ヘッドライン

【ミリマス】茶柱ドリル【漫才?】

1 :なんだこれ 2015/02/03(火) 20:41:27.75 ID:5Pek8nTg0






デレデッデンデンデーン





――目指せ、大和撫子!


大和撫子を目指すエミリーと、その相方雪歩


一見大人しそうに見える二人だが相性は最高


動力全開、全速前進!


突き進め大和道!









エントリーナンバー764番





茶柱ドリル!!






2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:43:50.72 ID:8JEOdS64O



ドン!


ドン!


ドドドドドドドド!!


ドーン


エミリー「皆さま、よろしくお願いいたします」



雪歩「よろしくお願いしますぅ」



パチバチパチ


エミリー「それでは雪歩様、早速ですが私のお話を聞いていただいてもよろしいでしょうか?」


雪歩「駄目だよエミリーちゃん!」


エミリー「殺生な!」


雪歩「漫才って言うのはね、テンポが大事なんだよ!」


エミリー「会話の流れですか?」


雪歩「敬語なんて使ってたら、時代に取り残されちゃいますよ!」


エミリー「しかし、それでは大和撫子ではなくなってしまいます!」


雪歩「駄目だよエミリーちゃん!」


エミリー「なんと!」


雪歩「大和撫子なら、漫才を身に付けないと駄目だよ!日本の文化だよ!」


エミリー「……確かにその通りですね!」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:44:25.33 ID:8JEOdS64O


エミリー「では、こういった趣向のものはどうでしょう?」


雪歩「『日本語質疑応答大会ですぅ><』」


雪歩「なんて、駄目だよエミリーちゃん!」


エミリー「雪歩様!?」


雪歩「ありきたりすぎるよ!」


雪歩「漫才って言うのはね、もっと、こう普通じゃないと!」


エミリー「それは『日本語質疑応答大会』に出るということですね!」


雪歩「しまったぁ!」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:45:11.35 ID:8JEOdS64O


スタスタ


雪歩『始まりました、今回の日本語クイズ大会』


雪歩『今日のゲストはこちらの方々ですぅ』


雪歩『まずは一人目、西洋からきたエミリー…』


エミリー『皆さま、よろし――』


雪歩『エミリーパパですぅ!』


エミリーパパ『どうも』


エミリー「そこまでです!」


雪歩「ひぃぃん!」


エミリー「とぼけてはなりません!」


エミリー「そこで私の名前を呼ばなければならない筈です!」


雪歩「御用だ!」


エミリー「なんと!御用だ!御用だ!」


雪歩「御用だ!御用だ!」


エミリー「それ、わっしょい!」


バン!


エミリー「捕まってしまい…って違います!」


バッ


雪歩「縄脱け上手いね」


エミリー「くの一を志す身、この程度では止まりません!」


雪歩「変わってるよエミリーちゃん!」


エミリー「変わり身の術!」


雪歩「結局忍者だよ!?」


エミリー「それでは参りましょう、第二問!」


雪歩「まだ自己紹介!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:45:52.35 ID:8JEOdS64O


スッ


雪歩『次に二人目、エミリー…』


チラ


エミリー『次は騙されません!』


雪歩『エミリー…』


チラ


エミリー『騙されません!』


雪歩『エミリー…』


チラ


エミリー『エミリースチュアートです!』


雪歩『エミリースチュワーデスさん!』


スチュワーデス『アテンションプリーズ』


エミリー『飛行機添乗員!?』


スチュワーデス『Have a nice day』


ピューン


エミリー『帰ってしまいました』



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:46:46.02 ID:8JEOdS64O


エミリー『妖魔の類いでしょうか…』


雪歩『次は三人目』


エミリー『私はまだですか!?』


雪歩『エミリースチュアートさんですぅ』


エミリー『普通に呼ばれてしまいました…』


エミリー『皆さま、今日は張り切ってやらせていただきます!』


雪歩『そういうのはいらないですよー』


エミリー『はわっ、出すぎた真似を…』


雪歩『それは問題の答えですぅ』


エミリー『如何なる難題でしょうか!?』


雪歩『簡単ですよー』


雪歩『第一問、「次の英語を訳しなさい」はエミリーちゃんが正解しました!』


エミリーパパ『あと少しの差だったか…』


エミリー「お止めなさい雪歩さん!」


雪歩「降格した!?」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:47:33.48 ID:8JEOdS64O


