このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

モードレッド「んじゃ、ちょっと席を外すぜ」獅子刧「うんこか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1592740243/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 20:50:43.25 ID:CfbKDyMAO
世界は汚い。
世界は醜い。

たしかにそれはこの世の真理。

しかしそれは世界が見せる一面に過ぎない。

「なあ、マスター」
「なんだ、セイバー」

赤のセイバーは己のマスターに問うた。

「良き王とは何だろうな」
「さあ。俺は王に仕えたことがないからな」

良き王。
それはすなわち、善政を敷く王。
そんなことは実際に王に仕えていた円卓の騎士である彼女ならわかっている筈。しかし。

「……父上はさ」
「アーサー王がどうした?」
「善政を敷いたが、良き王ではなかった」
「ふうん? 俺は良き王だったと思うがね」

獅子刧はぬけぬけと心にもないことを言う。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 20:53:02.87 ID:CfbKDyMAO
「誰に聞いたって、アーサー・ペンドラゴンは良き王だったと口を揃えて言うだろうよ」
「善政を敷いたからな。んなことはわかってる。オレが言ってんのはもっと複雑で……」
「そんな複雑なことは誰も考えないだろう」

それは道理であると赤のセイバー、モードレッドは納得する。民草とはそういうものだ。
いや、王に仕える騎士ですら、そもそも王の在り方についてあれこれ考えを巡らせる立場にはなく、ごく一部の歴史家や研究者以外にそれを語る資格はないのだろう。けれど。

「オレは、父上の正統なる後継者だ」

彼女は王の息子だ。
後継者である彼女は民草や一介の騎士とは違い、王の在り方について考える義務がある。

「そうか。それなら向き合わないとな」
「父上はオレに向き合おうとはしない」
「それでもだ。父に向き合い、自分自身と向き合う。セイバー。それは特別なことではなく、お前さんくらいの年頃になれば誰だって思い悩むことだ。人だけじゃなく、獣すら生物である以上寿命が定められていて、だからこそ親の死の前に自分で生きていく力を身につける必要がある。それが自立ってもんだ」

それも道理。獅子刧の言葉は説得力がある。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 20:55:44.61 ID:CfbKDyMAO
「率直に教えてくれ。マスターから見て、オレはちゃんと自分自身の足で立っているか?」
「ああ。お前さんはちゃんと立っているよ」

また心にもないことを、ぬけぬけと。
獅子刧は甘い男だ。親目線で接してくる。
それはムカつくけれど同時に心地良かった。

「あんたはオレを甘やかしすぎだ」
「そうか? ふむ。そうかも知れないな。そもそも俺は誰かを叱る事に慣れてないからな」

獅子刧界離は魔術使いの傭兵である。
雇われれば大抵なんでもこなすだけの男。
彼は赤のセイバーのマスターであっても教師ではなく、ましてや親でもなんでもない。
だから彼女を叱る義務なんてありはしない。

「なんだ、セイバー。叱って欲しいのか?」
「別に。そんなんじゃねぇよ」

冗談めかして尋ねると、赤のセイバーはぷいと視線を逸らして、ぼそぼそと付け加えた。

「ただオレは、叱って貰えたほうが、親の愛情を感じられるっつーか……大事にされている実感があるんじゃないかと思っただけだ」

珍しく素直にそんなことを口にするセイバーは年相応の子供であり獅子刧は噴き出した。

「ぷっ……くくくっ」
「なっ!? わ、笑うんじゃねぇよ!!」
「悪い悪い。お前さんがあんまりにも可愛くてな。別に悪気があったわけじゃない」
「か、かわっ!? てめえ、誰に向かって言ってんだ! 王の息子のオレが可愛いだと!?」
「ああ。誰であれ、どんな立場であれ、庇護者たる子供は可愛いもんだからな」

またもやぬけぬけと。しかしやはり道理だ。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 20:58:00.57 ID:CfbKDyMAO
「結局、オレは自立出来てないってことか」

モードレッドは叛逆の騎士。
彼女の謀叛によりアーサー王は死に至った。
それはある意味自立であるとも言えたが、彼女もまた、父の死と同時に命を落とした。

「せめてあと10年、父上亡き後に王としての経験を積めていればもう少しはマシだったかもしれねぇってのに。ああ、もう! 勿体ねえことしたぜ、畜生が!!」

方法はどうあれ、自立には違いない。
問題はその後すぐに落命したことだ。
だからこそ、彼女は大人になり切れない。

「お前さんはよくやってるよ」
「どこがだ!? こうして無様に嘆くオレは、ただのガキじゃねぇか!! これじゃあとても父上を越える王になんて……」

珍しく弱気なセイバーに、獅子刧は諭す。

「まあそう悲観するな。お前さんにはアーサー王にないもんがあるじゃないか」
「王にないもの? な、なんだそれは!? マスター、教えてくれ! そのオレにしか持ってないものってやつを!!」
「ああ、教えてやる。それは……」

