ヘッドライン

真「いくよ?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:49:41.33 ID:OIHghc0p0
ゆきまこ注意 山なし落ちなし 暇潰しにでもどうぞ

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:50:59.93 ID:OIHghc0p0

真「ほっ」ワンハンドキープ

響「いいぞ~」

真「ほっ ほっ ほっ」ステッピン

真「合わせてっ…」ラビット

真「よいしょっ」ハローバック

響「おぉ… 真はほんと縦とフリーズ強いな 足が床に着きそうだぞ」

真「よっと」

真「こっちもいけるよ」プランシェ

響「ドン引きだぞ…」

真「いやいや響もやばいよ」スタッ

真「響のポニーテールって、大きいから凄いことになるんだよね」

真「もう一回見たいなぁ」キラキラ

響「よっぽど気に入ったみたいだね いいよ」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:52:04.23 ID:OIHghc0p0

響「スー…」

響「よっ」スワイプス

響「…ほんで~!」エアートラックス

響「…おりゃ~っ!」2000

真「やっぱりすごいっ」

響「もういっちょ~う!!」グルルルル

真「よく目回らないなぁ」

響「おわりっ」マックス

響「ふぅっ」スタッ

真「かっこいい!」パチパチ

響「まっ まぁな 自分完璧だからっ」ハァハァ

真「ボクも本格的にブレイクダンス始めようかなぁ」

響「真なら天下取れると思うよ」

真「あはは ボクなんてまだまだだよ」

伊織「ちょっとあんた達…」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:52:47.01 ID:OIHghc0p0

響「おー 伊織っ どした?」

伊織「どした? じゃないわよ!」

伊織「せめて私がいない所でやりなさいよこの化け物共!」

真「化け物ぉ!?」ガーン

伊織「戦意喪失するのよ!」

響「まぁまぁ~」

響「寂しかったんだよなぁ~ 苦しかったんだよなぁ~ ごめんなぁ伊織~」

伊織「何よそれっ」

響「んよ~しよしよし んよ~しよしよし」ワシワシ

伊織「むきーっ!私は犬か!」

真「化け物… 化け物…」ズーン

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:53:35.27 ID:OIHghc0p0

ガチャ

雪歩「お疲れさまですー。」

真「あ、雪歩!」パァ

響「はいさーい雪歩!」

雪歩「はいさーい響ちゃん♪」

真「ぁっ! ヵヮィィっ!///」

雪歩「伊織ちゃん、頼まれてたスポーツドリンク、持ってきたよ」

伊織「あぁ、 悪いわね。こいつ等のよ」

雪歩「え?」

雪歩「そう言えば2人とも汗だく…どうしたの?」

真「ちょっと準備運動を…あはは」

響「って言うか、伊織?」

伊織「何よ 雪歩からなにか持って行く物無いかってメールが来たから頼んであげたの。感謝しなさいよ」

響「にふぇーど~ 今日もいい感じにツンデレだな~」

伊織「ツンデレ言うな!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:54:36.80 ID:OIHghc0p0

真「あはは、ありがとう伊織、雪歩。頂くよ。」キラ

雪歩「う、うん///」

伊織「雪歩が来た途端格好付けちゃって」フン

伊織「全く。これからレッスンだってのに無駄に体力浪費してんじゃないわよ」ブツクサ

響「んよ~しよしよし んよ~しよしよし」ワシワシ

伊織「だからやめなさいったら~っ!」

雪歩「ふふっ 伊織ちゃん嬉しそう」

伊織「どこに目ぇ付けてんのよ~っ!」ジタバタ

真「あははっ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:55:25.80 ID:OIHghc0p0

ガチャ

トレーナー「みんなお待たせー いっちょやりますかー」

真・響・雪歩「宜しくお願いしまーすっ」

トレーナー「はいはーい ってこの広い部屋でそんな密集しなくても」アハハ

伊織「ちがっ 私は真面目にアップしてたのにこいつ等がぁっ」

トレーナー「ふふっ 本当に765さんは仲良しよね」

真・響・雪歩「はいっ」

トレーナー「あはは 良い事だわ。よーしっ じゃぁ今日もビシバシ行くわよーっ!」

真・響・雪歩「おーっ♪」

伊織「話を聞けー!!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:56:20.23 ID:OIHghc0p0



