ヘッドライン

有田「上田さんって765プロのプロデューサーなんですか?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:20:27.95 ID:jure7/4iP
ピッポ ピッポ ピッポ ポーン

―収録スタジオ―

有田「…いや、参ったね…」

上田「なんだよ、また参ってんのかよ…」

有田「いや~、うん、参った。」

上田「まあ、一応訊いておくけど、なんで参ってんの?」

有田「ん?…まあ、それは、ね…」

上田「お前さほど参ってねえだろ!」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:23:37.02 ID:jure7/4iP
有田「いや、参ってますよ。」

上田「じゃあ何で参ってるのか言ってみろよ!」

有田「…なんなんですか?」

上田「なんなんですか?じゃねえよ!…ったく、たいして参ってねえんならその入り方止めろよ…」

有田「でもこれで始まらなきゃ締まらないでしょ!」

上田「締めなくていいよ!まだ番組始まったばかりだろうが!」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:27:38.86 ID:jure7/4iP
有田「そんなカリカリしないでくださいよ…全く…」

上田「カリカリしてんのはお前のせいでしょうが!…ったく頼むよ、今日は素敵なゲストが来てくれてるんだからさ~俺だってカリカリしたくはないのよ。」

有田「ああ、そうでしたね。え~っと、まあ、今日はこの番組に素敵なゲストが来てくれています。誰かというと…上田さん。」

上田「え~今日はなんとね、765プロダクションから天海春香ちゃんをお呼びしています!」

有田「おお~!!」パチパチ

上田「だから今日はせっかくなんでね、春香ちゃんと楽しくおしゃべりしたり、春香ちゃんのために作ったコーナーを交えたりして二時間お送りしていきたいと思います。」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:30:09.49 ID:jure7/4iP
有田「いや~でも珍しいですね。」

上田「なにが?」

有田「ほら、765プロっていうと、この番組のパネェ質問専用アイドルっていうイメージだったんで、罰ゲームのない日に呼ぶのはなんか新鮮ですね。」

上田「失礼なこと言うな!…でも、確かに新鮮っちゃあ新鮮かもな~ガハッ!」

有田「まあ、少なくともパネェ質問やるよりはこっちの方がいいでしょうね。」

上田「ああ、そりゃ間違いないな。」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:32:22.98 ID:jure7/4iP
有田「いや~しかし、春香ちゃんって本当にいい子だよね~」

上田「そうだな。最近の子にしちゃあ気が利くというかかゆいところに手が届くというか…まあ、とにかくいい子だよな。」

有田「実は今日さ、たまたま同じ番組の収録があって、春香ちゃんと話す機会があったのよ。」

上田「へ~」

有田「しかもよ!俺が収録前に楽屋でフライデー読んでたらさ、春香ちゃんがわざわざ訪ねてきてくれたの!」

上田「おお、しっかりしてるね~」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:35:09.42 ID:jure7/4iP
有田「まあ、僕はもうこの時点で春香ちゃんのこと好きになっちゃったんですけど…」

上田「いやいや、好きになるの速すぎでしょ?レベル200のテトリスじゃねえんだから。」

有田「…上田さん、今そういうのはいらないから。」

上田「ガハッ!!」

有田「冷静に考えてみてくださいよ。春香ちゃんですよ?765プロのアイドル、健気で可愛いあの天海春香ちゃんが、女子アナのパンチラ写真を見てニヤニヤしてる僕の楽屋に来てくれてるわけですよ。」

上田「うん、まあお前がゴミだってことは触れないでおくから続けて。」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:37:14.43 ID:jure7/4iP
有田「それでさ、『今日はよろしくお願いします!あ、あと有田さんにクッキーを作ってきたんでよろしかったらどうぞ!』って言ってさ、なんと手作りのクッキーをくれたの!」

上田「え、マジで?!うわ、確かにそれやられたら俺も好きになっちゃうな~」

有田「でしょ?」

上田「っていうかさ、春香ちゃんに限らないけど今765プロのアイドルってめっちゃくちゃ売れてるし、ファンもかなりいるんだろ?」

有田「そうでしょうね。」

上田「そんなファンからしたらさ、春香ちゃんの手作りクッキーなんてまさに命に代えてでも欲しいものじゃんか?それをもらったのが速水もこみちとか、向井理とかならまだ諦めがつくけどよ、有田哲平となるとファンは死んでも死にきれないだろうな~」

有田「あ~確かに…」

上田「ガハッ!!いやいや、少しは否定しろ!そんな自分を卑下すんな!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:39:51.04 ID:jure7/4iP
上田「んで、その手作りクッキーはもう食べたの?」

有田「ああ、それはもうもちろん。」

上田「い~な~俺も食いたかったな~なに、やっぱり美味しかったの?」

有田「いえ、不味かったです。」

上田「…あれ、俺の聞き間違いかな?不味いって聞こえたんだけど…そんなわけないよな。よし、もう一回訊いてみよう!おい有田、春香ちゃんのクッキーは美味しかっただろ?」

有田「いえ、不味かったです。」

上田「ガハッ!!!…え、いや、春香ちゃんはお菓子作りが得意って聞いてたんだけど…」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:42:12.88 ID:jure7/4iP
有田「まあ、お菓子に限らず料理全般が得意なのは事実だとは思うんですけど…ほら、春香ちゃんっておっちょこちょいなところがあるじゃないですか。」

上田「あ~確かに…」

有田「で、これは僕の感なんですけど、たぶんそのクッキーも作る過程で砂糖と塩を間違えて作ったんじゃないかと睨んでるんですよ。」

上田「いやいや、そんなベタな間違え方する人実在するか~?単にお前のこと嫌いだから、まずいの作ったれや~って作ったんじゃねえのか?」

有田「ああ、それもあるかもな…」

上田「がっ!!!いや、だから否定しろっての!やりずれえわ!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:44:48.57 ID:jure7/4iP
有田「まあその点については後で春香ちゃんに確認してみればいいですからね…あ!そうそう!」

上田「なに?いきなり大声出して…」

有田「その後のことなんだけどさ、収録が終わってからまた春香ちゃんが俺の楽屋に来たのよ!」

上田「ほお。」

有田「まあ、まずはお礼の挨拶するわけよ。『今日はありがとうございました』って。」

上田「うん。」

有田「で、その後に『この後のラジオもよろしくお願いします。』って言うわけ。」

上田「お~やっぱり挨拶もちゃんとしてるのね~偉いよ。」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:47:38.37 ID:jure7/4iP
有田「ただね、問題はこの後よ。春香ちゃんがさ、『プロデューサーさんにもよろしく伝えてください。』って言ったの。」

上田「ん?プロデューサー?」

有田「ん?って思うでしょ?だから俺も、『プロデューサーって?』って訊いたの。そしたらさ、春香ちゃんが『え?上田さんのことですけど…』って言うのよ。」

上田「ガハッ!!あれ、このパターンは…」

有田「で、俺もどういうことか詳しく訊こうと思ったんだけど、俺気づいたら楽屋飛び出して走り出してたから結局訊けなかったんだよね。」

上田「なんでだ?!戻って聞き出せばいいだろ?!」

有田「僕もそう思ったんですけど…まあ、でも本人に訊いた方が早いし正確ですからね。」

上田「はあ…出たよ、月に一度のお楽しみが…言うなればこの番組の生理だよ…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:50:11.69 ID:jure7/4iP
有田「で、どうなんですか上田さん、上田さんは765プロのプロデューサーなんですか?」

上田「いやあのさ…常識で考えてみ?俺芸人だぜ?今までプロデュース業なんてしたことねえし。」

有田「そうですよね。あったとしてもしゃべくり007の“売り込み007”のコーナーくらいですもんね。」

上田「そうだよ、それもそんなに上手くできねえし。そんな店や物もろくにプロデュースできないような奴が、ましてアイドルをプロデュース出来ると思うか?」

有田「ああ、確かにそうですよね…ただの素人がアイドルをプロデュースするなんて無理だもんなぁ…」

上田「だろ?まあ、ここまで言えばさすがのお前でもわかるだろ?」

有田「はい。あ、でももしかしたら勘違いしてるリスナーがいるかもしれないんで、一回きちんと明言してもらってもいいですか?」

上田「ん~まあ構わんよ。」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:52:41.25 ID:jure7/4iP
有田「え~っと、じゃあ確認ですけど、上田さんは765プロのプロデューサーではないんですよね?」

上田「プロデューサーよ。」

有田「…ん?」

上田「プロデューサー。」

有田「え?でもさっきは違うって…」

上田「ん~まあ、ここまで追い込まれちゃ隠し通せないだろ。何よりも俺嘘つくの嫌いだし。」

有田「いや、そこまで追い込んだつもりはないんですけど…あ、じゃあ上田さんは765プロでプロデューサーをやってたってことでいいんですよね?」

上田「うん。…っていうかさ、思ったんだけど、今日って春香ちゃんが来てていろいろコーナーとかやるんだろ?お前こんなむちゃぶりしてる時間ないぞ?」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:55:10.58 ID:jure7/4iP
有田「なんですかむちゃぶりって?!こっちは気になったから訊いてるだけですよ!人聞きの悪いこと言わないでください!」

上田「俺のことよりも春香ちゃんの方を気にしろ!」

有田「まったく…で、話を戻しますけど、上田さんはプロデューサーなんですよね?」

上田「結局やるのかよ…」

有田「どうなんですか?」

上田「ああそうだよ、俺が765プロのプロデューサーだよ。」

有田「ええ?!あ、じゃあやっぱり春香ちゃんの言ってたことは本当だったんですね。」

上田「まあね~あ、でもお前あんまりこのこと人に言うなよ?副業的にやってるだけなんだから。」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:57:50.91 ID:jure7/4iP
有田「いや…これラジオですけど。」

上田「ああそうか。まあでも、こんなラジオ聴いてるやつなんて“せんずり”くらいしかいないから大丈夫だろ。」

有田「もっといると思いますけど…“農機具”とか“ぼくくぼ”とか…」

上田「ガハッ!!ああ、そうだな…でも言ってもそこらへんだろ~」

有田「あれ?でも上田さんって今までプロデューサーとして働いたことってないんですよね?」

上田「うん、ないね~」

有田「経験が無いのにアイドルをプロデュースしたんですか?!」

上田「まあそうなるよね~」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 14:59:32.94 ID:jure7/4iP
有田「経験がないくせによくあれだけ有名にできましたね?」

上田「ん~だって俺だぜ?」

有田「…まあ、なんでそんな自信満々なのかはわかりませんけど…っていうかそもそものきっかけは何だったんですか?」

上田「きっかけ?きっかけはね~あれは…もう半年以上前になるかね~俺が家でゴロゴロしてたらさ、電話がかかってきたのよ。」

有田「電話?誰から?」

上田「順ちゃんよ。」

有田「じゅんちゃん?ああ、名倉潤のことね?」

上田「いや、違うよ。765プロの社長、高木順二郎。」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:01:35.31 ID:jure7/4iP
有田「ええ?!765プロの社長から?!え、なんで急に社長から電話が来るんですか?」

