ヘッドライン

モバP「安価でアイドルにイタズラ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:12:36.63 ID:40TP3BH00
P「したい、すごいしたい」

P「…よし!男は度胸!俺はやるぞ!」ウンウン

P「…でもまぁ最初は控え目に…>>3>>6から始めよう!」

>>3 ターゲット

>>6 何をするか

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:14:17.67 ID:+ml7S/M50
わかるわさん

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:16:22.01 ID:tPvKeO3W0
事務所全員でわかるわさんを17歳として扱う

9 :代行感謝です 2013/01/12(土) 01:19:59.38 ID:qtDE57Zt0
P「よし!川島さんを事務所のみんなで17歳として扱おう!」

P「フフ…このいたずら、まさにwin―win!俺楽しい、川島さんウレシイ!」

P「そうと決まれば…おーい、凛、卯月、未央ー!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:23:13.19 ID:qtDE57Zt0
凛「呼んだ?プロデューサー」


卯月「わわ、なんですか?」


未央「今日はもう仕事ないはずだよねー?」


P「ふっふっふ…いいか、良く聞けよ…実はな」

カクカクシカジカナルホドワカルワー

凛「…えぇー…?」

卯月「え、ええと…いいのかn

未央「楽しそう!超楽しそうだよっ!」

凛卯月「!?」

P「…」ニヤリ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:26:04.45 ID:qtDE57Zt0
P「いやー、未央が乗り気で助かったよー」

P「川島さんのためとはいえ、俺一人でやってもだからなー」

未央「うんうん!」

卯月「川島さんのために、なる…?」

凛「ならないと思うけど」

卯月「なら、やります!いつもお世話になってるし…」

凛「はぁ、卯月ってば…仕方ないなぁ、今回だけ私も…」

P「…」ニニヤリ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:30:05.97 ID:qtDE57Zt0
P「じゃ、川島さんは高校二年生!お前らもため口!おーけい?」

未央「おーけい!あだ名どうしようかなぁ…」キラキラ

卯月「頑張ります!」

P「よしよし!…りーん?」

凛「…任せてよ」

P「よしよしよし!じゃ、もうすぐ帰ってくるだろうから…各自自然に待機だ!」

「「「おー!」」」」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:37:31.89 ID:CpfnIWh50
…10分後

瑞樹「ふぅ…今もどったわ…」


未央「お!おかえりみずきん」!

瑞樹「ええ、ただい…みずきん?」

卯月「あ、瑞樹ちゃん!お疲れ様っ」

瑞樹「…えっ?えっ!?…お、お疲れ様」

瑞樹(ど、どうなってるのかしら…別にため口が嫌という訳ではないけど…でも…!)

P「…ふふふふふ」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:43:24.90 ID:CpfnIWh50
未央「?どしたのみずきん、今日なんか変?」

卯月「瑞樹ちゃん、つかれてるんじゃない?」

瑞樹「え…ええ、そうね。ちょっと疲れてるのかも…」

未央「うわぁ、そりゃそうだよねぇ。私たちと同じ高 校 生なのに、あれだけお仕事してるんだもん」

瑞樹「…は?」

二人「「え?」」


P「これは…今がチャンス!」ベネッセ

P「最終兵器・凛ちゃーん!ごー!」

凛「すごい楽しそうだ…」ハァ

24 :ID変ってた申し訳ない 2013/01/12(土) 01:46:06.65 ID:CpfnIWh50
瑞樹「…ちょっと待って、わからないわ。そうだ!二人とも、私をからかっているんでしょう」

瑞樹「そういうの好きそうよね、未央ちゃんは…」

凛「あ、瑞樹、帰ってたんだね。お疲れさま」

瑞樹「」


P「よし、いいぞ!これは…いいぞ!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:49:08.58 ID:CpfnIWh50
瑞樹「…り、りんちゃん?」

凛「ん?わたしがどうかした?」

瑞樹「…整理するわ、ちょっと待ってもらえる?」

未央「え~、みずきんてば何を整理…」

瑞樹「ちょっと待ってっ!!」

三人「」ビビクッ

瑞樹「私は…?あれ、私って一体…」ブツブツ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:52:07.65 ID:CpfnIWh50
P(駄目だ、このままじゃやばい!色々!どうにかしないと!)

