ヘッドライン

【艦これ】響「日常」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422281728/

2 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:19:19.08 ID:tQTfD/Wh0
響「寒い...」

提督「そうだな...」

響「温めてくれよ司令官」

提督「俺に何ができるんだよ...抱き着けばいいのか?」

響「...いいよそれで」

提督「...いや、俺が遠慮しとくよ」

響「そうかい...」

提督「代わりにならんが...ほれ」バサッ

響「これは...司令官の」

提督「すこしはマシになるとは思うが...」

響「...спасибо」

提督「ん...」

3 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:23:20.45 ID:tQTfD/Wh0
提督「ほら、お茶だ」

響「ロシアンティーはなかったのかい?」

提督「いま切らしててな。すまないが我慢してくれるか」

響「大丈夫...」ズズ...

響「...これは司令官が淹れてくれたのかい?」

提督「ああそうだが...まずかったか?」

響「いや、そんなことはないよ。美味しい...」

響「...хорошо」

提督「ん?何か言ったか?」

響「なんでもないよ司令官」

提督「そうか」

5 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:30:12.96 ID:tQTfD/Wh0
電「響お姉ちゃん!大変なのです!」

響「どうしたんだい電」

電「暁お姉ちゃんが『レディーなんだから比叡さんのカレーだって食べれるんだから!!』って言ってそのまま食べてしまって...!」

響「大体察したよ。了解」

電「よろしくお願いしますなのです...!」

響「ああ、電はここで待っててくれ」

電「はいなのです!」







暁「う~...」ゴロンゴロン

響「何をやっているんだか暁姉さんは...」

雷「全くよ。比叡さんのカレーは大人でも無理よ...」

響「まあ、でも暁姉さんらしいよ」

雷「ふふっ。そうね」

暁「やだぁ...もうカレーはやだぁ...」ガタガタ

6 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:36:46.21 ID:tQTfD/Wh0
響「司令官。遠征が帰ってきたから報告するよ」

提督「ああ」







提督「ふぃ~...疲れたぜ」

響「お疲れ様司令官。夕食のピロシキをもってきたよ」

提督「お、ありがたいな。いただくよ」

響「司令官、あーん」

提督「ちょ、ま...ムグッ」モグモグ

響「美味しいかい?」

提督「あのなぁ...いきなり口に突っ込むのはダメだからな...?」

響「すまないね司令官。あぷろーちというものがまだわからくてね」

提督「どういうことだよ...でもピロシキはすごくおいしかったぞ」

響「...」

提督「響?」

響「褒められるというのは...流石に恥ずかしいな...」カァァ

提督「いつも無表情の響からこんな顔が見れるとは...今日は幸運な日だな...」ハハッ

響「からかわないでくれ...」

8 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:45:52.75 ID:tQTfD/Wh0
提督「響ー」

響「なんだい司令官」

提督「電を呼んできてくれないか?」

響「わかった。すぐに呼んでくる」







響「呼んできたよ」

提督「ありがとう響、すまないが少しだけ席をはずしてくれるか?」

響「わかったよ」ガチャ...バタン

電「...どうしましたのです司令官さん?」

提督「電、あの件のことだ」

電「あっ...」

響「(...あの件?)」

提督「指定時刻はー - - - だ。準備をしておいてくれ」

電「了解なのです」

響「(あの二人は何をするつもりだろうか...)」

9 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/26(月) 23:52:23.67 ID:tQTfD/Wh0






響「(ついてきてしまった...)」

響「(でもここまで来た以上、見ておきたいという気持ちがある)」

提督「~~~」

電「~~~」

響「(流石にあの距離じゃ何を言ってるかは聞こえないか...)」

提督「~!」

電「~~」

響「(...?工廠の裏に行った?)」

響「なんのために...」

響「(行ってみてみないことには分からないな...行くか)」スタスタ

響「(司令官と電は...)」ソロー...

