ヘッドライン

P「サプライズパーティー?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 13:48:22.10 ID:6ML5UxZC0
ゆっくり書いていきます

社長 「うむ!来週は菊地君の誕生日だろう?いつも可愛らしい仕事をとってきてあげない事へのお詫びもかねてね」

P 「それでパーティーですか」

社長 「まあパーティーと言っても料理を用意するだけなのだがね」

P 「いいと思いますよ。みんなきっとプレゼントを用意してくれるでしょうしね」

P (誕生日プレゼントなににしよう……)

社長 「そうそう、プレゼントなんだが……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 13:51:36.01 ID:+s+QP+xa0
春香 「誕生日パーティーですか?」

亜美 「いいね→まこちんも喜びそうだし!」

律子 「亜美は食べ物食べたいだけでしょう」

亜美 「あっ、ばれたー?でも誕生日は祝ってあげたいよね真美!」

真美 「うんうん!まこちんすっごい喜んでくれそうだしね→」

P 「まあパーティーといっても料理を用意するだけらしいからな。」

雪歩 「じゃあ私たちは真ちゃんにプレゼントを用意しなきゃね」

千早 「プレゼント……なにがいいかしら?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:19:19.51 ID:nWm0zBkRi
響 「真が喜びそうな物か~貴音はどうする?」

貴音 「そうですね……ではらぁめん二十朗に連れていってあげましょうか」

美希 「さすがの真君でもあれは食べれないと思うの……」

やよい 「美希さん食べにいったんですか?」

美希 「食べさせられたの……貴音に無理やりされたの……」

小鳥 「たかみきキマシタワー!」

P (小鳥さん……いい年なのに……)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 13:55:40.59 ID:nWm0zBkRi
社長 「まあ誕生日は来週だからね。ゆっくり考えてきたまえ」

伊織 (真が喜びそうな物……ねぇ)

あずさ 「あら~どうしましょう」

――――――――――――――

春香 (うーん、パーティーにお菓子は用意してあるだろうしなぁ)

春香 (ケーキもあるし料理は無理かな)

春香 (真、真、真、あっそうだ!)

――――――――――――――

千早 (誕生日パーティーなんて初めてだから何がいいかわからないわ)

千早 (そうだ!春香と一緒の物にしましょう!)

千早 (ふふっいいアイデアね)

千早 (……でもそれで喜んでくれるのかしら)

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:01:52.90 ID:nWm0zBkRi
やよい (プレゼントどうしよう……)

やよい (買ってあげたいけど今月はお金が……)

やよい 「そうだっ!買えないんだったら作ればいいんだ!」

長介 「うわっ!びっくりした……」

――――――――――――――

律子 「あっはい友人へのプレゼントなんでラッピングしてください」

律子 (これで喜んでくれるかしらね)

律子 (まあ困ってたし大丈夫でしょう)

律子 (パーティー楽しみね)

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:04:30.40 ID:nWm0zBkRi
伊織 「新堂、いま言ったもの取り寄せておいてね」

新堂 「かしこまりましたお嬢様」

伊織 (にひひっ、真が喜ぶ物なんてすぐに思い付くわよ)

伊織 (ただ他の人と被りそうなのよね……それだけが心配だわ)

―――――――――――――――

響 (真にはダンスレッスンでよくお世話になってるからちゃんとしたものをあげたいぞ)

いぬ美 「バウッ!」

響 「どうしたいぬ美?」

いぬ美 「バウッ!バウッ!」

響 「……そうか!いぬ美は賢いなぁ!助かったぞ!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:10:06.90 ID:nWm0zBkRi
亜美 「まこちんの誕生日これでいいよね!」

真美 「んっふっふ~これならまこちん喜ぶし真美達の遊び相手も増えるし→」

亜美 真美 「「一石二鳥っしょ!」」

真美 「まあお小遣いは無くなっちゃったけどね……」

亜美 「それは言わないお約束っしょ……」

―――――――――――――――

あずさ (う~んなにがいいかしらねぇ)

あずさ (真ちゃんは女の子らしいのが欲しいわよね)

あずさ (あら、あれなんていいんじゃないかしら?)

