ヘッドライン

モバP「お茶飲んでまったり」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:06:36.37 ID:KZwZmP3s0
カッチコッチ

P「うーん」カタカタ

P「うーむむむ」ギシッ

P「……うん、よし」

P「っと、そろそろ10時か。いい加減帰るかな」

―――

「あっ未央ちゃん! プロデューサーさんお仕事終わったみたい!」

「ぃよっしうづきん、プロデューサーにあったかいお茶をお出ししよー!」

―――

P「ん? 給湯室から声が……誰だろ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:09:57.25 ID:KZwZmP3s0
とてとてっ

卯月「プロデューサーさんっ」


未央「えへへ、お疲れさま!」


P「卯月、未央? どうしたんだ、とっくに帰ったと思ってたのに」

未央「まーまー、お茶をどうぞ!」コトッ

P「え、ああ……いただくよ」

卯月「お味はいかがですか?」

P「ずずー……うん、美味い」

卯月「ホントですか? よかったぁ!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:14:09.76 ID:KZwZmP3s0
未央「やったね、うづきん!」

卯月「大成功だね、未央ちゃんっ!」

P「大成功って、どういうことだ? そろそろ教えてくれよぅ」

卯月「あ、そうですね。えへ、プロデューサーさんが喜んでくれたからはしゃいじゃった」

未央「ふふふ、ならば教えてあげようプロデューサー! 貴方は私達の術にハマったのだ!」ビシィ

卯月「そう、まんまとね……」クスクス

未央「むっふっふ……」

卯月「ふっふっふ……」

P(なんか始まったけど……乗っておこう)

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:18:29.42 ID:KZwZmP3s0
P「なんだって!? くそっ、いつの間に……!」

未央「プロデューサーが最近、遅くまで頑張っているのは我々に筒抜けだったのだ!」

卯月「そこで私たちは考えました。どうすればプロデューサーさんの疲れを癒せるのかと!」

P「そ、そんな馬鹿な……。上手く隠していた筈だぞ!」

うづみお「あまぁい!」

P「っ!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:22:00.26 ID:KZwZmP3s0
卯月「甘い、甘すぎますよプロデューサーさん……」

未央「くっくっく……! その程度で我らの目を欺けるとでも?」

P「なん……だと……?」

卯月「つまりはそういうこと。貴方にお茶を淹れたのは必然っ!」

未央「ふははは! どうだ、身も心も暖まっただろう!」

P「……お前らぁっ!」グアッ

うづみお「!」

P「ありがとなああああ」ナデナデナデナデ

うづみお「……えへぇ♪」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:25:16.60 ID:KZwZmP3s0
P「んもうかわゆいなぁ! 素晴らしい! エックセレント! ありがとう!」

未央「そ、そんなに褒めないでよぉ……照れりゅ」モジモジ

卯月「ふふ、ふへへへっ♪どうしよ、顔が戻りませんー♪」ニヨニヨ

P「良いではないか良いではないか。疲れなんか吹っ飛んだよ、ホント」

未央「にへへ。アイドル冥利に尽きるってもんでいっ」

卯月「でいっ!」

P「あはは、なんだよそりゃ。……よし、もう遅いし、送って行くよ」

卯月「え、そんな、悪いですよっ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:28:28.13 ID:KZwZmP3s0
未央「そーだよ、私達なら平気だよ?」

P「癒してくれたお礼だよ。それに、こんな時間に女の子二人で帰らせる訳にはいかないって」

卯月「で、でも――」

P「はいはい、デモもストライキもありませんってなー」

未央「ぐぬぬ……こうなったらついて行くしかあるまいっ。しかーし!」

ぎゅっ

P「うおう!?」ムニュ

未央「ふふんっ。どうだプロデューサーめ! 谷間に腕をうずめてやるっ」ムニムニ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:32:29.16 ID:KZwZmP3s0
P「おおおお馬鹿! 何すんだ!」