猫「にゃ~」

電「あはは!くすぐったいのです!」

提督「お前が拾ってきた猫、すっかりなついてるな」

電「なのです!とってもかわいいのです」ニコニコ

響「(なんだただの猫か...)」

響「って!猫だったのか!!?」

提督「うお!?響いたのか!?」

電「響お姉ちゃん!?」

響「あっ」


11 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 00:04:52.19 ID:ELbz+A6z0
響「つまり、猫を匿うために工廠の裏に置いておいたのか」

電「なのです。本来鎮守府には猫を置いてはいけないのです」

電「ですがこの猫は弱っているのです...なのでせめて自分で生きられるまでは、電が世話をしようとしたのです」

提督「そこで俺が協力したわけだ」

響「なるほど...そういうことだったのか」

電「かくしててごめんなさいなのです...」

響「いや、謝ることでもないさ」

響「むしろ猫でよかったよ...」

電「?」

響「いや、なんでもないよ...」ナデナデ

電「えへへ...」

響「それはそうと司令官」

提督「ん?」

響「私に黙ってこんなに楽しいことをしているなんてずるいな」ジトー

提督「うっ...すまん」

響「別に責めているわけじゃないさ」

響「ただこう隠し事みたいなことをされていると少しだけ...さみしい」

響「個人的な感情なんだけどね...」

提督「そうだな...」ナデナデ

響「...なんで撫でるんだい」

提督「なんとなく...。ダメか?」

響「その聞き方は卑怯だよ...」

響「とってもいい。...хорошо」

16 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 21:57:26.10 ID:ELbz+A6z0
響「そういえば司令官」

提督「ん?」

響「前に電に手を出したそうだけど」

提督「」ブハッ

響「どういうことなのか説明してくれるかな」ゴゴゴゴ

提督「ま!まて!弁明させてくれ!」

響「言い訳は聞きたくないんだが...言ってみてよ」

提督「それはだな...」







電「司令官さん!」バタン!

提督「ん?どうした電、そんなに慌てて」

電「せ、せな、せな...」

提督「せな?」

電「背中に虫が入っちゃったのです!!」

提督「」








提督「ということがあってだな...」

響「ふむふむ」

提督「そのあと虫を取ってあげたんだが、そのあと暁が来てな...」

響「ああ...なんとなく察したよ」

提督「まぁ...そういうわけなんだ」

響「ふむ...」

提督「響なら分かってくれるだろ?」

響「そうだね。羨ましいから司令官に八つ当たりするとするよ」

提督「なんでだよ!!」


17 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:07:41.36 ID:ELbz+A6z0
響「司令官」

提督「んー?」

響「любовь」

提督「」ブッ

提督「あのな...ロシア語ならいいってもんじゃないぞ...」

響「嘘はついてないよ」

提督「そういうもんだいじゃないんだがな...」

響「...ふふ」

提督「あー、まったく...ほら、こっちこい」ポンポン

響「спасибо」ポフッ

響「司令官の膝はとっても気持ちいいよ...」

提督「こんなのの膝でいいのか...」ナデナデ

響「わかってるくせに...」

提督「すまんすまん」ナデナデ

響「大丈夫だよ司令官。そんな司令官でも私は大丈夫さ」

提督「どういう意味だ...?」

響「さあね...」





18 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:21:33.38 ID:ELbz+A6z0
提督「響」

響「なんだい司令官」

提督「これはどういうことだ...」


<ケッコンカッコカリショルイー

響「...?」

提督「大本営からの贈り物だよ...わけがわからんぞ」

響「ええと...なになに」ガサッ

響「ケッコンカッコカリシステム...艦娘の能力を限界まで引き出すことができる...それによる艦隊強化を図れ...」

響「これのどこが可笑しいんだ司令官...?」

提督「裏に続きがある...それを読んでくれ」

響「裏...?」

響「このケッコンカッコカリシステムを行うには、正式な書類と、艦娘に正式な指輪を装着することにより効果が期待される...尚、この書類と指輪は一つのみ。複数人とのケッコンカッコカリは各鎮守府の資金で賄うこと...」


響「...なんだこれは」

提督「だろ...」

響「こんなの...まるでけっこ...」

提督「ん?」

響「いや...なんでもないよ。それより、これは誰にするつもりなんだい?司令官」

提督「そこなんだよ...その書類によるとケッコンカッコカリをすると能力だけでなく、補給の際に消費される資源も緩和されるそうなんだ」

響「それなら...消費資源の多い...かつ戦力として絶大な能力を誇る大和型が妥当だろうね...」

提督「そうだな。だがこのケッコンカッコカリ...なんだかな」

提督「まるで本当にケッコンしたように見えてしまってな」

提督「そう考えるとなんか気が引けてな」

響「ああ...」

響「(まあ、そう考えるのも無理ないか)」

提督「どうしたものだか...」

響「...司令官」


19 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:24:50.20 ID:ELbz+A6z0
提督「ん?」

響「まだ今は決断する時じゃないと思う。司令官が考えて考えて、それで決まった時、するといいと思う」

提督「...そうだな」

響「ならもうこの話は終了にしよう。司令官、ロシアンティーを作るよ」

提督「おっ、ありがたいな。貰うとするよ」

響「まってて、すぐに作ってくる」トテトテ

提督「ああ」

提督「......」

20 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:34:26.56 ID:ELbz+A6z0
『数日後』


提督「どういうことだ...」

響「青葉...」ハァ...


