ヘッドライン

【アイマス】愛「節分だから鬼退治に行きましょう!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1359947992/

1 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:20:14.57 ID:+LuMOZ550

愛「このSSは、キャラ、原作崩壊してます!!」

舞「読むときは注意してね♪」




~日高家~


愛「わーん!!こんな恵方巻き食べれるわけないよーー!!」

舞「黙って食べなさい!今年は南南東の方角よ!」

愛「だってこの恵方巻き、私の顔より大きいじゃん!!」

舞「奮発して米3号使ったのよ♪」

愛「ママの鬼!悪魔!!」



2 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:21:15.04 ID:+LuMOZ550


舞「早く食べないと、遅刻するわよ?」

愛「えーん!!こんな家、出てってやる!!」ピューン

舞「こら愛!待ちなさい!!」


・・・

3 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:22:34.01 ID:+LuMOZ550

~876プロ~


愛「まったく、ママはいつもいつも……おはようございまーす!!」

絵理「鬼は~外?福は~内?」ポイポイ

尾崎「あーん!もっと!もっとよ絵理!!」ビシビシ


愛「!!?」


4 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:23:39.17 ID:+LuMOZ550


愛「豆まき?」

尾崎「そうよ愛ちゃん。節分では心の鬼を追い払うために、豆をぶつけてもらう風習があるの。

   決してそういうプレイだとか、邪な行為ではないのよ」

絵理「QED?」

愛「でも尾崎さん、絵理さんから豆ぶつけて貰うたびに恍惚の表情を…」

尾崎「あれは体から鬼が消えて気持ちよかったから!けっっっして絵理とソフトSM出来てうれしいなんて…」

涼「おはようございます…うう、痛い…」


6 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:24:50.11 ID:+LuMOZ550


愛「涼さん!どうしたんですか!?」

涼「愛ちゃんおはよう…ここに来る途中、夢子ちゃんに『今日は節分ね。どりゃあっ!!』って飴玉ぶつけられて…」

愛「それはご愁傷様です!!」

絵理「照れ隠し?」

涼「まったく…誰も私が鬼なんて言ってないのに…」愛「!!それだ!!」


愛「皆さん!鬼退治に行きましょう!!」


絵理・涼「?」


7 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:25:37.27 ID:+LuMOZ550


絵理「愛ちゃんのお母さんを?」

愛「そうです!ママはこの頃あたしに対して厳しすぎです!!なので一つ、懲らしめてやりましょう!!」

涼「愛ちゃんのお母さんて、舞さんじゃないか!!そんなことしたら殺されちゃうよ!!」

愛「大丈夫です!節分という名目で豆を投げれば、ママも何も言えないはず!!」

涼「ほんとかなぁ…」


8 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:27:02.19 ID:+LuMOZ550

絵理「楽しそう…私も行っていい?」

愛「ありがとうございます絵理さん!!人数は多い方がいいです!!」

絵理「じゃあ、友達も呼んでいい?」

愛「もちろんです!!みんなでママを退治しましょう!!」

絵理「分かった…ちょっと待ってて?」

・・・

鈴木「センパイ!頼みってなんデスか!?」ハッハッ

絵理「サイネリアにしか頼めないお願いがある?」

鈴木「!!センパイの為なら、たとえ火の中水の中、地獄までついて行きマス!!」

絵理「ありがと♪」

涼「じゃあ私はレッスンに…」イソイソ

愛「涼さんも行くんです!!」グイグイ

涼「ぎゃおおおん!!嫌だーーー!!死にたくなーい!!」


・・・

9 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:27:57.89 ID:+LuMOZ550

~町~

愛「なんだか桃太郎になった気分です!!」

絵理「私がキジ?」

鈴木「サイネリアは犬デスか!?」

愛「涼さんはもちろん猿ですね!!」

涼(もしかしてバレてる!?)


