ヘッドライン

星梨花「ひとつ大人になりました」【ミリマス】

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:23:39.10 ID:IxbLq6ywo

星梨花「うーん、うーん……」


ガチャ

静香「お疲れ様です」


未来「お疲れ様でーす」


星梨花「うーん……」

静香「あら?星梨花、どうしたの難しい顔して」

星梨花「あ、静香さん、未来さん、おはようございます!」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:24:43.53 ID:IxbLq6ywo

未来「えへへ、おはよう星梨花!」

静香「おはよう、それで何かあったの?」

星梨花「いえ、特に何かあったわけではないんですけど……」

静香「悩み事なら私たちでよければ聞くけど」

未来「うんうん! 星梨花が困ってるなら助けてあげたいもん!」

星梨花「静香さん、未来さん……」

星梨花「あの、じゃあ……」

星梨花「早く大人になるにはどうすればいいんでしょうか?」

静香「え?」

未来「へ?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:26:35.39 ID:IxbLq6ywo

星梨花「あの、やっぱり私、変なこと聞いてますか?」

静香「ああ、そういう訳じゃないけど、予想外というかなんというか」

未来「星梨花、こないだ誕生日があったのに、もう次の誕生日のこと考えてるの?」

星梨花「ええと、そういうことではなくて……」

静香「大人っぽくなりたいってことでいいのかしら?」

星梨花「はい! 出来れば、早く大人になりたいんです!」

未来「ふぇー、星梨花はすごいなー、私なんてずっと子供のほうがいいかなって思ってたよ。あ、でも、大人になったら宿題がなくなるのはいいかな♪」

静香「未来は、全く……」

星梨花「それで出来ればお二人に大人のイメージを教えていただきたいんですけど」

静香「大人のイメージ?」

未来「なんだろう?」

未来静香「……」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:28:11.74 ID:IxbLq6ywo

未来「あ、そうだ! 私は落ち着いた人が大人っぽいと思うな!」

未来「静香ちゃんも大人っぽいし」

星梨花「それはそうかもしれませんね!」

静香「そ、そう。そう言われると照れるわね?」

静香「でも、私みたいな星梨花は……ちょっと想像がつかないわね」

未来「それはそうかも……」

星梨花「私には難しいでしょうか?」

静香「そういう訳ではないけど……」

未来「明るい星梨花がかわいいからね!」

静香「ちょっと! それだと私が暗いみたいじゃない!」

未来「まぁまぁ、じゃあ、静香ちゃんのイメージする大人ってどんなの?」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:30:17.09 ID:IxbLq6ywo

静香 「全く……そうね……頼りになる人、かしら」

静香「任せた仕事をきちんとやってくれて、いざというときに助けてくれる人」

未来「私たちのために?」

静香「そうね」

未来「優しくて?」

静香「そうそう」

翼「プロデューサーさんみたいな?」


静香「そう、そ……って何を言わせるのよ!」

静香「って翼!」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:32:53.99 ID:IxbLq6ywo

翼「なーに?」

星梨花「おはようございます翼さん!」

翼「おはよ~星梨花」

星梨花「翼さんはどうしてここに?」

翼「えーとねぇ、未来と静香とダンスレッスンするって約束したのに、いつまでたってもこないから。ちょっとこっちに来たんだ」

未来 「あ!」

静香 「そうだったわね」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:34:40.02 ID:IxbLq6ywo

静香「ごめんなさい星梨花、相談の途中なのに」

星梨花「大丈夫です、とても参考になりました!」

翼「えー、星梨花何か悩んでたの?」

未来「早く大人になりたいんだって」

翼「星梨花はそのままでいいと思うけどなぁ」

未来「それは私もそう思うけどね」

静香「星梨花、私たち自身も子供だから、他の大人の人たちに相談してみるのがいいかもしれないわ」

星梨花「はい、そうしてみます」

翼「じゃあね星梨花。悩み解決するといいね」

未来「またね」

静香「何かあったら私でよければ協力するからいつでも言ってね」

星梨花「はい! ありがとうございます、ダンスレッスン頑張って下さい!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:38:43.10 ID:IxbLq6ywo