【号外!ケッコンカッコカリシステム!】


金剛「ヘーイ!提督ぅ!このケッコンカッコカリというのは本当デスか!?」

提督「...本当だよ」

金剛「oh!そうなんデスか!なら提督!是非私とハネムーンを楽しみましょう!!?」

提督「すまないが今回は遠慮するよ...」

金剛「oh...そうデスか...。わかったデース」

<ケッコンカッコカリ!?
<テイトクトケッコンスルノカシラ!?
<アラアラー

提督「ぐぅ...」

響「司令官...」







響「青葉」

青葉「おや?どうしました響さん」

響「余計なことをしてくれたね...」

青葉「ええ?余計なこと?」

響「そうさ。司令官はケッコンカッコカリについてかなり悩んでたんだ。それだけでもかなり精神をすり減らしていたというのに...」

響「今回の件で皆がすり寄って、余計に司令官が頭を抱え込むようになってしまったんだ」

青葉「それはそれは...」

青葉「ですが響さん、貴方は自覚がないようですのでお伝えだけさせてもらいますね」

響「どういうことだい...?」

青葉「あなたがどれだけ幸せな立場にいることを」

響「......」






21 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:46:39.38 ID:ELbz+A6z0
青葉「どれだけ司令官の事が好きでいても、秘書官の役目すらもらえない」

青葉「揚句の果てには司令官と会うことすら難しい艦娘もいるでしょう」

青葉「ですが響さん、貴方は違います」

青葉「一番司令官の寵愛を受けている...それは他にはできないこと」

響「どうでもいい...何がいいだいんだ」

青葉「全く、せっかちなひとですねぇ。つまりですね」

青葉「もたもたしていると誰かが取っていっちゃいますよ?」

響「!!?」

青葉「皆司令官が貴方に好意を抱いていることは知っています」

青葉「ですがそのうえで司令官をあきらめきれない人だっていますよ」

響「司令官が...?私を...?」

青葉「え?自覚なかったんですか!?」

響「い、いや...意識をしていなかったから...」

響「ただ私の一人芝居かと思っていたんだが...」

青葉「はぁ...まったく呆れたものですよ」

青葉「私の話はこれで終わりでいいです。早く司令官の所に行ってきてください」

響「...すまない」ダッ


青葉「...なれない役をするもんじゃないなぁ」




22 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 22:52:04.38 ID:ELbz+A6z0
響「司令官!」

提督「...ん?響か、ちょうどいいところに...」

響「私とケッコンしてくれ!!」

提督「」ゴホッ

提督「な、なななにを言い出すんだ急に!!」

響「あ、すまない...取り乱してたよ...」

提督「何かあったのか?」

響「いや、特にはなかったよ。心配させちゃったかな?」

提督「ああ、心配したぞ...」

響「っ!」ドキッ

響「(な...なんだろうこの気持ちは...意識すればするほど...)」ドキドキ

響「(興奮してくる!!)」ドキドキ

23 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/27(火) 23:03:20.76 ID:ELbz+A6z0
響「心配させてすまなかったよ司令官」ドキドキ

響「ところで司令官、ちょうどよかったって一体なんだい?」

提督「あ、ああ。それはだな」ガサガサ

提督「これをだな...」スッ

響「こ...これは...」

響「...指...輪?」

提督「ああ...。響」

提督「カッコカリなんだがな...俺と」

提督「ケッコンしてくれないか」

響「司令官...」ドキドキ

提督「だ、だめか?」

響「ううん、違う。むしろ...うれしいよ」

提督「よかった...」

響「司令官が良ければ...この指輪...司令官がつけてくれないかい?」

提督「お安い御用さ...」スッ

響「これが...ケッコン指輪か」

響「хорошо...こいつは力を感じる...」

提督「ついでに改装も終わらせたんだ。響」

響「...?」

提督「この艤装を付けてくれ...」スッ

響「わかったよ」

提督「似合ってるぞ...」

響「ありがとう...」

提督「...これからもよろしくな。響、改め...」

『Верный』

響「これからもよろしく。司令官」






28 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 21:18:46.79 ID:/mu/NM4c0
響「おはよう司令官。今日もいい朝だよ」

