このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

塩見周子「抱きしめてほしくなる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1710908584/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:23:05.53 ID:2zoH+TIh0

(その夜はひどいどしゃ降りで)

(テレビ局の楽屋でも雨音が聞こえてくるほどだった)

ザーー…

塩見周子「……すっごいなー」

周子「傘あったっけ。役に立たんか」カチャカチャ

周子「んー、ま、片付けこんなもんかな」

周子「よし」パタン

ガチャ

周子「おまたせー」バタン

デレP(以下P)「うん、お疲れさま」

周子「いやほんと、何時まで働かせるんって感じ」

P「すまん、いける時間ギリギリまで入れたから」

周子「ま、もちろんお仕事ですからねー。きちんとやるけど」


2 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:25:40.56 ID:2zoH+TIh0

コツ コツ 

周子「あとなんかある?」

P「これで終わり。明日は休みだから、ゆっくりしてくれ」

周子「Pさんのこと」

P「ああ、俺もあがり。明日は久しぶりに全休だな」

周子「お、Pさんも」

P「いくらなんでも、休みくらいはあるよ」

周子「そっかぁ」

P「まぁ、ほとんど寝てるだろうけど」

周子「あはは、わかるわ」

周子「じゃあ、この後は?」

P「今日? ……まぁ夕飯、いや夜食だな。食べて帰るだけ」

周子「ほーうほう」

P「いくか?」

周子「んー、そうねーっ……」ノビー

3 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:26:48.00 ID:2zoH+TIh0

周子「お寿司なのかステーキなのかは気になるところですなぁ」

P「たかる気満々かい。グレード低けりゃそれでもいいんだけどさ……」

周子「お、マジ、いいの?」

P「ラーメンの方が優しいけどな」

周子「この時間のラーメン、罪だね」

P「たまらんな」

P「さて、あと問題は」コツ コツ

ウィーーン ビュォッ

周子「おわ、風つよ」

ザーーーーー

P「これはー……」

周子「うーん。ダメそうやねー」

P「傘さしても、ってくらいだな」

周子「ゲリラ豪雨なら、ちょっと待つっていう手もある?」

P「そうだな…… ちょっと調べるか」

4 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:27:36.85 ID:2zoH+TIh0

P「うわ」

周子「どしたの」

P「落雷で電車が止まったって」

周子「あーあ、あかんやん」

P「……雨雲レーダーだと、あと15分くらいであがりそう」

周子「なら、それからご飯食べて駅行って」

P「終電までに動くかな」

周子「あー……」

P「とりあえずタクシー呼ぶつもりなんだが…… 配車も待ちそうだ」

周子「まぁ、みんな考えることは同じよね」

5 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:28:21.09 ID:2zoH+TIh0

周子「ん、てことは、アタシら帰れない?」

P「いや、バスとか地下鉄あるし」

周子「東京の交通は強いねぇ」

P「だなぁ…… あ、バスは遅れてるって」

周子「なんで」

P「道路冠水。ほら、渋谷って谷だから」

周子「凛ちゃんは谷やった」

P「渋谷さんは谷じゃない」

6 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:28:52.04 ID:2zoH+TIh0

P「仕方ない、雨が弱くなったら、ひとまず駅まで歩こう」

周子「えー。大事なアイドル歩かせるんー?」

P「原宿駅までだから」

周子「え、そっち?」

P「そっちの方が近い。地下鉄も通ってるし、帰れないってことは無いだろう。道で拾えればタクシーも乗れる」

周子「あーあ、帰るころには翌日になってそうねぇ」

P「まぁ、明日はゆっくり……あ、すまん、朝から予定あったか?」

周子「なんもー。何時に帰ってもええよ」

ザーーーーー

周子「帰れるなら」

P「んー……」

7 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:29:26.92 ID:2zoH+TIh0

P「今はもう待つより他ないか。何食べる?」

周子「ラーメン拉麺らーめん」

P「……助かるよ。そっちのソファで待とう。外も見えるし」

周子「ん」

バフッ

