ヘッドライン

P「安価でアイドルと天体観測」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:14:40.16 ID:IUmUAw470
P「冬ってなんか星綺麗に見えるよな。」

律子「今日みたいな雨上がりの日は特にそうですね。」

P「なんだかノスタルジックな気分だな…」

P「>>5を誘って星空を見に行こうかな。」

5 :たわし棗鈴Love ◆TAWaSIT2OA 2013/02/11(月) 00:20:49.29 ID:rus4DrWf0
やよい

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:23:54.59 ID:IUmUAw470
P「やよいって星見たりするのかな。」

律子「どうでしょう。」

律子「まだ星を楽しむような年齢ではなさそうですが…」

律子「感性を育てる意味合いではいいと思いますよ。」

P「うん。じゃあ早速やよいを呼び出すか。」

P「確か今は>>11に居るんだっけ。」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:26:16.41 ID:VhFHtbBo0
羅刹家

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:33:10.98 ID:IUmUAw470
P「ジュピターの一人の家に居るんだっけ。」

律子「はい…?なんでそんなとこに…?」

P「なんでも冬馬が一人暮らしをはじめるらしいんだが、家事の勝手が分からないってヘルプを求めてきたんだよ。」

P「そんで、家事に精通してるやよいにちょっと手伝ってもらおうと。」

律子「なるほど…しかしちょっと軽率すぎやしませんか?」

P「大丈夫ですよ。冬馬の童貞力には定評がありますから。」

P「そろそろ終わったころでしょうし、電話かけてみますね。」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:38:43.12 ID:IUmUAw470
prrr prrr

やよい「はい。」

P「おう。コーチングは終わったか?」

やよい「はい。ちょうどさっき終わって、今出たところです。」

P「そっか。」

P「なぁやよい。」

やよい「なんですか?」

P「星見に行かないか?」

やよい「星…ですか?」

P「今日は空が綺麗だからさ。たまには自然を感じて心を休めるのもいいかと思って。」

やよい「なるほど!行きたいです!」

P「うん。それで場所なんだが…」

P「冬馬の家から近いとこっていうと…>>18があったな。」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:48:52.19 ID:eYbPmzl40
貴音と良く行くらぁめん屋台

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:54:40.12 ID:IUmUAw470
P「らぁめん屋台があったな…」

P「天体観測したら冷えるだろうから、帰りに二人で食べてくか。」

やよい「えっ…でも今日私お金があんまり…」

P「それくらいは奢るよ。」

P「その代わり明日からも仕事頑張ってくれれば、それでいいや。」

やよい「ほんとですか?」

やよい「じゃあこれからもっと頑張ってお仕事します!」

P「いい意気込みだ。」

P「それじゃあそっち迎えに行くから、ちょっと待っててくれ。」

やよい「はい。ありがとうございます、プロデューサー。」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 00:57:43.23 ID:IUmUAw470
~車内~

P「うー寒い…」

P「そういややよいがコート着てるのって見たこと無いな…」

P「もしかして持ってないのかな。だったら今度買ってやろう。」

P「さて、そういえばどこで天体観測をするか決めてなかったな。」

P「雰囲気もあって、綺麗に見えそうなのは…>>24だな。」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:00:43.16 ID:/1Z3udHS0
午前二時の踏切

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:06:09.79 ID:IUmUAw470
P「望遠鏡担いでいくか。」

P「午前二時に待ち合わせで二分後に君が来るから実質開始は午前二時二分なんだよな。」

prrr prrr

P「やよい?冬馬の家の近くの踏み切りわかる?」

やよい「はい。通ってきましたよ。」

P「そこに居てくれ。」

やよい「? えっと、わかりました。」


P「これでよしと。」

P「駐車場あったっけな。」

P「おっ さすがTime○ どこにでもあるわ。」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:06:17.57 ID:chWTJ1Ij0
天体観測だけど!!天体観測なんだけども!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:11:28.12 ID:IUmUAw470
P「うし。行くか。」