上田「あれ、言ってなかったっけ?俺社長とは昔から仲良くさせてもらってるのよ~」

有田「…ちなみにそれはどういった仲なんですか?」

上田「まあ主に長渕関係の仲よ。」

有田「ああ、社長も長渕が好きなんだ…」

上田「そうそう。昔長淵のライブで意気投合しちゃってさ、それから結構仲良くさせてもらってるのよ~まあ、マサ斎藤とケン・パテラの関係をイメージしてもらえればわかりやすいんじゃないか?」

有田「いや、上田さんと社長が一緒に獄に入る仲かどうかは知りませんけど…ん~まあそこら辺はまた今度聞くとして…え、で社長は電話でなんて言ってきたんですか?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:03:27.83 ID:jure7/4iP
上田「ん~とね…まあ簡単に言うと、事務所の経営が上手くいかなくてヤバイから晋ちゃんなんとかしてくんない?って感じの内容よ~」

有田「上田さん、社長から“晋ちゃん”って呼ばれてるんですね。」

上田「そらそうよ!こっちだって“順ちゃん”って呼んでるんだから“晋ちゃん”って呼ばせないとマナー違反だろ。」

有田「いや知りませんよ、そんなマナーは!…で、話を戻しますけど、経営がヤバイってどういうことですか?」

上田「詳しく聞いたところによるとさ、順ちゃんところの765プロの事務所にはアイドルはたくさんいるんだけど、プロデューサーを雇う金がないから仕事が取れなくて、もうにっちもさっちもいかなくなってるって言うのよ。」

有田「はい。」

上田「で、社長が『晋ちゃんの知り合いで誰かいいプロデューサー紹介してくれない?』って言うからさ、俺言ってやったのよ~『俺やるぜ』ってさ。」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:05:16.89 ID:jure7/4iP
有田「いやいや、そこは別に誰かいいプロデューサーを紹介してあげれば良かったんじゃないですか?」

上田「いや~でも俺は困ってる順ちゃんを見捨てたくはなかったからさ~」

有田「いや、だからって上田さんが立候補してどうするんですか?!社長だって上田さんにやってほしいなら最初から『晋ちゃんやってくれない?』って言うでしょ?言わないってことはそう思ってないんですよ!」

上田「ん~でも『俺やるぜ』って言ったら順ちゃん『マジっすか?!やったー!』って言ってたよ?」

有田「ああ、じゃあ別に誰でも良かったんだ…」

上田「そうみたいよ。で、まあ次の日から早速プロデューサーとして765プロに行ったのよ。」

有田「ふ~ん…でも、いきなり事務所に上田さんが来たらアイドルの娘たちはびっくりしますよね?」

上田「そうだね、俺が入って行ったら、幼稚園児が里見光太郎に会った時みたいにピンとこない顔してたからね~」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:07:33.97 ID:jure7/4iP
有田「まあ、当然と言えば当然の反応ですよね。で、上田さんはそんなアイドル達に、まずなんて声をかけたんですか?」

上田「『もいっちょ集合!』って言ってやったのよ~」

有田「いや、なんでマサキヨ監督みたいになってるんですか?!そもそも集合かけるの初めてだし…そんなんでアイドル達も寄ってこないでしょ!」

上田「いや?全員俺の方に寄って来たよ。なんなら社長とか事務員なんかも寄って来たし。」

有田「…通用するんですね。」

上田「そうみたいね。ただ、みんな俺と10㎝くらいの距離まで寄って来たから、『もうちょっと下がって』って言ったの。そしたら今度はやっこさん達が3m以上離れたから、今度は『あと2m前に出て』って言ったんだけどね。」

有田「いりませんよそんな件は!…で、集合かけて上田さんは何を話したんですか?」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:09:20.96 ID:jure7/4iP
上田「まあ、まずは事情の説明よ。俺がプロデューサーになるからお前ら大船に乗ったつもりでいろよ~よろしく~!ってな感じでさ。」

有田「う~ん…正確に言うと泥船だと思うんですけど…」

上田「がっ!!!」

有田「しかもなんかノリが軽いし…アイドル達も納得しないでしょ?」

上田「いや?『伏し目がちな日々、今日まで~!』って言って喜んでたけどね~」

有田「ああ、案外簡単に納得してくれたんですね…あれ、でも765プロってアイドルがたくさんいますよね?確か12人くらいでしたっけ…?上田さんは誰をプロデュースすることにしたんですか?」

上田「全員よ。」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:11:24.44 ID:jure7/4iP
有田「は?え、12人全員ですか?」

上田「ああ、いやいや、そのうちの3人は『竜宮小町』っていうユニットを既に組んでて、ゴミ眼鏡がプロデュースしてたから、俺が担当したのは残りの9人よ。」

有田「いや…9人でも十分多いと思いますよ。なんで1人に絞らなかったんですか?」

上田「まあ、いろいろ考えたんだけどさ~俺贔屓って嫌いなのよ。例えば俺が春香ちゃんだけを選んだとするじゃんか。そうするとさ、ま~いないとは思うけど、他のアイドル達の中には快く思わない娘がもしかしたら出てくるかもしれないだろ?」

有田「はあ…」

上田「そうなるとさ、もう事務所の空気とかがおかしくなって全体に支障が出ちゃうわけ。だからそうならないために俺は全員をプロデュースすることにしたのよ。」

有田「う~ん…なにか立派なこと言ってますけど…上田さんに選ばれなかったからって気を悪くするとは思えないんですよね。」

上田「がっ!!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:14:02.50 ID:jure7/4iP
有田「っていうかそもそも上田さんってプロデュース経験ゼロじゃないですか。そんなんでどうやって彼女たちをプロデュースしたんです?」

上田「ん~まあ、確かにプロデュース経験はないけどさ、ほら、俺って『ボクサーズ・ロード』とか『ダビスタ』とか、ああいう育成ゲーム結構好きじゃんか?」

有田「どれもゲームじゃないですか?!っていうか実際そんなの役に立たないでしょ?!」

上田「いやいや、これが案外通ずるところがあるんだって!」

有田「そうなんですか?まあ、僕はプロデューサーじゃないんでよくはわからないですけど…じゃあ実際どうやってアイドルをプロデュースしていったんです?」

上田「どうやって?…質問に質問で返すようで悪いけどさ、もしお前がプロデューサーだったとするじゃん。お前ならまずどういう風にプロデュースするよ?」

有田「そうですね…まあ、無難にレッスンを積んである程度実力がついたらデビューして、CDを出して音楽番組に出演…って感じですか。」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:16:17.84 ID:jure7/4iP
上田「あ~やっぱりお前はゴミだね。」

有田「え?!今の駄目なんですか?」

上田「全然ダメ。ダメすぎて俺お前に唾吐いてやろうかと思ったもん。」

有田「なんで唾吐かれなくちゃいけないんですか?!」

上田「いや、お前のプロデュース案があまりにもありきたりなやつだったからさ~」

有田「じゃあそこまで言うなら上田さんのプロデュースの仕方を聞かせてくださいよ。まず何をしたんですか?」

上田「Mステに出したよ。」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:18:08.05 ID:jure7/4iP
有田「は?え、いきなりMステですか?!デビューもしてないのに?」

上田「ああ、もちろんデビューはさせたよ。ただ、その日にMステに出てもらったけどね。」

有田「いや、でもデビュー初日にMステって…オーディションとかで落とされるんじゃ?」

上田「まあ本来はCDとかが売れて、ある程度世間に注目されないとオーディションすら受けられないよね。」

有田「ですよね。じゃあどうやって………あ、まさか?!」

上田「そう、俺の力よ。」

有田「そうか、上田さんはメディア王ですもんね!」

上田「スタッフにアイドルたちを紹介してさ、『今日出すからよろしく~!』って言ったらすんなり受け入れてくれたよ。」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:19:51.42 ID:jure7/4iP
有田「さすがですね~あれ、でも曲とかってどうしたんですか?デビューしたその日の内じゃ曲もなにもないんじゃ?」

上田「ああ、そこら辺は俺が抜かりなく用意しといたから安心してくれていいよ。」

有田「あ、そうなんですか。ちなみにどんな曲を用意したんですか?」

上田「『おうちに帰ろう』よ」

有田「…長渕の?」

上田「そりゃそうよ。」

有田「え、なんで長渕の曲を…?」

上田「だって俺といったら長渕だろ?」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:21:19.79 ID:jure7/4iP
有田「いやいやおかしいでしょ!?百歩譲って、これが上田さんのコンサートとかならまだわかりますよ、長渕のファンって有名ですから。」

上田「そうだね、昔一緒に歌わせてもらったからね~」

有田「でも、今回ステージに立つのは長渕さんとは関係ないアイドルの娘たちですよ。彼女たちの出番がきて、『ああ、楽しそうな曲が流れるのかな』と思ってる所で急に長渕の曲が流れたら、観客や視聴者も『は?なんで長渕?』ってなるでしょ?!」

上田「いや、でもちゃんと長渕さんには許可とったからね~」

有田「そういう問題じゃないんですよ!」

上田「ええ?じゃあ何が問題なんだよ?俺にはお前が何を言ってるのか理解できんよ。」

有田「…いや、じゃあもういいですよ。っていうかよくアイドルたちも長渕の曲歌ってくれましたね?」

上田「ああ、なんかみんなファンみたいよ。春香ちゃんなんて『私この曲が大好きなんです!』ってノリノリだったし。」

有田「は~なんか意外ですね~」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:23:17.97 ID:jure7/4iP
上田「いや、もう凄かったぜ、特にサビのところなんてアイドル全員で大合唱よ!」

有田「え、じゃあ『しょんべんひっかけて~♪』とかもみんなで歌ってたんだ?」

上田「そうそう。春香ちゃんなんて『包茎どもが~♪』って歌ってたからね。」

有田「は~まさかアイドル達がね~…なるほど…っていや、でもちょっと待ってくださいよ。」

上田「ん?」

有田「確かにMステに長渕の曲で出て、上手くいけば世間は注目するし、一気に有名になれるとは思うんですけど、そもそもアイドルの娘たちってその日にデビューしたばかりでしょ?どっちかというと失敗する確率の方が高いんじゃないんですか?」

上田「ん~まあでもそこらへんはさ、ほら、どっか~ん!!って感じでさ~」

有田「は?なんですか『どっか~ん!!』って?そんな計画性もないまま出したんですか?!失敗したらどうするんですか?!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:25:17.97 ID:jure7/4iP
上田「あ~だからそこがお前の節穴よ。」