このみ「それで私のところに来たってわけね」


星梨花「はい、私、早く大人になりたいんです!」

このみ「ふ、ふ、ふ」

このみ「大人をイメージして私のところに来るなんて星梨花ちゃん、流石ね!」

このみ「このアダルティなこのみさんがズバリ答えてあげるわ!」

星梨花「はい! お願いします!」

このみ「やっぱり大人と言ったらセクシーさかしら!」

星梨花「セクシーさ、ですか?」

このみ「そう! だから、私から沸き立つセクシーさを参考にしていいのよ!」

星梨花「えーと……」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:41:17.42 ID:IxbLq6ywo

莉緒「このみ姉さん、その辺りにしておいたほうがいいですよ」


このみ「莉緒ちゃん!」

星梨花「莉緒さんこんにちは!」

莉緒「ええ、こんにちは」

莉緒「それよりもこのみ姉さん。そろそろプロデューサーくんに怒られますよ」

このみ「んぐぐ」

このみ「ごめんなさい星梨花ちゃん。そうよね……セクシーさでいうと莉緒ちゃんを参考にするのがいいと思うわ」

星梨花「はい! ……でも、私は莉緒さんみたい大きな胸はないので、やっぱり私が大人になるには難しいんでしょうか?」

莉緒「スタイルだけがセクシーさではないわよ星梨花ちゃん。このみお姉さんにだってセクシーさはあるわけだし」

このみ「莉緒ちゃん、それフォローなの?」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:43:14.57 ID:IxbLq6ywo

莉緒「それに私は一応、大人のセクシーさを売りにしてるつもりだけど、プロデューサーくんにはもっとさりげない方が、とか言われるくらいだし、あまり私自身は参考にならないかもしれないわ」

星梨花「そうですか……」

莉緒「ただ、星梨花ちゃんだったら少し露出を増やすだけでも、ぐっと大人っぽくなると思うわ」

星梨花「露出、ですか?」

莉緒「そう。少しスカートを短くしたり、服の前を開いてみるだけでもずいぶん違うと思うわ」

星梨花「ありがとうございます。参考にしてみます!」

莉緒「ええ、頑張って」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:48:02.15 ID:IxbLq6ywo

このみ「ところで星梨花ちゃん」

星梨花「はい?」

このみ「一体どうして急に大人になりたいなんて思ったの?」

星梨花「……」

このみ「あ、別に言いたくないなら無理に言わなくて大丈夫よ」

星梨花「あの、笑いませんか?」

このみ「星梨花ちゃんのことで笑ったりしないわ」

莉緒「ええ」

星梨花「……私、悪い子なんです」

莉緒「どうして?」

星梨花「どうしてもみなさんのこと羨ましく思ってしまうんです」

星梨花「私、みなさんといるのがとっても楽しいんです。お仕事も大好きですし」

星梨花「でも、私はパパとママが心配するので、みなさんより早く帰らないといけません」

星梨花「みなさんはその後も一緒にいられてお話したりできたりすると思うととっても羨ましく思うんです」

星梨花「それに……」

星梨花「プロデューサーさんとももっと一緒にいられますし……」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:50:01.51 ID:IxbLq6ywo

このみ「……」

莉緒「……」

このみ莉緒「ふふふ」

星梨花「わ、笑わないって言ったじゃないですか!」

このみ「ふふ、ごめんなさい、星梨花ちゃん。だけど、今のは別に星梨花ちゃんが変だから笑った訳じゃなくて、星梨花ちゃんがかわいくて思わず笑っちゃったのよ」

このみ「それにしても……」

莉緒「そうですね」

このみ「プロデューサーも罪な男よね」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:52:24.75 ID:IxbLq6ywo

