ヘッドライン

P「ムラ×4してきたからアイドルにちょっかい出してみよう」


1 : ◆IMtgXTLsxqIr 2012/07/10(火) 18:53:03.36 ID:R+lKbol10
※続きからです

P「忙しくて抜く暇も無かったからなー」

P「周りにはかわいい女の子ばっかりだしちょっかい出しちゃえ」

P「そうと決まればまずは[前スレ72]だな!」

※ホモスレの場合は終わります

※終了キャラ・・・雪歩、春香、あずさ、千早

※誰か書いてくれる人がいれば乗っ取り歓迎です!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:53:52.13 ID:R+lKbol10
72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:33:51.62 ID:4rakzIkh0
真美

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:55:48.71 ID:R+lKbol10
ガチャ

真美「おはよ→」

P「おはよう、真美(最近真美を見るたびに意識してしまう・・・俺はロリコンだったのか・・・)」

真美「今日は兄ちゃん一人?」

P「まだ誰も来てないな、小鳥さんは銀行と郵便局に行ってるし、律子は亜美たちと竜宮小町の仕事だ」

真美「んっふっふ~、じゃあ真美が兄ちゃんを独占できちゃうんだね~」

P「たまには真美と遊んでやるか!(本当はお医者さんごっことかしたいけど捕まっちゃうよなー)」

真美「じゃあね、真美今日は兄ちゃんと[前スレ87]して遊びたいな!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:57:35.12 ID:R+lKbol10
87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:41:57.33 ID:fDpAQkph0
乳首ダブルクリック!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:58:37.91 ID:R+lKbol10
真美「兄ちゃん!乳首ダブルクリックゲームしよ→!」

P「ぶはっ!なんだそのゲームは!っていうかどこで知った!?」

真美「この前テレビで芸人さんがやってたんだYO!」

P「お前それお笑い芸人の芸だろ・・・男女でやるもんじゃないぞ・・・」

真美「あれ~?兄ちゃんは真美の乳首で興奮しちゃうの→?」

P「バカ!大人をからかうな!」アセアセ

P(クリックしてぇ!光の速さでツンツンしてぇ!)

真美「じゃあいいじゃんYO!遊ぼうYO!」

P「仕方ない、でもこんなこと律子たちにばれたら俺クビになるから絶対に言うなよ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:00:14.74 ID:R+lKbol10
真美「よ~し!さすが兄ちゃん!」

P「で、どうやるんだ?」

真美「簡単だよ!リズムの達人のリズムに合わせて相手の乳首をクリックするんだYO!」

P「もはや勝ち負けも何もないな・・・」

真美「楽しそうでしょ!この前亜美とやってみたんだけどすっごく興奮したYO!」

P(!!興奮!?どう興奮したんだ!?おじさんに詳しく教えてくれ!)

P「そ、そうなのか。でも乳首の場所なんて分からないだろ?」

真美「んっふっふ~、そう思って今日はノーブラなんだYO!」

P「ば、バカ!お前あれほどブラをつけろって言ったのに・・・」

P(真美の服の下はノーブラ・・・真美の服の下はノーブラ・・・真美の服の下はノーブラ・・・)ハァハァ

真美「分かってるよ→、今日だけ特別だよトクベツ!」

真美「じゃあクリックする方をを決めるよ、[前スレ106]のコンマが偶数なら兄ちゃん、奇数なら真美がクリックするYO!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:01:29.63 ID:R+lKbol10
106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2012/07/09(月) 22:53:21.84 ID:ckG6PNMX0
ksk

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:02:05.88 ID:R+lKbol10
P「偶数・・・だな」

真美「ってことは兄ちゃんがクリックするんだね!お手柔らかに頼むYO!」

P「あ、ああ、やったことないけど頑張ってみるよ・・・」

P(うひょー!真美の乳首をクリック・・・くりっとクリック・・・くりくり・・・俺もう出ちゃうかもわからねぇな・・・)

真美「そうそう、言い忘れてたけど、普通のマークはクリック、強いマークはモミモミ、そして・・・」

P「そして?」

真美「連打マークは乳首をクリクリしちゃうんだ・・・///」

P「ぶっ!お、お前これゲームの領域を超えてないか!?」フォォ!

