ヘッドライン

モバP「コールドバケーション」

1 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:35:23.07 ID:gS8VvYLy0
巴「寒いのぉ……」


桃華「よいしょっと……それでは、あったまることも兼ねて
お茶会をはじめてしまいましょう?」


巴「そうじゃな、ところでなんについて話す?」

桃華「そうですわね……冬の過ごし方でも話しましょうか?」

2 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:36:06.01 ID:gS8VvYLy0
巴「冬の過ごし方? そうじゃなぁ……ウチは定番の蜜柑におこたじゃのぉ」

桃華「お……おこ、た?」

巴「んっ? あぁ、こたつのことじゃ」

桃華「こたつ……私、聞いたことはあるのですが実際に使ってみたことがない物ですわ……」

3 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:37:21.99 ID:gS8VvYLy0
巴「ほぅ? 桃華は入ったことがないのか」

桃華「噂では入ると抜け出すことができない秘密道具とかなんとか聞きますわね……」

巴「なんじゃその変な噂は……
確かに暖かくて外に出るのは億劫になるのは分からなくはないがのぉ」

P「んっ? なんの話だ?」

4 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:38:03.49 ID:gS8VvYLy0
桃華「あっ、Pちゃま! 実はこたつのお話をしておりまして……」

巴「おぉ、Pか! 桃華がおこたに入ったことがない話をしておったんじゃ」

P「おこた? ……あぁ、コタツか! 桃華はコタツに入ったことがないのか」

桃華「はい、お恥ずかしながら……」

5 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:39:28.89 ID:gS8VvYLy0
P「そうか……そう言えば、この事務所ってコタツあったかな?」

巴「うちが見た中だとこの事務所にはなかった気がするがのぉ……?」

桃華「私も見たことがございません……」

P「んー、倉庫の方見てみるかな?」

巴「倉庫そんなものがあったんか?」

6 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:40:41.80 ID:gS8VvYLy0
~~~~~
~~~


P「おーい二人とも! あったぞ!」

巴「おぉ、本当か!?」

7 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:41:16.54 ID:gS8VvYLy0
桃華「こたつ……如何なものでしょう?」

P「よいしょっと、セットしよう俺も入りたいし」

桃華「これが……これが、こたつ……!」

8 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:41:46.68 ID:gS8VvYLy0
巴「それじゃ、うちは向こうに置いてあるお茶会セットを持ってくるか」

桃華「あっ、一人では危険ですわ、私も一緒に」

タッタッタッタッ……

P「それじゃあ、まぁちゃちゃっと準備を済ませるか」

9 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:44:05.77 ID:gS8VvYLy0
~~~~~
~~~


P「オゥフ……」

桃華「はふぅ……」

巴「ひふぅ……」

10 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:45:47.06 ID:gS8VvYLy0
P「暖かいなぁ……」

桃華「これがこたつの魅力と言うものですか……」

巴「それを言うならおこたの魔力じゃな……」

P「二人とも……アイドルらしからぬ顔の緩みだぞ……」

11 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:46:20.00 ID:gS8VvYLy0
桃華「それを言うなら……」

巴「Pこそ、社会人らしからぬ顔の締まり具合じゃ……」

P「やっぱりコタツには蜜柑だな……」

桃華「巴さんと同じことをPちゃまも言うのですね……」

12 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:47:04.59 ID:gS8VvYLy0
巴「ほれ、一口食ってみぃ」

桃華「はむ……た、確かにこれは……」

P「いいものだろ~?」

桃華「良いものですわね~」

13 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:47:45.03 ID:gS8VvYLy0
巴「ところで、P……蜜柑が切れた」

P「取りに……行きたくないな……」

桃華「私も、ここから出るのが億劫ですの……」

巴「むぅ……」

14 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:48:18.19 ID:gS8VvYLy0
ガチャ

ちひろ「うぅ……寒い寒い……」


P「あっ、ちひろさんお疲れ様ですー」

巴「ちひろもおこたに入らんか?」

15 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:49:04.60 ID:gS8VvYLy0
ちひろ「あれ? コタツをいつの間に?」

桃華「先程Pちゃまに出していただきましたの」

ちひろ「そうだったの……それじゃあ、お言葉に甘えて……」

P「あっ、ちひろさん」

16 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:49:37.78 ID:gS8VvYLy0
ちひろ「はい?」

P「コタツ入る前に、蜜柑の補給を……」

ちひろ「Pさんがやってくれるんですよね?」

P「Oh……」

17 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:50:21.89 ID:gS8VvYLy0
巴「と、言うことじゃ、P頼むぞ」

P「なんと言う、ここから動かなければいけないなんて……」

モゾモゾ……

ちひろ「それにしても……コタツの上にティーカップとは不思議ですね」

18 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:50:52.69 ID:gS8VvYLy0
桃華「こたつに入る前までは巴さんとお茶会をしてましたから」

ちひろ「そうだったの、お邪魔じゃないかしら?」

桃華「別に周りに聞かれて困るような事は話しておりませんし大丈夫ですわ」

ちひろ「それじゃあ、コタツにお邪魔します~」

19 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:52:07.26 ID:gS8VvYLy0
モゾモゾ

P「うぅ……寒い寒い……俺もコタツに」

桃華「さて、ゆっくりとお茶会の続きですわ!」

巴「そうじゃな、次は何をお題に話す?」

ちひろ「何をお話ししましょうか?」

20 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:52:47.68 ID:gS8VvYLy0
P「そうだな……冬休みの過ごし方について話すか!」

桃華「……」

巴「……」

P「ど、どうしたんだ、二人して顔を見合って?」

21 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:53:57.08 ID:gS8VvYLy0
桃華「ふふっ、いえなんでもないですわ」

巴「くくっ、なんにもないな」

P「えっ、えっ? なんか変なこと言ったか!?」

ちひろ「まぁまぁ、さて冬の過ごし方……ですか、私は……」

22 : ◆x05CVfYU6A 2015/01/05(月) 22:55:07.35 ID:gS8VvYLy0
おわり

ここまで読んでいただきありがとうございました!
口調がおかしなところがあるかもしれませんが、楽しんでもらえたら幸いです!



元スレ:P「コールドバケーション」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420464922/


アイドルマスター シンデレラガールズ 携帯ストラップ 櫻井桃華
ブロッコリー (2013-08-31)
売り上げランキング: 250,094

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/7013-29f5f93c