あずさ 「すみません、これ頂けますか?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:15:50.96 ID:nWm0zBkRi
貴音 (誕生日……らぁめん以外でなにがよろしいのでしょうか)

貴音(真はぼぉいっしゅなものはあまり嬉しくなさそうですね)

貴音 「おや、あれは……」

貴音 「面妖な……」

貴音 「ふふっこれにいたしましょう」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:25:42.29 ID:nWm0zBkRi
小鳥 (私のお気に入り同人誌!……は雪歩ちゃんしか喜びそうにないわねぇ)

小鳥 (うーん、煮詰まっちゃったし乙女ロードにでも行こうかしら)

小鳥 「やっぱり乙女ロードは最高ね!」

小鳥 (あら、あの人……あっ、思いついたピヨ)

――――――――――――――

美希 「あれ?雪歩なの」

雪歩 「美希ちゃんもここに来たの?」

美希 「うん!真君へのプレゼントだったらこれかな~って」

雪歩 「やっぱりそうだよね!じゃあ一緒に選ぼうか?」

美希 「よ~し!二人で真君を喜ばすの!」

美希 雪歩 「「おーっ!」」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:28:33.20 ID:nWm0zBkRi
8月29日

真(よーしっ、せっかくの誕生日だし今日は1日好きにすごすぞ!)

真 「ふぅー。」

真 「きゃっぴぴぴぴぴぴ~ん!まっこまっこり~ん!」

真一 「真、お友達から電話だ……」ガチャ

真 「…………う、うわぁぁぁぁぁぁ」

真一 (やはり俺は育て方を間違ってしまったのだろうか……)

――――――

真 (はぁ、誕生日初っぱなから憂鬱になっちゃった)

真 (事務所に行けばちょっとはマシになるかな)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:33:12.69 ID:nWm0zBkRi
真 「おっはようございま~す!」

パン!パン!パン!

「「「誕生日おめでとう!」」」

真 「え……」

春香 「真、パーティーだよ!パーティー!」

真 「パ、パーティーって僕の?」

伊織 「なにバカなこと言ってるの?真以外に誕生日の人はいないでしょう」

律子 「そうよ、いっぱい楽しんでいきなさい」

真 「うわぁみんなありがとう!僕、僕すごく嬉しいよ!」

社長 「では蝋燭の火を消してくれたまえ!」

真 「……はいっ」

千早 「ちょっと待って」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:37:08.59 ID:nWm0zBkRi
春香 「どうしたの千早ちゃん?」

千早 「私、誕生日パーティーなんて初めてで……」

千早 「プレゼントすごく迷ったのだけれど、私らしくプレゼントは」

千早 「歌にするわ!」

千早 「だからそれに合わして蝋燭の火を消してほしいの」

真 「歌かぁ千早らしいね!わかったよ」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:39:54.24 ID:nWm0zBkRi
千早「ハッピバースディトゥーユー」

千早「ハッピバースディトゥーユー」

千早「ハッピバースディディア真~


千早「ハッピバースディトゥーユー」

「「「おめでとう!」」」

真 「ふぅ~!」

P「おっ、一発だな!」

真 「へへっ、やーりぃー!」

真 「千早の歌をBGMにできるなんて僕は贅沢者だなぁ」

千早 「喜んでもらえて良かったわ」

春香 「よかったね千早ちゃん!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:48:09.56 ID:nWm0zBkRi
社長 「では諸君パーティーを楽しんでくれたまえ!」

「「「はーい!」」」

やよい 「うわーっ!すごい豪華な料理です!」

響 「自分、北京ダックなんて初めてだぞ」

律子 「すごいわね、和洋折衷とかそんなレベルじゃないわ……費用どうしたんですか?」

社長 「経費……ゴホン!もちろん私のポケットマネーだよ」

律子 「……まあせっかくのパーティーだし今回は見逃します」

伊織 (まあ六割ぐらい私が用意したのは内緒にしておきましょう)

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:52:22.83 ID:nWm0zBkRi
美希 「貴音……すごい勢いで食べてるの」

雪歩 「四条さんすごいですぅ」

貴音 「ふぃじょふにひみでふ」モグモグ

P 「非常に美味です、か?」

貴音 「」コクコク

あずさ 「私たちはお酒飲みましょうか?」

小鳥 「いいですね!飲みましょう」

P 「あ、今日はアルコール禁止ですよ」

小鳥 「ピヨー!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 14:58:17.55 ID:nWm0zBkRi
真 「うわすごく美味しい!」

真 「事務所に来てよかったなぁ」

真 「そういえば、僕が来なかったらどうするつもりだったんですか?」

P 「ん?家に電話したじゃないか。忘れ物があるから取りに来てくれって」

春香 「真のお父さんがでたけど?」

真 (あのときの電話だったのか)

