:4YwGBZ6A


真「じーかーんー。それに、早くしないと誰か戻って来るかも知れないだろ?」

美希「もう、わかったの」プイッ


真「……」

美希「……」



真「プロデューサー、目は開けててください。これは現実なんですから、しっかり見詰めないと」クスクス

美希「ハニー、そこで見ててね?」


美希「ミキが……処女じゃなくなるところ」クスクス

P「んんっ!! ヤメほぉぉっ!!!」フルフル

169 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 10:59:45 ID:wyHHfEO6


真「ダメですよぉ、顔を反らしちゃ」クスクス

真「反らせないように顔、押さえててあげますね?」グイッ


美希「ねぇ真クン? ハニーを跨いだけど、このまま腰を落とせばいいの?」

真「えっ? うん、だと思うけど」



真「あっ!? 片手は、プロデューサーのを支えて固定した方が良いんじゃない?」

美希「こ、こうかな?」ギュッ


真「たぶん、だけど……後は、そのまま」

P「っ……」フルフル

170 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 11:08:50 ID:wyHHfEO6


美希「ハニー」クスクス

美希「これで、ミキが、ハニーのイチバンだね?」クチュッ


真「……」ムスッ

真「そう言うのいいからさ、くっつけたら、さっさとシちゃってよ」



美希「もぅ。すぅぅっ、はぁぁっ……なの」ドキドキ

美希「んっ!!」ヌリュッ


美希「……」

美希「へっ? あれっ? 入って、ない?」ペタン

171 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 14:17:28 ID:wyHHfEO6


美希「あれっ? あれれっ?」ヌリュッ ヌチュッ

P「んむっ!?」ピクッ


真「美希ぃ、擦り合わせるんじゃなくてさぁ」

美希「だっ、だって!! はい、らな……うぅっ、ぐすっ」ジワァッ



真「あわっ!? 泣かないでよもぅ」

美希「はにぃ……」シュッシュッ シコシコ


P「っ……」ビクッ ビクッ

美希「うん、決めたのっ!!」

172 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 14:26:21 ID:wyHHfEO6


真「何を?」

美希「これはきっと、勢いが足りないの」


美希「だからね真クン……ミキを、上から思いっきり押して欲しいのっ!!」

真「ふぇっ!? 思いっきりって、痛いんじゃないのそれ?」ビクッ



美希「痛くてもいいの、このままより、ずっといいのっ」グッ

真「……」


真「わかった、けど、どうなっても知らないから」スクッ

美希「ありがとねっ」ニコリ

173 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 17:08:36 ID:wyHHfEO6


P「んーっ、んーっ!!」フルフル

真「肩に手を置いて……っと、準備出来たら押すよー」グッ


美希「ハニー、ミキの処女がなくなるとこ、見ててね?」クチュリ

美希「真クン、お願いなの……」



真「じゃあ、いくよーっ、せぇぇぇ」

真「のっ!!!」グンッッ


美希「ぃ、ひい゙ぃっ!?」ヂュブブゥッ

真「どう? 入った!? みたいだね……羨ましいなぁ」

174 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 17:22:30 ID:wyHHfEO6


美希「はあっ、はっ、あ、ぁ、あっ……」ビュルビュルッ

真「うわっ、そこで射精しちゃ駄目だよ美希!!」


真「あーあー、プロデューサーの顔に掛かったよ……あっ、これはボクが舐めて綺麗にしますねっ」

美希「……」ピクッ ピクッ



美希「ハニー、いたいの、痛いのっ、いっ」プルプル

美希「痛、いっ……うわああああああああん!!」ポロポロッ


P(くっ、挿れてるこっちだってキツ過ぎて痛いぐらいなんだから、美希の痛さなんて想像もできない)

P(ちゃんと前戯もしてないのに、こんな事するからだ……なんでこんな事したんだよっ!!)

179 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 22:00:15 ID:wyHHfEO6


美希「うぅっ、ぐすっ、ぐすっ」ポロポロッ

真「うわぁっ、痛そう……こりゃあボクも覚悟しないとなぁ」


真「けど、その前に」スッ

真「んっ、ちゅっ……プロデューサーの顔、ペロペロで綺麗にしないと」ニコリ



真「ちゅるっ、ちゅっ、ぢゅちゅっ」

真「レロレロ、えろれろっ、ペロペロっ」ピチャピチャ


真「んむっ、はぁぁっ、プロデューサーの汗の味……すごいですね?」クスクス

P(いっそ舌を噛み切って楽になりたい。ああ、舌を噛まないようにタオル咥えさせられてるのか?)