真美「なんかね、連打のときって頭がポーッとして変な声出ちゃうんだ・・・///」

真美「それでね、体が熱くなっちゃうの。今日は兄ちゃんでもそうなるか試してみたいんだYO!」

真美「でもあんまり強くされると痛いから優しくね・・・」

P(第二次性徴特有の乳首の擦れか・・・これはもう・・・逮捕されても構わない!)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:02:36.91 ID:R+lKbol10
真美「兄ちゃん初めてだから簡単な曲を選んであげるYO!」

P「そうか?俺は激しいのでも構わんぞ?」

真美「あ→、兄ちゃんの目つきがいやらし→!」

P「ち、違う、あくまでもゲームだ!そうだろ?」

真美「そ、そうだよね、ゲームだよね・・・///」

P(なんだこの落差は・・・元気な真美と照れる真美・・・クリックしたらどんな真美になっちゃうんだ!)

真美「それじゃ、スタ→トだYO!」

ズンチャカズンチャカ・・・

P(ツン、ツン、ツン・・・ツン・・・ツン・・・)

P(真美の乳首やらわけぇぇ!指の腹で小さな先っぽの感覚がすべてわかる!右手でpを握れないのが口惜しい・・・)

真美「んっ・・・に、兄ちゃん、上手・・・だね・・・///」

P(まずはクリックメインの譜面か・・・っと次は強打のマークも出てくるな・・・)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:12:25.36 ID:R+lKbol10
モミッ・・・

P(!!なんだこの感触は!?膨らみかけの胸がこんなに柔らかいなんて・・・)

P(たとえるなら・・・牛乳プリン!おっぱいだけに乳が詰まってるのか・・・)

真美「兄ちゃん・・・ま、真美のおっぱい・・・どう・・・?」

P「柔らかいぞ・・・大きさはまだまだだが、この感触はやばい・・・」

P(っと、強打、普通、の連続譜面か・・・これなら・・・)

P(両手で下から胸をすくって・・・親指でクリック!)

モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・

真美「んっ、あっ・・・う・・・んんっ!に、兄ちゃんおっぱい激しい・・・よっ・・・///」

P(真美・・・感じてるのか?乳首も・・・硬くなってるな・・・)

P(顔を赤らめて、涙目で、息遣いも少し荒い・・・中1ってこんなにエロいのか・・・)

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:17:03.39 ID:R+lKbol10
モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・

真美「に、兄ちゃん・・・なんか真美頭がポーッとしちゃって・・・///」

真美「それに体も熱くなってきちゃったよ・・・///」

P(辞めたくない!もっとクリックしたい!でも・・・)

P「真美、大丈夫か?苦しいならやめてもいいんだぞ?」

P(ホントは連打のクリクリしたい・・・俺のpもギンギンだし・・・)

モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・モミッ・・・クリッ・・・

真美「ふあっ!・・・んっ・・・あっ・・・、に、兄ちゃん、真美おかしくなっちゃう・・・」

P「そろそろホントにやめるか?」

P(首筋が汗ばんだ真美エロい!舐めたい!)

>>22のコンマが偶数なら継続、奇数なら終了

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:29:50.45 ID:LngvnJ7U0
ksk

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:37:57.67 ID:R+lKbol10
P(これ以上はさすがにまずいな・・・)

