ヘッドライン

小梅「あの子とイタズラ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444967792/

1 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:56:32.72 ID:F8400bTh0
小梅「輝子ちゃん…机の下にいるかな…?」

輝子「フヒ…いますよー……小梅ちゃんなんか用か…?」

乃々「森久保もいますけど…どうしたんですか…?」

小梅「あ、乃々ちゃんも…ち、ちょっと、実験してみたくて…付き合ってくれる…?」


ギラッ


乃々「実験…ですか?」(なんか今…)

輝子「どんなのかわからないが…小梅ちゃんの頼みなら協力するぞ…」(変な感覚が…?)


2 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:57:13.43 ID:F8400bTh0
小梅「ありがとう……! じゃ、じゃあ、入ってきて…」

幸子?「……」スゥッ

輝子「おお…幸子ちゃんもいたのか…」

乃々「幸子さんも関係してるんですか…?」(今まったく足音しなかったような…?)

小梅「や、やった……! ほ、本当にできた……!!」

幸子?「…!」ピョンピョン

輝子「……? できたって、何がだ…?」

小梅「えへへ…それはね…」


バ-ン


小梅輝子乃々「」ビクッ

3 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:57:39.35 ID:F8400bTh0
幸子「おはようございます! カワイイボクがきましたよ!」

輝子「フヒィ!!?」

乃々「あ…? 幸子…さん…? え? 幸子さん?」

小梅「あ…幸子ちゃん、おはよう…」

幸子「おはようございます小梅さん…なんで輝子さんと乃々さんは固まってるんですか?」

輝子「なんでって…幸子ちゃんはなんで何も感じないんだ…?」

幸子「? 何も感じないってなんですか?」

幸子?「」クルクル

4 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:58:24.20 ID:F8400bTh0
乃々「幸子さんには見えてない…? なんなんですか…幽霊とかですか… こわいぃー…」

幸子「乃々さんまでなんなんですか? 変な風にキョロキョロしちゃって」

小梅「…」


ギラッ


小梅「ん…幸子ちゃん、後ろ…」

幸子「後ろ?」クルッ

幸子?「」シ-ン

5 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:59:17.76 ID:F8400bTh0
幸子「おやいつの間に鏡なんて置いたんですか? まあカワイイボクをいろんな角度から見たくなるのはわかりますが!」ドヤァ

幸子?「」ドヤァ

乃々「あれ…見えてる…いやでもそれどう考えても鏡じゃ…」

輝子「何が…どうなってるんだ…」

幸子?「」チラッ

小梅「」コクリ

輝子「幸子ちゃんよく見ろ…今だって明らかに違う動きしてるぞ…」

幸子「へ?」

幸子?「」フワァ

乃々「あれ…なんかちょっと最初の幸子さん浮いてませんか…?」

6 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:59:47.13 ID:F8400bTh0
幸子「え? 何ですかこれ? 鏡じゃない!?」

幸子?「」フワフワ

小梅「………ゴー…!!」キラキラ

幸子?「」ブ-ン

幸子「うわあぁぁ!? ボクが飛んでる!?」

輝子「な、なんなのだこれは…どうすればよいのだ……!」

乃々「ひいいぃぃ……もうむぅーむりぃー…」


ヒイィィ--…ヒヒヒャッハァ-インザスカ-イ!! トンデテモボクハカワイイデスネ!

7 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:00:42.01 ID:F8400bTh0
幸子「で、これはどういうことなんですか小梅さん」

小梅「え、えっとね…これ、あの子なの……」

幸子?改めあの子「」ヤァ

輝子「フヒ…やっぱりか…」

幸子「それはまあ大体想像ついてましたけど…なんであの子さんがボク達にまで見えてるんですか?」

乃々「もしかして…これがさっき言っていた実験ってことですか…」

小梅「う、うん…なんか今朝起きたら変な力があって…他の人の霊視能力を増幅できたの…」

幸子「変な力にもほどがありますね!?」

8 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:01:19.04 ID:F8400bTh0
輝子「さ、さすが小梅ちゃんだな…私にもいつか他の人にキノコたちの声を聞かせられるんだろうか…」