真 (あ、危なかったじゃないか……)

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:01:46.81 ID:nWm0zBkRi
春香 「お待ちかねのプレゼントターイム!」

亜美 「イェーイ!」

真美 「パフパフー!」

千早 「くっ……」

春香 「気にしすぎだよ千早ちゃん……」

春香 「じゃあ私からね!はい真!」

真 「これは……今話題の少女漫画じゃないか!しかも全巻セット!?」

春香 「真少女漫画好きでしょう?」

真 「うん!それにこれすごく欲しかったんだ!ありがとう春香!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:10:37.56 ID:8rEB1n0si
やよい 「次は私です!」

やよい 「真さん誕生日おめでとうございます!」

やよい 「これ私が作ったトートバッグです!」

真 「あ、これべろちょろと同じデザインだね!」

やよい 「はい!えへへ、お揃いですねっ」

真「」キュン

千早「」キュン

伊織 「」キュン

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:14:36.90 ID:8rEB1n0si
律子 「私からはこれね」

真 「帽子とだて眼鏡?」

律子 「最近ファンの子に見つかってもみくちゃになってたでしょ?」

律子 「おしゃれと同時に変装もかねてね」

美希 「でもこれ真君がつけると余計ばれちゃうと思うの」

律子 「…………そうなの?」

真 「だ、大丈夫だよ律子!きっとみんな気がつかないよ!」

真 「それに僕本当に困ってたんだ、ありがとう律子!」

律子 「ま、まあ喜んで貰えたならなによりだわ……」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:20:38.60 ID:8rEB1n0si
真美 「真美達からはこれだぁ!」

亜美 「PS3版P4UとアーケードコントローラーRAP!」

真 「P4U?」

真美 「格闘ゲームだYo!」

亜美 「面白いから一緒にやろうよ!」

真 「格闘ゲームはやったことはないなぁ」

真美 「大丈夫だよ!真美達が手取り足取りまこちんに教えてあげるから!」

真 「じゃあやってみようかな……」

亜美 「うんうん!上手になったらゲーセンにも行こうね→!」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:24:27.20 ID:8rEB1n0si
あずさ 「私はこれよ」

真 「コスメセットですか?あれこれ海外のすごく高いやつじゃ……」

あずさ 「うふふ、私は年上だから気にしなくていいのよ~」

あずさ 「これを使ってもっと女の子らしくなってね♪」

真 「すごく嬉しいです!あずささんの誕生日楽しみにしててくださいね!」

あずさ 「……え、ええありがとう」

小鳥 (二十歳過ぎた女性に誕生日はNGピヨ)

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:28:20.24 ID:8rEB1n0si
伊織 「はいこれ」

真 「伊織のもってるウサギじゃないか」

伊織 「まったく同じではないけどね、可愛らしい服は無理だけど身の回りは可愛らしくしても大丈夫でしょ」

真 「ちょっと気になるセリフがあったけど……すごく可愛いねこのウサギ」

真 「ありがとう伊織」

伊織 「ま、まあせいぜい可愛がるといいわ」

やよい 「あ、伊織ちゃん照れてる~」

伊織 「照れてないわよ!……///」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:31:49.20 ID:8rEB1n0si
響 「自分はトレーニングシューズだぞ!」

真 「うわぁ嬉しいなぁ!」

響 「確か真のトレーニングシューズが壊れかけだったっていぬ美が教えて……」

真 「…………」

響 「どうかしたか?」

真 「いやっなんでもないよ!」

響 「もしかして……サイズ違ったか?」

真 「……うん、でも大丈夫だよ!ちょっとおっきいだけだから!」

響 「ごめん、自分サプライズだから内緒にしてたんだぞ。靴のサイズぐらいは聞けばよかったな……」

真 「大丈夫だよ!ほら見て響!このシューズこんなに踊りやすいよ!」

真 「あ、そうだ!今度の新曲の練習はこれ使ってやろう!へへっ!絶対上手くいくよ!」

響 「真……ありがとう」

真 「あっこれ、なんくるないさーっていう場面だね!せーの」

響 真 「「なんくるないさー!」」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:34:58.40 ID:8rEB1n0si
貴音 「私からはこちらです」

P 「貴音……これって」

貴音 「はい、ネコミミという物ですね」

真 「」

小鳥 「……これは」

小鳥 「真ちゃん、これと一緒に着てくれないかしら?」

社長 「音無君……これは」

小鳥 「ゴスロリ……です」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:43:31.34 ID:8rEB1n0si
真 「か……か……」