有田「どういうことですか?」

上田「いいか?Mステってかなりレベルの高い音楽番組なわけだろ。そこにアイドルたちが出ることで、自分たちの現在の実力をはっきりと知ることができるし、それと同時に自分たちが目指すステージの具体的なイメージを持つことができるの。」

有田「はあ。」

上田「もちろん失敗する確率が高いけどさ、具体的なイメージや実力もわからないまま漠然とレッスンとか営業とかするよりも、実際に舞台に立たせて経験を積ませたほうが得策だと考えたわけ。」

有田「理屈はわかりますけど…でも、もし失敗して、もうだめだって挫けちゃったら元も子もないじゃないですか。今の時代ネットでの中傷や批判もありますし…」

上田「そこは耐えてもらわないと。そんな一回や二回の失敗や中傷で心が折れちゃうような奴は、どうせこの先で潰されちゃうし、ましてやトップアイドルになるなんて無理だよ。」

有田「う~ん…まあ上田さんの考えは分かりました。いや、でも上田さんって相当スパルタなんですね。僕はもっといい加減な気持ちでやってるのかと思いましたよ。」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:27:08.54 ID:jure7/4iP
上田「まあ俺も頼まれた以上はガチだからね~」

有田「で、結局Mステはどうなったんですか?やっぱり失敗しちゃったんですか?」

上田「それがさ、俺の予想に反してなんと奴さんたち大成功しちゃったのよ~」

有田「ええ?!まさかの?!」

上田「そうなんだよ。観客や他のゲストも大合唱しちゃってさ、史上稀に見る大成功を納めちゃったんだよね~」

有田「でも凄いじゃないですか!デビューしたその日にMステに出てさらに大成功するなんて!」

上田「まあ、順ちゃんも『彼女たちは素質があるからきっかけさえあればきっと売れる』って言ってたからね~」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:28:31.89 ID:jure7/4iP
有田「なるほどね~で、上田さんはステージを終えたアイドル達に何か誉め言葉とかはかけたんですか?」

上田「そりゃもちろんよ。誉めて伸ばすっていうのが俺の教育方針だからね。」

有田「ちなみに、なんて誉めたんですか?」

上田「まあ、まずは『765プロ、もいっちょ集合!』でアイドルを呼ぶわな。」

有田「この日2回目の集合ですからね。ここでの『もいっちょ』は正しいですよ。」

上田「で、俺こう言ってやったのよ~『俺はお前らを誇らしげに思う~!』ってさ。」

有田「だからなんでマサキヨ監督のノリでやってるんですか?!普通に誉めればいいでしょう!」

上田「いや、俺も感極まってたからさ、涙を見せないようにするので手いっぱいだったのよ~」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:30:51.07 ID:jure7/4iP
有田「はあ…上田さんの心境は知りませんけど…そんな誉め方じゃアイドル達も満足しないでしょう?」

上田「いや?泣いて喜んでたけどね。」

有田「…アイドル達もテンションでおかしくなっちゃったんですかね。」

上田「そうなんじゃない?その後はみんなで俺を胴上げしてたし。」

有田「…なんで上田さんを胴上げしたのかはわかりませんけど…まあとにかく、この成功が今の765プロ大活躍のきっかけになったって事なんですね?」

上田「まあそういうことになるよね。」

有田「いや~僕正直見くびってましたけど、やっぱり凄いんですね、上田さんって。」

上田「いやいや、そんなことはないけどさ、もっと褒めろよ。」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:32:31.95 ID:jure7/4iP
有田「…あ、そうそう、その敏腕プロデューサーである上田さんに訊きたいことがあるんですけどいいですか?」

上田「ん?なに?」

有田「あの、今って『アイドル戦国時代』って言われる程アイドルが多いじゃないですか。有名どころで言うとAKBとか、℃-uteとか…まあいっぱいいますよね。」

上田「そうね。」

有田「ただね、ああいう大きなグループにまでなるともう今更ファンになったところで、『何あいつ流行に乗ってんだよ』とかそういう目で見られちゃうんですよね。」

上田「ああ、なるほど。」

有田「だから、まだ誰も注目していないアイドルを今のうちに見つけておけば、その娘が有名になった時に周りにちょっとでかい顔が出来ると思うんですよね。」

上田「お前は人が小さいな~台湾の料理か!ガハッ!!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:34:05.45 ID:jure7/4iP
有田「…上田さん。」

上田「…失敬。」

有田「まあ、話を戻しますけど…そこで上田さんにお願いしたいんですけど、まだ誰も注目していないようなアイドルを紹介してほしいんですよね。」

上田「そうだな…よし、じゃああの娘なんていいかな。」

有田「誰ですか?!」

上田「天瀬香織(あませ かおり)ちゃん。」

有田「天瀬香織…?なんか、天海春香ちゃんと水瀬伊織ちゃんを混ぜたような名前ですね。」

上田「いやいや、そんなことはないんじゃないか?オリジナリティに溢れる名前だと俺は思うよ。」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:38:54.30 ID:jure7/4iP
有田「まあ、そこら辺は置いときましょうか…で、香織ちゃんはどういった特徴とかがあるんですか?」

上田「彼女はね、凄いよ。特にダンスが得意だからね。」

有田「ああ、ダンスね!確かにパフォーマンスとしてダンスは目立ちますから。ちなみにどんなダンスが得意なんですか?」

上田「確かね…ああ、コサックダンスが得意って言ってたね。」

有田「え…コサックダンスですか?ブレイクダンスとかじゃなくて?」

上田「いや、コサックダンスよ。なんなら『コサックダンスが得意です』って言ってる最中もコサックダンスしてたからね~」

有田「え~っと…他に特技とかは?」

上田「他はね…あ、そうそう、確か香織ちゃんは重ね着が得意だね。」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:41:50.39 ID:jure7/4iP
有田「ちょっと待って下さい。え、“重ね着”って特技なんですか?」

上田「そりゃ特技でしょ。」

有田「いや、確かに重ね着が得意っていう人はいるかもしれないですけど、それってファッションセンス的なものであって、決してダンスとか歌唱力みたいな特技とは違うんじゃ?」

上田「いや~でもさ、お前考えてみ?これからの季節は重ね着しないときついよ?」

有田「そういうことを言ってるんじゃないんですよ!季節がどうこうとかじゃなくて、“重ね着”を特技としていいのかって訊いてるんです!」

上田「う~ん…まあ、でも重ね着だからねぇ」

有田「いや、マックミランだからねぇみたいに言われても…まあいいですよ…天瀬香織ちゃんですね。ついでにあともう一人くらい教えてもらっていいですか?」

上田「もう一人か…え~っと…あ、じゃああの娘がいいな。」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:44:25.31 ID:jure7/4iP
有田「お、誰ですか?」

上田「星海美香(ほしみ みか)ちゃん。」

有田「…星井美希ちゃんと天海春香ちゃん?」

上田「ん~お前が何を言ってるのかはちょっとよくわからんよ。」

有田「…その星海美香ちゃんはどういった娘なんですか?」

上田「美香ちゃんは凄いよ!なんたって歌ったり踊ったりしちゃうんだから。」

有田「いや…それって普通のことじゃないですか。」

上田「でもお前考えてみ?人前で踊ったり歌ったりするのってすごい緊張するぜ?」

有田「いや…確かに緊張しますけど、でもそれってアイドルとして当たり前のことじゃないですか。」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:47:41.66 ID:jure7/4iP
上田「いや~なかなか難しいよ?俺歌ったり踊ったりなんてできないもん。でも美香ちゃんはできるんだから!」

有田「いや、だから…ああ、それじゃあなにか美香ちゃんのエピソードトークとかないんですか?例えば上田さんと美香ちゃんとの出会いとか。」

上田「出会いか…出会いはね、俺が廃れた廃工場を散歩してる時だったかな~突然銃声が聞こえてきたのよ。」

有田「銃声?!っていうか廃工場で何してるんですか?」

上田「まあぷら~っとさ…で、その銃声のした方に行ってみたらなんと人が倒れてたわけ!」

有田「おや、なにか事件の匂いがしますね!」

上田「で、その血まみれの人に近づいて大丈夫ですか?って声かけたらさ、『死にたくねえ、死にたくねえよ…』って言ってたからさ、俺こう言ってやったのよ。『君アイドルやらない?』って。」

有田「いやいや!血まみれで倒れてる人に何言ってるんですか?!まず救急車でしょ!?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:49:41.95 ID:jure7/4iP
上田「まあ、俺も動揺してたからね~まあでも奴さんもそれ聞いて『アイドルやりてえ、アイドルやりてえよ…』って言ってたからスカウトしたのよ~」

有田「上田さんも馬鹿ですけどその人も相当ですね…で、その人が星海美香ちゃんなんですね?」

上田「そうそう、松田優作似の星海美香ちゃんね。」

有田「…美香ちゃんって松田優作に似てるんですか?!」

上田「うん。」

有田「…声は?」

上田「声は…なんて表現すればいいのかね~ドスの効いた声?」

有田「それ松田優作じゃないですか!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:52:14.77 ID:jure7/4iP
上田「でも女の子だからね~」

有田「言い訳になってませんよ!」

上田「ガハッ!!」

有田「はあ…まあ、改めて確認させてもらうと、上田さんの注目アイドルは天瀬香織ちゃんと星海美香ちゃんですよね。」

上田「うん。」

有田「で、天瀬香織ちゃんはコサックダンスと重ね着が得意なアイドルで、星海美香ちゃんは踊ったり歌ったりできる松田優作似のアイドルってことですよね。」

上田「そうそう。」

有田「なるほど…あ、じゃあ今後注目ですねこの二人は!」

上田「うん、だからまあリスナーも注目してみたらいいんじゃない?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:54:45.34 ID:jure7/4iP
有田「そうですね。いや~今日は本当に貴重な話が聞けたというか…時間の無駄だったというか…」

上田「ガハッ!!おお、まあまた今度よかったら寄って来な~」

有田「はい。まあ、時間の無駄だったというか…」

prrrrrrrrrrrrrr

有田「おや、電話ですね。誰ですか?」

上田「さあ?美香ちゃんじゃない?」

有田「ああ、そうかもしれないですね…もしもし?」

???『はぁ…はぁ…はぁ…』

上田「あれ…なんだ、通じてねえのか?もしも~し?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:56:33.10 ID:jure7/4iP
???『死にたくねえ…死にたくねえよ…』

上田「がっ!!!」

有田「あ、やっぱり美香ちゃんだ!」

???『プロデューサー…プロデューサー…』

上田「おお、どうした美香?!また撃たれたのか?!」

???『プロデューサー…俺ァ死にたくねえよ…プロデューサーにまだ言ってないことがあるのに死にたくねえよ…』

上田「なんだ?俺になんて言いたいんだ?!」

???『それは…くりぃむしちゅーのオールナイトニッポーン!!!』

上田「コラー!!!」

テレッテ テーテレレ テレッテ♪

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 15:59:10.41 ID:jure7/4iP
上田「くっそ~やられた~」