P「なぁ真美、もうやめよう。さすがにこれはゲームの範疇を超えてる。」

真美「に、兄ちゃん・・・ごめんね、真美が変なゲームをやろうって言って・・・」

P「いや、いいんだ。真美をからかってみようって調子に乗った俺も悪かった。」

真美「真美うれしかったんだよ?真美の小さなおっぱいでも兄ちゃんすごく一生懸命・・・」

P「ま、真美!他のアイドルにはこんなことしないぞ?真美だから・・・真美のおっぱいだから・・・」

・・・

真美「なーんて、兄ちゃん何真面目になってるんだYO!」

P「こら真美!俺は真剣なんだぞ!」

真美「だ、ダメだよ・・・今の真美は頭が働かないから・・・」

P「そっか、そうだよな。この場の勢いで、なんて卑怯だな。真美がもう少し大きくなって・・・」

P「俺のことを兄ちゃんじゃなくて、一人の男として考えられるようになったら、改めて話すよ。」

真美「兄ちゃん急に恥ずかしいよ///。いきなりそんな感じで話されると真美照れちゃうよ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:38:48.94 ID:pYlzzut+0
くそぅ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:42:58.12 ID:R+lKbol10
真美(なんかおまたがヌルヌルする・・・オシッコ漏らしちゃったのかな・・・)

真美「に、兄ちゃん!真美トイレに行ってくるね!」

P「あ、ああ。じゃあ俺はゲーム片付けてるからな。」

タッタッタッ・・・

P(これは、真美の椅子・・・濡れてる・・・?)

P(少しだけど、ぬめっとして・・・とりあえず舐めとっておくか・・・)ペロペロ

P(真美の味は・・・ちょっとしょっぱいな!)

--------

真美(うわー・・・おまたからヌルヌルが出ちゃってる・・・亜美とゲームした時はこんなにならなかったのに・・・)

真美(やっぱり兄ちゃんに触られたからかな・・・なんか気持ちよかったし・・・)

真美(パンツもぐしょぐしょだし着替えないと・・・)

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:47:29.46 ID:R+lKbol10
P「おー真美戻ったか」

真美「兄ちゃん!ちゃんと片付けできたかな~?」

P「やっといつもの真美に戻ったな。ん?ポケットが膨らんでるけど何入れてるんだ?」

真美(ヤバッ!さっきのパンツなんて出せないYO!)

真美「な、なんでもないよ兄ちゃん!ヒミツだよヒミツ!」

真美「それにしても今の真美にメロメロってことは、もっとセクチ→になったら大変ですなぁ?」

P「ああ、今の真美も十分魅力的だけどな。成長したらもっと魅力的なレディになるだろうな。」

真美「じゃあ兄ちゃんはそれまで待っててくれるの?」

P「もちろんさ、俺は真美のプロデューサーなんだからな!」

真美「兄ちゃんそこはコイビトって言ってほしかったな~」

P「それじゃ、改めまして。これからもよろしく、お姫様!」

真美「よろしくね!兄ちゃん!」

真美編 完

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:48:25.74 ID:R+lKbol10
続けます?
人いなそうですし安価は微妙ですかね・・・?

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:49:00.95 ID:gzIOWaB00
いいから安価はよ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:50:02.96 ID:/7Lt9FfW0
おるで

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:27:41.38 ID:dcFSNJywP
戻ってくるまで書く
安価>>50

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:29:00.10 ID:M8Bn5V3z0
やよい

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:33:35.10 ID:dcFSNJywP
P「真美、可愛かったな……」

P「だがまだ物足りない……」

P「ん?あれは……やよいか……」

P「くっ、なんで反応してしまうんだ。俺はもうロリコンになってしまったというのか……」

P「だがここまで来たら引き返せない!いざ!」


――ガチャッ
やよい「おはようございまーっす!」

P「お、やよいか。おはよう」

P「(やよいはかわいいなぁ……ここは>>60するしかないな)」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:39:05.83 ID:EyEakAQT0
サッカーの試合後のユニフォーム交換のように、爽やかに下着を交換する

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:50:27.97 ID:dcFSNJywP
P(やよいに過激なことはできないがこのムラムラを解消するには……パンツだ)

P(パンツを脱いで、履く。という単純な動作でも見られている時の羞恥心は計り知れない!)