180 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 22:10:48 ID:wyHHfEO6


美希「はぁっ、はぁっ……ぐすっ」

美希「あのね、ハニー? ミキの体、気持ちいいかな?」


P「……」

真「嘘でも頷いた方がいいですよ」ボソッ



真「首を横に振ったら、美希の性格だとムキになるかもですから……ねっ?」ヒソヒソッ

P「……」


美希「ハニー、気持ちいい?」

P「……」コクリ

181 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 22:18:49 ID:wyHHfEO6


美希「……」

美希「あはっ、嬉しいのハニー!! ミキ、もっと気持ちよくなって貰えるように頑張るのっ」ニコリ


P「っ!?」ビクッ

真「本人もああ言ってる事ですし……プロデューサー?」



真「このまま、美希のナカに射精しちゃいましょうか?」ニコリ

P「んむーっ、んむーっ!!」フルフルフルフル


美希「ハニー、ゆっくり、動くね?」

美希「んっ、んんっ……」ズチュッ

182 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/25(水) 22:40:31 ID:wyHHfEO6


美希「んくっ!? まだ、ズキズキするけど……」

美希「はにぃ、はにぃ、はにぃ」ズチュッ ズチュッ


美希「きっ、ひぃっ、あっ、あっ」ビュルルッ

真「わぁっ!? ちょっと美希、せっかく綺麗にしたのにぃ……」



真「また、舐め取らないと」スッ

真「ちゅっ……プロデューサー、早く出しちゃってください」


真「次は、ボクの番なんですから」クスクス

真「あっ!? 目を閉じるのは禁止ですってば」

185 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 10:11:10 ID:H663bMkw


真「ほらぁ、美希にどう動いて貰うのが気持ちいいんですかぁ?」

P「……」フルフル


美希「ツンデレさんだねっ、そんなハニーも好きなの」クスクス

美希「でも、気持ちよさそうな顔は、もーっと好きだからぁ……」



美希「これ、はっ……んんっ、どうかなぁ?」グリグリ ヌチュヌチュ

P「っ!?」ビクッ


真「あっ、今、びくってしたよ美希?」

真「へーっ、腰を押し付けられて、グリグリ前後に動かれるのが好きなんですねプロデューサーは」ニヤニヤ

186 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 10:24:21 ID:H663bMkw


美希「ホントっ? これならそんなに痛くないの」

美希「いっぱい、気持ちよくなってねハニー」グリグリ グニュグニュ


P「っ!?」ビクビクッ

真「目、切なそうに潤んで来てますよ? もしかして、もうイキそうなんですか?」



美希「ふっ、んっ、んっ……ねぇ真クン? ハニーのタオルを外して欲しいの」

真「えっ……うーん、良いけど、どうして?」


美希「キス、したいから」

真「なるほど、分かったよ!! もう大丈夫っぽいしね」ニコリ

187 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 10:34:11 ID:H663bMkw


真「ほっ」

真「はい、これで喋れますよプロデューサー?」シュルッ


P「ぷはぁっ!! もうヤメろ、今ならまだ引き返せる!!」

P「こんな事したって、みんな不幸になるぞっ!?」



美希「……」

真「……」


美希「ミキは、幸せだよハニー」クスクス

真「嫌がるプレイですかぁ? 中学生に手を出したロリコンプロデューサー?」クスクス

188 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 10:50:17 ID:H663bMkw


P「お前ら……」

P(ああ、本当に人生終わった)