有田「もしもし?」

???『もしもし!』

有田「あなたは誰ですか?」

春香『私、天海春香です!』

上田「え、春香ちゃん?ってことは控え室からかけてるの?」

春香『そうです!あの、もうそっちに行ってもいいですか?』

上田「おお、いいよいいよ。っていうかごめんね~アミンでも待てないよってくらい待たせちゃって~」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:01:49.98 ID:jure7/4iP
春香『いえいえ。それじゃあスタジオに向かいま~す!』

上田「あいよ~!」

春香「お待たせしました!」

上田「おお、速いね~」

春香「えへへっ今日は呼んでいただいてありがとうございますっ!」

上田「え~それじゃあ改めて紹介させていただきます。本日のゲスト、天海春香ちゃんです!」

春香「皆さんこんばんは!みんなのアイドル天海春香ですっ!」

有田「よっ!待ってました~!」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:03:44.74 ID:jure7/4iP
上田「いや~実にアイドルらしい自己紹介だね~っていうか本当にごめんね~くだらないトークのせいでずいぶんお待たせしちゃって。」

春香「いえいえ!気にしないでください、プロデューサーさん!」

上田「ガハッ!!」

有田「あれ、やっぱりさっきの話は本当だったんですね?!」

上田「そらそうよ…っていうか春香ちゃん、今だいぶ時間が押しちゃってるからそういうぶっこみはしなくていいからね?」

春香「えへへ…つい…」

上田「え~まあ、我々と春香ちゃんはちょくちょく共演してるんだけど、こうしてラジオで話すのは今日が初めてだよね?」

春香「そうですね~今日が初めてです。」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:05:54.00 ID:jure7/4iP
上田「たぶん耳に届いてるとは思うけど、以前この番組には君のところの四条貴音ちゃんと我那覇響ちゃんがゲストに来てくれたこともあるんだよ~」

春香「そう!それですよ、それ!」

有田「おお、どうしたの急に怒って…?」

上田「あ、やっぱりあまりいい噂にはなってないみたいだな…そりゃそうか、仲間に対してあんな質問ぶつけられた日にゃ…」

春香「どうして…」

春香「どうして貴音さんと響ちゃんの時には『パネェ質問』をしたのに、私の時には『パネェ質問』をしてくれないんですか?!」

上田「ってそっちかい!!!」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:07:47.71 ID:jure7/4iP
有田「え、なに春香ちゃんも『パネェ質問』されたかったの?」

春香「もちろんですよ!私いつ『パネェ質問』のゲストで呼ばれてるかドキドキしてたんですよ。それで今回遂に呼ばれたと思ったらただのスペシャルウィークのゲストってなんなんですか?!」

上田「なんなんですかっていうか現役アイドルが進んで前に出ようとするな!」

有田「あ~じゃあなんか今日は悪いことしちゃったね。もしよかったら急遽変更して今から『パネェ質問』するけど?」

春香「え、いいんですか?!」

上田「いや、いいもなにもそんなの成立しねえよ!」

有田「あれ、そういえば春香ちゃんって普段はどんなOバックを履いてるの?」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:09:57.52 ID:jure7/4iP
春香「え、や、やだな~有田さん、何言ってるんですか?」

有田「え~いいじゃん教えてよ~」

春香「え、ええ~///」

上田「なんだこの茶番?!」

有田「うるさいですよ上田さん。」

春香「そうですよ、せっかく雰囲気を味わってるんですから静かにしてください。」

上田「おお、なんだ、俺が悪いのか…?」

有田「まあ、上田さんもカリカリしてるし、続きは次回にしようか。」

春香「そうですね、上田さんもカリカリしてますから次回を楽しみにします。」

上田「いやそんなにはカリカリしてないよ!っていうかいつ来ても成立しねえからな?」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:11:58.80 ID:jure7/4iP
有田「そういえばその後765プロでは『パネェ質問』の反響とかはあったの?」

春香「そうですね…貴音さんは普段通りだったんですけど、響ちゃんは次の日から例えツッコミをするようになってましたよ。」

上田「がっ!!!」

有田「あ~そういえば上田さんが響ちゃんに例えツッコミをレクチャーしてたからな~」

上田「なに、ちなみに訊くけど、どんな例えツッコミ使ってたの?」

春香「そうですね~色々ありますけど…やっぱり印象に残ったのは、私と響ちゃんでロケに行った時に、ぞろぞろ着いてきたファンに言った、『これロッキーの撮影じゃないのよ~』ですね。」

上田「がはははははは!!!!」

有田「あれ使ったんだ?!え、それを聞いた人の反応はどうだったの?」

春香「ポカーンってしてました。」

上田「おお、だろうよ。なぜなら本家本元もスベったツッコミだからな。」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:15:57.49 ID:jure7/4iP
春香「でも私、響ちゃんが羨ましいですよ。」

有田「スベったのに?」

春香「すべったのは羨ましくはないですけど、上田さん直々に例えツッコミを教えてもらえるなんて凄いじゃないですか。私も教えてもらえたらな~って…」

上田「いや、俺も別に好きで教えたわけじゃないからさ~あくまで『パネェ質問』のお詫びって形だからね?」

春香「でも羨ましいものは羨ましいんですよ!」

上田「う~ん…っていうか春香ちゃんはアイドルなんだから例えツッコミとかやる必要がないじゃんか?」

春香「何を言ってるんですか上田さん!?今のアイドルはツッコミぐらい出来なきゃ生きていけないんですよ!」

上田「仮にそうだとしても、振られたボケに『加藤あいと阿藤快ぐらい違うよ!』ってツッコミを入れるアイドルを俺は見たくないよ!」

春香「上田さん、それは偏見ですよ!偏見!」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:18:22.46 ID:jure7/4iP
上田「偏見じゃねえよ!はあ…ったく、春香ちゃんはいつからこんな風になっちゃったんだよ…」

有田「僕らと初めて共演した時は、本番前からガッチガチに緊張しちゃうような初々しさがあったんですけどね~」

上田「それが今ではなんですか?ツッコミがどうだとか『パネェ質問』されたいだとか…あの頃の春香ちゃんを返してくれよ…」

有田「この間テレビに出てた時なんて、若手芸人よりも的確なツッコミとボケを連発してましたからね。番組スタッフも言ってましたよ、『春香ちゃん一人がいれば若手芸人いらないから費用がかからなくて助かります。』って。」

上田「ガハッ!!おいおい、とんだ若手殺しがここにいたよ。なんだ、春香ちゃんはアイドル界だけじゃなくて芸人界でもトップを目指す気なのか?」

春香「あ、それも面白そうですね!」

上田「がはははは!!否定しろ、否定!何が『あ、それも面白そうですね!』だ?!」

春香「も~上田さん、冗談ですよ、冗談!本気にしないでくださいよ~」

有田「まあ春香ちゃんの場合だと本気でやったらトップを取れそうだから怖いですよね。」

上田「本当だよ…」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:22:47.75 ID:jure7/4iP
春香「いえいえ、私なんてお二人に比べたら全然…ゴミですよ、ゴミ!」

上田「そんな卑下しなくても…まあ、今後どうなるかはわからないとは思うけど、春香ちゃんは今アイドルとして活躍してるわけじゃん?」

春香「そうですね。」

上田「もしアイドルを辞めたとしてよ、他に何かやってみたい職業とかっていうのはあるの?例えば、それこそさっきの芸人とかさ。」

春香「やってみたい職業ですか…あ!幼稚園の先生なんていいですね!」

上田「おお、そりゃまたなんで?」

春香「この間仕事で幼稚園に行くことがあったんですよ。そこで遊んだ子供達がすっごく可愛かったんで、私もこんな所で子供達と過ごしたいな~って…えへへ、単純すぎですか?」

上田「いや、可愛らしくっていいじゃない。いいね~春香ちゃんみたいな保母さんがいる幼稚園なら俺の子供も預けたいね~」

春香「えへへ…可愛らしいだなんて…///」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:28:03.98 ID:jure7/4iP
有田「いや~でも実際幼稚園の先生って大変みたいですからね。そんな子供が可愛いからって理由じゃやっていけないと思いますよ。」

上田「いいじゃんか別に。もしなるならっていう話なんだからさ~そんな難しく考えなくても。」

有田「いいですか上田さん、僕は過去に子供たちから相当な仕打ちをされてるんです。」

上田「がっ!!!」

有田「田んぼに顔を押し付けられて『土に埋まって死ね!』と言われたり、服を脱がされたまま外に出されたり…あと『お前が出たらチャンネルを変える』とかも言われましたね。」

上田「あったな~そんなことも。」

有田「まあ、そこまでする子供はあまりいないとは思いますけど、子供全般に共通して何かにつけて変なことは訊いてきますからね。」

上田「あ~確かにな。それこそ『パネェ質問』みたいなのがガンガン来るからね。」

春香「でも私、芸能界という修羅の世界で場数は踏んでるんで、そこそこの質問なら対応できると思うんですよ。」

有田「あ、そう?じゃあ今日はたまたまスタジオに晋也坊やと哲平坊やが来てくれてるみたいだから、春香ちゃんの腕を見せてもらおうかな?」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:31:25.55 ID:jure7/4iP
春香「…!は、はい!私、お二人に認めてもらえるように頑張ります!!」

上田「そんな気合入れなくても…」

有田「じゃあ行きますよ…はいスタート!」

上田・有田「せんせーせんせー」

春香「どうしたの哲平君、晋也君?」

上田「せんせー赤ちゃんってどこからくるのー?」

有田「おしえてー」

春香「それはね、お父さんとお母さんがとっても仲良くしてたら、コウノトリさんが赤ちゃんを運んできてくれるんだよ。」

上田「なんでコウノトリがはこんでくるのー?」

春香「え~っと、コウノトリさんはね、神様から子供を運ぶように頼まれてるからよ。」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:34:25.62 ID:jure7/4iP
有田「でもコウノトリよりも佐○急便のほうが、はやいしせいかくなんじゃないのー?」

春香「そうかもね…でも、○川急便だとお父さんとお母さんがお家にいない時にはドアノブに赤ちゃんをぶら下げて帰っちゃうこともあるから、やっぱりそういうことのないコウノトリさんの方が正確なんだよ。」

有田「へーコウノトリってすごいんだねー」

春香「そうだねー凄いねー」

上田「せんせー」

春香「なあに晋也くん?」

上田「おれ、きょうはかえりたくねえ」

春香「え、どうして?」

上田「かえりたくねえんだよー」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:37:23.33 ID:jure7/4iP
春香「理由を話してくれなきゃわからないよ…哲平君は何か知ってる?」

