ヘッドライン

乃々「奈緒さんとプロデューサー…じ、事務所であんな///」


1 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:49:19.59 ID:p+fwTyac0
以前書いた 愛梨「プロデューサーさんと二人きり♪」の続き?みたいなものです。
前作読んでいなくても行けると思います。


2 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:51:22.85 ID:p+fwTyac0
輝子「フヒ…お、大人の関係ってやつ///」



乃々「二人して眠ってて奈緒さんの声で起きたなんて言えない///」



輝子「マイフレンズもビックリ…ヒャ、ヒャッハー…」


二人「……………」


二人「//////////」ボッ


乃々「しょ、輝子…ちゃん」


輝子「な、なに…?」


乃々「奈緒さん…と、途中で…プロデューサーの…その…アレのこと…い、言ってたの覚えてる?」


輝子「親友のアレ…?キノコ?」モワモワ


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


奈緒『プロデューサーの…んぁ!お、おっきくて…っふぁ///壊れちゃ///』ビクビク



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


二人「/////////」


輝子「親友のキノコ…おっきいって言ってた…ビッグマッシュルーム///」


乃々「そ、その…た、確かめて…みませんか?///」


輝子「……」


乃々「あ、あれから気になって夜も眠れない…とか……誰にも相談できなくて…その…同じとこにいた輝子…ちゃんはどうなの…って思って…い、いやなr」


輝子「きょ、興味…ある…フヒヒ///」


ちひろ「こらー、二人ともいつまでプロデューサーさんの机の下にいるんですか」ヒョコッ



二人「!?」ビックゥゥゥゥゥ!?


ちひろ「?」

3 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:52:38.55 ID:p+fwTyac0
乃々「は、話…聞こえてたり…しましたか?」ビクビク


ちひろ「いえ…なんかボソボソ言ってるって感じでしたけど…?」


輝子「フヒッ…なら問題ない……や、やるしかない…」


ちひろ「なんのことか知りませんけど今日はもうプロデューサーさん帰ってくるの夜遅くになるから二人とももう帰りなさいね」


乃々「な、なん…」


輝子「だと…フヒッ」


乃々「帰るしかないなんてむぅーりぃー」


輝子「あ、諦めるしかないみたいだね…フヒ…あ、明日ならチャンスあるかも…?」


ちひろ「?」


翌日


輝子「ヒャッハー!!!!この日がきたZEEEEEEEEEEE!!!!!」


乃々「プ、プロデューサーは営業回りに行ってそろそろ戻ってくる時間…なはず…」


輝子「マイフレンズのマイフレンズを拝めるなんて幸せだな乃々ォォォォ!!!!!!」


乃々「うるさいですよ?」


輝子「あ、はい」


乃々「だ、誰も事務所にいない…」


シーーーーーーーーーーーン


輝子「し、静か…だね……キノコの成長にもい、良いかも…」


ガチャ


モバP「ただいま戻りましたーってあれ誰もいないのか?電気付けっぱで…ってうぉ!?」ビクゥ


乃々「お、おかえりなさい…」


輝子「親友遅い…フヒヒ…」


モバP「お前ら…また俺の机の下に潜り込んでいたのか…」

4 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:53:40.05 ID:p+fwTyac0
乃々「居心地いい…から…」


輝子「適度な湿気…キノコにもボッチノコにも最適…」


モバP「はぁ…今から打ち込み作業あるから邪魔はするなよ」


乃々「わ、わかった」


輝子「ん…」


モバP「…っとニュージェネレーションは今後中心でいくとして凛が掛け持っているトライドプリムズは…」カタカタ


モバP「…で……に………」カタカタ


モバP「………………であるっと」カタカタ


乃々「トライドプリムズといえば…プロデューサー」


モバP「んー?」カタカタ


輝子「な、奈緒…お姉さんとナ、ナニかあった…?」


モバP「…………何のことだ?」ピタッ


輝子「な、ナニかあったんだね…フヒ」


乃々「ちひろさんに言わなくちゃ…」


モバP「待て、一体ナニがお望みだ…?」ダラダラ


乃々「わ、私たちもプロデューサーの…アレ……にその…む、むーりぃー////」


輝子「簡単な話キノコ見せて欲しい」


モバP「キノコならいつも一緒にいるじゃないか。輝子の手に」


乃々「ちひろさんに電話…」ピポパ


モバP「すいません勘弁してください」


輝子「じゃ…じゃぁ…フヒヒ…///」


モバP「わ、わかったよ…でも一瞬だからな。いつ誰が戻ってくるかわからないんだから」ジーッ ボロン


二人「お、おおぉ…///」


【机の下の出来事です】


乃々「これがお、男の人のおち…ん…///」


輝子「親友のキノコ…立派…///」


ガチャ

5 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:54:29.58 ID:p+fwTyac0
三人「「「!?」」」


