ヘッドライン

律子「今年もまた雪歩が出る時期になったわ…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:18:25.29 ID:OGmXUFKA0
P「雪歩?」

律子「プロデューサー知らないんですか?丁度今くらいの時期に出てきて
    床やら柱やら食いつぶしてしまうんですよ」

P「んー…知らないなあ」

律子「ほら見てくださいこの床」

P「うわ…意外と大きい穴を開けるんだな…」

律子「許せないわ…!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:20:24.09 ID:OGmXUFKA0
P「にしてもどんな生き物なんだろう…」

やよい「雪歩さんですか?それならウチによく出ますよー!」

P「そうなのか?」

やよい「はい!いつも長介が退治してくれているんですー!」

P「へぇ」

やよい「1人見つけると30人いるんですよー!」

P「そ…そんなに…」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:21:44.62 ID:zJmbW/C20
じゃあ俺の家にも

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:23:31.56 ID:OGmXUFKA0
伊織「ちょっと!何の話をしているのかと思ったら」

P「ん?伊織も知っているのか?」

伊織「当たり前でしょ!常識よ常識」

P「常識…伊織の家にはそういうのいなさそうだけどなぁ」

伊織「とにかく!もうその話はやめなさいよね!鳥肌がたつわ」

P「そっ…そんなに嫌だったのか…」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:25:36.91 ID:OGmXUFKA0
P「それで、どうするんだ?このままじゃ崩れるんじゃないか?」

律子「大丈夫です。さっき毒ダンゴを買ってきましたから」

P「毒ダンゴか…ネズミみたいだな…」

律子「絶対とっちめてやる…!」

P「りっ…律子…?」

律子「ぶつぶつ」

P「駄目だ…完全に我を忘れている…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:28:13.29 ID:OGmXUFKA0



P「…」

P「やっと一段落…」

P「ふぅ…もう真っ暗だな…」ガチャ スタスタ

P「…あっ…電気を消してないじゃないか…はぁ…」

ザクッザクッ

P「なっ…なんだこの音…」ガチャ

雪歩「…」ザクッザクッ

P「!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:31:03.54 ID:OGmXUFKA0
P「やっやめるんだ!」ダッ

雪歩「ひっ」トテテ

P「捕まえたぞ。一体何を…」

雪歩「はっ離してくださいいいいいぃ」バタバタ

P「もしかして…これが雪歩…?意外とかなり大きいんだな…」

雪歩「Pに捕まっちゃったよぉ…何されちゃうんだろう…怖いいい…」ジタ

P「あと臭い」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:34:27.70 ID:OGmXUFKA0
雪歩「どどどうするつもりなんですかぁ…」

P「どうって…うーん…考えてなかったな…」

雪歩「意味もなく人を羽交い絞めにしないでくださいよお!」

P「す…すまん…」

P「ちっ違う!事務所に悪さをしているのは君じゃないのか?」

雪歩「ご…ごめんなさいぃ…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:37:31.79 ID:OGmXUFKA0
P「素直なんだな…今すぐやめてくれないか?」

雪歩「むむむ無理ですよぉ!」

P「どうしてもか?」

雪歩「大地に打つ槌がずれても譲れませんんん」

P「困ったな」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:40:06.46 ID:OGmXUFKA0
P「穴を掘ってもいいから、ここで掘るのはやめてくれ…!頼む…」

雪歩「それなら…」

P「えっ?いいのか」

雪歩「は…はい…」

P「なんだ…案外あっさり…」

P「とりあえずここを出るぞ」

雪歩「はい」

ガチャ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:43:19.89 ID:OGmXUFKA0
P「それじゃ、雪歩。元気でな」スタスタ

雪歩「はい」

P「…」スタスタ

雪歩「…」

P「…」スタスタ

雪歩「…」

P「ふぅ…」ガチャ

雪歩「お邪魔します」

P「なんでだ?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:48:35.30 ID:OGmXUFKA0
雪歩「だって私…ちんちくりんだし…住む家ないし…」

P「外じゃ駄目なのか?外じゃ」

雪歩「駄目ですぅ!死んじゃいますよぉ!」

P「ううむ…」

P「事務所に戻したらいずれ殺されてしまうんだろうな…」

P「口も聞けるいい子なのに…どうして律子たちは…」

P「それにこの子にはなにか光る物を持っている気がする…」

P「教育して行動を改めさせたらきっと…!」

P「よし!飼おう!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:58:15.01 ID:OGmXUFKA0
雪歩「本当ですか?」