P「望遠鏡って重いんだな…」

『明日は全国的に快晴となる模様で、昨夜とは打って変わって今夜は星空が見られそうです。』

P「雨は降らないらしいな。」

P「うーんと…あった、あれが踏み切りだな。」

P「おや。やよいはまだ来てないのか…」

やよい「あっ、プロデューサー!」

P「来た来た…こっちだこっち。」

やよい「ふぅ…遅くなっちゃってすみません。」

P「いやいや。俺も今来たとこだから。 …なんだその荷物?」

やよい「これですか? これは、>>31です。」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:13:08.78 ID:xuiLF9650
野宿セット

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:16:18.56 ID:IUmUAw470
やよい「家事を教えてくれたお礼にってもらった野宿セットです。」

P「野宿…?」

やよい「ちっちゃいテントにランタンに… 毛布まであります。」

P「また微妙なもん貰ったなぁ。」

やよい「そんなことありませんよ。」

やよい「どれもとっても役に立ちます!」

P「まぁ確かに…」

P「案外使えるかもな…」

P「とりあえず移動しようか。あっちに原っぱがあるから、そこで見よう。」

やよい「はい。」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:20:29.85 ID:IUmUAw470
~原っぱ~

P「流石に見晴らしもいいな。」

やよい「わぁ…今日の星はとっても綺麗です…」

P「そうだな。」

P「それじゃあ、はじめようか。」

やよい「はい。」

やよい「あれ?プロデューサー、その長いのってなんですか?」

P「これ?望遠鏡だよ。多分倍率最大にすれば火星が大きく見えるんじゃないかな。」

やよい「望遠鏡!?」

P「おう。見てみるか?」

やよい「い、いいんですか?」

P[やよいと見るために持ってきたんだから。」

やよい「うっうー!じゃあ見ちゃいます!」

P「おう。」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:23:42.59 ID:IUmUAw470
やよい「えい」ピョコッ

P「うんうん。」

やよい「えい」ピョコッ

P「ん…?」

やよい「えい」ピョコッ

P「どうした?」

やよい「覗くとこが高くて届きません…」

P「おっとすまん…ほれ」ヒョイッ

やよい「はわっ ぷ、ぷろでゅーさー?」

P「やよい…相変わらず軽いなぁ。一年前と変わんないぞ。」

やよい「あ、あの、脇の下…くすぐったいです…」

P「でもこれなら覗けるだろ。」

やよい「えっと…はい。」

P「覗いてみ。」

やよい「うんしょ…」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:27:58.07 ID:IUmUAw470
P「しかし、身長も伸びてるのに体重が変わらないって大丈夫なのか…?」

やよい「ちゃんと増えてますよ?」

P「ならいいんだが…」

やよい「あっ…」

P「何か見えたか?」

やよい「はい。>>40が見えました!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:32:07.51 ID:hinWo8CR0
シチョウセイ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:36:33.06 ID:IUmUAw470
やよい「死兆星が見えました!」

P「なんだそりゃ。物騒な名前だな。」

やよい「いえ。これが見えるとまだまだ生きられるって星ですよ。」

P「へぇ。」

やよい「見えなくなっちゃうと…それが死の予兆になるって…」

P「博識だな。やよいは星好きなのか?」

やよい「この前伊織ちゃんから聞いたんです。」

やよい「伊織ちゃんは凄いですよね。なんでも知ってて。尊敬しちゃうなー…」

P「まぁ確かに教養豊かな人だな。」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:39:20.63 ID:IUmUAw470
やよい「きっと私なんかとは違った世界に居るんだろうなぁって時々思っちゃいます。」

P「んなこたないさ。同じアイドルの世界に生きてるじゃないか。」

やよい「えっと…なんていうか、私とは違う世界が見えてるんだろうなーって気がします。」

やよい「私も、伊織ちゃんみたいに賢くなったら見られるのかな。伊織ちゃんが見てる世界。」

P「…えらく詩的だな。」

やよい「あっ…流れ星だ。」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:44:14.93 ID:IUmUAw470
P「伊織も同じようなこと言ってたなぁ。」

やよい「へ?」

P「『毎日一生懸命生きてるあの子が見る世界は、私のよりも色づいてるんでしょうね』って。」

P「あっちも中々の詩人っぷりだったな。」

やよい「伊織ちゃんがそんなことを…?」

P「うん。まぁ、案外皆見てる世界は大して変わんないかもしれないな。」

やよい「そう…かもですね。」

やよい「あの、プロデューサー…」

P「ん?」

やよい「ちょっと寒くなってきました…」

P「そうか…なら>>46?」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:53:21.34 ID:q9AAT2990
そんなこともあろうかとホッカイロ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 01:58:32.18 ID:IUmUAw470
P「そんなこともあろうかとホッカイロ。」

