このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

奈緒「どこいくねーん」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1636016910/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:08:31.29 ID:Wn70TjoS0
奈緒「おはようございま〜す」

P「おはよう奈緒!」カタカタ

奈緒「お仕事中ですか?」

P「いや、最近流行りの映画についてリサーチしていてな」

P「芸能界で仕事していくためには流行を押さえておくことが重要だ」

P「それに、みんなと話をするときの話のタネにもなるからな」

P「プロデューサーにとってトレンドを押さえることは大切ってワケだ!」

奈緒「まめやなおまえ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:11:58.09 ID:Wn70TjoS0
P「そういえば、奈緒には話があるんだ」

P「次の公演では、麗花と二人でステージに上がってもらうことにした」

奈緒「麗花とですね、わかりました!」

小鳥「ホホーウ!奈緒ちゃん×麗花ちゃんとは面白いカップリングですね!」

P「(うわ」

小鳥「二人で一緒に温泉に入って、そこでお互いの裸体に興奮してそのままイチャラブHって感じでしょうか!」

小鳥「早速同人誌の作成に取り掛かることにします!」

P「仕事しろクソミドリ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:15:44.55 ID:Wn70TjoS0
麗花「おはようございます♪」

P「おはよう麗花。いきなりだが、麗花と奈緒でデュオを組んでもらうことになった」

麗花「そうなんですね。よろしくね、奈緒ちゃん♪」

奈緒「うん!」

麗花「奈緒ちゃんとは仲良くしたいなって前から思ってたんだよね〜♪」

奈緒「そうなん?嬉しいこと言ってくれるやんな〜♪」

麗花「だって奈緒ちゃんって、すっごく普通って感じだもん♪」

奈緒「え」

P「自由奔放な麗花とツッコミ力に定評のある奈緒は相性がいいだろう」

P「麗花が何をしでかすかわからないが、しっかり突っ込んでくれよな!」

奈緒「(な…なきたいんですが……」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:17:51.35 ID:Wn70TjoS0
麗花「私、奈緒ちゃんと相性バッチリなんですね♪嬉しいな〜」

小鳥「きっと夜の相性もバッチリよ!」

P「やめてね」

麗花「奈緒ちゃんと一緒に活動するのが楽しみで、身も心も浮かび上がっちゃいそう♪」

フワーッ!

小鳥「れ、麗花ちゃんの体が浮かび上がったわ!?」

奈緒「え!?」

P「浮遊感与えちゃったかな。」

奈緒「ちょ、麗花が上空に……」

奈緒「どこいくねーん!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:20:26.82 ID:Wn70TjoS0
P「麗花はどこに行ってしまったんだろうか……探しにいかないと」

P「空高く飛んで行ったわけだし、高い所にいるかもしれないな」

小鳥「それなら心当たりがあるわ。二人ともついてきて!」

P・奈緒「はい!」

〜数分後〜

小鳥「この建物の上の方にいると思うわ」

P「そうか、それじゃ行こう!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:22:44.37 ID:Wn70TjoS0
小鳥「着いたわ!」

P「この部屋の中に麗花がいるのか?」

ガチャ

麗花は いなかった!

奈緒「いませんね……っていうかここどこですか」

P「もしかして、うんめいのとう さいじょうかい?」

小鳥「ラブホテルの最上階よ」

奈緒「え!?ちょ、私未成年ですよ///」

小鳥「ウブな奈緒ちゃん、かわ いいぞ。」

小鳥「というワケで、ここでプロデューサーさんとHさせて頂く!」

P「ふざけるミ!このやろう!今は麗花の捜索中だろうが!」

P「こんな所さっさと出るぞ!」

小鳥「あっ 逃げないでくださいよ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:24:49.68 ID:Wn70TjoS0
P「しかし、麗花は今どこにいるんだ……何か手がかりはないのか」

小鳥「私は何も……」

奈緒「えっと……電話してみたらどうですか?」

小鳥「その手があったわね!」

P「!おまえ なかなかやる」

奈緒「(普通の考えやと思うけど……)」

P「早速電話するぞ!」ポチポチ

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:26:58.01 ID:Wn70TjoS0
P「出てくれ、麗花!」

麗花『もしもーし』

P「麗花か!?無事だったんだな、よかった」

P「今どこにいるんだ?」

麗花『う〜んちょっとわかんないです』

P「そうか……近くに何が見える?」

麗花『え〜っと、四角いブロックみたいなのが浮かんでます♪』

P「……?」

麗花『あ、小悪魔さんが飛んでますよ!』

麗花『でんでんむすくんが歩いてます!』

麗花『大きな茜ちゃん人形も!』

小鳥「プロデューサーさん、麗花ちゃん今どの辺にいるんですか?」

P「わからん!さっぱり、わからん!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:29:12.84 ID:Wn70TjoS0
P「えっと、今も空にいるのか?それともどこか地上に降りたのか?」

麗花『そうですね、空の上だと思います♪』

P「マジか……」

麗花『あ、プロデューサーさん!』

P「どうした!?」

麗花『充電が』ブチッ

P「……」

P「くっ!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:31:49.64 ID:Wn70TjoS0
P「とりあえず上空にいることはわかった」