P「ここは…>>32だな!」

1 ネタばらし
2 続行、フォローしつつ間に入る
3 自由安価

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:52:39.44 ID:1kjvVoSB0

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 01:58:26.46 ID:CpfnIWh50
瑞樹「私は何歳…?28…いいえ、もしかしてもっと…!?」

三人「…!」ガタガタ

P(…よし、凛たちをフォローするぞ!提案者の俺がしっかりしなきゃだ!)

P「お、おう瑞樹!帰ってたのかぁ!」

瑞樹「…P君?」

P「ん、ん?どうしたんだ、急に名前で呼んだりして…」

瑞樹「教えて、これはいったいなに…」

P「何って…微笑ましい光景だよ!事務所の女子高生全員集合!4人が仲良くて良かったよー」ハ、ハハハ

瑞樹「…」

瑞樹「…わかった、もうわかったわ」

4人「…!?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:03:56.91 ID:CpfnIWh50
瑞樹「私…ついに…」ブツブツ

未央(ど、どうすんのさ!ばれちゃったみたいだよ!)ヒソヒソ

卯月(怖い…ううん、恐いよぉ…)ヒソヒソ

凛(ちょっと、どうにかしてよっ、提案者でしょ!?)ヒソヒソ

P(あ、ああああ…)ガクガク

瑞樹「ふ、ふふふ…やった、ついに!」

P「ん?ん!?」

瑞樹「日々のアンチエイジングが実を結び…」

瑞樹「とうとう、やったのよっ!」

4人「!?」デジャヴ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:09:26.52 ID:CpfnIWh50
瑞樹「うふふ…わかる、わかるわ!」クルッ

P(満面の笑みでこっちを見た!かわいい!けど恐い!)

瑞樹「ふふ…ごめんなさい、わたしちょっと疲れてたみたい」

瑞樹「でももう大丈夫。いつもの、女子高生みずきん大復活よっ!」キャピピーン

P「」

未央「…ブッ…グフフ…!」

卯月「だ、駄目だよ未央ちゃん!」ヒソヒソ

凛「ごめん、私おなか痛いから帰るね本当ごめんねあーいたいーっ」ダッシュ

卯月・P「あ、あーーーッ!」

瑞樹「うふふふふ…きらっ☆」キャピピピーン

47 :>>36 ありがとござます! 2013/01/12(土) 02:15:12.61 ID:CpfnIWh50
瑞樹「この喜びを誰かに…そうだ!楓ちゃんや志乃さんに…」

瑞樹「でもそうなると、少し話がややこしくなってるのかも…」

瑞樹「もうなんでもいいわっ!とりあえずメール…いいえ電話で話さなきゃ!」


未央「きらっ☆…ぐ、プグフフ…うぅ…私もおなか痛いーっ」

卯月「プロデューサーさん!これまずいですって!早く止めないと、ばれて余計に…!」

P「む、むぅぅぅぅ…!!」

卯月「プロデューサーさん!…自首の方がきっと、罪は軽いですから!」

P「あ、あああああああ…!」

48 :>>36 ありがとござます! 2013/01/12(土) 02:19:06.79 ID:CpfnIWh50
P「…川島さんっ!!」

瑞樹「うふふ、なぁにP…“川島さん”?」

P「ぐ…ッ!」

P(表情が凍っている…!でも、ここで俺が引けば…)チラッ


卯月(頑張ってくださいぃぃぃぃ!)

未央「ふぅ、ヒィーッ…ひっ、ひっ、ふー…!」


P「卯月は…卯月は守らないと…!」

瑞樹「…どうかしたの?P君、“瑞樹”に何かごよう?」

P「…はい!か、“川島さん”!!」

瑞樹「…」ピクピクッ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:20:08.52 ID:D8pLYrCT0
やめてさしあげろ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:20:45.84 ID:pagyqP1N0
未央は何を産む気なんだよ

53 :>>36 ありがとござます! 2013/01/12(土) 02:23:27.46 ID:CpfnIWh50
P「こ、これを…!この看板を、ゆっくり持ち上げてもらえますか…?」

瑞樹「…なぁにかしら、それ」

P「ゆっくりでいいです、そして見ればわかりますから!」テワタシー

P(さあ…落ち着け…どんな刑でも受ける覚悟を作るんだ…!)