P(これをネタにして……後でゆっくり堪能させてもらおう。ならば早速……)

やよい「今日は暑いですねぇ~……事務所が寒いくらいです~」

P「そうだな。特に今日は今月最高気温らしいからな。水分とかしっかり取っておけよ?」

やよい「あ、はい!あっ………くちゅん!」

P「あーほらほら。ティッシュだ」

やよい「ず、ずびばせん……チーン!……ふぅ…」

P「大丈夫か?汗で風邪ひいたんじゃないか?」

やよい「だ、大丈夫ですよ!あっ…・・くちゅん!」

P「ほら言わんこっちゃない。今大丈夫でも後で熱とか出たら大変だ」

やよい「うぅ……でも、そろそろお仕事いかなきゃいけないですし……」

P「それなら、せめて着替えておくだけでも違うぞ?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:57:20.43 ID:dcFSNJywP
やよい「着替えの換えも持ってきてないです……」

P「そうか……こう聞くのもあれだけど、下着の換えはないのか?」

やよい「あっ!それは一応ありますけど……」

P「おぉ、それならちょうどいい。パンツが濡れてるだけでも結構体冷えるからな」

やよい「わ、わかりました!それじゃあ着替えてきますね!」

P「あ、ちょっと待ってくれやよい」

やよい「はい?」

P「今は時間との勝負だから手伝ってやろう。ちょっとパンツ貸してくれ」

やよい「え、えぇ?」

P「大丈夫。チャチャっと変えちゃうだけだ。何の問題もない」

やよい「で、でも……恥ずかしいです……」

P「やよいもおむつ換えてあげたりするだろ?そんな感覚だ。それにすぐ終わるさ」

やよい「うぅ……でも、早くしなきゃですし……わかりました」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:03:42.73 ID:dcFSNJywP
P(おぉ……これがやよいのパンツか……)

P(シンプルな白の無地。流石にアップリケみたいなのはついてなかったか)

P(ちょっとだけ、臭いを嗅いでみるか……)スンスン

P(おぉ~……どこか、懐かしい感じとやよいの柔らかく甘い匂いが混ざり合って……素晴らしい)

やよい「あ、あの……プロデューサー?」

P「お、おぉ!?だ、大丈夫だ!さぁやってしまおう!じゃあまずはズボン脱いじゃってくれ」

やよい「は、はい……」スルスル

やよい(うぅ……は、恥ずかしいよぉ……でも、せっかく換えてもらうんだから……)

P(いい……すごくいいぞ……パンツだけで恥じらうやよい……)

P「よし、それじゃあちゃっちゃと脱がせちゃうな」スッ

やよい「えぇ!?そ、そんな、じ、自分で脱ぎますよ!」

P「いや、汗でうまく脱げないだろうし、俺に任せておけ」グッ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:24:46.41 ID:dcFSNJywP
P(うおっ、意外としっかりくっついてるな……)

P(徐々に下にずり降ろしてく……手に絡みつく……だがそれすら快感だ…)

やよい(プロデューサー大変そうです…うぅ……汗だくのパンツを脱がされてるなんて……)

やよい(は、恥ずかしくない…これは恥ずかしくない!……でも、早く、終わらせてほしいっ…)

P「よし……もう少しだ……」

やよい「は、はい……」

P「………よしっ…」

P(湿って丸まったやよいのパンツ……嗅ぎたい……無性に…!)

やよい「え、えっと……ぷ、プロデューサー……」

P「ど、どうしたやよ……」

P(しまった……パンツに気を取られていて、やよいのやよいが無防備であることを忘れていた!)