エミリー「問いがあって答えがあるのです!」


エミリー「そのように謎かけを無視してしまうとは浅はかな!」


エミリー「そもそも日本語の問題ではありません!」


雪歩「御用ですぅぅ!」


エミリー「御用です!御用です!」


雪歩「狼藉ものはここに!」


エミリー「磔です!」


バン!


エミリー「捕まってしまい…違います!」


バッ


雪歩「縄脱け上手いね」


エミリー「大怪盗を志す身、この程度では捕まりません!」


雪歩「また変わったよ、エミリーちゃん!?」


エミリー「盗んだ自動二輪で走り出す!」


雪歩「こそ泥に降格した!!」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:48:28.52 ID:8JEOdS64O


エミリー「気をとり直して第二問!」


デデン!


雪歩『日本に古来より伝わる伝統的なスポーツと言えば?』


ピポン!


エミリー『相撲です!』


雪歩『ぶぶー、残念です』


エミリー『意義有り!』


雪歩『却下ですぅ』


ピポン!


エミリーパパ『蹴鞠』


ピポピポーン


エミリー『なるほど、蹴鞠でしたか…』


雪歩『却下ですぅ!』


エミリー『ご乱心ですか!?』


雪歩『顔が気に入りません!』


エミリー『あれは私の父上です!』


パパ『Have a nice day』


ピューン


雪歩『行ってしまいました…』


エミリー『父上も妖魔だったのですか…宙を飛んで去るとは…』


雪歩『正解は蹴鞠で大丈夫ですぅ』


エミリー「なんと!」






9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:49:12.03 ID:8JEOdS64O


雪歩『それでは第三問』


デデン!


雪歩『竹取りの翁、かぐや姫、帝が出てくる…』


エミリー『はい!』


ピポン!


雪歩『ではエミリーちゃん』


エミリー『竹取物語です!』


雪歩『違いますぅ~』


雪歩『作者不明でした!』


エミリー『えいやっ!』ペチン


雪歩『ひぃん!』


エミリー『はらわたが煮えくりかえりそうです』


雪歩『英語で言うと?』


エミリー『I'm boiling with anger.』


雪歩『正解です!』


エミリー『ええいっ!不届き者め、そこになおれいっ!』



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:49:44.75 ID:8JEOdS64O


雪歩『御用だ!』


エミリー『御用だ!御用だ!』


雪歩『今回は…』


エミリー『御用だ!』


ガパ


雪歩『虫取網!? 前がちょっと見辛いよ』


エミリー『捕まえました!』


テーレッテレー!


