このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

御坂「はい、あーん」食蜂「……何してるのぉ?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 22:58:28.07 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「はぁ……」

取り巻き「どうしました?女王」

食蜂「なんでもないわぁ、今日はもう帰る」

取り巻き「わかりました、では私達も……」

食蜂「今日は見送りはいいわぁ……一人で帰るから」

取り巻き「そうですか……わかりました」

──
────

食蜂「はぁ……誰か連れてきて運んで貰えばよかったわぁ。
    でもこんな姿見せたくないしぃ……」

食蜂「もうダメ……ちょっとベンチで休もうかしらぁ」

食蜂「はぁ……頭痛い」

──
────

「──あんた、ちょっとあんた!ここで何してるのよ」

食蜂「……誰ぇ?」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:01:13.16 ID:N5hKJLlb0.net
御坂「私よ、御坂美琴。あんた顔真っ赤じゃない……大丈夫?」

食蜂「御坂さぁん?何してるのぉ……?」

御坂「何って、ここは私が住んでる寮の近くよ。あんたこそどうしたのよ」

食蜂「どうって……なにかしらぁ」

御坂「体調悪いんでしょ?大丈夫なの?」

食蜂「悪くないわよぉ……病気力なんかじゃないわぁ」

御坂「どうみても風邪でしょ、いつもの派閥の子達はどうしたのよ」

食蜂「さあねぇ……」

御坂「こうやって話してるだけでも辛そうじゃないの……」

食蜂「平気平気ぃ……」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:07:02.49 ID:N5hKJLlb0.net
御坂「ほんとに病院行かないとまずいわよ」

食蜂「病院なんて死んでも嫌だわぁ……」

御坂「どうせ注射が嫌いとかでしょ?」

食蜂「そ、そんなわけないじゃない……」

御坂「じゃあ取り巻き呼んで家まで送ってもらいなさいよ」

食蜂「今は能力使う気分じゃないっていうかぁ……」

御坂「まさか……能力使えないほど辛いの?」

食蜂「そんなわけ……な…い」

御坂「ちょ、ちょっと食蜂!?」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:12:14.04 ID:N5hKJLlb0.net
──
────

食蜂「────ん……んん。……ここは」

御坂「やっと起きたのね」

食蜂「御坂さん……?ここはどこぉ?」

御坂「私の住んでる寮よ」

食蜂「ええぇっ!?」

御坂「もう、あんまりおっきい声出さない!寮なんだからね。
    それにまだそんなに回復してないでしょ?」

食蜂「意識の無い私を無理やり寮に連れ込んだのぉ?
    御坂さんのえっち☆」

御坂「……ちょっとは回復してるみたいね」

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:15:54.50 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「一つ貸しを作っちゃったみたいねぇ……残念だわぁ」

御坂「ほんと生意気ねぇあんた……」

食蜂「一応礼は言っておくわ、ありがと☆」スッ

御坂「あ!まだ動いちゃ……っ」

食蜂「あらっ……」グラッ

御坂「あぶないっ!」ダキッ

食蜂「……///」ドキドキ

御坂「まだ喋れる程度に回復しただけなんだから無茶しちゃだめよ」

食蜂「御坂さんって……」

御坂「なに?」

食蜂「お母さんみたい☆」

御坂「ふざけんな!」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:18:39.04 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「御坂さんの言う事聞いてじっとしておくわぁ」

御坂「そうしなさい」

食蜂「なんでこの部屋ってベッド二つあるのぉ?」

御坂「ああ、それはもう一人──」

ダダダダダッ

バンッ!!

黒子「お姉さまが女を連れ込んだと聞きましたわ!!」

御坂「……」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:24:33.84 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「この子と一緒に住んでるの?」

御坂「……ええ」

黒子「まさか……レベル5食蜂操祈…ですの!?」

食蜂「ええ」

黒子「な、何故こんな所に……?」

食蜂「何故って見ればわかるでしょぉ?」

御坂「ちょっと食蜂が珍しく一人でベンチにいてね」

黒子「べ、ベンチ?まさかそれは……」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:29:17.40 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「そこから寮までお持ち帰りされちゃってぇ……」

黒子「なっ!?」

御坂「変な言い方やめなさいよ!連れてきたのは事実だけど……」

黒子「ななっ!?」

食蜂「その後ベッドに連れ込まれてぇ……」

黒子「っ!!」

食蜂「色んな事しちゃったんだゾ☆」

黒子「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!」

バンッ!!