卯月「わぁ、未央ちゃん大胆! じゃあ私もー♪」

ぎゅう

P「おおう、すごい(小並感)」

未央「よおし、このまま車まで行こうか!」グイグイ

卯月「れっつごー!」プニプニ

P「おおお、こら待て! この状態で外は色々とマズイってばよ! 離せええっ」

うづみお「しーらなーい♪」



卯月と未央は健気で仲良し可愛いEND

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:35:52.09 ID:KZwZmP3s0
ガチャッ

P「ただ今戻りましたーっと。……ありゃ、誰もいない」

P「ん?」

お茶「ホカホカ」

P「なんと、淹れたてのお茶が。そして湯呑みの下にメモ……どれどれ」

『お疲れさま。口じゃきっと、うまく言えないから、こんなのでごめんね。いつありがと』

『N.K』

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:38:53.46 ID:KZwZmP3s0
P「N.K……誰だ? ……ん?」

P(一旦書いてから消した後が……神、緒……)

P「ふむ」

「……」ジー

P(見られてる、見られてるぞ!)

「……」ジー

P「……そこだっ!」バッ

「ひゃあ!?」

P「隠れても無駄だぞ、奈緒?」

奈緒「わ、あ、おおお! ききき奇遇だなPさん!?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:41:52.68 ID:KZwZmP3s0
P「奇遇なわけあるかい。お茶淹れてくれたの、奈緒だろ?」

奈緒「し、知らないっ。誰かが淹れたんだろっ?」

P「ふーん。誰かって誰さ?」ニヤニヤ

奈緒「知るかよ! あたしじゃないっ」プイッ

P「おっかしーなー、ホッカホカなのになー。奈緒以外に人居ないしなー?」

奈緒「ぐぐ……!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:45:14.78 ID:KZwZmP3s0
P「あーすごく嬉しいのになー。お礼言いたいなー」

奈緒「あ、あたしが」

P「んー?」

奈緒「あたしが伝えとく! Pさんが感謝してたって、そいつに言っとくよ!」

P「……んー、そうしようかな。奈緒、頼めるか?」

奈緒「う、うんっ」パァッ

P(嬉しそうな顔しちゃって。可愛いなぁ奈緒は)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:48:56.85 ID:KZwZmP3s0
P「こほん、それじゃ、お茶を淹れてくれた優しい優しい誰かさんへ。ありがとな」

奈緒「っ! ん、うんっ」

P「気配りできて面倒見がよくて、きっととびきり笑顔が可愛いんだろうなぁ」

奈緒「う、ぅぁ……!」プルプル

P「これからもよろしくな、奈緒?」

奈緒「ぅぅうああああっ!」ダダッ

P「ちょ、どこへ」

ガチャッ バタンッ

P「あらー、行っちゃった……。顔真っ赤だったな」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:51:30.09 ID:KZwZmP3s0
P「あちち、ちょっと熱いな……でも美味い」

―――

奈緒「はぁっ、はぁっ」

奈緒「も、もうあんなことしてやんない……っ!」

奈緒「あ、味聞くの忘れた。……戻りたくない……うう」



ツンデレ奈緒ちんEND

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:54:08.76 ID:KZwZmP3s0
肇「すぅ……すぅ……」


ゆかり「ふにゃ……」


美穂「くー……くー……」


P「ずずず……うーん、ソファで寝てる美少女を眺めながら飲むお茶は格別だな」

P「おっと、毛布が……」

美穂「んぅ……」ガシッ

肇「くぅ……」コテン

ゆかり「んん……Pさ、ん……」ギュー

P「あらま。美穂に手を握られ、肇が寄りかかってきて、挙げ句ゆかりが抱きついてきた」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 00:57:47.83 ID:KZwZmP3s0
P「なんだこの状況。ああ、美穂のアホ毛がピコピコと顔に……くすぐったい」