奈緒「なんだプロデューサー戻ってたのか」


モバP「な、奈緒!?」


奈緒「な、なんだよ…別に驚くことじゃねぇだろ…?」


乃々「これ…な、奈緒さん舐めてたよね…///」


輝子「フヒ…///」コクン


乃々「わ、私もやってみる…///」ペロ


モバP「オォフ!?」ビク


奈緒「な、なんだ!?どうした!?」


モバP「おおおお風呂に入りたいなぁ~なーんて!」ノビー


奈緒「あ、あぁ。もう夕方だもんな。汗もかいてあたしもシャワー浴びたいかも…ってまた変なことする気じゃないだろうな!?」カクシ


モバP「す、するわけないだろ!?」


奈緒「ま、まぁでもどーしてもってなら誰もいないときに少しくらい…ってえ?」


モバP「事務所でエロいことなんかしちゃいけないんだぞ!そんなの社会のジョーシキだ!」キリッ


奈緒「」キョトン


輝子「親友のキノコ…フヒ///」ペロペロ


モバP「ッ!」ビク


奈緒「!?」ザザッ


乃々「はむっ///んぁっ…///れろっ…///」スリスリ

6 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:55:18.81 ID:p+fwTyac0
モバP「お、俺は…性欲なんぞに…負けない!!!」ドォォォォン


奈緒「プロデューサー…///」キュン


輝子「プロデューサー気持ちいいのかな?」ペロペロ


乃々「ふぉぅふぁんへろ?(どうなんでしょ?)」


モバP「…くぅぅぅぅ!」ビクン


ドピュルルルル


乃々「!?(あ、熱いのが口に/////)」ムグググ


乃々「っぷぁ////」


ドピュッドピュッ


輝子「フヒ…親友のキノコから出てきた///顔にかかった///」ネトー


奈緒「ど、どうしたんだ!?プロデューサー!!!」ダッ


モバP「来るな!!!!!」


奈緒「!?」ピタッ


モバP「俺は大丈夫だから…先に帰ってるんだ」プルプル


乃々「こ、こうゆうのって舐めとって綺麗にする…///」ハムッ


輝子「フヒ…変な気分になっちまったZE…..////」ペロペロ


モバP「なぁに…俺もじきに帰るさ…徹夜はしない」フゥ


奈緒「プロデューサー…わかった。無理するんじゃねぇぞ」


奈緒「……ま、また明日な///」ガチャ バタン


モバP「……おいお前ら今のは本気で危なかったぞ」

7 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:56:08.99 ID:p+fwTyac0
乃々「うぇ…に、苦い…」


輝子「ほんと?」ペロッ


輝子「い、意外とす、好き…かも///」ゴクン


モバP「きいてねぇな」


輝子「あ…乃々ちゃんの口についてる…」ペロッ


乃々「ちょ///きゅ、急にやめて欲しいんですけど…」ドキドキ


輝子「ん…おいしい…、まだ…あむっ」


乃々「んぁ…あっ…しょ、輝子ちゃ…///」


モバP「思わぬ展開」ムクムク


輝子「乃々ちゃんをお掃除しなきゃ…フヒ///」


乃々「プロデューサー…み、見てないで助けてくださいぃ…」


モバP「俺はそっちも理解あるから大丈夫だ」グッ


輝子「…乃々ちゃんの胸元にも親友の白いのかかってるよ」ペロペロ


乃々「や、やぁ…///」ビクビク


モバP「ほぅ…」ボッキーン


モバP「輝子、お前の内股にもついてるぞ」


輝子「ェ…?こ、これ…白くないし…親友はここまで飛ばしてなかった」


モバP「そうだな」


乃々「た、助かった…」グデー


モバP「それは輝子のお股から出てるんじゃないか?」

8 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:57:01.91 ID:p+fwTyac0
輝子「?」


乃々「な、奈緒さんとプロデューサーが繋がってたとこ…///」ボソッ


モバP「乃々はよくみてるなー。なんてエッチな子なんだ」


乃々「え、えっち///ち、違うんですけど///奈緒さんとプロデューサーがエッチなだけなんですけど///」


輝子「フヒ…お股が熱くてジンジンする…」スルッ


乃々「しょ、輝子ちゃん…なんで脱ぐの…?」


モバP「輝子、俺にどうして欲しい?」


輝子「…わ、わからない…わからないけど…///」モジモジ


輝子「さ、触って欲しい…ヒヒ///」


モバP「ご要望とあらば」ヌルッ


輝子「んっ!」ビクビク


モバP「内股にしたたってただけはあるな。びちょびちょじゃないか」ペロリ


乃々「ちょ…二人とも…む、むぅ~りぃ~////////」ダッ


輝子「あ、、、乃々ちゃん出てっちゃった…」


モバP「乃々にはまだ早かったかもな」ヌリュッ


輝子「フヒッ…んっ……し、親友…き、気持ち良い///」

9 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:58:04.55 ID:p+fwTyac0

モバP「まだ生えてすらいないじゃないか…可愛いやつめ」クリクリ


輝子「な、奈緒さんは生えてる…ッ!?」ビクン


モバP「今は輝子しか見てないんだ…んっ」チュゥ


輝子「はぁっ…んぁっ…んっ…ちゅ…ッんっ///」


モバP「そろそろいいかな…」


輝子「き、キノコ…///」


モバP「確かにきのこみたいだが…」ググッ


輝子「ふぎぎっ…」


モバP「さすがにキツイな…」


輝子「ハーーッ、ハーーッ、ハーーッ…い、痛気持ちいいぃ…!」


モバP「なん…だと…」


輝子「も、もっと…!親友…!インフェルノしていいんだぜ…ぇ!」ビクビク


モバP「なるほど!わかった!」ズンッ!!!!!!!!!!