問いかけに獅子刧は自信をもって答えた。

「下乳とか、はみケツだ」
「最低だ!! 見損なったぞ、マスター!!」

期待して損した。赤のセイバーは憤慨した。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:06:23.29 ID:CfbKDyMAO
「落ち着け。俺はお前さんを褒めてんだぞ」
「全然嬉しくねえ!! これっぽっちも!!」
「だが事実、お前さんの下乳とはみケツは素晴らしい。アーサー王にはないものだろう」
「アホか! 父上だってオレと同じ格好をすれば下乳はみケツし放題だっての!」
「はあ? アーサー王は男じゃないのか?」

獅子刧はアーサー王が実は女性であるという事実を知らない。故に彼は誤解していた。
アーサー・ペンドラゴンはもともとアルトリアという名の少女であり、16歳で選定の剣を引き抜き王となったその時から歳を取らず、可憐な見た目のまま王として君臨していたことなど、現代を生きる誰もが思いも知らぬことだろう。
ちなみに補足すると槍使いのアルトリアは実年齢36歳にして外見年齢は26歳だったりする。

「とにかく、父上を侮るな」
「なるほど。わかった。手強い相手だな」
「ああ。我が父ながら、強敵だ」

獅子刧は即座に頭を切り替える。
傲岸不遜な赤のセイバーがここまで言うのだ。アーサー王の認識を改めて、尋ねる。

「セイバー、ひとつ教えてくれ」
「なんだよ」
「アーサー王は普段からお前さんみたいな格好をして市中をうろついていたのか?」
「はあっ!? んなわけねぇだろうが!!」

現在、モードレッドは露出の高いチューブトップにどこかの直死の魔眼使いのような赤い革製のジャケットを羽織り、限界ギリギリのデニムホットパンツ姿である。
認識を改めたとはいえ、後世に伝わるアーサー王からは想像もつかない服装であり、そしてそれは生前かの王に仕えたモードレッドからしてみてもあり得ない発想であった。

「あの王がこんな格好するわけねぇだろ!」
「だろうな。それを聞いて安心したぞ」
「当たり前だろうが。頭沸いてんのかよ」

もしかして自分のマスターはとんでもなく馬鹿なのではないかとモードレッドが疑惑の眼差しを送る中、獅子刧はきっぱりと告げた。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:09:01.01 ID:CfbKDyMAO
「それなら勝機ありだ」
「……なんだと?」
「聞こえなかったか? 勝機ありだと言ったんだ。お前さんなら、アーサー王に勝てる」

脈略もなく確信に至ったらしき獅子刧を胡散臭そうに見つめながら、セイバーは尋ねる。

「マスター、正気か?」
「正気も正気。そして今は勝機の話だ」
「だからこそ正気を疑ってんだろうが! オレは確かに優れた騎士だが王として父上に勝てると豪語出来る程に思い上がっちゃいない」
「珍しく殊勝だな」
「マスターはあの王をその目で見たことがねぇから適当なことを言えるんだ」

モードレッドの父、アーサー王。
騎士王と誉めれ高きかの王は偉大であった。
公明正大、清廉潔白、才色兼備、文武両道。
あらゆる面において王としての適正がある。

モードレッドは、そんな父王の代わりを完璧に務められるとは思っていない。不可能だ。
故に、父とは違う王道を探し求めていた。

「父上を上回るにはオレだけの王道が必要だ。それはそう簡単に見つかりはしない」
「そうか? 俺はもう既に発見したぞ」
「話の流れ的に聞きたくないが言ってみろ」
「お察しの通り、下乳とはみケツだ」

案の定、獅子刧は再び世迷言をほざいた。

「だからさっきも言っただろうが! 父上を侮るなってよ! あの父上が本気を出せば、このオレを凌駕する程の下乳とはみケツが……」
「だが、アーサー王ははみ出さない」

王がそう簡単にはみ出してたまるか。
そう憤るモードレッドの怒りが爆発する前に、獅子刧は彼女と父との違いを指摘した。

「その点、お前さんは惜しみなく晒すだろ」

だからそれがどうした。このエロおやじめ。

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:11:51.65 ID:CfbKDyMAO
「おい、マスター。いい加減にしとけよ?」
「あん? なにキレてんだ。冷静になれよ」
「これが冷静でいられるかっての!?」

