ヘッドライン

木場真奈美「ヒッポロ系ニャポーンさ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389528758/

1 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:12:38.74 ID:ys7zKfPo0
初SSですので見にくかったりと不備があるかもしれませんが、どうぞお付き合いください

モバマス×グルグルSSです

2 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:14:31.44 ID:ys7zKfPo0
とある日の事務所


モバP「ただいま帰りま…ん?なんだ、騒がしいな?」

みく「…………」

モバP「お、みくおはよう。俺が営業に行ってる間に何かあったのか?」

みく「…………」

モバP「……みく?」

みく「オアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

モバP「な、なんだこの力の抜ける声は……」ヘニャ

みく「ーーーーーーーーーーーーーーーーー。
…………」

モバP「な、鳴き止んだか。んー、これは他の人に聞いた方がよさそうだな」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 21:15:14.01 ID:ns0UgBwn0
なつかしいwwww

4 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:23:53.36 ID:ys7zKfPo0
真奈美「やぁ、おはよう」

モバP「真奈美さん、おはようございます」

真奈美「なんだか騒がしいみたいだが、何かあったのかい?」

モバP「それが、俺もさっき営業から帰ってきたところで……」

真奈美「ふむ。なら、千川君にでも聞いてみるか」

モバP「そうですね。えーと、ちひろさんは……あ、仮眠室の方にいますね。ちひろさーん」テクテク

ちひろ「あ、プロデューサーさん、おかえりなさい。真奈美さんも、おはようございます」

真奈美「あぁ、おはよう。ところで早速で悪いんだが、何かあったのかい?」

ちひろ「それがですね……なんと言いますか、何人かが野生化しちゃったんですよ」

モバP「そうだ、営業へ行こう」クルッ

真奈美「君は今帰ってきたところだろう。ゆっくり休めばいいよ」ガシッ

モバP「ははは……はい」

ちひろ「でも、帰ってきてくれてよかったです。さっきまで暴れまわって大変だったんですからね?今はとりあえずみんな仮眠室に入れられたので落ち着きましたけど」

5 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:26:02.80 ID:ys7zKfPo0
モバP「野生化って、いったいどういうことですか?」

ちひろ「そのままの意味なんですけども……。そうですね、一回見てもらえればわかると思います」

ちひろ「ちょっとだけ扉を開けるので、覗いてみてください」

ガチャ

モバP「どれどれ……」ソーッ



きらり「ウニョラー!!」

法子「トッピロキー!!」

かな子「キロキロー!!」

みちる「モキレー!!」

李衣菜「ウッヒョー!!」

モバP「おいこら多田、こっち来い」

8 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:35:45.13 ID:ys7zKfPo0
李衣菜「もう、折角みんなとロックな気分になってたのに何ですか?」ブーブー

モバP「お前一回ロックが何か、辞書で調べた方がいいぞ……」

真奈美「まぁ、それは今はいいじゃないか。ところで、彼女たちの様子がおかしい理由に心当たりはないかい?」

李衣菜「心当たりですか?んー、そうですね……あ!みんな、麗奈ちゃんの持ってきたお菓子を食べてからテンションが上がってましたよ!」

ちひろ「そういえば、確かに今日は麗奈ちゃんがお菓子を持ってきていましたね」

モバP「となると、今回の事件の原因は」

真奈美「十中八九、そのお菓子だろうね。……そうは思わないかい、小関君?」

麗奈「げ」ギクッ

真奈美「そうしてコソコソと逃げようとしているということは、何か心当たりがあるようだね?」

麗奈「な、なーんのことかしら?」ダラダラ

モバP「あからさまだな……」

ちひろ「麗奈ちゃん」

麗奈「な、何よ?」

ちひろ「白状するのと白状させられるのと、どっちがいい?」ニッコリ

麗奈「……はい、心当たりあります」

9 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:40:31.58 ID:ys7zKfPo0
モバP「で、今回はお菓子に何を仕込んだんだ?興奮剤か何かか?」

麗奈「そ、そんなの入れてないわよ!ただアタシは、近くのスーパーにあった青とうがらしを入れただけで……」

真奈美「青とうがらしだって?」

ちひろ「唐辛子を食べただけであんなことに?」

真奈美「千川君、おそらく君の考えている唐辛子と、件の青とうがらしは全くの別物だ」

モバP「と言いますと?」

真奈美「青とうがらしは、バーサーカーペッパーとも言われていてね。あまりの辛さから、食べた人間は暴走してしまうそうだ」

ちひろ「なるほど……」

11 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:54:49.37 ID:ys7zKfPo0
麗奈「あ、あれってそんなに辛かったの?」シラナカッタ

