ヘッドライン

モバP「捨てアイドル見つけた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 03:53:46.13 ID:guZ37Oqw0
凛「……」


P「……」

凛「……なに?」

P「え?」

凛「見せ物じゃないんだよ。用が無いならどっかいってよ……」

P「用なら、ある」

凛「……?」

P「うち、こないか? こんな所に捨て置かれてるにはもったいない」

凛「本気で言ってる?」

P「落ち込んでる女の子をからかう趣味はないぞ」

凛「別に落ち込んでなんか……」

P「そうか。じゃあ暇してそうなそこの君、うちの事務所にきてみないか?」

凛「……。まあ、あなたがそう言うんだったら、行ってみてあげてもいいよ」

P「交渉成立だな。俺はP。君は?」

凛「私? 私は、渋谷凛。忘れないでね。……ふふっ、それじゃ行こっか」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:01:50.52 ID:guZ37Oqw0
幸子「……」


P「……」

幸子「なんですか。あっち行ってくださいよ」

P「いや、でも」

幸子「しつこい人は嫌われますよ。……誰かさんみたいに」

P「泣いてるのか?」

幸子「泣いてません! 泣いてなんか……」

P「ほら、ハンカチ」

幸子「……何のつもりですか」

P「放っとけないからさ。せっかくのカワイイ顔が台無しだ」

幸子「!?」

P「俺はP。もしよければうちの事務所にきてみないか?」

幸子「カワイイ……ボクが? こんなボクが、カワイイ?」

P「聞いてないみたいだな。連絡先と事務所までの地図、ここに置いとくからな」

幸子「……はっ、ちょ、ちょっと待って下さい! ボクは輿水幸子って名前です、ってそんなことより、さっきあなたが何て言ったのか確認したいんですけど、ボクがカワイイって言いました? 本当ですか? 
   ねえ、答えてくださいよ! 本当にボクってカワイイと思います? ねえってば――」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:03:05.49 ID:OsUktZ6/O
かわいい

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:09:38.07 ID:guZ37Oqw0
藍子「……」


P「……」

藍子「……くすん」

P「どうかしたの?」

藍子「捨てられ……ちゃいました。あはは……」

P「そうか。ひどい人もいるもんだ」

藍子「私がいけないんです。私がもっとかわいくて、魅力のある子だったらきっと……うぅ……」

P「そうかな。俺には十分、魅力的だと思うけど」

藍子「優しい方なんですね。でも、私なんか」

P「慰めなんかじゃないぞ。もしよければこれからうちの事務所にこないか?」

藍子「事務、所?」

P「君がその気なら、俺についてきてほしい。こんな所で寂しい思いをしてるよりかはいいと思うけど」

藍子「……嘘じゃ、ないですよね? でも、私なんかでいいんですか?」

P「当然だ。俺は君に声をかけたんだから」

藍子「……私、もうひとりぼっちにならなくてもいいんですね? よかった……ぐすっ。あ、あの、私、高森藍子といいます。よ、よろしくお願いします!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:19:25.74 ID:guZ37Oqw0
比奈「……」


P「……」

比奈「同業者っスか?」

P「違う」

比奈「そりゃそうっスよね、あはは……はぁ」

P「まあ、あながち違うとも言い切れないかもな」

比奈「?」

P「これから君が俺の同業者になればいい、ってことだ。ちょっと仕事は違うだろうけど」

比奈「へー。ところでどちら様なんスか?」

P「しがないプロデューサーやってるよ。アイドルの」

比奈「アイドル? えっ、それって」

P「うちの事務所にきてみないか? ここで腐ってるわけにもいかんだろうし、ちゃんと身だしなみすればかわいいぞ」

比奈「……えー、ほんとかなぁ。それにそういう柄じゃないんスけど」

P「いいからこい。まずは生まれ変わらせてやる。それから好きにしたらいい」

比奈「……強引っスね。でも、いっか。ここでこうしてるのもさすがに、堪えるし、うん。えっと、荒木比奈っス。とりあえずちょっとだけお邪魔させてもらおっかな」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:31:43.49 ID:guZ37Oqw0
雪美「……」