美穂「ふふ……♪」ピッコピコ

P「かわいい」

肇「む……」スリスリ

P「ああ、肇の綺麗な手が背中に……気持ちいい」

肇「ん……♪」ニコー

P「かわいい」

ゆかり「んん……」ギュウ

P「ああ、ゆかりを忘れてたわけじゃないぞ。というかどういうことだよ。顔が俺のお腹に埋もれてんだけど」

ゆかり「んふふー……♪」

P「かわいい」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:00:56.13 ID:KZwZmP3s0
P「まあなんだ、起きてるのは分かってるからな?」

肇「どきっ」ゆかり「どきっ」美穂「どきっ」

P「ほれ、離れい」

肇「夢です」

ゆかり「寝ぼけてます」

美穂「うーんと、暖かいです」

P「はぁ……いいよ分かった、満足するまで付き合ってやるよ」

『はい♪』ギュッ

P(あ、お茶……まぁいいか)



居眠りトリオで癒されEND

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:04:12.62 ID:KZwZmP3s0
藍子「寒いですねー」ヌクヌク


P「そうだなー」ヌクヌク

藍子「こたつあったかいですねー」

P「そうだなー」

藍子「お茶美味しいですねー」

P「そうだなー」

藍子「……話聞いてます?」

P「ほら藍子、ミカン剥いたぞー」ヒョイ

藍子「あーん……んふー、あまー♪」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:07:39.89 ID:KZwZmP3s0
P「良い子良い子ー」ナデナデ

藍子「んー」

P「なあ藍子ー」

藍子「はい?」

P「俺なー、まだ仕事が」

藍子「はいどうぞPさん、私からもミカンです」ヒョイ

P「あー。んむ、美味いなー」

藍子「そうでしょー」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:10:17.67 ID:KZwZmP3s0
P「でな、藍子。俺しg」

藍子「はいもう一つ」グイッ

P「んぐー」

藍子「美味しいですかー?」

P「美味い。なぁ藍子、s」

藍子「あ、雪降ってきましたよ! 綺麗ですね!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:14:09.16 ID:KZwZmP3s0
P「あーそうだなー。でもな、あいk」

藍子「というわけでお散歩行きましょう! さぁさぁ立ってくださいっ」

P「あはは、もう諦めるよ藍子ー」グスン

藍子「うふふ、Pさんとデート♪」

藍子(たまには甘えちゃってもいいよね!)

P(はは、たまには甘えさせてあげようかね)



藍子さんは苦労人END

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:17:23.53 ID:KZwZmP3s0
P「ほい、お茶」

加蓮「ん、ありがと。……はぁ、あったかー」


P「ったく、事務所来るなら連絡しろよ? 迎え行ったのに」

加蓮「遊びに来ただけだし。お迎えなんていらないよ」

P「そう言ってまた風邪引いたりしたら……」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:20:46.74 ID:KZwZmP3s0
加蓮「はいはい、ワカリマシタヨー ……ずずず」

P「加蓮!」

加蓮「あーもーしつこいっ! 過保護だよPさんは! ……ずず」

P「なっ、俺は加蓮が心配で」

加蓮「それが過保護だって言うの!」

P「むぐぐ……!」

加蓮「むむむ……! ……ずずー」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:24:02.07 ID:KZwZmP3s0
P「……なぁ加蓮や」

加蓮「はふ……ん、なに?」

P「喧嘩っぽい雰囲気なのに、なぜお茶を啜るの」

加蓮「え、だって美味しいもん。Pさん上手だね」

P「うん、ありがとう」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:27:32.81 ID:KZwZmP3s0
P「いやそうじゃなくてな、俺たちは喧嘩してたわけで」

加蓮「ふふ、Pさんをからかってみただけだよ。別に怒ってもないよ?」

P「えー……」

加蓮「Pさんに心配されるのも嬉しいし、一緒にお話しするのも好き」

加蓮「っていうかPさんが好き」

加蓮「だからね、いっぱい頼りにしちゃうから!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:31:07.76 ID:KZwZmP3s0
P「……すごい爆弾発言があった気がする」