莉緒「星梨花ちゃん、プロデューサーくんともっと一緒にいたいなら本人に直接言うといいと思うわ」

星梨花「でも、ご迷惑じゃあ……」

莉緒「あのね、大人は何でもできるようでいて、しなきゃいけないことも多いの」

莉緒「そのひとつが我慢することね」

莉緒「逆に子供だからできることがわがままをいうことね」

莉緒「星梨花ちゃんは大人になりたいっていっても、まだ、子供なんだから、大人であるプロデューサーくんにはおもいっきりわがままを言っても大丈夫よ」

このみ「それにプロデューサーだったら、星梨花ちゃんにそんなこと言われたら喜ぶと思うわ」

星梨花「そうなんでしょうか?」

莉緒「ええ」

星梨花「……私、プロデューサーとお話してきます」

このみ「それがいいわ」

星梨花「このみさん、莉緒さん、ありがとうございました!」

莉緒「頑張ってね」

星梨花「はい! 失礼します」

バタン

このみ「若いわねー」

莉緒「私たちもまだまだ若いですよ、このみ姉さん」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:54:33.18 ID:IxbLq6ywo

百合子「えーと、なるほど! す、凄い!」


ガチャ

星梨花「失礼します」

百合子「あれ? 星梨花ちゃんどうしたの?」

星梨花「あの、プロデューサーさんを探してるんですけど……」

百合子「えーと、プロデューサーさんはここにはいないよ」

星梨花「そうですか……百合子さんは何を読んでるですか?」

百合子「ふふふ、これは現世を生きるのに重要なおまじない大全なの!」

星梨花「おまじない……」

百合子「世界を旅したものたちによって数々語り継がれてきた祈りがこの本には収められているの!?」
※普通のおまじないが載ってる本です

星梨花「あの……」

百合子「ああ! 私もいつかプロデューサーさんと世界の謎を解き明かすために、冒険を……」

星梨花「あの! 百合子さん!」

百合子「はっ!」

百合子「ごめんね星梨花ちゃん!私夢中になっちゃって……」

星梨花「いえ、大丈夫です。それで、その本になんですけど……」

星梨花「大人になるおまじないは載ってますか?」

百合子「うーん、どうだろう? ちょっと待って探してみるから」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 21:57:11.36 ID:IxbLq6ywo

百合子「……やっぱり大人になるおまじないはないみたい」

星梨花「そうですか……」

百合子「ごめんね、力になれなくて」

星梨花「い、いえ」

ガチャ

エレナ「はよはよー!! あれっ二人ともどうしたの?」


星梨花「おはようございます、エレナさん!」

百合子「実は……」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:01:12.78 ID:IxbLq6ywo
エレナ「大人になるおまじない?」

星梨花「はい……」

エレナ「セリカは偉いナー、早く大人になりたいなんて」

百合子「でも、それに効きそうなおまじないもないし……」

エレナ「んー?」

百合子「どうしたんですか? エレナさん?」

エレナ「何かそんな話を聞いたようナ?」

百合子「えぇー!本当ですか?」

エレナ「あ、そうだ、メグミから借りた雑誌に……」

エレナ「あった! これこれ!」

百合子「どれですか?」

星梨花「わ、私にも見せてください!」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:02:54.65 ID:IxbLq6ywo

百合子「って! こ、これは!」

星梨花「あわわわわ」

エレナ「あれっ、違ったかナ?」

百合子「こ、これは大人になるためのおまじないじゃなくて、大人のおまじないですよ!」

星梨花「す、凄いです!」

百合子「あ、だ、ダメ! せ、星梨花ちゃんにはまだ早いよ!」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:06:53.01 ID:IxbLq6ywo