P「……」

雪美「……?」

P「やあ」

雪美「……」フイッ

P「あー、その。怪しい者じゃなくてだな」

雪美「……? ……なに……」

P「君をスカウトしようと思って。時間あるかな」

雪美「時間……ある……。これから……いくらでも……ずっと……その先も……」

P「ならよかった。俺と一緒にアイドルやってみないか?」

雪美「……一緒……? 私と……一緒……?」

P「ああ。俺がプロデュースして、君はアイドルをする。簡単だろ?」

雪美「……うん……でも……私……自信……ない……。あなたの……期待……応えられない……」

P「最初は誰もそうだよ。でも大丈夫、ちゃんとプロデュースするから。……そういや名前、聞いてもいいかな」

雪美「……佐城……雪美……。……わかった……アイドル……やる……。だから……ずっと……一緒……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 04:48:47.78 ID:guZ37Oqw0
川島「……」


P「……」

川島「ふふっ、笑っちゃうわよね。いい年して、こんなことになるなんて」

P「人生いろいろありますよ」

川島「あら、慰めてくれる?」

P「いえいえ、私は貴女をスカウトしにきたんですよ」

川島「スカウト?」

P「そこの事務所でプロデューサーをしてるPといいます。どうでしょうか、アイドル」

川島「アイドル、ねぇ。私が? ふふっ、あなたの言う通り、人生ってわからないものね」

P「これも何かの縁、だと思うんですよ。いかがですか?」

川島「……ええ、いいわ。その話お受けします。こんな私にも輝けるチャンスがあるかしら?」

P「もちろん。だからこそスカウトしてるわけでして」

川島「ふーん。……そうね、私とあなた、運命の出逢いってことなのかもしれないわね」

P「?」

川島「何でもないわ、こちらの話。私は川島瑞樹よ。よろしくお願いするわね、プロデューサーさん?」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 05:05:37.06 ID:guZ37Oqw0
薫「……」


P「……」

薫「ふぇぇ……」

P「よしよし」

薫「……おじさん、だれ?」

P「お、おじ……ゴホン。ねえ君、アイドルやってみない?」

薫「アイドル?」

P「うん。君かわいいし、きっと将来大物になれると思うんだ」

薫「ほんと?」

P「ああ。どうかな、アイドル。話だけでも聞いてみない? そこの事務所なんだけど」

薫「……でも、しらない人についていっちゃだめなんだよ?」

P「……。えーっと、そういや名乗ってなかったな。俺はP。今日から君の友達だ。……それじゃだめかな?」

薫「ともだち? えっと、ともだちなら、かおると遊んでくれる? かってにどこかにいっちゃったりしない?」

P「……ああ、しないとも。思いっきり遊んでやろうじゃないか! だからさっきの話、考えておいてくれな!」

薫「……うん! あのね、かおるは龍崎薫っていうの。よろしくね! ねえねえ、何して遊ぶ? かおる、あれがいいな――」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 05:20:25.28 ID:guZ37Oqw0
法子「……」


P「……」

法子「……」チラッ

P「やあ」

法子「ど、どうも……あっ」グー

P「お腹空いてるの?」

法子「まあね……はぁ」

P「突然だけど、アイドルやってみない?」

法子「……えっ、なに? アイドル?」

P「うん。君ならいいアイドルになれると思うんだ」

法子「アイドル……アイドル……。あの、アイドルやれば好きなもの食べられるようになる?」

P「そりゃあもう飽きるほど、食べきれないってくらいには何だって食べられるようになるよ」

法子「ほんと? やるやる! あたしアイドルやってドーナツいっぱい食べたい!」

P「ドーナツが好きなのか。なら事務所にきてもらう前にドーナツ屋にでも寄っていこう」

法子「マジですか!? やったあ!! あの、あたし椎名法子っていいます! 好きなドーナツは全部! ねえねえ早くいこっ、あたしもうドーナツ切れで死んじゃいそうだよぅ――」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 05:22:18.34 ID:guZ37Oqw0
もうだめだ書く速度もあれになってきた

眠いとは言ったけどちゃんと寝るおやすみ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 05:25:38.95 ID:70asidBzO
お疲れ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 07:23:36.33 ID:5mD2TIy50
乙。



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353092026/


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】
CINDERELLA PROJECT
日本コロムビア (2015-02-18)
売り上げランキング: 14

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7272-a8ec1f2a