10 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:29:09.55 ID:+LuMOZ550

春香「どこ!? どこ!?」キョロキョロ

愛「あ!!春香さんだ!!春香さーーん!!」タタタ

春香「愛ちゃん!!Pさん見なかった!?」

愛「765プロのプロデューサーさんですか?見てません!!」

春香「そう…」千早「あっちにいったわ!!」ダダダ


P「助けてくれーー!!」


亜美「おとなしくオナワにつけ→!」真美「待て→!!」


ダダダダダダダ


春香「いた!!じゃあ愛ちゃん私忙しいから!!」ダダダ


ヒュー


愛「…なんだったんだろう、いったい…」

絵理「さあ?」


・・・

11 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:29:52.71 ID:+LuMOZ550

~日高家~

涼「ついに来てしまった…」

愛「覚悟を決めましょう涼さん!!」

鈴木「何か、まがまがしいオーラを感じマス…」ブルブル

絵理「鬼が島?」


12 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:30:44.69 ID:+LuMOZ550

ドタドタ


愛「ママ!覚悟ーーーーー!!」

舞「あ!愛!ご飯残して出てっちゃって!お残しは許さないわよ!!」

涼「お、お邪魔します!」

絵理「お邪魔します?」

鈴木「ほほほ本物の日高舞デス!!」ガクガク

舞「あらいらっしゃい。愛の友達?」


13 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:31:38.34 ID:+LuMOZ550


愛「今日は節分だからママ、違った、傍若無人な鬼を退治に来たんだよ!!」

舞「…ほう」ゴゴゴゴ

涼「ひい!!ここ怖すぎる!!」

絵理「背中に鬼の顔?」

鈴木「聞いてまセンよ!?なんデスかこの展開!!」


舞「いいだろう…小娘共、私に逆らった事をあの世で後悔するといい!!」


テレレレレレーン


14 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:33:25.80 ID:+LuMOZ550


<日高家>


  ,  ヽ)                ∩(>ヮ<)q
  f, '´⌒´ヽ            
  ノ ( (j_j_j_j.)             (・U・)
 ´'ノ ζ゚ ヮ゚ノζ              
   ⊂''}~}'つ              V〓△〓V?
    ノ_ワ_〉
     し'ノ                 鈴木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  たたかう←
|日高舞(オーガ)があらわれた!     |  うたう
|                  |  おどる
|                  |  にげる
|                  |  876
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


15 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:37:02.41 ID:+LuMOZ550
なんかめちゃくちゃになった…

涼「なんか急にRPG調に?」

絵理「FF?」

鈴木「なんで私だけ鈴木なんデスか!?」

涼「ていうか私のイメージひどすぎでしょ!?」

舞「来い我が娘よ!!引導を渡してやる!!」


16 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:46:23.35 ID:+LuMOZ550

  ,  ヽ)            。。。=∩(>ヮ<)q
  f, '´⌒´ヽ            
  ノ ( (j_j_j_j.)                (・U・)
 ´'ノ ζ゚ ヮ゚ノζ              
   ⊂''}~}'つ              V〓△〓V?
    ノ_ワ_〉
     し'ノ                 鈴木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
|愛は豆を投げた!            |  たたかう←
|しかし舞は箸で受け止めた       |  うたう
|                      |  にげる
|                      |  876
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

17 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:52:53.80 ID:+LuMOZ550

舞「はっ!はっ!」パシパシ


18 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 12:56:31.86 ID:+LuMOZ550
ダメだ文だけにしよう

舞「はっ!はっ!」パシパシ

涼「嘘でしょ!?空中で箸使って取ってる!?」

絵理「人間業じゃない?」

舞「あらもう終わり?張り合いがないわね」



愛「うー!こうなったら…」ガシッ

19 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 13:24:07.64 ID:+LuMOZ550

愛「絵理さん!私がママを抑えてる間に、豆を!!」

舞「愛。それは残像よ?」

愛「え?」舞「えいっ!」ポカッ

愛「」シーン


20 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 13:51:57.87 ID:rNM6mOHIO

舞「さてと、言い残すことはない?」

絵理「あわわ」

鈴木「ブクブク」

涼「もうダメだぁ…おしまいだぁ…」

舞「そう。じゃあさようなら」ヒュン


全員「お助けーーー!!」


舞「なーんて、冗談よ♪」

全員「え?」

21 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 13:58:50.83 ID:rNM6mOHIO

