ヘッドライン

百合子「ほらほら、私のほっぺを引っ張らないんですか?」P「くっ……!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1616069314/

1 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:08:34.96 ID:KBVNdf4l0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
百合子、誕生日おめでとう!

2 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:09:16.79 ID:KBVNdf4l0
 
百合子「私のほっぺをムニーってしても良いんですよ? しないんですか?」

P「くっ……!」

紗代子「えっ!? 二人とも一体何が……」

律子「私が説明するわね」

紗代子「律子さん!」
 

3 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:09:55.36 ID:KBVNdf4l0
 
 あれは百合子が野外フェスを終えた時のことだったわ。
 慣れない環境でのソロライブ、百合子だけじゃなくてプロデューサーも緊張していたみたいね。

 ライブを終えた百合子が舞台袖に戻ってきた時、百合子と一緒に感極まっちゃってね。
 百合子の手を取って「最高のライブだった!」なんて言っちゃうものだから、百合子も乗りに乗っちゃって、やれステージ上で見た景色がどうだったとか、青い空が広がっていて空を飛んでいるようだったとか。止まらなくなっちゃったのよ。

 暫くはプロデューサーも「うんうん」って頷いていたんだけど、いよいよ百合子の次の人の曲の終わりが近づいて来ちゃってね。
 周りがザワついて来たのを見て、流石にプロデューサーも焦ったんでしょうね。
 

4 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:10:41.50 ID:KBVNdf4l0
 
 暴走しちゃった百合子を止めるために、百合子のほっぺを引っ張ったのよ。いつも事務所でしているように。
 百合子もいつも通り「いひゃい!」って言いながら妄想の世界から帰ってきてね。それで一件落着かと思ってたんだけど。

 それを見ていたスタッフが「765のプロデューサーと七尾さん、仲が良いなぁ」って思ったらしくてね。
 その噂がどんどん広まっていくうちに尾鰭が付いて、「765プロのプロデューサーと七尾百合子が付き合っている」なんて噂がスタッフさんの間で流れちゃったのよ。
 もちろん私も社長も火消しに回ったわ。外に漏れる前に止められたから良かったけど、もうあんなことはコリゴリ。
 

5 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:11:10.97 ID:KBVNdf4l0
 
紗代子「それで、プロデューサーは百合子のほっぺを引っ張ることを禁じられたんですか」

律子「そういうこと」

百合子「ほらほら~、ほっぺがこんなに近くにありますよ~?」

P「くっ……!!」

紗代子「なんか違くないですか?」

律子「私もそう思い始めたところよ」
 

6 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:11:48.05 ID:KBVNdf4l0
 
律子「プロデューサー殿、何が問題だったか分かっていますか?」

P「分かっているさ。だからこうして百合子のほっぺを引っ張るのを我慢して……」

百合子「プロデューサーさん、見て下さい、たこやき」

P「あぁッッ……!!!」

紗代子「どうしてそんなに苦しそうなんですか?」

P「苦しくないわけあるか。百合子のほっぺを引っ張るのは謂わば呼吸。今の俺は常に低酸素トレーニングをしているに等しい状態だ」

紗代子「トレーニング……」

律子「紗代子?」
 

7 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:12:28.81 ID:KBVNdf4l0
 
紗代子「わぁっ! 見て下さいプロデューサー! 百合子のほっぺ、こんなにキメ細かくて、モチモチですよ」ムニムニ

百合子「ひゃあ~、やめふぇくらひゃい~」

P「ぐっ……!! ぐぐぐぅ……ッ!!!」

紗代子「プロデューサー、耐えて下さい! 努力の先に栄光が待っているんです!」ムニムニ

律子「紗代子」
 

8 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:13:03.60 ID:KBVNdf4l0

紗代子「だって律子さん。百合子のほっぺ凄いんですよ。ちょっと触ってみて下さい」

律子「いや、私は別に」

百合子「律子さんは私のほっぺをムニってしたくないんですか?」

律子「別に……」

P「正気か?」

百合子「プロデューサーさんと違って律子さんは自由に私のほっぺをムニってして良いんですよ?」

律子「……」
 

9 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:13:30.73 ID:KBVNdf4l0
 
律子「なるほどね、これは凄いわ」ムニムニ

百合子「えへへ……」

P「くっ、律子までも……ッ!」

紗代子「プロデューサー、耐えて下さい! まだまだ負荷をかけていきますよ!」

律子「負荷?」ムニムニ

紗代子「百合子のほっぺをムニりたい欲を最大まで高めて、それに耐える訓練を重ねるんです!」

百合子「ひえぇなんておそろしい」

P「なんて非常な! しかし俺も765プロのプロデューサー、耐え抜いてみせるぞ!」
 

10 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:14:59.63 ID:KBVNdf4l0
 
——そして、過酷な特訓の日々が始まった!
 

