ヘッドライン

雪歩「初めの一歩」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371038591/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:03:11.38 ID:uPlaearc0
11月下旬

雪が散らつく中、銀色の町に黄色のテープで描かれている『765』の文字が映える。

「この建物が…今日から俺の…」

呟くと、後方から俺を呼び掛ける声が聞こえた。

「あのう…」

「はい!?」

突然に話しかけられたものだから、俺は声をひっくり返し返事をした。

「あなたが…ここの…新しいプロデューサーさん?」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:09:56.08 ID:uPlaearc0
彼女はここの事務員として勤めているらしい。

名前は【音無小鳥】と言った。

「あの、プロデューサーさん…社長からお話がしたいと…」

小鳥さんが言う。

「はい、分かりました。」

と、返事をすると、社長室まで案内してくれた。

「こちらです」

「どうも」

立ち去っていく小鳥さんにお礼を言うと、俺は目の前にある薄暗い部屋に入っていった。

「こんにちは、高木社長。お久しぶりです」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:17:49.95 ID:uPlaearc0
俺が都内の街を歩いていると、突然この男性に声を掛けられたのだ。

『君、アイドルのプロデュースに興味はないかね』

俺はその場で、少し顔をしかめながら適当に切り離そうとした。

『ありませんよ。それじゃあ…急いでるので』

もちろん[急いでる]なんていうのは逃げるための口実に過ぎない。

うまくいった。と思ったが、その男性は更に続けてくる。

『君を見かけた瞬間、ピンと来たんだ。彼なら一人の女の子を栄光に導けるかもしれない、とね。』

何を言ってるんだ、と思いながらも、少しだけ興味が湧いていた。

『あー、とにかく私の名刺を渡しておこう。もしその気なら、社員総出で歓迎しよう』

どうやらこの男性は本気らしい。本気で俺をスカウトしようとしている。

『それじゃあ』

と、残し男性は去っていった。

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:23:37.58 ID:uPlaearc0
「あの時は…驚きましたよ。」

俺は微笑しながら話しかけた。

「まずは…君の人生を変えてしまったことを謝らせてほしい。すまなかった。」

長身の社長が頭を下げる姿に、あまりに驚いたものだから、俺は咄嗟に

「いえいえ、こちらこそ申し訳ございません!」

何が申し訳ないのかわからなかった。気がついたらそう言っていたのだ。

「あー、いきなり本題に移らせてもらうが…」

社長の声の調子が初めて出会った日のようになっていた。

「君は…どの娘をプロデュースしたいかね?」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:33:58.90 ID:uPlaearc0
「じゃあ…この娘で…」

俺が指差した銀髪の少女は【四条貴音】というらしい。

俺は面食いだったため、単純に容姿だけで美しいと思った彼女を選んだのだが

「ほほう。四条くんかね!彼女はいろいろと謎が多くてねぇ…我々にもわからないことが山ほどあるのだよ」

「ええっ…」

更に社長が何か続けようとしていたが、[謎が多い]という事を聞いて、この娘のプロデュースは断念した。

「それじゃあ…この娘…」

順番に指差しては社長が説明をくれた。

全員分の説明を聞いた後、俺は悩んだ。

「この娘たち…ちょっと俺にはあわないかもしれないです…」

掠れたような声で恐る恐る呟いてみた。

「そうかね…」

社長はとても残念そうな表情だったが、俺はあまり気にならなかった。

「入社の手続きは済ませてあるんですよね…なら事務業だけでも…」

一応、気を遣うように言ってみた。

「そうかね…」

その時、一人の女の子の声が事務所内に響いてきた。

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:38:40.55 ID:uPlaearc0
「おはようございますぅ…」

弱々しそうなその高い声は、【萩原雪歩】のものだった。

「あら、雪歩ちゃん。おはよう」

小鳥さんが挨拶を返す声が聞こえた。

「会ってみるかね…?」

俺が少しソワソワしてたのか、社長が察したかのように俺に言ってきた。

「でも…確か男性嫌いだと…」

「会ってみればわかるさ」

俺は【萩原雪歩】に会いに行ってみることにした。

どんな娘だろう…

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:42:02.32 ID:uPlaearc0
「おはよう!萩原くん!」