舞「どうせウチの馬鹿娘が言い出したことでしょ?1週間ご飯抜きで勘弁しといてやるわ♪」

涼(一瞬走馬灯が見えたよ…)

絵理「九死に一生?」

鈴木「緊張で足ガ…」ガクガク



22 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 14:16:16.31 ID:rNM6mOHIO

舞「そうだ!お詫びっちゃなんだけど、ウチでご飯食べてってよ!ちょうど朝のご飯が余ってたの!」

絵理「いいんですか?」

鈴木「そういえばお腹すきマシた…」

舞「いいのよどうせ私一人じゃ食べ切れないし!待ってて、すぐ持ってくるから!」タタタ

涼「なんか、やな予感が…」



23 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 14:23:38.48 ID:rNM6mOHIO

舞「はいこれ!」ドーン

全員「」ボーゼン

舞「ちょっとはまっちゃって♪取り敢えず一人3本だから。あ、後、食べるまで帰らせないわよ?」

全員「…」

愛「…福はー内…鬼はー外…ムニャムニャ…」


終わり

27 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 20:34:48.68 ID:11Q8U+B60
『765P争奪豆まき死闘編』

春香「えー!?小鳥さんそれ本当ですか!?」

小鳥「本当よ!古来より節分の日に想い人に豆を自分の年齢×100発ぶつければ、両想いになれると言われてきたピヨ!(民明書房より)」

千早「初めて聞きました」

小鳥「当然よ。この儀式は効果があり過ぎて、どんな相手でも恋仲になってしまうピヨ。なので、一部の富裕層にしか伝承されなかったのよ!」


28 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 20:43:46.93 ID:11Q8U+B60

伊織「なんで私もそれを教えられなかったのよ?水瀬家なら当然…」

小鳥「伊織ちゃんは若いから、その裏技をまだ教えられてないんじゃないかしら?」

響「じゃあ、なんで小鳥が知ってるんだー?」

小鳥「とあるネット掲示板にタレコミがあったピヨ…なんとその儀式により、日本の少子化をギリギリの所で防いでいるとか、いないとか…」


全員(辻褄は合っている…)


29 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:15:53.37 ID:11Q8U+B60

やよい「で、でも、そんな急に言われても、豆なんて持ってませーん…」

小鳥「心配ないわ!ここに偶然、実家のおばあちゃん家から送られてきたおよそ10万粒の豆があるわ!!」ドーン

亜美「おお→すごーい!!」真美「すごい偶然だよ→!」

美希「ありがとう小鳥!これで…」

小鳥「いいのよ…みんなのためだもの…ククク…」


なんという偶然!!なんという僥倖!! …しかし…知らない…っ! アイドル達は…っ! これがすべて仕組まれていたという事……っ!! すべては…罠だと! 音無小鳥の手中だということを…っ!!


小鳥(馬鹿…っ!圧倒的馬鹿…っ!!まるでピエロ!…お前たちは…私の妄想の“餌”だという事実…っ!!)


30 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:30:38.66 ID:11Q8U+B60

律子「まったく…何を馬鹿な…はっ!」

小鳥「…」チラッ

律子(な、なんだぁ~!?あの、ヤツが見せたあの一瞬の表情はッ!!

   まるで、『はぁ~あ…だからお前はいつまでもアマアマのおねんねちゃんなんだよッ!このビチグソメガネが~!!』とでも言う様な顔は…

   …!!そ、そうか!!こいつらは全員、今の音無小鳥の言葉を本当だとッ!嘘偽り無い真実だと思っていやがるッッ!!だとしたら…私がもしこの戦いに勝てば、こいつらは私とプロデューサー殿をカップルだと思わざるおえねぇんじゃねぇかーッ!?

   イヤ、間違いないッッ!!こいつ、初めからこの事を全て予想しててッ!!私にあんな顔をッッ!

   …いいだろう…その勝負、乗ったぜッッ!!)←この間僅か1秒

小鳥(グレイトッッ!!)