瑞樹「…」クルッ

P「は、速いーッ!!?」


看板「ドッキリ大成功!!」


瑞樹「」フラッ…ドサッ

P「あ、川島さぁん!?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:31:41.38 ID:CpfnIWh50
瑞樹「…」

P「だ、大丈夫ですか…?」

瑞樹「……」ユラァ

P「ひいぃ!その姿勢から手を使わずに立つのかッ!!」

瑞樹「うふ、うふふふふふふふふふふふふふ…」

P「ご、ごめんなさい…本当に申し訳ありませんでしたぁ!」ドゲザー

P「俺が全部悪いんです!企画したのも俺で、乗り気だったのも俺だk…」

未央「ふぅー、落ち着いたぁ…」ナミダメ

P「…俺と未央だけです!卯月と凛は悪くありません!!」

未央「ふえぇ!?」ビクッ

卯月(Pさんが未央ちゃんを…!ひどい!少しでも自分の罪を減らそうとしてる…!)

卯月(私は…私は…!)

卯月「そうなんです!私たちは、私と凛ちゃんは仕方なく!!」

未央「うづきん!?な、なんで…いつの間にこんな状況に!」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:36:26.95 ID:CpfnIWh50
瑞樹「…話は本当に、よぉぉぉぉく、とっても…わ か っ た わ」

P未央「ヒイィッ!すいません!」ドゲザナラビ

瑞樹「…はぁ、全く…少しだけ、期待しちゃったじゃない…」ボソッ

P「…へ?」

未央「…あれっ?」

瑞樹「今回の件は、騙された私にもその、非が、なくもないですっ」

瑞樹「だから不問!でも…」

瑞樹「…これにこりたら、もうこんなことしちゃダメよ?いいかしら?」

P未央卯月「「「神に誓って」」」

瑞樹「…よろしい」フフ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:38:49.31 ID:3F2aylfh0
みずきんはやさしいなあ!

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:41:44.22 ID:CpfnIWh50
……

卯月「やっぱり川島さんは女神だった!」

未央「そうだね!今回の件はそれに尽きるよ!」ウンウン

P「は、はぁーっ…良かった…」

瑞樹「あ、でもちょっといいかしら?P君」

P「は、はいっ!なんなんりと!」

瑞樹「もう…怒ってないから、安心しなさい。っと、そうじゃなくてね?」

P「はい…?」

瑞樹「P君、今週の日曜日は…大丈夫、かしら?」

P「は?」

瑞樹「その、ね?許す代わりって言うと、何だか違うのだけど…」

瑞樹「ショッピングに付き合ってもらえないかな、と思ったのっ」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:44:48.02 ID:CpfnIWh50
P「え、ええ!それくらいならいつでも!」

瑞樹「そう…そのくらいね…。じゃ、条件を一つ追加しちゃおうかしら?」

P「え…?」

瑞樹「…その日は、その日だけはね?」


――――私を17歳として扱って?


お粗末おわり

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:47:27.29 ID:GV94tVQd0
みずきんが思いのほか天使だった

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:49:31.15 ID:CpfnIWh50
落ち弱いかな、ごめんね…まだ人いてくれてるなら

P「ごめん、川島さん…俺、>>70>>73がしたい…!」

手が寒いのでちょっと遠目に

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:50:37.67 ID:fdjEkjhy0
幸子

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:50:45.08 ID:n2YfW6J70
顔がとろけるまで胸をもみしだく

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:51:34.62 ID:GV94tVQd0
これは期待

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 02:55:36.65 ID:CpfnIWh50
P「…幸子のむ、胸を…顔がとろけるまでもみしだきたい…!」

P「正直、俺が一番びっくりしてる」

P「しかしこれは…いたずら、なのか?」

P「…」

P「ま、いいか!」ペカー

P「おーい幸子ォー」テクテク

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:01:30.77 ID:CpfnIWh50
幸子「どうしたんですか、プロデューサーさん?宇宙一かわいいボクを呼びましたか?」タッタッ


P「おお、良かった!都合よく事務所にいてくれてしかも二人きりで!」

幸子「…?どうぢたんですかプロデューサーさん、カワイイボクの前で緊張してしまうのは分かりますが」

幸子「正直このボクでも何言ってるか分かりませんよ?」

P「ああ、すまんな…でもまぁ、分からなくて大丈夫だよ」ヘヘ

幸子「…少し、ほんのすこーし気になりますが、別にいいです!カワイイボクは優しくもありますから!」

幸子「プロデューサーさんの事情をくんであげます!…感謝してくださいね?」

P(ああだめだ、気になるけど突っ込んで聞けない幸子かわいい!)