社長が威勢のいい挨拶を飛ばす。

すると雪歩は少し怯えたように…

「おはようございますぅ…ヒッ!」

どうやら俺の存在に気づいたらしい。案の定俺も怖がられた。

しかしそんなことは気にならなかった。俺はもっと別なことを気にしていたからだ。

この娘…雪歩は…写真で見るよりも、説明を聞くよりも…

ずっと可愛い…

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:47:25.66 ID:uPlaearc0
我に返ると、社長が雪歩に俺の説明をしているところだった。

「ーーーで…そうだ、君からも何か一言言ってくれたまえ」

「は、はい」

たった一人の少女相手に、すごく緊張していた。

俺は自己紹介を終えたが、雪歩はまるで聞いていないようだった。

怯えていたのだ。本来ならここで慰めの言葉すらも掛けてはいけないのだろう。

しかし、何を思ったのか…俺はとんでもないことを口走っていたのだ。

「君のプロデュースがしたい」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:52:52.83 ID:uPlaearc0
「ほほう!そうかね!それなら…」

社長が話を進めようとしていたが、雪歩には我慢ができなかったらしい。

「お、男の人はイヤですぅ!」

「わ、私…穴掘って埋まってますぅぅぅ!」

突然どこからかスコップを取りだし、コンクリートの床に穴を掘り始める。

「や、やめろって!」

雪歩を止め、気づいた頃には遅かった。

雪歩の腕を掴んでいた。

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:58:42.81 ID:uPlaearc0
しかし予想外にも程がある出来事がおきた。

雪歩がまったく怖がらないのだ…

「あれ…?怖くないのか、俺のこと」

不安気に俺は訊ねた。

「怖いですけど…なんだか…大丈夫な気がします…」

小鳥さんと社長は何が起こっているのか分からなそうな表情をしていた。

事実、俺にも分からなかった。

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:05:46.84 ID:uPlaearc0
晴れて俺は雪歩のプロデュースをすることになった。

765プロの他のアイドル達とも一通り顔を合わせ、一足先に一歩を踏み出すことになった。

雪歩と一緒に……

「それじゃあ雪歩、仕事に行こうか」

「は、はい!」

俺と雪歩がそんなやり取りをしてると、雪歩の隣に座っていたボーイッシュな娘が言葉を漏らす。

「いいなぁ…雪歩、頑張って来てね!」

彼女は【菊地真】。ボーイッシュな外見に伴い、言動までもが男の子らしい。

「うん、行ってくるね」

雪歩が返すと、ドアを開け、事務所を出ていった。

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:16:02.82 ID:uPlaearc0
最初の営業を終え、俺が一息ついていると、雪歩は近くにあった自販機で買ったお茶を俺に渡してくれた。

「お疲れ様でした」

雪歩はニコリと笑ってこちらを見る。

「本当は…俺の仕事なのにな…」

情けない顔をして、自分で呆れる。

「いいんです。私…プロデューサーが来てくれて嬉しかったから…」

「え?」

「私…ダメダメだから…そんな自分を変えたくてアイドルになったんです。」

社長から聞いた話と一致した。

「それなのに…全然お仕事がもらえなくて…辞めちゃおうかな…って思ってたんです…」

「そしたらプロデューサーが来て、私をプロデュースしたいって言ってくれました」

「雪歩……ありがとうな。そういう風に言われると、俺も俄然やる気が出てくるよ」

ガッツポーズをしながら雪歩の思いに応えてみせた。

「はい、宜しくお願いしますね。プロデューサー」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:20:23.63 ID:uPlaearc0
それから、雪歩は順調に歩みを進めていった。

小さな出版社のモデルから始まり、ラジオでコーナーを持たせて貰うようになったと思えば、いきなりドラマの主演のオファーが来たりと、絶好調だった。

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:32:46.84 ID:uPlaearc0
「雪歩、最近調子いいじゃないか!これからもこの調子で頑張れ!」

「はい!」

ーーーーーーー

『今日の撮影、表情が堅いってカメラマンさんが言ってたぞ。もう少し笑ってくれ…』

「笑って…か…」

ーーーーーーー

「おお、雪歩…おはよう。早いじゃないか」

「早く起きちゃったので…少しだけ早く来てみようかなって…」

ーーーーーーー

大分月日が過ぎた…

今は11月の下旬。そう…あの日から一年が経過したのだ。

「私…プロデューサーといる毎日が楽しいんです」

「プロデューサーとの会話が嬉しいんです。それがどんなに些細なことでも」

「プロデューサーと…離れたくないんです…」

「お願いです…プロデューサー…」

「ダメだ…俺は…雪歩の気持ちには応えることはできない」

すまない…雪歩……

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:41:05.23 ID:uPlaearc0
俺は…雪歩の気持ちになんて気づいていなかった。