雪歩『こ、こんな事しちゃ駄目だよエミリーちゃん!』


エミリー『雪歩には悪い虫が付いているに違いありません!』


雪歩『呼び捨て!? あと、その虫は交際相手の事だよ!』


エミリー『今から虫払いの儀を行います!』



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:50:47.41 ID:8JEOdS64O


雪歩『虫払いの儀!?』


エミリー『まずは拘束しますが、それは終わりました!』


雪歩『ガバガバだよ!頭以外何一つ抑えてないよ!』


エミリー『次は蝋燭に火を付けます!』


雪歩『ええっ!あ、危ないよ』


エミリー『しかし、蝋燭は無いので懐中電灯にします』


雪歩『雰囲気台無し!?』


雪歩『ううん、虫取網を頭から被って言っても説得力ないよね』


エミリー『次は三鼎を被り、懐中電灯を刺します!』


雪歩『あれ?もしかして、これって…』


エミリー『いよいよです!』


エミリー『丑三つ時、神社の裏の藪のなかで…』


雪歩『や、やっぱり呪いの儀式ですぅ!!』


エミリー『雪歩に向かってせいやぁ!』


雪歩『全然呪いじゃきゃぁぁああああ!』


エミリー『せいやぁ!』


雪歩『きゃぁぁああああ!』


エミリー『せいやぁぁああああ!』


雪歩『きゃぁぁああああ!』


エミリー『成敗ッ!』


雪歩『や、やられちゃった…』



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:51:30.91 ID:8JEOdS64O


エミリー『いいえ、萩原さん!』


雪歩『立場がどんどん悪くなってる!?』


エミリー『悪い虫は去りました!』


雪歩『ほ、本当ですか…?』


エミリー『おでこに蚊が止まってました』


雪歩『去るまで待たないで!』


エミリー『ああっ!私が刺されてしまいました!』


雪歩『はい、かゆみ止め』


エミリー『ありがとうございます』


雪歩『ああっ!とろろと間違えた!?』


エミリー『間違える訳…か、痒い!』


雪歩『ご、ごめんねエミリーちゃん』


雪歩『はい、ムヒ』


エミリー『た、たしゅかりました…』


雪歩『ああっ!』


エミリー『今度は何と間違えたのですか?』


雪歩『ムヒ渡しちゃった!』


エミリー『わざとだったのですか!』



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:52:20.78 ID:8JEOdS64O


雪歩『ち、違うよエミリーちゃん! 塩水が良いって聞いたからこれを…』


スッ


エミリー『これは生凝乳!』(生クリーム)


雪歩『塩と砂糖を…』シャカシャカ


エミリー『間違えるわけありません! 牛乳入れて泡立てているじゃないですか!』


雪歩『あ、つまみ食いは駄目だよ?』


エミリー『食べるわけありません!』


雪歩『その割りには手がクリームで…』


エミリー『これは痒み止めです!』


雪歩『まぁまぁ、お茶でも飲んで…』


エミリー『おや、頂きま…ブーッ!』


雪歩『エミリーちゃん!?』


エミリー『何ですかこれは!?』


雪歩『ああっ!スライムと間違えた!?』



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:53:05.72 ID:8JEOdS64O


エミリー『きゅー…』


バタン


雪歩『え、エミリーちゃん大丈夫!?』


雪歩『119、119…』


ガチャ


雪歩『もしもし、あの…』


バッ


エミリー『代わってください!』


雪歩『奪われた!』


エミリー『もしもし、頭のおかしい人が一人…』


雪歩『駄目だよエミリーちゃん!』


エミリー『なんと!』


雪歩『二人にしなきゃ!』


エミリー『了解しました!』


雪歩『もう限界ですっ!』


エミリー『いい加減にしましょう』


「「どうも、ありがとうございました」」






※二人はもっとまともです

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:53:59.44 ID:8JEOdS64O


P「いやー、いいもんみれたわ」


エミリー「は、はしたない…!」


雪歩「これでよかったのかなぁ…?」


小鳥「縛られたエミリーちゃんhshs」



奈緒「いやー、漫才って言うたら【安価下3】やろ!」



トリオでもええんやで?

ボケと突っ込みが分かりにくいと迷走します(断言)


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 20:59:04.71 ID:9dBpPXci0
昴と百合子

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:05:06.51 ID:5Pek8nTg0
ASでもよかったんやで

安価把握、これはすばるんボケですわ

↓書いたもの
P「あんぱん」
百合子「765事務所探偵倶楽部第一話!」美奈子「もっと食べたい」
【ミリマス】ぷっぷかにゃんにゃん
【ミリマス】ヌードルシホンヌ
【ミリマス】「横山奈緒と徳川まつり」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 21:10:13.76 ID:SBJP5EdM0
エミリーのツッコミが貴音のセリフっぽくて、
貴音にツッコミを指南してもらうエミリー想像したらほっこりする

乙です



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422963687/



コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7320-2daddace