伊織「…で、春香とこう入れ替わるのよね」

真「そうだね。春香にも伝えたけど、ここはお互い近くて動きも早いから、ぶつからない様に気を付けてね。」

伊織「ふんふん」メモメモ

伊織「あと、 ここって、こうで良いのかしら」

真「そこは多少アレンジしても大丈夫だから、こうした方が伊織っぽくて可愛いかも」

伊織「確かにそっちのが良いわね よく解ってるじゃない」ニヒヒ

真「まぁねー。 ほら、僕ってこういう可愛いダンスが得意だからさ♪」キャピ

伊織「さっきのまだ根に持ってるわね…」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:57:06.38 ID:OIHghc0p0



雪歩「1234、1234、」

響「1234、1234、」

雪歩「最後は、ここで、こうして…こうっ!」

響「バッチリさー!」

雪歩「やったぁっ」

響「この曲の雪歩のパートは大きい動きが多いから、決まったら絶対かっこいいよ!ギャップ燃えってやつ!」

雪歩「うんっ 頑張る。教えてくれて有難う♪」

響「なんくるないさーっ!」



トレーナー(ホント仲良いなぁこの子達。ほほえま。)

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:57:45.22 ID:OIHghc0p0



トレーナー「1234!1234!」
トレーナー「1234!1234!」

トレーナー「はい、最後は笑顔でー」

トレーナー「フィニッシュ!…完璧ね!」

響「…うおーっ 流石に全通しはキツいぞーっ」バタン

伊織「やりきったわ…流石は伊織ちゃんね」ハァハァ

雪歩「はぁ…はぁ…」ヨタッ

真「おっと…。雪歩。大丈夫?」スッ

雪歩「あ、うんっ 大丈夫。 ありがとう真ちゃん…っ」

真「よ、よかった…///」

トレーナー「みんなお疲れ様!バッチリね!」

トレーナー「全員での合わせは大分先になっちゃうけど、今の動きを忘れないようにね!」

「はいっ!」

トレーナー「じゃぁ今日はここまで!水分補給とクールダウンしっかりね!」

「有難うございましたっ!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:58:44.21 ID:OIHghc0p0



真「ふ~。 いい汗かいたね~」

伊織「そんな軽~いテンションで振り返れる程の運動量じゃないわよ…」

響「だなー。」大

伊織「あんた寝っ転がったら髪汚れるわよ」

響「うぉっと そっか」

雪歩「確かに今日はハードだったなぁ…。」

真「雪歩、大丈夫?」

雪歩「あ、 うん大丈夫。 ありがとう」ニコッ

真「あ う、うん///」

響「アハハ 真どもり過ぎっ」

真「で、でも、あれだなぁっ」

真「こうして日が暮れるまで皆でレッスンするのって好きだなぁ~ ボク。」

伊織「強引ね」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 12:59:55.38 ID:OIHghc0p0

響「まぁでもそれ解るぞ。気付いたら窓の外が真っ暗になってるとなんかテンション上がるよね」

真「何て言うか、文化祭の準備してる時みたいなワクワク感が無い?」

響「あるある。この疲労感も「青春」って感じでノスタルジーな気分になったりな!」

真「そうそうっ!」

雪歩「…?」

伊織「よく解らんわ」

真「それに、レッスン後のここの匂いが好きなんだよね」

伊織「それはただの変態。」

真「えっ!? いや、そう言うんじゃなくてっ」

真「なんか、みんな良い匂いがするからさ」

伊織「どっこもそう言うんじゃなくないじゃないこの変態王子」

真「せめて王女にして…」ズーン

雪歩(そこっ)