タッタッタッタ……

御坂「何て事してくれるのよ!このバカ!
    本当に信じちゃったらどうすんのよ!!」

食蜂「おもしろーい☆」

御坂「おもしろーいじゃないわよっ」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:32:56.97 ID:N5hKJLlb0.net
食蜂「笑ったらちょっと疲れちゃったぁ……」

御坂「じゃあちょっとでもいいから寝ときなさい」

食蜂「そうねぇ。あ、御坂さぁん」

御坂「なに?」

食蜂「お布団かけて☆」

御坂「自分でやれ!」

食蜂「ひどぉい」

──
────

食蜂「御坂さぁん、何してるのぉ?」

御坂「あんた寝てなかったの?まあいいわ」

食蜂「なんだか眠る気になれなくてぇ……」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:35:41.41 ID:N5hKJLlb0.net
御坂「これ作ったからちょっとでもお腹に入れて寝なさい」

食蜂「なにこれぇ?」

御坂「おかゆよおかゆ!」

食蜂「へぇー……御坂さんって料理できたんだぁ」

御坂「おかゆなんて料理ってほどのものじゃないでしょ」

食蜂「そうなの?」

御坂「あんた全然料理しないのね……」

食蜂「そ、そんな事ないわよぉ!ホットケーキ焼いたりするしぃ……」

御坂「ホットケーキミックス混ぜて焼くだけでしょ……おいしいけど」

食蜂「そうそう、でも裏返すのが難しいのよねぇ3枚に1枚くらいしか成功しないわぁ」

御坂「え?あれ失敗する人いるの?」

食蜂「……じょ、冗談よぉ冗談!」

御坂「そうよね、びっくりした~」

食蜂「……」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:41:09.14 ID:N5hKJLlb0.net
御坂「ちょっとは冷めたかな……あちちっ」

食蜂「そんなすぐには冷めないわよぉ」

御坂「フーッフーッ……」

食蜂「御坂さぁん……?」

御坂「はい、あーん」スッ

食蜂「……何してるのぉ?」

御坂「何って食べさせようとしてるんじゃない」

食蜂「でも私達もう中学生だしぃ……ちょっと恥ずかしいっていうか」

御坂「いいから食べなさい」

食蜂「むぐっ」

御坂「熱くない?」

食蜂「……大丈夫よぉ」モグモグ

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/18(日) 23:47:29.59 ID:N5hKJLlb0.net
御坂「フーッフーッ」

食蜂「あの……」

御坂「あーん」スッ

食蜂「……」パクッ

御坂「おいしい?」

食蜂「……おいしいわぁ」モグモグ

──
────

御坂「ちゃんと全部食べたわね」

食蜂「だってぇ、御坂さんが食べさせてくるんだもん」

御坂「看病する時は普通そうするでしょ」

食蜂「……計算じゃないのが恐ろしいわぁ」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:02:06.56 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「さ、お腹いっぱいになったんならちょっと眠りなさい」

食蜂「もう平気よぉ」

御坂「全然平気じゃないでしょ、目がボーッとしてるし」

食蜂「御坂さんが優しいからこうなっちゃったんだゾ☆」

御坂「またあんたは……バカ言ってないで寝なさい!」

食蜂「わかったわよぉ」

御坂「あ、そうだ」

食蜂(……まんざら嘘でもないんだけどぉ)

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:04:59.44 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「制服しわになっちゃうからこれに着替えなさい」

食蜂「なにこれぇ、カエルの絵描いてるけどパジャマ?」

御坂「そ、そうよ」

食蜂「これ確かゲコ太ってキャラクターよねぇ、御坂さんってこういう趣味があったのぉ?」

御坂「べ、別に。それは友達から貰ったっていうか……」

食蜂「実は私もゲコ太大好きなのぉ」

御坂「えっ?ほんとに!?実は私もゲコ太グッズいっぱい集めてて……」

食蜂「嘘だけど」

御坂「……」

食蜂「……き、嫌いではないわよぉ」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:08:05.07 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「もうさっさと着替えて寝なさい!」

