ヘッドライン

泉「『Hello World』」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:48:20.54 ID:vuA/8BkD0
アイドルマスターシンデレラガールズの、大石泉のSSです
初SSになりますが、どうぞよろしくお願いします

注意事項
モバPは喋りませんが、行間で喋っている設定です
ガチャの時期は大分前ですが、そこは大目に見て下さい

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:49:29.78 ID:vuA/8BkD0
泉「…………あれ、Pはまだ仕事? 駄目だよ、あまり根詰めたら」



泉「たまには息抜きも必要だって。環境は大事だからさ」


泉「……うん、今日のレッスンは終わったよ。今は私一人」


泉「亜子もさくらも、今日は単独の仕事だったからね。それにひとりの時間も、キライじゃないよ」


泉「Pの手腕の賜物、でしょ? 少し寂しいけど、それだけ私たちも有名になってきたって事かな」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 23:50:14.07 ID:vuA/8BkD0
泉「ふふっ、じゃあ悪いって思ってるなら今日は送って行って欲しいな……とか」


泉「え、いいの? 冗談のつもりだったんだけど…………それに仕事は?」


泉「もう終わった? 相変わらず仕事が早いね…………」


泉「……そっか、次のライブ会場の設営案だったんだ。内容はまだ秘密? うん、分かった」


泉「じゃあ、お言葉に甘えようかな。お願いするね、P」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:50:54.81 ID:vuA/8BkD0
泉「こうしてPの車に乗るのも何回目だろうね」


泉「アイドルになったばかりの頃は、よく一緒に営業したっけ?」


泉「あの時は下積みになんて意味は無いって思ってたけど、今なら分かるよ。どれだけ大事だったかって」


泉「…………らしくないかな。ふふっ、確かに私らしくないよね」


泉「昔と比べて変わった? 亜子とさくらにもよく言われるよ。自分では…………あまり分からないけど」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:51:39.61 ID:vuA/8BkD0
泉「データだけじゃ計れない物があるって分かったから。アイドル、楽しいよ」


泉「硬さも、少しずつ…………ね」


泉「ダンスだって、昔に比べれば上達したよ。体力もついたし。でも、Pの合格ラインを越えるのが、まずは目標かな」


泉「その合格ラインを高くするだけだって? なら、それを越えるだけだから。…………覚えておいてね、P」


泉「…………え、寄る所がある? 珍しいね、寄り道なんて。私は大丈夫だよ」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:52:26.48 ID:vuA/8BkD0
泉「お母さんもお父さんも、Pの事は信頼してるから。もちろん、弟もね」


泉「私にとって、Pは課外授業の先生って感じかな。…………うん、信じてる」


泉「あ、ここで降りるんだ。じゃあ、しばらく歩くの?」


泉「私は構わないよ。ふふっ、もしかしたらPより体力はあるかもしれないし」


泉「昔より営業も行かなくなったし。体が鈍ってるかもね、Pは」


泉「Pもレッスンしてみる? 結構ハードだよ、ベテラントレーナーさん」


泉「考えておく? じゃあ楽しみにしてるね」


泉「…………よし、じゃあ歩こうか」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:53:38.01 ID:vuA/8BkD0

泉「寒くなって来たね、外も」


泉「胸元開けて寒くないかって? もう…………女の子にそういうの、言う事じゃないよ」


泉「さ、流石に学校では閉めてるよ! Pの前だけだよ、こんな恰好するの」


泉「あ、別に深い意味は無いから! …………多分」


泉「少しはオシャレくらいしないとって思うんだけど…………変?」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:54:37.80 ID:vuA/8BkD0

泉「あ、でも外で目立つのは良くないよね。もっと有名になれば、変装とかも必要かな」


泉「そこはPに任せてもいい? Pなら私の事、上手く着飾ってくれるから」


泉「…………ふふっ、お任せするね。楽しみだな、Pのセンスが見れそうで」


泉「ここ? この喫茶店って確か…………」


泉「やっぱり、私がデビューして間もない頃に一緒に来た…………」


泉「もう注文も予約してあるって…………本当に、相変わらず仕事が早いね、Pは」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:55:30.37 ID:vuA/8BkD0


泉「あ…………あの時、一緒に食べたチーズケーキ…………」


泉「覚えててくれたんだ。…………私も覚えてるよ、Pの事なら何でも、ね」


泉「…………誕生日。お祝いしてくれてありがとう、P」


泉「え、誕生日プレゼント? 何かの資料みたいだけど…………?」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 23:56:17.99 ID:vuA/8BkD0

泉「『ビット・パフォーマー』。サイバーステージで大石泉の単独ライブって…………え、私の単独ライブ!?」


泉「ほ、本当に? う、嘘でも夢でも無いよね、これ?」


泉「じゃあ、最近ダンスレッスンが多かったのも、Pが忙しそうにしてたのも…………」


泉「…………ふふっ。ありがとう、P。最高の誕生日プレゼントだよ。今度は…………四人でまた、ここに来よう」


泉「え、あ、あんまりこっち見ないで。今、顔見られたくないから…………」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/11(火) 00:04:46.37 ID:V7vKe2PL0
泉「…………うん。Pなら誕生日、祝ってくれるって思ってた。そこは計算通り」


泉「でも嬉しい気持ちは、計算外かな…………ありがとね、P」


泉「これからも私のコントロール、お願いするから」


泉「あぁ……『ありがと』って、もう何度も言ってるよね」


泉「それだけいつもPを頼ってたんだ…………うん、自覚させられたよ。ホント、今更だね」


泉「でも今の私があるのはPのおかげだって、再認識できたのはよかった。…………ちょっとくすぐったいけど」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 00:05:28.38 ID:V7vKe2PL0

泉「そうだ、このライブってサイバーステージなんだよね」


泉「CGを駆使した立体型のライブ…………私をイメージした舞台、か…………」


泉「大丈夫、力負けしないよ。CGや効果は作り物だけど、演じる私の気持ちは本物だから」


泉「それにPが用意してくれた私の為のステージ、絶対に成功させるよ」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 00:06:48.29 ID:V7vKe2PL0

泉「…………ねぇ、P。このライブの最初にさ、入れたい言葉があるんだけどいいかな?」


泉「……ありがとう、こういうステージならどうしても入れたい言葉があって」


泉「『楽しんでいってね?』…………ふふっ、違うよ。もっと単純で、もっと暖かい言葉」


泉「…………うん、そうだよ。私らしい、言葉かな」


泉「『Hello World!』」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 00:07:26.73 ID:V7vKe2PL0


以上で終了となります

いずみん誕生日おめでとう! これを機にもっといずみんPが増える事を祈って! 

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 00:32:27.88 ID:/TkYS4FoO

制服状態なのに谷間を見せ付けてくるいけない子

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/11(火) 06:37:40.91 ID:iq2TFAM4o
乙です
やっぱいずみん可愛いわ



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415630890/



[ 2014/11/11 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 大石泉
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/6376-030c8c8a