P「ああ、本当だよ」

雪歩「良かったですぅ…」

P「というわけでまず風呂だ!」ズイズイ

雪歩「え?ええ?」

P「何日入ってなかったんだ?相当臭うぞ」

P「ホラ早く、服を脱いでくれ」

雪歩「えっ…ええっと…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:04:54.44 ID:gBnGoZN90
P「服を脱ぐんだよ。体を洗いたい」

雪歩「そそそそそんなの絶対無理ですぅ!!」

雪歩「裸になるなんて恥ずかしすぎて雪歩汁になっちゃいますぅ!」

雪歩「温泉の元になっちゃいますぅ!!」

P「すまんすまん…1人で洗えるのか?」

雪歩「当たり前じゃないですかあ!」

P「そ…そうだったのか…」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:14:05.45 ID:gBnGoZN90
P「よし、だいぶ臭いはなくなったな」クンクン

雪歩「くすぐったいですよぉ…」

P「よーしよしよしよし」ワシャワシャワシャ

雪歩「ちょ」

P「よーしよしよしよし」ワシャワシャワシャ

雪歩「やm」

P「よーしよしよしよし」ワシャワシャワシャ

雪歩「なんなんですかぁ!!!」

P「す…すまん…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:20:15.59 ID:MR0wcZZC0
ムツゴロウかよ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:21:47.65 ID:gBnGoZN90
【次の日】

P「もう出る時間か…」

P「デビューさせてやりたいが…雪歩を事務所に連れて行くのは…」

P「絶対駄目だな…」

雪歩「zzz」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:27:32.74 ID:gBnGoZN90
ガチャ

P「雪歩、ただいま」

雪歩「おかえりなさい、です。プロデューサー」

P「よしよし」ワッシャワッシャ

雪歩2「おかえりなさいですぅ。プロデューサー」トテテ

P「…随分長い夢だなあ」

雪歩「夢じゃないですぅ!!」

P「ああ、そうか…そうだな…」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:35:43.28 ID:gBnGoZN90
P「どうしてこんなことになったんだ?」

雪歩「そんなの…私が知りたいですぅ!なんなんですかあ!」

P「どうしてこんなことに?」

雪歩2「わけがわからないですぅ!私の理解が行方不明ですぅ!!!!」

P「…」

P「どっちが本物…いや、昨日の雪歩なんだ?」

「「私ですぅ」」

P「よくわかったよ」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:44:44.16 ID:gBnGoZN90
P「よ…よし。今日は寝よう。」

雪歩「現実から逃亡しないでくださいよぉ…」

P「明日になれば何か進展するさ…ハハハ」

雪歩2「たしかに…もう睡魔にノックダウン寸前ですぅ…」




【次の朝】

雪歩「おはようございます。プロデューサー」

P「ああ、おはよう雪歩。」

P「おはよう。 …おはよう雪歩。」

P「…おは…よう…雪歩…」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:56:01.15 ID:gBnGoZN90
P「今日は2人も増えたのか、ハハハ」

雪歩「笑い事じゃないですよお!大事ですぅ!」

雪歩2「あわわわわ…」

雪歩3「なんなんですかぁ!もう…なんで…」

雪歩4「うるさいですぅ!!!!!」

P「ハハハ、事務所にいってくるよ。仲良くしているんだぞ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:58:21.48 ID:gBnGoZN90
【事務所】

P「あのさ伊織」

伊織「なななっ何よ…思いつめた顔しちゃって」

P「…雪歩についてだが…」

伊織「もうその話はしないでっていったでしょ。」プイ

P「あのさ伊織」

伊織「何よ///」

P「雪歩についてだ…」

伊織「…知らないわよ」プイ

P「あのさ…」

伊織「何よ///」

律子「飽きないのかしら…」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:01:14.26 ID:gBnGoZN90
伊織「なんですって!?」

P「いや…すまん…」

伊織「家まで連れて行きなさい!」

P「え?」

伊織「早く!!」

ダダダダダ ガチャ!

雪歩1542「暑くて狭くて苦しいですぅ…」

雪歩2491「暑いよぉ…」

伊織「えらいことしてくれた!」ピ、ポ、パ 

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:03:21.04 ID:gBnGoZN90
増殖する泣き虫な女の子達は月へと飛んでいった。

その選択は本当に最良の策だったのだろうか…

それはもうわかりえない

でも今するべきことは悔やむことではなくて

遅くまで事務所で目をみはらせていること。そして、

世にもっと多くのアイドルを出し続けることだ!

fin

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:03:33.95 ID:NU5znyHRO
おいこの展開って……

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:10:42.11 ID:RIzvYnwu0
お姫ちんの故郷が雪歩に蹂躙されちゃう



元スレ: 律子「今年もまた雪歩が出る時期になったわ…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1327760305/


[ 2020/12/24 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/33230-91daf1c0