ヘッドライン

モバP「アイドルを無視しつつさり気無く愛情を降り注ぐ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:22:13.22 ID:UxXXOcYR0
ガチャ

凛「おはようございます」

シーン

凛「…………おはようございます」

凛(あれ……誰もいないのかな)

カタカタ

凛(ん?…………あ、プロデューサーだ)

P「……」カタカタ、ターン

凛「プロデューサー、おはよう」

P「……」カタ、カチカチ

凛「………………プロデューサー?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:33:05.81 ID:UxXXOcYR0
凛「プロ……」

ガチャッ

ちひろ「あら、凛ちゃん。来てたの?」

凛「あ、ちひろさん……おはよう」

ちひろ「おはよう。今日はラジオのお仕事だっけ?」

凛「うん……」

ちひろ「……?大丈夫?何か元気ないみたいだけど……」

凛「え?いや、別にそんなことないよ」

ちひろ「そう?無理しちゃだめよ?」

凛「うん……」チラッ

P「……」カタカタ

凛(…………仕事中だから、うん。仕事に夢中だったんだ)

凛(……気のせい気のせい)

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:40:42.74 ID:UxXXOcYR0
ちひろ「あ、プロデューサーさん」

P「はい?どうしました?」パッ

凛(…………あれ?)

ちひろ「いえ、この書類の事なんですけど――……」

P「あぁ、これは――……」

<……。……。

凛「……」

凛(……あれ)

凛(やっぱりさっきの聞こえてなかっただけなのかな)

ちひろ「じゃ、これコピーとってきますね」

P「お願いします」

ちひろ「~♪」スタスタ

P「ふぅ……」カタカタ

凛(また仕事始めた…………よし)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:47:48.63 ID:UxXXOcYR0
スタスタ

凛「……プロデューサー、おはよう」

P「…………」カタカタ

凛「……」

P「…………」カタカタ

凛「…………ね……プロデューサー」

P「…………」

凛「……」

P「…………」カチカチ、カタカタ

凛「…………ねぇ、どうしたの」

ガチャッ

きらり「にゃっほーい!きらりだよーっ☆」バターン

凛「あ、きらr」

P「ん?ああ、きらりおはよう」パッ

凛「!!!?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:51:25.47 ID:jgXg+is60
あかん
凛ちゃんマジ泣きして病んでまうで

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:51:55.32 ID:/eBMrZ5e0
愛情注ぐから問題ない

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/20(水) 23:58:34.91 ID:UxXXOcYR0
きらり「あ!Pちゃーん!おっすおっす☆」

P「おっすおっす。はい」

きらり「お仕事中だにぃ?」


凛(…………え、嘘)

凛(まさか私、無視されてる?)

凛(…………私、何かしたっけ……昨日まであんなに、仲、良かったのに)


きらり「あっ!凛ちゃんもおっすおっす☆」

凛「……お……おすおす」

きらり「……な、なんだか元気ないにぃ?」

凛「え……?あ、ううん、そんな事ないよ」

きらり「はぴはぴすぅ?」

凛「いや…………遠慮しとく」

きらり「にょわー……」


P「……」カタカタ、ターン

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:11:54.41 ID:lYMEiF1/0
凛(なんでだろう……私、本当に見に覚えが無いんだけど……レッスンもライブもちゃんと頑張ってるし)

凛(普段の態度……かな、やっぱり……でも、昨日まではなんとも無かったし)

凛(昨日も別段プロデューサーとトラブルなんて無かったし…………)

P「……よし、これでいっか」カタッ

P「それじゃ、ちひろさん。もう時間なんでラジオ局行って来ますね」

凛(あ…………もう仕事の時間か)

ちひろ「あぁ、凛ちゃんを送ってくるんですね」

P「電話対応よろしくお願いしますね。それじゃ行ってきます」

ちひろ「いってらっしゃーい」

きらり「Pちゃん!いってきますのはぴはぴすぅ?」

P「しません」

きらり「にょわー……」

凛「……」

凛(……ラジオ局着くまで、二人、かぁ……)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:19:42.45 ID:lYMEiF1/0
―駐車場―

スタスタ……

凛「……はぁ」

凛(私置いて先に行っちゃうし……私本当に何しちゃったんだろう……)

凛(あのプロデューサーがあんなになるなんて……よっぽどの事がないと……)

凛「……はぁ」

ビュウゥ……

凛「……寒っ……」ブルッ

ピタッ

凛「……あれ」

P「……」

凛(プロデューサー、もう車の所で待ってたんだ……でも……あれ)

P「……」

凛(…………なんで助手席のドアの前にいるんだろう)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:26:30.29 ID:lYMEiF1/0
凛「…………」スタスタ

P「……」

凛「……?……プロデューサー」

ガチャッ

凛「……」

P「……」

凛「え……あれ」

凛(これって……ドア開けてくれたのかな)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:28:39.07 ID:lYMEiF1/0
P「……」

凛(……それだけのためにここで待ってたの……?)