加蓮「そう? 気のせい、気のせい♪」クスクス

P「んもう」ナデナデ

加蓮「ん……手、あったかい」

P「俺は顔が熱い」

加蓮「ふふんっ」

P「生意気なっ」ワシャワシャ

加蓮「きゃー♪」



加蓮は可憐END

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:34:36.12 ID:KZwZmP3s0
まゆ「Pさぁん、まゆ特製のお茶、いかがですかぁ?」


P「……変な薬が入ってるとかじゃないよな?」

まゆ「そんなまさかぁ♪」ニコニコ

P「その笑顔が怖いんだけどなぁ」

まゆ「うふふ……Pさん、飲ませてあげましょうかぁ。まゆの、口移しで♪」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:37:53.44 ID:KZwZmP3s0
P「お断りしておくよ。なんか色んなもの吸われそう」

まゆ「あら、バレちゃいましたぁ」クスクス

P「はっはっは、まゆは冗談が上手くてお茶目だなぁ」

まゆ「うふ……まゆは本気ですよぉ?」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:40:11.04 ID:KZwZmP3s0
P「……」

まゆ「……」ニコニコ

P「……いただこう」

まゆ「はぁい……♪」

スッ…



『プロデューサー! それ以上はダメだよ!』



P・まゆ「!?」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:43:36.93 ID:KZwZmP3s0
まゆ「だ、誰っ? この部屋は人払いしてあるはずっ!」

P「え、そうなの? 怖い」

P「いや、それより誰だ! どこにいる?」

『ここだよ』

P「わぁ、俺のロッカーが喋った」

まゆ「ま、まさか……!」

『ふふ、まゆにはバレてるみたいだね。流石だよ』

『そう……』

ばんっ

凛「この私」


P「」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:46:52.42 ID:KZwZmP3s0
まゆ「……やっぱり、凛ちゃんでしたかぁ。どうしてまゆの邪魔ばかりするのかなぁ?」

凛「何言ってるの? まゆがプロデューサーに変な事しようとしてるんじゃないの?」

まゆ「変な事、ですかぁ? Pさんのロッカーに入って、Pさんの防寒具を身に纏ってる凛ちゃんには言われたくないなぁ」

凛「……文句あるの?」ヌギヌギ クンカクンカ

まゆ「……いいえ、ありませんよぉ。むしろ尊敬しちゃいます」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:50:29.95 ID:KZwZmP3s0
凛「ふん……」

まゆ「うふ……」

ゴゴゴゴゴ

P(えええええ)

P(何これ。ナニコレ珍百景だよ。 一体どこに竜虎を顕現させるアイドルがいるってんだ)

P(まゆも凛も、今日は一味違うな……どうする)

P「そうだ!」ティン

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:52:40.05 ID:KZwZmP3s0
まゆ「……!」ポカポカ

凛「……! ……!」ペシッペシッ

P「まゆ、凛! ここに俺が使ってるハンカチがある!」

まゆりん「!」ムニー

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:55:26.35 ID:KZwZmP3s0
P「これを……事務所の外にぽーいっ」

ぽいっ

凛「もらったあああ!」

まゆ「させないっ!」

ダダダッ

P「はいガチャリンコ」

ガチャン

シーン…

P「ふー、解決はしてないけどとりあえず静かになったな」

P「まぁしかし、駄々っ子パンチに軽いしっぺ、お互いのホッペをつねる……なんて平和な戦争だろうか」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 01:59:29.21 ID:KZwZmP3s0
P「もー、凛の奴、人の防寒具を脱ぎっぱなしに……よいせよいせ」

P「さて、まゆのお茶でも……あの子のヤンデレごっこにも慣れてきたなぁ」ズズー

P「うまうま、また腕をあげたな」

ドンドンドンドン

P「おっと、もう帰ってきたか。もう少し反省してもらうかな」

ドンドンドン

ドンドン

ドン…

P「……」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:02:12.65 ID:KZwZmP3s0
カリ

P「?」

カリ カリ

カリカリカリカリカリ

カリカリカリカリカリ

カリカリカリカリカリ

P「こええええよおおお!?」バンッ

まゆ「さ、さ、さむ、寒い、い、ですよぉ、Pさぁんっ」ガチガチガチ

凛「ひひひひどいよよよ、ぷr、プロデューサあああ」ブルブルブル

P「うおお!? わ、悪かった! すぐあっためてやるからなっ!」

まゆりん「くしゅっ、うぅ……」ギュー

チヒロサーンストーブオネガイシマース!