いかにマスターとはいえ、さっきから下乳やらはみケツだのと卑猥なことばかり言われてキレないサーヴァントなど存在しない。

「マスターはあれか? このオレに惚れてんのか? それならまだ許してやらんこともない」
「バカかお前は。俺はガキに興味はない」
「ガキじゃねぇし!! 素直になれよ!!」

頑なに自らの幼稚さを認めようとしないモードレッドに辟易としつつも、獅子刧は諭す。

「セイバー、よく聞け。お前は俺からしたらガキでしかないが、その下乳とはみケツだけは立派なもんだ。それはお前さんの武器だ」
「オレの……武器?」
「ああ。俺はこんな見た目だからひとの容姿についてあれこれ偉そうに語る資格はない。だがそんな俺でも、お前さんの下乳とはみケツだけは素晴らしいとはっきり言える」

獅子刧は強面であり、歴戦の傷痕が至る所に残るその容姿は端的に言って凶悪であった。
本人としては常に笑顔を忘れずに人当たり良く接しているのだが、いかんせん顔が怖い。
故に彼は普段、ひとを見た目で判断しない。
そんな彼がモードレッドの下乳とはみケツだけは素晴らしいと断言する。その意味とは。

「どうしてそこまで断言出来んだよ?」
「たとえばこうして目を閉じたとしても、俺にはくっきりとお前さんの下乳とはみケツを思い浮かべることが出来る。それが理由だ」
「やっぱりただのエロ親父じゃねぇか!!」

真面目な顔で心底ろくでもないことを抜かしたマスターに呆れ、なんだか出会った当初の印象と違くてモードレッドは失望した。

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:13:58.59 ID:CfbKDyMAO
「もういい! マスターなんか嫌いだ!!」
「……そうか」
「うっ……なんて顔してんだよ、マスター」

嫌いと告げると、あからさまに落ち込んだ獅子刧を見て、モードレッドはオロオロした。

「そんな顔すんなって、な?」
「俺はただ、お前の良いところを……」
「き、気持ちは嬉しいけどよ、そんな際どいところばっか褒められても嬉しくないっつーか、純粋に気持ち悪いっつーか……」
「そうか……キモいか」
「そ、そこまでは言ってねぇだろうが!?」

モードレッドはわかっていなかった。
歳を食ったおっさんの悲壮感というものが、まるでわかっちゃいない。すごく可哀想だ。

「すまん、セイバー。不快にさせちまって」
「いいから! もう謝らなくていいから!!」
「娘よ。父ちゃん、キモいってさ。ダメな父親ですまん。今すぐそっちに行くから……」
「待て待て! 早まんなよ! 遠い目すんな!」

亡き娘に想いを馳せる獅子刧をなんとか現世に繋ぎ留めて、モードレッドは仕切り直す。

「わかったよ! ちゃんとマスターの話を聞いてやるから、だから帰ってこい!!」
「もうキモいとか言わない?」
「言わないから! 騎士として誓うから!!」

完全に面倒臭いおっさんと化した獅子刧をあやしつつモードレッドは話の続きを促した。

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:15:44.61 ID:CfbKDyMAO
「では、続きを話そう。心して聞け」
「へいへい。手短にな」
「そんな風に興味なさげにしてると、俺はまた面倒臭いおやじになるぞ?」
「わかったよ畜生め! 心して聞いてやる!」

耳をほじりながら聞き流す気満々のモードレッドを脅迫して気を引いた獅子刧は、偉そうに咳払いをひとつして、確信に触れた。

「要するに、見せるか見せないかの問題だ」
「下乳とはみケツを?」
「そうだ」

そうだ、じゃねぇよエロおやじ。
とは思うが、それを口には出さない。
また面倒臭くなられたら困るから。

「父上ははみ出さない。だけどオレならはみ出せる。だから父上を越えられると?」
「そういうことだ」
「悪い。さっぱり意味わかんねぇ」

モードレッドはお手上げだった。
正直、もう泣きたいくらいである。
何故自分がこんな話に付き合わなければならないのか嘆きたいが、ぐっと堪え辛抱した。

「いいか、セイバー。民衆ってのは大多数が王の表面的な部分しか認識していない」
「たしかに民草は王のことをアイドルかなんかと勘違いしてる節があったな」
「専門用語に言い換えるなら偶像崇拝だな」