星梨花「ごめんなさい私のせいでご迷惑おかけしたみたいで……」

百合子「別に、そういうわけじゃないけど」

エレナ「私も勘違いしてたみたいでごめんナ」

百合子「全くです」

星梨花「……百合子さんエレナさんありがとうございました。私、また、プロデューサーさんを探しに行きますね」

百合子「そういえばプロデューサーさんを探してたんだったね」

星梨花「はい、失礼します」

バタン

エレナ「あれはセリカにはまだ早いかナ?」

百合子「流石に……私たちでも早いと思いますけど」

百合子「で、でも私もいつかはプロデューサーさんと……」

エレナ「ユリコ?」

百合子「は!」

百合子「な、何でもないですから!」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:08:48.00 ID:IxbLq6ywo

ガチャ

星梨花「お疲れ様です」

小鳥「お疲れ様ー、星梨花ちゃん」ヒソヒソ


星梨花「小鳥さん何でそんなに小さな声で話してるんですか?」ヒソヒソ

小鳥「実は、ね」

星梨花「あ、プロデューサーさん」

小鳥「ちょっとプロデューサーさんがソファーでお休み中なの」

小鳥「あまりにも疲れたみたいで、仮眠室の方が……って、声をかける間もなく、寝ちゃったのよ」

星梨花「そうなんですか……」

小鳥「せっかくだから静かに寝かせてあげましょう」

星梨花「はい。プロデューサー、お疲れ様です」ヒソヒソ


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:09:52.18 ID:IxbLq6ywo

小鳥「これを言うとプロデューサーさんには怒られちゃうかも知れないけど、プロデューサーさんがお疲れなのは星梨花ちゃんの誕生日のお祝いのために、がんばっちゃったからなの」

星梨花「それって……」

小鳥「出来る限りみんなでお祝いしたいって、頑張ってくれたの、みんなの仕事の都合をつけるの大変だったのよ」

小鳥 「プロデューサーさんはみんなのためを思うと自分のことを省みなくなっちゃうから心配なのよね」

星梨花「プロデューサーさん……」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:12:06.85 ID:IxbLq6ywo

小鳥「星梨花ちゃん、今、少し時間大丈夫?」

星梨花「はい、大丈夫です」

小鳥「私、少し外に用事で出ないといけないんだけど、事務所のお留守番とプロデューサーさんのこと任せて大丈夫かしら?」

星梨花「はい! 任せて下さい!」

小鳥「ふふふ、ありがとう。じゃあプロデューサーさんのことよろしくね」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:13:26.32 ID:IxbLq6ywo

P「……」

トコトコ

星梨花「……」ジー

星梨花「えへへ、プロデューサーさんの寝顔かわいいです♪」

P「……」 スースー

星梨花「……」

星梨花「誰も、いないんですね」

星梨花「……」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:18:00.05 ID:IxbLq6ywo

星梨花「さっきのおまじない……」

星梨花「プロデューサーさん……子供の私が大人のおまじないをしたら、私も大人になれるんでしょうか?」

星梨花「そしたらプロデューサーさんともっと一緒にいられるんでしょうか?」



星梨花「……」

星梨花「プロデューサーさん……」

星梨花 「……」スッ


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:18:33.28 ID:IxbLq6ywo

P「うーん、あれっ、俺寝てたのか?」

星梨花「おはようございます! プロデューサーさん!」

P「うわっ、おはよう、星梨花……今、事務所に星梨花だけか?」

星梨花「はい! 小鳥さんにお留守番をお願いされました」

P「そっか……」

星梨花「プロデューサーさん、私のせいでお疲れなんですよね……」

P「ん、小鳥さんか……違うよ、星梨花のせいじゃなくて自分のため、みんなが喜んでくれるのが俺の生き甲斐だからな。それとせっかくの誕生日なんだから楽しんで欲しいだろ?」

星梨花「えへへ、やっぱりプロデューサーさんは優しいです」

P「別に……自分のためなんだけどな」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:19:02.52 ID:IxbLq6ywo