提督「んあ...おはよう響...」

響「ほら起きて。朝ごはん作るから」

提督「響~」ギュッ

響「わっ」

ドサッ

提督「もう一回寝よう~」

響「全く、呆れた司令官だこと...」

響「おやすみ」ナデナデ

提督「」スースー

響「...司令官を見ていたら私まで眠くなっちゃったじゃないか...」

響「まぁ...もう少し時間があるから大丈夫かな...?」

響「私も寝るとしようか...」

響「...」スースー


電「司令官さー...」

響「んぅ...」モゾモゾ

提督「ひびきぃー...」ギュー

電「...」クスッ

電「(お邪魔しちゃったのです♪)」


響「重い...」ゥー

提督「すやぁ...」ギュー


29 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 21:26:38.79 ID:/mu/NM4c0
響「...」

提督「...」

響「...」

提督「...」

電「何をやってるのです?二人とも」

提督「我慢比べだ」

響「提督にお仕置きをしているんだ」

電「えっと、どういうことなのです」

提督「ふふふ、実はな」

響「司令官のせいで執務が遅れてしまってね」

電「(あっ...)」

響「一緒に寝てしまった私にも責任があるんだが...」

提督「じゃあ俺にお仕置きをして我慢比べをしよう」

響「とか意味の分からないことを言ってくるんだ」

電「(確かに少し何を言っているのかわからないのです...)」

響「というわけで縛っているんだ。」

提督「実に痛い」

電「な、なのです」

響「まぁ今日の仕事は終わらせたから少しお遊び程度の感覚なんだけどね...」

提督「響は優秀だからな。本当に頼りになるよ」

響「いきなり褒められると流石の私も恥ずかしい...」カァァ...

電「(えっと...これが俗にいうのろけってやつなのです?」

30 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 21:36:24.31 ID:/mu/NM4c0
暁「響ー!」

響「どうしたんだい姉さん」

暁「ネクタイが取れちゃったの!つけてー!」

響「はいはい。姉さんはじっとしてて」シュルシュル

暁「ありがと響!これでまたれでぃーに元通りね!」

響「そうだね姉さん」フフッ


暁「響ー」

響「わかってるよ姉さん。朝食の時間だね」

暁「うん。響の料理はおいしいのよね!」

響「姉さんに言われるとうれしいな」

暁「れでぃーである私が言うんだから!響はもっと誇ってもいいのよ!」

響「...」クスッ

響「じゃあ作ってくるよ」トテトテ

響「(あれ...何か忘れてるような...)」

響「(まぁいいか)」

雷「なんか響、今日は機嫌いいみたいだけど」

電「なにかあったのです?」

暁「さあ?私はわからないわよ?」

響「できたよ。二人の分も作っておいたよ」

暁「おいしそうね!」

雷「ありがとう響!」

電「ありがとうなのです!おいしそうなのです~♪」

響「ふぅ...」







響「司令官、遅くなってすまなか...」

提督「」チーン

響「あっ...司令官に朝食を作る約束をしていたのを忘れてた...」

響「...てへぺろ」

響「...私には似合わないな...」

提督「(かわいい)」

31 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 22:06:39.17 ID:/mu/NM4c0
響「お疲れ様司令官」

提督「おー。疲れた」

響「...私の膝を貸そうか?」ポンポン

提督「おう、遠慮なく貸してもらおう」ポフッ

提督「あ"あ"~癒される~」

響「本当にお疲れ様。このまま寝ていいよ」ナデナデ

提督「ああ、少し...寝かせて...貰う..」

提督「...スヤァ...」

響「...ふふっ、いい寝顔だね司令官」

響「膝枕は私だけの特権だよ...司令官」ナデナデ

提督「スー...スー...」







響「(...重い)」

響「くっ...んっ...」

提督「ん~」ゴロン

響「司令官!?こっち向いたら...!」

提督「んむ...」スヤァ...

