ヘッドライン

P「ちーたん?」千早「それはちひゃーですよ」ちひゃー「くっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:37:31.38 ID:2K8rECXN0
P「えっと……。ここはこうで……」

トントン

P「ん?肩たたいてくれるのか?」

トントン

P「あっそこそこ……。千早の肩たたきもたまにはいいなぁ」

千早「プロデューサー。肩たたいてるのはちひゃーですよ」

P「えっ?」

ちひゃー「くっ!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:42:45.85 ID:2K8rECXN0
P「おぉ、ちひゃーだったか。すまないな」

ちひゃー「くっ!くっ!」

P「ははは、悪かったって」

P「後で髪の毛ブラッシングしてやるから許してな?」

ちひゃー「くっ!!」

P「よし、いい子だ。これ終わったらやってやるから待っててな」

千早「ちひゃーはこっちに来なさい。終わるまでプロデューサーの邪魔しちゃ駄目よ」

ちひゃー「しゃー!!しゃー!!」


 

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:47:54.05 ID:2K8rECXN0
千早「この子は……、全く……」

ちひゃー「しゃー!!」

P「ははは、いいって千早」

P「ほら、膝の上来るか?」 ポンポン

ちひゃー「くっ!」 ポスン

P「ここでおとなしく待つんだぞ?いいな?」

ちひゃー「くっ♪」

千早「………」

千早(プロデューサーの膝の上……。私も座りたい…)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:48:19.03 ID:7BJhkr2w0
どっちもかわいい

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:54:22.54 ID:2K8rECXN0

千早(……最近プロデューサーがちひゃーばっかりかまってしまって私の事かまってくれないわね……)

千早(わ、私だって甘えれば膝の上くらい座らせてくれるわよね?//)

P「さーて、続きやらなくちゃ……」

千早「プ、プロデューサー!」

P「ん?どうした?」

千早「あ、あの…//」

千早「仕事終わって家に帰ってからでもいいんで…//」

千早「わ、私も膝の上座らせてくれませんか……?//」

P「……千早は可愛いなぁ。家帰ってからでいいの?」 ナデナデ

千早「は、はい//」

P「うん、分かった。家についたら一番で座らせてあげるよ」

千早「あ、ありがとうございます//」

ちひゃー「くっ!!くっ!!くっ!!」 プンプン

 

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:00:34.43 ID:5x8BbNoO0

千早「ちひゃーは今座ってるでしょ?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」

P「はは、ちひゃーも一番がいいのか」

ちひゃー「くっ♪」

千早「駄目です。私が一番です。」

千早「それに最近プロデューサーはちひゃーに甘すぎませんか?」

P「そ、そんな事はないと思うけど……」

千早「そんなことあるんです」

ちひゃー「くっ!!くっ!!くっ!!」

千早「ちひゃーは静かにしなさい」



P(ちーたんのヤキモチ怖いぉ……)

 

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:08:40.54 ID:zrSbQekF0
小鳥「ただいま戻りましたー」 ガチャ

P(小鳥さんナイスタイミング!!)

小鳥「あら?今日は可愛らしいお客さんがいますねー」

ちひゃー「しゃー!!」

小鳥「あらら…。やっぱり嫌われてるのかな?」

P「買い物お疲れさまです小鳥さん」

千早「お疲れさまです」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:15:53.27 ID:zrSbQekF0
小鳥「お疲れさま♪それにしても今日はめずらしいですね」

P「えぇ。ちひゃーがどうしても仕事についてきたいって…」

千早「すいません小鳥さん。ちょっと騒がしいかもしれないですけど…」

小鳥「プロデューサーさんもモテモテですね♪」

小鳥「でも何だか3人を見てると…。夫婦と子供って感じがしますね」

千早「ふ、夫婦と!?」

P「こ、子供!?」

ちひゃー「しゃー!!しゃー!!」

 

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:16:51.35 ID:zrSbQekF0
P「小鳥さん!」