偶像崇拝。
つまり、人工的に作られた崇拝対象。
それは奇しくも王に似せて作られたホムンクルスたるモードレッドのことを的確に言い表しており、つまり彼女は王の偶像であった。

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:19:36.09 ID:CfbKDyMAO
「オレに父上の偶像に甘じろと?」
「そうは言わない。お前さんはお前さんだ」

ギロリと睨めつけると、獅子刧はやはり白々しい言葉でモードレッドを宥めた。

「だが現に、オレは父上を模して作られた」
「そうらしいな。しかし、お前さんとアーサー王には決定的に違う部分がある」

ここまでくればこの男が言わんとしていることがモードレッドにだってわかる。

「それが、この下乳とはみケツってわけか」

片手で自らの下乳を支えて、もう片方の手ではみケツを摘むモードレッドはエロかった。

「こら、やめろ。はしたない」
「ケッ。オレを女扱いすんじゃねぇよ」

あまりにエロティックであったので嗜めると、モードレッドは反抗的な態度でその諫言を突っぱねた。いやはや困ったものである。

「ちなみにその服を選んだ理由はなんだ?」
「え? 動きやすいし、似合ってんだろ?」
「たしかに動きやすそうだが、女物だぞ」
「男物の服なんざ着れっかよ」
「可愛くないからか?」
「そうだ」

これである。
たしかにかわいいが、それはおかしい。
女扱いするな。しかし、可愛くありたい。
ナチュラルに矛盾を孕んだ発言である。

「セイバー」
「なんだよ」
「お前さんはやっぱりかわいいな」
「ざ、ざけんな! 騎士を侮辱すんのか!?」
「悪い悪い。よく見たらかなりのブスだ」
「あ?」
「すまん。ほんとごめん。許してくれ」

胸ぐらを掴まれて死ぬかと思った。激おこ。
結果論だが、どちらかと言えばかわいいと言われたほうが良いらしいと獅子刧は学んだ。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:22:27.69 ID:CfbKDyMAO
「それで、だ」
「勿体振んなよ、マスター」
「ああ、結論から言おう」

胸ぐらを掴まれながら、結論を告げる。

「お前さんが王となれば大衆は間違いなく、お前さんの下乳とはみケツに夢中になる」
「それで?」
「それでお前さんは父親を越えられる」

結局、ろくでもない結論に行き着いた。

「あのなあ、マスター。民草の人気の高さが良き王に繋がるわけじゃねぇだろ」
「だが、民衆はそれだけで支持する」
「だからこそ、意味はない」

国民の支持率など、正直どうでもいい。
民衆が王の見てくれしか見ないのならば尚のこと、それが良き王の指標とはならない。

「愚かな民草の人気を集めてどうなる?」
「少なくとも、国は安定するだろうな」
「バカが。それで安定するような国は、そう遠くないうちに滅びるに決まってんだろ」

王が国民の人気取りを始めたら終わりだ。
何故なら為すべきことを為せなくなるから。
国民に犠牲が出ようともすべきことはある。

「民草の顔色を伺うような王になるなんて真っ平ご免だ。そんな愚王にオレはならねぇ」

賢王たるアーサー王を越える為に愚王と成り下ったのならば、それは本末転倒なのだ。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:25:43.58 ID:CfbKDyMAO
「まあ、ひとまず俺の話を聞け、セイバー」
「まだなんかあるのかよ」

これで終わりとばかりに切って捨てたモードレッドであったが獅子刧は説得を諦めない。

「お前さんの下乳とはみケツはただの偶像じゃない。もっと尊い代物になれる筈だ」
「偶像より尊いなんてものがあんのか?」
「日本的に言えば、御神体だな」

今度は御神体ときやがった。極まった。
やはり自分のマスターは頭が沸いている。
そう確信して、モードレッドは追求した。

「民草がオレの下乳とはみケツに神性を感じると? そんなことがあり得るのか?」
「大いにあり得るね。俺も拝みたいと思う」

そんなバカなとは思う。一切信用出来ない。
しかし獅子刧は嘘を吐いているようには見えなかった。そんな真摯な態度に、つい。

「じゃあ……拝んでみるか?」
「いいのか!?」
「いや、食いつきすぎだろ、マスター」

げんなりしつつも、やや自暴自棄となったモードレッドはマスターの参拝を許可した。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:28:45.06 ID:CfbKDyMAO
「では、早速」