凛「…………」

P「……」

凛「ありがと……プロデューサー」

バタン

凛「ふぅ……」

凛(あ……車の中暖かい……もうエアコンで温まってる)

凛(…………これのために先にここに来てたのかな)

ガチャッ バタン

P「……」カチャッ

凛「……プロデューサー」

P「……」ガチャッ ブロロロロ

凛(…………話は、してくれないんだ)

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:35:25.42 ID:lYMEiF1/0
ブロロロロロ……

凛「……」

P「……」

凛「……ねぇ」

P「……」

凛「私……プロデューサーに何かしたっけ」

P「……」

凛「何かしたんなら……謝るよ。ごめん」

凛「でも、私思い出せないんだ……自分で何やったか」

凛「教えてくれないかな…………お願いだから」

P「……」

凛「……」

P「……」

凛「…………ごめん」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 00:42:56.94 ID:lYMEiF1/0
凛「はぁ……」

凛(…………やだなぁ)

凛(こんなんで今日のラジオの収録……できるかな……)

凛「……」

凛「……あれ?」

凛(ここのドリンクホルダーにあるのって……)

スッ

凛「……」

凛(やっぱり、私の好きな喉に良いホットのジュースだ)

凛(助手席のシートの横……私の好きなのど飴まである)

凛「……」チラッ

P「……ふぁぁ……」

凛「……」

凛「……ありがと……」

P「……」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:05:33.36 ID:lYMEiF1/0
―ラジオ局―

「おつかれさまでしたー」

凛「お疲れ様です」

凛「……ふぅ」スタスタ

凛「…………あ」

P「……」

凛「プロデューサー」

タッタッタ

凛「待っててくれたんだ……終わったよ」

P「……」

クルッ スタスタ

凛「……まだ、駄目なんだ……」

凛「……」

P「……」スタスタ

凛「……プロデューサー」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:09:26.20 ID:lYMEiF1/0
ピタ

P「……」

凛「あの……さ」

凛「えと……私、頑張ったよ」

凛「だからさ…………その」

凛「なんていうか…………」

凛「………………褒めて、ほしい、なんて」

P「……」

スタスタ

凛「え……?プロデューサー?そっちは駐車場じゃ……」

―男子トイレ―

凛(あ、な、なんだ……トイレか)

ドゴメシャァッッ!!!!

凛「!!!?」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:12:14.05 ID:7u383TDi0
トイレででるような擬音なのか?それww

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:14:27.59 ID:lYMEiF1/0
ドゴォッ ドゴォッ

凛(え……何、どうしたんだろ)

……

凛(あ、音止んだ)

スタスタ

凛「プロデューサー、どうしt……ちょっと、ちょっとプロデューサー」

P「……」ドクドク

凛「どうしたのそれ……!頭から凄い血が……」

P「……血便は辛いなぁ」スタスタ

凛「ちょっと、それ絶対血便とかそういう問題じゃないよね、待ってってばっ」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:15:19.08 ID:7pIXecWL0
罪悪感ですね分かります。

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:16:23.82 ID:MfeelcJ2O
このPは誰かに脅されてるのか

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:21:39.32 ID:ysH/bnLr0
血便って放置すると頭からでてくるもんな

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:25:22.80 ID:lYMEiF1/0
―車内―

P「……」

凛「……」

凛(どうしたんだろう……プロデューサー)

凛(なんだか、様子は変だけど怒ってるって感じじゃ無い気がする)

P「……」ギリギリ

凛(……凄い辛そうな顔してるし)

凛(なんというか……苛々してるってよりは、申し訳なさそうにしてるっていうか……)

凛「……プロデューサー」

P「……」

凛「……今日は、なんだか様子が変だったけどさ」

凛「もし、話せる時が来たら……私にちゃんと、話してよね」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:32:01.93 ID:lYMEiF1/0
P「……」

凛「…………私が何かしたなら、謝るし、ちゃんと気をつけるしさ」

凛「違うんなら…………それはそれで……」

P「……」

凛「……じゃないと」

凛「……」

凛「…………寂しい」ボソッ

P「…………」

凛「っ……ラジオの収録で疲れたから、少し寝る……着いたら起こして」モゾッ

P「……」

凛「……」

凛(起こす時は……声、掛けてくれるといいな……)