P(……生えていない……そして一本筋……これはマズイ……)

P「す、すまんやよい!ほら履いてくれ!」

P(できるだけ、できるだけ目をそらしてパンツだけ持ち上げておけば……)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:33:19.02 ID:dcFSNJywP
やよい(恥ずかしい……くない……これは換えてもらってるだけ……)

やよい(でも……プロデューサーが見てるって思うと……変な気持ちになっちゃいます……)キュン

P(早く……早く履いてくれ……)

P(気のせいか、やよいの息遣いが聞こえる?やめろ、俺の理性の限界はもうそこまで来てるんだ……)

やよい(あっ、き、緊張してうまく足が入らない……)

P(うおっ、急にパンツが重く……)

P(ついつい目を開けてしまった。そこには足を上げたがため、くっきりと見えるやよいの秘部……)

P「やよい……」

やよい「ぷ、ぷろでゅーさー……」プルプル

P(ダメだ!何も考えずに一気に!)

P「……はっ!」ススッ!

やよい「は、はいっ!」スパッ!

P「はぁ……はぁ……」

やよい「はぁはぁ……あ、ありがとうございました……プロデューサー…」

P「い、いや……いいんだ……」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:42:53.06 ID:dcFSNJywP
P(お互い何もしゃべらないままやよいはズボンまで履いて立ち尽くしている)

P「や、やよい!」

やよい「ひゃっ、ひゃいっ!」

P「えっとその……そろそろ時間だろ?」

やよい「あ、そ、そうですね!それじゃあ行ってきます!」

――ガチャッ

P「はぁ……どうすんだよこれ……」ビン

P「………」チラッ

P(無造作に放置された丸まった……)

P「これがあったか……」

P「………すまんやよい」ガチャッ

――

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:46:09.52 ID:NDRQXNr90
被るんですよね

ですよね?

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:49:15.79 ID:dcFSNJywP
やよい「お疲れ様でした~!」

――

やよい「うぅ……」

やよい(汗かいてないのに、パンツが濡れてました……)

やよい(おもらし、とは多分違うけど……あの時)

やよい(プロデューサーに……見られたとき……恥ずかしくって……)

やよい(でも……不思議な感じで……)

やよい「また……換えてもらおう……かな…」

――ガチャッ

やよい「ただいまかえりましたー!」

P「うぉおおおやよいいいいやよいいいいい」パンツカブリ

やよい「」

P「やよ……」

やよい「」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 21:55:10.54 ID:dcFSNJywP
P「すみませんでした!」

やよい「あ、あんな恥ずかしいこと……」カァッ

P「でも……かぶりたかったんだ……やよいの、だから」

やよい「私の……ですか?」

P「あぁ」

やよい「………わかりました。それなら許してあげます!」

P「え?ほ、ホントにいいのか?」

やよい「ただし!……また、パンツ換えるの手伝ってくれますか……?」

P「え?………あぁ、もちろんさ」

やよい「それで、次はもっとささっとお願いしますね?」

P「わかった。次はもっとうまくやってみせるさ!」

やよい「でも……ゆっくりやるのも……いいかも……」

P「ん?」

やよい「い、いえ!それじゃ早速、お願いしますね?プロデューサー!」

やよい編 終了

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:00:07.11 ID:R+lKbol10
P「忙しくて抜く暇も無かったからなー」

P「周りにはかわいい女の子ばっかりだしちょっかい出しちゃえ」

P「そうと決まればまずは>>97だな!」

※ホモスレの場合は終わります

※終了キャラ・・・雪歩、春香、あずさ、千早、真美

※誰か書いてくれる人がいれば乗っ取り歓迎です!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:02:13.67 ID:gzIOWaB00
律子

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:06:09.62 ID:R+lKbol10
ガチャ

律子「おはようございます」

P「律子おはよう(知的な女性のスーツっていいよなぁ・・・律子は顔もスタイルも抜群だし)」

律子「他の子はまだ来てないんですか?」

P「ああ、今日はみんな午後からだしな。確か竜宮小町も午後から仕事じゃなかったか?」

律子「ちょっと準備したいものがありまして・・・」

P「そうか。じゃあ俺も手伝ってやるよ、どうせ暇だしな(仕事にかこつけてセクハラしちゃうぜ!)」

律子「それじゃあ、>>107をお願いできます?」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:07:33.89 ID:9XBmJqGh0
マッサージ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:09:38.84 ID:vc22VhX50
>>105

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:13:54.89 ID:R+lKbol10
律子「それじゃあ、マッサージをお願いできます?」

P(!!これは合法的セクハラ!?)