響「このorz今日何度か見たぞ」

雪歩「ま、真ちゃん、元気出して?」ダキ

真(あー雪歩ほんっと良い匂い…」

雪歩「へ!?///」

伊織「漏れてるわよ王子」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:01:07.78 ID:OIHghc0p0

響「自分は特に伊織の匂いが好きさー」

伊織「はっ?」

響「なんか、高級なお菓子みたいな匂いがするんだよね」クンクン

伊織「嗅ぐな!犬かあんたは!」

真「レッスン前と逆だ」アハハ

伊織「…ん。」

伊織「でもそう言われてみると、確かにあんたも良い香りだわ。アクアマリン響。」スンスン

響「そんなどっかのアトラクションみたいな名前イヤだぞ…」

伊織「雪歩も果物みたいな香りで素敵よね。 自然な香りだけど、フレグランス?」

雪歩「ううん、何もつけてないんだけど… 大丈夫かな?」

伊織「どっかの 響「やめてあげて」 が興奮するのも無理ない香りだわ」

雪歩「あ、ありがと…う…?///ちょっと恥ずかしい…///」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:01:43.96 ID:OIHghc0p0

真「ねぇねぇボクはっ? ボクはっ?」

伊織「あんたはどうせシーブリーズでしょ」

真「ヒドいよ! そうだけど!」

雪歩「真ちゃん、爽やかでとっても良い香りだよ?」

真(もう雪歩と結婚したいよボク」

雪歩「ま、真ちゃん…!?///」

伊織「はいはい。解ったからそろそろ行くわよ。」

真「あ、もうこんな時間か。事務所に戻らないと」

雪歩「本当、急がなきゃ」

響「だな~」クンクン

伊織「あんた等といると普段の2倍疲れるわ…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:02:42.79 ID:OIHghc0p0



ガチャ

真「只今戻りましたーっ」

響「はいさーい!レッスン終わったぞ~!」

雪歩「お疲れ様ですー」

P「おかえりんこ」

伊織「アホ。」

小鳥「あら皆。おかえりなさい♪ 今、貴音ちゃんとあずささんも戻った所よ。」

あずさ「おかえりなさ~い」

貴音「長きに及ぶ通し稽古、お疲れ様でした。」

響「いやー、中々ハードだったけど今日も自分は完璧だったさ~」

伊織「大の字に伸びてたくせによく言うわ」

響「あっ 言うなー!」

貴音「ふふっ よく頑張りましたね、響。」ナデナデ

響「伊織GJ!」ブンブン

真「あれ 尻尾が見える…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:03:26.91 ID:OIHghc0p0

あずさ「あらあら♪」

雪歩「あずささんはドラマの撮影で、四条さんは舞台の立ち稽古でしたよね。お疲れ様ですっ」

あずさ「雪歩ちゃん達もおつかれさま~」

貴音「みnっ…、 こほっ。 失礼っ…。」

響「貴音っ?」

あずさ「貴音ちゃん、大丈夫?」

貴音「んっんん。…えぇ。 ひねもす声を張ったもので少々喉が疼いただけです。心配には及びません。」

貴音「皆こそお疲れでしょう。 暫し休まれてはいかがですか?」

真「そうだね。 ちょっと休んでから帰ろうか、雪歩」

雪歩「うん。その前に、ちょっとお茶入れて来るね」

真「ボクも手伝うよ」

響「いや自分が」

貴音「いえわたくしが」

小鳥「いやお茶なら私が」

真・響・貴音「どーぞどーぞ」

小鳥「ピエッ」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:04:26.26 ID:OIHghc0p0