モバP「お前な……イタズラするなとは言わないさ、それで笑顔になれることもあるからな。
    だが、今回のはイタズラですまないレベルだぞ?
    たまたま今日は休みのアイドル達ばかりだからよかったものの、もし仕事の入っている子がいたらどうするつもりだったんだ?」

麗奈「それは、その……」

ちひろ「どうしましょう、本気の説教が始まっちゃいましたよ」ヒソヒソ

真奈美「頃合いを見てフォローを入れてあげよう。小関君にとっても、この状況は予想外だったみたいだしね」ヒソヒソ

ちひろ「ですね。それに、今はそれどころじゃないですしね」ヒソヒソ

モバP「下調べもろくにせずに、しかも食べ物なんて何があるかわからないんだぞ。
    今だって、辛さで野生化しているだけだが、もし喉を痛めていたりしたら大問題だ。
    お前にその責任がとれるのか?」

麗奈「う……」

ちひろ「ま、まぁまぁ、プロデューサーさん?何もそこまで言わなくても……」

モバP「いえ、たまにはガツンと言ってやらないと」

12 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 21:59:56.92 ID:ys7zKfPo0
麗奈「……わかったわよ。アタシがどうにかすればいいんでしょう?!
   ふん、見てなさい!このレイナサマにかかればあんなの一発で治るわよ!
   アーハッハッハ……ゲホゲホッ!」ダダダダー

モバP「あ、麗奈!」

ちひろ「もう、プロデューサーさんが追い込んじゃうからですよ!
    というか、仮眠室に入っていきましたけど、どうするつもりなんでしょう?」


コラー!アンタタチコノアタシガキテアゲタンダカラ,サッサトモトニモドリナサイ!!

イツマデアソンデ…チョ,チョットナンデチカヅイテクルノヨ

サ,サガリナサイ!サガリナサ…イヤー!!


ガチャ

麗奈「むぅりぃーー!!」ダダダダー

モバP「テンパり過ぎてキャラ変わってるぞ!?」

ちひろ「って、扉開けっぱなしですよ!」

真奈美「私が閉めに…くそ、間に合わない!」

13 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 22:08:13.14 ID:ys7zKfPo0
きらり「ウニョワー!!」

モバP「きらり暴れるなー!物理的に危ないー!」

かな子「トッピロキー!!」

モバP「やめてー!いつものかな子に戻ってー!」

法子「キタキター!!」ピーヒャララー

モバP「いやー!法子のそんな踊り見たくないー!!」

ダイコンモッテダイコンラン…フフフ

みちる「フゴフゴ!フゴフゴゴ!!」モグモグ

モバP「俺の昼飯がー!って、今の誰だ!?」

ワーワーギャーギャーウッヒョー

オイコラタダー!!

14 : ◆fvTvSLzVCk 2014/01/12(日) 22:13:28.88 ID:ys7zKfPo0
数分後


モバP「な、なんとかなった…」

ちひろ「ドーナツが余っていてよかったですね…」

真奈美「しかし、根本的な解決が全くなされていないな」

ちひろ「ですね。何か治療法が見つかるといいんですが」

モバP「真奈美さんは青とうがらしについて知っていたみたいですけど、何か心当たりはないんですか?」

真奈美「……ふむ、実はひとつだけ」

モバP「あるんですか!?」

真奈美「あぁ」


真奈美「ヒッポロ系ニャポーンさ」

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:19:08.79 ID:ys7zKfPo0
菜々「あー、それでナナが呼ばれたんですね」

モバP「オフなのにわざわざすまないな」

菜々「いえいえ!事務所のみんなのためですから!」

真奈美「流石、安部さんは人ができていますね」

菜々「ちょっと木場さんどうして敬語なんて使うんですか!?」

真奈美「?いや、やはり目上の人間には敬意を……」

菜々「な、ナナは17歳なんです!なので敬意なんていらないですから!」

真奈美「そうです……いや、そうかい?なら、そうさせてもらうよ」

モバP(木場さんの敬語はじめて聞いた……。菜々さんていくつなんだ?)

菜々(だから17歳です!)

モバP(こいつ直接脳内に……!?)