31 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:35:11.90 ID:11Q8U+B60

P「おはようござい…あれ?みんなどうしたん…」

全員「!!」クルッ

P「な、なんだ!?一体どうし」小鳥「かかれ――――!!!」


全員「うぉーーー!!!」ドドド


P「なんだぁーーーー!?」ドドド


小鳥「…フフフ…ククク…グヒヒ…録画、録画…」

・・・

32 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:37:34.40 ID:11Q8U+B60

・・・

春香「どこ!? どこ!?」キョロキョロ

愛「あ!!春香さんだ!!春香さーーん!!」タタタ

春香「愛ちゃん!!Pさん見なかった!?」

愛「765プロのプロデューサーさんですか?見てません!!」

春香「そう…」千早「あっちにいったわ!!」ダダダ


P「助けてくれーー!!」


亜美「おとなしくオナワにつけ→!」真美「待て→!!」


ダダダダダダダ


春香「いた!!じゃあ愛ちゃん私忙しいから!!」ダダダ


ヒュー


愛「…なんだったんだろう、いったい…」

絵理「さあ?」


そして現在…

33 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:48:06.17 ID:11Q8U+B60

春香「待って下さいPさん!!」ドドド

P「なら豆を投げるのをやめろ!!いたっ!いたっ!」ビシビシ

春香「あと14554粒…あと14553粒…これを全部当てれば…Pさんと…」


ポワワ~ン

P『春香…そんな必死になって俺に豆をミートさせるなんて…そこまでお前は俺を…』

春香『Pさん…ミーと、結婚して下さい!!』

P『もちろんだとも…これからは、俺がイートする飯を作ってくれるか?』

春香『…ミートでもミントでも、作らせて頂きます!!』

P『俺は、春香とミートするために、生まれてきたのかもな…』

・・・

春香「なーんてな!なーんてな!///」


ヒュー


34 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 21:55:53.03 ID:11Q8U+B60

千早「待って下さい、プロデューサーさん!」

P「千早!お前まで!」

千早「おとなしく、私の豆をくらって下さい!そうすれば…」

ポワワ~ン


P『ねーねーちーたん。今日は何して遊ぶの~?』

千早『そうねPちゃん。今日はおままごとして遊びましょうか?』

P『やったー!ボク、ちーたんとのおままごとだーいすき!』

千早『そう?よかった。Pちゃんに喜んでもらえて』

P『だって、ちーたんやさしいし、女の子らしいし、おっぱいも大きいんだもん!』

千早『もう!Pちゃんたら!ちーたんをからかっちゃいけません!!///』


・・・


千早「…ぐへ…ぐへへ…」ジュルル


ヒュー


35 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 22:04:16.22 ID:11Q8U+B60

伊織「待ちなさいプロデューサー!!」

P「伊織!?まさかお前も…」

伊織「にひひっ!この最新鋭のアサルトライフルを改造した豆鉄砲で一瞬にして…」


ポワワ~ン


P『伊織お嬢様。100%オレンジジュースでございます…』

伊織『あらP。入って来ていいわよ?』

P『失礼しま…!お、お嬢様!!ダメです!そんなはしたない恰好で…///』

伊織『なら、あんたが私の服を着替えさせなさい。命令よ?』

P『そ、そんな!私とお嬢様は身分が違い過ぎます…』

伊織『フフフ…その方が、燃えるじゃない…』ニヤリ


・・・

伊織「そそそんな!だめよバカ!!」カァー


ヒュー




36 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/04(月) 22:15:19.06 ID:11Q8U+B60

雪歩「こ、こっちですぅ!プロデューサーさん!!」

P「雪歩!助かった!!」

雪歩(えへへ…この先の落とし穴に落として、その隙に豆を…)


