ヘッドライン

光「麗奈がヒーローの恥ずかしい本を隠し持っていた…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1465563052/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 21:50:53.00 ID:7eFCVdGc0

光「麗奈がっ、麗奈が怖いぃ!」ガタガタ

麗奈「誤解よ! 誤解!」

光「麗奈に犯されるぅ!」ブルブル

麗奈「やめて!」

※母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のパロです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 21:52:30.00 ID:7eFCVdGc0

光「本当にそうなのか? 誤解なのか?」

麗奈「当たり前でしょ」

光「ってことはつまり、この本は麗奈のじゃないんだな?」

麗奈「いや、それはまぁ、アタシのだけど……」

光「麗奈に犯されるぅぅ!」ガタガタ

麗奈「ち、違うわよッ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 21:54:20.73 ID:7eFCVdGc0

光「……麗奈だって、中学生だし? そういうのに興味が沸いてくる年頃だ、いけないことでは無いと思う。むしろ、麗奈が女子として健やかに育ってる、すばらしいことだと思う」ビクビク

麗奈「アンタに性徴を喜んでもらう義理はないわよ!」

光「こういうのを読んだり見たりすることは、決して悪くないはずだ……」ブルブル

麗奈「……光」

光「何だ!?」ビクゥッ!

麗奈「な、なんで距離とってるのよ」

光「こわいもん! 犯されるもん!」ガタガタ

麗奈「やめろ!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 21:56:57.82 ID:7eFCVdGc0

光「超マニアックな方法でアタシを犯すつもりなんだろ!」

麗奈「しないわよ!」

光「全身にヌルヌルの鞭をパシーーン! パシーーン! と叩きつけて、『フハハハハ、叩かれて感じるのかこの変態マゾヒーローめが!』とか言われながら悔しいのに感じさせられるんだろ!?」

麗奈「抜粋すんのやめてくんない!?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:05:18.76 ID:7eFCVdGc0


光「なんかニチアサ特有のマニアックな言葉責めをするつもりなんだろ!?」

麗奈「しないわよ! やめて!」

光「『テレビの前のおともだちもおまえで本能覚醒してるんだぞ』とか言いながら犯すつもりなんだろ!?」

麗奈「抜粋やめて! 音読すんな!」

光「麗奈が悪者すぎるよぉ……欲望ばっか刺激されてるよぉ……!!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:07:47.92 ID:7eFCVdGc0

光「とにかく! そういうマニアックなことをしようとしてるんだろ!?」

麗奈「違うわよ! そんなのじゃないわ!」

光「そうなの?」

麗奈「そうよ」

光「さらにマニアックな!?」

麗奈「なんでそうなんの!」

光「アタシを暴力で屈服させて壁ドンして、ベルトの中に真っ白なモノをねじ込んでお古のパーカーを着せて言いなりの人形に仕立て上げ、そんな関係を完璧な友とかどうとか千佳ちゃんに自慢するとか!?」

麗奈「アンタの方が頭が沸いてんじゃないの!? そもそも、そういうのじゃないってば!」

光「これ以上があるのか!? 麗奈が限界をまた超えるたび不安になるぞ! 何処へ近づきどんな物失う!?」

麗奈「アタシは何も失ってない! そもそもこんなのヒロピンものでは全然マニアックじゃないわッ!」

光「……え?」

麗奈「……あ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:08:37.69 ID:7eFCVdGc0

光「……あ、あれ、ふつうなのか?」

麗奈「あ、アハ、アーハッハハハッッハ!!! 騙されたわね光ッ! アタシにかかればこの程度の嘘」

光「次、麗奈はむせる」

麗奈「ゲホォッ! ……はっ!?」

光「アタシとしては、かなりキツいのを抜粋したつもりだったんだけどなぁ……」

麗奈「人の話を聞きなさいよ! さっきのは間違い!」

光「もっ、もうあれじゃ満足できないのか!?」

麗奈「やめて!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:09:06.17 ID:7eFCVdGc0

光「麗奈が離れてくぅ……」

麗奈「離れてるのはアンタでしょ……物理的に……」

光「金曜夜のスーパーH EROタイムしようとしてるじゃないか!?」

麗奈「し・な・い!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:10:33.05 ID:7eFCVdGc0

