ヘッドライン

やよい「伊織ちゃんツンツンしすぎかなーって」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:27:04.32 ID:rdsKa8ZW0.net
伊織「えっ・・・」

やよい「うっうー!正直>>5は引くかなーって」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:28:29.39 ID:V5JSbI5N0.net
タイキック

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:29:04.51 ID:9Ko1BE3a0.net
なんだご褒美か

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:30:45.91 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「正直タイキックは引くかなーって」

伊織「で、でもアイツが変なことばっかり言うから・・・」

やよい「それでもやっていいことと悪いことがあるかなーって」

伊織「じゃあ・・・どうすればよかったっていうの・・・?」

やよい「>>10

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:32:36.50 ID:6N8zPmiX0.net
タイキック

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:35:02.90 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「タイキック」

伊織「・・・え?」

やよい「タイキックだよ伊織ちゃん」

伊織「な、なによそれ・・・さっきと何も変わんないじゃない」

やよい「全然違うよ!」

伊織「」ビクッ

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:36:45.97 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「伊織ちゃんは何もわかってないよ!私はそんなつもりで言ったんじゃない!」

伊織「じゃあ何が違うって言うのよぉ・・・」グスッ

やよい「相手は・・・」

伊織「相手?」

やよい「相手はプロデューサーじゃなくて>>20の方がいいってことだよ!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:38:00.41 ID:5yW0MbeC0.net
やよい

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:40:38.67 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「相手はプロデューサーじゃなくて私の方がいいってことだよ!」

伊織「え・・・さっきから何を言ってるのやよい」

やよい「さあ早く!私を蹴ってよ!」

伊織「い、いやよ・・・なんで私がやよいを蹴らないといけないの・・・」

やよい「・・・」

伊織「それにそんなことしたらケガしちゃうかもしれないでしょ?だからダメ、ね?」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:43:14.19 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「はあ・・・しょーもないですー」

伊織「・・・やよい」

やよい「だったらなんですか?プロデューサーはケガしてもいいって言うんですか?」

伊織「そ、そういうわけじゃ・・・」

やよい「そういうわけじゃなかったらなんなんですか?ケガさせても仕方ないってことですか?」

伊織「う、うぅ・・・」ジワァ

>>26「どうしたの?」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:44:22.99 ID:QA4L3JIA0.net
社長

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:47:59.03 ID:rdsKa8ZW0.net
社長「どうしたんだね?」

やよい「・・・」

伊織「・・・」グスッ

社長「!・・・水瀬君、どうして泣いているんだね!?」

伊織「な、なんでもないわ・・・ちょっとつまづいて転んだだけよ・・・」

社長「そんな嘘は言うもんじゃない、君は大事なアイドルだ・・・言いにくいことかもしれないができれば教えてくれないか?」

やよい「・・・」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:49:23.85 ID:rdsKa8ZW0.net
伊織「なんでも・・・ないって、言ってるでしょ・・・」グスッ

高木「・・・ふぅ、埒があかないな・・・やよい君?」

やよい「はい?」

高木「何か知ってることはないかね?」

やよい「>>31

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:51:21.32 ID:Co4cjrrN0.net
プロデューサーにタイキックされました

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:53:50.57 ID:ASjwi0iR0.net
これは面白い流れ

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:56:30.72 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「プロデューサーにタイキックされました」

伊織「!・・・ち、ちg」
高木「何!?彼が水瀬君にそんなことを・・・?」

やよい「はい、私この目ではっきりと見ました・・・」

高木「(し、しかし彼がそんなことをするなんて・・・)」

伊織「アイツはそんなこt」
やよい「もしキズがついても大丈夫なようにって・・・衣装で隠れる部分を中心に・・・」

高木「なんと・・・」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/06(月) 23:59:13.37 ID:rdsKa8ZW0.net
やよい「うぅ・・・でも私こわくて見てるだけで・・・何もできなくて・・・」グスッ

高木「いや・・・それは仕方ないやよい君、大人の暴力に逆らっては何をされるかわからないからね」

やよい「うわああああああああん、こわかったよぉぉぉぉ」ウワーン

高木「よしよし、泣きたい時は存分に泣きなさい」ヨシヨシ

やよい「(>>39)」

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:01:36.96 ID:0u3kEAXx0.net
ちょろいな

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:04:50.40 ID:H1WAAauH0.net
やよい「(ちょろいな)」