有田「えー?たぶんあれかなー」

春香「なあに?」

有田「あのねーしんやくんのおとうさんってねーまいにちしんやくんにねーちんげをたべさせようとするんだってー」

春香「…」

上田「おれあんなものはもうにどとくいたくねえよーせんせーおれをたすけておくれよー」

春香「う、う~ん…」

有田「せんせーしんやくんをたすけてあげてよー」

上田「たのむよーおれまだしにたくねえよ…」

春香「え~っと…塩や醤油とかで味付けしてみたら美味しくなるんじゃないかな~?」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:39:42.30 ID:jure7/4iP
有田「いや、ちがうでしょーそこは『晋也くんもお父さんに食べさせてみたら?』でしょ?そうすれば『でも、ぼくまだちんげはえてないよー』でひとわらいでしょー」

上田「さほどうけないとおもうけどねー」

春香「す、すみません…次お願いします!」

上田「いてぇーいてぇーよー!」

春香「どうしたの晋也くん?!」

上田「せんせーいたくてしにそうだよー!」

春香「どこが痛いの?!」

上田「あごいがいぜんぶいてえんだ…」

春香「え?あ、顎以外全部が痛いの?」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:42:11.45 ID:jure7/4iP
上田「うん。あごはいたくないから、こうしてはなせるんだけど、あごいがいはしぬほどいてえんだー」

春香「そ、それじゃあ救急車を呼ぶからそこでじっとしてて!」

上田「まちたいのはやまやまだけどよーねてもたってもいてえんだよーいったいどうまってりゃいいんだー」

春香「え、え~っと…」

有田「せんせーしんやくんしんじゃうのー?やだーー!!しんやくんがしぬなんてやだーーー!!うわああああああああああああああん!!!!!」

春香「大丈夫、死なないから泣かないで!」

上田「いてえー!いてえよー!」

春香「え、ええ~…」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:44:20.40 ID:jure7/4iP
有田「はいストップ!春香ちゃん、全然ダメじゃん。」

春香「すみません…調子に乗ってました…」

上田「いや~でも結構頑張ったほうじゃないか?」

有田「まあ、途中まではまでは良かったんだけどね。最後はひどいよ、あのままだと晋也坊や死んじゃうよ?」

春香「すみません、私の力不足で…」

有田「ここら辺で一回初心に還ってみたほうがいいかもね。」

春香「そうですね…あの、ちなみに顎以外全部痛いっていうムチャぶりにはどう答えたらよかったんですか?」

有田「ん?ああ、あれね。それはね、上田さんが教えてくれるよ。」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:46:37.16 ID:jure7/4iP
上田「は?」

春香「お願いします上田さん!この答えがわからないと、私前に進めません!」

上田「え~っと…そうだね、気絶させるが正解よ。」

春香「気絶させるんですか?」

上田「うん。気絶させれば痛みもわからなくなるし、救急車が来るまで時間も稼げるからね。これが一番の方法よ~」

有田「…期待はずれも甚だしいですね。」

上田「がっ!!!」

有田「いや、もう本当に蹴り殺したいですよ。」

上田「そんなに不満があるならお前がこれ以上の答えを出してみろよ?」

有田「まあ、糞みたいな面した上田さんは放っておいて、そろそろコーナーの方に行きましょうか。」

上田「話を聞けよブタ顔面!!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 16:51:43.13 ID:jure7/4iP
有田「え~これからいくつかコーナーを行っていくんですが、今日はゲストに春香ちゃんが来ているので、コーナーも特別に春香ちゃん仕様になっています。」

春香「ありがとうございます。」

有田「というわけで早速最初のコーナーに参りましょう!!」

有田「『春香川柳・上田俳句』」

上田「うっわ、久々だな~このコーナー…っていうかちょっと待て。おかしくない?」

有田「え~『春香川柳』、普段は私有田哲平を五七五のリズムに乗せて自由に褒めていただくコーナーですが、今日は春香ちゃんがゲストで来ておりますので、私有田哲平に代わりまして天海春香ちゃんを褒めちぎっていただきたく存じます。」

上田「だから聞けよ!人の話を!」

有田「そして『上田俳句』の方はと言いますと。俳句ですからもちろん季語があります。今月の季語は…『クソ』『便』『ウンコ』ですね。」

上田「いや、だから聞けって!!」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 17:47:29.05 ID:jure7/4iP
有田「さっきからうるさいですよ上田さん、なんなんですか?」

上田「なんなんですかじゃねえだろ!なんで『上田俳句』をやる必要があるんだよ?『春香川柳』だけやればいいじゃねえか!」

有田「それがですね、実は『春香川柳』を募集してたんですけど、ちょっとスタッフのミスで『上田俳句』も募集かけちゃったみたいで、結構ハガキが来たんですよ。」

上田「それは番組側のミスかもしれないけど、だからと言ってコーナーやる必要ないだろ?『春香川柳』だけやろうぜ。」

有田「確かにそうするべきなのかもしれません…でも僕は、『上田俳句』もやると思って必死にネタを書いてくれたリスナーの気持ちを、上田さんのように裏切ることはできません!」

春香「有田さん…」

上田「いや、なんか俺が悪いみたいにしようとしてるようだけどさ、元を辿ればスタッフのせいだからな?」

有田「今度はそうやってトカゲの尻尾切りですか?俺は何も悪くねえ、悪いのは全部スタッフだ、と…」

上田「いや、そんな言い方はしてないよ!」

春香「うわぁ…これがメディア王なんですね…」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:29:24.14 ID:jure7/4iP
上田「引くな引くな!わかったよ、『上田俳句』もやろう!そうしよう!」

有田「最初からそう言えばいいんですよ全く…」

春香「面倒臭い人ですね…」

上田「おいお前ら、あんま調子乗ってると後でひっぱたくからな?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:32:37.17 ID:jure7/4iP
有田「それでは改めて始めさせていただきます。え~さて、『春香川柳』『上田俳句』とありますが、どちらから参りましょうか…」

上田「もったいぶらなくていいよ、どうせ『春香川柳』からやるんだから。」

有田「それでは本日は『春香川柳』から詠ませていただきます。」

上田「ほらね。ほーらね。」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:38:35.14 ID:jure7/4iP
有田「まず一枚目、これは東京都にお住まいのRN“女装男子疑惑”先生からです。」

ミシュランが
 春香に贈る
  星三つ

上田「ガハッ!!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:54:18.70 ID:ojHFj11r0
有田「春香ちゃんと言えば気が利くことで有名ですからね。もしかしたら街で困っている人に春香ちゃんが気を遣って助けているところをたまたまミシュランの人が見ていたとしてもおかしくはないでしょう。」

上田「いや、いろいろとおかしいけどね、そのシチュエーションも。」

有田「この川柳からは、そんな春香ちゃんの気遣い、そして優しさに対する感謝の思いが溢れ出ていますから、これは深いですよ!」

上田「深くねえよ!っていうかこんな内容の薄っぺらい川柳詠まれても春香ちゃんは嬉しくないでしょ?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 19:56:53.44 ID:ojHFj11r0
春香「そんな…星三つだなんて…///」

上田「満更でもないんかい!!」

有田「さあ、続いてどんどん行きましょう!え~二枚目は東京都に居を構えていらっしゃるRN“売れない姉”先生からですね。」

上田「悲しいRNだな…」

はるるんの
笑顔で骨折
完治する

上田「がははっ!!!」

有田「いや~これは実に的を得た川柳ですね。春香ちゃんの笑顔だったら骨折ぐらいは簡単に治療できるでしょう。」

上田「いやいや、そんなことはないでしょ!ねえ、春香ちゃん?」

春香「さすがに骨折はちょっと…」

上田「そうだよねぇ?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:02:37.19 ID:ojHFj11r0
有田「と言いますのも、実は私が軽いEDで悩んでいる時に、たまたまテレビに映る春香ちゃんの姿を見たところ、見事に元気になった、という裏話もありますから…」

春香「…///」

上田「あのーすみません、できたらその裏話は一生裏に隠しておいて欲しかったんですけど…」

有田「存じております。」

上田「じゃあなんで言ったんだよ?!」

有田「え~続いて三枚目は…こちら東京都に生息しておりますRN“じろりあん”先生からですね。」

上田「生息しておりますっていうのもおかしいけどな?」

春香様
病気の子供に
ほぉむらん

上田「いや、ベーブ・ルースじゃねえんだから!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:05:40.36 ID:ojHFj11r0
有田「これは…そうですね、春香ちゃんの優しさは『野球の神様』と言われたベーブ・ルース級の優しさだということを、比喩表現を使うことで見事に表していますよね。」

上田「お前が言うほど表せてはないと思うよ。」

春香「ベーブ・ルースさんに比べたら私なんて全然比較対象にならないかと存じております。」

上田「なんで春香ちゃんまでその口調だ?!」

有田「さあ、勢いに乗ってきたところで四枚目です。これは東京都で生計を立てていらっしゃるRN“売れてる妹”先生からですね。」

上田「いや、生計を立ててるかどうかはわからないだろ。」

はるるんが
転んだ先から
石油出た

上田「がははは!!!!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:09:02.70 ID:ojHFj11r0
有田「え~っと、これは…どういうことなんですかね…?」

上田「おお、これはもう完璧に褒めてねえだろ?」

有田「まあ強いて言うなら、転ぶという不幸な出来事さえも春香ちゃんにかかれば幸福な出来事に変えられるということを表してるかと存じております。」

上田「だいぶ苦しくなってきたな~」

春香「あ、でも私この間ロケに行ったときに一回転んじゃったんですけど、後で私が転んだところから温泉が湧き出たっていうのを聞きました。」

上田「がははははは!!じゃあほぼ本当の内容じゃねえか!!春香ちゃんはダウジングマシンか!!」

春香「いえ、私はダウジングマシンではないですけど…」

上田「ガハッ!いや、今のはあくまで例えだからさ…」

有田「上田さんの恥ずかしいところが見れたところで次に行きましょう。続いて六枚目は東京都で息を潜めておりますRN“壁は72も言わない”先生からです。」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:11:41.54 ID:ojHFj11r0
上田「なんだ?息を潜めてるってそいつは追われてるのか?」

こうなれば
 春香のリボンを
  食べたいな

上田「『こうなれば』ってこいつは一体どうなったんだよ?!」

有田「まあ、恐らくこの人は春香ちゃんのことが好きで好きでしょうがないんでしょうね。春香ちゃんのCDやらグッズとかを全部集めたけどどうにもならない。」

上田「まあね。」

有田「で、そのどうしようもない気持ちが最終的に表れたのが『こうなれば』ですよね。」

春香「なるほど…」

上田「いや、なるほどじゃなくて…っていうかだからと言ってリボンを食べたいとは思わないでしょ。」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:14:00.20 ID:ojHFj11r0
有田「そうは言いますけど、もし誰かが上田さんに『これは春香ちゃんのリボンですよ。』って差し出してきたら、上田さん食べますよね?」