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:06:09.95 ID:KZwZmP3s0
―――
――


P「ホント悪かった、ごめんな二人とも……」ナデナデ

まゆ「あぁ、Pさん……。まゆは今、幸せですよぉ……」ウットリ

P「うんうん、何故かボロボロになった俺のハンカチがかっこよく見えるよ」

凛「私も幸せ……ハンカチは取れなかったけど、プロデューサーに囲まれてるみたい……」ウットリ

P「うんうん、いつの間にまた俺の防寒具を……いい加減返そうな」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:09:05.71 ID:KZwZmP3s0
凛「ねぇプロデューサー」

P「なんだ、凛?」

凛「あんな寒空の下に女の子放り出したんだから、それ相応の事はしてもらうよ?」

まゆ「そうですねぇ、オトコのセキニンですよぉ」

P「うぐ……じゃ、じゃあ」

凛「というわけで、今日プロデューサーの家に泊まりに行くね」

P「えっ」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:12:04.46 ID:KZwZmP3s0
まゆ「あ、凛ちゃんナイスアイデアです。まゆも行きます♪」

P「えっ」

凛「まゆも……まぁいいか、一時休戦だよ?」

まゆ「ええ♪うふふ、Pさんの家にいーっぱいまゆの証を……うふ、うふふふ」

凛「ふふ、プロデューサーのぱn、いやもっとそれ以上の……ふふ、ふふふ」

まゆりん「」ニタニタ

P「ふええ……アイドルとは思えない邪悪な笑みを浮かべてるよぉ……」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:15:22.75 ID:KZwZmP3s0
まゆ「さあ行きましょうPさん、まゆとPさんの愛の巣へ♪」

凛「あっ、私とプロデューサーの、ね。寝ぼけてる?」クスッ

まゆ「……なんですかぁ」ムニー

凛「んゅ……にゃに?」ムニー

まゆ「うにゅ、りんひゃん……!」ムニュー

凛「みゃゆー……!」ムニュー

P「もう……やれやれ」

P(いつまでも俺にベッタリじゃなぁ。あ、そうだ。一旦俺から離してみてはどうか?)

P(まゆと凛の面倒は……ちひろさんに頼むか)

ちひろ(えっ?)



ホントは仲がいいよホントだよEND

89 :>>86 久しぶりに見た 2013/01/15(火) 02:18:46.51 ID:KZwZmP3s0


ちひろ「うええええんプロデューサーさあああんんん!」

P「あーよしよしちひろさん……すみませんでした」

ちひろ「こわっ、こわ怖いですよおおまゆちゃんも凛ちゃんもおおおお!!」

ちひろ「おうっ、おうっ! 板、板挟みでっ! うぐ、にら、睨ま、ああああん!」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:21:51.91 ID:KZwZmP3s0
P「ほ、ほら鼻をかんで……はい、ちーん」

ちひろ「んぐ、ちーんっ! ……ふええ……ぐしゅっ」

P「良くやってくれました、ありがとうございます」

ちひろ「ホントですよぉ……気が狂うかと思いました……」メソメソ

P「さ、これどうぞ。俺謹製のお茶ですから」

ちひろ「いただきます……んぐ、んぐ……おいし」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:25:00.55 ID:KZwZmP3s0
P「良かった。他の誰にも飲ませたことないんですよ、それ」