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:47:45.05 ID:lYMEiF1/0
――――――――――

凛『ふーん……アンタが私のプロデューサー?』

P『あぁ、よろしく!今日から俺が君と一緒に頑張るよ!二人で頑張ろう!』

凛『……』

P『……あ、あれ?どうした?気分悪い?保健室行く?』

凛『ふふっ……まあ、悪くないかな……。私は渋谷凛。今日からよろしくね』

………………

ワーワー

凛『……これが、私の初ライブ、だね』

P『あぁ!いつもの凛なら大丈夫だよ!』

凛『……』

P『?……凛?』

凛『プロデューサー』

凛『本当は私…………少しだけ緊張してるんだ』フルフル…

P『……』

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:55:08.45 ID:lYMEiF1/0
凛『……はは、かっこ悪いよね。こんな』

ギュッ

凛『……え?……』

P『……』

凛『プロデューサー……?……どうして急に手を』

凛『…………あ……』

P『……っ……!』プルプル

凛(プロデューサーの手も……凄く震えてる)

P『……大丈夫っ』

P『大丈夫だ!俺達なら!なんせ、二人だからな!』

凛『……ぷっ……あはは、なにそれ』

<渋谷さん、準備オッケーでーす!

凛『…………うん、よしっ』

凛『……プロデューサー……行って来ます!』

P『ああ!行って来い!』

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 01:59:58.45 ID:lYMEiF1/0


……

凛「……ん……」パチ

凛(結構ぐっすり寝ちゃってたな……まだ事務所着いてないんだ)

凛「……あ……」

凛「……」チラッ

P「……」

凛(…………タオルケット、掛けてくれたんだ)

凛「……ありがと」

P「……」

凛「……なんだか私、お礼言ってばっかりだね。今日」

P「……」

キィィッ

凛(……事務所、着いちゃった)

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:03:58.06 ID:lYMEiF1/0
ガチャッ

P「……」

凛「……大丈夫だよ。一人で降りられるから」

P「……」

スタスタ

凛「……あ」

凛(やっぱり……先に行っちゃうんだ)

スタスタ

P「……」

凛「……」

P「……」

凛「……」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:11:34.85 ID:lYMEiF1/0
ザッ

凛(……事務所に上がる階段だ)

P「……」

コツコツ

凛「……」

凛(ここ、のぼっちゃったら……プロデューサーは仕事に戻って、私は家に帰るんだ)

P「……」コツコツ

凛(……結局、今日は一言も話してくれなかったな……プロデューサー)

P「……」コツコツ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:12:38.43 ID:lYMEiF1/0
凛(……そういう日もあるよね。プロデューサーが)

凛(私と、話したくない、日だって)

凛(……あったって……)

凛(……)


P『大丈夫だ!俺達なら!なんせ、二人だからな!』


凛「……っ……!」

ギュッ

P「……!?」

凛「……や、だ」

凛「やだよ……こんなの」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:22:43.45 ID:lYMEiF1/0
P「……!」

凛「なんで……なんで無視するの……」

凛「言いたい事があれば、言えばいいじゃん……!」

凛「愛想が尽きたなら、『愛想が尽きた』って……言えばいいじゃん!」

P「っ……!!」

凛「なんでもいいから!言ってよ!今までこんな事っ、なかったのにっ」

凛「なのに……っ……!!」

P「…………」

凛「……どんなに……どんなに悪口、言われるより」

ポロッ

凛「プロデューサーと……Pさんと話できない方が辛いよ……!」ポロポロ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:30:21.96 ID:lYMEiF1/0
P「!!……りn」

凛「……ごめんっ……!!」ダッ

P「!!!」

タタタタッ

凛(バカだ、私)

凛(あんな事言って、何がしたかったんだろ)

凛(ほんと、バカだ――……)

ガッ!

P「!!!!」

凛「っ」グラッ

凛(あ……本当、バカだ、私)

凛(こんな高い階段……急いで駆け下りたら、こけるに決まってる)

凛(しまっ――……)



P「凛んんんおわっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおあい!!!!!!!!!!!」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:31:44.45 ID:SV2Ta8EP0
わっほいは世界を救う

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:36:02.22 ID:zzt4i61nO
笑ってしまった

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:38:10.83 ID:vfApDOzE0
このシリアスな場面でわっほおおおおおおおおおおおおあいとか叫んじゃうP

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:41:04.30 ID:lYMEiF1/0
ガッ ガッ ポキ ドゴォ!!!