ちひろ(それはそうと早く話を進めましょう?)

真奈美(そうだな。菜々君、お願いできるかい?)

モバP「なにこれこわい」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:25:45.34 ID:ys7zKfPo0
菜々「えーと、ヒッポロ系ニャポーンのことでしたよね?」

真奈美「あぁ、ヒッポロ系ニャポーンだ」

モバP「ヒッポロ系のニャポーンなんて、名前からは想像もつかないですね」

ちひろ「ヒッポロ系ニャポーンっていったい……」

真奈美「言い出したのは私だがやめてくれ。ヒッポロ系ニャポーンでゲシュタルト崩壊しそうだ」

菜々「ハハハ……。えーと、ちょっと待ってくださいね。ここしばらく使う機会なんてなかったので……今思い出しますから……」ミューンミューン

ピコーン

菜々「思い出しました!たしか『肩ぐるまして後向きに乗り二本のゴボウを持った歌舞伎顔の男』です!」

モバP「はい?」

ちひろ「ということは、プロデューサーさんを誰かが肩車しないといけないですね……」

モバP「いや、ちょっと」

真奈美「その役目は私が引き受けよう。これでも体はしっかり鍛えているつもりだからね」

モバP「だから、あの」

菜々「たしか台所にこないだ使ったゴボウが……あ、ちょうど二本ありますよー!」

モバP「え、なに、俺がおかしいの?」

真奈美「さて、それじゃあ早速メイクに取りかかるとしよう。しばらく目をつむっていてくれるかい?」

モバP「あ、はい」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:29:22.56 ID:ys7zKfPo0
菜々「よし、これで準備はオッケーですね!」

モバP「……」ィヨーウ

ちひろ「じゃあ私がドアを開けますね。あ、くれぐれも転んだりしないように気を付けてください」

真奈美「あぁ。よし、私はいつでもいいぞ」

ちひろ「プロデューサーさんも大丈夫ですか?」

モバP「あ、はい」ィヨーウ

ちひろ「では、いきます!」ガチャ

真奈美「よし、しっかり捕まっているんだぞ」ダダダダー

ゴンッ!

菜々「あ゛」

モバP「ぐあぁぁぁあぁあーーー!!」ゴロゴロ

ちひろ「ぷ、プロデューサーさーん!」

19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:34:10.13 ID:ys7zKfPo0
菜々「プロデューサーさん、大丈夫ですか?」

モバP「あぁ、なんとか痛みは引いたよ……」ア,タンコブ

真奈美「す、すまない。転ばないことに意識をとられ過ぎていてドアの高さを失念してしまっていた」

モバP「いえ、俺も気づいてなかったので、気にしないでください。しかし、次からは気を付けないとダメですね」

菜々「あ、あのー」

モバP「ん?」

菜々「えーとその、申し上げにくいんですけど……さっきのはちょっと違っていたかなーって」

ちひろ「えぇ!?」

真奈美「そ、そんな…!!」

菜々「あれは弱点でした」

モバP「うん、薄々気づいて…弱点!?なんの!?」

菜々「すみません、プロデューサーさん。せっかく体をはってあんなことをしてくれたのに……」

モバP「え、あ、うん。まぁ……いいって、間違いは誰にでもあるしな。それで、違うって気づいたってことは、何か他の方法を思い出したのか?」

菜々「あ、はい!えーとですね、『 パンを尻にはさみ右手の指を鼻の穴に入れ、左手でボクシングをしながら 「いのちをだいじに」と叫ぶ』んです!」

モバP「は?」

ちひろ「あ、私のお昼のパンを使ってください」

モバP「いやいやいや」

真奈美「そういえば今日はフィットネス用にグローブを持ってきていたな……」

モバP「お願いシンデレラ、話を聞いて」

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:40:59.63 ID:ys7zKfPo0
菜々「問題は誰がやるかですね…」