ポワワ~ン

P「親父!あっしにお嬢を!雪歩お嬢をくだせぇ!!」ドゲザッ

雪歩パパ「何言ってやがんだ!いくらおめぇでも、指つめるぐれえじゃすまさねぇぞ!!」バキッ

雪歩「やめてやお父ちゃん!!私は本気なんよ!?」

雪歩パパ「雪歩!てめぇまで!!」

雪歩「もういい!行こうPさん!!北へ北へ、流れるままに追っ手を撒くまで!!」ギュッ

P「お嬢…いや、雪歩!俺はお前をもうはなさねぇ!!」ギュッ

雪歩パパ「待ちやがれ!おいおめえら!!あいつらを逃がすな!!」


・・・

雪歩「…そ、そんなぁ~激しすぎますぅ~///」クネクネ


ヒュー


41 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/05(火) 19:18:16.85 ID:3fjz9nSI0

亜美「待て→!兄(C)!!」真美「真美たちのマメバクダンをくらえ→!」

P「二対一は卑怯だろ!!」

亜美「へへ→ん!勝負は勝てばいいのだ!」真美「勝負とはヒジョ→なのだ!」


ポワワ~ン


亜美「ね~兄(C)!早く『付き合ってた彼女が双子だったので、1粒で2度おいしい!』ごっこしよ→よ!」

真美「それは昨日やったジャン!今日は『彼女の妹に手を出して、バレたら修羅場になった…』ごっこがい→よ!」

P「こらこら!俺は一人しかいないんだぞ?」

真美「じゃ、じゃあ…遊び相手、つくっちゃう?///」

亜美「わ→!真美ダイターン!!」

P「ななな何言ってるんだこのマセガキども!」

真美「も→!真美、もう子供じゃないよ→!」

亜美「亜美も→!今日保険体育で習ったもんね!」

P「まったく…これじゃあ『急に大人びてきた隣の姉妹が二人して迫ってきてラッキー!』ごっこだよ…」

・・・

亜美「最初は亜美だかんね!?」真美「どっちからやるの!?真美でしょ!?」


ヒュー



42 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/05(火) 19:49:07.97 ID:TYnEz5fIO

あずさ「うふふ、見つけましたよプロデューサーさん?」

P「あずささん!」

あずさ「大人しく豆に当たって下さい」


ポワワーン


P「あずささん…もうやめましょう、こんな関係…」

あずさ「うふふ、いいんですかプロデューサーさん?社長にバラしちゃいますよ?」

P「そんな事をしたら、あなただってっ…」

あずさ「私はアイドルを辞めればいいだけです。でも、あなたは一生この業界で働けない」

P「あ、あなたは!運命の人を見つけた筈だ!」

あずさ「だから、プロデューサーさんが黙ってればいいだけですよ。

この子が、誰の子かもね?」

P「!そ、そんな…」ガクッ

あずさ「うふふ…大丈夫です。私には運命の人が二人いただけ…」


・・・

あずさ「うふふ。誰にも渡しませんよ?プロデューサーさん…」


ヒュー



43 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/05(火) 20:10:57.36 ID:TYnEz5fIO

貴音「見つけました、貴方様。暫く眠っていて下さいませ」キラッ

P「おい貴音!その物騒な得物をしまうんだ!」

貴音「大丈夫…峰打ちで済ませますゆえ…」


ポワワーン


貴音「待って下さいまし!私もその旅、お供致します!」タタタ

P「すまねぇ姫様…拙者はしがない流浪人、あんたは一国の姫君…どうか分かってくだせぇ…」

貴音「で、ですが…!」

越後屋「へへへ…姫様、こんなとこにいらっしゃいましたか」

貴音「越後屋!?貴様!私をつけて…」P「どいてな姫様」すちゃ

貴音「あ、貴方様!」P「姫様に手を出すなんざぁ、お天道様が許してもこのPが許しちゃおけねぇ…」

越後屋「ふん!流浪人風情が!者共!であえであえ!」


・・・


貴音「あぁ!私のために争うのはおやめに…」

ヒュー



44 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/05(火) 20:25:35.57 ID:TYnEz5fIO