輝子「き、きたぁぁぁぁぁぁっ/////////」ビクビクビクビク


モバP「輝子…!輝子ぉ…!」ヌリュッヌリュッジュブッ

10 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 17:58:49.59 ID:p+fwTyac0
輝子「ぁぁぁっ////い、いいぃぃぃぃ/////親友のキノコは最高だぜぇぇぇぇ//////」


モバP「興奮しすぎて照れ隠しで叫んでる輝子可愛い!!!!」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「ふぇ!?」


モバP「長い髪を振り回そうとするけど疲れで結局できなくて俺からの熱視線を外そうと頑張ってる輝子可愛い!!!」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「だ、だめ////し、親友///ちが…///んんんんんっ///////」ビクンビクン


モバP「乃々が出ていって実は内心ホッとしてる輝子可愛い!!!!」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「そ、そんなこと…な…ッ!んんぁぁぁ!/////な、い…////」


モバP「ほんとか?」ピタッ


輝子「はぁっ…はぁっ…ほぇ…////?なんで動くの止めちゃ…///」


モバP「輝子の本音はどうなんだ?」


輝子「うぅ…///」


モバP「言わないとずっとこのままだぞ」


輝子「し、親友とのハジメテは二人がいい…////」ボソッ


モバP「なんだって?」


輝子「し、親友と二人で…し、シたかった…/////」プシュゥゥゥゥゥ


モバP「よしよし、ちゃんと言えたな」ナデナデ


輝子「親友…イジワル…」


モバP「じゃぁご褒美だ…っと!」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「んひぃぃぃぃぃぃ////////」ビクビクビクビク プシャァァ


モバP「なんだ…動き始めた途端イったのか」


輝子「ふぁ…///親友のキノコ…しゅ、しゅごいぃぃぃ////」ビクン ビクン

11 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 18:00:17.67 ID:p+fwTyac0

モバP「まだ俺がイってないからな。もう少しだけ動くぞ」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「フ、フヒヒヒイヒヒヒッッヒ……!?!?!?!?!?」


輝子「ま、まってしんy…ーーーーーッ///////////」プシャァァ


モバP「輝子はとってもとってもエッチなんだなー」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「ハーーッ/////ハーーッ////きゅ、休憩させ…んぁぁぁっ////」


モバP「そろそろ俺もイキそ…!」ヌリュッヌリュッジュブッ


輝子「だ、だめ…!ま、また私もで、でりゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ////////」プシャァァァァァァ


モバP「ーーーーぐぅっ!!!」ドピュッドピュッ


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーー


奈緒「ばっ!!だから事務所じゃダメだって何度も言ってんdむぐぅ!?」


モバP「いやがっても抵抗してこない奈緒マジ可愛い」チュッ レロッ


ー机の下ー


乃々「ま、またやってる…なんで///」


輝子「フヒ…つ、次は私…///」ボソッ


乃々「…?輝子ちゃん何か言った?」


輝子「な、何でも無い…///」


乃々「?」


輝子「乃々ちゃんも一緒に…ね」ニヤ


乃々「…っ!」ビクッ クルッ


輝子「?ど、どうした…の?」


乃々「何か嫌なものを感じたんですけど…き、気のせい…?」


輝子「フヒ…よくある……よくある」ニヤ


ーーー

12 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 18:01:08.10 ID:p+fwTyac0
奈緒「あっ///モバPさんっ///そこ///いい///」


モバP(輝子とは勢いでしてしまったが…やっぱ俺には奈緒しかいないな)


モバP(まさか今日も乃々たちが机の下にいるなんてこと…)チラッ


輝子「…!」ニヤァ


乃々「!?」アセアセ


モバP「なん…だと…」ピタッ


奈緒「はぁっ…はぁっ…モバPさん…?///」


モバP「俺はプロデューサー失格なのかもしれない」


奈緒「は?あたしに手を出した時点で失格じゃねぇか」


モバP「」


奈緒「ばっ!!じょ、冗談だって!!!あの時誓っただろ!!…その…あれをよ///」


モバP「奈緒……奈緒ォォォォォ!!!!!」ガバァッ


奈緒「キャァッ!ぁん!そんながっつくのはダメ…!んんんんなああああ//////」


その後輝子と乃々と俺の行為があったかどうかはご想像におまかせします。


終わり

13 : ◆IM0fCt6Ojk 2014/05/12(月) 18:04:53.31 ID:p+fwTyac0
以前のスレで乃々と輝子が机の下にいたっていうオチが欲しかったみたいなこと書かれたので書いてみました。
まぁしちゃったんですけどね(すっとぼけ

つたない文章で申し訳ない。読んでくれた方ありがとうございました。

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/12(月) 18:06:28.47 ID:wQGz1nRf0
裏山けしからんな




元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399884549/



コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/4076-edff534f