幸子「輝子さんもはた迷惑な能力を望まないでください」

乃々「それはそれとして…あの子さんは幸子さんとそっくりさんだったんですか…すごい偶然もあるんですね…」

小梅「あ…それは違くて……お、お願い…」

あの子「」グニャァ

乃々「ひぃいいぃ!?」

乃々形態あの子「」ジャン

輝子「フヒ…今度はお隣さんが増えた」

9 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:01:49.57 ID:F8400bTh0
小梅「あの子は、結構高位の個体だから…外見は自由に変えられるの…」

輝子形態あの子「」ジャン

小梅「大きさも…自由自在で…」

ペロ形態あの子「」チョコン

小梅「無機物だって…余裕…」

ぴにゃこら太ソファ形態あの子「」デン

幸子「ほ、本当に自由すぎますよ…」

輝子「こ、これは…すごい、な」

小梅「み、みんなには…声も聞こえないし…触れもしないけど…ね…」

乃々「あ、本当だ…触ろうとしても触れない……怖いぃー…」

10 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:02:57.31 ID:F8400bTh0
幸子「1回も喋ってないのはそういうわけだったんですね…言いたいこととかはなんとなくわかりますけど」

ダヴィデ像形態あの子「」フンス

小梅「それでね…こんな能力に目覚めちゃったら…」

幸子「あ、待ってくださいこの流れは嫌な予感がします」

小梅「ほ、他の皆にも…イタズラするしかないと思って……!!」キラキラ

輝子「フヒ…小梅ちゃんも結構イタズラ好きだよな…」

幸子「ちょっと待ってくださいよこれすっごい怒られるやつじゃないですか?」

11 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:03:57.25 ID:F8400bTh0
小梅「でも…もうあの子もノリノリだし…」

落ち武者ゾンビ「」ヤロウゼ

幸子「うわっ! グロい!」

乃々「うう…大丈夫とわかってても外見だけで十分に怖いです…」

小梅「ど、どうかな…? 手伝ってくれる…? そうじゃなくても秘密にしといて欲しい…な…」

輝子「わ、私はいいぞ…ちょっと面白そうだし…フヒ」

幸子「…ストッパーとして手伝いましょう 暴走しすぎて本格的に怒られたら可哀想ですからね!」

乃々「森久保は机の下で黙ってます…」

小梅「あ、ありがとう…! じゃ、じゃあ、私が考えた配置に……」

………………

……

12 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:04:37.48 ID:F8400bTh0
小梅「ふふ…これで階段から上がってきてすぐに、一方的に姿が見える…」

幸子「パーテンションまで用意して準備万端じゃないですか…」

小梅「私が姿を見ないと…相手が見えるようにならないから…」

輝子「でもこれ…私たちいらなくないか…?」

小梅「だいたいはあの子まかせだけど…おどろかせるアイディアもちょっと欲しいし…」

小梅「い、一緒にやった方が…楽しいし…」

幸子「…フ、フフーン! 全く小梅さんはしょうがないですね!」

輝子「楽しむか…三人、一緒に…!」

13 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:05:34.89 ID:F8400bTh0




小梅(ひ、一人で怒られるのが怖かったっていうのもあるけど…それは黙っておこう…)




14 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:06:04.63 ID:F8400bTh0
輝子「フヒ…スタンバイ、完了…」

小梅「最初に来るのは誰かな…! 楽しみ、だね…!」

幸子「本当にノリノリですね小梅さん…」

小梅「トップバッターは…脅かしやすくて冗談が通じる人がいいな…」

幸子「おっと言ってるうちにだれかきたようですよ…あれは…」

小梅「珠美さんと…あやめさんだね…」

輝子「は、図ったように脅かしやすくて冗談通じそうな人たちだな…」

小梅「ま、まあスケジュールボード見たからね…」

幸子「小梅さん能力に目覚めたの本当に今朝なんですか!? 用意周到すぎやしませんか!?」

輝子「ど、どうどう……静かにしないと、バレる…」

15 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:07:22.33 ID:F8400bTh0
小梅「あの2人なら…落ち武者が1番、だよね…じゃあ早速…」


ギラッ


珠美あやめ「」ゾクッ

珠美「なんか今変な寒気が…」

あやめ「おや珠美殿もですか? この辺りの冷房効きすぎなのでしょうかな…」

珠美「いやそれにしてもチャンバラは楽しいですなー! 気の合う仲間と一緒だと尚更!」

あやめ「本当にそうですね! 忍者と侍だと色々なシチュエーションも楽しめますし!」

珠美「桃太◯侍と必殺仕◯人で立ち位置も主人公も真反対に出来ますしな!」

あやめ「まあでもやはり2人だと限界はありますね…誰かあと一人付き合ってくれる人がいれば……」ガチャ


落ち武者ゾンビ「」ズモモモモモモ


……パタン

16 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:08:28.71 ID:F8400bTh0
あやめ「…今なんか変なの見えませんでしたか?」