小鳥「本気にしないでくださいよー。冗談ですって」

千早(プロデューサーとの子供……ふふっ//)

P(それはそれで何だか嬉しいような悲しいような…)

ちひゃー「くっ!くっ!」

P「ん?ちひゃーは子供じゃなくて奥さんだって?」

ちひゃー「くっ!!」

千早「ちひゃー、それは駄目よ」

ちひゃー「しゃー!!」

P「ははは、そうだよな。ちひゃーが可愛い奥さんだもんな」 ナデナデ

ちひゃー「くっ♪くっ♪」



千早(………くっ!!)

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:24:42.31 ID:zrSbQekF0
小鳥「あら?千早ちゃんはヤキモチかしら?」

千早「……そんなんじゃないです」

P「ははは、千早も将来は大事な奥さんになるもんなー?」 ナデナデ

千早「……あんまり放っておくとどこか行っちゃいますからね?//」

P「えぇ!?」

千早「ふふ……。冗談です//」

ちひゃー「くっ!くっ!」

P「うん。ちひゃーはどこにも行かないって信じてるよ」

ちひゃー「くっ♪」

P「ははは。俺は将来、立派な家に千早とちひゃーと一緒に住みたいと思ってるから三人仲良くしような」 ナデナデ

千早「…はい//」

ちひゃー「くっ♪」



小鳥(…え?なにこのラブコメ?)
 

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:34:26.01 ID:zrSbQekF0

小鳥「いいなぁー。私だっていつかいい人見つけて…」

P「小鳥さんは綺麗ですからきっとすぐ見つかりますよ」

小鳥「えぇ?もう、プロデューサーさんたら//」

ちひゃー「……しゃー!!」 ペチペチ

千早「………」 ギュッ!!

P「いてて!千早、何で腕をつねる!?そしてちひゃー!攻撃力はないけど何でたたく!?」

千早「…自分の胸に聞いてみたらどうでしょう?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」 プンプン

P「えぇ…。俺何かしたかなぁ……?」

小鳥「ふふ、ホントに愛されてるんですね♪」

P「いや、笑ってないで助けて下さいよ…」


 

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:49:17.12 ID:zrSbQekF0

小鳥「私が口を挟むと痛い目見そうなんで止めておきます♪」

千早「そうして下さい。プロデューサーには後で私とちひゃーからお話しておくので」

ちひゃー「くっ!!」

P(………) ガタガタ

小鳥「ふふふ♪あ、そういえば書類の方は終わりましたか?」

P「あ、えっと……。これが最後の一枚ですね」

小鳥「じゃあそれは私がやっておくのでプロデューサーさんはお先にあがって下さい」

P「えっ?いいんですか?」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 00:53:47.47 ID:zrSbQekF0

小鳥「はい♪どうせ最後に鍵も閉めなくちゃならないですし……」

小鳥「何よりそちらの小さな奥さんもお腹が鳴ってるようなので♪」

ちひゃー「……くっ!」 グ~

P「それじゃあお願いしても良いですか?」

小鳥「任せて下さい!」

P「ありがとうございます。それじゃあ…帰ろうか?」

千早「はい。お疲れさまでした」

ちひゃー「くっ!くっ!」

小鳥「お疲れさまー♪」



小鳥(はぁ……私も将来あんな家族が欲しい……)


 

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:06:25.31 ID:zrSbQekF0
 

――自宅――

P「ただいまー」

ちひゃー「くっ!!」

千早「プロデューサーもちひゃーも先に手を洗ってきて下さいね」

P「はーい」

ちひゃー「くっ!」

千早「ふふ、よろしい。さて、今日のご飯は何にしましょうかしら…」

 
 

