ヘッドライン

【ミリマス】星梨花「えへへ、プロデューサーさんを眷属にしちゃいました!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492751433/

1 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:10:34.30 ID:Vf9es6uV0
キャラ崩壊
ガバガバ設定


以上が含まれますので注意


2 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:11:25.08 ID:Vf9es6uV0
ー765プロ事務所ー



星梨花「プロデューサーさん、プロデューサーさんっ♪」




ミリP(以下P)「んー?どうした星梨花?」




星梨花「はいっ!実はプロデューサーさんにお話したい事があるんですっ。えっと……相談に乗ってくれませんか?」





P「はは、俺なんかで良ければ何でも言ってくれ」




星梨花「わぁ、ありがとうございます!実はですね、その前にプロデューサーさんにどうしても伝えたい事があるんですっ」





P「伝えたい事?何だろう、ちょっと考えつかないな」





星梨花「でも、でも……今から話す事は絶対に、ぜーったいに他の人には言わないで下さいね?絶対、絶対にナイショですよ?」


3 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:14:23.87 ID:Vf9es6uV0
P「はっはっは。わかったよ、二人だけの秘密だな」



P(これはアレか?いつかみたいに大人になるには~とか、業界用語の意味を教えて~とかいう可愛いらしい相談かな?)




星梨花「えっとですね、皆さんには内緒にしてたんですけど……」










星梨花「私、実はヴァンパイアなんですっ」









P「……ふっ」プルプル



P(な、なんという星梨花らしい見え見えの可愛いらしい嘘なんだ、思わず吹き出しそうになったぞ)

4 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:16:16.94 ID:Vf9es6uV0
星梨花「プロデューサーさん?」





P「ご、ごほん……んんっ。そ、そうかー、星梨花はヴァンパイアだったのかー、そりゃ衝撃の真実だなー」





星梨花「えへへっ、パパやママに特別な人以外には話しちゃダメだよ?って言われてたんです」




P「なるほど、けどそれ俺に話しても良かったのかい?」




星梨花「良いんです!えっと……プ、プロデューサーさんは私にとって特別な人ですから……」





P「ははっ、こいつめ」ナデナデ



P(こんな慕ってくれてるなんて、ヤバイ……ちょっと泣きそうなくらい嬉しいぞ)

5 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:17:44.35 ID:Vf9es6uV0
星梨花「えへへ……」




P「ありがとう、そんな大切な事話してくれて、それで相談っていうのは?」




星梨花「はいっ。実は私、最近悩んでる事があるんです」




P「ふむふむ」




星梨花「それはですね、一日の時間が過ぎていくのがとっても早いって事なんです」





P「ほう、時間か……」




P(なんか、一転して真面目っぽい話題だな)




星梨花「プロデューサーさんは、そういう風に感じた事はありませんか?」

6 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:20:50.62 ID:Vf9es6uV0
P「そりゃあるさ、歳とる度にそう思うよ」




星梨花「プロデューサーさんも一緒なんですねっ、えへへ。私、前までは一日が短いだなんて思いもしなかったんです」





P「まぁ、星梨花くらいの歳だとむしろ長く感じる事の方が多いかもしれないね」





星梨花「はい、前まではそうだったんです。過ぎていく時間の事なんて考えもしてなくて」





星梨花「でも、プロデューサーさんと一緒にいると……」





P「俺と?」





星梨花「はいっ。プロデューサーさんと楽しくお話したり、相談に乗ってもらったりしていると、時間が経つのがとっても早いです!楽しい時間はあっという間ですね」

7 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:22:11.63 ID:Vf9es6uV0
P「ははっ、そうか」





星梨花「……だから私、今からが凄く怖いんです……」




P「怖い?」





星梨花「プロデューサーさんと過ごす一日がこんなに短いなら、一年も、十年もきっと短いはずです……それなら、私はあとどれくらいプロデューサーさんと一緒にいられるのかなって」




P「……」




星梨花「私はプロデューサーさんとずっと、ずーっと一緒に居たいのに、人の一生はとても短くて……一緒にいれる時間はあまりにも儚い時間です……」





P(なるほど……よし、ここは大人としてビシッと、星梨花が納得できるように話そう)