上田「いや食わんよ!」

有田「え!?食べないんですか?!」

上田「当たり前だろうが!!」

有田「どうしてですか?」

上田「どうしてって…リボンは食うものじゃねえからだよ!!」

有田「でも春香ちゃんのですよ?」

上田「関係ねえよ!!春香ちゃんが付けようが俺が付けようがリボンはリボンだよ! 」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:17:17.52 ID:ojHFj11r0
有田「いや、上田さんが付けたリボンと春香ちゃんが付けたリボンだとだいぶ変わってきますけどね…?」

春香「あ、上田さん、よかったらリボン食べます?」つリボン

上田「がはは!!!お前はどこ吹く風だよ?!いいよ、食わないからしまえって!」

有田「その態度はなんですか上田さん! 春香ちゃんのリボンですよ?!」

上田「だから関係ねえよ!誰のリボンだろうが!!」

有田「そんなこと言ってるともう一生リボン食べられませんよ!それでもいいんですか?!」

上田「…わかったよ、じゃあ食うよ…」

有田「あ~やっぱり食べるんですね…やっぱり上田さんって凄いな~リボンを食べるほど春香ちゃんのことが好きなんですね?」

春香「あ、あの…私を好きでいてくれるのはとってもうれしいんですど、だからと言ってリボンを食べるのはちょっとどうかと思いますよ…?」

上田「あのさ…おかしくない?あたかもさっきの川柳は俺が書いたみたいな流れになってるけど、決して俺が書いたわけじゃないんだからな?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:21:46.91 ID:ojHFj11r0
有田「さあ、上田さんの性癖が発覚したところで最後のハガキに参りましょう。」

上田「人の話を聞けよ!!このゴミアフロが!!」

有田「まあ、仮にアフロだった場合ですけどね…え~これは東京都で細々と営んでいらっしゃる“壁は72も言わない”先生からです。」

上田「営んでいるかどうかはわからないだろ?っていうかまたお前かよ?!」

だからこそ
 春香のパンツを
  被りたい

上田「がははははははは!!!!!いや、だからなんなんだよ『だからこそ』って?!」

有田「まあ、本来だったら人のパンツを被るなんて変態行為を行いたいとは思わないでしょう。ですが、言い方を変えれば、本来しないようなことをしたくなる程の魅力を春香ちゃんが持ってるということをこの川柳は表してますね。」

上田「これは誉めてるって言うのかね~」

有田「表現方法は人それぞれですからね…もしかしたら、これは先程の川柳と繋がっているのかもしれないですよ。」

上田「いいよ別に!川柳にそんなエピソード性を求めちゃいねえよ!!」

有田「そうですか…いや、ちょっと上田さん!さっきからなんなんですか?」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:25:21.27 ID:ojHFj11r0
上田「え、なにが?」

有田「なにが?じゃないですよ。さっきから春香ちゃんのスカートの方をちらちら見てますけど…」

上田「いや、見てないよ!!」

有田「あ、もしかして上田さん…春香ちゃんのパンツを被ろうとしてたんじゃないでしょうね?!」

春香「…」

上田「そんなわけあるか!!っていうかそもそも見てねえし!!あ、春香ちゃん誤解だからね?!」

春香「あ、上田さん、よかったらパンツ被ってみます?」

上田「いや、いい、いい!!乗るな乗るな!!スカートから手を離せ!!」

有田「いや~春香ちゃんナイスボケ!まさかこんなパスにも乗ってくれるなんて嬉しいよ!」

春香「えへへ…ありがとうございますっ!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:28:30.34 ID:ojHFj11r0
上田「いや、ありがとうございますっ!じゃなくてさ…春香ちゃんはアイドルなんだからそんなフリに乗っからなくていいんだよ?」

春香「すみません…どうしても私ウケが欲しくて…」

有田「謝る必要はないよ、俺はどんな小さなウケでも必死に取りに行く春香ちゃんのその姿勢を買うから。」

春香「有田さん…!」

上田「いや、だからさ…はぁ、もういいや…あのさ、一応言っとくけど、俺今日まだ春香ちゃんを一度もアイドルとして見てないからね?どっかの若手女芸人が来たと思ってるから。」

春香「望むところです!」

上田「ガハッ!!!否定をしろ、否定を!!」

有田「さあ、春香川柳の方も終わりましたし、次は『上田俳句』ですね。」

上田「だからいいって『上田俳句』はやらなくて!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:32:24.69 ID:ojHFj11r0
有田「え~こちらRN“小鳥のパンティ通信”先生からですね…」

馴れ馴れしい
 ウンコは春香に
 近づくな

上田「がははははははは!!!」

有田「確かにさっきから上田さんは春香ちゃんに対して馴れ馴れしいですよね。」

上田「いや、そんなことはないよ。ね、春香ちゃん?」

春香「え、あ、はははははい!別に私『さっきからこいつ馴れ馴れしいな~』なんて思ってないですよ?本当ですよ?」

上田「…よし、死のう。」

有田「あ、死ぬんですか?」

上田「いや、誰がこんな理由で死ねるか!!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:34:39.50 ID:ojHFj11r0
有田「まあ、この俳句は、上田さんを貶めると同時に春香ちゃんの神聖さを表現できてますからね、これはレベル高いですよ。」

上田「おい、ちょっとそのハガキ貸せ。住所と名前ばらしてやっから…」

有田「駄目ですよ!!なに言ってんですか!?」

上田「こいつは調子に乗ってるから俺が一回締めてやるんだよ!おら、貸せ…!!」

春香「上田さん…」

上田「ちっ…まあ、春香ちゃんの前だから今回は許してやるわ…」

有田「え~続いてRN“小鳥のパンティ通信”先生からですね。」

上田「またお前かよ!?」

この感触
 やっぱり上田を
 踏んでいた

上田「がはは!!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:37:46.99 ID:ojHFj11r0
有田「まあ、これは誰しも経験すると思いますね。何気なく道を歩いていた時の突然現れるあの「むにゅっ」っとした感触、そしてまさか?と思って靴の裏側を見ると、そこには案の定上田さんがこびりついているという現象が。」

有田「これはその一連の動作をたった17文字で見事に表現してますよ。いや~素晴らしい!!」

上田「素晴らしいとこなんてどこにもねえよ!!おい、マジでお前ハガキ貸せ!」

有田「止めてください上田さん!!落ち着いて…!」

上田「これが落ち着いてられるか!!」

有田「次で最後ですから!我慢して下さい!」

上田「ちっ…わかったよ、ただし“小鳥のパンティ通信”以外のにしろよ。そいつのだったら名前とか全部ばらすからな。」

有田「わかりましたよ…あ、でも安心していいですよ。もう“小鳥のパンティ通信”のハガキはありませんから。」

上田「そうかい、そいつはよかったよ。」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:41:04.88 ID:ojHFj11r0
有田「それでは『上田俳句』最後ですね…え~これは匿名希望の方からですね。」

テレビに出る
 クソ見たわが母
 腰抜かす

上田「がははははは!!!!」

有田「確かに、家族でテレビを見ている時にいきなり糞が映ったらお母様も腰を抜かしてしまうかと存じます。」

上田「存じますじゃねえよ!!おい、ハガキ寄こせ…!」

有田「あっ!ちょっと、返して下さい!!」

上田「誰だこいつ…?おい!何が匿名希望だ!!RN“小鳥のパンティ通信”って書いてあるだろうが!!っていうかこいつ2X歳の女じゃねえか!おい音無小鳥、お前だよ!!」

有田「上田さん!!!」

春香「(RNの時点でもしかしてって思ってたけど、やっぱり小鳥さんだったんだ…)」

上田「こんなハガキ書いてる暇があるならもっと働けや!だいたいこんな『クソ』だの『ウンコ』だの考えってからいつまで経っても結婚もできねえんだよ!!お前もう二度とハガキ送ってくんなよ!…でもまあ、あったかくして寝ろよ~!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:44:26.22 ID:ojHFj11r0
有田「久々に出ましたね、上田さんお得意のボロクソ言っといて最後に優しくするという手法が。」

上田「まあ、こんなもんよ。」

有田「なんで誇らしげなのかはわかりませんけど…じゃあ、時間もありませんし、次のコーナーに行きましょうか?」

上田「あいよ~!」

有田「それでは行きましょう!」

有田「『ガゼッタ・デロ・ブッコミーノ』!!!」

有田「え~普段のこのコーナーは、イタリア風のスポーツ紙風に、リスナーが記者となってテレビ番組における上田さんの動きを評価するという内容です。」

有田「今日は春香ちゃんがゲストということなので、リスナーには今回特別に春香ちゃんに注目してもらって、テレビ番組における春香ちゃんの動きを評価してもらってます。」

春香「うう…なんか評価されるのって緊張しますね…」

上田「まあでも、春香ちゃんは色々と活躍してるって聞くし、そんな酷評はされないでしょう。」

春香「だといいんですけど…」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:48:02.28 ID:ojHFj11r0
有田「さあ、それでは早速行きましょう。これはRN“眼鏡専用ローソン”」

上田「どんなローソンだよ…」

『今回本誌は、衛星放送で再放送された『ゲロゲロキッチン』における、ブレイク前の天海春香の動きに注目した。』

春香「あ、懐かしい~」

『試合開始直後、春香は同じチームの如月千早をサポートしつつ、卵を片手で割るなど、手際よく料理を完成に近づかせいき、女子力の高さをアピールする。』

上田「おお、凄いね~」

『番組は進み前半終了間近、ここでまさかのハプニングが春香を襲う。春香がエビを求め鍋の蓋を開けたところ、タコが入っているという番組側のドッキリに引っかかってしまい転倒。あわやスカートの中が見えそうになるもここはなんとか死守する。』

春香「あはは…あったな~そういうのも…」

『パンチラ激写のピンチであったが、このタイミングで春香は勝負を仕掛ける。』

春香「え?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:51:30.13 ID:ojHFj11r0
『尻餅をついた状態から立ち上がろうとしたところで再び転ぶというローション相撲を彷彿とさせる高度な転び芸を披露し、見事スタジオ中の注目を独り占め。』

上田「がはははは!!」

『春香のぶっこみが決まったと誰もが思った瞬間、ここでまさかのインターセプトが入る。なんと同じチームの如月千早の発した「何が面白いんですか?」という言葉で春香のぶっこみはかき消されてしまうという事態に。』