二礼二拍手一礼。
パンパンと柏手を打ち鳴らし、拝礼する。
そんな獅子刧に苦笑しつつ女神は仰った。

「ほれ、もっと近こう寄れ」
「ははーっ! 有り難き幸せ」

その場に跪いたまま、接近する獅子刧。
吐息が当たる距離まで近づいてガン見する。
するとなんだか、変な気分になってくる。

「ちょ、ちょっと見過ぎじゃねぇか?」
「おっと。悪い。ついつい見惚れちまった」
「いや、別にいいけどよ。なんか見るだけっつーのもあれだな。逆にくすぐったいっつーか、なんかムズムズすんだよ」
「それなら、どうする?」

獅子刧は狡猾な男である。
伊達に七代続いた魔術師の家系に生まれているわけではなく、交渉術に長けていた。
決して自分から契約を持ちかけるのではなく、あくまでも相手に委ねるのがコツだ。

「さ、触ってみろよ」
「では、遠慮なく」

遠慮なく触った。尻と下乳を揉みしだいた。

「ば、ばっかやろー! 揉みすぎだっての!」
「すまん。加減がわからなくてな」
「もっとこう、優しく、触れるか触れないかのフェザータッチでだな……」
「わかった。おっさん頑張る」

知れず、面倒臭いおっさんに戻っていた。
しかし未知の快楽に絶賛耽溺中のモードレッドには、もはやどうでもよい些事であった。

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:31:10.79 ID:CfbKDyMAO
「こんな感じか?」
「んっ……ま、まあまあだな」
「よし。この調子で頑張る」
「よ、良きに計らへ……ひぅっ」

もう王様を通り越して神様気分のモードレッドはすっかり出来上がってしまっていた。
瑞々しい肌がしっとりと汗ばんできている。
なかなかの手並みのおっさんはそんな女神の反応に気を良くして行き過ぎた蛮行に走る。

「ぺろん」

つうっと、舌先をはみケツに這わすと堪らずモードレッドの身体が跳ねて嬌声が溢れた。

「うひゃあっ!?」
「ど、どうした、セイバー! 敵襲か!?」

聞いたことのないサーヴァントの声。
何かとてつもない危機感を抱いた獅子刧は臨戦態勢で周囲に視線を走らせ敵影を探した。

「セイバー、敵はどこだ!?」
「敵はてめぇだ、マスター。この女の敵!」
「ぐあっ!?」

痛烈な一打が脳天を貫いた。星が飛び散る。
振り返るとモードレッドが剣を持ってお怒りであり、峰打ちでなければ絶命していた。

「痛いだろうが! 何すんだ!?」
「だって! マスターがオレの尻を舐めるから悪いんだろ!? だからオレは悪くない!!」

頭にタンコブを作って抗議するマスターと、あくまでも被害者であると主張するサーヴァント。もはや完全にコントであった。

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:33:55.42 ID:CfbKDyMAO
「悪い悪い。よもや生娘とは……」
「き、きき、生娘じゃねぇし!? ていうか、オレを女扱いすんじゃねぇ!!」
「じゃあ、童貞と言えばいいのか?」
「あ?」
「すまん。ほんとごめん。許してくれ」

やはり女として扱われるよりも男として扱うほうが怒りが増すらしい。獅子刧は学んだ。

「とまあ、こんなところだ」
「何がだよ」
「崇拝されるのは悪い気分じゃないだろ?」
「まあ……そこそこ気持ち良かった」

たしかに女神として扱われるのは気持ち良かったが、なんだか上手く言いくるめられているような気がして釈然としなかった。

「でもなんかコレ、違くね?」
「違うって、具体的にはどこが違う?」
「たしかに父上とは異なる君臨であると言えるがこれがオレが目指すべき王道なのか?」

このままだとブリテンは、晒し出された王の下乳とはみケツを民衆が愛でる国となる。
それはある意味、この上ない平和な国かもしれないが、どうしようもなく終わっている。

「もっとこう、ないのか? 正々堂々、真正面から父上の治世と張り合えるような何かが」
「たしかに、ローアングルばかりだな」
「いや、視覚的な問題じゃなくてさ」
「ふむ。やはり売り上げが問題か」
「だからそういう問題じゃなくてだな……ていうか、マスターはオレの下乳とはみケツで商売を始めるつもりなのか……? まあ、いいさ。あとは自分で考えてみるからよ」