P「もちろん、さぁ、律子ソファに横になってくれ!」

律子「先に仕事片付けてしまいますね、あとこれはプロデューサーには分からないと思いますので私一人でやってしまいます」

P「そ、そうか・・・じゃあ竜宮小町が特集されてる雑誌でも読んでるから終わったら声をかけてくれ」

律子「分かりました(私ったら・・・ちょっと大胆だったかしら?)」

・・・

律子「ふぅ、終わりました、プロデューサー」

P「おつかれさん、律子。で、どこをマッサージしてほしいんだ?」

律子「そうですね、では>>113をお願いします。」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:15:05.52 ID:IcilSzZB0
背中

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:19:07.38 ID:R+lKbol10
律子「では、背中をお願いできますか?最近はデスクワークが多かったので・・・」

P「よしわかった!さぁ、ソファにうつぶせになってくれ」

律子「はい、それでは失礼します・・・」

P(うひょー!白ワイシャツの後ろから透けるブラ紐!律子は・・・黒!?)

P(そしてむっちりとした肉感のタイトスカート・・・どこのエロOLだよ!)

P「それじゃあやるぞ」

ナデナデ・・・

律子「ふ、ふふふっ!プロデューサー!それじゃ撫でてるだけじゃないですか!くすぐったいですよ!」

P「すまん、強くすると痛いかと思ってな・・・(大嘘)」

律子「もう少し・・・強くしてください・・・」

P(セリフだけ聞くとなんだかエロいな・・・)

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:27:17.75 ID:R+lKbol10
モミッ・・・モミッ・・・

律子「んっ・・・あっ・・・ふぅ・・・」

P(喘ぎ声!?)

P「大丈夫か?苦しくないか?」

律子「は、はいっ、ちょうど・・・いいです・・・」

P「そうか。もう少し範囲を広げてやるからな」

律子「分かり・・・ましたっ・・・あんっ」

P(この声だけで3回は抜けるな!)

P(アイドル時代もまじめだったから、こんななまめかしい声聞いたことないぞ)

モミッ・・・モミッ・・・

P「どうだ?だいぶほぐれただろ?」

律子「ありがとうございます・・・気持ちよかったです・・・」

P「それはよかった。実はな、マッサージって1か所だけやっても効果は薄いんだ。>>126とセットでやると効果抜群だぞ」

126 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/10(火) 22:31:19.05 ID:+xMikqrB0
ふともも

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:35:53.56 ID:R+lKbol10
P「背中のマッサージはな、太ももと一緒にやると効果的なんだ」

律子「そうなんですか?」

P「そ、そうだ!だから太ももはよ!」

律子「ちょ、プロデューサー!目がいやらしいです!」

P「す、すまん。別にやましい気持なんかこれっぽっちもないぞ。」

律子「本当ですか?」ジトー

P「ほ、本当だよ!普段頑張ってる律子を思ってだな・・・」

律子「なーんて、嘘ですよ!アイドルに対しても紳士的なプロデューサーですもの、信じてないわけないじゃないですか」

P「そ、そうだよな、俺は紳士的(意味深)だからな。じゃあ太ももにいくぞ」

律子「お願いします(ふふっ、プロデューサーのことからかっちゃった♪)」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:36:48.18 ID:wO/xBgXt0
なんやこのデレデレりっちゃん

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:38:53.35 ID:9XBmJqGh0
>>135
それが良い

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:40:30.30 ID:R+lKbol10
モミモミ・・・モミモミ・・・

P(この弾力・・・肉付き・・・手が吸い込まれる!)