やよい「うっうー!見つけましたよ、プロデューサーさん!」

P「やよいまで!」

やよい「豆がもったいないので、止まって食べて下さーい!」


ポワワーン


P「ただいまー」

やよい「あっ!プロデューサーさん!お帰りなさい!」ガルーン

P「おっ、今日はもやしスパゲッティともやしハンバーグ、野菜のもやし添えか!」

やよい「うっうー!頑張って作りました!」

P「じゃあ疲れただろう?洗い物は俺がやるから」

やよい「大丈夫です!プロデューサーさんの方が仕事で疲れてるから、休んだ方がいいかなーって!」

P「たまには手伝わないとな。もう俺は、高槻家の家族なんだから」ナデナデ

やよい「プロ…Pお兄ちゃん…///」

・・・

やよい「えへへへ…///」


ヒュー


45 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/05(火) 22:35:54.15 ID:rj3q+x6/0

真「プロデューサー!ボクの豆、受け取ってください!」ヒュン

P「あぶねぇ!!」バッ  ズガガ

真「なんで避けるんですか!?」P「コンクリに穴が開く豆を投げるからだよ!」

真「早く当たって下さい!そうすれば…」


ポワワ~ン


真「きゅぴぴぴぴぴーーーん!!菊地真ちゃんナリよーーー!」

P「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!真ちゃんキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!
もふもふ!もふもふしたい!あ!やっぱりペロペロしたい!ペロペロ!!
  ペロペロスーハ―クンカクンカ!ダークブラックのショートヘアークンカクンカ!!
  あ!シャンプーの匂い!!シャンプーの匂いいい!!いいよぅ!すごいいいよぅ!!クンカクンカスーハスーハー!
  見てる!真ちゃんが僕を見てる!!うおおおおおおおお!!やった――――!!!まこまこりーん!!
  はぁはぁ!真タン!!僕の真タン!!はぁはぁ・・・うっ!よっしゃあああああああああああ!!!
  2次元!?2次元じゃない!?本物の真ちゃん!!僕のお嫁さんになって!!真ちゃんラブラブちゅっちゅっ!!」


・・・


真「へへへ…照れるなぁ///」


ヒュー


47 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 12:35:21.01 ID:5jwvDGFo0

美希「待つのハニー!ハチミツつき豆をくらうの!」

P「汚いだろ!やめなさい!」

美希「ハニーはだれにも渡さないの!!」


ポワワ~ン


P「僕の愛しのハニー!ミキ、キミのために実物大の銅像をイチゴババロアで作ったよ!」ダーン

美希「ワー!すごいのハニー!」

P「ふふふ、驚くのはまだ早い!この頭を開けると…なんとおにぎり入れになっておりま~す!」パカッ

美希「とってもおいしそうなの!ハニーありがとっ☆」

P「早く食べないと虫がたかるから、気をつけろよ☆」


・・・

美希「あふぅ…もう食べられないの~」


ヒュー

48 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 12:43:20.19 ID:5jwvDGFo0

響「ハム蔵いくさー!」ハム蔵「ぢゅっ!」

P「この布陣…挟み撃ちの形になるな!?」

響「もう逃げられないぞー!おとなしくしろー!」


ポワワ~ン


響「P助~?ご飯食べないのか~?」

P「響…いい加減この鎖を…」

響「何言ってるんだP助。鎖がないとだれのペットか分からないだろー」

P「俺は人間だ!お前のペットじゃない!」

響「まったく、まだ分かんないのかー…じゃあ今日はご飯抜きだなー」

P「ま、待ってくれ響!言うことを聞くから飯を…!!」グ-

響「…ペットは喋んないぞ?」

P助「うぅ…わ、わん!わんわん!!」


・・・

響「いいぞー…プロデューサーは自分のペットさー…」


ヒュー


50 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 16:23:35.70 ID:5jwvDGFo0

律子「プロデューサー殿、もう逃げられませんよ?」

P「律子!?お前まで、一体どうしたんだ!!」

律子「貴方に豆を自分の歳×100発当てれば付き合えるんです」

P「何をばかな!?」

律子「プロデューサー殿は黙って豆に当たればいいんです!」


ポワワ~ン


律子「おはようございます、P殿」

P「おはよう律子。今日も可愛いな」

律子「なっ!何を急に…///」

P「いやーこの歳でこんな可愛い嫁さん貰えるなんて、俺は幸せ者だなー」

律子「もう!おだてても何も出ませんよ!?///」

P「本心だって。ほら、メガネがずれてるぞ?」クイッ

律子「あっ…P、旦那殿///」



・・・

律子「…にへへ…じゅる」


ヒュー


51 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 16:37:38.69 ID:5jwvDGFo0

バシバシバシ!!