この期に及んで話を振り出しに戻そうとするモードレッドであったが、それを取りやめておもむろに席を立つ。

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:36:56.65 ID:CfbKDyMAO
「んじゃ、ちょっと席を外すぜ」
「うんこか?」

離席を告げるサーヴァントに何気なく尋ねる獅子刧。すると、彼女は静かに席に戻った。

「ん? どうした、セイバー」
「なあ、マスター」
「なんだ?」
「サーヴァントは糞なんかしないんだ」

キリッと断言するセイバー。
その瞳には、まるでこの世の理を変えるかのような強い意志が宿っていて、格好いい。
しかし、現実主義者の獅子刧界離は悪気なくそんなふざけた幻想をぶち壊す。

「おいおい、セイバー。あれだけ飲み食いしてる癖にそれはいくらなんでも……」
「うるせぇよ」

それ以上は言うなと。
言ったら幾らマスターとはいえ加減は出来なくなると、言外に告げられ、押し黙る。
理性が蒸発しているおっさんも命が惜しい。

「とにかく、オレは少し席を外すから……」
「さっさとうんこしに行ってこい」

魔術師というのはこれだから。
たとえ生存本能がけたたましい警鐘を鳴らしていたとしても根源の渦に対する興味を抑えることが出来ないのである。

「マスター……オレを怒らせるんじゃねぇ」
「あんまり怒ると出ちまうからな」
「ざけんな! このオレが何を出すって!?」
「だから、うんこだろ?」

既に火蓋は切られた。ブチ切れている。
点火した手応えはある。故に退けない。
この世界におけるほとんどの事象は不可逆なもので、覆水盆に返らず。一期一会である。

だからこそ、サーヴァントが催すという稀有な事態を魔術師たる獅子刧は見逃さない。

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:39:26.12 ID:CfbKDyMAO
「よーし、いい度胸だ。表に出な」
「トイレに行くのか?」
「ちげぇよ!? 決闘だッ!!」
「血だの糖だの出るのは感心しないな」
「血糖値なんかどうでもいいんだよ!?」

怒り心頭なサーヴァントの怒気を受けても獅子刧はどこ吹く風で、含み嗤いを浮かべる。

「どうした、セイバー。顔色が悪いぞ」
「チッ。もういい。マスターなんか知らん」

とうとう拗ねて出て行こうとするセイバーに、マスターは禁句を口にした。

「そんなだからお前さんはアーサー王を越えられないと、どうして気づかない?」
「あん? いま、なんつった?」
「凄んでも無駄だ。事実だからな」

目が据わったモードレッドは迫力満点であるが額には冷や汗が滲んでおり怖くなかった。

「オレに父上は越えられないって?」
「ああ。無理だろうな。糞に負けるようじゃ、どんだけ策を練ろうとも越えられない」
「んなこと言っても、仕方ねぇだろ!?」
「それはどういう意味だ?」
「誰だって糞はする! オレにだって糞をする権利はある! だからそれを茶化すなよ!!」

珍しく正論をぶつけるモードレッド。
普段のハチャメチャな彼女からは考えられないほどにまともな発言である。だがしかし。

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:41:40.88 ID:CfbKDyMAO
「言い訳はそれで終わりか?」
「なっ!?」
「ひとつ聞くが、セイバー。アーサー王は円卓で話し合っている最中に糞がしたくなって離席したことは一度でもあったのか?」
「そ、それは……」

言われて記憶を探るも、思い当たらない。

「……ない、と思う」
「一度もか?」
「あの王が催す姿なんて見たことがない」

そんな筈はないと思う。
いかに王とて、人間である。
しかもかの王は食事をこよなく愛した。
そんな王を真似てモードレッドも健啖家となり、父に負けじと食べて、糞を出した。
だから父も同じように糞をする筈なのに。

「まさかオレは……父上が糞をしている姿を見たことがない……? そ、そんな筈は……」
「流石はアーサー王だ。勝負あったな」
「ま、待ってくれ、マスター! オレはまだ戦える! だから見捨てないでくれ!?」

王の器ではない。
かつて、父にそう言われたことがある。
それはまさか、このことだったのか。
当たり前に糞をするのが間違いだったのか。

「オレは、もう糞をしないから……だから父上、どうかオレを見捨てないで……っ!!」

過去の父の失望と、現在のマスターの失望が重なり、モードレッドは獅子刧に縋った。

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:43:43.11 ID:CfbKDyMAO
「泣くな、セイバー」
「オ、オレは、泣いてなんか……ううっ」