珠美「…い、いやに非現実的なものが見えた気がしますが…」

あやめ「ま、まあきっと誰かの作成物でしょう! 晶葉殿あたりのハロウィーン用ロボットとか!」

珠美「そ、そうですよね! そうに決まってます!」

珠美あやめ「……」ガチャ

あやめ「…あれ? ない?」

珠美「おや…? いやでも2人とも見えてたんだから見間違いってことは…」スタスタ

17 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:08:56.19 ID:F8400bTh0
あやめ「さっきはこの辺に立っていたような気がしたんですが…」クルッ


落ち武者ゾンビ「」ズモモモモモモ


あやめ「」

珠美「? あやめ殿、どうしましt…」クルッ

あやめ珠美「」


落ち武者ゾンビ「」オオオオオオオオオオオォォォォ!!!!



あやめ珠美「うぎゃあああああああああああああああ!!!!!!!!!」


アアアアアアアアアアアァァァァ…………

18 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:09:38.99 ID:F8400bTh0
小梅「ド、ドッキリ…大成功…!」

輝子「おお…え、えぐい……」

幸子「一回消えて部屋に入ってから再度背後に出現って…本気すぎますね…」

小梅「じゃ、じゃあ、この札…出してくる…」【ドッキリ大成功!!】

幸子「小梅さん正直に言いましょう? これ結構前から計画してましたよね?」

輝子「ドッキリ準備から方法まで、完璧すぎる…な…」

小梅「エ、エヘヘ…」

19 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:11:02.81 ID:F8400bTh0
あやめ「なるほど…これが噂のあの子殿でしたか」

小梅「2人とも…びっくりさせちゃってごめん、ね…?」

珠美「ま、まあ珠美はお姉さんですからな! お姉さんの威厳もギリギリ漏れ出なかったし許してあげましょう!」

幸子(お姉さんの威厳……漏れ……あっ)

輝子(フヒ…追求しないであげとこう…)

20 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:13:02.23 ID:F8400bTh0
あやめ「ちなみに今あの子殿はどんな形にもなれると聞きましたが…水戸の黄門様とかは…」

黄門様あの子「」コンナモン?

珠美「お…おおおおお!」

あやめ「さっ、さっきのことを水に流す代わりと言ってはなんですがっ!」

珠美「ちょ、ちょっとチャンバラごっこ……いや寸劇・水戸黄門に付き合ってくださいませんかっ!?」

21 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:14:06.44 ID:F8400bTh0


キンッキンッキンッキンッ



ヒカエイヒカエイ! コノモンドコロガメニハイラヌカー!!



22 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:15:29.00 ID:F8400bTh0
輝子「ちょ、ちょっと、楽しかったな…」

小梅「じゃあ気を取り直して…つぎは誰だろう…?」

幸子「そんなこと言ってだいたい検討はついてるんでしょう」

輝子「スケジュールボード的には、杏さんとかかな…?」

幸子「おっと噂をすれば影ですよ 杏さんへのドッキリプランはあるんですか?」

小梅「こ、今度はちょっと…方向性を変えてみる…」

杏「」スタスタダラダラ

23 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:16:02.22 ID:F8400bTh0
小梅「いくよ……」


ギラッ


杏「」ブルッ

杏「んー? なんか今悪寒が…これは休まないとダメだなーダラダラしなきゃなー」

杏「とりあえず休憩室のソファーで、体を休めなきゃなー」ガチャ


人をダメにするソファー「」デデドン

24 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:16:42.71 ID:F8400bTh0
杏「お…おー? これはまさかネットで話題になったあのソファーかな?」

杏「ん、なんか書いてある なになに…」

『人をダメにするソファーを置いてみました

見かけた人は思いっきりダイブして感触を確かめて感想を私かPさんにまで

千川ちひろ』

杏「おープロデューサー達も粋なことしてくれるねー」

25 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:17:56.41 ID:F8400bTh0
杏「まさに杏のためのものって感じだし……シワもなくまさしく新品っぽいし…じゃあ書いてある通りにダイブしてみようか!」