律子「ふふっ、くすぐったいですよプロデューサー」

P「そうか?今回は普通に揉んでるんだが・・・」

律子「ですよね、ちょっと我慢しますからお願いしますね」

P「任せておけ・・・」

P(ひざ上からお尻にかけて・・・精魂込めて・・・揉む!揉みしだく!)

律子「んっ・・・んふっ・・・これ・・・気持ちいいかもです・・・」

P(外ももから内もも・・・って内ももだとぉ!もう少しで律子のアソコに・・・指が・・・)

律子「あっ・・・ぷ、プロデューサー・・・内側はダメです・・・弱いんです私・・・」

P(ちょ、律子マッサージじゃない声出ちゃってるよ!これはもう少し内ももを重点的に・・・)

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:45:10.88 ID:R+lKbol10
モミ・・・モミ・・・

律子「だから・・・んっ・・・内ももは弱いって・・・言ってるじゃ・・・あふっ・・・」

P「そうか?律子姿勢がいいからな、内ももの方が張ってるんだよ。」

律子「でも本当に、私・・・あんっ・・・そこダメ・・・なの・・・」

P「じゃあお尻のほうに行くか。内ももとお尻の筋肉はつながってるからそこでも効果でるぞ」

律子「お、おし・・・お願いします・・・///」

P(ずいぶん素直だな・・・これはこれで可愛いんだけどな!)

P「じゃあ、お尻に行くぞ・・・」

モミ・・・モミ・・・

P(両手を包むこの肉・・・まさに桃尻とはこのことか!タイトスカート越しなのに柔らかさが伝わってくるぞ・・・)

律子「あっ・・・ぷろ、プロデューサー・・・そこ・・・揉み方が・・・んっ・・・」

P「どうした?他と同じようにやってるだけだぞ?」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:51:05.99 ID:R+lKbol10
P(なんてな!下から上にモ揉みあげて・・・落とす。左右から中央へ揉んで・・・落とす)

律子「あんっ・・・なんか・・・変な気持に・・・なっちゃいそうです・・・」

P「気持ちいいのか?」

律子「は、はいっ・・・疲れが・・・んっ・・・ほぐれて・・・」

P(律子の首筋・・・赤みがかってる・・・体も熱くなってるし、血流がよくなっただけじゃないよな?)

P(丹念に内ももとお尻を揉んだからか。息遣いも荒いし、少し乱れたシャツがなまめかしい・・・)

P「どうだ?疲れはほぐれたか?」モミモミ

律子「あっ、ありがとう・・・んっ・・・ございます・・・それ以上されると私・・・」

P(なんかいい雰囲気になってる?もう少し続けてもいいのか?)

P「そうだな、じゃあそろそろ>>155

>>155のコンマが偶数ならマッサージ終了、奇数なら次のステップへ。

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:52:58.17 ID:PjxbBto30
奇数こいや

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:54:03.93 ID:94tTwYvG0
>>155
よくやった

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:56:09.42 ID:647519Z80
>>155
でかした

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 22:56:45.51 ID:R+lKbol10
P「他の部位に移ろう。せっかくの機会だ、一気にほぐすぞ。」

ゴロン・・・

律子「ぷ、プロデューサー?」

P「ずっとうつ伏せだったからな。仕上げはあおむけだ。」

律子「なんか・・・恥ずかしいです・・・///」

P「気にするな、いつも頑張ってるご褒美だ」

P(うひょー!スーツに張った2つの胸!少し汗ばんで黒いブラが透けてる!)

P(一番上のボタンがはずれてるし、裾もまくれてお腹がチラリ・・・)

P(内股になった足もエロい・・・タイトスカート越しのパンツラインも・・・)

律子「それじゃあ・・・お願いします・・・。優しく・・・してくださいね?///」

P(これは!理性が吹っ飛ぶ!)