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:09:42.87 ID:zrSbQekF0


ちひゃー「くっ!くっ!」

P「千早ー。ちひゃーがスパゲティ食べたいってー」

千早「スパゲティ?プロデューサーは何か食べたい物ありますか?」ガサゴソ

P「俺もスパゲティが食べたい」

千早「じゃあスパゲティ作りますね。プロデューサーはあっちでちひゃーお願いします」

P「まかせろー。それ、ちひゃー行くぞー!」 ドタドタ

ちひゃー「くっ♪くっ♪」 トタトタ

千早「…全く。二人して子供みたいなんだから…」

 

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:14:47.50 ID:zrSbQekF0


――居間――

P「さて、ちひゃーは何して遊びたい?」

ちひゃー「くっ!」

P「え?あぁ!ごめんブラッシングの約束してたな」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」 プンプン

P「悪かったって。ほら、ブラシ持っておいで」

ちひゃー「くっ♪」 トタトタ



P(ちひゃーが一生懸命走ってる姿って和むよなぁ……)


 

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:20:57.18 ID:zrSbQekF0
 
ちひゃー「くっ!!」 トタトタ

P「よし、持ってきたか。それじゃあ向こう向きな」

ちひゃー「くっ♪」 クルッ

P「よーし、それじゃあ始めるかな…。よっと…」 サー

ちひゃー「くっ♪くっ♪」 パタパタ

P「気持ちいいか?絡まってるところはゆっくりやるから痛かったら言ってくれよな?」

ちひゃー「くっ!」

P「よし、いい子だ。それ…っと……」 サー

ちひゃー「くっ♪」


 

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:27:53.30 ID:zrSbQekF0


P「よっと……」 サー

ちひゃー「くっ♪」

P「それー…って、あっ…」 ブチッ

ちひゃー「くっ!!」 ビクン

P「あぁごめんな。痛かったな」 ナデナデ

ちひゃー「くっ!くっ!!!」 ウルウル

P「ごめんごめん。ほら、泣かないで。」 ナデナデ

ちひゃー「………くっ!」 ウルウル

P「ほら、高いたかーい」 ダッコダッコ

ちひゃー「……くっ♪くっ♪」 パタパタ

P「よーし、泣きやんだか?続きやるぞ」

ちひゃー「くっ♪」



千早(涙目のちひゃーも可愛いわね……)
 

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:37:25.97 ID:zrSbQekF0


千早「ふふ、ずいぶん楽しそうですね?」

P「お?スパゲティできたのかな?」

千早「はい。後はよそったりするだけなので手伝ってもらっても良いですか?」

P「了解だ」 敬礼ピシッ

ちひゃー「くっ!」 敬礼ピシッ

千早「ふふふ、ちひゃーも頑張ってくれたらデザート出してあげるからね?」

ちひゃー「くっ♪くっ♪」 ピョンピョン

P「お、よかったなちひゃー。それじゃあ頑張らないとな?」 ナデナデ

ちひゃー「くっ!!」 敬礼ピシッ

千早「それじゃあプロデューサーはお皿出してきてもらっていいですか?ちひゃーは盛りつけたお皿をテーブルまで運んでちょうだい」

ちひゃー「くっ!!」

 

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:46:32.53 ID:zrSbQekF0
千早「よいしょ……これでいいわね」

P「よし、じゃあ食べるかぁ」

ちひゃー「くっ!!」

P「いただきます!!」

千早「いただきます」

ちひゃー「くっ!!」

P「あむ……。うん、美味い!」

千早「良かったです。ちひゃーも大丈夫?」

ちひゃー「くっ♪くっ♪」

P「ははは、ちひゃーも美味しいって」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 01:52:21.18 ID:zrSbQekF0


千早「はい、喜んでもらえて良かったです」

ちひゃー「くっ!くっ!」 もぐもぐ

P「…って、あぁあぁ…ちひゃーの口の周りベトベト…」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」

千早「ちひゃーこっち向いて…そう…」 フキフキ

P「何だか子供の口周りを拭いてるお母さんって感じだな」

千早「ば、バカなこと言ってないで早く食べて下さい//」

ちひゃー「しゃー!」  プンプン

 