雪歩「あ、大丈夫ですよ ありがとうございます」

小鳥「それはそれでピエッ」

伊織「何ならいいのよ…」

真「あはは ボクが手伝うよ。皆は休んでて?」

響「そうさせてもらおっか。貴音。」

貴音「それではお言葉に甘えて…」

小鳥「一休み一休み~。」

P「音無さんは仕事」

小鳥「はい…」トボトボ



19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:05:26.33 ID:OIHghc0p0

伊織「…はぁ。やっと静かになったわ」

伊織「あずさ、撮影お疲れさま。」

あずさ「ありがとう、伊織ちゃん。伊織ちゃんもお疲れさま。」

伊織「スケジュールが中々合わないわねー。今日はあずさとも合わせたかったんだけど、残念だわ」

あずさ「ごめんなさい 上がれ次第参加したかったんだけど伸びちゃって…」

伊織「あ、違うの。謝らないで」

伊織「今度のレッスンでは一緒に出来るでしょうから楽しみって話よ。 亜美もね。」

あずさ「亜美ちゃんも伊織ちゃんに会えなくて寂しがっていたから、きっと喜ぶわ。」

伊織「ふふっ。 あずさの心配はしてないけど、あの子はちゃんと練習してるんでしょうね?」

あずさ「最近の亜美ちゃん凄いのよ 一緒に踊ったら伊織ちゃん、きっとびっくりすると思うっ。」

伊織「どっちの意味で?」

あずさ「その時のお楽しみ♪」

伊織「怖いわ」フフッ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:06:08.54 ID:OIHghc0p0

響「さすが我が765プロ一の古かっ…、ベテランユニット。 完全に熟年夫婦の空気感だぞ」

伊織「オイ今」

あずさ「たしかに伊織ちゃんみたいな旦那さんが理想よね~」

伊織「ちょ」

貴音「伊織…あずさは譲りませんよ」

伊織「ツッコミきれんわお前ら」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:07:00.29 ID:OIHghc0p0

伊織「そう言えば、ネPリーグ組はまだなのね」
※アイドル多数参加クイズ番組的なもの

あずさ「そうねぇ。もうこちらに向かっているみたいだけど。」

小鳥「収録は問題無かったって律子さんから連絡有ったから、心配しなくて大丈夫よ伊織ちゃん。」

伊織「べ、別に心配なんて…」

真「やよいなら大丈夫だよ。伊織。」ガラ

雪歩「皆さんよかったらお茶をどうぞ」

小鳥「ありがとー雪歩ちゃーん」

P「乙」

伊織「だ だから心配なんてしてないったら…。 頂くわ、ありがとう。」

響「自分は美希が心配だぞ…。」

雪歩「美希ちゃんはやる時はやる人だから、心配いらないと思うよ?」

響「あ、雪歩ありがとうっ 確かにそうだなっ 信じて待つ!」

あずさ「暖まるわ~ ありがとう~」

雪歩「いえいえ。 あ、四条さんはよかったらこれを…」

貴音「…加密列の香草茶ですか。 雪歩…お心遣い痛み入ります…」ウル

雪歩「いえいえ」ニコ

真「蜂蜜入れたのボク~♪」

貴音「ふふっ 真も有難う御座います」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:08:33.40 ID:OIHghc0p0

伊織「雪歩は良いお嫁さんになるわね 絶対。」

雪歩「えっ?」

真「ボクは?」

伊織「あ、その前にウチでメイドでもしない? 歓迎するわよ」

雪歩「め、メイドっ?」

真「ねぇボクは?」

雪歩「メイド…」


 ○
  雪歩『お帰りなさいませご主人さま』
  
  伊織『ただいま。 はぁ… 今日も疲れたわ。お腹もぺこぺこ。』
  
  雪歩『お夕食の準備は整っております』
  
  伊織『ありがと。でもその前に、いつもの頂戴?』
  
  雪歩『はい。果汁100%オレンジジュースでございます』スッ
  
  伊織『そっちじゃなくて、ほら、 こーこ。』
  
  伊織『まずはお帰りなさいのキスだって言ってるでしょ?』
  
  雪歩『も、申し訳ございません…///』
 
  伊織『もう。覚えが悪いんだから。』
  
  雪歩『申し訳… あっ…』クイッ
  
  伊織『…こんな駄メイドには今晩も…』
  
  伊織『お・し・お・き。 しなくちゃね…?』
  
  雪歩『は、はいぃ…ご主人さまぁ…っ///』

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:09:28.63 ID:OIHghc0p0

雪歩(なんてっ///なんてっ///)キャー

真「ねぇねぇボクは?」

伊織「うっさい。ちょっと、雪歩?」チョン

雪歩「ひゃぁ!? べっ! べつにおしおきされたいって訳じゃなくって! …あ」

真「…い?」

響「…う?」

貴音「…え?」

小鳥「…お仕置き?」


雪歩「  」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:10:18.88 ID:OIHghc0p0