P(…もみたい!しだきたい!)

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:07:43.23 ID:CpfnIWh50
幸子「…なんだか、今日のプロデューサーさん、変ですよ?」

P「…」ハァハァ

幸子「…息も荒いし、風邪で…」ハッ

幸子「フフン、なるほどなるほど!理解しましたよ!」

幸子「カワイ過ぎるボクの魅力に、とうとうプロデューサーさんの理性が崩れかかっているんですね!?」

幸子「ええ、その気持ちは分かります…しかしですね―――」


P(…半分冗談で言ってるんだろうが…)

P(スマン、当たりだ幸子)ハァハァ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:11:05.93 ID:CpfnIWh50
幸子「つまりですね?カワイイボクは世界で共有されるべきもので…」

P(もう…駄目だ」

幸子「プロデューサーさんが嫌いという訳ではありません、決してありませんが…って、え?」

モニュッ…

幸子「」

P「……まぁ、見た目よりはある…かな?」

幸子「」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:16:23.32 ID:CpfnIWh50
幸子「」ハッ

幸子「…な、なにをっ…!!」

P「ううん、貧乳派の俺としてはもう少しなくても許容範囲…」モミモミ

幸子「そ、そうなん…じゃ、なくてですねっ…あっ、んんっ…!」

P「」モミモミ

幸子「くっ…ん…!いい加減にして下さい…っ!」ドン!

P「あうとおっぱい」ドサッ

幸子「…」ハァハァ

P(…しかし、思ったより長く触っていたような…?)

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:21:45.45 ID:CpfnIWh50
幸子「………」ボソッ

P「…あ、えっと、だな…その…」

幸子「…です…」

P「…ん?」

幸子「最低、ですっ…!」グスッ

P「はっ…!さ、幸子、これには深い訳が…!」

P(無い…!)

幸子「ふえ…ぐすっ、ボ、ボクがカワイイのは、分かりますけどっ…」

幸子「いきなり、だなんて…っう、うえええええええええん!」

P「さ、幸子ーっ!」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:25:30.40 ID:CpfnIWh50
P「幸子!悪かった、俺が悪かったから!」

P(いやまぁ俺が悪い!完全に!)

幸子「うぅ、グスッ…ふええええ」ボロボロ

P「ほーら、よしよし、カワイイカワイイ!ほーら!」ナダメナダメ

……20分後

幸子「…」グスッ

P(や、やっと落ち着いてくれた…!)

P(まぁ俺が悪いけど!)

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:29:49.12 ID:CpfnIWh50
P「あー、何だ…本当にごめん!」ドゲザ

幸子「…」グスッ

P「ほんの出来心というか、なんというか…」

幸子「…ただの出来心、だったと?」グスッ

P「あ、ああ…」

幸子「そう、ですか…じゃあ…」

幸子「プロデューサーさん的には、その…そういう、意味合いは全く無かった、ということですか…?」グスッ

P「え、ああ…え?」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:34:39.97 ID:CpfnIWh50
幸子「…ボクは、胸を、も…触られたことが嫌だったわけでは、ないんです」

P「……!?」

幸子「ただ、Pさんのことを、あの…信頼、していたの、で」ボソッ

P「……!」ワナワナ

幸子「あんなことを、言ってしまって、ええと…驚いて…ですねっ」

P「…幸子ぉーーっ!!」ダキッ

幸子「ええっ!?こ、この流れでまた急にですかっ!?さすがのボクももう…!」

P「…本当に、すまなかった」

幸子「…!」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:43:43.87 ID:CpfnIWh50
幸子「…もう、仕方ないですねぇ…!ボクは宇宙一カワイくて優しいですからっ…」グスッ