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:08:56.63 ID:zrSbQekF0

千早「ごちそうさま」

P「ふー……食べた食べた……」

ちひゃー「くっ!くっ!」

千早「ちょっと待っててねちひゃー。今プリン持ってきてあげるから」 ヨイショ

ちひゃー「くっ♪」

P「お、プリンかぁ。良かったなちひゃー」

ちひゃー「しゃー!」

P「大丈夫。とったりしないから安心して食べな」

ちひゃー「くっ♪」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:14:50.34 ID:zrSbQekF0

千早「はい。持ってきたわよ」 コトッ

千早「ふぅ、それじゃあプロデューサーは今の内にお風呂入ってきてもらえますか?私は洗い物やりますので」 

ちひゃー「くっ♪くっ♪」

P「ん、分かった。ちひゃーは後で千早と入るのかな?」

ちひゃー「くっ!!」

千早「ふふ、ちひゃーは私と一緒がいいみたいですよ?」

P「うん、分かった。じゃあ後は任したよ」

千早「はい。ゆっくりして下さい」

ちひゃー「くっ!くっ!」


 

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:21:18.17 ID:zrSbQekF0


千早「さて、洗い物やっちゃおうかしらね…」

千早「ちひゃーはゆっくり食べてていいからね?」

ちひゃー「くっ!」

千早「ふふ、じゃあ洗い物やってくるわね」

ちひゃー「くっ♪」
 

 

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:24:18.08 ID:zrSbQekF0


千早「ふふーん♪ふーん♪」 シャー

ちひゃー「…くっ!」

千早「あら?どうかした?」

ちひゃー「くっ!くっ!」

千早「暇って言っても……。これ終わったらそっち行くから待っててくれる?」

ちひゃー「くっ!」

千早「ふふふ、じゃあ直ぐに終わらせるから」

ちひゃー「くっ!」 トタトタ



千早(段々と娘のように見えてきた、ちひゃー可愛い//)

 

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:29:24.73 ID:zrSbQekF0

千早「さて、洗い物も終わったことだし、ちひゃーの所に行こうかしら」

千早「ちひゃー!」

千早「ちひゃー…って、何してるのかしら……?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」 プンプン

千早(……?何かしらあの本……?

千早(まさか…)

千早「ちひゃー。ちょっとその本見せてもらっても良いかしら?」

ちひゃー「くっ!!」 ポイ

千早「こ、この本は……!!」


 

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:36:45.06 ID:zrSbQekF0


――風呂場――

P「………フフフ」

P「ハーハッハッハ!」

P(ちひゃーが来てからというもの俺の秘蔵Hな本はことごとく見つかってしまっていた……特に風呂に入ってる時間にだ……)

P(その度に千早にはボッコボコにされ肉体的なダメージを、ちひゃーは相手にしてくれないという精神的なダメージを負わされてきた……)

P「だが、しかし!!」

P(今日の俺はひと味違う!!)

P(ありとあらゆる場所にただの週刊誌を仕込んでおいた。それにより1冊見つけてしまえばHな本は無いだろうと諦めるであろう!)

P「ふふふ、今日の俺はいつもの俺じゃないぜ…」 ドヤッ

P(さぁ!どう動く!?ちーたん、ちひゃー!!)


 

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:44:10.16 ID:zrSbQekF0

――居間――

千早「こ、この本は……!」

千早「私が仕事で撮った写真集……」

千早「ふふ…。やっぱり何だかんだ言ってても私の事をちゃんと見ててくれているんですね…」

ちひゃー「くっ!くっ!」 グイグイ

千早「えっ?ちひゃーも写真撮りたい?」

ちひゃー「くっ!!」

千早「そうね。今度プロデューサーにお願いして撮ってもらいましょうか?」

ちひゃー「くっ♪くっ♪」 パタパタ

千早「あ、そしたら明日は休みだからどこかプロデューサーに連れてってもらいましょう。もちろん三人で…ね?」

ちひゃー「くっ♪くっ♪くっ♪」 パタパタ

千早「そしたら写真も撮れるし、ちひゃーも遊べるものね」

ちひゃー「くっ♪」



 