雪歩「ち!ちちち違うの!お、おし、おしお!お塩がきれてないかが気になったのっ!」ピューン

真(無理矢理ーっ!)

小鳥「逃がさんぞ!」バッ

P「仕事」ガッ

小鳥「はい」

伊織「よく解らないけど… 元気そうで何よりだわ」

真「あはは… ボクより走るの速かったよ今」

あずさ「雪歩ちゃん帰っちゃったのかしら~」

雪歩「いえここにいます…」ボコッ

伊織「床からっ!?」

貴音「何が何やら」

響「もう寝るか。」

あずさ「そうね~ みんなお疲れだものね~」

真「だね。おやすみ。」

雪歩「おやすみなさい。」

伊織「おやすみ。」

小鳥「また明日~」

P「…zzz」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:11:27.42 ID:OIHghc0p0

律子「…ってツッコミ不在かッ!」バシ


P「フガッ」パチン

伊織・真「律子!」

あずさ・小鳥「律子さんっ!」

律子「お疲れ様です。ネPリーグ組只今到着です。」

あみまみ「おっつおっつ→♪」

春香「ただいまです!」

千早「お疲れ様です」

真「あみまみに、春香に千早もおかえりー!」

雪歩「みんな、お疲れ様~」

春香「ただいまーっ」

千早「大分遅くなってしまったわね…」

あずさ「遅くまでおつかれさま~」

伊織「って事は…」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:12:38.71 ID:OIHghc0p0

やよい「ただいまもどりましたーぁ!」

伊織「やよい!」

やよい「伊織ちゃぁん!ただいまぁ~♪」

伊織「よく無事で帰ってきたわやよいっ よく無事で…っ」

やよい「ど、どうしたのぉ?」

真「あはは 心配してたんだよ」

伊織「心配なんてしてないったら…っ」

春香「やよい、大活躍だったんだよ?伊織。」

千早「えぇ。とっても可愛かった」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:14:31.46 ID:OIHghc0p0

あずさ「ふふっ。 あら、美希ちゃんもお帰りなさい。 大丈夫?」

美希「ふへ~ 久しぶりに頭使ったからくたびれたの…」ボフッ

あずさ「あらあら~ 美希ちゃん頑張ったわね~」ナデナデ

亜美「あー!ミキミキずるい!あずさおねーちゃんは亜美のものー!」
真美「あずさお姉ちゃんのおっぱい枕も亜美のものも真美のものー!」

美希「とんだジャイアニズムツインズなの… くらうがいいの忍法・針地蔵」

あみまみ「大江に抜いてもらうっ!」

真「美希もお帰り!お疲れ様!」

雪歩「お疲れさま美希ちゃんっ、なにか飲む?」

美希「菊地夫妻もおつかれなの~ 雪歩が煎れてくれたのなら何でも飲むよ~」

真「夫妻っ!?」

雪歩「ふふっ。 ちょっと待っててね。」

貴音「お疲れのご様子ですね、美希。お帰りなさい。」

響「おつかれさまっ 待ってたぞ~っ」

美希「あは これくらいなんくるないの~ …あふぅ。」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:15:40.57 ID:OIHghc0p0

伊織「…で?結果はどうだったのよ?」

真美「んっふっふ→ そう急かすでないいおりんよ」
亜美「んっふっふ→ 腰抜かすでないぞいおりんよ」

春香「伊織…、みんな…、やよいを… よく見て…」

響「やよい?」

伊織「言われなくても見てるけど」

千早「当然ね」

春香「千早ちゃんまでっ」

やよい「んっふっふー、 みなさん気づきませんかぁ?」

千早(高槻さんのレア顔っ)