真「はい、キスだそうですよー、顔は反らさないでください」グイッ

美希「はにぃ……んっ」



美希「ちゅっ」

P「……」


美希「あはっ、これでミキの初めて、ぜーんぶハニーにプレゼントしたの」

美希「だから、ねっ? ミキ、頑張るねっ」ニコリ

189 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 11:03:03 ID:H663bMkw


美希「んっ、いぎっ……」ズチュッ

美希「いっ、んっ、んんっ!!」ズチュッ ズチュッ


美希「くひっ、い゙っ、ぃっ、あっ!!」パンパンッ

真「おーっ、腰の振り早っ」



美希「はにぃ、はにぃ、はにぃ!!」パンパンパンパンッ

美希「もうダメ? もうイク? ミキのナカに出ちゃう?」


P「んっ、ぐっ……」フルフル

真「プロデューサー、もう限界だってさ美希」クスクス

190 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 11:42:45 ID:H663bMkw


美希「ぅっ、あ、あっ、あん、あんっ、あんっ!!」パンパンパンパンッ

美希「すきなのっ、すきっ、すき……はにぃ」ギュッ



美希「ふんん!!」ヂュププッ

美希「だしてっ、だしてぇぇっ!!」



P「あっ、ぐっ……」

P「くっ、そぉぉぉぉっ!!」ビュルビュルッ


美希「ひゃん!?」ビクッ

美希「ふあっ、あっ、あはっ……」

193 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 17:32:35 ID:H663bMkw


美希「ミキ、も……んっ」ビュルルッ

美希「はぁっ、はぁっ、はぁっ、ふぅっ」


美希「あはっ」ニコリ

美希「たくさん出たねハニー」ドプッ



真「次はボクだよボクっ!!」

美希「あふぅ……ミキ疲れたの、寝るの」ドサッ


真「ちょっ!? 寝てもいいから、プロデューサーの上から退いてよっ」ユサユサ

美希「むにゃむにゃ、なの……」

194 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 17:41:01 ID:H663bMkw



 その夜 765プロ事務所



P「どうすりゃ良いんだよマジで……」ガクッ

P「みんなの病気が治るまで仕事を休むか? 書き置きを残してさ」


P「と、言ってもなぁ……自宅は恐いし、どこかに隠れなきゃ駄目だろ?」

P「いったい、どこへ」



 ガチャッ

伊織「あら、アンタまだ居たの?」

P「んっ?」クルッ

195 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 17:50:13 ID:H663bMkw


P「今日の戸締まりは俺だしな。それに、ちょっと考えたい事も有ったし」

伊織「ふぅん」


P「で、伊織はどうしたんだ? 仕事場から直接帰宅した方が近いだろ?」

伊織「私? 私は、そうね……忘れ物を取りに、ってところかしら」



P「そっか」

P(伊織は、病気になってもいつも通りなんだよな。何か安心する)


伊織「はぁぁっ、その暗い顔ヤメなさい」

伊織「スーパーアイドルの伊織ちゃんが、特別に話を聞いて上げるから……で、何があったのよ?」

196 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 17:51:28 ID:H663bMkw

三章終わり


次が四章。ラスト。

197 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:00:42 ID:H663bMkw



  伊織宅 地下の部屋



伊織「ここよっ」ガチャッ

P「おお!! 広い部屋だな」キョロキョロ


伊織「ここでしばらく隠れてなさい。皆が元に戻ったら教えてあげるわ」

伊織「それと、んっ」スッ




P「手を出して、どうした?」

伊織「携帯よ、携帯電話!! 連絡はバンバン来るんだから、持ってると落ち着けないでしょ?」


伊織「ここに居る間は預かって置くから、貸して」

P「そっ、そうだな……頼む」スッ

198 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:11:51 ID:J8min7/U
あっ・・・(察し)

199 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:12:05 ID:H663bMkw


伊織「まったく……」パシッ

伊織「トイレとシャワー完備。暇潰しの読書コーナー完備」


伊織「部屋に内線電話があるわ。着替えと食事は、必要になったらそれで連絡して」

伊織「他に質問は?」



P「いや、何から何まで、すまない伊織」ペコリ

P「あ……そう言えば、事務所には忘れ物を取りに来たって言ってたけど、何か持ってたっけ?」


伊織「……」

伊織「ええ……忘れ物、きちんと持って帰って来たわ」クスクス

200 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:43:24 ID:H663bMkw



  数日後 765プロ事務所






  拝啓 765プロのアイドル皆様


 私 Pは 皆様の病気が治るまで隠れる事に致しましたので 探さないでください

 全員が治り次第 仕事に復帰します


 Pより

          』

201 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:52:35 ID:H663bMkw


響「うがーーっ、戻って来てくれー、プロデューサー!!」

貴音「いらまちおんを強要したばっかりに……」シュン


真「今思うと、何であんな事したんだろ……全く自覚無かったし」

美希「なの……」シュン



真美「でも、その書き置きは数日前のっしょ?」

亜美「もうみんな、びょーきは治ってるんだよねっ?」


響「なら、なんで戻って来てくれないんだー!!」

貴音「待ちましょう。待ちましょう響」ナデナデ

202 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 18:58:12 ID:H663bMkw


伊織「……」

伊織「はぁっ、仕方ないわねぇ、あんた達は?」ピッ


真美「いおりん?」

伊織「……」トゥルルルルッ



伊織「あ、私よ。うちのバカプロデューサーがどこかへ姿を眩ましたの。至急探してちょうだい」

伊織「……」ピッ


伊織「何もしないで待ってるよりは、マシでしょ?」ニコリ

亜美「い、いおりーん!!」ダキッ

203 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 19:04:45 ID:H663bMkw


伊織「きゃっ!? 離しなさいってば」グイィッ

伊織「とにかく、これで少しは安心して仕事できるわよね?」


伊織「アイツが戻って来た時に皆しょぼくれてたら……ガッカリされるわよ?」

真「……」



響「そうだぞ」コクリ

貴音「確かに、そうですね」コクリ


伊織「ほらっ、あんた達は仕事でしょ!! さっさと行きなさい」シッシッ

美希「はーいなの」タタッ

204 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 19:26:09 ID:H663bMkw


真「うーん……でも、何で戻って来ないんだろ?」

真「みんな治ったのに」タタッ



 ガチャッ バタンッ

伊織「みんな、出たわね……」

伊織「そんなの……治ってないのに、嘘をついてる奴が居るからに決まってるじゃない」ボソッ


伊織「さて、んーーーーっ」ノビィーッ

伊織「今日はアイツと、何をしようかしら?」クスクス

205 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 19:26:40 ID:H663bMkw



終わり



元スレ: P「女の体になった!!おっぱい揉み放題だ!!Yahoo!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1426210623/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER (4) イラストカード付き (IDコミックス/REXコミックス)
まな 髙橋龍也 BNGI/PROJECT iM@S
一迅社 (2015-03-27)
売り上げランキング: 9

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7911-6f95e05d