このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

佐久間まゆ「凛ちゃんと仲良くなる方法を教えてほしい…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1707042491/

1 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:28:12.01 ID:pR3AmcZ+0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
全員ぽんこつです



---ある日、事務所にて



ガチャッ

まゆ「おはようございます」

未央「見つけたぞ! 対象確保ーっ!」

卯月「か、かくほーっ!」

まゆ「えっ? えっ? な、なんですかぁ!?」

未央「いけしまむー! まゆゆを捕えるのだ!」

卯月「はいっ!」

まゆ「ちょ、ちょ、ちょっと、卯月ちゃん!」

卯月「まゆちゃん確保ーっ!」ギュー!

未央「でかしたしまむー! 容疑者確保!」

まゆ「え、ちょっと、話が全く見えませんよぉ…?」

2 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:32:55.70 ID:pR3AmcZ+0
卯月「」ムギュー

まゆ「えーと、何でまゆは卯月ちゃんに抱きつかれているのでしょう…?」

未央「佐久間まゆくん、我々はきみに大事な用があるのだよ」

卯月「」ムギュギュー

まゆ「用……? えと、どういった御用で……」

卯月「」ムギュギュギュギュー

未央「さ、しまむー。ほら言って言って!」

卯月「もごもごもごご!」ムギュー!

まゆ「全然わからないんですが……」

未央「しまむー、一旦離れよ?」

卯月「あぁっ、すみません!」パッ



未央「おほん、まゆゆに聞きたいことがあってね」

まゆ「私に?」

卯月「えっと、私達に、凛ちゃんと仲良くなる方法を教えてください!」



まゆ「…はい?」

3 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:34:18.34 ID:pR3AmcZ+0
まゆ「りんちゃんって、あの渋谷凛ちゃんですか?」

卯月「その渋谷凛ちゃんです!」

まゆ「クールで、趣味嗜好が真っ蒼で、最近はハナコちゃんに着せる服も蒼くなってきて、文字通りハナコちゃんに青い顔をさせたというあの凛ちゃんですか?」

卯月「クールで、真っ蒼で、ハナコちゃんに青い顔をさせたあの凛ちゃんです!」

卯月「って、えぇっ!? 凛ちゃんそんなことしてたんですか!?」

まゆ「冗談ですよぉ」

卯月「なんだ、よかった……」

未央「ハナコの次は私らだろうからね。まだ猶予があってよかったよ」



まゆ「しかしまた何でまゆに?」

まゆ「凛ちゃんはお友達に優劣をつける子ではないですが、お二人共凛ちゃんとは特に仲が良いじゃないですか」

卯月「いえ、まゆちゃんには勝てません」

未央「まゆゆ、しぶりんと一番仲良いもん」

まゆ「えぇ……絶対ありえませんよぉ」

4 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:35:06.40 ID:pR3AmcZ+0
まゆ「というか、凛ちゃんとまゆ、あんまり仲良くないですよ。喧嘩ばっかりしますし」

卯月「そう、それです!」

まゆ「?」

卯月「私、凛ちゃんと喧嘩したことないんです!」

まゆ「は、はぁ……それはいいことなのでは?」

卯月「そ、そうなんですけど、でもそうじゃないんです」

未央「喧嘩するほど仲がいい、って言うじゃん?」

卯月「もちろん、私達は凛ちゃんととっても仲良しだと思ってます」

未央「でもしぶりんってさ、私達の前だとなんというか、カッコつけたがるんだよね」

卯月「もっと、いつもまゆちゃんと喋っているときみたいに、くだけて接してほしいんです!」



卯月「この前だって…」ホワンホワンホワン

5 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:36:11.59 ID:pR3AmcZ+0
---前の週、事務所にて



凛「ちょっとまゆ」

まゆ「はい、なんですかぁ凛ちゃん」

凛「なんですかぁ? じゃないよ。冷蔵庫に隠してた私のとっておきのチョコレート、ふたつも無くなってるんだけど」

まゆ「知らないですよぉ。まゆ食べてないですし」

凛「しらを切るつもり?」

まゆ「ほんとに知らないもん。自分で食べたのを忘れちゃったんじゃないですかぁ?」

凛「ウソだね。知ってるんだよ、まゆが乃々と一緒にこっそり食べたこと」

まゆ「はっ、何を言うかと思えば! 妄言もほどほどにしてほしいですよぉ。どこにそんな証拠があるっていうんですか」

凛「ふん、これを聞いてもそんなことが言える?」スマホポチッ

まゆ「? スマホの録音?」



凛『乃々』

乃々『ひい! り、りんさん……こんにちはですけど……』



まゆ「こ、これは……!」

6 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:37:20.73 ID:pR3AmcZ+0
凛『乃々、美味しかった? 私のチョコレート』