貴音「…おや? やよいのべろちょろのようすが…」

小鳥「パンパンだぜ…」

あずさ「…と、いう事は、もしかして…」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:17:30.24 ID:OIHghc0p0

やよい「はい!!優勝しましたぁー!!」ガルーン


全員「やったーっ!!」

あずさ「あらあら~っ みんな、すごいわ~!」

美希「とーぜんの結果なの… zzz…」

伊織「やったわねやよい!流石私の親友だわ!」ブワ

やよい「い、伊織ちゃんっ くるしいよー あははっ」

小鳥「今日は良い日だわ…色んな意味で…」タラー

律子「小鳥さん涎、涎」フキフキ

真「凄いよ!やったねみんな!」

雪歩「本当におめでとうっ!」

春香「ありがとーっ 765プロみんなで取った優勝だよ!優勝♪」

千早「そうね。その通りだわ。」

響「流石だな!自分信じてたぞ!」

貴音「さぞ厳しい戦いであったでしょう 頑張りましたね…っ」

真美「お姫ち~んっ もっと褒めて褒めて~♪」
亜美「なでなでしてくれちゃってもいいよ~♪」

貴音「ふふっ 偉いですよ。真美、亜美。」ナデナデ

あみまみ「にゃ~~ん♪」

響「ぬぬぬ…今日だけだぞッ・・・」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:18:25.16 ID:OIHghc0p0

社長「おめでとう皆 よく頑張ったね」

P「いたんスか」

社長「いたんだよっ?」

社長「いよぅし! では頑張った皆に私からのプレゼントだ!」

社長「焼肉でもなんでも奢ってしまおうじゃぁないか!」

雪歩「ぽっ!?」

律子「マジですかっ」

やよい「いえーい!」

真「やーりぃ!社長太っ腹ーっ!」

亜美「このお腹のお肉はダテじゃないにぇ~!」

真美「さながらマサムネですなぁ~!」

千早「ブッ」

春香「ちょ、あみまみ!千早ちゃんっ」

社長「はっはっは! そうだろうとも! 天海君もいざ出陣!」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:19:19.53 ID:OIHghc0p0

貴音「ふふっ 胃が鳴りますね…」

響「た、貴音、お手柔らかにしてあげてね」

伊織「大丈夫よ。私がいるんだから。好きなだけ食べなさい。」

貴音「伊織… 以前よりお慕い申しておりました…」

響「なぬっ!?」

あずさ「あらっ 伊織ちゃんは渡さないわよ~♪」

美希「ましゅまろ。。。 zzz…」

伊織「あんた美希抱いたまま行くつもり…?」

P「ちょっ 仕事っ」

律子「ほらほら!P殿も行きますよ!」

小鳥「仕事なら後でいくらでも手伝いますから!」

P「oh… エンジェルちゃん達…」

社長「ではみんな、出発しよーう!」


『おーっ!!』

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:20:45.61 ID:OIHghc0p0




真「いやー 楽しかったね。雪歩。」

雪歩「うん。 楽しかった♪」

真「お腹いっぱいでまだ少し苦しいや」

雪歩「私もいっぱいご馳走になっちゃった」

真「美味しかったね」

雪歩「とっても。」

真「…ぷくく」

雪歩「ふふっ。 どうしたの?」

真「あの、貴音が注文した瞬間の社長の顔、ホントとうぶん忘れられそうにないよ」アハハ

雪歩「あははっ もう真ちゃん、笑い過ぎだよっ?」

真「ごめんごめんっ でもあの硬直はまずいよっ」

雪歩「社長、魂が抜けちゃってたって… ふふっ」

真「そうそうっ それで伊織が引き戻してさ。」

雪歩「伊織ちゃん、この前四条さんにご馳走になったお返しって言ってたけど」

真「桁が違ってそうだね」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:22:22.67 ID:OIHghc0p0