杏「きゃっほーい!」ピョ-ン


スカッ



杏「ふぎゃあああああーー!!!」ビタ-ン

26 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 13:18:44.06 ID:F8400bTh0
小梅「ドッキリ…大成功……!」

幸子「これまた酷な…」

輝子「か、顔…思いっきりうったんじゃないかあれ…?」

小梅「下に厚手の絨毯敷いておいたから…多分大丈夫…」

幸子「もう突っ込みませんよ」

輝子「フヒ…じゃあ、行くか…」【ドッキリ大成功】

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/16(金) 14:15:26.85 ID:5H8jkmDDo
杏ちゃんかわいそう

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/16(金) 14:47:18.33 ID:C6pAYegBO
ビターンは痛いな…w

35 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 23:46:51.82 ID:F8400bTh0
杏「なるほどねーこれが例のあの子かー」

小梅「う、うん…杏さん、痛かった…? ごめん、ね…」

杏「いやまあそこまで痛くはないんだけどね? ただクッションがすり抜けたとわかった瞬間は流石にちょっとひやっとしたけど」

幸子「そういえば触れないのはわかってるんですが、彼女に目を覆われるとどうなるんですか?」

巨大化あの子「」コウナル

幸子「うわっ暗っ!」

輝子「フヒ…何も見えないな」

36 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 23:47:29.09 ID:F8400bTh0
杏「正直これだけでも結構驚かせられるんじゃないかと思うけど」

小梅「ワンパターンじゃつまらないから…」

幸子「確かに前回も今回も手が込んでますよね」

杏「あ、これ杏が最初の被害者じゃないんだ」

輝子「ひ、被害者って…ひどいな」

幸子「いや誰がどう考えても被害者ですよ」

小梅「さ、さっきは…珠美さんとあやめさんを驚かした…」

落ち武者ゾンビ「」コウヤッテ

37 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 23:48:03.44 ID:F8400bTh0
杏「うわあグロい」

幸子「心臓に悪いから急にその姿にならないでください…」

輝子「私は、結構気に入ってきたんだけどな…このグロさ…」

杏「いやーでもそれはそれでちょっと見てみたかったなー」

小梅「効果時間内なら…映像の中でもあの子が見えるはずだから…」

輝子「? 映像……?」

小梅「上のモニター室にいるちひろさんに言えば…ビデオ見せてくれると思うよ……?」

38 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 23:48:39.57 ID:F8400bTh0
幸子「ちょっと待ってください!? え、全部撮ってたんですか!??」

小梅「ちひろさんに話したら…

『何かに使えるかもしれないし事務所内ドッキリとして録画してみましょうか』

って言って…準備とかそういうの手伝ってくれた…」

輝子「おお…もう…」

幸子「いやに手際がいい謎が解けましたね…」

小梅「ひ、秘密にしてて…ごめんね…」

幸子「まあもう些細な問題ですから、謝るほどじゃないですよ」

39 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 23:49:50.72 ID:F8400bTh0
杏「…取り敢えず杏はモニター室行けば前のも今のもこれからのも鑑賞できるってことでいい?」

小梅「そんな…感じ…」

杏「じゃあ行ってくるよー 休憩兼暇つぶしには最高の娯楽だ」

小梅「何かアイデア思いついたら…連絡して欲しい…です」

幸子「まだアイデア集めるんですか…」

杏「まかせろー そっちも面白いドッキリ期待してるからねー」

48 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:15:31.30 ID:2pDKmWdNO
小梅「次のいけn…ターg…標的は…」

幸子「2回言い直してそれですか…」

輝子「えっと次は…や、泰葉さんか…?」

幸子「泰葉さん…ですか? こう言ってはあれなんですが結構おどかしづらくありません?」

小梅「ま、まあ…おどかしやすい人ばかり来るわけじゃないからね…」

49 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:16:34.67 ID:2pDKmWdNO
幸子「それで次はどうするんですか? とりあえず落ち武者ゾンビで行くんですか?」

輝子(幸子ちゃんも既にかなりノリノリだな…)