「いいんです…。そうですよね…プロデューサーなら、そう言ってくれるって思ってました」

「雪歩…ごめんな…」

「いいんです。これで…諦めがつきましたから…」

雪歩の瞳には涙が滲んでいた。俺は見て見ぬふりしかできなかった。

「プロデューサー、次の仕事なんでしたっけ…?さあ、早く行きましょう!」

「雪歩…今日くらいは休んでも…」

「プロデューサーが折角取ってきてくれた仕事、休めるわけありません!さあ、行きましょう!」

「ああ…」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:57:01.18 ID:uPlaearc0
「雪歩…最近、無理してないか?その…あの事については…申し訳ないと思ってる。だけど仕方のないことでもあるんだ」

「プロデューサー?私…確かに最近無理してました…だけど…」

雪歩が何かを言おうとしていた。そんなのことにも気づけなかった。

「雪歩、明日の仕事は休みにしよう!な?それがいい。どこか行きたいところはあるか?どこでも連れていってやるぞ…?」

「プロデューサーは…何も分かってくれません…!いえ…分かってくれようとしません!」

急に雪歩が怒鳴り出す。何があったのかますます分からなかった。

「ゆ、雪歩?あ…ストレスが溜まってて…イライラするのも当然だよな…」

俺は雪歩の話を聞こうともしなかった。それが何故だかもわからなかった。

「…もういいです…。プロデューサー…今までありがとうございました…」

そう言って雪歩は去っていった。俺には何が何だか分からなかった。

それが悔しくてついつい涙目になっていた…。

一部始終を見ていたらしい、最年少の双子…サイドボニーのよく似合う姉【双海真美】が心配そうに話しかけてきた。

「兄ちゃん…雪ぴょんと喧嘩しちゃったの…?」

俺はあまりのショックに返答すらもできなかった。

「情けないよ兄ちゃん!男のクセに!」

その言葉を聞いて俺はハッとした。

男のクセに…そういえば何故雪歩は俺のことを怖がらなかったのだろう?

「真美も亜美と喧嘩するときあるけど、すぐに謝れば許すし、許してもらえるし」

「早いうちに謝らないと後々謝りにくくなっちゃうんだよねぇ…」

真美の言葉を聞いて、俺はその理由を考えた。

「そうか…」

「真美…ありがとうな…」

「どういたしまして…?」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:03:18.11 ID:uPlaearc0
携帯を片手に走りだし、俺は事務所を飛び出た。

携帯の電話帳から電話をかける。相手は勿論…雪歩。

「もしもし、雪歩か!?今どこにいる?」

「プロデューサー…?どうしたんですか?今は…事務所の前ですけど…」

「頼む雪歩!そこで待っていてくれ!」

「……分かりました…。」

俺は階段をかけ降り、屋外へ出た。しかし雪歩の姿は見当たらなかった。

「雪歩…?どこだ?」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:18:55.32 ID:uPlaearc0
「おい、お前!どこ見て歩いて…ってお前…へぇ…」

「765プロが何のようだ」

長身で茶髪のこの男。何度か見かけたことがある…。【天ヶ瀬冬馬】だ。

「私…あなたたちのこと許しませんから!」

「はぁ!?なんだよそれ!」

「私…見たんです…プロデューサーは!」

「何が言いたいのかは分からねぇが、アイドルならステージで勝負しようぜ」

「このステージ、来いよ。来月24日…色々なアイドル達が来るぜ。961プロが主催だから、オッサンに事情を説明してお前もエントリーさせてやるよ」

高飛車にそう言い放ち、冬馬は去っていった。

「……帰ろう…」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:27:15.93 ID:uPlaearc0
「プロデューサー!ごめんなさい!」