乃々『へぇっ!? あ、あの、もりくぼ、りんさんのだいじなチョコレートを食べるだなんて……そんなことしてないんですけど……』

凛『乃々、正直に言えば怒ったりしないから言ってごらん。誰にそそのかされたの?』

乃々『あ、あの、だから、食べてないです……けど……』

凛『乃々、私さみしいな。乃々が私に嘘つくなんて。言ってくれればチョコなんて分けてあげるのに』

乃々『ひ、ひぃ……』

凛『さ、素直に話した方が楽になるよ? お話してから一緒にチョコ食べよ?』

凛『ね。さあ。誰なの? ねえ、乃々。乃々。乃々」

乃々『ひぃぃぃ……! 鬼舞辻無惨みたいに名前を連呼するのやめてほしいんですけど……! ごめんなさいぃぃぃ……まゆさんですぅぅぅ……』

凛『やっぱりまゆか、ありがと乃々。乃々がバラしたことはまゆには内緒にしておくからね。これも食べていいよ』

乃々『あぅぅ……もりくぼは無力です……まゆさん……すみません……』モシャモシャ



凛「……」スマホポチッ

凛「これが真実だよ」

まゆ「ぐぬぬ……」

7 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:38:11.15 ID:pR3AmcZ+0
凛「これでも言い逃れできると思うの、まゆ」

まゆ「ひ、酷い人ですねぇ。乃々ちゃんがバラしたことは内緒にしておくって言っておいて、平気でバラしてるじゃないですかぁ」

凛「私の秘蔵チョコレートを食べた罪人には慈悲はないんだよ」

まゆ「なんて冷たい人なんでしょう! おに! あくま! ブルーブラッド!」

凛「話をすり替えないの。それに私に流れる血は赤いよ。さあ、どう落とし前付けてくれるの」

まゆ「へん! もう食べちゃったものはどうしようもないですぅー! どんなアイドルでも元に戻すことはできないんですぅー!」

凛「へぇ。素直に謝ったら許してあげようと思ってたけど、そういう態度取るんだね」

凛「なら……こっちにも考えがあるよ!」スッ

まゆ「なっ! そ、それはまゆがこの前帰省したときに買ってきた仙台名物『笹かま』!」

まゆ「なぜここに……寮の冷蔵庫にしまっておいたはず……!」

凛「ふっ、優秀な協力者が、己の保身と引き換えに寮から保冷バッグで持ってきてくれてね」

まゆ「の、乃々ちゃんッ……裏切りましたねぇ……!」

凛「じゃ、いただきまーす」パクパクパク

まゆ「あーーーー! 一気に三個も!」

8 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:39:16.84 ID:pR3AmcZ+0
凛「うん、何も付けなくても美味しいねこれ」モシャモシャ

まゆ「粗切りわさびを付けて食べるのが一番美味しいのに! まゆは一個しか食べてないのになんで三個も食べるんですかぁ!」

凛「まゆが食べた分一つ、乃々が食べた分一つ、そしてウソついたお返しで一つだよ。あ~美味しい」モッチャモッチャ

まゆ「ぐぬぬ、ならこっちもおかわりさせてもらいますよぉ!」ダッ

凛「!? ダ、ダメ! あとちょっとしか残ってないんだから! 待ちなよ!」ダッ

まゆ「待てと言われて待つ馬鹿が居ますか!」

凛「まゆはバカなんだから待つでしょ!」

まゆ「待ちませーん! ばーかばーか!」

凛「バカって言ったほうがバカなんだよ!」

まゆ「じゃあ最初にばかって言った凛ちゃんがばかですー!」

凛「最初に言ったのはまゆじゃん! そんなことも忘れちゃったんだね! ばーか!」

まゆ「なにおう!」バタバタ

凛「そっちこそ!」バタバタ



ギャーギャー……






未央「……二人して行っちゃったね」

卯月「凛ちゃん、全く私達に気付いてませんでしたね……」



ホワンホワンホワン

9 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:40:11.08 ID:pR3AmcZ+0
卯月「…ってことがあったじゃないですか」