響「ふっ...息が...おなかに...あっ」ビクッ

響「(これは...想像以上にキツイな)」







提督「ふぁ~...よく寝た...響?」

響「」グテー

提督「どうした?気分が悪いのか?」

響「司令官が寝てる間にいろいろあったのさ...」

響「(でもあれは...少々癖になるな...)」

響「(もう一度やってみようかな)」





32 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 22:57:45.03 ID:/mu/NM4c0
響「(眠い...)」ボー

響「(おかしいな...ちゃんと寝たはずなんだが)」

響「取り敢えず仕事をしないと...」フラフラ





響「おはよう司令官...」ガチャ

提督「おはよう響...?」

響「どうしたんだい司令官」

提督「調子が悪そうだな...大丈夫か?」

響「...ああ、大丈夫だ」

響「今報告書を取りに来...」フラ...

響「あ...」バタッ

提督「響!?」

33 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 23:04:00.09 ID:/mu/NM4c0







響「ん...」パチッ

響「ここは...」

提督「起きたか」

響「司令官?」

提督「お前は倒れたんだ。過労と睡眠不足だ」

響「そうか...」

提督「本当なら怒るところなんだが...すまない響」

響「なんで司令官が謝るんだい?」

提督「お前の事をちゃんとわかってやれずに過労で倒れるまで使ってしまったことにだ...」

提督「本当にすまなかった」

響「いや、いいんだ。私が好きでやっていたんだしね」

響「それに謝らないでくれ。私が何のためにやってきたか分からなくなる」

提督「ああ...」

提督「だがこれでは響に申し訳がたたないんだ...なにかしてほしい事とかあるか?」

響「してほしいこと...」

響「司令官と一緒に...寝たい」

提督「...ああ。全然問題ないさ。むしろどんどん言ってくれよ。俺だって響と寝たいんだからさ」

響「本当かい...?」

提督「当たり前だ。仮とはいえ俺たちは...その、だな。ケッコンした仲なんだし...さ」

響「司令官...」

提督「ま、まあ取り敢えずは休もう!響、もう少し寄ってくれないか?今から入るからさ」

響「うん」




34 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/28(水) 23:13:08.45 ID:/mu/NM4c0
モゾモゾ

提督「響、狭くないか?」

響「狭くないよ、それに...司令官を感じる...」ギュー

響「хорошо...暖かい」

提督「ゆっくり休んでくれよ」ナデナデ

響「うん...今日は甘えさせてもらうね」

提督「いつでも甘えていいからな」

響「それは流石にダメだと思うけど...」

提督「はは、そうだな。響がずっと甘えてきたら俺の心臓に悪いな」

響「それはどういう意味だい...」

提督「ははは」

響「全く...」

響「спасибо...司令官」

提督「ん...」

響「л...大好きだよ」

提督「ああ、俺もだ」

響「...」スー...スー...

提督「...まったく可愛い奴め」

提督「倒れた時はびっくりしたんだからな...」

提督「今度は倒れないように...ちゃんと俺が見ていてやるからな」

響「んぅ...しれー...かん」ギュー

提督「...」ナデナデ

38 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/29(木) 12:38:57.23 ID:il+6oCd+O
響「司令官」

提督「ん?なんだ響」

響「今日は…寒いね」

提督「そうだな。じゃあ暖房をつけようか」カチッ

響「司令官、そこは抱き締めるとか他の選択肢が無かったのかい」

提督「ああ済まない、すこし執務の方が忙しくてな」

提督「終わったら…な?」

響「わかった…///」







提督「終わったぞ響」

響「お疲れ司令官」

提督「じゃあ…準備は大丈夫か?」

響「うん…でも初めてだから優しくしてくれ…」

提督「当たり前だろ。でも、今日は寝かせないからな…」


響「あっ……」









響「」ムクリ

提督「」スースー

響「…」クスッ

響「ああ、この瞬間がとても…」



響「幸せだ」


響「いつまでもこの『日常』が終わることなく、平和が来れることを」


響「私と…いや、私達と司令官が絶対に作り出して見せる」


響「だから、司令官…そうしたら私と…結婚…できるといいな」


響「できるかな…楽しみだ」フフッ

響「じゃあ…おやすみ司令官」チュッ




終わり

39 : ◆1h6rOCGyYY 2015/01/29(木) 12:40:54.14 ID:il+6oCd+O
ずっと考えてたのですが響きでのネタが難しいのでグダる前に終わらせました。ではでは~(次は第六駆逐隊書こう)

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 12:45:46.56 ID:Z7kwsj20O
おつおつ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 響「日常」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422281728/


[ 2020/10/09 20:55 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32774-886e05c9