ヘッドライン

P「KisS」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:16:23.45 ID:YlMciFWmo
ガチャ

伊織「おはよう」

P「おう、伊織か。おはよう」

伊織「あんただけなの?」

P「あぁ。音無さんはさっき出てったよ。どうしても買いたい本があるとかで」

伊織「ふーん……」

P「それにしても伊織は今日も可愛いなぁ」

伊織「……ふん、当然よ!この伊織ちゃんが可愛くない時なんてないんだから!!」

P「そうだな」

チュッ

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:19:36.43 ID:YlMciFWmo
伊織「ちょっ!?いきなりすんな!!」

P「やっぱり伊織のおでこはすべすべだな。キスのしがいがある」

伊織「もうっ!変態じみたこと言ってないでさっさとオレンジジュース持ってきなさいよ!!」

P「はいはい。ちょっと待ってろ」スタスタ

伊織「まったく……」

ガチャ

響「はいさーい」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:21:53.15 ID:YlMciFWmo
伊織「あら、響……?」

響「お?伊織だけかー?珍しいなー」

伊織「いや、奥にあいつがいるけど……どうしたの、その髪型」

響「あ、これか?たまにはイメチェンでもしてみようかなって思ってさ。伊織の真似をしておでこを出してみたんだぞ」

伊織「へぇ……ずいぶんと雰囲気変わるわね。あんた髪長いんだから普段からいろんな髪型してみたら?」

響「それを言うなら伊織もだろー?伊織だって髪長いんだからいろんな髪型してみるといいと思うぞ」

響「あ、そうだ!今度自分とお揃いの髪形で事務所に来てみようよ!千早や貴音も誘ってさ!」

伊織「……面白いかもしれないわね」

響「だろだろー!」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:24:09.85 ID:YlMciFWmo
スタスタ

P「ほーれ伊織。オレンジジュースだぞっと」

伊織「あら、ありがと」

P「って、響か?」

響「そうだぞー。はいさい、プロデューサー」

P「はいさい。どうしたんだ、今日は伊織とお揃いだなその髪」

響「えへへー。イメチェンだぞ。似合うかな?」

P「おう。今日の響は新鮮な感じで良いな。可愛いぞ」

響「ま、まぁ自分完璧だからな!!」

P「あぁ。響はいつも完璧だな。偉いぞ」

響「えへへ……っん!」

チュッ

伊織「!?」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:29:09.96 ID:YlMciFWmo
響「……ってプロデューサー!いきなり何するんだ!!」

P「はは、悪い悪い……響が可愛すぎてつい、な」

響「もう……するならちゃんと言ってからにしてほしいぞ……」

伊織「ちょ、ちょっとあんたたち!!」

P「ん?どうした伊織?」

伊織「どうしたもこうしたもないわよ!!い、今あんた響にキキキキスしたじゃにゃい!!ど、どういうつもり!?」

P「どういうつもりって……伊織にもいつもしてるじゃないか」

伊織「私はおでこじゃないの!!」

P「まぁ、そうだが……」

響「えぇっ!?みんなとキスしてるんじゃないの!?」

P「マウストゥマウスは響だけだよ」

響「そ、そうなのか……みんなしてるのかと思ってたぞ……」

伊織「ちょっと待ちなさい!!あんたまさか、事務所の全員にやってるんじゃないでしょうね!?」

P「んなわけないだろ」

伊織「じゃあ他に誰にやってるか言いなさい!」

P「えっと……音無さん以外は全員かな」

伊織「ほらみなさいっ!」

響「初耳だぞ……」

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:32:42.71 ID:YlMciFWmo
P「春香、あずささん、真、亜美、美希、やよいは右の頬。千早、真美、社長、雪歩、律子、貴音は左の頬に」

響「えぇっ!?」

伊織「な、なんで私たちだけほっぺたじゃないのよ!?」

P「嫌だったか?」

伊織「えっ?いや、嫌じゃないしむしろ……ってそうじゃなくて!!」

P「俺はお前らと仲良くなりたいからキスしてたんだが……駄目だったか?」

響「い、いやだめなんかじゃないぞ!!」

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:36:28.41 ID:YlMciFWmo
伊織「……百歩譲ってそうだとしても響に対してのマウストゥマウスのキスはいくら何でもやりすぎじゃないの?うらやま……じゃなくて問題あると思うわ、うん」

P「うらやま……?ふーん……?」ジー

伊織「な、なによ」

P「伊織は響がうらやましかったんだな?」

伊織「は、はぁ!?な、なに言ってんのよ!?そんなこと私一言も言ってないじゃない!!」

P「へぇー、そっか。じゃあ今まで通りで良いってことだな?」

伊織「違うわよ!!響のキスもほっぺたにしなさいって言ってるの!!」

響「えぇっ!?それだと伊織だけおでこになってずるいぞ!!」

伊織「ず、ずるくなんてないわ!私はこの……そう!この変態がみんなにセクハラをしないようにするために……」

響「だったら自分も同じ理由で……!!」

伊織「あんたはダメー!!」

ワーワーギャーギャー

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:41:07.30 ID:YlMciFWmo
P「二人とも可愛いなぁ」

トントン

P「ん?」

千早「おはようございますプロデューサー」

P「おう、おはよう千早。……その髪型は」

千早「水瀬さん風の髪形にしていればおでこか唇のどちらかにプロデューサーからの愛がこもった熱いキスがもらえると聞いたので……」

P「頬じゃ不満だったか?」

千早「できれば唇に……」

P「そっか。それじゃ」

千早「んっ」

チュッ

伊織「あーーー!!またあんた!!!!」

響「千早ー!自分だけの特権を!!」

ワーワーギャーギャー

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:47:01.95 ID:YlMciFWmo
ちなみにこの後、事務所全体に響とのキスの件がばれ、結局全員とキスすることになってしまった。

しかし、あるときそのことが運悪くマスコミに知られてしまい、なぜかみんなアイドルを辞めざるをえないことになってしまった。

なんでだよ。キスの一つや二つくらい減るもんじゃないんだから好きにさせろよ。

そのあと干されてしまった俺たちは黒井社長が作り上げた新しい帝国、961帝国にて重婚を果たし、15人で暮らしている。

みんなアイドルではなくなってしまったけれど、毎日楽しく暮らしている。

そういえばまだ音無さんは結婚していないらしい。彼女にも早く幸せになってもらいたいところだ。



おしまい

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:49:12.93 ID:N06DIwOs0
なんだこれ…なんなんだこれ…!?

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:51:26.68 ID:YlMciFWmo
あるぇー?
俺はただ響に嫉妬する可愛い伊織を書きたかっただけなのにどこで間違えたんだ…?
もう眠いから依頼して寝よ
おやすみなさいなの
あふぅ

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 00:56:47.35 ID:GtqRlL9DO
乙乙
社長はハーレムに入ってるのにどうしてピヨちゃんは入っていないんですかねぇ…?

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/07(金) 09:32:35.66 ID:hA0Dk0kao

楽しく妄想してたのに何故か変なエンドを迎えるのはよくあること



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394118983/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/3299-e4a5efdd