まゆ「見られてたんですね、あのやり取り……。すっごい恥ずかしいんですけど……さくまゆですけど……」

卯月「凛ちゃん、まゆちゃんと話してるときだけ、大人っぽくないというか、年相応というか、素っぽいんです」

未央「つーまーり、まゆちゃんには一番心を開いている、ってことだと思うわけよ」

まゆ「あれが素だとは思わないんですが……」

卯月「だからお願いまゆちゃん! 私達に凛ちゃんとあんなふうに喋るコツを教えて!」

まゆ「えぇ……こつって言っても、別にまゆは特別なことは何も……」

卯月「私も凛ちゃんに『卯月のばーか!』なんて言われてみたいんです!」

まゆ「それだけ聞くと倒錯的ですよぉ……」



まゆ「うーーーーん……じゃあ、試しにまゆと同じことをしてみる……とか?」

卯月「同じこと?」

未央「しぶりんの秘蔵のチョコを拝借するってこと?」

卯月「え、えぇっ!? そんなことしていいんでしょうか……?」

まゆ「まぁ、卯月ちゃんはそういうことしないって思い込んでるから、意外性はありますよね」

卯月「そうでしょうか……?」

未央「ものは試しだよしまむー! もしほんとに怒られたら一緒に謝るからさ!」

卯月「うぅ…はい……がんばります……」

10 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:40:45.56 ID:pR3AmcZ+0
---------

------

---

11 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:41:11.60 ID:pR3AmcZ+0
---翌日、事務所にて



ガチャッ

凛「おはようございます」スタスタ

凛「~♪」ガチャッ

凛「……あれ? またチョコが一個減ってる……」



コソコソ

まゆ(凛ちゃんがチョコが減ってることに気付きましたよぉ)コソコソ

未央(しぶりん、事務所に来てまっすぐ冷蔵庫向かってたね)コソコソ

まゆ(ほんとにチョコ好きなんですね、凛ちゃん)

未央(っていうかしぶりん、毎日チョコの数数えてるの?)

まゆ(そういう怪談ありませんでしたっけ、毎夜毎夜お皿の枚数を数えるやつ)

未央(チョコがひと~つ、ふた~つ……一個たりな~い……)

まゆ(ンフッw 笑わせないでください)

12 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:41:55.95 ID:pR3AmcZ+0
凛「……」ハァ

凛「あのぽんこつめ……まだ懲りないみたいだね」

まゆ(ノータイムでまゆを疑うのやめてほしいですよぉ)コソコソ

未央(ぽんこつ、としか言ってないのにノータイムで自分のことだと思うんだね)コソコソ

まゆ(ハッ! こ、これは違うんですよぉ)

未央(分かってる分かってる、パブロフのまゆってやつだね)

まゆ(分かってないじゃないですかぁ!)

未央(シッ! しまむーが出てきたよ)



卯月「り、凛ちゃん!」

凛「あ、おはよう、卯月。まゆ見なかった?」

卯月「そ、そのチョコなんですけど…」

凛「どうしたの?」

卯月「じ、実は、私が食べちゃいました! えへっ!」

未央(えへって。なぜ照れるの)

まゆ(真正面からどーんですねぇ)

凛「そ、そうだったんだ……」

未央(しぶりんも明らかに困惑してるじゃん)

13 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:42:51.29 ID:pR3AmcZ+0
卯月「あ、あの、その、ええと、美味しかったです! ので、もう戻せないんですけど! 無理です!」

まゆ(まゆ、そんなこと言ってましたっけ)

未央(色々混ざってる気はするね)

凛「そ、そうなんだ…」

凛「でも、ちょっと嬉しいかも。自分の好きなものを美味しいって言ってくれるのは」

卯月「え、えっと……」

凛「でも、こっそり食べるのは良くないよ。言ってくれたら分けてあげるからさ。今度は未央も一緒に、三人で食べようよ」

未央(しぶりん聖人?)

まゆ(というか凛ちゃん、まゆがこっそり食べたときとほんとに態度違いすぎません? 差別ですよぉ)

卯月「あ、あうぅぅぅ……」

未央(しまむーが申し訳なさでわたわたしている!)

まゆ(ねえねえ、まゆのときはどうして乃々ちゃんと三人で食べよって行ってくれないんですか、ねえねえ!)

未央(日頃の行いじゃない?)

まゆ(辛辣!)