小梅「う、ううん…時間も限られてるから…できる限りいろんなパターンを網羅したい…」

輝子「…? それは、ゾンビ以外のビックリの王道、ってことか…?」

小梅「そ、そう…幽霊系はさっきやったから…今度は人で驚かせる……!」

50 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:17:30.28 ID:2pDKmWdNO


輝子『こ、こっちは、スタンバイ完了したぞ…』

小梅「ありがとう…あとはこっちから泰葉さんが見えたら、教えるね…」

幸子「いやまたサイコホラーど真ん中というかなんというか…」

小梅「上手くいくかは…輝子ちゃんの演技力にかかってるから…」

輝子『フヒ…責任重大だな…で、でも、頑張る、ぞ…』

幸子「まあ輝子さんならヒャッハー状態に入ればかなり真に迫れると思いますよ」

輝子『フ、フヒ…て、照れる…』

幸子(あんまり褒め言葉っぽくない気がするんですけど照れるんですか)

51 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:19:04.46 ID:2pDKmWdNO


泰葉「」テクテク


小梅「……! 来た……!」

幸子「いよいよですね…輝子さん、通話切りますね」

輝子『お、おう…グッドラック…』ピッ

小梅「じゃあこっちも…」


ギラッ



52 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:19:54.44 ID:2pDKmWdNO
泰葉「」ブルッ

泰葉(……? 気のせいかな?)ガチャ


輝子「フヒッ……フヒヒヒッ…………!!」ザクッザクッザクッ

首ちぎれかけ小梅「」

内臓ぶちまけ幸子「」


泰葉「」

泰葉「い、いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

53 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:21:58.98 ID:2pDKmWdNO
泰葉「輝子ちゃん…!? な、何を、何をしてるんですか!!?」

輝子「フヒッ…あ、や、泰葉さん…何をって…」

泰葉「小梅ちゃんも、幸子ちゃんも…昔からの輝子ちゃんのユニットメンバーで、とっても仲良しだったはずなのに! どうして、どうして、こんな……!?」

輝子「だ、だから……だれにも取られないように……」

泰葉「え……」

54 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:25:24.31 ID:2pDKmWdNO
輝子「KBYDとか…らんこうめデュオとか…ふ、2人が、何処かに行っちゃう気がして…」

輝子「わ、私はなんだかんだ2人がいないと駄目なんだ…だから、離れていかれる前に、キノコにすればずっと一緒……」

輝子「フ、フヒ…! 人間を苗床にするキノコを埋め込めば、幸子も! 小梅も! 私とだけ話せる私だけの親友だ! 誰にも、渡さねえええぇぇぇーーー!」

泰葉「こ、こんなにした上キノコの苗床なんて…ひ、ひ、ひどすぎる……! そんなこと、しちゃ駄目だよ!」ダッ

輝子「近づくなぁ!!」ブンッ

泰葉「ひっ……だ、誰か…誰かぁ! 誰か来てぇ!!? 輝子ちゃんを止めてぇ!!!」

55 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:26:15.38 ID:2pDKmWdNO




小梅「は、はーい…って…ココで出るのが美しい…」

幸子「泰葉さん本当に本当にごめんなさいどうか寛大な裁量をお願いします」【ドッキリ大成功】




泰葉「きゃああああああああぁぁぁぁぁぁぁあああああ!???!?!!?!!」


56 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:27:16.66 ID:2pDKmWdNO
泰葉「こ、これが噂のあの子…ほ、本当にビックリした…」

小梅「ほ、本当にごめんなさい…ちょっとやりすぎた、かも…」

あの子「」スマンネ

泰葉「死体にも驚いたけど、輝子ちゃんの演技にも驚いたよ…物凄い迫力だった」

輝子「ま、まあ1割弱くらいは本心も混じってたからな…」

幸子「え…ちょ、ちょっと怖いんですけど何処が本心か聞いていいですか…?」

57 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/19(月) 15:29:30.63 ID:2pDKmWdNO
輝子「2人がいなきゃ駄目ってとこだけど…独占したいとも、離れていくとも思ってない、ぞ…」

小梅「そもそも輝子ちゃんも、机の下グループとかあるしね…」

幸子「ふふーん、でもその通りですよ! ボクたちはいつでも、いつまでも最高の友達ですからね!」


フヒヒエヘヘキャッキャウフフ-ン


泰葉「……なんかいい話で終わろうとしてるけど今からお説教だよっ!」

小梅「あ…や、やっぱり…」

輝子幸子「す、すみませんでした……」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 小梅「あの子とイタズラ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444967792/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/33222-120c802b