ポタリと手の甲に雫が落ちる。
モードレッドの美しい瞳の潤み。
頬に伝う、涙の線が痛ましくて。

獅子刧は彼女の手を握り不器用に叱咤する。

「王がそんな簡単に泣いてどうする」
「だ、だって……だって!」
「大丈夫だ。お前さんは良き王になる」

獅子刧は王を知らない。
それがどんな存在なのか、どうあるべきなのかは想像するしかない。だからこそわかる。

「糞をしない王にはひとの心はわからない」
「えっ?」
「だからしていいんだよ。思う存分糞しろ」

モードレッドは勘違いしていた。
獅子刧が言った、勝負ありの意味。
それは彼女の勝利を意味していたのだ。

「い、いいのか? オレはしてもいいのか?」
「ああ、当たり前だ」
「だが、アーサー王は……」
「糞をしない王など飾り物にも劣る」

それは明確な父への侮辱。
普段のモードレッドならば決して許さない。
けれど今だけは、その優しさが理解出来た。

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:46:01.42 ID:CfbKDyMAO
「セイバー」

大きな親指で涙を拭い獅子刧が王道を示す。

「お前さんは人間の王を目指せ」
「人間の、王……?」
「ああ。時に怒り、時に笑い、時に泣き、そしてうんこをするような、そんな王となれ」

それは全て、アーサー王にはないもので。
たしかにそれならば越えられる気がした。
しかし、いざ決断を迫られると躊躇する。

「本当にそれで、いいのだろうか……?」
「何を躊躇う必要がある?」
「アーサー王が糞をしなかったのはそれが理想の王だったからだ。なのに、オレは……」
「だからこそ、ブリテンは滅んだんだろ」

違う。滅したのはモードレッドだ。だから。

「あの国はオレが滅した! だからオレには父上と同じように民草を導く義務が……!!」
「少なくとも俺はそれを望まない」

獅子刧は願う。王にどうか糞をしてくれと。

「でないと、居た堪れないからな」

懐から取り出した煙草に火を点けて、不味い紫煙と共に胸の内をを吐き出した。

「王が糞を我慢していれば、民衆が気軽に糞が出来なくなるだろう? だからこそ、ひとの上に立つ者はところ構わず糞をするべきだ」

かつて世界は汚物に塗れていた。汚かった。
中世ヨーロッパなど酷い有り様であったことは想像するまでもない史実である。

王や貴族がそこらで糞をするのを見て民衆は安心して糞をすることが出来た時代である。
獅子刧はそんなお尻に優しい治世を願った。

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:48:35.32 ID:CfbKDyMAO
「わかった! オレは、やってやる!!」

切実な獅子刧の嘆願に彼女は応えてくれた。

「今より、オレは王として、糞をする!」

ついに決断したモードレッドは王と成った。

「これは勅命であり誰にも邪魔はさせん!」

国王の脱糞解禁令。
アーサー王が禁じた悪しき慣習は終わり。
新しき、自由脱糞の時代が到来する。

「このオレの糞をする姿が民草の希望となるならば、いくらでも見せつけてやろう!!」

王が民衆の目の前で糞をする。
当然、民衆は深く頭を垂れているが故、その光景を直視は出来ないが、糞は地に還る。
落とした視線の先には、はみケツと、そこから更にはみ出た糞が垣間見えるわけだ。

それはまさに眼福であると、獅子刧は思う。

「よく言った、セイバー。ありがとよ」
「ふん……マスターが唆したんだろ?」
「全ては王の御心のままに、だ」

獅子刧は王の便意を即座に見抜いた。
離席する王を引き留めたのは見たいから。
彼はモードレッドの王道を見てみたかった。

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:50:02.15 ID:CfbKDyMAO
「じゃあ、俺は地面になるから……」
「えっ?」
「お前さんは思う存分、垂れ流してくれ」