雪歩「あの二人って意外に仲良しさんだよね」

真「そうなんだよね。この前も二人でラーメン食べに行ってたし、伊織の家でお食事会もしてるんだって。」

雪歩「二人ともグルメだから合うのかな」

真「ジャンルが違うのも良いのかもねー。」

真「でも、雪歩も貴音と仲良しだよね」

雪歩「うん。最近やっと緊張しないでお話し出来るようになったの。」

真「雪歩も貴音も舞台で活躍してるし、二人ともお上品だから、お似合いって感じがするよ」

雪歩「そんな、私なんて。でもありがとう 真ちゃん。」

真「本当にそう思うんだ。 雪歩と貴音がお喋りしてるとさ、何かこう、マリア様がみていそうな雰囲気でっ、優雅で大人っぽい先輩と、その先輩を慕う可憐で内気な後輩少女のちょっとあぶn雪歩「ま、真ちゃんどこいくの!?」

真「あ、ごめんごめん。ちょっと道に迷ってた… 色んな意味で」

雪歩(なんだか真ちゃん、小鳥さんに似てきたような…)

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:23:24.93 ID:OIHghc0p0

真「でもさ、うちの事務所って本当にみんな仲良しだよね。」

雪歩「本当。 あまり接点が無さそうな子達も、実はとっても仲良しで素敵だなーって思う。」

真「そそそ。ボクは美希とやよいがしょっちゅうお泊り会してるって言うのに何だかビックリしたよ」

雪歩「美希ちゃん、大人っぽいけど中学生なんだもんね。中学生同士のお友達で自然・・かな?」

真「二人でどんな事してるんだろう?」

雪歩「やよいちゃんが炒めたもやしを、美希ちゃんが握ったおにぎりの具にしたらとっても美味しかった、っていうのは聞いたこと有るよ」

真「それは真面目に食べてみたいな」

雪歩「私、今度作ってもらう約束したから、真ちゃんも一緒にどう?」

真「いいのっ? 行く行く!もちろん!」

雪歩「じゃぁ言っておくね。」

真「ありがとうっ!!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:23:57.42 ID:OIHghc0p0

雪歩「ふふっ 真ちゃん、声おっきい」

真「ご、ごめん」

真「雪歩と二人でいられると、なんだかテンション上がっちゃって…」タハハ

雪歩「私もだよ、真ちゃん。」

真「ほんと?」

雪歩「うん。…ドキドキしてる。」

真「…そっか。ボクもだよ、雪歩。」

真「…」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:24:58.01 ID:OIHghc0p0

真「…」

真「ボク、雪歩のこと、大好きだからさ。」

雪歩「…」

雪歩「…私も、真ちゃんが大好きだよ?」

真「…」

真「…へへっ ボクたち、両想いだね!」

雪歩「…本当だねっ」

真「…」

雪歩「…」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:26:58.74 ID:OIHghc0p0

真「…あはは なんて言ってたらもう駅だ」

雪歩「…本当。今日も、楽しかったね」

真「うん。とっても。」

真「雪歩、いつもありがとう。」

雪歩「こちらこそ。真ちゃん、本当にいつもありがとう。」

真「うん…。」

雪歩「じゃぁ、ここでね。」

真「うんっ。 気をつけて。また明日。」

雪歩「真ちゃんも。また明日ね。」

真「…おやすみ。」

雪歩「…おやすみなさい。」

真「…」

雪歩「…」

真「…それじゃねっ。」タタタッ

雪歩「…うん…っ。」

雪歩「…」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:27:54.78 ID:OIHghc0p0





雪歩「…私は、」



雪歩「本当に大好きだよ」



雪歩「真ちゃん…」



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:28:57.12 ID:OIHghc0p0





END

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:29:57.04 ID:OIHghc0p0
お付き合い頂きありがとうございました 失礼しました



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424144981/



[ 2015/02/18 06:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] アイマス 765プロ
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7474-b93c3362