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 02:54:02.81 ID:zrSbQekF0


P「ふぅ…。上がったぞー」

千早「あっ、お湯加減どうでした?」

P「うん、ちょうど良かったよ。ありがとうな」

千早「いえ、あの…これ…」 スッ…

P「あ、千早の写真集見つかっちゃったかー。買ったの恥ずかしいから隠してたのにー」

P(バカめ…。それはフェイクだ!)

千早「ふふ、スゴく嬉しいです……。やっぱり私のプロデューサーはあなたしかいません…//」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:02:24.35 ID:zrSbQekF0


P「そ、そんな事言われると照れるな……//」

P(うぅ……、良心が痛む……)

ちひゃー「くっ!くっ!」 プンプン

千早「大丈夫よちひゃー。独り占めしてないから」 ナデナデ

P「そうだぞー。俺はちひゃーも大好きだからな?」 ナデナデ

ちひゃー「くっ♪」

P「それじゃあ、お湯が冷めない内にお風呂行っておいで」

千早「あ、分かりました。行くわよ、ちひゃー」

ちひゃー「くっ!!」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:08:17.11 ID:zrSbQekF0



P「よし……。千早とちひゃーは風呂に行った…」

P「今の内に本命のHな本の場所を変えとくか……」

P「どこがいいかな……っと……」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:13:34.35 ID:zrSbQekF0


――風呂場――


千早「さて、ちひゃー。髪の毛洗ってあげるからこっち来て」

ちひゃー「くっ♪」 トタトタ

千早「それにしても……髪の毛の量すごいわね……」

千早「切ってもすぐ伸びるし…冬になるとスゴいことになってしまうし……」

千早「やっぱりこのままがいいのかしら……?」

 
 

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:19:08.20 ID:zrSbQekF0




ちひゃー「くっ!!!!」 ゴシゴシ

千早「あっ!シャンプーしてる最中だから目を擦っちゃ駄目よ!」

ちひゃー「くっ!!!!くっ!!!」 ジタバタ

千早「あぁ、もう!落ち着いてちひゃー!!」

ちひゃー「くっ!!!」 トタトタ

千早「あっ、こら!待ちなさい!お風呂場から出ちゃ駄目!!」

ちひゃー「くっ!!」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:25:32.56 ID:zrSbQekF0


――居間――


P「やっぱりここは靴箱とかの方がいいか…」

P「靴箱だったら滅多に掃除もしないだろうし、漁ることも無いだろうからな」

P「よし、決めた!靴箱に隠そう!!」

P「そうと決まれば早速……」 ヨイショ

千早「こら!ちひゃー!待ちなさい!!」

P「…え?」


 

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:32:56.96 ID:zrSbQekF0



ちひゃー「くっ!くっ!」 ゴシゴシ

千早「だからお風呂場に戻って……て……」 スッポンポン

P「………え?」

千早「あ……」 スッポンポン

P「………」

千早「あ……あ……」 スッポンポン
 

 

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:41:35.79 ID:zrSbQekF0

P「……お、おおおお落ち着いて話せば……わかかかる……」 ガタガタ

千早「………」 ソシテスッポンポン

ちひゃー「くっ!」 ゴシゴシ


バキッ!ゴン!グシャ!!



【♪♪ピンポンパンポーン♪♪】
【ただいまショッキングな映像が流れているため少々お待ち下さい】



グシャ!グシャ!グシャ!