食蜂「えー、御坂さん着替えるの手伝ってくれないのぉ?」

御坂「それくらい一人でできるでしょ」

食蜂「おかゆ食べさせてくれたのに着替えは手伝ってくれないのねぇ」

御坂「あーもう、わかったわよ……」スッ

食蜂「え?」

御坂「着替えさせればいいんでしょ、まったく……」

食蜂(じょ、冗談だったんだけどぉ……)

御坂「ボタンってこっちからじゃ外しにくいわねぇ」プチプチ

食蜂「やだ、御坂さんテクニシャン☆」

御坂「はいはい、腕通しなさい」

食蜂「御坂さんったらノリ悪いんだからぁ」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:11:28.71 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「じゃあ両手あげなさい」

食蜂「はぁい☆」

ヌギヌギ
ボインッ

御坂「……」

食蜂「どうしたのぉ?」

御坂「いや、別に……パジャマ着せるから」

食蜂「ふぅ」

御坂「じゃあ今度こそおとなしく寝てなさい」

食蜂「御坂さぁん」

御坂「なに?」

食蜂「これちょっと胸が苦しいんだけどぉ……」

御坂「黙れ」ピリピリ

食蜂「やだこわぁい☆」

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:15:54.81 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「私ちょっとやる事あるから、おやすみ」

食蜂「えー、絵本とか読んでくれないのぉ?」

御坂「読むわけないでしょ……一体何を期待してるのよ」

食蜂「ここまで来たら御坂さんおもてなしフルコースを味わいたいなって思ってぇ」

御坂「あんたはほんとに遠慮って物を知らないわね……」スッ

食蜂「え?」

御坂「じゃあ寝付くまで横にいてあげるわ」

食蜂「……み、御坂さんって冗談通じないのねぇ」

御坂「あんたに慣れてきただけよ」

食蜂「むー……御坂さんの癖にぃ」

御坂「癖にって何よ」

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:21:42.11 ID:nD6ndFzM0.net
食蜂「と、隣で見られてると眠れないわよぉ……」ドキドキ

御坂「寝るまで監視なんてしないから安心しなさい。
   ところで熱はどうなの?」

食蜂「大分下がったと思うわぁ」

御坂「ほんと?」ピトッ

食蜂「……っ///」

御坂「まあこれぐらいなら眠れば治ると思うわ」

食蜂「そう……じゃあ最後に御坂さん」

御坂「なに?また変な要求?」

食蜂「寝るまで頭撫でてほしいなぁ」

御坂「私がお母さんならあんたは子供ね……」

食蜂「毒を食らわば皿までって言うでしょ?」

御坂「この場合毒はあんたでしょ……これでいいの?」ナデナデ

食蜂「御坂さん優しすぎぃ……」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:28:43.58 ID:nD6ndFzM0.net
御坂「あんたが言ったからでしょ……ん?」ナデナデ

食蜂「スゥ……スゥ……」

御坂「もう寝ちゃってる、やっぱり空元気だったのね。
   ……寝顔だけ見てると可愛いのにねぇ……あんな凶悪な能力持ってるとは思えないわ。」

食蜂「んん……」

──
─────
────────────

御坂「──っ、ちょっと寝ちゃってた……。
   あれ?食蜂がいない……これって、手紙?」

御坂「"御坂さんの熱心な看病のおかげですっかり元気になりました……。
   このパジャマは洗って返すからしばらく借りておくわね……。
   今度御坂さんが風邪引いた時は看病してあげるゾ☆……"」

御坂「あのサイズのゲコ太パジャマあんまり売ってないのに……」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:31:18.73 ID:nD6ndFzM0.net
──
──────



食蜂「面白い体験だったわぁ。
   御坂さんって頼んだらなんでもしてくれるのねぇ」

食蜂「でも……冷静に思い返すとかなり恥ずかしいわぁ。
   だから何も言わずに出てったんだけどぉ」

食蜂「今度御坂さんが風邪引いた時の為におかゆの練習でもしておこうかしらぁ☆」



────
──

御坂「……クシュンッ」




                              ~終わり~

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:35:35.53 ID:lvLS/N/50.net
Good!!!

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:35:46.14 ID:eUpscFoh0.net
黒子オチじゃないだと…?

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/19(月) 00:59:26.38 ID:vP17uaRP0.net
おつおつ



元スレ: 御坂「はい、あーん」食蜂「……何してるのぉ?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1400421508/


[ 2020/06/26 09:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31919-e98a99b5