P「ぐわぁ! パソコンのデスクトップが百合子の顔面の写真に!」

亜利沙「さっきハッキングして、ありさ厳選の百合子ちゃんの写真に差し替えておきました」

P「4K画質でもハッキリと分かるモチモチのお肌!」

百合子「なんだか恥ずかしいですね」

P「ゆ、百合子!」

亜利沙「そしてさり気なく接近する百合子ちゃん! これはズルい!」

百合子「こんなにアップで、毛穴とか見えちゃうんじゃ……。私のお肌、ちゃんと綺麗ですか?」

P「くっ……! くうっ……!」

亜利沙「そして詰めよる百合子ちゃん! プロデューサーさんは耐えきれるのでしょうか!?」
 

11 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:15:37.26 ID:KBVNdf4l0
 
P「……あぁ、綺麗だから大丈夫だよ。オヤツ食べる?」

百合子「あ、ありがとうございます」

亜利沙「耐えたぁーーー!!!! そしてありさはもう耐えられません! 百合子ちゃん失礼します!」ムニムニムニムニムニムニムニ

百合子「うひゃあああぁぁ」

紗代子「流石ですプロデューサーさん! 次の試練も頑張ってください!」

P「いつの間にか試練になってる」
 

12 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:16:21.02 ID:KBVNdf4l0
  
P「……」カタカタ

百合子「えいっ」

P「冷たっ!?」

百合子「えへへ、今日は風が強くてちょっと寒かったですね」

P「くっ、百合子か……ッ!」


紗代子「このみさん、これは一体!?」

このみ「これは自然なボディタッチで相手からのボディタッチを誘うという高等セクシーよ。これで堕ちない男はいないわ」

百合子「いつも意地悪してくるプロデューサーさんに仕返しです!」

P「くっ……!」

このみ(自然とやり返しやすい流れに。百合子ちゃん、やるわね……!)

紗代子(プロデューサーさん……!)
 

13 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:17:02.31 ID:KBVNdf4l0
 
P「そうか。さっきお湯沸かしたから温かいココアでも飲もうか」

百合子「……ありがとうございます」

紗代子「プロデューサー……ッ!!」

このみ「ふふっ、プロデューサー、立派になったわね……」
 

14 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:18:01.16 ID:KBVNdf4l0
 
 
——その後も

恵美「見て見て、百合子に新しいチーク使ってみたんだ」


——プロデューサーは

茜「ユリッチのほっぺを再現したクッションを大量生産したよー!!!」
 

——過酷な特訓を

百合子「プロデューサーさん、見て下さい、フグ」

 
——耐え抜いた!!!
 
 

15 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:19:19.29 ID:KBVNdf4l0
 
P「ハァハァ……、辛く苦しい日々だった……」

紗代子「プロデューサー、やりましたね!」

P「ありがとう紗代子。そして遂に、今日の百合子のバースデイライブをムニらずに突破することで俺の修業は完了する」

紗代子「はいっ! 最後まで気を抜かず頑張りましょうね!」

百合子「私もライブ頑張ります」

P「あぁ! 頑張ってこい百合子!」
 

16 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:20:13.38 ID:KBVNdf4l0

ワァァァァァァァ


P「百合子! お疲れ様!」

百合子「プロデューサーさん! 私、頑張りました!」

P「よく頑張った。俺も含めて、ファンもみんな百合子に夢中で、夢心地だったよ」

百合子「凄かったんです。ファンの皆さんの黄色いサイリウムがユラユラと揺れて、私もまるで明朝の雲海の上に立っているかのようでした。雲の上では声がどこまでもどこまでも広がっていって、スポットライトが天光のように輝いていて」

アンコール! アンコール!

P「百合子、アンコールだ。行けるか?」

百合子「そこでは手を伸ばすと天から伸びた光の柱が私を導いてくれるんです。身体も普段と違って羽のように軽く感じました。いえ、身体から羽が生えているみたいでした。それほどまでに地面を蹴ると身体が軽く浮き上がり」

P「百合子、百合子」

P(くっ、どうする……!)

紗代子(プロデューサー! 耐えて下さい…!!)
 

17 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:20:39.33 ID:KBVNdf4l0
 
パシッ

P「百合子!」

百合子「ひゃっ!?」

紗代子(プロデューサー、百合子のほっぺではなく、手を…っ!)
 

18 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:21:20.36 ID:KBVNdf4l0
 
P「最高のライブだった! またファンのみんなが待ってる。アンコールだ!」

百合子「えっ!? あっ、本当だ!」

P「準備、行けるか?」

百合子「はいっ! ファンの皆さんのために、頑張ってきます!」

P「その意気だ!」

百合子「そ、それで、あのぅ……」

P「ん?」

百合子「手、離してくれないと動けないんですけど……」

P「あっ、ごめん……」パッ

百合子「……行ってきます!」

P「よし、行ってこい!」


ワアァァァァァァァ
 

19 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:21:56.14 ID:KBVNdf4l0
 
P「やった、やったぞ! 俺はついに百合子のほっぺをムニらなかった!」

紗代子「はい! 特訓の成果が出ましたね!」

P「あぁ! 紗代子のお陰だな、ありがとう!」

紗代子「いえいえそんな。あ、百合子が戻ってきますよ!」

P「よし、迎えよう! もちろんほっぺをムニらずにな!」

紗代子「お願いします!」
 

20 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:22:31.61 ID:KBVNdf4l0
 
百合子「ひぇぇ。流石にクタクタですよぉ」

P「百合子! アンコールまでお疲れ様!」ギュッ

百合子「ひゃっ、あの、また、手を」

P「ワハハ、ほっぺはムニらないからな!」

百合子「そ、そうですか。あっ、わたし汗とか色々……」

P「全然そんなの気にならないって! とにかくお疲れ様!」

百合子「は、はい。あったかいですね……」

紗代子(プロデューサー、最後までほっぺをムニらずに頑張りましたね……!)

紗代子(もう私からは教えることは何もありません。これからも百合子をよろしくお願いします……!)


スタッフ「765のプロデューサーと七尾さん、仲が良いなぁ」



おわり
 

21 : ◆ivbWs9E0to 2021/03/18(木) 21:23:19.00 ID:KBVNdf4l0
終わりました。HTML依頼出してきます。
百合子のほっぺムニりたいけど百合子のお手手もムニりたい。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 百合子「ほらほら、私のほっぺを引っ張らないんですか?」P「くっ……!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1616069314/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/33639-b07a5fc5