奈緒「上空って……どうしたらええねん」

恵美「あれ?3人で何やってんのー?」

P「恵ミ!」

小鳥「実は麗花ちゃんを探してて……」

P「遥か上空にいるらしいんだ」

恵美「そっかー。うーん……」

奈緒「こんなん恵美に言うたところでどうにも……」

恵美「アタシに任せてよ!」

奈緒「え!?」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:33:48.72 ID:Wn70TjoS0
恵美「超ビーチバレーで海美を高いとこまで飛ばしたみたいにさ、みんなのことも上空に送ってあげる♪」

P「そうか、頼んだぞ!」

小鳥「お願いするわね」

奈緒「いやいや!?あのときは10mぐらいやった……てかそもそもCGやろ!?」

P「まず俺から頼む!」

恵美「オッケー♪」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:35:55.89 ID:Wn70TjoS0
恵美「それじゃ、いくよー?」

恵美「それーーー!」

P「ぎゃああーーーありがとうーっ!」フワーッ!

小鳥「次は私ね!」

恵美「うん♪」

恵美「とりゃーーー!」

小鳥「きゃーっすね」フワーッ!

奈緒「嘘やろ……二人とも飛んでったで」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:39:27.93 ID:Wn70TjoS0
恵美「次は奈緒の番だね」

奈緒「えっ!? 私!?」

恵美「映画では敵同士だったけど、いつもは仲間でしょ♪」

奈緒「いや、ちょ」

恵美「小鳥さん達と違って、奈緒は私より軽いから楽勝だね♪」

恵美「よいしょーーー!」

奈緒「わあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」フワーッ!

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:41:53.80 ID:Wn70TjoS0
________________

奈緒「うん……?ここは?」

小鳥「よくわからないけど、横スクロールアクションのステージみたいな所ね」

P「きっとここを進んでいけば麗花に会えるんだろう。行くぞ!」

奈緒「は、はい!……ってそこら中に穴空いてて落ちそうなんやけど!」

P「飛び越えていくしかないな。とりゃっ」ピョン

奈緒「よっと」ピョン

小鳥「……えーい!」ピヨ

小鳥「ダメ、体が重たいわ……!」

ヒューーーーン

奈緒「ああ!小鳥さん落ちてもうた!」

P「落ちるときは落ちるもんだ」

奈緒「軽っ!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:44:28.95 ID:Wn70TjoS0
〜数分後〜

P「はぁ……はぁ……疲れた。麗花はど どこだあッ!?」

奈緒「本当にここにいるんですか……?」

P「おそらくここにいるはずだが……」

奈緒「ずっと聞きたかったんですけど、ここどこなんですか?」

P「俺が聞きたいよ」

麗花「私も一つ聞いていいですか?」

P「何だ?」

麗花「参議院議員サザエさんのお母さんは?」

奈緒「サザエさんのお母さんはフネさんやろ」

P「(参議院議員?)」

P「ちょっと待て、話が変だぞ。」

P・奈緒「ん?」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:46:22.07 ID:Wn70TjoS0
奈緒「おるやん!」

麗花「ひさしぶりだミ」

P「よかった、無事だったか!」

麗花「二人とも楽しそうですね♪」

P「ど どこがだあッ!?」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:50:24.89 ID:Wn70TjoS0
P「とれじゃ、そろそろ帰るよ。」

奈緒「……どうやって帰るんですか?」

P「……さあ」

麗花「飛び降りればいいんじゃないかな。」

P「いや、この高さから飛び降りたらタダでは済まないぞ」

P「俺はまだ 死にたくないのだ わかってるのか おい!」

麗花「はあ・・・」ゲシ

P「あっ」フラ

ヒューーーーン

麗花「プロデューサーさん落ちたみたい。」

奈緒「えぇぇぇぇ!?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:52:42.40 ID:Wn70TjoS0
奈緒「そんな……プロデューサーさん……」

麗花「ところで奈緒ちゃん、お腹空いてない?」

奈緒「え……まあいっぱい動いたから多少空いてはいるけど、今はそんな気分じゃ……」

麗花「さっき小悪魔さんの丸焼き作ったんだけど、いる?」

奈緒「ええ!?」

麗花「今日のご飯はジュウジュウにくコースがいいなって思ったとき、ちょうど小悪魔さんを見つけたんだ♪」

麗花「んで もやしたってワケ♪」

奈緒「もう やること ムチャクチャね!」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:55:07.39 ID:Wn70TjoS0
麗花「はい、あーん♪」

奈緒「ええ……はむっ」

奈緒「もぐもぐもぐ……(マ マズイ……。)」

奈緒「……んん!?ゲホッ、苦し」フラッ

バタン

奈緒「」

ホラーが はっせいしました

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:57:10.23 ID:Wn70TjoS0
〜〜〜〜〜〜〜〜

麗花「っていう映画を考えたんですけど、どうですか?」

P「なしだぜなしだぜー!」



ΩND

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/04(木) 18:59:09.24 ID:Wn70TjoS0
以上です。
好きなキャラのSHSに限って一向に引けないことってありますよね。これ ダークライの しわざです。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 奈緒「どこいくねーん」【ミリマス】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1636016910/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/34045-3b61ff3b