8 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:24:29.67 ID:Vf9es6uV0
P「うん……確かにそうだね。生きていける時間なんて個人差はあれど、だいたいは決まってる。それは人だけじゃなくて、生き物全般に言えることだけど」





P「でもね、星梨花ーー」






星梨花「だから決めたんです」





P「へ?決めた?」





星梨花「はいっ。どんな事をしてでも、プロデューサーさんと一緒に居ようって……」






P「お、おう?」






星梨花「私は、こんな幸せな時間が無くなっちゃうなんて嫌なんです……プロデューサーさんとずっと一緒にって、そう思ってたのに、いつかは別れる時が来ちゃうなんて……」





星梨花「プロデューサーさんはどう思いますか?」

9 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:25:44.79 ID:Vf9es6uV0
P「えっ、いや……まぁ、俺も星梨花とずっと一緒に居れたら楽しいとは思うけど」




P(ずっと一緒に居るなんて、まぁ無理だよなぁ)





星梨花「えへへ、嬉しいです……なら、プロデューサーさん、協力してくださいませんか?」





P「協力?」





星梨花「はいっ。この幸せな時間を永遠にしたいから」






星梨花「プロデューサーさんには私の眷属になって欲しいんです」






星梨花「ダメ……ですか?」






P「ダメというか、眷属の意味がよく……」




星梨花「眷属になれば、ずーっと一緒に居られるんですよ~♪」

10 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:27:33.13 ID:Vf9es6uV0
P「へ、へぇ……」



P(よくわからないけど、ダメとか言うと星梨花が悲しみそうだもんな~)




P「わかった。俺、眷属になるよ!」




星梨花「えへへ、ありがとうございますっ!それじゃあ、契約を結ばないとですね」




P「契約?」




星梨花「契約ですっ♪」





P(約束の指切り的な?まぁ、どちらにしても星梨花なら変な事はしないだろうし)





P「よーし、わかったよ。契約しようか、それでどうすればいいんだい?」

11 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:28:34.73 ID:Vf9es6uV0
星梨花「えっと、プロデューサーさんはそのまま座っててくださいっ」





P「わかったよ」




星梨花「あ、あと……出来れば目も閉じてて欲しいです……は、恥ずかしいので」




P「ん、こうか?」




星梨花「は、はいっ……それでそのままストップしててくださいね?」





P「わかった」




P(にしても星梨花は何をする気なんだ?……気になるから、チラッとだけ目あけて見よ~っと)




P「……」チラッ

12 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:31:29.36 ID:Vf9es6uV0
星梨花「……っ」(顔をPの顔に近づけていく









P「えっ……?」





P(ちょっ、この近さはマズイ!こんなんちょっと動いたら……)





P「星梨花、なわっ……んむっ!?」






星梨花「ちゅっ……ん……っ……」





P(く、唇に柔らかいものが……!?こ、これは間違いなく……星梨花の……)






星梨花「んん……ぷぁっ……」





P「っはぁ……はぁ……せ、星梨花?お前今何して……」




P(今、何か飲まされたような……)

13 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:32:44.92 ID:Vf9es6uV0
星梨花「これで契約完了ですねっ♪」





P「意味がわか……っ!?」





P(な、何だ?視界が歪んでいく……)





星梨花「プロデューサーさんと私のこの時間が、永遠でありますようにって……私の血をプロデューサーさんに飲ませたんですよ♪」




星梨花「私の血、ヴァンパイアの血を」






P「あぁ……」フラフラ




P(意識が、溶ける……)ドサッ

14 : ◆RWQCtxqEo. 2017/04/21(金) 14:33:40.00 ID:Vf9es6uV0
星梨花「えへへ、最初からこうすれば良かったんですよねっ。これでプロデューサーさんも私と同じで、永遠に生き続けられますよ!」




星梨花「プロデューサーさんも、寿命なんてない方が嬉しいですよね?幸せですよね?だって、死ぬのってとっても悲しい事ですから」




星梨花「いつも優しくて、頼りになって、私の大好きなプロデューサーさん……」





星梨花「これからもず~っと一緒ですよ♪」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマス】星梨花「えへへ、プロデューサーさんを眷属にしちゃいました!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492751433/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32828-1330a1b4