「雪歩…!どこに居たんだ…いや、そんなことより謝るのは俺の方だ」

「本当にごめんな。雪歩の気持ちに気づいてやれなくて…」

俺は深々と頭を下げた。

「いいんです。私はそんなことで怒っていたんじゃないですから」

「そんなことより…これ…」

先程、冬馬から渡された紙をプロデューサーに差し出す。

「この挑戦…受けるのか?」

「そうしたいです…」

自信無さそうに答える雪歩にどうにか自信を持たせてやりたい。そう思った俺は咄嗟に

「やろう。ただ…やるからには負けるな!」

「はい!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:39:56.98 ID:uPlaearc0
それから幾度も練習を繰り返した。

雪歩は【ALRIGHT*】という曲で挑みたいらしい。

練習を重ねるうちに、以前のこともすっかり頭から離れていた。

そして…ついにその時がやってきた…。

「来たか…。」

「雪歩に何を言ったのかは分からないが…雪歩をこんなにも成長させる機会を作ってくれた…君には感謝するよ。」

心の底からの言葉だった。また…救われたのは雪歩だけではない…俺もだったのだから。

「敵に感謝なんてするなよ」

「もちろん、ステージにあがれば敵同士だ」

互いに睨みあうようにしたあと、ゆっくりと離れていった。

「雪歩、応援してるからな!」

「はい!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:49:02.29 ID:uPlaearc0
開演前、少し時間があったので、俺は入り口に飾ってあった雪歩宛の花束を眺めていた。

中にはプレゼントがついているものもあった。

手紙が一通飛び出ているのが気になったので、一応周りの目を気にしながら手にとって読んでみた。

『逃げて』

何のことだ…と思いながら再び周りを見渡す。すると、雪歩が歩いてやって来た。

「ダメじゃないか雪歩!こんなところに出てきちゃあ…」

「プロデューサー、お願いします。少しだけ…散歩に付き合ってもらえませんか?」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 23:57:53.24 ID:uPlaearc0
少しだけ外に出て、建物の周りをぐるっと周って戻るつもりだった。

「プロデューサー…好きです。」

「雪歩…俺は…」

「分かってます。もう一度伝えておきたくて…」

「雪歩…ごめんな…本当に…ごめんな」

前と似たようなやり取りだが、明らかに違うものだとお互い実感していた。

「それじゃあ…私…」

と、言って駆け出そうとした雪歩に魔の手が近づく。

包丁を持った男が雪歩を切りつけようとしていた。

「雪歩ッ!危ない!」

頬を撫でると…生温かい液体が付着していた。
「え……そ…んな……」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:04:16.73 ID:NZsE6odj0
今回は、【ジュピター】というユニットでの参加ではなく、冬馬個人での参加だった。

それでも十分な力を発揮し、見事に会場を虜にしてみせた。

「ありがとうー!」

そう言って冬馬は手を振る。

『続いては、765プロダクションより…萩原雪歩さんです!』

どうしたことか、雪歩が出てこないと苛立ちを隠しきれなくなった冬馬は、司会者からマイクを取り上げ

『萩原!どこだ!出てこい!怖じ気づいたか!?そんな覚悟でここに来たんじゃねぇだろ!』

会場が静まりかえると、沈黙を打ち破るかのように、声が聴こえた。

「ごめんなさい!」

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:14:28.19 ID:NZsE6odj0
声の主は雪歩だった。

「皆さん、ごめんなさい」

「急ですが、楽曲の変更をさせてください」

会場全体がざわめきと共に驚いた表情をしている。

「たった今、私のプロデューサーが亡くなりました…即死です…。首を包丁で切りつけられました」

「私をかばって…死んだんです…」

泣きそうな、震えた声で雪歩は続けた。

「皆さんには、何も関係が無い人だと思います。」

「だけど…私は、彼が大好きでした…。この世の誰よりも…愛していました…」

「そんな彼との思い出を、一冊のノートに綴って…散りばめて…」

「歌詞を書いてみたんです…」

雪歩の瞳からは涙が溢れていた。会場には飽きが来ている者も居たが、それでも尚、雪歩は話し続ける。

「内緒で…作曲家さんに曲をつけていただいて…できた歌…」

「彼に…彼との思い出に捧げます…」

「【First Step】…」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:21:24.38 ID:NZsE6odj0
ー初めて会った日、覚えてますか?
     あなたの優しいまなざしー

(プロデューサーは分かっててくれてるかな?私があの時、プロデューサーを信じられたのは…あなたの優しい眼差しがあったから…)