やよい「(大人はお涙ちょうだいに弱いから少し強引にいけば思いのままですー)」

やよい「(これで社長のやよい株アップですー、うっうー!)」

高木「もう落ち着いたかね?やよい君」

やよい「はい・・・すみませんでした、社長」

伊織「・・・」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:07:35.08 ID:H1WAAauH0.net
高木「さて水瀬君・・・」

伊織「・・・なによ」

やよい「しゃ、しゃちょぉ・・・やっぱりまだ辛いですぅ・・・」ブワッ


高木「やよい君は少し黙っていたまえ」


やよい「・・・・・・え?」


高木「水瀬君、やよい君が言っていたことは本当かね?」

伊織「>>45

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:10:29.14 ID:MHQ6tRrb0.net
no

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:13:18.64 ID:H1WAAauH0.net
伊織「no」

高木「え?」

伊織「NOよ・・・アイツは・・・プロデューサーは私にそんなひどいことしない!」

高木「・・・」

伊織「理由はわからないけど、やよいは嘘をついているわ・・・もちろん普段はそんな嘘をつかないのだけど」

高木「・・・なるほどな」

伊織「それに」

48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:16:12.86 ID:H1WAAauH0.net
高木「それに?」

伊織「本当にひどいことをしてしまったのは私よ」

高木「水瀬君が?」

伊織「タイキックしたのは私なの・・・私がアイツにタイキックを」

高木「・・・」


伊織「社長ごめんなさい、社内で暴行をしていたのは私でした」

伊織「こうなってしまった以上相応の処分は受けます、でもプロデューサーは悪くないんです、だから・・・」

高木「・・・」

やよい「>>51

51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:19:07.38 ID:Md/l1twgO.net
プロデューサー喜んでましたよ

53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:21:00.51 ID:K0LVuoK60.net
さすが俺たちのプロデューサー

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:22:17.29 ID:H1WAAauH0.net
やよい「プロデューサー喜んでましたよ」

高木「な、なに?」

やよい「うっうー、せっかくプロデューサーが変態なことを隠すために黙ってたのに台無しですー、伊織ちゃんKYかなーって」

伊織「な、なによ・・・あのままだったらアイツがずっと悪者扱いされたままだったじゃない」

やよい「うっうー、その方がマシのはずですー」

高木「・・・」

やよい「だって社長は>>57なんですから」

57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:24:42.30 ID:0u3kEAXx0.net
ドMみたいな異常性癖者を見るのも嫌な人

60 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:34:29.40 ID:H1WAAauH0.net
やよい「だって社長はドMみたいな異常性癖者を見るのも嫌な人なんですから」

伊織「え?ご、ごめんもう一度言ってくれるかしら」

やよい「社長はプロデューサーみたいな変態は嫌いってことですー」

伊織「・・・」

高木「確かに・・・私は変態は反吐が出るほどきらいだ」

伊織「ちょ、ちょっと!プロデューサーは変態・・・かもしれないけど悪いヤツじゃないでしょ!」

61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:39:11.07 ID:H1WAAauH0.net
やよい「女の子に蹴られて喜ぶ男が悪いヤツじゃない、ですかー?伊織ちゃんおかしくなったんですか?」

伊織「・・・っ・・・そ、そうよ!アイツは悪いヤツじゃない・・・!」

高木「うぅ・・・彼がそんな・・・そんなやつと仕事をしていたかと思うと吐き気がする」

やよい「うっうー!プロデューサーはクビですー!」

テンヤワンヤ

伊織「・・・>>64

64 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:42:02.96 ID:vFM4Lm0G0.net
水瀬財閥から圧力を

65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 00:47:50.40 ID:H1WAAauH0.net
伊織「・・・水瀬財閥から圧力を」ケータイトリダシポパピプペ

高木・やよい「え?」

伊織「あ、もしもし新堂?ちょっと頼みたいことがあるんだけど・・・」

――――――――

伊織「アンタは!」ゲシッ

P「あひぃん!・・・どうして」

伊織「こうして!」ゲシッ

P「あふ!・・・こうなった」

伊織「私に蹴られて喜んでたらいいのよ!」ガンッ

P「おう・・・」ブルブル


水瀬財閥の圧力で765プロはつぶれ、そしてPは伊織に飼われることになったのであった


69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/07(火) 01:20:21.07 ID:okTdNUhG0.net
うらやま



元スレ: やよい「伊織ちゃんツンツンしすぎかなーって」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1412605624/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31962-c4846fc5