周子「Pさん明日はどうすんの」

P「えー。起きて飯食って、洗濯して飯食って寝る」

周子「有意義やなぁ」

P「そうだろう」

周子「皮肉も通じひんのかーい」

P「そういう周子は?」

周子「そーねー。夕方まで寝てからー」

P「有意義過ぎる」

周子「んふふふ」

8 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:30:10.76 ID:2zoH+TIh0

---

周子「――え?。じゃあ、Pさんも割とやんちゃだったんやねぇ」

P「別に法に触れたことはないって……」

周子「そんで、普通に大学出て普通に就職した?」

P「まぁ、そうなるな」

周子「ふぅん」

P「なんだよ」

周子「ううん」

9 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:30:42.62 ID:2zoH+TIh0

P「ん……やっと弱まってきたかな」

周子「お。これくらいなら行けそうね」

P「じゃあ、行くか」

周子「……」

P「……周子?」

周子「ねぇ」

周子「Pさんは明日、お休みって言ったよね」

P「ん?」

P「……言ってない」

周子「うわっ、この人さらりと嘘つきよる」

10 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:31:22.15 ID:2zoH+TIh0

周子「つまり、あたしが何言いたいかわかったってことよね?」

P「わかってない、知らない、さっさと飯いくぞ」

ウイーーン コツコツ…

P「もう小降りだな」

周子「ご飯は行くけど。その後でさ」

P「まっすぐ帰る」

周子「そんなこと言わずに」

P「……言わずに、何したいって」

周子「やっぱりわかってるんじゃーん」

P「……」

周子「んふふ、それでね。シューコちゃんと夜遊びしない?」

P「言い方がアウトだからしない」

周子「大丈夫、言い方だけだから」

P「だからってセーフにはならない話だろう」

周子「ん?大丈夫じゃない? 18は超えてるわけだし、固いこと言わんで」

P「言う案件だよ」

周子「あっ、知ってる、これPさんが根負けするパターン」

P「プロデュース業の根性なめんな」

周子「ほんなら、アイドルの根性見したる」

P「出会った時の周子に聞かせたい言葉だ」

周子「いけずー」

11 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:31:59.85 ID:2zoH+TIh0

周子「別にヘンなコトしようってわけじゃないんよ?」

周子「ダーツしたり、カラオケ行ったりしてさ、一晩遊ぼうよー。一夜を共にしちゃおうよー」

P「だから……」

周子「あたし、そういう夜遊びしたことないからさ」

周子「大学生みたいな遊び方」

P「去年まで高校生だったんだから、そりゃあ」

周子「ならそろそろ、遊び方を知るべきやと思わん?」

P「徹夜で遊ぶと、休日潰れるぞ」

周子「まぁ、遊んだ分は確実にね」

周子「でも、潰す価値があるっていうか」

周子「休日のお昼にできたとしても、仕事終わりの夜にやるからこそ意味があると言いますか」

P「……だろうな」

周子「Pさんが一緒の方が助かるんだけどなぁ」

周子「着いてきてくれないなら、一人で行くしかないね」

P「それ脅迫だからな」

12 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:32:29.62 ID:2zoH+TIh0

P「……はぁ」

P「よし分かった」

周子「お?」

P「始発まで付き合ってやる」

周子「お、お、なんだかんだ言って、ちゃんと付き合ってくれるんだからーもー」バシバシ

P「いたい。茶化すならなし」

周子「わわ、ごめんてー」

---

周子「中盛り」

P「大盛り、ライス」

周子「うわ、えぐぅ」

P「スープを味わってこそラーメンだと思うわけだよ」

周子「ふむ…… ……あたしも」

P「マストレさん5回」

周子「やめときまーす」

P「共犯のよしみだ、俺のライスでよければ分けてやろう」

周子「わーい」

13 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:33:01.15 ID:2zoH+TIh0

ズーー ズルズル

周子「そんでさ、なにする?」

P「ん?」

周子「このあとー」

周子「徹夜の定番はカラオケって気がするけど」

P「……定番だけど、アイドルとサシは勘弁してくれ」

周子「えー。Pさんの歌声も気になるけどなぁ」

P「そんな面白いもんでもない」

周子「映画、レイトショーは?」

P「絶対寝るだろ」

周子「間違いないわ。時間潰しなら漫喫とか?」