モバP「やるのは決定なんだ」

真奈美「私が引き受けよう。先程は彼にケガをさせてしまったしね。名誉挽回だ」

菜々「いえ、ナナが間違ってしまったのがそもそもの原因なんですから、ナナが責任をもってやります!」

ちひろ「そんな!いくら事務所の中とはいえ、アイドルのお尻にパンなんて……!ここは私に任せてください!」

真奈美「いや、しかしだな千川君。君こそ十分にアイドルになれるほどに美しいんだ。そんな君が、鼻に指を突っ込んでいるところなんて私は見たくない」

菜々「そ、そんなこと言ったら、ナナだって真奈美さんのそんな姿見たくないです!」

ちひろ「むー、困りましたね」

真奈美「どうしたものか……」

モバP「あのー俺がやりますよ」

真奈美「そんな、君に頼ってばかりは……」

モバP「いえ、いいんですよ。俺もみなさんのそんな姿は見たくはないですし……。
   それに、こうした非常時だからこそ、男の俺が頑張らないでどうするんですか。
   女性を、ましてや自分の大切なアイドルたちを助けられなくて、何がプロデューサー……いや、男ですか!!」

奈緒「ハァー!?くっさー!!」

菜々「プロデューサーさんがそこまで言うなら……わかりました、お願いします」

真奈美「今日ほど女である自分の体を呪ったことはないよ……」

ちひろ「プロデューサーさん……すみません。いえ、ありがとうございます。あ、このパンを使ってください」

モバP「待って今何かいた」

真ち菜「?」キョトン

モバP「あっれー、なんでみんな気づかないかなー?」

真奈美「さぁ、グローブだ。レディスだが、フリーサイズだからきっと入ると思う。どうぞ、使ってくれ」

菜々「プロデューサーさん、左手でボクシングですからね?」

ちひろ「じゃあ、私がまた開けますから、お願いします」

モバP「うん……もういいよ」

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 22:55:40.72 ID:ys7zKfPo0
ちひろ「いきますよ、プロデューサーさん!」ガチャ

モバP「もうどうとでもなれー!みんなー!!」

きか法み「!?」

モバP「いのちをだいじに!いのちをだいじに!」シュッシュッ

みちる「…………」

モバP「いのちをだいじに!いのちをだいじに!」シュッシュッ

みちる「…………」テクテク

ちひろ「あ、みちるちゃんが真顔で近づいてきますよ!」

真奈美「どうやら効果があったようだね」

菜々「ふー、よかったです」ヤレヤレ

モバP「いのちをだいじに!いのちをだいじに!」シュッシュッ

みちる「…………」

モバP「いのちをだいじに!いのぶべらっ!?」バチコーン

ちひろ「みちるちゃんが無言でビンタを!?」

モバP「ちょ、ちょっとみちイダイッ!!」バチーン

菜々「プロデューサーさん、一旦逃げてください!」

モバP「わ、わかった!」

真奈美「よし、とりあえず追撃が来る前に扉を閉めよう!」

菜々「は、はい!」バタン

22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 23:01:12.65 ID:ys7zKfPo0
モバP「もういやだおうち帰る」シクシク

真奈美「ま、まあまあ、そんなこと言わずに」

ちひろ「きっとみちるちゃんにも何か理由が……って、たぶんパンですよね」

菜々「もしかして、お尻にパンを挟んでいたのがみちるちゃんには許せなかったんじゃ……」

真奈美「その可能性は大いに有り得るが……そうなると、大原君の前ではこの方法は取れなくなってしまったな……」

ちひろ「困りましたね……せっかく有効そうだと思ったのに」

菜々「あ、あのーそのことなんですけど……」

真奈美「……まさか?」

菜々「……キャハ☆」テヘペロ

モバP「ちひろさん、真奈美さん。少し提案があるんですけど」

ちひろ「はい」

真奈美「なんだい?」

モバP「生け贄って効果あると思いません?」

菜々「ちょ、プロデューサーさん!?」

ちひろ「生け贄…拘束……縄、あったかしら」

菜々「不穏なこと口走らないでくださいよ!!」

真奈美「最悪、タオルで手足を縛ればいいんじゃないか?」

菜々「なんだかリアルなんですけど!」

モバP「当然だろ、本気なんだから」

菜々「あ、あと一回!あと一回だけチャンスをください!後生ですから!」

モバP「……仏の顔も、だからな」

菜々「そんなプレッシャーをかけないでくださいよ……。んー」ミューンミューン

ピコーン!

