ヘッドライン

真美「ランプの精だよ→」亜美「じゃあ亜美のお願い聞いて!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:06:05.17 ID:9uVrVNru0
真美「三つまででよろよろ→」

亜美「早く大人になりたい!」

真美「了解っしょ→、あぱらぱ→!」

亜美「ふがふが……」

真美「え? 何々? ランプの精になりたい? んで真美には人間として生きて欲しい? お安いご用だよん!」

亜美「ふが、ふがふが!!」

真美「あぱらぱ→!」

亜美「ふがぁー……!」

真美「真美もランプの精に騙された時はどうなるかと思ったけど、なんとかなるもんだよ。じゃ、お仕事頑張ってねぃーん☆」

亜美「……」

真美「これから真美が亜美……さ、人間生活楽しむぞー!」

おわり

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:19:19.17 ID:9uVrVNru0
真美「何でも叶えちゃうかんね、ご主人様! ただし三つだけだよん?」

亜美「三つだけ? え→ちょっと待ってね→……あ、決めた! 亜美お金欲しいよ!」

真美「お安いご用、お安いご用! あと一つだけどどうすんの?」

亜美「あ、あと一つ!? おかち→よ、お金しか頼んでないし! っていうかお金ももらってないよ→!」

真美「? 真美、足元にちゃんと置いたよ? あと待ってって言われたから待ってたし」

亜美「足元って……これ、お金だけど小銭じゃん! 待ってって言ったのは願いじゃないし!」

真美「いっぱいあっても困るっしょ→、お金に埋もれて窒息とか真美、見たくないもん。泣いても笑ってもらあと一つ、ど→すんの?」

亜美「ぐぬぬ、分かったあと一つ慎重に考える。えーと、えーと……」

伊織「亜美ー、いつまで遊んでるの!? さっさと仕事に戻りなさい!」

亜美「ちょっともう! いおりんは黙って……あ、ちが!」

真美「お安いご用! ではまた、運が良ければ百年後→!」

亜美「あ、あぁ~……」

伊織「?……!?……、……!?」

おわり

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:29:54.76 ID:9uVrVNru0
真美「ばっちこい!」

亜美「んっふっふ~、じゃあ願いの数を100個にしてもらうよん」

真美「うあうあ~、厄介な人がご主人様になっちゃったよ→」

亜美「そうだねい、まずは亜美にでっかいお家をちょ→だい!」

真美「お安いご用……はぁ、真美、働き過ぎで死んじゃうよ」

亜美「んっふっふ~、まだあと99個残ってるかんね!」

それから亜美は、色んな願いを叶えてもらって、ゴ→ジャスでゴイス→な生活を楽しんだのだよ

真美「ご主人様、叶えられる願いは残り1個だよ→」

亜美「ん→、最後のお願いは何にしようかな→」

真美「また100個に、はなしだかんね!」

亜美「もうそれ何回も聞いたよ。そだね→……次に生まれ変わったら、亜美も真美も楽で楽しく生きられるってのでよろよろ→!」

真美「? よく分かんないけどお安いご用?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:32:31.95 ID:9uVrVNru0
それから数千年後……

亜美「ねえねえ真美→、亜美達二人でアイドルやってみない?」

真美「それ良い考えじゃん、真美もサンセー!」

亜美「目標は……何がいいかな?」

真美「決まってるっしょ→! 楽して楽しくトップアイドル!」

おわり

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:36:35.80 ID:SFQMNE7H0
イイハナシダナー

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:40:00.66 ID:9uVrVNru0
真美「いいよ→」

亜美「亜美ね、楽して遊んで暮らしたいの!」

真美「なるほどね→」

亜美「そいでね! ぷりちーな亜美を見た人がみーんなちやほやしてきて」

真美「うんうん」

亜美「……あり?本当にちゃんと、叶えてくれるの?」

真美「いや願いを叶えるとか無理っしょ→、奇跡か魔法でもなきゃ無理無理」

亜美「え→!? おかち→よ、どんな願いも聞いてくれるって!」

真美「だから聞いてるじゃん」

亜美「……」

真美「……」

亜美「……」

おわり

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:50:51.62 ID:9uVrVNru0
真美「無理だよ→、真美もう三つの願い叶えちゃったし」

亜美「え→、ランプの精って使い捨てなの?」

真美「世知辛い世の中なんだよう、今の真美は人間同然なの」

亜美「ふ→ん、じゃそれならそれでいいや、家族になろうよ」

真美「ご主人様? 真美何も出来ないよ?」

亜美「人間と同じくらいのことは出来るっしょ? 亜美ね、真美を一目見た時から亜美にそっくりな子だって思ってたんだ。きっと本当の姉妹みたいに仲良くなれるよ」

真美「い、いいの?……んっふっふ~、じゃあ真美はご主人様のお姉ちゃんだね。真美の方が長生きだし」

亜美「違うっしょ→? ご主人様じゃなくて、亜美っしょ!」

真美「……ぁ、亜美!」

亜美「うん。行こ、真美! まずは昔はなかったような美味しいものいっぱい食べよ!」

真美「うん!!」

おわり

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:52:26.43 ID:9uVrVNru0
真美「横入りはダメだよ→」

美希「ダメなのー」

亜美「ごめんなちい」

おわり

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:59:41.94 ID:9uVrVNru0
出てこいアズザーンとかも考えたけどもうネタ切れ



元スレ: 真美「ランプの精だよ→」亜美「じゃあ亜美のお願い聞いて!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350388589/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32489-b8849ff9