P「それもちょっとな……」

周子「んー……  あっ、ねぇどっか夜景見えるところとかない?」

P「夜景?」

周子「ちょっとロマンティックにさ。なかなか見る機会ないでしょ?」

P「夜景ね…… あー、この時間ならまだやってるか」

周子「お?」

P「まぁ、朝まで時間潰すんだ」

P「遊べるところ、回ってみるか」

14 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:33:34.67 ID:2zoH+TIh0

---

チン ウィーーン

周子「おー……」

P「さすがにあまり人がいないな」

周子「何ここ。シアター?」

P「そっちはもう終わってる。ここのロビーが穴場で」

コツコツ…

周子「わ」

P「ちょっとした夜景が見下ろせるんだ」

周子「おー……」

周子「え、ここ無料なん」

P「いいだろう。基本的に用がないと来ないからな」

15 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:34:17.62 ID:2zoH+TIh0

周子「あっちのビルは展望台ないん?」

P「オフィスビルは無理だな。展望台のあるところ、46階のが渋谷にはあるんだけど」

周子「えー、そっちいこうよ」

P「もうやってないんだなー」

周子「んー」

P「あと、2,500円」

周子「うっそ……ペア料金?」

P「おひとり様」

周子「……ま、ここでええわ」

P「助かるよ」

16 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:34:48.04 ID:2zoH+TIh0

周子「はい、それじゃぁ」

ぽん

P「ん、スマホ?」

周子「この辺かなー。よろしゅー」

P「カメラね。OK」

カシャッ カシャッ

P「適当に撮っても」

カシャッ カシャッ

P「絵になるな」

周子「ま、本職ですので」

P「はは、言うようになったな」

周子「じゃあ本職に訊くけど、SNSアップは?」

P「俺が窓に反射してなければ」

周子「はーい」

カシャッ カシャッ

17 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:35:24.16 ID:2zoH+TIh0

P「こんなもんか」

周子「うん、いいね?」

周子「ほいっ、それじゃあPさん、屈んで?」

P「うん? え、おい」

周子「いぇーい」

カシャッ

周子「ピースくらいしてよー」

P「せんよ。なぁ、その写真は」

周子「わかってるって。SNSに出したらりあむちゃん」

P「いくら何でも代名詞にするのは可哀想だろう」

18 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:37:13.45 ID:2zoH+TIh0

P「さて、リクエストには応えたものの、0時で閉まるんだよな結局」

周子「あー」

P「妙案はあるかい」

周子「ん?…… そだ、ダーツ行こうよ。ダーツ」

P「あぁ、それいいな」

周子「よーし、それじゃぁお店は?」

P「バーはダメだぞ」

周子「……なるほど、それは成人したら行こうってことやね」

P「うわ、しまった」

周子「ふふーん。今日はそんな背伸びしませーん」ゴソゴソ

周子「こいつが火を吹くぜ」

カシャカシャ

P「マイ、矢?」

周子「周子ちゃんカスタム~。バレルを軽めにね」

19 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:37:56.33 ID:2zoH+TIh0

――アミューズメント施設

P「3時間くらいでいいか」

周子「うぃー。へ?、深夜料金か」

P「週末料金も追加だ」

周子「朝までここで遊ぶのは?」

P「……その体力が残っている気がしない」

周子「まぁ、そうね」

P「終わったら終わったとき考えよう」

周子「ほいほい。あ、自分の分は出すよ。おかげさまで、貰うものは貰ってますし」

P「どっちでもいいけど、そうだな。じゃあ自分の分は自分で」

周子「ていうかあたしが誘ったんだから、全部出しても」

P「さすがにそれはいかん。なんかこう、変な気分になる」

周子「え?? なんかちょっと、やらしくない?」

P「そういう意味じゃない」

20 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:38:34.98 ID:2zoH+TIh0

P「ルールはとりあえずカウントダウンかな」

周子「よーし」

ピコン ピコン ピピッ

P「あ、やばい普通に上手い……」

周子「まずはどれだけ減らせるかだもんね」

P「よーしいいだろう」グイッ

周子「おっ……」

周子(……ネクタイ外すの、なんかエロいな……)