光「くるみちゃんが倒れちゃった時、麗奈の仕業じゃないかって疑ったのが悪かったのか……? 傷つけてしまって、申し訳ない……!」

麗奈「勝手に決めて勝手に謝んじゃないわよ!」

光「麗奈の世界征服計画、応援してるからね! アタシなんかと馴れ合ってないで、覇道を邁進して欲しい!」ニコッ♪

麗奈「縁切るつもりの営業スマイルやめて!」

光「ハッ! いやこれだと『尖兵として改造してやる』的なプレイの興奮ポイントに!?」

麗奈「やめて! 嗜好を探るのやめて!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:11:51.09 ID:7eFCVdGc0

光「だ、だって、さっき言ったぐらいはふつうなんだろ?」

麗奈「レイナサマも筆を誤るの! さっきのは間違いでしたごめんなさい!!」

光「……意識を支配する系じゃない? とすると、まっとうにメロメロにしちゃうのか……?」

麗奈「そもそも何でアンタそんなに協力的なの!? 犯されるとか言ってたでしょ!?」

光「さ、逆らったらもっと酷いことされるんだ……」

麗奈「あーなるほどしない! バカ!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:12:53.23 ID:7eFCVdGc0

光「……なら、面と向かって言ってくれないか」

麗奈「何を?」

光「『わたくし小関麗奈は南条光を犯したいと思ってませんし、思ったこともありません』って」

麗奈「何その宣言!」

光「言わなきゃ麗奈を信じられない! 怪人が主人公のヒーローは半世紀前からの王道だけど、それを受け入れた仲間たちは偉かったんだな。実感した!」

麗奈「怪人言うなッ!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:13:55.56 ID:7eFCVdGc0

光「と、とにかく、言ってくれれば安心出来るかもしれないんだ」

麗奈「……うーん……」

光「悪の美学的にポリシーは折れないか!?」

麗奈「ポリシー違う!」

光「いいだろう、麗奈にだって譲れないものがある! アタシは麗奈に、自分を嘘偽るような生き方をさせたくない!」

麗奈「大きなお世話!」

光「麗奈にその場限りの嘘を吐かせるぐらいなら……麗奈と向き合う……!」

麗奈「アンタは何をやりたいの!? 言うわよもう!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:14:51.04 ID:7eFCVdGc0

麗奈「え、な、なんだっけ……『アタシは』……」

光「『アタシは光を犯したいと思ってないし』」

麗奈「そ、そうね。『アタシは光を』……」

光「ど、どうした? 言葉に詰まって? まさか組織の口封じ?」ビクビク

麗奈「いやあの、一応確認ね?」

光「何をだ?」

麗奈「こ、この『犯す』の範囲って……?」

光「ひィっ!」

麗奈「一応よ一応!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:15:29.54 ID:7eFCVdGc0

光「それはつまり、範囲によっては……」

麗奈「い・ち・お・う! 意外と噛み合ってないかもしれないじゃない!」

光「範囲によってはありえるってことか!?」

麗奈「その確認でしょ!?」

光「……そうだよな、麗奈の基準はちょっとア……いや個性的、ううん」

麗奈「表現に困るのやめて!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:16:18.32 ID:7eFCVdGc0

麗奈「まぁとにかく、ちょっとずつ確認してくわよ」

光「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

麗奈「……うん」

光「さっきの宣誓が出来なくなる可能性が上がるんだな」

麗奈「いや普通に大丈夫よ」

光「えへへ、だよな!」

麗奈「えー、じゃあ早速『犯す』の基準決めスタート!」

光「くっ、口づけ……///」

麗奈「え?」

光「ゑッ!?」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:17:07.43 ID:7eFCVdGc0

麗奈「いったんストップ! 仕切り直し!」

光「こわこわこわこわ、いやヒーローに怖い物なんて無いけど」

麗奈「いや普通にキスってするでしょう!?」

光「しないしないこわいこわいこわい」

麗奈「アタシがするかじゃないでしょ! 一般的な基準でしょ、ヒーローとワルがキスはセーフでしょ!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:18:06.80 ID:7eFCVdGc0

光「しょ、小説版なら……いや……」

麗奈「アレよ? キスって唇同士のやつよ? 『下の口同士で』って訳じゃないわよ? そのつもりでOKしたのよ?」

光「当たり前だ! 今言った方OKしてたら、麗奈のことを今後は小関さんって呼ぶようになってたな!」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:18:53.08 ID:7eFCVdGc0

光「まぁいい。キスが基準だとアウトなのか? あ、答えは聞いてない」

麗奈(屈辱……!)