P「ぎゃー!」

春香「やった!これで私がPさんの…「「「「やったー!!」」」


春香「!?」

千早「さぁPちゃん!はやく私の家に!!」

伊織「今日からあんたが私の執事だから!!」

雪歩「Pさん!北海道で静かに暮らしましょう!!」

亜美真美「「兄(C)!私からだよ!!」」

あずさ「うふふ…逃がしませんよ?」

貴音「貴方様!私も助太刀致します!!」

やよい「うっうー!今日からよろしくおねがいしまーっす!!」

真「やったー!ボクもお姫様になれるぞ!!」

美希「早くババロアの生地を作る作業に戻るの!!」

響「P助!もうお前にあう鎖買ってきたぞー!!」

律子「プロデューサー殿!!さっそく役所に…」


全員「え?」



52 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 16:47:44.36 ID:5jwvDGFo0

全員「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴ

P「おい、お前ら…」


春香「千早ちゃん、何Pちゃんて?」

千早「水瀬さん、貴方さっき執事って」

伊織「北海道なら、あんた一人で行って来れば?」

雪歩「どっちにもPさんは似合いませんよ…」

亜美真美「「ちょっとあずさお姉ちゃんは年齢がねー…」

あずさ「助太刀?何を言ってるの?」

貴音「P様のお供は私だけ…」

やよい「…真さんはお姫様には向いてないかなーって…」

真「寝ぼけたこと言ってないでよ美希」

美希「なんか響、恐いと思うの」

響「律子はプロデューサーで忙しいだろー?」

律子「なるほど、全員同時に当てたみたいね…」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…



53 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 17:05:14.55 ID:5jwvDGFo0

春香「みなさん!サツガイですよ、サツガイ!!」

千早「脳に電極ぶっさしてやろうか?」

伊織「今日は霧が出ているようね…」

雪歩「生まれて初めて本気で拳を握りますぅ」

亜美「イコウ!ネーサン!!」真美「国家錬金術ち(2級)の力、見せてあげる!」

あずさ「お前らに足りないもの、それは!ボーカル・ビジュアル・ダンス・気品・才能!そしてなにより!!胸囲が足りない!!」

貴音「流浪人になりたいでござる!流浪人になりたいでござる!!」

やよい「う゛っう゛ー!ゆ゛る゛ざん!!」

真「きゅぴぴーん!覚・悟・完・了!!」

美希「この☆ごと消し炭にしてくれるの!!」

響「うがあああぁぁァァーー!!たわけたこといってんじゃねええぇぇぇぇェェェーーーーー!!!!!」

律子「お前らの敗因ッッ…それは私を怒らせたことッッッ!!!」

P「待て待て待て」



54 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 17:58:21.26 ID:5jwvDGFo0

P「お前ら少し落ち着け。なんでまたこんな事を…」

春香「だって小鳥さんが…!」

P「あの人の言うことは80%聞き流せっていつも言ってるだろ…

  だいたい、律子がいながらなんでそんな冗談を信じたんだ?」

律子「そんなことは関係ありません!ここにいる全員に認められれば、必然的に…」

P「いや、その理屈はおかしい。あと例えそうだとしても、もう意味ないぞ?」

全員「え?」



P「当然だろ。節分何日だと思ってんだ…もうとっくに終わってるよ」

全員「…あ」





55 : ◆uvFco7Jv0I 2013/02/07(木) 18:18:38.10 ID:5jwvDGFo0
だらだら続けちゃってすんますん
876のSS増えろ!!

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/08(金) 03:44:28.31 ID:mRUJWwbpo



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 愛「節分だから鬼退治に行きましょう!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1359947992/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31948-be6e3643