パラ……

凛「~~……っ!!」

凛「……え……?」パチ

凛(あれ……あの高さから落ちたのになんともない……)

凛「……―――――!!!?」

P「  」

凛「プロデューサー!!!!」

ザッ

凛「プロデューサー、大丈夫!?プロデューサーッ!!」

凛(私を抱きかかえて……身代わりになって……!)

凛「プロデューサー!プロデューサー!」

P「ん……あ、天使だ、天使がいますね」

凛「何言ってるの、凛だよ!大丈夫!?」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:48:26.95 ID:lYMEiF1/0
P「あ、あぁ、凛か。大丈夫、百人乗っても大丈夫」

凛「ごめんっ、ごめんなさいっ!プロデューサーっ……!」

P「……ん?凛?」

凛「へ……?何、どうしたの」

P「…………――――!!!!しまっ――……」


パシャッ!!!


P・凛「「!!!?」」

男「へ、へへっ!」ダッ!!

P「!!!!」

凛「え……今、写真……」

P「野郎ッッ!!!!」ガバァッ!!

ダッ!!!

凛「え、ちょっと、プロデューサー!!」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 02:58:43.49 ID:lYMEiF1/0
タッタッタ ガチャッ バタン ドルンドルン!

ブロロロロロ!!

男「へ、へへへっ!」

男(噂を信じてずっと渋谷凛をつけてた甲斐があった!すげぇ特ダネを手に入れちまった!)

男(有名やり手プロデューサーと熱愛発覚か……へへへっ、今日は様子が変だから潮時かと思ったが、いいもんが撮れちまった)

男(!……ちっ、赤信号か)

キィ……

男(まぁいい、ここまでくりゃ誰も付いてきてねぇだろう)



男(早いとこ帰って写真を)

タッ……

男(……現像、して)

タッタッタ……

男(……)

タッタッタッタ!!

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:01:58.21 ID:lYMEiF1/0
男(あれ、なんだか)

タッタッタッタ!!!

男(バックミラーに)

タッタッタッタッタ!!!!

男(見覚えのある、男が)


P「いい度胸じゃねぇの」タッタッタッタ!!!!!


男「あ、あわ、あわわ」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:10:46.34 ID:lYMEiF1/0
男「ひ、ひぃっひっ」

タッタッタッタ バンッ!!!

P「あ け ろ」

男「ひ、ひぎいぃ……!!?」

男(あ、アクセルっ!!!!)グンッ

ギャギャァッ!!!!

P「っ!!?」

男「へ、へへっ!!悪く思うなよ!車にしがみついてきたお前さんが悪いn」

P「んぎぎぎぎぎぎぎ」ブゴォォー

男「あ、駄目だこれ160Km出してる車にしがみついてる」

P「はひんひほふへひはえはえはふほひゅーはーほはへふはほ(課金地獄で鍛えられたプロデューサーを舐めるなよ)」ブゴォー

男「逃げられるが気しない」プシャァァァァ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:12:50.63 ID:81wm1f/P0
これはエナ漬けですわ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:13:28.13 ID:fSW9/sZw0
Pはアイドルのためなら幾らでも強くなれるのですね

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:15:39.08 ID:3lW4fXQw0
都市伝説っぽい

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:16:12.35 ID:3lhu1mJU0
スタミナが尽きては回復し、尽きては回復しで休みなく走ればそりゃな

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:22:08.19 ID:lYMEiF1/0
キキィッ!!

ガチャッ

男「お、俺が悪かったっ、おちつ」

P「ふんっ!!」グイッ!!

男「ふべうっ!!!!」ドサァッ

カチャッ……

男「!!!そ、そのカメラはっ」

P「……ここ最近、凛を朝から晩までとり続けてたのはこのカメラか」

――――――――――

ブロロ

ちひろ「凛ちゃん、本当にこっちの方に走っていったの!?」

凛「うん……確かに…………あ!!!!プロデューサー!居た!」

ちひろ「あっ!運転手さん!ここで止めてください!!」

凛「っ!!!」ガチャッ!!バタン!!

ちひろ「あぁっ、凛ちゃん待って……あ、領収書お願いします」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:31:03.40 ID:lYMEiF1/0
タッタッタ……

凛「プロデューs……」

男「頼む!!このネタだけは勘弁してくれ!!」

凛「!」ピタ

P「……」

男「久々にでっけぇネタなんだよ……な?いいだろ?金はお前の欲しい金額出すからよ!」

P「金?ほう」

男「あぁ!なげえことでけえネタをあげてねぇからここらで一つインパクトが欲しいのよ!」

男「そうだ!金の他にも、どうだ!俺ぁ961プロにもコネがあるんだがよ!そこに紹介してやるぜ!?」

P「ほうほう、それで?」


凛(……プロ、デューサー……?)