幸子「…許してあげます」

P「幸子…!」

幸子「それと…これは、その、聞こえなくてもいいんですが…」ゴニョゴニョ

P「?」

幸子「そこまで、気になるのであれば…きょ、今日だけなら…好きにしても…!」ボソボソ

P「!」

幸子「なんて、鈍感プロデューサーさんには…」

P「しっかり聞こえてたぞっ!お前はほんとにもう…かわいいなぁーーー!!」モッカイダキー

幸子「やっ…もう…仕方ないんですから…!」エヘヘ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:48:24.14 ID:CpfnIWh50
P「…で、ほんとに、いいんだな?」

幸子「…ボクはカワイイですから、嘘なんてつきません」

幸子「ど、どうぞ…」

P(…幸子が抱っこをねだる様なポーズでこちらを向き、目をギュッと閉じている…)

P(もう辛抱たまらん!)

P「…ありがとう。…触るぞ?」

幸子「…!いちいち聞かないでください!いいです、から」

P「」ゴクリ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:52:10.27 ID:CpfnIWh50
P「…」モミモミ

幸子「んっ…ぅ…」

P(しかし、服の上からじゃとろけ顔にさせるには至らないか…?)

幸子「…服は、その…」

P「!!」

幸子「ぬ、脱ぎませんけどっ…手、入れる位、なら…?」

P「」プツン

P「…」スッ…モミッ

幸子「ひゃっ…!」ビクン

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 03:59:38.67 ID:CpfnIWh50
幸子「…う、んっ…」ハァハァ

P(大分効いてる…!とろけ顔も近い…しかし、これは本格的に…)

P(いたずらじゃ済まないかもしれない)ビンビン

幸子「は…っ…プロデューサー、さん…?」

P(…いや、これ以上、ここまでしてくれた幸子を怖がらせたくない。おとなしく…)

P(とろけ顔見て終わろう!!)ペカー

P「」モミモミモミモミ

幸子「ひぅ…ん、やぁ…っ!」ビクビク

P(…ここか!)モミッ

幸子「あッ…!く、うううううううっ!」ビクン…

幸子「は、はぁっ、今のっ…はぁ」トロー

P(…これだ。これで…!)

P(満たされたぁ~!)ホクホクビンビン

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:05:08.87 ID:CpfnIWh50
P「…ありがとう、幸子」

幸子「はぁっ…ぷろりゅーさー、さん…?」

P「」ドキッ

P「…ああっ、駄目だ駄目だ!トイレだ!今の俺の居場所はトイレのみ!」ビンビン

P「ごめん幸子ッ!」マエカガミダッシュ


幸子「あっ…行っちゃった」

幸子「…少しは素直に、なれた…かな」

幸子「ぷろでゅーさー、さん…」エヘヘ


おわり

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:06:27.40 ID:n2YfW6J70
おつ
とろ顔ほっこり

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:07:12.97 ID:CpfnIWh50
早苗さんを便利的キャラに使いたくなかったんです、許してください!
支援からなにから、本当にありでした!
また機会があればよろしく…してくれるのよね、わかるわ

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:07:34.17 ID:ZY9WQDAiO
乙乙
幸子の全身まさぐりたい衝動

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:07:45.93 ID:teohnZB50
乙乙。

これは良い幸子であった(ホッコリ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:10:57.72 ID:CpfnIWh50
もう4時か…寝ないという選択肢が現れ
誰か書きたい人とかいませんか!安価しなくてもいいんで!イチャイチャいたずらするだけでいいんで!

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:18:23.94 ID:n2YfW6J70
>>134
寝ないならこのまま続けていいんじゃないか?(ゲス顔

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:32:10.85 ID:CpfnIWh50
じゃあ、ダメもとで出来るだけがんばってみたい
そしたら人増えて、書きたいって人がたくさん出てきて参加型の出来上がり!みたいな?(希望)
落ちたら落ちたで大丈夫です!