ピコン ピコン ピッ

P「よーし、まぐれブル」

周子「やるやん、と…… あっ」

カチン

P「お、外した」

周子「……外したんはそっちやちゅうに」

P「え?」

周子「知らなーい」

ピコン

21 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:39:05.63 ID:2zoH+TIh0

P「結局全敗かー……」

周子「あはは、まぁさすがにね」

周子「そういやここって他のもできるん?」

P「ああ、時間パックだからいろいろできるぞ」

周子「じゃあPさんはどれがいい?」

P「んー、そうだな」キョロキョロ

P「あれとか」

周子「お、ビリヤードできるの」

P「別に上手いわけじゃないよ。ダーツよりはマシだろうってだけ」

周子「いい勝負できるかもね」

ゴト コンコン コン

P「9ボール、ルールは分かるよな」

周子「何となくは」

22 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:39:46.38 ID:2zoH+TIh0

P「それじゃ、こっちからで」

ガッ カーーン

周子「おー、力強い。えーと、1は……」

P「これだな」

周子「あー……入る気はしなけど、さて……」グイ

P(……あ)

カッ カン コン   ゴトッ

周子「あはは、違うの落ちたわ」

P「あ、おう」

周子「ん?」

P「いや……1ゲームだけでいいよな」

周子「はぁ。いいけど、どして」

P「いや、別に」

周子「じーー」

P「……」

23 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:40:19.84 ID:2zoH+TIh0

周子「こういう時は凝視するとええって聞いた」

P「……あー ……あまり前屈みになるな」

周子「?」チラ

周子「……おっと」

周子「ふーん、そういうこと……」

P「この選択は俺が悪かった」

周子「やーん、Pさんったら、やらしーんだ」

P「そんなに胸元緩い服だとは……いや」

周子「くっくく、墓穴掘ってはるわ。めずらしー」

P「……」

カッ コン

周子「んー、ほんなら」

ゴトン

周子「見物料は、次の場所を奢りで」

24 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:40:51.53 ID:2zoH+TIh0

――喫茶店

周子「うひー、投げまくったー」

ドサッ

周子「あっつ」

P「あまり変装を解くなよ」

周子「お、なんかスパイものみたいじゃない?」

P「どうだろう……」

周子「しかし、こんな深夜でもやってる喫茶店あるんやねぇ」

P「日本でも有数の繁華街だからな」

周子「そりゃあるか。んー、薄暗くていい雰囲気…… おぉ、メニューにお酒ある」

P「夜だけ販売とかだったかな」

周子「ほー。こんなところ知ってるなんて、やっぱり遊び人やったん?」

P「ゆっくりしたいって言ったのそっちだったよなぁ。さっき探しただけ」

周子「あはは……ふぁ……」

25 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:41:23.97 ID:2zoH+TIh0

周子「……さすがに眠気きはじめたわ」

P「始発までは……あと2時間くらいか」

周子「そろそろ徹夜を後悔する時間だよね」

P「だな」

周子「眠気覚ましは何がええ?」

P「俺はコーヒー……のリキュール」

周子「うわっ、飲む気なん」

P「オフに何飲んだっていいだろ」

周子「それはそうだけど…… コーヒーかぁ」

P「カフェラテにでもしておいたら」

周子「目ぇ覚める?」

P「まぁ、ある程度は。……じゃあカプチーノとか」

周子「お?」

P「エスプレッソにクリーム入れたやつ」

周子「あー。それ行ってみよ」

26 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:42:07.19 ID:2zoH+TIh0

カチャ

P「ふー」

周子「……うん、飲める」

P「それは良かった」

周子「ねぇ、大学生ってこんな感じなのかな」

P「あー……こんなに頑張ってまで遊びはしないだろうけど」

P「遊んでも、本分を全うしないなら留年だな」

周子「あはは、そらそうや」

P「……ん、悪くない」ゴク

周子「Pさーん、いつかあれ行ってみたい」

P「うん?」

周子「なんだっけ、ほら水タバコ吸うとこ」

P「シーシャってやつか。……んふっ」

周子「え、なに」

P「似合いすぎだろって」

周子「でしょー? 我ながらそう思うもん」

27 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:42:37.68 ID:2zoH+TIh0

P「あとは誰が似合うと思う?」

周子「楓さんとか瑞樹さんとか」