卯月「うぅ~っ、ご、ごめんなさいぃ……」ペコー

凛「ちょ、ちょっとどうしたの。怒ってないから。顔を上げてよ」

卯月「私、やっぱり無理です~……」

14 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:43:40.01 ID:pR3AmcZ+0
凛「本当にどうしたの? ちょっと今日の卯月、おかしいよ」

卯月「いえ、大丈夫です。すみません、凛ちゃん……」

卯月「今度、美味しいチョコを買ってくるので、みんなで食べましょう」

凛「う、うん、そうだね。楽しみだな」

卯月「はい! 凛ちゃんに未央ちゃん、後は協力してくれたまゆちゃんも!」

未央(あっ)

まゆ(あっ)



凛「…………まゆ?」

卯月「あっ」

15 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:44:13.26 ID:pR3AmcZ+0
凛「卯月? 今まゆって」

卯月「あ、あははー……私ちょっと急用を思い出しました……」

凛「待って」ガシッ

卯月「ひぇっ!」

凛「卯月、ここにチョコがあること、誰から聞いたの?」

卯月「えーっと、誰だったかなー、なーんて……」

凛「卯月、私の目を見て? 誰にそそのかされたの」

卯月「えーっと……それは…」

凛「ねえ、教えて? 私達の仲じゃん。教えてよ。ねえ卯月。卯月。卯月」

卯月「み、みおちゃん……」

未央「ちょおおい!」ガタッ

凛「未央?」

未央「あっ、し、しぶりん……?」

凛「未央が卯月を唆したの?」

未央「しぶりん? 顔怖いよ? ステイステイ……」

凛「未央、質問に答えて。未央が唆したの? 卯月のこと」

未央「えーっと…」

凛「怒ってないからさ、教えて? さあ、未央。み」

未央「佐久間まゆさんです!!」

まゆ「ちょっとぉ!?」

凛「やっぱりね」

16 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:44:41.53 ID:pR3AmcZ+0
凛「自分ががっつくだけに飽き足らず、人を差し向けてまで私のチョコを狙おうとは。流石にもう許さないよ」

まゆ「ち、違うんですよぉこれは、卯月ちゃんが私に相談を……」

凛「言うはずがないでしょそんなことを! 私の卯月が!」

まゆ「ほんとに言ったんですってばぁ!」

凛「私の同僚アイドルを侮辱しないで!」

まゆ「私も同僚アイドルですけど!?」



凛「こうなったら、この前まゆが大口開けて事務所のソファで寝ていたこの写真を、プロデューサーにLINEで送る刑に処すしかないね」

まゆ「そ、それだけはご勘弁を!」

凛「ほら、あと送信ボタン押すだけだよ。さあまゆ、止められるかな? ごー、よーん、さーん」ダッ

まゆ「ま、待ってください!」ダッ

凛「待てと言われて待つ馬鹿なんか居ないよ!」

まゆ「凛ちゃんはおバカさんなんだから待ってくださいよぉ!」

凛「待ちませーん! ばーかばーか!」

まゆ「バカって言ったほうがバカなんですよぉ!」

凛「じゃあ最初に馬鹿って言ったまゆが馬鹿じゃん!」

まゆ「最初に言ったのは凛ちゃんですよぉ! そんなことも忘れちゃったんですかぁ! ばーか!」

凛「なにおう!」バタバタ

まゆ「そっちこそ!」バタバタ

17 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:45:50.15 ID:pR3AmcZ+0
ギャーギャー……



未央「……また二人して行っちゃったね」

卯月「……はい」

未央「どう? しまむー、あれ、できそう?」

卯月「私、やっぱりあれできなくてもいいです。今のりんちゃんがいいです」

未央「うん……そうだね……あれはあの二人にしかできないよ……」






おわり。

18 : ◆Z9rYxRK0vI 2024/02/04(日) 19:48:46.60 ID:pR3AmcZ+0
以上になります。



ここまで読んでくださってありがとうございます。
ふと紅蒼のじゃれあいを書きたくなったので久しぶりに書いてしまいました。



お目汚し失礼致しました。
後ほどHTML依頼を出してきます。

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2024/02/04(日) 19:53:32.48 ID:m2mpVXVlo
おつおつ楽しかった

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2024/02/04(日) 21:51:15.82 ID:ugGbNZg+0
おつ

ままゆの時だけアホの子になるしぶりん可愛い
それと実装初期のヤバ目ヤンデレ成分が今や綺麗さっぱり抜け落ちてドジっ子ぽんこつなままゆも可愛い



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 佐久間まゆ「凛ちゃんと仲良くなる方法を教えてほしい…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1707042491/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER HEART TICKER! 03 HELLOWEEN GAME
姫川友紀、中野有香、堀裕子、上条春菜、白雪千夜(アーティスト)

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/34637-0bf349b0