真 「かわいい……」

「「えっ」」

真 「ちょっと待っててね!」

―――――――――――

真 「みんなー!お待たせだにゃん!」

真 「まこニャンだにゃん♪」

小鳥 「いい……真ちゃんすごくいいわ!」

貴音 「ふふっこんなに喜ばれるとは思いませんでしたね」

P (小鳥さん写真は……)

小鳥 (一枚千円です)

P (……あとで買います)

小鳥 (毎度ありピヨ)

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:49:49.32 ID:8rEB1n0si
雪歩 「違う!違うよ真ちゃん!」

美希 「真君に似合うのはこっちなの!」

美希 「じゃじゃーん!美希&雪歩が選んだ真君に似合うカッコいい服セットーなの!」

真 「」絶句

雪歩 「さぁ真ちゃん着替えよう今すぐ着替えよう!さぁさぁ!」

真 「うわ雪歩ちょっとまってまだこの服でいたい!あ、美希までうわぁぁぁぁ」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:53:43.53 ID:8rEB1n0si
真 「あれ?この服以外と普通じゃないか」

雪歩 「うん、生すかで真ちゃんを着替えさせた時みたいな服はいやがるかなぁと思ったの」

美希 「美希はそっちのがよかったけど雪歩がどうしてもって言うから普通のにしたの」

雪歩 「美希ちゃんだってスカート買ったじゃない」

真 「え……スカート?あ、本当だ!」

美希 「真君スカートも似合ってるの!」

真 「雪歩、美希……ありがとう嬉しいよ」ニコッ

雪歩 「……やっぱりもっとカッコいい服を着せて」ボソッ

真 「悪寒が……」ゾクゾク

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:56:29.76 ID:8rEB1n0si
真 「みんなありがとう!みんなからのプレゼントほんとに嬉しいよ!」

P 「俺たちを忘れてもらっちゃ」

社長 「困るね~」

P 「という訳で社長と計画したプレゼントをあげよう!」

社長 「誕生日おめでとう!」

真 「これは……好きな仕事できる券?」

社長 「うむ!それを使えばかわいい服を着る仕事や水着グラビアなど好きな仕事をプロデューサーが取ってきてくれる、という券だ」

真 「好きな……仕事」

P 「そうだ、好きな仕事をいってごらん」

真 「じゃあ僕は……」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 15:59:30.93 ID:8rEB1n0si
「「「ゴクリ」」」


真 「みんなで、765プロのみんなで映画を撮りたいです!」

真 「もちろん小鳥さんや社長も一緒に」

雪歩 「真ちゃん、それでいいの?真ちゃんがやりたがってた仕事なんでもできるんだよ?」

真 「うん、僕にはこんなに素敵な仲間がいるんだって世間に広めたいんだ!」

真 「こんなに嬉しい誕生日をすごせたお礼にもなるしね」

真 「だから、僕はみんなで映画を撮りたいです。」

P 「……わかった。交渉してみよう」

真 「ありがとうございますプロデューサー!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 16:02:20.64 ID:8rEB1n0si
春香 「映画かぁ」

千早 「主題歌とか歌わせてもらえるかしら……」

あずさ「たぶん歌えると思うわよ~」

律子 「まあ全員参加ですしね」

亜美 「アクションとか欲しいよね→」

真美 「ロボットとかもいいよね→」

やよい 「両方叶えるなら特撮かなぁ」

伊織 「特撮なら敵が必要になるわね」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 16:03:53.59 ID:8rEB1n0si
貴音 「みなで撮るのならどきゅめんたりーはいかかでしょうか」

響 「ぴよこと社長もいるしそっちの方がいいかもね」

美希 「ドキュメンタリーなら楽でいいの!ミキは寝てるだけだし」

雪歩 「ふふっ、どんな映画でも成功しそうだね真ちゃん」

真 「当たり前だよ雪歩!だって僕たち……」

「「「「仲間だもんね!」」」」

終わる

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 16:04:39.45 ID:8rEB1n0si
初めてだったけど真の誕生日になんかしたかった後悔はしていない。

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 16:05:58.05 ID:X4RC1wP60
おつ



元スレ: P「サプライズパーティー?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346215578/

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 03菊地真
菊地真(CV:平田宏美)
日本コロムビア (2015-04-22)
売り上げランキング: 33

コメント
2303: 2015/03/20(金) 22:22
ロボット…

ゼノg
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7798-725ea55f