光「どこをラインにしたら、さっきの宣言を出来るんだ?」

麗奈「……えー?」

光「あ、いや、麗奈が決めて欲しい。それに合わせて行動する!」

麗奈「は、しゅ、殊勝なことじゃない……」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:19:50.99 ID:7eFCVdGc0

芳乃「そして五分が過ぎたのでしてー」




麗奈「…………」

光「…………」ドキドキ

麗奈「……あ」

光「きゃあっ!」ビクゥッ

麗奈「怯えなくたっていいじゃない!」

光「す、すまない……驚いちゃっただけだ……ごめんなさい……だから、痛くしないで……?」

麗奈「しない!」

光「そもそも長考したって時点でヤバいよな……」

麗奈「すぐ言うからだまんなさいよ!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:20:28.12 ID:7eFCVdGc0

麗奈「え、えーと……」

光「ズバっと来ちゃっていいぞ! 一気に解決しちゃおう!」

麗奈「えーと……」

光「アタシ、覚悟は決めた! 一歩だって後込みしないぜ!」

麗奈「えーえ……たぶん、何をラインにしても、その、無理……」

光「え」

麗奈「……したいのよ! させろ!」

光「怪人でたぁぁぁあぁっぁあぁぁあああ!!!」

麗奈「したいんだもん!!!!」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:21:42.04 ID:7eFCVdGc0

光「最初ので合ってたじゃないかっ! 最初のリアクションで正解じゃないか!」

麗奈「一応素直に謝ってやるわごめんなさい誠に申し訳ございませんけど正直言葉攻めしたいです!!!!」

光「そんなの聞いてないし敬語はやめて欲しいいしイヤぁぁぁライダーたすけて!!」

麗奈「静かにしなさいッ! 犯すわよッ!?」

光「麗奈の中の野生が目を覚ますぅぅぅ!?」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:22:22.12 ID:7eFCVdGc0

光「手術台に拘束は?」

麗奈「基本」

光「アタシは?」

麗奈「英雄ではない、光だ」

光「好敵手と書いて?」

麗奈「一生の伴侶」

光「背徳感は?」

麗奈「正義」

光「アタシ正義の味方だけど、自分に味方してくれる正義に味方するのはダメだと思う!」

麗奈「知るか! 下着口に詰めるわよ!?」

光「なにそれ!?」

麗奈「よくあるの!」

光「よくあるの!?」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:23:10.42 ID:7eFCVdGc0

麗奈「色々付けたまま基地に戻したいわ!」

光「なに急に!?」

麗奈「あ、もう我慢しなくていいと思うと願望が急に」

光「こっわ!! そんなことを内に秘めてたんだこっわ!」

麗奈「仲間と再開して安心しきった瞬間にリモコン弄りたい!」

光「やめてこわい!」

麗奈「こういう時、アンタの仲間、そうね例えば千佳は、五体満足でアンタが帰ってきたことを無邪気に喜ぶわ!」

光「細かな設定まであるのか!?」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:23:53.04 ID:7eFCVdGc0

麗奈「アーッハッハッハッハ!! 野望が次から次で止まらないわ!!」

光「落ち着け! 気を確かに持て! 心の闇にとらわれるな!」

麗奈「アンタをいい子チャンと思ってる仲間に隠れてキスしたい!」

麗奈「趣味の特撮にハマってる隙に後ろから揉むのもいいわ!」

麗奈「一緒にお風呂に入るのもいいわね!」

光「最後のは今日のことさえなければ快諾したかもなぁ!」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:25:35.37 ID:7eFCVdGc0

麗奈「そういうこと! よろしく!」

光「何をヨロシクするんだ!?」

麗奈「あ、アタシもう寝るから! 寝る!」

光「このタイミングで撤退!? いやだから何をヨロシクするんだ!?」

麗奈「おやすみ! アンタも歯を磨いて寝なさいよ!」ダッ

光「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」
光「本当にヤダ本当に怖い……」
光「なんであんな本見ちゃったんだろう……」
光「このこと、千佳ちゃんになんて言えばいいんだろう……いや、言っちゃダメだよな、こんな希有な悩み……」

~~~~

千佳「あ、由愛ちゃんって魔女っ子のマンガを持ってるんだ! 見たことないし……ちょっと借りちゃおー♪」
千佳「……ん?」

おしまい

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 22:27:48.99 ID:7eFCVdGc0
このコピペが好きだったから書いた。依頼だす。



SS速報Rに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 光「麗奈がヒーローの恥ずかしい本を隠し持っていた…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1465563052/


[ 2020/09/13 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32608-ae362508