『だが、リカバーを図る春香の動きは素早く、すぐに立ち上がると舞台の中央で自身のドジっ娘アピールをし、強引ながらも再び注目を集めたところで前半終了のホイッスル。』

春香「私そんなつもりじゃ…!!」

『番組後半、なかなか決まらないぶっこみに業を煮やした春香は最後の手段に踏み切る。』

上田「おお。」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:54:39.44 ID:ojHFj11r0
『如月千早が手に入れたボーナス食材のドリアンの近くに行くと、春香は「これ生きてるのかな?」と、スタッフによるドッキリを誘う、ドリアンを知りませんアピールをする。』

春香「本当に知らなかったんですよ!!」

『春香の術中にはまったスタッフがドリアンを動かすと、春香は待っていましたと言わんばかりに悲鳴をあげ、千早に抱きつき雪崩式に倒れることで、セクシーカットの演出を成功させる。』

上田「がははははは!!!」

『その後は特に目立った活躍もなく番組は進んでいき、番組終了のホイッスル。この日の春香の評価は、前半4.6、後半7.2。この頃はまだメディア慣れしていなかったせいか、ぶっこみがやや荒削りだった。ただ、ポニーテールの千早は可愛かった。』

有田「…ということですが、どうですか春香ちゃん?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 20:57:54.97 ID:ojHFj11r0
春香「…あの、上田さん…」

上田「ん?」

春香「自分の行動や発言が注目されるのってこんなに恥ずかしいんですね…」

上田「ガハッ!!おお、わかってくれる?!」

春香「はい…あの、もちろんわざと転んだりしてるわけではないんですけど、そういう風に見られてるかと思うと…///」

上田「わかるよ、春香ちゃんの気持ち。このコーナーは本当に営業妨害に繋がるんだよな~」

有田「え~っと次は…」

上田「まだやるの?!」

春香「あ、あの…有田さん、もうこのコーナーは止めてもらえませんか?」

有田「でもな~僕は春香ちゃんの恥ずかしがる顔をもうちょっと見たいんですよね~」

上田「あ、なるほどね…よっしゃ次行こか~!!」

春香「上田さん?!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:00:16.68 ID:ojHFj11r0
有田「え~次はRN“あまとう”からですね。」

春香「うぅ…恥ずかしいよぉ…///」

『今回本誌は、10月某日放送された『おしゃれイズム』における、天海春香と上田晋也の動きに注目した。』

上田「ガハッ!!!おい!もう読まなくていいぞ!!」

『試合開始直後、勢いよくピッチに入場した天海春香は、早速何もない平坦な場所で転ぶという伝家の宝刀“転び芸”を披露し、会場のウケをいただく先制ゴールを決め、上田にプレッシャーをかける。』

春香「私ただ転んだだけですよぅ!」

『しかしその直後、司会者上田が牙を剥く。上田にしては珍しい「こんな何もないところで転ぶなんてありえないよね~ってうおお!」と、春香と同じ場所で転ぶという古典的な被せブッコミで同点に追いつく。』

上田「がははははは!!!!!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:10:02.88 ID:ojHFj11r0
『激しい点取り合戦が続く試合中盤、春香は仕事で失敗したエピソードを披露し、会場を爆笑の渦に巻き込む連続得点を決め、上田を引き離そうと試みる。』

『だが、さすがはメディア王上田晋也、春香一色に染まった会場の流れを、「春香ちゃんにはうっかり八兵衛も『しっかりしろ!』って言うわ!!」という伝家の宝刀“例えツッコミ”で見事に断ち切り、失いかけた流れを引き戻す。』

上田「いやいや、伝家の宝刀なんてもんじゃないよ!」

『中盤で開いた得点差も終盤に近づくにつれ詰まっていき、いよいよ残す試合時間も僅かとなった時、春香に藤木直人から「今後春香ちゃんはアイドル以外にどんな仕事をしたいか?」という絶好のパスが渡る。』

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:13:46.88 ID:ojHFj11r0
『春香はこの質問に間髪いれず「私、お笑いの仕事がしたいです!」とぶっこみ最後のウケを頂こうとする。しかし、上田の「お前アイドルだろ!!」という、どストレートなツッコミに会場のウケを奪われてしまい、そのまま試合終了のホイッスル。』

上田「いや、確かにそうつっこんだけどさ…」

『今回本誌が下した天海春香の評価は、前半7.2、後半8.3。上田の評価は、前半7.2、後半8.8。歴史上稀に見るブッコミ合戦で、見ている方も手に汗握る試合だった。』

有田「…ということですけど。」

上田「え~っと…誰だっけ、これ?」

有田「“あまとう”ですね。」

上田「こいつはなんで俺の動きにも注目してんだ?今回は春香ちゃんだけでいいって言ったじゃんか。」

有田「いや、でもね…僕も“あまとう”の気持ちはわかるんですよ。っていうのも、僕もこの放送を家で見てたんですけど、まあ~凄い回でしたね!春香ちゃんが笑いを取ったらすぐに上田さんが笑いを取ってって感じで…」

上田「がはは!!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:16:52.21 ID:ojHFj11r0
有田「番組開始してからお互い一歩も引かずにその場で殴り合いしてたようなものですからね、そりゃ春香ちゃんだけじゃなくて上田さんのブッコミのことも書かなきゃ成立しませんよ。」

上田「いや、っていうかそもそも俺はなにもぶっこんでないからね?春香ちゃんはどうかはしらんけど。」

春香「ええ?!私もぶっこんでなんていないですよぅ!」

有田「いや、二人ともだいぶぶっこんでましたけどね…?」

有田「特に上田さんなんて…え~っと、『春香ちゃんにはうっかり八兵衛も「しっかりしろ!」って言うわ!!』って言ってましたけど、これは…?」

上田「それはさ…確か春香ちゃんの失敗エピソードの中で、春香ちゃんがうっかりライブの衣装から着替えるのを忘れたまま家に帰ったことがあるっていうのがあったのよ。」

春香「あ~確かに話しましたね。」

上田「でさ、そんなうっかりミスを起こすなんてアイドルとしては致命的じゃんか?」

有田「そうですか?可愛いと思いますけど。」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:20:58.13 ID:ojHFj11r0
上田「いや、確かに可愛いかもしれないけど、ライブの衣装なんて着て街を歩いてたら目立つだろ。もしそれで事件かなんかに巻き込まれたらもううっかりじゃ済まないし…」

上田「だから俺は、ここらで一回気持ちを引き締めておかないと大変なことになるんだよっていうのを春香ちゃんにわかりやすく教えるために、『春香ちゃんにはうっかり八兵衛も「しっかりしろ!」って言うわ!!』って言ったわけ。」

有田「はあ~あの言葉にはそんな背景があったんですね?!」

上田「当然よ~」

有田「じゃあ、春香ちゃんには上田さんの気持ちっていうのは当然届いてたんだよね?」

春香「いえ、何も。」

上田「がっ!!」

春香「私あの時、上田さん今日も飛ばしてるな~って思ってましたし。」

有田「…上田さん?」

上田「うん、まあ、伝わらなかったのは俺のミスよ…」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:24:34.72 ID:ojHFj11r0
有田「…まあ、他にもね、被せて転びに行ったところとか、疑惑に思う場面は尽きないんですが…ここらで残念ながら時間切れです。」

上田「ああ、そうなの?なんだもうそんな時間か~」

春香「ええっ?!もう終わりなんですか?」

有田「残念だけどね~」

春香「そんなぁ…私ちょっとしか喋ってないのに…」

有田「まあ、これも全部上田さんが最初に変な話をしたからなんですけど…」

上田「いや、あれはてめえのせいだろうが!!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:26:34.27 ID:ojHFj11r0
春香「あの~もうちょっとだけでも喋れませんか?」

有田「そうだね…まあ確かにこれでお別れっていうのも寂しいし、じゃあ最後にゲームの話でもしようか。春香ちゃんは普段何かゲームとかするの?」

春香「そうですね…まあ、人並みくらいでしょうか。」

有田「へー、なに、何かオススメのソフトとかあったら教えてよ?」

春香「いいですよ!じゃあ何を勧めようかな…あ、そうそう!有田さんにおすすめのゲームが今度PSPで発売するんですよ!!」

有田「あ、そうなんだ。ちなみに、なんてタイトルのゲームなの?」

春香「その名も、『THE iDOL M@STER SHINY FESTA(アイドルマスター シャイニーフェスタ)』です!」

上田「がっ!!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:30:42.10 ID:ojHFj11r0

有田「へー、それってどんな内容のゲームなの?…まさか765プロのアイドルたちが総出演するなんてゲームじゃないでしょうね?」

春香「はい!このゲームでは私達765プロのアイドルたちが、南の島のリゾートを舞台に歌ったり演奏したりしちゃうんです!!」

有田「なるほどね…ちなみに訊くけど、ライブの映像とか、リゾートでのアイドルたちの活動とか収めてる映像なんていうのは、さすがについてないよね?」

春香「ふっふっふ…甘いですよ有田さん。なんと、ゲーム内には23分にも及ぶ撮りおろしの映像も収録されてるんです!」

有田「えぇ~!!マジで?!」

春香「マジです!!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:33:55.91 ID:ojHFj11r0

有田「う~ん…でも俺ってこう見えて結構飽き性だからゲームとか買ってもすぐに飽きちゃうんだよね。同じゲームでも3種類くらいあれば飽きずにやれるんだけど…」

春香「そんな飽き性の有田さんに朗報ですよ、朗報!!実はこの『THE iDOL M@STER SHINY FESTA』にはパッケージが3種類あって、しかもそれぞれ登場するアイドルや映像が異なるんです!」

有田「マジ?じゃあ俺みたいな飽き性でも飽きずにずっと遊べちゃうじゃん!!」

春香「そうなんですよ!」

上田「あのさ、お前らが思ってるほど宣伝うまくないからな?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:38:31.16 ID:ojHFj11r0
有田「よし!じゃあ俺そのソフト買うよ!あ、でも肝心の発売日がわからないからな…俺できればすぐにやりたいから、明日10月25日までに発売してくれないと買う気も起きなくなるかも…」

春香「有田さん、気になる発売日は…なんと明日、10月25日です!」

有田「よかった~!!俺その日がいいとずっと思ってたんだよ!」

上田「わざとらしすぎるわ!お前絶対知ってただろ!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:40:17.07 ID:ojHFj11r0
有田「あ、そうそう。ゲームに限らないけどさ、今ってDVDとか本とかでも初回特典ってあるでしょ?ああいうのは…あ、でもさすがに初回特典はないよね…うん、やっぱり今のは聞かなかったことに…」

春香「初回特典…あります!!」

有田「やったー!!!」

上田「がはは!!」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:42:41.74 ID:ojHFj11r0
有田「え、なになに!?どんな豪華な初回特典が付いてくるの?!」