P「星梨花はずっと俺の近くに居てくれたのか?」

星梨花「はい、プロデューサーさんの寝顔可愛かったです!」

P「そんなの見なくていいのに、自分のしたいことしてて良かったんだぞ」

星梨花「いえ、楽しかったです」

P「それならいいけど……」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:20:08.27 ID:IxbLq6ywo

P「……」

星梨花「どうしたんですか?」

P「ん、何だか甘い匂いがしてな」

星梨花「!」

P「はは、星梨花が近くに居てくれたからかな」

星梨花「……」

P「星梨花? あれっ、顔が赤いぞ! まさか具合が悪いんじゃあ!」

星梨花「い、いえ、違うんです、だ、大丈夫ですから」

P「本当だな? ただ体調には気をつけてくれよ」

星梨花「それはプロデューサーさんも、ですよ」

P「……ま、そうだな」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:22:00.90 ID:IxbLq6ywo

星梨花「私、プロデューサーさんにお願いしたいことがあってさっきここに来たんです」

P「そうだったのか、悪かったな。待たせてしまったみたいで」

P「そういうことなら星梨花からのお願いだしちゃんと聞かないとな」

星梨花「でも、もう大丈夫みたいです」

P「あれっ?」

P「どういうことだ? 気になるけど……もう平気、なのか?」

星梨花「はい、もう大丈夫です」

P「うーん、良かった気もするが寂しくあるな」

星梨花「そうなんですか?」

P「そりゃな、最近、忙しくて星梨花の誕生日パーティー以降あんまり話もできなかったし……星梨花からのお願い自体が少ないからな」

星梨花「……えへへ」

P「うん? 何か笑うところあったか?」

星梨花「いえ、私とプロデューサーさんが同じ気持ちだったので嬉しかったんです!」

P「星梨花も寂しかったってことか? ……なるほど、それなら俺も嬉しいな」

星梨花 「えへへ♪」?


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:22:48.74 ID:IxbLq6ywo

星梨花「プロデューサーさん、私、ひとつ大人になったんですよ?」

P「知ってるよ、この間誕生日迎えたもんな」

星梨花「そうですけどそうじゃないんです」

P 「?」

星梨花「私……プロデューサーさんとずっと一緒に入れるでしょうか?」

P「星梨花が望んでくれるならずっと一緒にいるよ」

P 「星梨花は俺の大切なアイドルなんだから」

星梨花「はい」

P「……だから、何か心配事があるのかもしれないけど、ゆっくり大人になればいいよ。星梨花のペースでな」

P「星梨花に願いごとがあるなら言ってくれ、そのほうが俺はうれしいし」

星梨花「……ありがとうございますプロデューサーさん!」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:23:18.16 ID:IxbLq6ywo

星梨花「……じゃあ、一つだけお願いしていいですか?」

P「おう、どんどんしてくれていいぞ」


星梨花「じゃあ、今日お家まで一緒に帰って下さい」

P「送れってことか? それならお安い御用だな」

星梨花「手もつないでいいですか?」

P「ずいぶん甘えん坊なお願いだな」

星梨花「ダメですか?」

P「全然いいよ、それだけか?」

星梨花「はい、今はこれだけで十分です」

P「そうか」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 22:24:21.40 ID:IxbLq6ywo

星梨花「えへへ、プロデューサーさん大好きです♪」

終わり



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425212559/


THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 03 アイドルマスター ミリオンライブ!
クレシェンドブルー 最上静香(田所あずさ) 箱崎星梨花(麻倉もも) 北上麗花(平山笑美) 野々原茜(小笠原早紀) 北沢志保(雨宮天)
ランティス (2014-09-24)
売り上げランキング: 3,017

コメント
2220: 2015/03/02(月) 12:24
昨日誕生日だったのはコロちゃんなんですがそれは
2222: 2015/03/02(月) 14:08
>あまり私自身は参考にならないかもしれないわ

こんな自覚のある莉緒姉なんて莉緒姉じゃない!
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7612-5aeef8af