やよい「わっ こんなにたくさん。」

やよい「あったかいですー…」

P「準備してきて正解だったな。」

やよい「あれ?プロデューサーのカイロは?」

P「俺は別にいいよ。」

やよい「体を冷やすと風邪ひいちゃいますよ。」

P「意外と俺丈夫だし。大丈夫だって」

やよい「駄目ですよ?ちゃんと暖かくしないと。」

P「そんなに言うなら…」

P「>>51

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:17:01.21 ID:/1Z3udHS0
一緒に毛布入るか?

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:29:02.59 ID:IUmUAw470
P「確か貰ったやつに毛布あったよな。」

やよい「はい。ありました。」

P「なら一緒に毛布に入ろう。それなら二人とも温まるだろ。」

やよい「えっ 一緒に…ですか?」

P「やよいは体温高いからな。くっつくと温かいんだよ。」

やよい「えっと…でも…」

P「あ…嫌だったか?」

やよい「全然嫌ではないですけど…ちょっと恥ずかしいかなーって…」

P「ふむ…もう毛布引っ張り出しちゃったんだけどなー。」

やよい「あれっ いつの間に…」

P「シュラフっぽいのもあったからついでに出してみた。」

やよい「みのむしみたいです…」

P「ほら。おいで。」

やよい「えっと…じゃあ失礼します…」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:38:02.68 ID:IUmUAw470
P「おお…やっぱり温かいなぁ」

やよい「わぷっ… 苦しいですプロデューサー…」

P「やよいを抱き枕にして星空を眺めるというのも乙なものだな。」

やよい「あの…プロデューサー?」

P「うん?」

やよい「今日、ここで寝るんですか?」

P「それも悪くないけど、家には帰らないとな。」

P「長介君達もやよいが帰ってこないと心配するだろうし。」

やよい「そうですね…」

P「まぁ、あと30分くらいこうしていてもいいだろ。」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:42:14.38 ID:IUmUAw470
P「うむ…」

P「いつになくやよいを身近に感じるな。」

P「まだプロデュース始めて数ヶ月なのか…」

P「長年連れ添ったみたいな感じがあるけどなぁ。」

P「…やよい?」

やよい「なんだか…眠くなってきちゃいました。」

P「そっか。もう二時まわってるんだったな。」

P「寝てもいいぞ。家まで送ってやるから。」

やよい「いえ…大丈夫です。」

P「そうか?」

やよい「…zzz」

P「やっぱ駄目じゃないか…」

P「ラーメンは今度、だな。」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:49:50.39 ID:IUmUAw470
P「さて、すっかり忘れてたけど、俺は星を見にきたんだったな。」

P「綺麗だな、やっぱり。」

P「お…流れ星だ。」

P(どうかやよいがアイドルとして…)

P(いや)

P(やよいが健康で楽しく、やっていけますように。)

P「頼んだぞ。」

P「やよい。」

やよい「……zzz」

P「今度はラーメンも食べような。」

やよい「ふぁい…」

P「うん。」

P「今日はここらで退散するとしようかな。」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 02:57:10.09 ID:IUmUAw470
P「さて。やよいものせたし、謎のお泊りグッズと望遠鏡ものせたし。」

P「帰るか。」

やよい「もう帰っちゃうんですかぁ…?」

P「半分寝ながらそういわれてもな。」

やよい「じゃあまたこんど一緒に…」

P「いいよ。どこに行きたい?」

やよい「…zzz」

P「…また絶妙なタイミングで寝たな。」

P「…次はコート買ってやるか。」

P「そんじゃ、これで今日の天体観測は終了、と。」

P「やよい、付き合ってくれてありがとうな。」

やよい「…zzz」

P「おやすみ。やよい。」


おわる

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 03:08:35.03 ID:89vYfyE/0
やよいはかわいいなぁ!



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360509280/



コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/6664-6d534dcb