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:00:51.04 ID:R+lKbol10
P「苦しいだろ?先にシャツのボタン外すぞ?」

律子「上のほうだけですよ?」

P「ああ、その代わりお腹をまくってもらうぞ。次はお腹のマッサージだ」

まくりまくり・・・

律子「ひゃいっ!」

P(ふぉぉ!乱れたシャツ!まくれた裾から見えるお腹!ブラ状態よりエロくないか・・・?なんか背徳感が・・・)

P「律子のお腹きれいだな・・・ヘソも・・・」

律子「恥ずかしいです・・・///」

P「お腹は撫でる感じだぞ。じゃあ・・・」

スリ・・・スリ・・・

律子「ひゃうっ!く、くすぐったいです!」

P「我慢我慢・・・そのうち気持ちよくなってくるから・・・」

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:06:01.51 ID:R+lKbol10
なでりなでり・・・

律子「あふっ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

P(お腹から脇腹へ・・・上に上がって胸の手前・・・下に下がって股間手前・・・)

P(あくまでも局部への刺激は避けつつ、じっくりと感度を上げて・・・)

律子「んっ・・・あっ・・・」

律子(気持ち・・・いい・・・けど、これってマッサージじゃなくて・・・頭の芯に抜けるような快感・・・)

P「律子は脇腹も締まってるなぁ、ヘソの下も無駄な肉が付いてないのに柔らかい・・・」

律子「やっ・・・そんな・・・変になっちゃう・・・」

P「次はももも同時に行くぞ。もも前面もなかなか張ってるみたいだ」

モミモミ・・・

律子「あっ!・・・んっ・・・ふぅ・・・ふぅ・・・」

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:11:23.07 ID:R+lKbol10
P(太もももひざ上から・・・内股・・・外股を撫でるように・・・)

P(スカートの裾から少し手を入れて・・・股関節手前まで・・・)

P(こっちも局部はいじらず・・・ぎりぎりで止めて・・・)

律子「ひゃぅ!ぷ、プロデュー・・・サー・・・なんか私・・・」

律子「気持ちよくて・・・マッサージじゃない、別の・・・気持ちよさ・・・んっ」

P「どうした?お腹とももを撫でてるだけだぞ?胸とかいやらしいところは触ってないぞ?」

律子「い、いじわる・・・あっ・・・内ももとか・・・おヘソ下とか・・・あんっ・・・ばっかり・・・」

P「特に張ってるんだよ、それとも・・・この先が欲しいのか・・・?」

律子「あんっ・・・わ、私にそんなこと・・・言わせないで・・・んっ・・・ください・・・」

P「いいのか?律子?」

律子「はい・・・プロデューサーなら・・・私・・・かまいません・・・」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:14:58.18 ID:R+lKbol10
ガチャ

小鳥「ただ今戻りましたピヨー!」

律子&P「!!」

律子&P(まずい!すぐに元に戻さないと!)

小鳥「ただいまピヨー!」

P「お、お帰りなさい小鳥さん」

律子「お、お疲れ様小鳥さん」

小鳥「二人とも顔が真っ赤ピヨ!どうしたんですかピヨ?」

律子&P「な、なんでもないですよ!」

小鳥「怪しいピヨー?っと、買ってきたアイスが溶けちゃうピヨ!私は会議室でアイス食べてきますピヨ!」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:17:56.75 ID:R+lKbol10
P「危なかったな」

律子「もう!プロデューサーがあんなマッサージするから・・・」

P「そうかー?律子もまんざらでもなかっただろー?」

律子「そ、それは///」

P「じゃあ今度続きをしてあげるからさ」

律子「でもその前に!ちゃんと私に言葉で伝えてください!」

P「・・・そうだな、自分に嘘はつけない」

P「律子、俺はお前が好きだ。結婚を前提に付き合ってくれないか?」

律子「こちらこそ、よろしくお願いしますね、プロデューサー。」

小鳥(全部聞いちゃったピヨヨー)ニヤニヤ

律子編 完

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 23:24:42.38 ID:R6dLFR9f0
くっそう
CEROの事務員め…



元スレ: P「ムラ×4してきたからアイドルにちょっかい出してみよう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341913983/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32348-7471977e