 

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:48:05.87 ID:zrSbQekF0


P「ふみまへんへした……」 ドゲザ

千早「プロデューサー?」

P「ふぁい…」

千早「私の…は、裸を見たことは事故として許してあげます……//」

千早「ですが手に持っていたHな本はどういう意味ですか?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」 プンプン


 

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 03:55:48.31 ID:zrSbQekF0


P「はい……。隠そうとしておりました……」

千早「プロデューサー……。まだわかりませんか?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」ペチペチ

P「今回の件は心から反省しております……」

千早「本当ですか?いまいち信用が無いのですが?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」 ゲスゲス

P「本当に申し訳ございませんでした……。そしてちひゃー様。流石に足蹴は心からへこみます……」

ちひゃー「くっ!!」 ゲスゲス


 

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:03:23.94 ID:zrSbQekF0



千早「全く…。金輪際本当にこんなことはないですか?」

P「無いように努力します…」

ちひゃー「くっ!くっ!」 ゲシゲシ

千早「それじゃあ許してあげます……。ちひゃーもいい?」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」

P「ありがとうございます……」

千早「あ、それじゃあ一つだけお願いしても良いですか?」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:10:31.97 ID:zrSbQekF0



P「えーと……。なにかな?」

千早「明日の休みにどこか連れてって下さい」

P「どこか?出かけたいのか?」

ちひゃー「くっ♪」

千早「ちひゃーが私の写真集をみて自分も写真を撮ってもらいたいと…。それで折角なんで写真を撮るならどこかに出かけて撮るのも良いかと思いまして…」

P「なんだ、そんなことか。別に良いぞ?」

ちひゃー「くっ♪くっ♪くっ♪」 ピョンピョン


 

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:23:47.80 ID:zrSbQekF0


P「はは、ちひゃーはそんなに出かけたかったのか?」

ちひゃー「くっ♪」 ピョンピョン

千早「ふふ、じゃあ明日は早起きしなきゃ駄目ね。ちひゃーはもう寝ましょうか?」

ちひゃー「くっ!!」 敬礼ピシッ

P「じゃあそろそろ寝る支度しなきゃな。ほら、歯磨いておいで」

ちひゃー「くっ!!」 トタトタ


 

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:28:00.55 ID:zrSbQekF0

P「…まさか三人でこうやって暮らすとは思わなかったなぁ」

千早「私もですよ。でも……あの子が来てくれたおかげで毎日が楽しいです」

P「はは、そうだな。」

P「……将来子供が出来たとき、ちひゃーは仲良くしてくれるかな?」

千早「ちひゃーだったらしてくれます。むしろ私がお姉ちゃんとか言い出しそうですし」

P「ははは、違いない」

ちひゃー「くっ!くっ!」 トタトタ

P「お、おかえり。ちゃんと磨けたか?」

ちひゃー「くっ♪」 エッヘン

千早「ふふふ、それじゃあお布団引きましょうか?」


 

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:31:45.71 ID:zrSbQekF0

P「よいしょ……。大丈夫?寒くない?」

ちひゃー「くっ!!」

千早「私も大丈夫です」

P「よし、明日はどこに行こうか?」

ちひゃー「くっ!くっ!くっ!」

千早「ふふふ、たくさん行きたいところがあるのね」

ちひゃー「くっ♪」

P「じゃあ、明日早く起きてちひゃーが決めようか」

ちひゃー「くっ♪くっ♪」

P「楽しみにしとけよー。明日はうんと楽しませてやるからなー」

ちひゃー「くっ♪」


 

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/09(水) 04:33:36.10 ID:zrSbQekF0

P「それじゃあ……」

千早「いつもの……」

ちひゃー「くっ!!」





P「ちーたん、ちひゃー。大好きだぞ!!」
千早「ちひゃー、プロデューサー。大好きです//」
ちひゃー「くっ♪くっ♪くっ♪」



終わり



元スレ: P「ちーたん?」千早「それはちひゃーですよ」ちひゃー「くっ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336487851/

ぷちます!(12) (電撃コミックスEX)
明音(著), バンダイナムコエンターテインメント(その他)

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31815-a7bbdf8c