菜々「思いだしました!今度こそ大丈夫です!」

モバP「本当だろうな……。で、今度は俺は何をすればいいんだ?」

菜々「い、いえ、これはナナがやらないといけないので……。あ、ですけどお手伝いはしていただきたいです!」

真奈美「手伝いとは?」

菜々「はい、野生化……たしかウニョラー化っていうんですけど、ウニョラー化した人たちの動きをしばらく封じて欲しいんです」

ちひろ「またドーナツを用意します?」

モバP「いや、あれは動きを止めるというか牽制してるだけだからなぁ……」

真奈美「動きを止める、か。いっそ、眠るまで待つかい?」

菜々「それだと、気づかれると暴れられそうですし……何かで力を入らなくするとか?」

ちひろ「力を…筋肉を……すみません、ちょっと清良さんのところに」

モバP「アウトー!!」

ちひろ「じゃあ、輝子ちゃんのところに……」

モバP「ダメ、絶対!!」

ちひろ「むー。それじゃあ、何か他にいい方法あります?」

モバP「動けなくですよね?……あっ!ちょっと待っててくださいね!」

23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 23:09:34.00 ID:ys7zKfPo0
モバP「お待たせしました。こいつに協力してもらいます」

真奈美「前川君に?」

ちひろ「どうしてですか?」

モバP「まぁ、見て……聞いてもらえればわかります。みく、頼む」

みく「オアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

真奈美「な、なんだ、この気の抜ける声は」ヘニャ

菜々「か、体の力が抜けます……」フニャ

ちひろ「これなら効果はありそうですけど……私たちも動けなくなっちゃいそうですね」フニャ

モバP「まぁ、耳栓でもすれば大丈夫でしょう。よし、それじゃあ早速行きましょう!」



モバP「じゃあ、さっき話した通り行くぞ?」(・・)bオーケー?

菜々(耳栓)「はい!」(o^-')b !

ちひろ「私も準備オーケーです!」

モバP「よし……みく、頼む」

みく「オアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

ちひろ「あ、開けます……」フニャ

菜々「ナナ、いっきまーす!」

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 23:12:23.75 ID:ys7zKfPo0
モバP「お、あいつらも脱力してますよ」フニャ

真奈美「ふむ、どうやら成功のようだね」ヘニャ

ちひろ「あとは菜々ちゃんの言っていた方法が正しいかどうかですね……」フニャ


菜々「みんな動かないでくださいねー。ハァー………ニャポットナー!!」カッ!!

ウニョラーs「!!!」

ばたんきゅ?




数時間後

モバP(しばらくしてから目を覚ました彼女たちは、いつもとなんら変わりのない様子だった。
   幸いなことに、ウニョラー化していたときの記憶はなくなっていたようだし。
   かな子や法子があのときのことを覚えていたりしたら、土下座でも……いや、下手するとアイドルをやめると言いかねんからな)

モバP(そういう理由もあって、今回の事件は口外厳禁。
   そして、原因を作った麗奈には真奈美さんの折檻を受けてもらった。これでしばらくは懲りるだろう)

ガチャ

惠「おはようございます…。あら、Pさん」

モバP「お、惠か、おはよう。今日はオフだったはずじゃ?」

惠「えぇ。オフだけどちょっと旅行に行っていたから、そのお土産を持ってきたのよ」

モバP「本当に旅が好きなんだな。どれどれ?お、チョコレートか」

惠「ちょっと変わったチョコレートを見つけたのよ。味は食べてからのお楽しみよ。あら、かな子ちゃんじゃない。よかったらあなたもどう?」

かな子「おはようございます、惠さん。あ、チョコですか?ありがとうございます!それじゃあ早速…」ヒョイパク

モバP「よし、俺も…って、なんだこれ、チョコなのに辛いぞ!?」

惠「ふふふ。実はそれ、韓国で買ってきた唐辛子チョコよ」

モバP「唐辛子チョコ?へぇーそんなのもあるんだな…って、唐辛子?」

惠「?えぇ、唐辛子よ?」

モバP「まさか…」クルッ

かな子「…………」

モバP「……あぁ」モシカシテ…




かな子「ウニョラー!!!」




おわり

25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 23:24:05.85 ID:ys7zKfPo0
以上で終わりです。グルグルとのクロスSSと書きましたが、グルグル要素弱くてすみません

そして、コメント等ありがとうございます


もしまた書く事があれば今度はパプワくんで書いてみるかもしれないです

どうもありがとうございました




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 木場真奈美「ヒッポロ系ニャポーンさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389528758/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER GOLD RUSH! 05 オレンジタイム(メガジャケ付)
輿水幸子(CV:竹達彩奈)(アーティスト), 白坂小梅(CV:桜咲千依)(アーティスト), 星輝子(CV:松田颯水)(アーティスト)

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/33109-6d6ab192