ーケンカも時々はあったよね
 泣いてばかりでごめんなさいー

(あの時、私がプロデューサーに怒ったのは…プロデューサーの隠し事を知ってしまったからなんです)

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:30:16.80 ID:NZsE6odj0
『おお、雪歩…おはよう。早いじゃないか』

ーおはよう 見つめる 優しい その瞳が
 いつでも いつでも 私を 導いてくよー


『今日の撮影、表情が固いってカメラマンさんが言ってたぞ。もう少し笑ってくれ…』

ー笑って あなたの 言葉は 何度だって
 私が 踏み出す 一歩を 照らすからー

(プロデューサーの言葉、一つ一つが私の思い出…)

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:36:14.90 ID:NZsE6odj0
~♪

ー私のドキドキなんて気づかない?
       気づいてほしくないー

(私はプロデューサーが好きだった…。その思いもちゃんと伝えた…ハズなのに…気づいてほしくないだなんて、変ですよね。)


ーささやかな幸せでもいい 小さな想い 胸に刻もう
  この先に何が待っていても ふたり歩いていくー

(あの時約束してくれた…。私をプロデュースしたいって…)

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:43:09.11 ID:NZsE6odj0
『雪歩、最近調子いいじゃないか!これからもこの調子で頑張れ!』

ー頑張れ あなたの 強さに 頼ってたね
 今でも 今でも 本当は 甘えたいけどー


『やろう。ただ…やるからには負けるな!』

ー負けるな 誰より 私を 信じたいの
 笑顔も 涙も すべてと 歩いてくー


(まだまだ…プロデューサーと一緒に居たかった…。でも、もう会えないから…甘えられないから…プロデューサーが育ててくれた私を…信じたい!)

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:44:52.67 ID:NZsE6odj0
~♪

「……今」

(あなたに会えて、よかった)

「きっと、強くなれたよ」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:47:50.77 ID:NZsE6odj0
「ひとりの 道でも もう 怖くはないから」
「どれだけ どれだけ 言葉じゃ足りないけれど」

「ちょっとだけ 不器用 誰より あたたかくて」
「あなたに あなたに すべてを」


「ありがとう」


(ありがとう…プロデューサー。)

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:53:51.52 ID:NZsE6odj0
ーーーーーーー

「プロデューサー、元気でしたか…?」

「とうとうプロデューサーと同じ歳になっちゃいましたね」

「私ももうアイドルは引退して…今は赤ちゃんが1人…」

「今日はプロデューサーに伝えたいことがあって…来てみたんです」

「まず…1つ目は…あの時の勝負…私、負けちゃったんです…」

「私の初のバースデーライブ…あ、私の誕生日ってクリスマスイブだったんですよ」

「プロデューサーの命日も…同じ日…」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:04:34.38 ID:NZsE6odj0
「2つ目は…プロデューサーに謝ってほしいことがあります」

「プロデューサーって961プロに居たんですよね。」

「黒井社長の言うように私を騙してたんですよね…?」

「いつからだったんですか?最初に会った時は違ったハズなのに!」

「謝っても許しませんからね」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:10:00.12 ID:NZsE6odj0
「3つ目は…犯人のことです…」

「プロデューサーを殺した犯人が誰なのか、警察が突き止めたらしく…驚くべきことが…」

「犯人は私の親友の真ちゃんでした。動機はただ単に嫉妬からだそうです」

「花束の中にあった手紙は真美ちゃんが書いたものです。」

「真ちゃんが何をしようとしているか知ってて、伝えようとして、急いで書いたものがあれだそうです。」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:14:09.55 ID:NZsE6odj0
「最後に…」

「私、このお腹の赤ちゃんを産んだら、真面目に作詞家目指そうと思うんです」

「後世たちに歌を作ってあげようと思うんです」

「それだけです…」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 01:15:30.08 ID:NZsE6odj0
あなたに あなたに すべてを


ありがとう……


きっと…強くなれたよね?

  終わり



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 雪歩「初めの一歩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371038591/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MILLION THE@TER WAVE 08 miraclesonic★expassion(メガジャケット付)
miraclesonic★expassion[舞浜 歩(CV.戸田めぐみ)、福田のり子(CV.浜崎奈々)、島原エレナ(CV.角元明日香)、高坂海美(CV.上田麗奈)](アーティスト)

[ 2020/11/19 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/33003-b8f01f73