このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

【ミリマス】もしも、周防家に桃子以外誰もいなかったら

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1685240896/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 11:28:17.21 ID:sxcqLxfDO
桃子「ねぇ、お兄ちゃん。今日、家に両親もおばあちゃんもいないんだよ」

P「両親はともかくおばあちゃんはどうしたんだ?」

桃子「定期検診か何かで明日まで入院だよ」

P「そっか、大変だな。それで、今度のライブだけど」

桃子「むー」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 11:37:25.70 ID:sxcqLxfDO
桃子「もう!お兄ちゃんってば女の子にここまで言わせて何とも思わないの!?」

P「だから大変だな……って」

桃子「もう!もう!もう!もう!」パコパコパコ

P「ははっ、久しぶりに体を使ったコミュニケーション発動だな」イタイイタ

桃子「ふーんだ!」プイッ

P「……」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 12:13:01.53 ID:sxcqLxfDO
P「もう、俺が泊まるとか必要ない……ってのはわかっているよな」

桃子「……」

P「沈黙は肯定と取るぞ。何でもってわけじゃないが、桃子ももう少しで学生だ。一人じゃできないってわけじゃない」

P「さらに言うと、胸は環には一周り負けてるが(ポカッ)みんなより芸能界の経験がある人気アイドルで第一線を張る実力者」

P「それなのに男を家に上げてもいいというのか?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 12:14:12.45 ID:sxcqLxfDO
P「それとも何か。俺は男として「それ以上言ったら噛むから」……どうなんだ?」

桃子「……」



桃子「……好き」

桃子「好き……だから。お兄ちゃんが好きだから」
桃子「こうして二人でいるだけで、手の震えが止まらないぐらい好き」

桃子「何か間違いがあってって願っちゃうぐらい……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:33:27.09 ID:sxcqLxfDO
桃子「……駄目だよね。前の…………私じゃないんだから」

桃子「いくら独り身でも、三十路の男性を一人しかいない部屋に上げちゃ駄目だよね」

桃子「……うん。大丈夫。今から、少し街を歩いて声をかけてきた危なそうな人について行っちゃうだけ」

桃子「スキャンダルにならない程度に襲ってもらうだけだから」

桃子「ふふっ、初めてを大事に取っておくからこんなことになるんだよね」



桃子「……でも本当は……本当は初めては」ボソボソ





桃子「好きな人がよかったな」ボソボソ

ガチャ

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:34:05.41 ID:sxcqLxfDO
ダキッ



桃子「あ……」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:35:26.45 ID:sxcqLxfDO
桃子「や……離してよ、プロデューサーさん」イヤイヤ

桃子「私のことを、自分の好きにしちゃうような勇気もないんでしょ」

桃子「だったr「黙れ!」……ッ!」





P「そんなに初めてを捨てたいなら……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:36:02.78 ID:sxcqLxfDO
P「ここで捨てさせてやるよ」


ギュッ



桃子「……あ」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:37:26.84 ID:sxcqLxfDO
桃子「もう……」

桃子「……うん、お兄ちゃんの好きにしていいよ」

P「……優しくなんかできないぞ……」

P「こっちだって初めてだし……」ボソボソ



桃子「うん……今まで、お兄ちゃんが桃子のこと我慢していた分、全部受け止めてあげる」

桃子「だから……ね」

ギュッ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:42:50.45 ID:sxcqLxfDO
チュッ



桃子「責任は取ってね……」





シュルシュル

P「脱がせるぞ」

桃子「ん───」

P「触るぞ」

桃子「う、うん……ん、うぅ」

P「乳首……ツンとしてる」クニクニ

桃子「やァ……は、恥ずかしい────よぉ」

桃子「で、でも……お兄ちゃんだから──お兄ちゃんだけだから、いいよ……」

桃子「桃子の身体、いつもっ、綺麗にっ……してあるからっ──、……っ……はぁ……はぁっ──」

桃子「お、お兄ちゃ……んんッ──に、いつされてもいいように……んくゥぅぅ!」

桃子「……あ────ァ……、ああ゛──っ……!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:46:53.66 ID:sxcqLxfDO
桃子(それから、お兄ちゃんは……)

