ヘッドライン

P「うちのアイドルたちは我儘すぎる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:13:48.42 ID:lgCvptPJ0
P「この仕事もいい加減に疲れた」

P「もう限界だ」

P「>>2>>4してやる!!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:14:58.47 ID:gbE+4j6o0
千早

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:19:34.12 ID:ngthqTclo
愛人に

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:29:04.83 ID:lgCvptPJ0
P「千早を愛人にしてやる!」

P「あいつはいつも『私にとってアイドルは通過点です』とかほざいてたしな」

P「調子に乗りすぎた罰だ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:31:30.04 ID:lgCvptPJ0
次の日

千早「おはようございます」

P「おはよう、千早」

P「実は、千早にお願いがあるんだ」

千早「なんでしょうか?」

P「>>10


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:32:02.75 ID:U+QHAfJ40
壁ドンからの告白

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:33:43.44 ID:UFLDFACAO
>>9


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:38:14.56 ID:lgCvptPJ0
P「なあ、千早」

千早「きゃっ!な、何ですか急に!」

P「千早、もう我慢できないんだよ」

P「お前が・・・好きなんだよ」

千早「!プロデューサー・・・」

千早「(私、今プロデューサーに告白されてる。うれしい)」

千早「(なぜか私の胸を掴みながらだけど)」

P「千早、>>14しようや・・・」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:40:24.28 ID:naRdBM3go
ちんちんかもかも

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:42:15.20 ID:lgCvptPJ0
P「千早、ちんちんかもかもしようや」

千早「え?」

P「みんなに俺たちがちんちんかもかもしてるとこを見せつけてやろうぜ!」

千早「え?」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:46:23.97 ID:lgCvptPJ0
P「はい、あーん」

千早「あ、あーん」

P「美味しい?」

千早「は、はい。あの、プロデューサーさん。みんなが見ていて恥ずかしいんですが・・・」

亜美真美真雪歩「・・・」

P「?別にいいじゃないか、俺たちはちんちんかもかもしてるだけだ。やましいことをしてるわけじゃない!」

千早「ああ、恥ずかしすぎて>>20から>>22がでそう・・・」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:47:51.80 ID:KyRwOn0uo

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:49:22.53 ID:Wv8K1Wr7o
脳脊髄液

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:54:49.15 ID:lgCvptPJ0
千早「ああ、恥ずかしすぎて耳から脳脊髄液かでそう・・・」

P「なに!?急いで病院へ行こう!」

千早「あの、冗談です」



病院

医者「でてますね」

千早「え?」

医者「実際に・・・でちゃってます」

P「そんな!どうにかならないんですか先生!!」

医者「残念ですが処置の間に合わない段階まで来ています・・・」

医者「・・・余命>>26です」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 21:56:00.06 ID:sH2LFNhLo
72年

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:02:12.61 ID:xCNI156nO
平均寿命越えてるじゃねーかww

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:04:34.12 ID:lgCvptPJ0
医者「千早さん・・・この段階まで進んでしまった場合、もう我々ではどうにもできません」

医者「この症状と生涯付き合っていくことになります」

P「千早・・・」

医者「お薬出しておきますね。お体大事にしてください、テレビの前で応援しています」

千早「先生、ありがとうございます」



車の中

P「まあ、病院に行ってよかった」

千早「そうですね・・・」

P「心配するな、俺がついてる」

千早「プロデューサーさん・・・」



愛人エンドorお嫁さんエンド>>32

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:06:13.38 ID:bOArIifQO

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:12:45.47 ID:lgCvptPJ0
千早「プロデューサー、少しいいですか」

P「なんだ?」

千早「・・・ふう。少し緊張しますね」

P「?」

千早「プロデューサー!」

P「!」

千早「告白の返事!私はプロデューサーのことが好きです!!」

千早「お願いします・・・私のそばに、これからもずっと・・・」

P「・・・ありがとう、ありがとう千早。そうだ、俺たちはずっと一緒だ」





36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:21:18.18 ID:lgCvptPJ0
5年後


P子「おぎゃあ、おぎゃあ」

千早「どうしたの?おっぱい欲しいの?」

P子「おぎゃあ」

P「はは、P子は千早の壁が大好きだな」

千早「壁・・・?」

P「え、あ、ごめん、冗談です」

千早「言って良い冗談と悪い冗談があります」

千早「あと、P子の前では千早ではなくママって呼んでください」

P「分かったよ、ママ。なあママ、敬語で話すのはそろそろ止めてくれないか?俺たち夫婦なんだから」

千早「いいんです、このままで。新婚気分を忘れないために必要なことなんです」

P「そうなのか?」





千早「(昔はこんなに幸せな人生を送れるなんて思ってなかった)」

千早「(プロデューサーと結婚してP子が生まれて、毎日が本当に楽しい)」




千早「プロデューサー」

P「ん?」

千早「大好きです、これからもずっと!いつまでも!」




37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお迭りします 2015/02/09(月) 22:24:23.15 ID:WRnylcnIo
我が儘とはなんだったのか

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/09(月) 22:30:06.94 ID:lgCvptPJ0
楽しかったです、お疲れ様です



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423484028/


THE iDOLM@STER 如月千早 浴衣Ver. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
フリーイング (2015-07-31)
売り上げランキング: 386

[ 2015/02/15 08:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7431-3f17f2e3