P「>>140に、>>143を…もうここまできたら止まらないぞ…!」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:34:21.13 ID:GV94tVQd0
乃々

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:36:06.37 ID:q3euCZly0
乗馬アイドルにさせる

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:47:23.49 ID:CpfnIWh50
P「乃々を、乗馬アイドルにしよう!」

P「乗馬…アイドル…」

P「」チラッ

乃々「…えー…」ムーリィ


P「な、なんやかんやで過去最高難易度かもしれない…!」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:51:42.23 ID:CpfnIWh50
P「なぁ、の~の~」

乃々「…無気力系アイドルで推す…って言ってたじゃないですか…」

乃々「…いきなり馬に乗るだなんて…無理だし可笑しいんですけど…」

P「ぐ、うっ…!ものすごい正論…!」

P「な、ならなぁ乃々…乗馬アイドルには二つあって…」

P(…いやいやいや!もっと無理だろう!?何言ってんだ俺!?)

乃々「ね、やめましょ…危ないですし…」

P「ま、また正論…」ガックシ

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 04:56:31.42 ID:CpfnIWh50
P「…でも、乃々」

P「ここで目の前の嫌なことから逃げてたら、一生トップアイドルにはなれないぞ?」

P「だから、さ…馬見に行くぐらい、してみないか?」

乃々「うぁ…うぅ…じゃあもう、アイドルやめるぅ…」ノソノソ

P(しまった!やる気のない乃々には逆効果…!)

乃々「…のは、嫌ですから…。行くなら、ついて行くだけついて行くんですけど…」ノソッ

P「…!乃々…!」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:02:23.68 ID:CpfnIWh50
P「乃々…!お前…」ウルウル

乃々「…これでも、一応…えっと、感謝はしてるんです…」

乃々「アイドルは、そんなに…しんどく、ないので…」

P「…」

乃々「…あの、それだけ、なんですけど」

P「…ああ!これからもよろしくな、乃々!」

乃々「…むーりぃ、じゃ、無い…です、はい…あうぅ…」

P「じゃあ、行こうか!この辺で馬居るとこは…」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:07:54.19 ID:CpfnIWh50
……

P「この後、俺と乃々は馬を見に行き、実際に少し乗せてもらうことにも成功したのだが…」

P「もともと体が強い方ではない乃々には、その…最初から、無理な話だったのかもしれない」

P「…残念ながら、乗馬アイドルは断念することになりそうだ。けれど…」


乃々「うぅ…ごめんなさい…」

P「いや、突然変なことを言った俺が悪いんだ。…悪かったな、忘れてくれ」

乃々「…そんなこと、無いんですけど…それに…」

P「…いや、でも…」

乃々「そ、それにっ…!」

P「!」

P(乃々が…少しだが、いつもより大きい声を…)

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:14:21.96 ID:CpfnIWh50
乃々「…新しいことに挑戦するの、わ、悪くなかったので…」

乃々「…プロデューサーが謝ること、ないです…」

P「…乃々」グスッ

乃々「あの…また、終わり、ですけど…」

P「…ああ。十分だよ。…気持ちは伝わった」

P「俺、今まで乃々の事…誤解してたのかも、しれない」

乃々「…」

P「だけど…いや、だからこそさ。今日を、俺たちの再スタートの日にしてくれないか?」

乃々「…え」

P「また1から、今度はしっかり話し合いながら。二人三脚でがんばっていこう」

P「乗馬みたいに、一人の上に一人が乗るんじゃなくて、さ!」

乃々「…!」


乃々「…えへ、それも…むりじゃ、ない、です…!」ニコッ


おわり

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:16:15.76 ID:GV94tVQd0
このお題で綺麗にまとまるなんて誰が想像しただろうか
乙すぎる

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:16:37.84 ID:CpfnIWh50
ごめん、乗馬よく知らないんでこれで…
お粗末さまでした、ちょっとキャラ違ったかもだけど、書いてて楽しかったよ乃々ちゃん!

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:17:24.42 ID:D8pLYrCT0
まさか綺麗に落ちるとは思わなかった、乙

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 05:25:55.07 ID:CpfnIWh50
もうさすがに落ちるかな
皆やさしいから楽しくやれました、ありがとうございました!
また機会があればよろしく!



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357920756/



コメント
2002: 2015/01/16(金) 21:24
GJ
非常に構成力の高い>>1だった
2003: 2015/01/16(金) 23:28
ジョーバにも乗せよう(提案)
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7109-ad925f08