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:41:14.41 ID:lYMEiF1/0
P「おぉ、すごい大手だな」

男「それから、もし見逃してくれたら、これからはお前さんの今の事務所を評判良く記事にしてやるよ!」

P「おぉ」

男「な?いいだろ?ちっとお前さんの姿は表にスキャンダルとして出ちまうが、961プロに行けばプロデュースに専念できるから裏方で楽に稼げる!」

男「今のブラックな労働体制から抜け出せるんだ!!良い事づくめだろう!?な?いいじゃねぇかあんな小娘一人くらいアイドル辞めたって!死ぬわけじゃねえんだし!」

P「なるほどな」

凛「……!」

凛(まさか、プロデューサー……ほんとに)

男「へへ、話のわかりそうな男じゃねぇか!じゃあ早速そのカメラ」


P「糞ほどの価値もない」ゴッシャァ


凛「 」

男「カメラが」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:49:29.92 ID:lYMEiF1/0
男「あぁ、カメラが、あぁ、砂塵に」

P「お前、何勘違いしてんのかわかんないけど」

P「別に俺は金が欲しくてやってんじゃないんだよ」

P「地位とか、楽したくてやってるとか、そんなんでもないんだよ」

男「じゃ、じゃあなんでテメェはそんなボロボロになってまであいつらをプロデュースするんだよォッ!!!!!」


P「あいつらが超可愛いからだ。それ以外に何があるってんだ」


凛「   」

男「こいつばかだぁ……やだもうぼくやだぁ……」ポロポロ

タッタッタ

ちひろ「プロデューサーさーん!!!」

P「あ、ちひろさん」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 03:57:42.66 ID:lYMEiF1/0
ちひろ「あぁ、この人ですか。最近凛ちゃんをストーキングしてたのは」

P「そうです。どうしましょう、コイツ」

ちひろ「とりあえず課金所でドリンクにしてきますね。はーい、じゃあ付いて来て下さいね」

スタスタ

P「……ふぅ」

凛「……プロデューサー」

P「っ!!……凛」

凛「……」

P「えっと……その、今日は、なんというか」

凛「……右手」

P「え?」

凛「右手……変な方向に曲がってない?」

P「え?うそ…………あっ」

……


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:00:31.93 ID:WviLfm8u0
スタドリの原料って………

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:00:48.60 ID:5Oc4OLYi0
ドリンクの材料にっておいおい……

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:03:23.75 ID:Im518HTZO
薄々感付いてはいたがやはりドリンクは……

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:08:31.17 ID:lYMEiF1/0
―事務所―

凛「……で、最近あいつが私をつけてるって気付いて……私との接触を避けるために…………無視、してたんだ?」

P「……えっと、うん、社長からも、そう支持されまして……」

凛「……」ギュゥゥッ!!!!

P「ぐあああっ!!!!凛!!痛い痛い痛い!!!!包帯きつ過ぎ!!!!」

凛「……巻けたよ。包帯。あとの傷は勝手にしたら」

P「あぁ、ありがとう……折れて無くてよかったよ」

凛「……」

P「えっと……あー……」

P「…………すまなかった。凛」

凛「……バカ」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:09:29.85 ID:1tAsmplc0
Pの悪ノリじゃないのかよ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:15:40.47 ID:lYMEiF1/0
凛「ホントバカ。しんじらんない」

P「う」

凛「もっとやりようあるじゃん。素っ気なくするだけでもいいし。なんでそこまで気付かないの?バカなの?」

P「はい……返す言葉もないです」

凛「挙句にあんな無茶するし、本当にバカ。バカバカバカ」

P「……凛」

凛「馬鹿」ポロ…

凛「…………本当、馬鹿、だよ」ポロポロ…

P「……本当にごめん、ごめん」

凛「……胸、貸して」グスッ

P「ん」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:19:52.20 ID:lYMEiF1/0
凛はひとしきり泣いた後、元の凛に戻っていました。
僕は二度とこの子を悲しませるものか、と心に誓うのでした。

余談ですが最近スタドリが赤いです。 
          
              おわり

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/21(木) 04:25:55.53 ID:1tAsmplc0
乙!
スタドリの詳細を知ろうとしたものは闇に飲まれるんだな



元スレ: モバP「アイドルを無視しつつさり気無く愛情を降り注ぐ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361370133/


[ 2020/08/31 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 渋谷凛
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32516-71b5e327