春香「慌てないでください…まず、これだけは先に言っておきます。初回特典は…3つあります!」

有田「ええ~!?3つも?!」

春香「気になる1つ目は…限定プレミアムSHOPサイトにログインできる『バックステージパス』!!」

有田「おお~!!!」

春香「2つ目の特典は…『The world is all one !!』のプロダクトコードです!!」

有田「俺の大好きな曲だ!」

春香「そして最後3つ目は…『アイドルマスターシンデレラガールズ』で限定アイドル『[シャイニーフェスタ]天海春香』が手に入るシリアルナンバーです!!」

有田「はあ~参った!!こんな豪華な初回特典なんて初めてだよ!!」

上田「いや、確かに豪華だけどさ…」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:44:20.74 ID:ojHFj11r0

有田「でも、そんなに特典が付いてて、しかも撮りおろしの映像が収録されてるんじゃ、値段もかなり高いんじゃないの?しかも3種類あるんでしょ?もし1つ6,000円を超えるようなら買わないし、春香ちゃんの顔にクソぶっかけるよ?」

上田「買う買わないは自由だけど、糞をぶっかけるのは勘弁しときな?」

春香「そうですね…気になるお値段の方なんですが…」

有田「え?なに、まさか…」

春香「各種類…5,980円で販売させていただきます!」

有田「よっしゃ買える!!!」

上田「結構ギリギリじゃねえか!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:47:43.00 ID:ojHFj11r0
春香「なお、不明な点や詳しい点についてはHPで確認してみてくださいね。」

有田「よし、俺シャイニーフェスタ絶対買うよ!!」

上田「おお、好きにしろよ。」

有田「あれ、上田さんはやらないんですか?」

上田「…よし、俺も買おう!!」

春香「ありがとうございます!!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:49:25.30 ID:ojHFj11r0
上田「え~、というように上手く…いや、上手くはないけど春香ちゃんの宣伝もできたところでエンディング~!!」

有田「いや~今日は楽しかったですね~」

上田「そうだな~やっぱり罰ゲームがあるのとないのじゃだいぶ気持ちが違うな。春香ちゃんはどうだった?」

春香「あまりお話できなかったのと、『パネェ質問』じゃなかったのが心残りですけど、全体的にはとっても楽しかったです!」

上田「そりゃよかった。まあ、もしよかったらね、今度は貴音ちゃんとか響ちゃんとかを連れてきてくれてもいいからさ、また来てよ。」

春香「はい!ぜひ!」

上田「それじゃあ今週はこの辺でお別れだな。え~今週は上田晋也と…」

有田「有田哲平!そして…」

春香「天海春香でお送りしました!」

上田「あったかくして寝ろよ~」

有田「僕からは以上!!」

春香「えへへ…皆さん、お休みなさい…」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:53:25.95 ID:ojHFj11r0
収録後

春香「お疲れ様でした!」

上田「おお、お疲れ~」

有田「あ、そうだ春香ちゃん、今日もらったクッキーなんだけどさ…」

春香「あ!そうそう!すみません有田さん、私、作る途中で塩と砂糖入れるの間違っちゃってたみたいで…」

上田「がはは!!有田の予想が当たっちゃったよ!そんな漫画みたいな間違い方するのは春香ちゃんくらいだな!」

有田「ああ、いいよいいよ。気持ちだけでも嬉しかったしさ。」

春香「いえ!今度ちゃんとしたクッキー持ってくるんで、その時にリベンジさせてください!」

有田「あ、そう?わざわざいいのに…まあ、楽しみにしてるよ。」

春香「はい!あ、それじゃあ私、次の仕事があるのでお先に失礼します!」タッタッタ…

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:56:36.85 ID:ojHFj11r0
数日後
テレビ局―楽屋―

春香「失礼しま~す。」

上田「おお、春香ちゃん。どうしたの?」

春香「あ、上田さん、おはようございます。有田さんにこの間のお詫びにクッキーを持ってきたんですけど…」

上田「あ~有田はまだ来てないね~そのうち来ると思うからよかったらここで待ってなよ。」

春香「それじゃあお言葉に甘えて…あ、そうだ、今日は上田さんの分も作ってきたんで、よかったらどうぞ。」

上田「うわ、嬉しいな~じゃあ、1ついただきます…うん!あ、こりゃ美味いや!」

春香「よかった~!もし口に合わなかったらどうしようかと…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 21:58:44.00 ID:ojHFj11r0
上田「いや~これ本当に美味いよ!!こんなん有田に食わせたら本気で春香ちゃんのこと好きになっちゃうかもな~ガハッ!!」

春香「…そうなってくれると嬉しいんですけど…///」

上田「…え?春香ちゃん、まさか君、有田のことが…?」

春香「…はい///」

上田「は~あ、そう!まあ、あいつのどこが気に入ったのかはわからないけど、俺は春香ちゃんを応援するよ。」

春香「上田さん…」

上田「大丈夫、そのクッキーを食えば有田も春香ちゃんにメロメロさ、ローラのことなんてすぐ忘れるよ。」

春香「そうだといいんですけど…あ、そういえば上田さんがこの間“小鳥のパンティ通信”さんの本名ばらしてましたけど、あれ実は765プロの…」

ガチャ

有田「うぃ~っす…ってあれ?春香ちゃん、何してるの?」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:02:48.88 ID:ojHFj11r0
春香「あ、有田さん…あの…私…」

上田「…」

有田「ん?」

上田「ほら、この間春香ちゃんがお前に渡したクッキーが失敗したって言ってただろ。それで今日は、わざわざ作ってきてくれたんだってさ。そうでしょ、春香ちゃん?」

春香「そ、そうなんです!私、有田さんに食べて欲しくって…それで…」

有田「あ、そうなんだ。わざわざありがとね~じゃあいただこうかな。」

春香「ど、どうぞ…///」

有田「いっただっきま~す!」

有田「…」

春香「…ど、どうですか?」

有田「なにこれ?」

春香「え?」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:05:40.34 ID:ojHFj11r0
有田「美味しいじゃん。」

春香「…よ、よかった~」

有田「いや、よくないでしょ。」

春香・上田「え?」

有田「ここはさ、また失敗したやつを持ってきて、『ってこれまた失敗作じゃないかコラー!』で一笑い取れたんじゃないの?」

春香「え…あの…え…?」

有田「駄目だよ春香ちゃん、常にウケをいただくことを考えなきゃ…」

春香「…」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:07:37.85 ID:ojHFj11r0
有田「確かにこのクッキーは美味しいけど、それじゃ笑いには…って、どうしたの春香ちゃん?」

春香「…いえ…なんでも…ないんです…本当に…本当に………う、うううう…」

有田「は、春香ちゃん…?」

春香「ろくなもんじゃねえええええええええええええ!!!!!!!!」

ガチャ バタン!! タッタッタ・・・

有田「…上田さん、俺なにか間違ったこと言ったかな?」

上田「…まあ、一つだけはっきり言えることは、そんなんだからお前はいつまでたっても結婚できないんだよ。」

有田「…いや、参ったね…」

本編終了


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:10:23.16 ID:ojHFj11r0
番外編
頑張れ“小鳥のパンティ通信”

深夜0時58分―音無家―

小鳥「ぴへへへへ…って、はっ!もうこんな時間じゃない?!いけない、妄想してたら5時間も経っちゃったわ!急いでラジオセットしないと…radiko起動!!」

『…いや、参ったね…』

小鳥「よし、ぎりぎり間に合ったわ…今日は春香ちゃんがゲストの回だから聞き逃せないわね~まあ、とは言っても放送1回目からずっと聞き逃してないんだけど…」

『…それでさ、『今日はよろしくお願いします!あ、あと有田さんにクッキーを作ってきたんでよろしかったらどうぞ!』って言ってさ、なんと手作りのクッキーをくれたの!』

小鳥「あら、春香ちゃんってば男心がわかってるのね。男は手作りのものだったら大抵喜ぶから…まあ、私には手作りの物をあげる相手もいないんですけどね…」

小鳥「でも…有田×春香ちゃんか………無いわね~」

『…で、どうなんですか上田さん、上田さんは765プロのプロデューサーなんですか?』

小鳥「あ、今日は月に一度のお楽しみやるんだ~確かにこれは面白いんだけど、ゲストが来てる回にやるのはどうかしら…春香ちゃんの出番が少なくなるんじゃ…」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:14:24.54 ID:ojHFj11r0
小鳥「え~っと…今回は、上田さんが765プロのプロデューサーだったって設定ね…もし上田さんが本当にプロデューサーになったらどうなるのかしら…はっ!ダメ、ダメよ小鳥!今はラジオに集中するのよ!…でも、ちょっとだけ…」

1時間後

小鳥「…ああ、凄い…これがメディア王の……って包茎じゃねえか!…はっ!!し、しまった!!」

『…春香川柳・上田俳句…』

小鳥「ああ…月に一度のお楽しみも終わってるし、春香ちゃんももう登場してる…まさか1時間も妄想するなんて…でも、メディア王は凄かったなぁ…」

『…え~こちらRN“小鳥のパンティ通信”先生からですね…』

小鳥「あ、私の送ったネタだわ!やった!またガネックもらえる!…よし、ウケを頂けたわ!」

『え~続いてRN“小鳥のパンティ通信”先生からですね。』

小鳥「ええ?!また私のネタ!やった2連荘よ!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:17:06.24 ID:ojHFj11r0
『…“小鳥のパンティ通信”以外のにしろよ。そいつのだったら名前とか全部ばらすからな…』

小鳥「出た出た、上田さんお得意の本名ばらすぞパターンが。まあ、でもさすがに3連荘でネタが読まれるなんてことは無いわよね…」

『…それでは『上田俳句』最後ですね…え~これは匿名希望の方からですね…テレビに出るクソ見たわが母腰抜かす…』

小鳥「…嘘…わ、私のネタが3回も!!こんなの初めてだわ!どうしよう…もしかしたらこれと引き換えにとんでもない不幸が起きるんじゃ…ううん、そんなことはあるはずないわ小鳥。だって今の私は最高についてるんだもの!!!」

『…誰だこいつ…?おい!何が匿名希望だ!!RN“小鳥のパンティ通信”って書いてあるだろうが!!っていうかこいつ2X歳の女じゃねえか!おい音無小鳥、お前だよ!!』

小鳥「」

小鳥「………参ったね。」

番外編終了

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:20:48.21 ID:ojHFj11r0
代行してくれた方ありがとうございました。
先日のまどまぎとANNのSSを見て久々に書きたくなったから立ててもらいました。
グダグダになってしまい反省も後悔もしてます。
気が向いたらまた書くかもしれません。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:38:05.49 ID:v3t9l7W80
乙でした
また書いてください

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 22:41:29.50 ID:UQSX2mOK0
よし、シャイニーフェスタ買うか



元スレ: 有田「上田さんって765プロのプロデューサーなんですか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351073729/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/32275-4ecb8ef5