ちひろ「えっ……?」ドキッ

P「なんせ、昨日完成したばかりですからねっ」

ちひろ「ああ、そうですか……」ムスッ

P「スタドリとエナドリの成分をこれでもかと……あれ、ちひろさん?」

ちひろ「何でもないですよー」

P「あれー?」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:30:28.23 ID:KZwZmP3s0
ちひろ「ふふっ……。さて、プロデューサーさんには罪を償ってもらいます」

P「つ、罪ですか」

ちひろ「ええ、罪です。私にあんな子たちを押しつけた罪ですっ」

P「う、はい……」

ちひろ「……今日、お仕事終わったら……一緒に飲みに行きましょう?」

P「え……それだけ、ですか?」

ちひろ「それだけですけど……それだけじゃないですよ♪」

P「んん……? まぁ、俺で良ければお付き合いします」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:33:41.14 ID:KZwZmP3s0
ちひろ「お付きっ……こほん! とにかく、朝までコースですから!」

P「ちょ、俺明日も仕事あるんですけど!?」

ちひろ「私は明日オフです! もーまんたい!」

P「いやいやいや! 勘弁してください!」

ちひろ「ふんっ、お酒臭くなってアイドルの子達に嫌われちゃえばいいんですよっ」

P「そんなぁ! 待ってくださいよー!」

ちひろ「待ちませーん!」



ちひろポンEND



まゆ「……」ギリッ

凜「……」ギリッ

幸子「ひぃっ!?」




幸子END

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:35:47.69 ID:kU/WMDoyO
なんでや!幸子関係ないやろ!

106 :だってさっちゃん書き溜めてない…… 2013/01/15(火) 02:36:49.42 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「プロデューサー!」ヒョコッ


李衣菜「プロデューサー?」ヒョコッ

李衣菜「ぷーろーでゅーさー?」キョロキョロ

李衣菜「あっれー……何処にもいない……」

李衣菜「せっかく皆が、プロデューサーにお茶を出してるって聞いたのに……」

李衣菜「冷めちゃった……」クスン

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:39:49.13 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「く、くーるなリーナはこれくらいじゃへこたれないぜっ!」

李衣菜「……むー……」

李衣菜「プロデューサー……」

P「なんだ?」

李衣菜「あ、プロデューサー。聞いてくださいよ、プロデューサーが何処にもいないんです」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:42:11.31 ID:KZwZmP3s0
P「うーん、そりゃ大変だ」

李衣菜「私、プロデューサーにお茶を出そうと……上手くいったか分かんないですけど」

P「お、これか。どれどれ」グビグビ

李衣菜「ど、どうですか?」

P「……美味い!」テーレッテレー

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:44:34.23 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「! えへ、やったあ!」

李衣菜「って」

李衣菜「うおおお!? プロデューサーいつの間にぃぃ!?」

P「さっきから会話してただろ……」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:47:02.44 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「きっ、気づいてましたよぉ↑!? ははは、何言ってんですかあっはっはあ!」

P「可愛い奴めぇ」ナデナデ

李衣菜「にゃっ、撫でっ!」

P「ほーれほーれ」ナデリナデリ

李衣菜「ふにゃあ……って、私はろーっく!」バババッ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:50:07.66 ID:KZwZmP3s0
P「おっと。なんだその掛け声」

李衣菜「ふーっ、危ない危ない……。危うくプロデューサーの魔の手に落ちるところだったぜぇ……」

P「え、なに? もっと撫でてほしい?」ナデ

李衣菜「なあああ! 恥ずかしいでしょー!?」

P「最初からそう言えばいいんだ。何と言っても無でるけど」ナーデナーデ

李衣菜「ううう……もういいです……」

P「李衣菜は可愛いなぁ」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:54:48.97 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「可愛くてもなんでも、私はロックなんだからっ」プイッ

P「おお、ついに認めたか自分の可愛さを」

李衣菜「ああ言えばこう言うのは目に見えてますからねー。つーん」

P「へへへ」

李衣菜「……えへ。もっと撫でて?」

P「ほいよ」ナデナデ

李衣菜「んー……♪」

P「……」ナデナデ

李衣菜「ん、えへへ……Pさん……」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:56:45.62 ID:kU/WMDoyO
何この可愛い生き物