P「黙って吸ってくれれば、かな。……数年後の話だけど、俺としてはライラさん」

周子「えー、それは反則やわ」

P「『ミントアイスフレーバーが美味しいのでございますねー』」

周子「あはははは、そんなんあるん?」

P「知らんよ。行ったことないし」

周子「あはは、じゃあ一緒に行こうよ。いける年になったら」

P「まぁ、いいんじゃないか」

周子「……」ズ…

カチャ

周子「Pさんはそればっかりだね」

P「え?」

28 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:43:08.17 ID:2zoH+TIh0

周子「あたしが提案して、それをダメか、いいんじゃないって言うだけ」

P「そうか?」

周子「ま、平気で嘘つきはるもんなぁ」

P「人聞き悪いなぁ」

周子「カラオケとか漫喫は選ばなかった」

P「……」

周子「あたしがバレるような、人が大勢集まるところ……クラブにもしていない」

周子「バーは、まぁ、もうちょっと待つけども」

P「……悪いな。行けるところは、もともと限られていたんだよ」

周子「そうかもしれへん」

周子「でも」

周子「二人きりになる場所も選ばなかった」

P「……」

ポツ ポツ ザザ…

29 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:43:40.66 ID:2zoH+TIh0

周子「これは絶対わざとやろ」

P「……」ゴク カチャ

P「そうだな」

周子「あたしは……こどもなん?」

P「大人でもない」

周子「……いけずやわー、本当に」グデー

P「意地悪で言ってんじゃない」

周子「わぁってるけどー、そうだとしてもー」

周子「……守る対象なんでしょ」

P「仕事上、そりゃ」

周子「それだけ?」

P「……」

周子「今日付き合ってくれたのは、気まぐれ?」

P「それは周子が手段を選ばなかったからだろ」

周子「あたしは」

周子「気まぐれじゃない」

ザザ ザ

30 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:44:13.72 ID:2zoH+TIh0

周子「あーあ、やっぱり歌えるとこが良かった」

P「うん?」

周子「カラオケでもー、なんだっけパブ? スナック? みたいな」

P「無茶言うなって」

周子「歌いたい」

周子「あたしの歌」

周子「そうすれば」

周子「もっと伝えられるのに」

ザァーーー…

31 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:44:48.22 ID:2zoH+TIh0

周子「『真夜中に合図して』」

周子「『飛び回る蝶のように』」

周子「……飛び出したら、追いかけてきてくれる?」

P「……」

周子「そして冷えないように、どこか暖かいところに連れ込んでー」

P「そこまで計算してたら追いかけない」

周子「じゃあ今のなしで」

P「……」

周子「『ギュッて、抱きしめて欲しくなる』……」

P「……」

32 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:45:19.17 ID:2zoH+TIh0

P「抱きしめたりとか、例えばキスしたりとか」

P「そういうのは付き合っている人とやればいい」

周子「それアイドルにゆうー?」

P「俺はそういうのはしないけど」

P「追いかけて捕まえるなら」

P「いつだろうと、どこだろうと探すよ」

P「塩見周子を」

周子「……」

周子「あー、あたしって単純」ケラケラ

周子「こんなめんどいこと言うといてよ」

周子「そんなかんたんな言葉ひとつでさ……」

周子「……やっぱし嬉しんやもんね」

33 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:45:51.85 ID:2zoH+TIh0

――5時

周子「……始発ってまぁだぁー?」

P「まだぁ…… 30分くらいなら駅で待つのもあり」

周子「ん…… タクシー動いてるっしょー……」

P「ここまできてそれかい」

周子「あの、あれ、駅までだけ」

P「徒歩2分なら自分の足で歩けシンデレラ」

周子「……歩くー」

P「じゃあ、まあ、行くか」

34 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:46:29.08 ID:2zoH+TIh0

ピッ ピピ

P「カードで」

ピー

周子「お、晴れとる」フラー

カラン

P「レシートを。……どうも」

カラン パタン

P「ふー」

P「周子」

P「……周子?」

P「え……」

35 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:47:06.46 ID:2zoH+TIh0