「い、いいよ……桃子、頑張る……から……」

「あ、キス!キスしながらなら、大丈夫……かもしれないし」

「んッ……んんッッ──」

「う゛っ……はぁ、っ───……んん゛っ!!」

「あ、あ゛っ! ──っ、ぁ……う゛っ────」

「──ひぅ゛っ! …… ふ……ぁ! あ、あ……──あ゛あっ!」

「ァ……、はぁ、はぁっ──、……ぅんっ────もっと……中までだ、大丈夫……」

「あ、あ……あ゛っ──────」

「はぁ──、はぁ──っ……、──────っ……、ぅ────……んっ────」

「っ──……、だい、じょぶっ──……、うご、いてっ───」

「──んっ……、はぁ、はぁ──、……あぅっ! ……──っ……んんっ!」

「ひ───っ、……ん、ぁ……あ゛! っ──ぅ……あ、──あぅ!!」

「はぐっ──……、っ──あ!! うあ……ぁ──! あ、ああ゛ぁっ──────!!」

「────っ……、はぁ、はぁ! っ────ぅ───……、はぁ、はぁ───」

「ぁ──、あぁ────、いいのっ──……、もっと……、もっと……強くして!」

「んあっ……! お兄……ゃん──! はぁ、はぁっ──……、っ……、ぅあ、あ、あァっ!!」

「ひっ、うっ──、……あ! ──あ、あぁ……ッ! ────ん゛ぅっ!」

「──はぁ、はぁッ! ──お……お兄ちゃ……んっ───!」

「っ──……ま、また、キスっ──……して──!」

「んっ──っ、んむっ……ッ──!」

「んん──! っ……む───っ! ────んんん゛っ!!」

「────っ、ん!── んんっ───! ぅぐっ────!!」

「────っ……ぅ────ぁ─────っ……、はぁ、っ! はぁ、はぁッ────」



「────っ……、ぅ─────、ぁ……ッ──────!」



「あ゛───! っ……! ──ひっ……! ──あァ! ぅあ゛───!!」



「──────あぁ…アーッっ、あぁッ──うァアァ────────ッッっ!!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 13:50:39.56 ID:sxcqLxfDO
「…………」

「な、中に、思いっきり出した…よね」

「……」

「反省」

「すみませんでしたーっ!」ドゲザ

「もう」





「許して欲しかったら、また、……ちょ?!」

「え、えっ、えぇッッ!?」

「な、なんで、そんなにおっき……」

「ひぃヤァぁぁ──っ!」

「や、やだァ!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 14:25:48.20 ID:sxcqLxfDO
それからというもの、桃子は家に誰もいない日は、俺を家にあげるようになり、誰かいる場合は俺の家で……と、桃子と身体を重ねるという日々が続く

最初の……破瓜の痛みは大したことはなかったようで、二度三度と繰り返すうちに、桃子はすぐに肉欲の味を理解していった……



P「それじゃあ、大分慣れたようだし、次のステップへ行くか」

桃子「ちょっ、な、にを…んっ!あぅッッ……!」

桃子「ひィ、ひゃんッ……、んっ!んンッ……!くっ、ァんっ────ッ!」

桃子「はぁ、はァ……ぁァッ────!」

P(顔を真っ赤にして両手で口を押さえながら涙目でこちらを見上げる…)

P(そうすると、ついつい……)

桃子「……っ?!」

桃子「あァっ!──ッッっ!!」

P(たまらん)

桃子「……っ!?んんっ!ウぐぅっ!────ッっ!!」


桃子「ぁう……ぁァ──…」

P「…やりすぎだ。すまん、つい桃子で夢中になってしまった……」

桃子「はぁはァ──…ら、らい、りょうぶ、……らから──ひぃァァァッ!?」

P(目の焦点があってない小学生に大丈夫と言われましてもなぁ……)

桃子「んっ!…ぁッ──」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 14:30:14.58 ID:sxcqLxfDO
俺は桃子に様々なプレイを試み、桃子の性癖を呑み込んでいった

後ろの穴や器具でのプレイは抵抗を示すが、軽く縛ったり手枷での自由を奪われて羞恥を与えられると驚くほど悦びを感じることが分かってきた



桃子「うぅぅ……」

P(全身を縛られて、不安と恐怖と、期待と困惑に動揺した桃子)

桃子「お、おに……お兄ちゃん?」

P(だから、最初は鞭。飴は後からにしてみる)



桃子「んっ――……」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 14:35:22.71 ID:sxcqLxfDO
桃子(最初は恥ずかしいだけだった。……なのに、またしたい。またしてもらいたい……)

桃子(そんな想いが頭を段々と支配していく……)

桃子(だから、お兄ちゃんのすること……す、すべて、受け入れてみた……)

桃子「はぁ、はぁはァァァッ──!」

桃子(そして、受け入れれば受け入れる程、……)



桃子(桃子は興奮して、気持ちよくて……快楽として受け入れていく)

桃子(きっと……ずっと……これから先も)



桃子「ひぃィッ……あァァァッ──!」



end

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2023/05/28(日) 14:37:48.15 ID:sxcqLxfDO
こちらは

http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=28987

より、自分のレスを書き抜きした作品になります



SS速報Rに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】もしも、周防家に桃子以外誰もいなかったら
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1685240896/


[ 2023/06/03 15:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/34582-3bd7ee90