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 02:57:39.63 ID:KZwZmP3s0
P「……そうだ、李衣菜?」

李衣菜「ふぇ? は、はいっ」

P「この前、実家からようやくギターが届いたんだよ。ほら、俺ギターやってたって言ったろ?」

李衣菜「あ、そう言えば。ってことは!」

P「ああ、李衣菜に教えてやれるよ。どうする?」

李衣菜「もちろん、教えてくださいっ!」

P「ん、決まり。よし、じゃあ早速うちに行くぞー」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:00:20.17 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「え、今からですか? だって私ギター持ってきてないし、もう夜だし」

P「だから、俺んちにお泊り」

李衣菜「……へっ?」

P「李衣菜の家に寄ってギターとか着替えとか用意して、うちで飯食って……李衣菜?」

李衣菜「おと、おととお泊りっ!?」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:03:00.00 ID:KZwZmP3s0
P「うん。嫌か?」

李衣菜「そんな! そんなそんなそんな!」ブブブブン

P「じゃあ良いな。いやー緊張するなーあははー」

李衣菜「私のほうが緊張してますけど! なんなんですかもう!」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:05:18.39 ID:KZwZmP3s0
P「そうそう、最近特製のお茶を開発してな。李衣菜にご馳走しよう」

李衣菜「特製……なんか怪しいですねそれ」

P「何を言うか。ちゃんと実験してるから大丈夫だよ」

李衣菜「へー……なら期待しますっ」

P「うむ、大船に乗った気でいなさい」

―――

ちひろ「くしゅんっ! んー?」

―――

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:07:36.68 ID:KZwZmP3s0
外だよ―――

P「おお寒いなー」

李衣菜「ですねー。暖かいもの食べたいなぁ……あ、そうだ!」

P「ん?」

李衣菜「ギターを教わるお礼に、私が美味しい夕飯作りますね!」

P「……。えー」

李衣菜「こらぁっ!? なんで嫌な顔するかなぁ!」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:10:10.78 ID:KZwZmP3s0
P「なんでも中途半端な李衣菜の料理とか……うわー」

李衣菜「失礼通り越してもう……なんだか分かんないけど失礼っ! 私だって料理しますよ?」

P「ほーん、なら期待しちゃおっかなー」

李衣菜「む、信用してない……! いいでしょう、気合入れます! おおおっ!」

P「おお、これは本気モード李衣菜!」

李衣菜「あったりまえだぜぇ! まずは胃袋掴んでやるからなー!」

P「おうおう、やってみろー」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:11:06.09 ID:f+0HtSRw0
もう普通のカップルじゃないか!

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:12:45.07 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「まずは食材! 行きますよPさんっ」タタッ

P「おい走ったら雪で転ぶ……」

ツルッ

スッテーン

李衣菜「おおおお……」プルプル

P「あーあ……大丈夫かー?」

李衣菜「へ、っへへ……。痛、痛く、ねーぜぇ……!」

P(サムズアップを決め、生まれたての子鹿のようにプルプルと震える李衣菜の姿は……)

P(かつて無いほどクールでロックだった……!)

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:14:56.00 ID:KZwZmP3s0
李衣菜「いたい……」グスグス

P「ですよね。ほれ、背負ってやる」

李衣菜「Pさんあったかいー」

P「しょうがないなぁ李衣菜は」

李衣菜「へっへぇ♪ずっとおぶっててもいいですよっ」

P「調子に乗るなっ。車までだからな?」

李衣菜「はーい♪」



だりーな!だりーな正妻END!

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:15:44.06 ID:KZwZmP3s0
おわり
支援感謝

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 03:17:10.46 ID:dIq+6bpw0
おっつおっつ
だりーな!だりーなかわいい!



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358175996/


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST
CINDERELLA PROJECT
日本コロムビア (2015-01-21)
売り上げランキング: 315

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/6950-cfb1b853