P「周子!」タタッ

周子「ほい」

P「えっ」

周子「……」

P「……」

周子「すぐそこにおったけど」

P「……いや」

P「ちょっと陰になって見えなくて」

周子「んー、んふふ」

P「……」

36 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:47:40.84 ID:2zoH+TIh0

周子「逃げたりしいひんよ」

周子「それとも」

周子「蝶みたいに見えた?」

P「それは…… ……あるかも」

周子「捕まえようとしてくれた」

周子「でも抱きしめてはくれない」

周子「それがPさんの愛なんだね」

P「愛って……」

周子「愛じゃなかったら?」

P「……責任、とか」

周子「そ。そこが逃げ場かぁ」

P「……随分と、自信があるようで」

周子「これでも器用に生きている方なんよ」

37 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:48:15.40 ID:2zoH+TIh0

周子「もしあたしがアイドルじゃなかったら――」

周子「今日で何か変わっていたと思う?」

P「何かって?」

周子「Pさんとあたしの関係」

P「……」

P「そもそも会ってないんじゃないか」

周子「そうか、それもあるか」

周子「じゃあ会っていたとして」

P「たらればを重ねたらなんでもありになっていくぞ」

周子「つまり、変わっていた可能性もあると」

P「……あるんじゃないか」

38 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:48:46.95 ID:2zoH+TIh0

周子「抱きしめてって言ったら、抱きしめてくれる可能性かぁ」

P「ただ……周子とは、こういう形でしか出会えていないし」

P「こうでしか出会えなかったかもしれない」

周子「じゃあ、この状況を受け入れるしかないって?」

P「今はそうかもしれない。でも……」

周子「……でも?」

P「……」

周子「……」

P「この出会い方だったとしても」

P「いくらでも変わっていくだろ」

周子「……」

P「周子の人生が変わったように」

周子「ん……」

周子「そやね」

39 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:49:19.15 ID:2zoH+TIh0

――駅改札

周子「あーあ、徹夜して引き出せたの、こんくらいかぁ」

周子「もーちょっと素直になってもバチ当たらんよ」

P「すま…… 謝るのは違うな」

周子「んふふ……」

周子「今日はPさんのつよーい責任感に免じて、無事に帰してもらうか」

P「無事に帰ってくれ」

周子「それとも、これから……」

P「もう寝ろ」

周子「くく…… 担当アイドルにこんなんもって、大変やね」

P「自覚してるからたち悪い」

周子「ね」

P「その口塞ぐぞ」

周子「どうぞー?」ンーー

40 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:49:51.40 ID:2zoH+TIh0

P「……」

周子「んー、これは奏ちゃんの特権かな?」

P「スルーされるところまで含めてな」

周子「あははは」

ピ ガシャッ

周子「――ねぇ。いつか答えてくれるなら」

周子「そしたらその時は」

周子「抱きしめて、ええよ」

コツ コツ コツ…

(その蝶はすぐに雑踏に紛れた)

(去り際の笑顔は)

(白昼夢を夜にみた気分にして)

P「……眩し」

(そんな、どしゃ降りの雨があがった朝)





おわり




41 : ◆WO7BVrJPw2 2024/03/20(水) 13:51:21.80 ID:2zoH+TIh0

お読み頂きありがとうございました。
周子ソロ2曲目をテーマに書きました。
https://www.youtube.com/watch?v=6nmRVM2loNY

年明けくらいには書き終っていたんだけど、ドミナント周子が来たので投下です。おめでとう。
周子と夜遊びをしたいだけの人生だった……

過去の周子SS、よければこちらもどうぞ。
塩見周子「どっちがいーい?」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 塩見周子「抱きしめてほしくなる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1710908584/


[ 2024/03/24 12:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
14622: 2024/03/24(日) 17:18
ベネ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/34660-0f9fb3b0