当たり前のように横たわるマスター。
これにはモードレッドも面食らう。異常だ。
やはりマスターは頭がおかしい。沸いてる。
しかし、故に、だからこそ。

「よーし、わかった! それでこそ、このオレのマスターだ!! やったろうじゃねぇか!」
「お手柔らかに頼む」
「抜かせ! 窒息しないように気をつけな!」

仰向けになった獅子刧の凶悪な顔つきの顔面に騎乗スキルBのセイバーが跨る。絶景だ。

「ハッ! 良いザマだな、マスター!」
「こっちも最高の眺めだぞ、セイバー」

上から見下ろすのもさぞ壮観だろうが、下から見上げるのもまた乙なものである。
何せ下乳がハンパない。尻は言わずもがな。

「そういや、まだ一度も言ってなかったな」
「ん? なんだよ、マスター。改まって」
「セイバー。お前さんは、美しい」
「んなっ!?」

獅子刧はようやく見つけることが出来た。
モードレッドを女扱いせずに、怒りを買うことなく褒め称えるその言葉を重ねて告げる。

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:52:28.49 ID:CfbKDyMAO
「下乳やはみケツなんてのはあくまでも具体例に過ぎん。お前さんそのものが綺麗だ」
「それは……女としてか?」
「無論、王としてだ」

きっぱり答えると、一瞬モードレッドは残念そうな顔をしたが、すぐに嬉しげに笑った。

「そうか……それは、光栄だな!」

いつも不機嫌なモードレッドの笑顔。
それはまさに、戦場に咲く不屈の花であり。
眩い輝きはまさしく、勝利の光であった。

「そろそろ行くぜ、マスター! せいぜい歯を食いしばって、糞を食わないようにしな!」

ああ、くる。
モードレッドの宝具が展開していく。
重厚な鎧に守られた尻穴から出ずる終焉。

「我が名はモードレッド! アーサー・ペンドラゴンの後継者にして、ブリテンの王だ!」

ぶりゅっと、ブリテンからブリテンが出た。

「これこそは、我が父を乗り越えし王道! 『我が麗しき父への叛逆』!!」
「フハッ!」

【宝具・クラレント・フハッと・アーサー】

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ~っ!

「フハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ~っ!

モードレッドの宝具が獅子刧を襲う。
込み上げる歓喜は哄笑となりて世界に満ち。
濁流となって押し寄せる糞の果てに根源を見た彼はかつて喪った自らの養子と再会した。

『お義父さん、私のこと覚えてる?』
『この世には忘れてはならないことがある』
『良かった。お義父さん、会いたかった!』

ああ、ようやく理解した。
自分が本当に求めていたもの。
亡き娘の代わりはいないのだと。

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 21:54:42.29 ID:CfbKDyMAO
「マスター! おい、マスター!!」
「んあっ?」
「よかった! ようやく息を吹き返したか!」

気づくとそこは見慣れた地下墓地であり、何故かセイバーに膝枕をされていた。

「俺の、娘は……?」
「はあ? 何言ってやがる、しっかりしろ!」

おかしい。
娘との再会は幻だったとしてもだ。
この地下墓地の空気はあまりにも正常であり、異臭がしない。そんな筈はない。

「セイバー、何故糞の匂いがしない?」
「どんな悪夢を見せられてたんだよ」
「悪夢だと……?」
「マスターさっきまで赤のキャスターに悪趣味な夢を見せられて昏倒してたんだぜ?」

赤のキャスター。
ウィリアム・シェイクスピア。
彼の宝具は記憶に基づいた幻覚を見せる。

「そうか……お前さんが俺を助けてくれたのか? それなら、礼を言わないとな」
「ハッ! 当たり前だろ? 何せオレは最優のサーヴァントであるセイバーで、偉大なるアーサー王の正統なる後継者なんだからよ!!」

そんな彼女を悪夢とはいえ汚してしまったことに獅子刧は申し訳なさを覚えた、矢先に。

「んじゃオレの膝から退いてくれマスター」
「ああ、わかった。すぐに退く」
「いや~焦った焦った! さっきからすげぇ糞がしたくてよ! 漏らす寸前だったぜ!!」
「フハッ!」

いやはや現実とはまさに小説よりも奇なり。
物語の幕引きとしては悪くはありませんな。
さてさて、それでは吾輩はこの辺で。
次の傑作でまたお会いしましょうぞ!


【Fate / Apocrypha モードレッドの王道】


FIN

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/21(日) 22:03:58.31 ID:CfbKDyMAO
Fate / Apocrypha は素晴らしい作品です。
特に第22話の作画には魂がこもっていて、感動すら覚える仕上がりとなっていました。
もしもまだ観てない方がいらっしゃるならば、是非観てみてください。
あれは観なければ人生を損します!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モードレッド「んじゃ、ちょっと席を外すぜ」獅子刧「うんこか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1592740243/


[ 2020/06/22 06:55 ] Fate SS | TB(0) | CM(1)
[タグ] Fate
コメント
13587: 2020/06/22(月) 15:48
うんこすなー!
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31885-ef30d1d1